『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学 (2015年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 110件 + 無効な情報: 5件 = 全ての情報: 115件

全ての有効な情報 (110件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(110)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(110)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 石丸 直澄 : シェーグレン症候群の発症機序の解明, 日本口腔外科学会中国四国支部集会, 2014年4月..[組織] ...
閲覧 近藤 智之, 鯨岡 聡子, 牛尾 綾, 黒澤 実愛, 常松 貴明, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍増殖制御機構の解明, 第33回分子病理学研究会, 2014年7月..[組織] ...
閲覧 近藤 智之, 鯨岡 聡子, 牛尾 綾, 黒澤 実愛, 常松 貴明, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍増殖抑制機構の解明, 免疫サマースクール2014, 2014年7月..[組織] ...
閲覧 鯨岡 聡子, 工藤 保誠, 常松 貴明, 近藤 智之, 牛尾 綾, 黒澤 実愛, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : 口腔癌細胞におけるペリオスチンのスプライシングバリアントの発現とその意義, 第25回日本臨床口腔病理学会, (巻), (号), (頁), 2014年8月..[組織] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 黒澤 実愛, 近藤 智之, 鯨岡 聡子, 常松 貴明, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスにおけるマクロファージの役割, 第25回日本臨床口腔病理学会, (巻), (号), (頁), 2014年8月..[組織] ...
閲覧 近藤 智之, 常松 貴明, 黒澤 実愛, 鯨岡 聡子, 牛尾 綾, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己疾患モデルを用いた腫瘍増殖抑制システムの解明, 第25回日本臨床口腔病理学会, (巻), (号), (頁), 2014年8月..[組織] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 黒澤 実愛, 近藤 智之, 鯨岡 聡子, 常松 貴明, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスの標的臓器におけるマクロファージの役割, 日本シェーグレン症候群学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2014年9月..[組織] ...
閲覧 鯨岡 聡子, 工藤 保誠, 常松 貴明, 石丸 直澄 : 口腔癌細胞におけるペリオスチンのスプライシングバリアントの発現とその意義, 第37回日本分子生物学会, 2014年11月..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄 : シェーグレン症候群の病態機序, 日本皮膚科四国地方会, 2014年12月..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄 : 病気と研究∼自己免疫疾患の克服にむけて∼, 九州歯科大学, 2014年12月..[組織] ...
閲覧 Akihiko Iwasa, Rieko Arakaki, Naoko Honma, Aya Ushio, Akiko Yamada, Tomoyuki Kondo, Emi Kurosawa, Satoko Kujiraoka, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Eiji Tanaka, Noriko Yoshimura, Nobuhiro Harada, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Aromatase controls Sjögren syndrome-like lesions through monocyte chemotactic protein-1 in target organ and adipose tissue-associated macrophages., The American Journal of Pathology, Vol.185, No.1, 151-161, 2015..[組織] ...
閲覧 Yosuke Shikama, Yasusei Kudo, Naozumi Ishimaru and Makoto Funaki : Possible involvement of palmitate in pathogensis of periodontitis., Journal of Cellular Physiology, Vol.230, No.12, 2981-2989, 2015..[組織] ...
閲覧 常松 貴明, 工藤 保誠, 近藤 智之, 牛尾 綾, 鯨岡 聡子, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : 染色体パッセンジャー複合体タンパク質Borealinのユビキチン分解とその癌化への関与, 日本病理学会会誌, Vol.104, No.1, 504, 2015年5月..[組織] ...
閲覧 Tomoyoshi Yamano, J Nedjic, M Hinteberger, S Koser, S Pinto, N Gerdes, E Lutgens, Naozumi Ishimaru, M Busslinger, B Brors, B Kyewski and L Klein : Intrathymic B cell licensing for Aire expression and T cell tolerance induction., Immunity, Vol.42, No.6, 1048-1061, 2015..[組織] ...
閲覧 Tomomi Sano, Misaki Iwashita, Nagayasu Nagayasu, Akiko Yamashita, Takanori Shinjo, Atsushi Hashikata, Tomoichiro Asano, Akifumi Kushiyama, Naozumi Ishimaru, Yousuke Takahama and Fusanori Nishimura : Protection from diet-induced obesity and insulin resistance in mice lacking CCL19-CCR7 signaling., Obesity, Vol.23, No.7, 1460-1471, 2015..[組織] ...
