『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.薬学部.薬学科

登録情報の数

有効な情報: 212件 + 無効な情報: 18件 = 全ての情報: 230件

全ての有効な情報 (212件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(49)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(49)
閲覧 (未定義) …(158)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Hiroshi Terada, Satoru GOTO, Kazuko Yamamoto, Isao Takeuchi, Yoshiki Hamada and Keishiro Miyake : Structural requirements of salicylanilides for uncoupling activity in mitochondria: quantitative analysis of structure-uncoupling relationships, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.936, No.3, 504-512, 1988..[組織] ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Shigeki Sano, Masahito Ochiai and Eiichi Fujita : Biomimetic, Chemical, and Spectroscopic Evaluations for the Radiosensitizing Potential of, Tetrahedron, Vol.46, No.9, 3211-3232, 1990..[組織] ...
閲覧 Satoru GOTO, Hitoshi Hori, Zenei Taira and Hiroshi Terada : Leukotriene antagonists: Biological activities and their dynamic structures, The 2nd China/Japan Symposium on Drug Design and Development, Beijing, Jan. 1991..[組織] ...
閲覧 郭 宗儒, 後藤 了, 楊 光中, 寺田 弘 : 用定量構効関系分析■行酪■酸激■抑制剤的結構類型衍化, Yao Xue Xue Bao, Vol.27, No.2, 90-95, 1992年..[組織] ...
閲覧 Satoru GOTO, Zong-Ru Guo, Yukako Futatsuishi, Hitoshi Hori, Zenei Taira and Hiroshi Terada : Quantitative structure-activity relationships of benzamide derivatives for anti-leukotriene activities, Journal of Medicinal Chemistry, Vol.35, No.13, 2440-2445, 1992..[組織] ...
閲覧 Hiroshi Terada, Satoru GOTO, Hitoshi Hori and Zenei Taira : Structural requirements of leukotriene antagonists, Elsevier, Amsterdam, Jan. 1995..[組織] ...
閲覧 Kenji Fukuzawa, Keiji Soumi, Masahito Iemura, Satoru GOTO and Akira Tokumura : Dynamics of xanthine oxidase- and Fe^{3+}-ADP-dependent lipid peroxidation in negatively charged phospholipid vesicles, Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.316, No.1, 83-91, 1995..[組織] ...
閲覧 Eiji Majima, Satoru GOTO, Hitoshi Hori, Yasuo Shinohara, Yeong-Man Hong and Hiroshi Terada : Stablilities of the fluorescent SH-reagent eosin-5-maleimide and its adducts with sulfhydryl compounds, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1243, No.3, 336-342, 1995..[組織] ...
閲覧 Takuya Sueda, Takema Nagaoka, Satoru GOTO and Masahito Ochiai : Evidence for reversible ylide formation: Equilibrium between free alkylidenecarbenes and ethereal solvent-alkylidenecarbene complexes (oxoniumu ylides), Journal of the American Chemical Society, Vol.118, No.42, 10141-10149, 1996..[組織] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Takao Ito, Hideo Takahashi, Akinobu Nakanishi, Mika Toyonari, Takuya Sueda, Satoru GOTO and Motoo Shiro : Hypervalent (tert-butylperoxy)iodines generate iodine-centered radicals at room temperature in solution: Oxidation and de-protection of benzyl and allyl ethers, and evidence for generation of <alpha>-oxy carbon radicals, Journal of the American Chemical Society, Vol.118, No.33, 7716-7730, 1996..[組織] ...
閲覧 Michio Kida, Takuya Sueda, Satoru GOTO, Tadashi Okuyama and Masahito Ochiai : Synthesis and nucleophilic substitution of allenyl-(m-nitrophenyl)iodanes as anewpropynyl cation-equivalent species: Synthesis of propynyl ethers, esters, and amides, Chemical Communications, 1933-1934, 1996..[組織] ...
