『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.生体材料工学 (2015年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 14件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 14件

全ての有効な情報 (14件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(14)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(14)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : アポトーシス誘導因子TRAILによる破骨細胞分化・生存の促進, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), 164, 2015年7月..[組織] ...
閲覧 天知 良太, 日浅 雅博, 寺町 順平, 小田 明日香, 渡邉 佳一郎, 天眞 寛文, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 酸性環境での骨髄腫細胞のTRPV1の発現亢進と酸環境への適応, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), 165, 2015年7月..[組織] ...
閲覧 天知 良太, 日浅 雅博, 寺町 順平, 小田 明日香, 天眞 寛文, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 賀川 久美子, 三木 浩和, 藤井 志朗, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 酸環境での骨髄腫細胞のDR4発現抑制:酸によるエピジェネティックな遺伝子発現制御, 第1回日本骨免疫学会, (巻), (号), 108, 2015年7月..[組織] ...
閲覧 Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Keiichiro Watanabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Shiroh Fujii, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Up-regulation of the pH sensor TRPV1 in myeloma cells and their adaption to an acidic microenvironment, ASBMR 2015 Annual Meeting, (巻), (号), (頁), Seattle, Oct. 2015..[組織] ...
閲覧 James Derek Hanson, Shingen Nakamura, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Daisuke Tsuji, Kohji Itoh, Takeshi Harada, Kazuki Horikawa, Jumpei Teramachi, Hirokazu Miki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Effective impairment of myeloma cells and their progenitors by blockade of monocarboxylate transportation., Oncotarget, Vol.6, No.32, 33568-33586, 2015..[組織] ...
閲覧 関根 一光 : イオン液体混合歯科用セメント(スマートセメント)の細胞毒性評価, 日本歯科理工学会近畿中四国地方会夏期セミナー, (巻), (号), (頁), 2016年8月..[組織] ...
閲覧 Kazumitsu Sekine : Development of structural and chemical enforcement of neointimal growth as the blood contacting surface for the vascular prosthesis, The International Journal of Artificial Organs, Vol.41, (号), 606, 2018..[組織] ...
閲覧 Kazumitsu Sekine and 三田村 好矩 : Cytotoxic Evaluation of Magnetic Fluid, Japan-Taiwan International Conference on Magnetic Fluids 2018, (巻), (号), (頁), Kanagawa, Nov. 2018..[組織] ...
閲覧 Kazumitsu Sekine and 三田村 好矩 : Cytotoxic Evaluation of Magnetic Fluid, Proceedings of Japan-Taiwan International Conference on Magnetic Fluids 2018, (巻), (号), 18-20, 2018..[組織] ...
閲覧 Hiroko Sato, Yuta Matsuki, Noboru Kajimoto, Emi Takegawa, Shinya Horiuchi, Kazumitsu Sekine, Eiji Tanaka and Kenichi Hamada : Water immersion effects on novel glass ionomer cement containing ionic liquid Changes of electric effects on novel glass ionomer cement containing ionic liquid-., 9th IOC, (巻), (号), (頁), Yokohama, Oct. 2020..[組織] ...
閲覧 Yuta Matsuki, Hiroko Sato, Emi Takegawa, Shinya Horiuchi, Kazumitsu Sekine, Eiji Tanaka and Kenichi Hamada : Electrolytic solution immersion effects on novel glass ionomer cement -Change of electric conductivity and shear bonding reduction after current application-, 9th IOC, (巻), (号), (頁), Yokohama, Oct. 2020..[組織] ...
閲覧 Hiroko Sato, Yuta Matsuki, N Kajimoto, Emi Takegawa, Shinya Horiuchi, Kazumitsu Sekine, Eiji Tanaka and Kenichi Hamada : Effects of water immersion on shear bond strength reduction after current application of resin-modified glass-ionomer-cements containing and not containing an ionic liquid., Dental Materials Journal, Vol.40, No.1, 35-43, 2021..[組織] ...
閲覧 Kim Yeeun, Emi Takegawa, Kazumitsu Sekine, Fumiaki Kawano and Kenichi Hamada : Effects of poloxamer additives on strength, injectability, and shape stability of beta-tricalcium phospEffects of poloxamer additives on strength, injectability, and shape stability of beta-tricalcium phosphate cement modified using ball-millinghate cement modified using ball-milling, Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials, (巻), (号), (頁), 2022..[組織] ...
閲覧 Yuta Matsuki, Hiroko Sato, N Kajimoto, Emi Takegawa, Shinya Horiuchi, Kazumitsu Sekine, Eiji Tanaka and Kenichi Hamada : Effect of immersion in NaCl solution on the electrical conductivity and the reduction of the shear bond strength of resin-modifi ed glass-ionomer-cements after current application, Dental Materials Journal, (巻), (号), (頁), (年月日)..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.42, Max(EID) = 386166, Max(EOID) = 1046379.