閲覧 Takaaki Tsunematsu, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo : The non-canonical role of Aurora-A in DNA replication., Frontiers in Oncology, Vol.96, No.4, 468-480, 2015..[組織] ...
閲覧 Akiko Yamada, Aya Ushio, Rieko Arakaki, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Impaired expansion of regulatory T cells in a neonatal thymectomy-induced autoimmune mouse model., The American Journal of Pathology, Vol.185, No.11, 2886-2897, 2015..[組織] ...
閲覧 Yasusei Kudo, Takaaki Tsunematsu and Naozumi Ishimaru : Chromosome passenger complex protein,Borealin is regulated by APC/C-Cdh1 ubiquitin ligase complex, FASEB Ubiquitin & Cellular Regulation, Montana, June 2016..[組織] ...
閲覧 工藤 保誠 : 細胞周期制御異常とがん, 四国歯学会雑誌, 2016年6月..[組織] ...
閲覧 鯨岡 聡子, 工藤 保誠, 常松 貴明, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 山田 安希子, 石丸 直澄 : 小児に発生した歯原性下顎骨腫瘍の1例, 日本臨床口腔病理学会総会・学術集会, Vol.27, 2016年8月..[組織] ...
閲覧 牛尾 綾, 工藤 保誠, 鯨岡 聡子, 大塚 邦紘, 常松 貴明, 山田 安希子, 石丸 直澄 : 上顎骨腫瘍, 日本臨床口腔病理学会総会・学術集会, Vol.27, (号), (頁), 2016年8月..[組織] ...
閲覧 大塚 邦紘, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルにおける濾胞ヘルパーT細胞の機能解析, 日本シェーグレン症候群学会, Vol.25, 2016年9月..[組織] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 大塚 邦紘, 齋藤 雅子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群の病態形成におけるマクロファージの役割, 日本シェーグレン症候群学会, Vol.25, (号), (頁), 2016年9月..[組織] ...
閲覧 Takaaki Tsunematsu, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo : The APC/C-Cdh1-Borealin axis has critical role in the maintenance of undifferentiated state in embryonal carcinoma cells, 8th International Conference SUMO, Ubiquitin, UBL Proteins- Implications for Human Diseases, Shanghai, Oct. 2016..[組織] ...
閲覧 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 宮本 由貴, 鯨岡 聡子, 山田 安希子, 青田 桂子, 工藤 保誠, 東 雅之, 石丸 直澄 : 1, 第64回日本口腔科学会中国四国地方部会, Vol.64, 2016年10月..[組織] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Masako Saito, Akiko Yamada, Kunihiro Ohtsuka, Mie Kurosawa, Satoko Kujiraoka, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Analysis of macrophages in the pathogenesis of a murine model for Sjogren's syndrome., 第45回日本免疫学会学術集会, Vol.45, Dec. 2016..[組織] ...
閲覧 Kunihiro Ohtsuka, Masako Saito, Mie Kurosawa, Aya Ushio, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Analysis of follicular helper T cells in a mouse model for Sjogren's syndrome., 第45回日本免疫学会学術集会, Vol.45, (号), (頁), Dec. 2016..[組織] ...
閲覧 Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Aya Ushio, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : 1)Impaired Expansion of Regulatory T cells in a Murine model of Neonatal Thymectomy-induced Sjogrens Syndrome, 第45回日本免疫学会学術集会, Vol.45, (号), (頁), Dec. 2016..[組織] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Kohichi Yamada, Aya Ushio, Mie Kurosawa, Kunihiro Ohtsuka, Masako Saito, Takaaki Tsunematsu, Akiko Yamada, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Immunological and toxicological effect of multi-wall carbon nanotubes by whole body inhalation exposure in B6 mice, 第45回日本免疫学会学術集会, Vol.45, (号), (頁), Dec. 2016..[組織] ...
閲覧 Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Hiroki Mori, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Eiji Tanaka and Naozumi Ishimaru : The nuclear receptor AhR controls bone homeostasis by regulating osteoclast differentiation via the RANK/c-Fos signaling axis., The Journal of Immunology, Vol.197, No.12, 4639-4650, 2016..[組織] ...