閲覧 Terukage Hirata, J. Nomiyama, N. Sakae, K. Nishimura, M. Yokomoto, S. Inoue, K. Tamura, M. Okuhira, H. Amano, Satoru GOTO and Yoshimitsu Nagao : New angiotensin II receptor antagonists: Syntheses and biological properties, and structure-activity relationships, The 2nd Australia/Japan Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), North Queensland, Jan. 1996..[組織] ...
閲覧 Kazuhiko Hayashi, Hiromi Kogiso, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Variable Stereoselectivity in the Imine Aldol Reactions Employing MgBr2 and Et3N, Synlett, No.12, 1203-1205, 1996..[組織] ...
閲覧 Terukage Hirata, Satoru GOTO, Koichi Tamura, Masayasu Okuhira and Yoshimitsu Nagao : Quantitative structure-activity relationships of benzoyliminothiadiazoline derivatives as angiotensin II receptor antagonists, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.7, No.4, 385-388, 1997..[組織] ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Terukage Hirata, Satoru GOTO, Shigeki Sano and Motoo Shiro : Aspects for 1,5-type S---O nonbonded interaction observed in acyliminothiadiazoline derivatives as angiotensin II receptor antagonists, AIMECS 97 AFMC International Medicinal Chemistry Symposium, (巻), (号), (頁), Seoul, Jan. 1997..[組織] ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Terukage Hirata, Satoru GOTO, Shigeki Sano, Akikazu Kakehi, Kinji Iizuka and Motoo Shiro : Intramolecular Nonbonded S---O Interaction Recognized in (Acylimino)thiadiazoline Derivatives as Angiotensin II Receptor Antagonists and Related Compounds, Journal of the American Chemical Society, Vol.120, No.13, 3104-3110, 1998..[組織] ...
閲覧 Satoru GOTO and Hiroshi Terada : Active conformation analyses for the bioactive macrocycles, The 3rd Australia/Japan Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Naruto, Jan. 1998..[組織] ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Terukage Hirata, Satoru GOTO and Shigeki Sano : Intramolecular nonbonded S---O interaction recognized in acyliminothiadiazoline derivatives as angiotensin II receptor antagonists and other drugs, The 6th Korea/Japan Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Tokyo, Jan. 1998..[組織] ...
閲覧 Satoru GOTO, Kai-Xian Chen, Sanae Oda, Hitoshi Hori and Hiroshi Terada : Dynamic Structural Features of Macrocyclic Cytochalasin Analogues Responsible for Their Hexose Transport Inhibition, Journal of the American Chemical Society, Vol.120, No.10, 2457-2463, 1998..[組織] ...
閲覧 Shigeki Sano, Tsuyoshi Ando, Kenji Yokoyama and Yoshimitsu Nagao : New Reaction Mode of the Horner-Wadsworth-Emmons Reaction for the Preparation of α-Fluoro-α,β-unsaturated Esters, Synlett, Vol.1998, No.7, 777-779, 1998..[組織] ...
閲覧 Ill-Yun Jeong, Woo-Song Lee, Satoru GOTO, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Novel hetrocyclic ring-expansion and/or dehydration-hydration reactions of propargylic and allenylic hydroxy γ-lactams in the presence of strong base or Lewis acid, Tetrahedron, Vol.54, No.48, 14437-14454, 1998..[組織] ...
閲覧 Kentaro Kogure, Satoru GOTO, Kazutoyo Abe, Chie Ohiwa, Michinori Akasu and Hiroshi Terada : Potent anti-peroxidation activity of the bisbenzylisoquinoline alkaloid cepharanthine: The amine moiety is responsible for its pH-dependent radical scavenge activity, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1426, No.1, 133-142, 1999..[組織] ...
