『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.薬学部.薬学科.生理·衛生薬学講座 (〜2006年3月31日)

登録情報の数

有効な情報: 3件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 3件

全ての有効な情報 (3件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Kimiko Tamemoto, Yoshihisa Takaishi, Bei Chen, Kazuyoshi Kawazoe, Hirofumi Shibata, Tomihiko Higuti, Gisho Honda, Michiho Ito, Yoshio Takeda, Olimjon K. Kodzhimatov and Ozodbek Ashurmetov : Sesquiterpenoids from the fruits of Ferula kuhistanica and antibacterial activity of the constituents of F. kuhistanica, Phytochemistry, Vol.58, No.5, 763-767, 2001..[組織] ...
閲覧 Michiko Matsuhisa, Yasuhiro Shikishima, Yoshihisa Takaishi, Gisho Honda, Michiho Ito, Yoshio Takeda, Hirofumi Shibata, Tomihiko Higuti, Olimjon K. Kodzhimatov and Ozodbek Ashurmetov : Benzoylphloroglucinol Derivatives from Hypericum scabrum, Journal of Natural Products, Vol.65, No.3, 290-294, 2002..[組織] ...
閲覧 Yukiko Tada, Yasuhiro Shikishima, Yoshihisa Takaishi, Hirofumi Shibata, Tomihiko Higuti, Gisho Honda, Michiho Ito, Yoshio Takeda, Olimjon K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov and Yasukazu Ohmoto : Coumarins and γ-pyrone derivatives from Prangos pabularia: antibacterial activity and inhibition of cytokine release, Phytochemistry, Vol.59, No.6, 649-654, 2002..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 10, LA = 1.23, Max(EID) = 378232, Max(EOID) = 1011962.