閲覧 Masako Saito, Kunihiro Otsuka, Aya Ushio, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Unique Phenotypes and Functions of Follicular Helper T Cell and Regulatory T Cell in Sjögren's Syndrome., Current Rheumatology Reviews, Vol.14, No.3, 239-245, Jan. 2017..[組織] ...
閲覧 Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Masako Saito, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Dual Role of Fas/FasL-Mediated Signal in Peripheral Immune Tolerance., Frontiers in Immunology, Vol.8, No.403, 2017..[組織] ...
閲覧 Satoko Kujiraoka, Takaaki Tsunematsu, Yukiko Sato, Maki Yoshida, Ayataka Ishikawa, Rei Tohyama, Michio Tanaka, Yutaka Kobayashi, Tomoyuki Kondo, Aya Ushio, Kunihiro Otsuka, Mie Kurosawa, Masako Saito, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Hirokazu Nagai, Hiromasa Nikai, Kengo Takeuchi, Toshitaka Nagao, Youji Miyamoto, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo : Establishment and characterization of a clear cell odontogenic carcinoma cell line with EWSR1-ATF1 fusion gene., Oral Oncology, Vol.69, 46-55, 2017..[組織] ...
閲覧 Yosuke Shikama, Yasusei Kudo, Naozumi Ishimaru and Makoto Funaki : Potential Role of Free Fatty Acids in the Pathogenesis of Periodontitis and Primary Sjögren's Syndrome., International Journal of Molecular Sciences, Vol.18, No.4, 2017..[組織] ...
閲覧 Takaaki Tsunematsu, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo : Chromosome passenger complex protein,Borealin is regulated by APC/C Cdh1 ubiquitin ligase complex, Cold Spring Harbor Laboratory Meeting:The Ubiquitin Family, New York, April 2017..[組織] ...
閲覧 Takashi Izawa, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Crosstalk between cytokine RANKL and AhR signaling in osteoclasts controls bone homeostasis, Journal of Cytokine Biology, Vol.2, No.2, 114, 2017..[組織] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Hiroshi Eguchi, Fumika Hotta, Akiko Yamada, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Pathological Analysis of Ocular Lesions in a Murine Model of Sjögren's Syndrome., International Journal of Molecular Sciences, Vol.18, No.6, (頁), 2017..[組織] ...
閲覧 Takashi Izawa, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Role of Fas and RANKL signaling in peripheral immune tolerance, Journal of Clinical & Cellular Immunology, Vol.8, No.4, 512, 2017..[組織] ...
閲覧 大塚 邦紘, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルにおける胚中心反応の解析, 第36回分子病理学研究会, Vol.36, 2017年7月..[組織] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 鯨岡 聡子, 黒澤 実愛, 常松 貴明, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルにおける胚中心反応の解析, 第28回日本臨床口腔病理学会, Vol.28, (号), (頁), 2017年8月..[組織] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, (著者), 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルにおける胚中心反応の解析, 第26回日本シェーグレン症候群学会学術集会, Vol.26, (号), (頁), 2017年9月..[組織] ...
閲覧 Mie Kurosawa, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, J Sprent and Naozumi Ishimaru : NF κB2 Controls the Migratory Activity of Memory T Cells by Regulating Expression of CXCR4 in a Mouse Model of Sjögren's Syndrome, Arthritis & Rheumatology, Vol.69, No.11, 2193-2202, 2017..[組織] ...
閲覧 Naozumi Ishimaru : [Oral immune system and oral immune disorder.], Clinical Calcium, Vol.27, No.10, 1363-1368, 2017..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 新垣 理恵子, 田中 栄二, 石丸 直澄 : The nuclear receptor AhR controls bone homeostasis by regulating osteoclast differentiation via the RANK/c-Fos signaling axis, 2017年度 生命科学系学会合同年次大会 第90回日本生化学大会 第40回日本分子生物学会年会, 402, 2017年12月..[組織] ...
閲覧 Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Eiji Tanaka and Naozumi Ishimaru : Crosstalk between cytokine RANKL and AhR signaling in osteoclasts controls bone homeostasis (selected for oral presentation by English at Workshop "Cytokines and chemokines-2" and poster session), Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Vol.46, 36, Dec. 2017..[組織] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 牛尾 綾, 黒澤 実愛, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Analysis of follicular helper T cells in a mouse model for Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, Vol.46, 81, 2017年12月..[組織] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 大塚 邦紘, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : CCL22-producing resident macrophages enhancesnautoimmune lesions in a mouse model of Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, Vol.46, (号), 119, 2017年12月..[組織] ...