閲覧 Mitsuru Hashimoto, Eiji Majima, Satoru GOTO, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Fluctuation of the first loop facing the matrix of the mitochondrial ADP/ATP carrier deducing from intermolecular cross-linking of Cys56 residues by bi-functional dimaleimides, Biochemistry, Vol.38, No.3, 1050-1056, 1999..[組織] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Michio Kida, Koichi Satoh, Tomoki Takino, Satoru GOTO, Nobuo Donkai and Tadashi Okuyama : Association and dissociation of Z-(<beta>-bromoalkenyl)-phenyliodonium bromide in chloroform solution: Detection of vinyl-<lambda>^3-iodane dimer in solution, Tetrahedron Letters, Vol.40, No.8, 1559-1562, 1999..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎 : 物性物理化学 製剤学へのアプローチ(大島広行編集), --- 第7章 分散系とコロイド化学 ---, 南江堂, 東京, 1999年4月..[組織] ...
閲覧 Satoru GOTO, Kyoko Masuda, Hiroshi Chuman and Hiroshi Terada : Experimental receptor mapping for the sugar binding site of concanavalin A with a surface plasmon resonance sensor, Pacifichem2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Society, Honolulu, Jan. 2000..[組織] ...
閲覧 Hiroshi Chuman, Satoru GOTO, Mami Karasawa, Mikio Sasaki, Umpei Nagashima, Keiichiro Nishimura and Toshio Fujita : Three-Dimensional Structure-Activity Relationships of Synthetic Pyrethroids: 1. Similarity in Bioactive Conformations and Their Structure-Activity Pattern, QSAR & Combinatorial Science, Vol.19, No.1, 10-21, 2000..[組織] ...
閲覧 Mitsuru Hashimoto, Eiji Majima, Takashi Hatanaka, Yasuo Shinohara, Masakatsu Onishi, Satoru GOTO and Hiroshi Terada : Irreversible extrusion of the first loop facing the matrix of he bovine mitochondrial ADP/ATP carrier by labeling the Cys56 residue with the SH-reagent methyl methanethiosulfonate, The Journal of Biochemistry, Vol.127, No.3, 443-449, 2000..[組織] ...
閲覧 Hiroshi Chuman, Satoru GOTO, Mami Karasawa, Mikio Sasaki, Umpei Nagashima, Keiichiro Nishimura and Toshio Fujita : Three-Dimensional Structure-Activity Relationships of Synthetic Pyrethroids: 2. Three-Dimensional and Classical QSAR Studies, Quant. Struct.-Act. Relat., Vol.19, No.5, 455-466, 2000..[組織] ...
閲覧 田中 秀治, 嶋林 三郎 : 第14改正日本薬局方解説書, --- 一般試験法浸透圧測定法(嶋林三郎,田中秀治),滴定終点検出法(田中秀治,嶋林三郎),熱分析法(嶋林三郎,田中秀治),粘度測定法(嶋林三郎,田中秀治) ---, 株式会社 廣川書店, 東京, 2001年5月..[組織] ...
閲覧 Satoru GOTO, Kentaro Kogure, Kazutoyo Abe, Yukari Kimata, Katsuhiro Kitahama, Eiji Yamashita and Hiroshi Terada : Efficient radical trapping at the surface and inside the phospholipid membrane is responsible for highly potent antiperoxidative activity of the carotenoid astaxanthin, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1512, No.2, 251-258, 2001..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎 : 廣川 薬科学大辞典(第3版), 株式会社 廣川書店, 東京, 2001年9月..[組織] ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Hitoshi Iimori, Satoru GOTO, Terukage Hirata, Shigeki Sano, Hiroshi Chuman and Motoo Shiro : Remarkable Discrepancy in the Predominant Structures of Acyl(or Thioacyl)aminothiadiazoles, Acyl(or Thioazyl)aminooxadiazoles and Related Compounds Having the Potential for Rotational, Geometrical and Tautomeric Isomerism, Tetrahedron Letters, Vol.43, No.9, 1709-1712, 2002..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎 : 新薬剤学, 南江堂, 東京, 2002年4月..[組織] ...
閲覧 Satoru GOTO, Kyoko Masuda, Miyuki Miura, Keiko Kanazawa, Miki Sasaki, Miyuki Masui, Maki Shiramizu, Hiroshi Terada and Hiroshi Chuman : Quantitative estimation of interaction between carbohydrates and concanavalin A by surface plasmon resonance biosensor, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.50, No.4, 445-449, 2002..[組織] ...
閲覧 Satoru GOTO, Hiroshi Chuman, Eiji Majima and Hiroshi Terada : How does the mitochondrial ADP/ATP carrier distinguish transportable ATP and ADP from untransportable AMP and GTP? Dynamic modeling of the recognition/translocation process in the major substrate binding region, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Cell Research, Vol.1589, No.2, 203-218, 2002..[組織] ...
閲覧 Satoru GOTO : Regulation of the binding of hexose to concanavalin A by the 2-OH configuration, The 1st International Conference on Biomedical Spectroscopy: From Molecules to Men, (巻), (号), (頁), Cardiff, UK, July 2002..[組織] ...
閲覧 Naonobu Tanaka, Hong-Quan Duan, Yoshihisa Takaishi, Kazuyoshi Kawazoe and Satoru GOTO : Terpenoids from Tripterygium doianum (Celastraceae), Phytochemistry, Vol.61, No.1, 93-98, 2002..[組織] ...
閲覧 Kentaro Kogure, Satoru GOTO, Miki Nishimura, Mina Yasumoto, Kazutoyo Abe, Chie Ohiwa, Hironori Sassa, Takenori Kusumi and Hiroshi Terada : Mechanism of potent antiperoxidative effect of capsaicin, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1573, No.1, 84-92, 2002..[組織] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Takashi Suefuji, Kazunori Miyamoto, Norihiro Tada, Satoru GOTO, Motoo Shiro, Shigeki Sakamoto and Kentaro Yamaguchi : Secondary hypervalent I(III) ---O interactions: Synthesis and structure of hypervalent complexes of diphenyl-<lambda>^3-iodanes with 18-crown-6, Journal of the American Chemical Society, Vol.125, No.3, 769-773, 2003..[組織] ...
閲覧 田中 秀治, 嶋林 三郎 : 第14改正日本薬局方第1追補解説書, --- 一般試験法 導電率測定法 ---, 株式会社 廣川書店, 東京都文京区, 2003年3月..[組織] ...
閲覧 Takuya Sueda, Daisuke Kajishima and Satoru GOTO : Mechanistic investigation on the reaction between amines or amides and an alkylperoxy-λ3-iodane, The Journal of Organic Chemistry, Vol.68, No.8, 3307-3310, 2003..[組織] ...
閲覧 田中 秀治, 嶋林 三郎 : わかりやすい分析化学問題集, 株式会社 廣川書店, 東京, 2003年9月..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎, 編集委員長 阿部正彦 : 日本油化学会編,油化学辞典, --- 脂質と界面活性剤 ---, 丸善 株式会社, 東京, 2004年3月..[組織] ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Satoru Tanaka, Kazuhiko Hayashi, Shigeki Sano and Motoo Shiro : New Synthetic Methods for Seven- and Eight-Membered Cyclic Ethers Based on the Ring-Expansion Reactions of Hydroxy or Lithioxy Methoxyallenylisochroman Derivatives, Synlett, Vol.0, No.3, 481-484, 2004..[組織] ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Satoshi Miyamoto, Motoyuki Miyamoto, Hiroe Takeshige, Kazuhiko Hayashi, Shigeki Sano, Motoo Shiro, Kentaro Yamaguchi and Yoshihisa Sei : Highly Stereoselective Asymmetric Pummerer Reactions That Incorporate Intermolecular and Intramolecular Nonbonded S---O Interactions, Journal of the American Chemical Society, Vol.128, No.30, 9722-9729, 2006..[組織] ...
閲覧 辻 大輔, 岡野 和真, 徳田 美幸, 伊藤 良和, 中村 崇洋, 伊藤 孝司 : ヒト多発性骨髄腫細胞株におけるメルファラン抵抗性細胞の性質解析, 日本薬学会 第130年会, (巻), (号), (頁), 2010年3月. ...
閲覧 田中 秀治, 戌亥 孝次, 竹内 政樹 : 気節導入による振幅変調フロー分析法の高感度化, 第71回分析化学討論会, 2010年5月. ...
閲覧 Takeshi Uemura, Takeshi Ogusu, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Spectrophotometric Determination of Trace Phosphate Ion by Amplitude Modulated Flow Analysis Coupled with Malachite Green Method, Analytical Sciences, Vol.26, No.7, 797-801, 2010. ...
閲覧 桝井 俊輔, 山﨑 哲男 : 小胞体タンパク質MG23によるDNA損傷誘導性細胞死の促進, 第117回 日本薬理学会近畿部会, 2010年7月. ...
閲覧 Kazuhiko Matsuoka, Tomomi Tamura, Yukie Dohzono, Keisuke Kitakaze, Daisuke Tsuji, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou : Development of Modified Human beta-Hexosaminidase B for Enzyme Replacement Therapy for Tay-Sachs Disease, The 28th NAITO CONFERENCE ON Glycan Expression and Regulation, (巻), (号), (頁), July 2010. ...
閲覧 吉岡 薫, 外山 裕介, 加々美 愛, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 大気エアロゾル中過塩素酸イオンの連続分析, 日本分析化学会第59年会, 2010年9月. ...
閲覧 上村 剛史, 大楠 剛司, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 振幅変調フロー分析法による微量リン酸イオンの定量, 第20回無機リン化学討論会, 2010年10月. ...
閲覧 竹内 政樹, 石嶺 希一, 外山 裕介, 田中 秀治 : ナフィオンチューブによる前濃縮, 2010年日本化学会西日本大会, 2010年11月. ...
閲覧 武知 佑樹, 吉井 遼, 田中 将史, 植野 哲, 川上 徹, 相本 三郎, 斎藤 博幸 : 細胞膜透過ペプチドの物理的膜透過メカニズム解明に向けたアルギニンポリペプチド-脂質二分子膜間相互作用の解析, 第32回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2010年11月. ...
閲覧 David Nguyen, Padmaja Dhanasekaran, Margaret Nickel, Ryosuke Nakatani, Hiroyuki Saito, Michael C. Phillips and Sissel Lund-Katz : Molecular basis for the differences in lipid and lipoprotein binding properties of human apolipoproteins E3 and E4., Biochemistry, Vol.49, No.51, 10881-10889, 2010. ...
閲覧 徳田 美幸, 辻 大輔, 吉良 太孝, 中村 崇洋, 岡野 和真, 南川 典昭, 伊藤 孝司 : 新規抗がん剤候補化合物探索を目指した構造活性相関研究, BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月. ...
閲覧 Hideji TANAKA, Koji Inui, Takeshi Ogusu, Yohei Kurokawa and Masaki Takeuchi : Air-segmented amplitude modulated flow analysis., 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), Honolulu, Dec. 2010. ...
閲覧 Yuki Manabe, Hiromasa Yokoe, Kentaro Noboru, Akiko Obase, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Total Synthesis of Xanthanolides and Their Microbial Activities, Pacifichem 2010, (巻), (号), (頁), Honolulu, Dec. 2010. ...
閲覧 Masaki Takeuchi, Kaoru Yoshioka, Yusuke Toyama, Ai Kagami and Hideji TANAKA : Automated analysis for perchlorate in atmospheric aerosol, 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), Honolulu, Dec. 2010. ...
閲覧 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 富永 えりか, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングに対するニトロソニフェジピンの抑制作用, 第40回日本心脈管作動物質学会, (巻), (号), (頁), 2011年2月. ...
閲覧 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 富永 えりか, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングに対するニトロソニフェジピンの抑制作用, 第40回日本心脈管作動物質学会, (巻), (号), (頁), 2011年2月. ...
閲覧 高久 暢, 冨田 修平, 小谷 武司, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 玉置 俊晃 : PHD阻害剤の虚血皮弁生存に対する効果, 第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月. ...
閲覧 Inui Koji, Uemura Takechi, Ogusu Takechi, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Air-Segmented Amplitude-Modulated multiplexed Flow Analysis, Analytical Sciences, Vol.27, No.3, 305-308, 2011. ...
閲覧 今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 富永 えりか, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : Nitrosonifedipineによる血管リモデリング抑制効果の検討, 日本薬学会第131回年会, 2011年3月. ...
閲覧 Takumi Sakurada, Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Erika Tominaga, Junpei Taniguchi, Shoko Fujii, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Nitrosonifedipine, a photodegrative metabolite of nifedipine, improves angiotensin -induced vascular remodeling, 第84回日本薬理学会年会, March 2011. ...
閲覧 (種別) : Yuki Takechi, Haruka Yoshii, Masafumi Tanaka, Toru Kawakami, Saburo Aimoto and Hiroyuki Saito : Physicochemical mechanism for the enhanced ability of lipid membrane penetration of polyarginine., Langmuir, Vol.27, No.11, 7099-7107, (発行所), (都市), April 2011. ...
閲覧 武知 佑樹, 吉井 遼, 田中 将史, 植野 哲, 川上 徹, 相本 三郎, 斎藤 博幸 : 膜透過性アルギニンポリペプチドと酸性リン脂質膜の相互作用, 日本膜学会第33年会, 2011年5月. ...
閲覧 中村 崇洋, 岡野 和真, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : 多発性骨髄腫細胞株RPMI8226に対する薬剤耐性に関与するプロテオーム解析, 第52回日本生化学会 中国・四国支部総会, 2011年5月. ...
閲覧 Kazuhiko Matsuoka, Tomomi Tamura, Daisuke Tsuji, Yukie Dohzono, Keisuke Kitakaze, Kazuki Ohno, Seiji Saito, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou : Therapeutic Potential of Intracerebroventricular Replacement of Modified Human β-Hexosaminidase B for GM2 Gangliosidosis, Molecular Therapy, Vol.19, No.6, 1017-1024, 2011. ...
閲覧 川添 和義, 伏谷 秀治, 柏田 良樹, 佐々木 久子, 大道 由佳, 栗本 慎一郎, 篠崎 陽介, 柴山 恵美子, 関田 倫彦, 金子 礼, 洲山 佳寛, 高岸 佐和, 中野 芙佐子, 平田 藍, 宮崎 祐樹, 田島 壮一郎, 櫻田 巧, 中川 博之, 田岡 寛之, 足立 麻美, 柴田 高洋, 岡田 直人, 継岡 知美, 淵上 美由紀, 小中 健, 今林 潔, 今林 優佳, 高石 喜久, 水口 和生 : つるぎ町一宇地区の民間薬調査, 阿波学会紀要, No.57, 89-98, 2011年. ...
閲覧 谷口 順平, 石澤 啓介, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 久次米 敏秀, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃, 冨田 修平 : 動脈硬化におけるhypoxia-inducible factor-1αの新規治療標的分子としての可能性, 医療薬学フォーラム2011/第19回クリニカルファーマシーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2011年7月. ...
閲覧 吉田 奈央, 佐藤 陽一, 山内 あい子 : 妊婦・授乳婦のための漢方安全性情報データベースの構築, 第14回日本医薬品情報学会 総会・学術大会, 2011年7月. ...
閲覧 Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Shoko Fujii, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Nitorosonifedipine is a new class drug to improves angiotensin II-induced vascular remodeling, European Society of Cardiology Congress 2011, (巻), (号), (頁), (都市), Aug. 2011. ...
閲覧 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 谷口 順平, 藤井 聖子, 布 あさ美, 鈴木 雄太, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : Nitrosonifedipineによるマウス血管リモデリング抑制機構の解明, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2011, (巻), (号), (頁), 2011年8月. ...
閲覧 中村 崇洋, 辻 大輔, 岡野 和真, 伊藤 孝司 : 様々ながん細胞株の薬剤抵抗性に関与するタンパクのプロテオーム解析, 第84回日本生化学会大会, 2011年9月. ...
閲覧 岡野 和真, 辻 大輔, 中村 崇洋, 土屋 浩一郎, 伊藤 孝司 : ヒト多発性骨髄腫細胞株におけるSide Population細胞の性質解析, 第84回日本生化学会大会, 2011年9月. ...
閲覧 堂園 幸恵, 辻 大輔, 松岡 和彦, 北風 圭介, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : 改変型ヒトβ-HexosaminidaseBの高発現CHO細胞株の樹立と無血清大量培養系の構築, 第84回日本生化学会大会, 2011年9月. ...
閲覧 北風 圭介, 堂園 幸恵, 辻 大輔, 櫻庭 均, 田島 陽一, 伊藤 孝司 : ヒトβ-hexosaminidaseとGM2 activator proteinとの相互作用の解析, 第84回日本生化学会大会, 2011年9月. ...
閲覧 Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Shoko Fujii, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Angiotensin -induced Vascular Remodeling is Improved by Nitrosonifedipine, a Possible New Class Drug Against Oxidative Stress, High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, (巻), (号), (頁), Orlando, Sep. 2011. ...
閲覧 宮谷 綾, 小中 健, 庄野 正行, 西迫 寛隆, 川添 和義, 水口 和生 : ウシ副腎髄質クロマフィン細胞に対する葛根湯構成生薬の影響, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月. ...
閲覧 岡本 茉佑子, 佐藤 陽一, 三上 拓也, 川添 和義, 水口 和生 : 五味子水抽出物の新規生理活性に関する研究, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月. ...
閲覧 小中 健, 宮谷 綾, 庄野 正行, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 : 正常ヒト臍帯静脈内皮細胞(HUVEC)に対する漢方薬成分の影響, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月. ...
閲覧 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 谷口 順平, 藤井 聖子, 布 あさ美, 鈴木 雄太, 宮本 理人, 木平 孝高, 土屋 浩一郎, 川添 和義, 水口 和生, 玉置 俊晃 : マウス血管リモデリングに対するnitrosonifedipineの抑制効果, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月. ...
閲覧 谷口 順平, 石澤 啓介, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃, 冨田 修平 : 血管平滑筋細胞のhypoxia-inducible factor-1αはangiotensinⅡ誘発血管リモデリングの形成に関与する, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月. ...
閲覧 Yuki Takechi, Hirokazu Tanaka, Hiroki Kitayama, Haruka Yoshii, Masafumi Tanaka and Hiroyuki Saito : Comparative study on the interaction of cell-penetrating polycationic polymers with lipid membranes., Chemistry and Physics of Lipids, Vol.165, No.1, 51-58, 2011. ...
閲覧 北山 裕貴, 四方田 千佳子, 斎藤 博幸 : PEGリン脂質によるリポソーム表面修飾法の最適化の検討, 第50回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2011年11月. ...
閲覧 阿部 真治, 谷口 友紀, 木宿 昌俊, 加藤 幸成, 川添 和義, 東 満美, 西岡 安彦, 水口 和生 : ポドプラニンを標的とした悪性胸膜中皮腫に対する新規抗体療法の検討, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月. ...
閲覧 本藤 栄里, 桝井 俊輔, 山﨑 哲男 : 小胞体タンパク質EPIGの紫外線応答における役割, 第50回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月. ...
閲覧 中谷 亮介, 端 茉美, 岡 辰也, S. Lund-Katz, M.C. Phillips, 斎藤 博幸 : 環境感受性蛍光プローブ標識によるアポEコンフォメーション変化の解析, 第33回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2011年11月. ...
閲覧 岸田 真季, 倍味 宏行, 山本 歩実, 曽根 淳美, 足立 麻衣, 泉 あずさ, 安藝 健作, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司 : 精油による自律神経系及び免疫系への影響, 第35回 徳島県医学検査学会, 2011年12月. ...
閲覧 Yamamoto Sayaka, Hiroyuki Mizuguchi, Nurul Mohammed Islam, Shahriar Masum, Venkatesh Pichairajan, Kazutaka Maeyama, Mukherjee K. Pulok, Hattori Masashi, Choudhuri Sahabuddin Kabir Mohamed, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Albizia Lebbeck alleviated allergy symptom by inhibiting histamine signaling at the transcriptional level., 12th International Congress of Ethnopharmacology, Sicience City, Kolkata, India, Feb. 2012. ...
閲覧 木平 孝高, 三宅 真理子, 平田 愛美, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 : 肥満に伴う耐糖能異常の発現に対する脂肪細胞の低酸素誘導因子の役割, 第41回心脈管作動物質学会, 2012年2月. ...
閲覧 石澤 啓介, 藤井 聖子, 布 あさ美, 石澤 有紀, 今西 正樹, 櫻田 巧, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : Nitrosonifedipineは2型糖尿病モデルマウスにおける腎症進展を抑制する, 第41回心脈管作動物質学会, 2012年2月. ...
閲覧 N Nicholas Lyssenko, Mami Hata, Padmaja Dhanasekaran, Margaret Nickel, David Nguyen, Sevugan Palaniappan Chetty, Hiroyuki Saito, Sissel Lund-Katz and C Michael Phillips : Influence of C-terminal -helix hydrophobicity and aromatic amino acid content on apolipoprotein A-I functionality., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1821, No.3, 456-463, 2012. ...
閲覧 Manami Hirata, Yoshitaka Kihira, Mariko Miyake, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita : High fat diet-induced inflammation in adipose tissues is reduced in adipocyte-specific hypoxia-inducible factor-1a knockout mice, 第85回日本薬理学会年会, (巻), (号), (頁), March 2012. ...
閲覧 藤井 聖子, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 今西 正樹, 布 あさ美, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : Nitrosonifedipine prevents the progression of diabetic nephropathy in type 2 diabetic mice, 第85回日本薬理学会年会, (巻), (号), (頁), 2012年3月. ...
閲覧 布 あさ美, 石澤 啓介, 藤井 聖子, 石澤 有紀, 今西 正樹, 櫻田 巧, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 2型糖尿病性腎症に対するニトロソニフェジピンの効果, 日本薬学会第132年会, (巻), (号), (頁), 2012年3月. ...
閲覧 阿部 真治, 谷口 友紀, 木宿 昌俊, 里吉 良子, 川添 和義, 東 満美, 西岡 安彦, 水口 和生 : 肺癌における新規癌抗原OFA-iLRP発現の検討, 日本薬学会第132年会, 2012年3月. ...
閲覧 三宅 真理子, 木平 孝高, 平田 愛美, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 : 脂肪細胞における低酸素誘導因子1a欠損は高脂肪食負荷による耐糖能異常の発現を抑制する, 日本薬学会第132年会, (巻), (号), (頁), 2012年3月. ...
閲覧 小中 健, 村上 明希, 小山 智史, 西迫 寛隆, 庄野 正行, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 : 内皮系細胞における葛根湯成分の影響, 日本薬学会第132年会, 2012年3月. ...
閲覧 Kazuyoshi Kawazoe, