『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.薬学研究科.薬学専攻 (2012年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 30件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 31件

全ての有効な情報 (30件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
閲覧 (未定義) …(28)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Masashi Hattori, Hiroyuki Mizuguchi, Chiyo Matsushita, Hitoshi Niino, Yuko Sagesaka, Keisuke Masuyama and Hiroyuki Fukui : Identification of anti- pollenosis compound in tea extract that suppresses gene expression of histamine H1 receptor (H1R). 12 th International Congress of Ethnopharmacology India 2012 March, 12th International Congress of Ethnopharmacology, Kolkata, India, Feb. 2012. ...
閲覧 Yamamoto Sayaka, Hiroyuki Mizuguchi, Nurul Mohammed Islam, Shahriar Masum, Venkatesh Pichairajan, Kazutaka Maeyama, Mukherjee K. Pulok, Hattori Masashi, Choudhuri Sahabuddin Kabir Mohamed, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Albizia Lebbeck alleviated allergy symptom by inhibiting histamine signaling at the transcriptional level., 12th International Congress of Ethnopharmacology, Sicience City, Kolkata, India, Feb. 2012. ...
閲覧 懸山 啓太, 篠原 康雄, 山本 武範, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : 透過性遷移を誘起したミトコンドリアにおけるシクロフィリンDの挙動の解析, 第121回日本薬理学会近畿部会, (巻), (号), (頁), 2012年6月. ...
閲覧 Nakano Tomohiro, Hiroyuki Mizuguchi, Hattori Masashi, Baba Yuko, Ono Shohei, Zhang Qian, Sasaki Youhei, Kobayashi Makoto, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Quercetin inhibits transcriptional up-regulation of histamine h1 receptor via suppressing protein kinase C-/extracellular signal-regulated kinase/poly(ADP-rebose)polymelase-1 signaling pathway in HeLa cells., 42nd European Histamine Research Society Annual Meeting., Lodz, Poland, May 2013. ...
閲覧 服部 将史, 水口 博之, 馬場 祐子, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ケルセチンの分子薬理機構と抗アレルギー作用, 第123回日本薬理学会近畿部会, 2013年7月. ...
閲覧 岡田 直人, 森 剛志, 小中 健, 川添 和義, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 水口 和生 : デスノマブによる低カルシウム血症の発現に関与する因子の探索, 第23回医療薬学会年会, 2013年9月. ...
閲覧 須江 和由, 森山 耕太, 花房 剛志, 小中 健, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 : 漢方製剤のPC12細胞神経突起進展に及ぼす影響, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 小中 健, 柴田 高洋, 森 剛志, 中村 敏己, 西迫 寛隆, 岡田 直人, 久次米 敏秀, 寺岡 和彦, 川添 和義, 水口 和生 : 当院におけるホスアプレピタントによる血管痛への取り組み, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 小中 健, 花房 剛志, 森山 耕太, 西迫 寛隆, 岡田 直人, 庄野 正行, 川添 和義, 水口 和生 : 血管内皮細胞におけるビンカロイドの細胞障害に対するエフェドラの影響, 日本薬学会第134年会, 2014年3月. ...
閲覧 花房 剛志, 須江 和由, 森山 耕太, 小中 健, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 : 加味逍遙散及び芍薬甘草湯がpaclitaxelによる末梢神経障害モデル細胞に与える影響, 日本薬学会第134年会, 2014年3月. ...
閲覧 小中 健, 森 剛志, 柴田 高洋, 西迫 寛隆, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 水口 和生 : バニツムマブによる低マグネシウム血症の発現状況と治療成功期間に関する検討, 第26回日本医療薬学会年会要旨集, 386, 2014年9月. ...
閲覧 田中 里奈, 鈴木 杏奈, 小中 健, 上村 卓広, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義 : 産婦人科におけるシスプラチンによる腎障害に対する予測因子の検討, 日本腎臓病薬物療法学会誌, Vol.3, No.2, S155, 2014年10月. ...
閲覧 洲山 佳寛, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省伝統薬物に関する研究(25) -Gentiana rigescensの成分研究(5)-, 第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 157, 2014年11月. ...
閲覧 坂東 佐奈子, 櫻田 巧, 泉 侑希, 小中 健, 岡田 直人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 川添 和義, 石澤 啓介 : 胸膜癒着術におけるユニタルクとビシバニールの副作用の比較, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 296, 2014年11月. ...
閲覧 鈴木 杏奈, 田中 里奈, 小中 健, 岡田 直人, 上村 卓広, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 : 放射線併用化学療法(シスプラチン)における腎障害の危険因子の探索, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 296, 2014年11月. ...
閲覧 小中 健, 櫻田 巧, 柴田 高洋, 岡田 直人, 西迫 寛隆, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 : 大腸がんにおけるEGFR抗体薬による低マグネシウム血症の発現状況および発現因子に関する検討, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 297, 2014年11月. ...
閲覧 大谷 知子, 賀勢 泰子, 山本 浩子, 國友 一史, 川添 和義, 佐藤 陽一, 山内 あい子 : 高齢者における腎機能評価に影響を与える因子の検討∼実測Ccr と推定Ccr の比較∼, 日本薬学会第135年会, 2015年3月. ...
閲覧 山下 ありさ, 山﨑 哲男 : 小胞体マニピュレーションに基づく凝集難病治療法の創出, 第14回 四国免疫フォーラム, 2015年6月. ...
閲覧 山下 ありさ, 山﨑 哲男 : 小胞体を標的とした凝集体難病治療法開発, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年10月. ...
閲覧 杉原 涼, 木村 仁, 奥平 桂一郎, 斎藤 博幸 : アポ A-I 結合タンパク質 AIBP の機能の解明, BMB2015, 2015年12月. ...
閲覧 山下 ありさ, 山﨑 哲男 : タンパク質凝集体難病の克服に向けた小胞体操作の分子基盤, 第15回 四国免疫フォーラム, 2016年6月. ...
閲覧 Arisa Yamashita, Takamitsu Nakatsuru, Hiroki Saito, Yuri Hiraki and Tetsuo Yamazaki : ER Manipulation: A promising therapeutic intervention for protein aggregation diseases, The 3rd International Symposium on Regenerative Rehabilitation in Kyoto, Kyoto, Feb. 2017. ...
閲覧 Arisa Yamashita, Yuri Hiraki and Tetsuo Yamazaki : Identification of CLN6 as a molecular entity of endoplasmic reticulum-driven anti-aggregate activity, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.487, No.4, 917-922, 2017. ...
閲覧 山下 ありさ, 平木 友理, 山﨑 哲男 : 小胞体マニピュレーションがもたらす抗凝集体活性の分子基盤, 第16回 四国免疫フォーラム, 2017年6月. ...
閲覧 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 慢性腎臓病における尿毒素蓄積によるヘプシジン制御と鉄代謝破綻のメカニズムの解明, 第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2017年9月. ...
閲覧 Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : The uremic toxin indoxyl sulfate interferes with iron metabolism by regulating hepcidin in chronic kidney disease, Nephrology, Dialysis, Transplantation, Vol.33, No.4, 586-597, 2018. ...
閲覧 山下 ありさ, 平木 友理, 山﨑 哲男 : 小胞体マニピュレーションの汎用性とその分子基盤, 第17回 四国免疫フォーラム, 2018年6月. ...
閲覧 Arisa Yamashita and Tetsuo Yamazaki : ER-driven anti-aggregate activity toward pathogenic alphaB-crystallin mutants, The 43rd FEBS Congress, Praha, July 2018. ...
閲覧 Chiaki Komiya, Jun Tsukimoto, Masahiro Ueda, Takuya Morisaki, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga, Kouji Itou and Akira Otaka : Preparation of protein thioesters enabled by carboxypeptidase-mediated C-terminal specific hydrazinolysis, 10th International Peptide Symposium, Kyoto, Dec. 2018..[組織] ...
閲覧 Kento Ohkawachi, Kyohei Morimoto, Naoto Naruse, Kenzo Yamatsugu, Akira Shigenaga, Motomu Kanai and Akira Otaka : Development of methodology for cyclic peptide synthesis using a thiol-incorporated DMAP catalyst, 10th International Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), Kyoto, Dec. 2018..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.23, Max(EID) = 393880, Max(EOID) = 1066838.