閲覧 Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Eiji Tanaka and Naozumi Ishimaru : Crosstalk between cytokine RANKL and AhR signaling in osteoclasts controls bone homeostasis, Gordon Research Seminar; "Bones and Teeth" Translating Mechanisms of Bone Formation and Repair, Jan. 2018..[組織] ...
閲覧 Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Eiji Tanaka and Naozumi Ishimaru : Crosstalk between cytokine RANKL and AhR signaling in osteoclasts controls bone homeostasis, Gordon Research Conference; "Bones and Teeth" From Skeletal and Dental Stem Cells to Rare Bone Disease and Integrative Physiology, Houston, Jan. 2018..[組織] ...
閲覧 Naozumi Ishimaru, Mie Kurosawa, Rieko Arakaki, Aya Ushio, otsuka kunihiro and Yasusei Kudo : Contributions of CXCL12 and its receptor to the T cell autoimmune response in a Sjögren's syndrome murine model., 14th International Symposium on Sjögren's Syndrome, Washington, D.C., April 2018..[組織] ...
閲覧 Takashi Izawa, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Signal crosstalk between cytokine RANKL and AhR signaling in osteoclasts controls bone homeostasis, The Journal of Immunology, Vol.Supplement, No.43.15, 25, Austin, May 2018..[組織] ...
閲覧 M Samadarani B S Siriwardena, Takaaki Tsunematsu, Guangying Qi, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo : Invasion-Related Factors as Potential Diagnostic and Therapeutic Targets in Oral Squamous Cell Carcinoma-A Review., International Journal of Molecular Sciences, Vol.19, No.5, May 2018..[組織] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Aya Ushio, Kunihiro Ohtsuka, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : NF-kB2 Controls the Migratory of Memory T cells to the Target Tissues in a Mouse Model of Sjogren's Syndorome by Regulating Expression of CXCR4., 11th International Congress of Autoimmunity, Lisbon, May 2018..[組織] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Kunihiro Ohtsuka, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : CCL22Producing Resident Macrophages Enhances InflaMMation in Salivary Glands of Sjogren's Syndorome., 11th International Congress of Autoimmunity, (巻), (号), (頁), Lisbon, May 2018..[組織] ...
閲覧 Kunihiro Ohtsuka, Akiko Yamada, Masako Saito, Aya Ushio, Takaaki Tsunematsu, Rieko Arakaki, Yasusei Kudo, Hidehiro Kishimmoto and Naozumi Ishimaru : Analysis of follicular helper T cells in a mouse model for Sjogren's Syndorome., 11th International Congress of Autoimmunity, (巻), (号), (頁), Lisbon, May 2018..[組織] ...
閲覧 Takaaki Tsunematsu, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo : APC/CCdh1-mediated degradation of Borealin triggers differentiation of pluripotent stem cells., FASEB meeting Ubiquitin and Cellular Regulation, Snowmass Village, CO, USA, May 2018..[組織] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルの自己免疫病変における濾胞ヘルパーT細胞の役割, 日本病理学会会誌, Vol.107, 2018年6月..[組織] ...
閲覧 沼田 雪乃, 大塚 邦紘, 山田 安希子, 牛尾 綾, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルにおけるNotchシグナルの役割, 日本病理学会会誌, Vol.107, (号), (頁), 2018年6月..[組織] ...
閲覧 西條 早紀, 大塚 邦紘, 常松 貴明, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Emi1の過剰発現による人工口腔癌幹細胞の作成, 日本病理学会会誌, Vol.107, (号), (頁), 2018年6月..[組織] ...
閲覧 中山 慎一朗, 新垣 理恵子, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 常松 貴明, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウス唾液腺におけるIL-33の発現とその役割, 日本病理学会会誌, Vol.107, (号), (頁), 2018年6月..[組織] ...
