『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.大学院医歯薬学研究部 (2015年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 46件 + 無効な情報: 4件 = 全ての情報: 50件

全ての有効な情報 (46件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(46)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(46)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 重永 章 : 刺激応答型アミノ酸の開発とケミカルバイオロジー分野への展開, 薬学雑誌, Vol.132, No.9, 1075-1082, 2012年9月..[組織] ...
閲覧 Yasuhiro Hamada, Sonoko Yasui and Usami Makoto : Free Radicals and Diabetic Bone Disorder, Springer, (都市), May 2014..[組織] ...
閲覧 Tadashi Kondo, Junji Ueno and Shoichiro Takao : Medical image diagnosis of kidney regions by deep feedback GMDH-type neural network using principal component-regression analysis, Proceedings of the twentieth international symposium on artificial life and robotics 2015, 424-427, Beppu, Jan. 2015..[組織] ...
閲覧 桑村 由美, 澄川 真珠子, 村田 裕美, 瀧川 稲子, 大和 光, 石田 伸子, 菊井 聡子, 濵田 康弘, 飯藤 大和, 安原 由子, 日野出 大輔, 上村 浩一, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 谷岡 哲也, 永田 俊彦 : 多職種協働での糖尿病患者の口腔保健行動支援:口腔保健行動を査定するための査定シート案についての糖尿病看護の専門家の評価と実施状況, 糖尿病, Vol.58, No.supplement 1, S290, 2015年5月..[組織] ...
閲覧 日坂 ゆかり, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子 : 病棟看護師が知っておきたい瞳孔の観察方法, BRAIN NURSING, Vol.31, No.6, 540-543, 2015年6月..[組織] ...
閲覧 山田 静恵, 谷 佳子, 西 麻希, 安井 苑子, 菊井 聡子, 橋本 脩平, 足立 知咲, 秋山 真敏, 大町 はる佳, 松村 晃子, 濵田 康弘 : 神経性無食欲症患者に対するリフィーディング症候群予防への取り組み, 第7回日本静脈経腸栄養学会四国支部会学術集会, 2015年6月..[組織] ...
閲覧 橋本 脩平, 谷 佳子, 山田 静恵, 西 麻希, 安井 苑子, 菊井 聡子, 足立 知咲, 秋山 真敏, 大町 はる佳, 松村 晃子, 吉田 卓弘, 濵田 康弘 : 栄養管理に苦慮した消化吸収障害を伴う食道癌の1症例, 第7回日本静脈経腸栄養学会四国支部学術集会, 2015年6月..[組織] ...
閲覧 齋藤 裕, 安井 苑子, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 髙須 千絵, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 濵田 康弘, 島田 光生 : 肝胆膵外科手術における周術期栄養評価の有用性に関する研究-体成分分析装置と主観的包括的アセスメントSGA -, 日本外科代謝栄養学会第52回学術集会, 2015年7月..[組織] ...
閲覧 篠原 千尋, 安陪 晋, 岡 謙次, 木村 智子, 菅原 千恵子, 大川 敏永, 堀川 恵理子, 河野 文昭 : 徳島大学病院における多職種合同研修の取り組み, 第8回日本総合歯科学会総会・学術大会, (巻), (号), 58, 2015年11月..[組織] ...
閲覧 桑村 由美 : アンチエイジング∼私の健康法∼毎日の生活の中で,笑顔で少しでもいいので体を動かしませんか, めんたる・へるす, Vol.64, 45-49, 2015年12月..[組織] ...
閲覧 Ryouhei Yamashita, Yumika Tabata, Erina Iga, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka : Analysis of molecular species profiles of ceramide-1-phosphate and sphingomyelin using MALDI-TOF mass spectrometry, Lipids, Vol.51, No.2, 263-270, 2016..[組織] ...
閲覧 酒井 仁美, 酒井 徹, 横井川 久己男 : 大腸菌の非生物素材への付着に対する穀類の影響, 日本農芸化学会中四国支部第45回講演会要旨集, 23, 2016年6月..[組織] ...
閲覧 誉田 栄一, 伊藤 照明 : ゆらぎおよびフラクタル理論に基づく無疲労LED照明の開発, イノベーション・ジャパン2016, No.L65, (頁), 2016年8月..[組織] ...
閲覧 酒井 仁美, 酒井 徹, 横井川 久己男 : 調理器具素材への大腸菌の付着に及ぼす穀類の影響, 第37回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, 111, 2016年9月..[組織] ...
閲覧 Teruaki Ito, HAMID Abdul Rahimah and Tetsuo Ichikawa : Collaborative Design and Manufacturing of Prosthodontics Wire Clasp, Proceedings of the 23th ISPE International Conference on Concurrent Engineering, (巻), (号), 421-428, Curitiba, Oct. 2016..[組織] ...
閲覧 Akira Otaka : Application of N-Sulfanylethylanilide(SEAlide) Unit to Protein Chemical Synthesis and Protein Enrichment, American Peptide Symposium 2017, (巻), (号), (頁), Whistler, BC, Canada, June 2017..[組織] ...
閲覧 Akira Otaka : Development of anti-breast cancer stapled peptides targeting BIG3-PHB2 interaction, AIMECS 2017, (巻), (号), (頁), Melbourne, Australia, July 2017..[組織] ...
閲覧 大髙 章, 重永 章 : 「第I編 ペプチド合成,第二章 ペプチドの液相合成」医療・診断をささえるペプチド科学―再生医療・DDS・診断への応用―(平野義明 監修), 株式会社 シーエムシー出版, (都市), 2017年10月..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : モルフィネからはじまる薬の話, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会:高校生向けランチョンセミナー, 2017年10月..[組織] ...
閲覧 平尾 功治, 湯本 浩通, 細川 由樹, 蔵本 瞳, 鷲尾 絢子, 中西 正, 武川 大輔, 北村 知昭, 松尾 敬志 : ラット象牙芽細胞様細胞 (KN-3) におけるカテキンの抗炎症作用, 日本歯科保存学雑誌, Vol.60, No.5, 235-244, 2017年..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : 有機化学メジャーの薬剤師・創薬科学研究者を育成しよう, 第12回有機化学系教科担当教員会議, (巻), (号), (頁), 2017年11月..[組織] ...
閲覧 Daisuke Tsuji : Pathogenesis in lysosomal storage disorders., The 3rd Symposium of Drug Development Research Institute, College of Pharmacy, Dongguk University, Korea Seoul (Dongguk Univ.), (都市), Dec. 2017..[組織] ...
閲覧 鳴海 哲夫, 大髙 章 : 第3章 第3節 ペプチドの不安定性を解決するペプチド結合の置換技術, ペプチド医薬品のスクリーニング・安定化・製剤化技術, (巻), (号), 130-140, 2017年12月..[組織] ...
閲覧 大髙 章, 重永 章 : 天然に学ぶタンパク質合成化学, 有機合成化学協会誌, Vol.76, No.1, 45-54, 2018年1月..[組織] ...
閲覧 大髙 章, 重永 章 : 十字路:Native Chemical Ligation法, 有機合成化学協会誌, Vol.76, No.1, 66, 2018年1月..[組織] ...
閲覧 辻 大輔, 伊藤 孝司 : リソソームの生理機能制御とリソソーム病における異常, 生化学, Vol.90, No.1, 60-68, 2018年2月..[組織] ...
閲覧 細木 秀彦 : 歯科診療における労働安全衛生, Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.30, No.2, 69-73, 2018年2月..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : 脱不斉化ヘリックスペプチドはPPI 制御分子として機能するか?, 第1回 徳島大学統合的がん創薬研究クラスター合同ミーティング, (巻), (号), (頁), 2018年2月..[組織] ...
閲覧 Akira Otaka : Current Topics - Drug Discovery: Recent Progress and the Future Foreward, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.66, No.3, 189-190, 2018..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : タンパク質加水分解酵素を利用したタンパク質C末端特異的チオエステル化反応の開発, ペプチド科学談話会2018, (巻), (号), (頁), 2018年3月..[組織] ...
閲覧 Akira Shigenaga, Naoto Naruse and Akira Otaka : ProteoFind: A script for finding proteins that are suitable for chemical synthesis, Tetrahedron, Vol.74, No.19, 2291-2297, 2018..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : 弁証法的薬学教育観-薬学における有機化学教育を考える-, 有機合成化学協会誌, Vol.76, No.7, 667, 2018年7月..[組織] ...