閲覧 新垣 理恵子, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 全身吸入暴露による多層化カーボンナノチューブの肺胞マクロファージへの影響, 日本病理学会会誌, Vol.107, (号), (頁), 2018年6月..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄 : シェーグレン症候群における自己反応性獲得機序の解明, 日本病理学会会誌, Vol.107, (号), (頁), 2018年6月..[組織] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 木曽田 暁, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルの自己免疫病変における濾胞ヘルパーT細胞の役割, 分子病理学研究会, (巻), (号), (頁), 2018年7月..[組織] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 木曽田 暁, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : Asc/2を介した濾胞ヘルパーT細胞分化異常が自己免疫疾患の病態形成に関与する., 日本臨床口腔病理学会, 2018年8月..[組織] ...
閲覧 工藤 保誠 : 細胞周期調節を標的としたがん幹細胞の分化誘導とその臨床応用の可能性., 2018先端医学研究交流セミナー「がん・白血病ー先端研究の現状ー」, 2018年8月..[組織] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 木曽田 暁, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルの自己免疫病変における濾胞ヘルパーT細胞の役割, 日本歯科基礎医学会誌, 2018年9月..[組織] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 大塚 邦紘, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : CCL22産生唾液腺マクロファージはシェーグレン症候群の病態に関与する, シェーグレン症候群学会, (巻), (号), (頁), 2018年9月..[組織] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 木曽田 暁, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルの自己免疫病変における濾胞ヘルパーT細胞の役割, 日本シェーグレン症候群学会, (巻), (号), (頁), 2018年9月..[組織] ...
閲覧 Kunihiro Ohtsuka, Kohichi Yamada, Yuhji Taquahashi, Rieko Arakaki, Aya Ushio, Masako Saito, Akiko Yamada, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Jun Kanno and Naozumi Ishimaru : Long-term polarization of alveolar macrophages to a profibrotic phenotype after inhalation exposure to multi-wall carbon nanotubes., PLoS ONE, Vol.13, No.10, e0205702., 2018..[組織] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Kunihiro Ohtsuka, Akiko Yamada, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Keiko Aota, Masayuki Azuma and Naozumi Ishimaru : CCL22-Producing Resident Macrophages Enhance T Cell Response in Sjögren's Syndrome., Frontiers in Immunology, Vol.9, 2594, 2018..[組織] ...
閲覧 常松 貴明, 石丸 直澄, 工藤 保誠 : 多能性幹細胞においてAPC/CCdh1によるBorealinの分解は分化を誘発する, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月..[組織] ...
閲覧 Kunihiro Ohtsuka, Akiko Yamada, Masako Saito, Aya Ushio, Satoru Kisoda, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : A crucial role of follicular helper T cells in autoimmunity of a mouse model for Sjogren's syndorome., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Dec. 2018..[組織] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Kunihiro Ohtsuka, Akiko Yamada, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : CCL22-producing macrophages promote T cell autoimmunity in the target organ of Sjogren's syndorome., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, (巻), (号), (頁), Dec. 2018..[組織] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Nakayama Shinichiro, Aya Ushio, Otsuka Kunihiro, Kisoda Satoshi, Takaaki Tsunematsu, Akiko Yamada, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : The role of the cleaved from IL-33 in pathogenesis of Sjogren's syndorome(SS), Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Dec. 2018..[組織] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群病態形成におけるCCL22産生マクロファージの役割, 第108回日本病理学会総会, 2019年5月..[組織] ...
閲覧 松倉 春奈, 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルにおける胚病変の解析, 第108回日本病理学会総会, (巻), (号), (頁), 2019年5月..[組織] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスの標的組織マクロファージが病態形成に及ぼす影響, 第18回四国免疫フォーラム, 2019年6月..[組織] ...
閲覧 常松 貴明, 石丸 直澄, 工藤 保誠 : 染色体パッセンジャー複合体による未分化能維持機構, 第135回日本薬理学会近畿部会, 2019年6月..[組織] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスの唾液腺病態形成におけるマクロファージの役割, 第38回分子病理研究会, (巻), (号), (頁), 2019年7月..[組織] ...
閲覧 木曽田 暁, 邵 文華, 牛尾 綾, 佐藤 真美, 新垣 理恵子, 石丸 直澄, 工藤 保誠 : 口腔癌におけるpartial-EMTに関する遺伝子の悪性度への関与, 第38回分子病理研究会, (巻), (号), (頁), 2019年7月..[組織] ...
閲覧 Bunka Sho, Yuan Jin, Sisi Mi, guangying Qi and Sien Zeng : The research of hCG in the proliferation and invasion and metastasis of colorectal carcinoma., 第38回分子病理研究会, July 2019..[組織] ...
閲覧 常松 貴明, 石丸 直澄, 工藤 保誠 : 染色体パッセンジャー複合体によるAurora-B活性を介した多能性幹細胞の未分化能維持機構, 第16回日本病理学会カンファレンス, (巻), (号), (頁), 2019年8月..[組織] ...
閲覧 木曽田 暁, 邵 文華, 常松 貴明, 石丸 直澄, 工藤 保誠 : 口腔癌におけるpartial EMTに関連する遺伝子の悪性度への関与, 第78回日本癌学会学術総会, 2019年9月..[組織] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルにおける標的臓器常在型マクロファージの役割, 日本歯科基礎医学会誌, 2019年10月..[組織] ...
閲覧 Mami Satoh, Rieko Arakaki, Aya Ushio, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Effect of mulyi-wall carbon nanotube exposure on pulmonary immune cells at the early stage., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, (巻), (号), (頁), Dec. 2019..[組織] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Analysis of pulmonary lesions in a murlne model of sjogren's syndorome., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Dec. 2019..[組織] ...
閲覧 佐藤 真美, 新垣 理恵子, 常松 貴明, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルにおける肺病変発症へのCCL6の役割, 第111回日本病理学会総会, 2022年4月..[組織] ...
閲覧 常松 貴明, 俵 宏彰, 田中 秀卓, 福田 一稀, 佐藤 真美, 大塚 邦紘, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : 口腔扁平上皮癌におけるBorealinの高発現がもたらすSurvivin安定化機構の解明, 第111回日本病理学会総会, 2022年4月..[組織] ...
閲覧 田村 海, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウス鼻腔組織の病態解析, 第111回日本病理学会総会, 2022年4月..[組織] ...
閲覧 常松 貴明, 石丸 直澄 : 口腔扁平上皮癌におけるchromosome passenger complex構成因子Borealinが誘導するSurvivin安定化機構の解明, 第76回日本口腔科学会学術集会, 2022年4月..[組織] ...
閲覧 Kunihiro Otsuka, Mami Satoh, Takaaki Tsunematsu and Naozumi Ishimaru : Virus Infections Play Crucial Roles in the Pathogenesis of Sjögren's Syndrome., Viruses, Vol.14, No.7, 1474, 2022..[組織] ...
閲覧 Mami Satoh, Aya Ushio, FUKUTA Kazuki, TAWARA Hiroaki, Kunihiro Otsuka, Takaaki Tsunematsu, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Extraglandular lesions in Sjogren's syndorome model mice., 第20回四国免疫フォーラム, June 2022..[組織] ...
閲覧 常松 貴明, 石丸 直澄 : 頭頚部扁平上皮癌における染色体パッセンジャー複合体構成因子Borealinの新たな機能, 第39回分子病理研究会 内灘かほくシンポジウム, 2022年7月..[組織] ...
閲覧 Takaaki Tsunematsu, Rieko Arakaki, Mami Satoh, Masako Saito, Kunihiro Otsuka, Furukawa Yusuke, Taquahashi Yuhji, Kanno Jun and Naozumi Ishimaru : Exposure to Multiwall Carbon Nanotubes Promotes Fibrous Proliferation by Production of Matrix Metalloproteinase-12 via NF-κB Activation in Chronic Peritonitis., The American Journal of Pathology, Vol.S0002-9440, No.22, 00240, 2022..[組織] ...
閲覧 佐藤 真美 : シェーグレン症候群疾患モデルマウスの肺病変における濾胞B細胞の自己反応性獲得機構の解明, 先端歯学国際教育研究ネットワーク 先端歯学スクール, 2022年8月..[組織] ...
閲覧 Nagatomo Ryosuke, Kaneko Haruki, Kamatsuki Shihori, Ichimura-Shimizu Mayuko, Naozumi Ishimaru, Koichi Tsuneyama and Inoue Koichi : Short-chain fatty acid profiling in biological samples from a mouse model of Sjögrens syndrome based on derivatized LC-MS/MS assay., Journal of Chromatography. B, Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences, Vol.1210, 123432, 2022..[組織] ...
閲覧 佐藤 真美, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 常松 貴明, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウス肺病変におけるケモカインの機能分析, 第64回歯科基礎医学会学術大会, 2022年9月..[組織] ...
閲覧 田村 海, 川人 祐樹, 佐藤 真美, 大塚 邦紘, 常松 貴明, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスにおける鼻腔組織の病態解析, 第64回歯科基礎医学会学術大会, 2022年9月..[組織] ...
閲覧 大塚 邦紘, 九十九 伸一, 近藤 博之, 佐藤 真美, 俵 宏彰, 常松 貴明, 石丸 直澄, 安友 康二 : シングルセルRNA-seqで紐解くシェーグレン症候群モデルに特徴的に出現するT細胞集団の解析, 第64回歯科基礎医学会学術大会, 2022年9月..[組織] ...
閲覧 川人 祐樹, 田村 海, 佐藤 真美, 大塚 邦紘, 常松 貴明, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスであるNFS/sldマウスの変異遺伝子Mucin19の発現解析と病態との関連性, 第64回歯科基礎医学会学術大会, 2022年9月..[組織] ...
閲覧 常松 貴明, 俵 宏彰, 佐藤 真美, 新垣 理恵子, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 石丸 直澄 : 頭頸部扁平上皮癌における染色体パッセンジャー複合体構成因子Borealinの新たな機能, 第76回歯科基礎医学会学術大会, 2022年9月..[組織] ...
閲覧 大塚 邦紘, 常松 貴明, 牛尾 綾, 佐藤 真美, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群の病理, (発行所), (都市), 2022年10月..[組織] ...
閲覧 Takaaki Tsunematsu and Naozumi Ishimaru : Cell Cycle machinery unravels the molecular mechanism of Cancer cell cannibalism, 第45回日本分子生物学学会年会, Nov. 2022..[組織] ...
閲覧 俵 宏彰, 常松 貴明, 永尾 瑠佳, 佐藤 真美, 大塚 邦紘, 石丸 直澄 : がんにおける染色体パッセンジャー複合体構成因子Borealinの高発現がもたらす新たな機能, 第45回日本分子生物学学会年会, 2022年12月..[組織] ...
閲覧 Takaaki Tsunematsu, Rieko Arakaki, Mami Satoh, Kunihiro Otsuka and Naozumi Ishimaru : Exposure to Multi-Wall Carbon Nanotubes Promotes Fibrous Proliferation by Production of Matrix Metalloproteinase-12 via NF-κB Activation in Chronic Peritonitis, 第51回日本免疫学会学術集会, Dec. 2022..[組織] ...
閲覧 KAWAHITO Yuki, Kai Tamura, Mami Satoh, Kunihiro Otsuka, Takaaki Tsunematsu and Naozumi Ishimaru : Role of Mucin 19 in Pathogenesis of a Mouse Model for Sjögren's Syndrome, 第51回日本免疫学会学術集会, Dec. 2022..[組織] ...
閲覧 Kai Tamura, KAWAHITO Yuki, Mami Satoh, Kunihiro Otsuka, Takaaki Tsunematsu and Naozumi Ishimaru : Pathological analysis of nasal tissue in a murine model of Sjögrens syndrome, 第51回日本免疫学会学術集会, Dec. 2022..[組織] ...
閲覧 Mami Satoh, Aya Ushio, Kunihiro Otsuka, Takaaki Tsunematsu and Naozumi Ishimaru : Th2 response enhances the differentiation into follicular B cells to progress the pulmonary autoimmune lesions in a mouse model of Sjögrens syndrome, 第51回日本免疫学会学術集会, Dec. 2022..[組織] ...
閲覧 俵 宏彰, 常松 貴明, 永尾 瑠佳, 福田 一稀, 佐藤 真美, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 石丸 直澄 : 頭頸部扁平上皮癌における染色体パッセンジャー複合体構成因子Borealinの高発現がもたらす新たな役割, 第58回日本口腔組織培養学会学術大会・総会, 2022年12月..[組織] ...
閲覧 常松 貴明, 俵 宏彰, 石丸 直澄 : HPV陽性癌における新規脱ユビキチン化酵素複合体の分子機構の解明, 第58回日本口腔組織培養学会学術大会・総会, 2022年12月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.16, Max(EID) = 393907, Max(EOID) = 1066977.