閲覧 中西 雅之, 古曳 泰規, 重永 章, 大髙 章, 田中 信忠, 北出 幸夫, 日野 真美, 野元 裕 : S-アデノシルホモシステイン加水分解酵素の蛍光性基質の開発, 第91回日本生化学会大会, 2018年9月..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : 自然に学ぶタンパク質化学, ペプチド研究所 フィッシャー祭, (巻), (号), (頁), 2018年10月..[組織] ...
閲覧 Chiaki Komiya, Jun Tsukimoto, Masahiro Ueda, Takuya Morisaki, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga, Kouji Itou and Akira Otaka : Preparation of protein thioesters enabled by carboxypeptidase-mediated C-terminal specific hydrazinolysis, 10th International Peptide Symposium, Kyoto, Dec. 2018..[組織] ...
閲覧 Naoto Naruse, Kiyoka Matsumoto, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of method for deprotection of N-terminal thiazolidine derivative using copper salt for chemical protein synthesis, 10th International Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), Kyoto, Dec. 2018..[組織] ...
閲覧 Kento Ohkawachi, Kyohei Morimoto, Naoto Naruse, Kenzo Yamatsugu, Akira Shigenaga, Motomu Kanai and Akira Otaka : Development of methodology for cyclic peptide synthesis using a thiol-incorporated DMAP catalyst, 10th International Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), Kyoto, Dec. 2018..[組織] ...
閲覧 Taiki Kohiki, Yusuke Kato, Masaya Denda, Yusuke Nishikawa, Kazuko YORITA, Ikuko Sagawa, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga, Kiyoshi Fukui and Akira Otaka : Development and application of novel protein labeling reagent "SEAL", 10th International Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), Kyoto, Dec. 2018..[組織] ...
閲覧 Takuya Morisaki, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of a turn-on fluorescent traceable linker employing N-sulfanylethylcoumarinyl amide for enrichment and visualization of target proteins Current Topic Drug Discovery: Recent Progress and the Future, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.68, No.3, 216-219, 2019..[組織] ...
閲覧 奥田 紀久子, 田中 祐子, 岩佐 幸恵, 谷 洋江, 中窪 萌子, 加藤 千代子 : 小学生の喫煙および健康に関する意識, 教育保健研究, No.20, 69-76, 2019年..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : 天然に学ぶタンパク質化学とタンパク・ペプチド性医薬品の可能性, 神戸ポートアイランド創薬フォーラム, (巻), (号), (頁), 2019年6月..[組織] ...
閲覧 吉原 穂積, 細木 秀彦, 吉田 みどり, 久米 芳生, 音見 暢一, 天野 雅史, 湯浅 将生, 山田 健二, 水頭 英樹, 前田 直樹, 川田 直伸, 原田 雅史, 誉田 栄一 : 歯科放射線科の撮影件数の推移 -口内法枚数と口外法件数-, Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.32, No.1, 1-9, 2019年..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : 人工タンパク質創製のためのタンパク質チオエステル調製法の開発, 日本プロセス化学会2019ウィンターシンポジウム, 2019年12月..[組織] ...
閲覧 Maki Ohtomo, Masafumi Harada, Takashi Abe, Yuki Matsumoto, Yumi Abe, Yuki Kanazawa, Mitsuharu Miyoshi, Hiroyuki Kabasawa and Yoshitake Takahashi : Reproducibility and Variability of Quantitative Cerebral Blood Flow Measured by Multi-delay 3D Arterial Spin Labeling According to Sex and Menstrual Cycle, The Journal of Medical Investigation : JMI, No.67, 321-327, 2020..[組織] ...
閲覧 Masahiro Ueda, Chiaki Komiya, Sayuki Arii, Kohshi Kusumoto, Masaya Denda, Keiichiro Okuhira, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Sequence-independent traceless method for preparation of peptide/protein thioesters using CPaseY-mediated hydrazinolysis, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.68, No.12, 1226-1232, 2020..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : 「1章 現場で必要な臨床医薬品化学とは,6章 糖尿病とその治療薬」現場で役に立つ!臨床医薬品化学 (臨床医薬品化学研究会 編), 株式会社 化学同人, (都市), 2021年4月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 14, LA = 1.00, Max(EID) = 377979, Max(EOID) = 1011430.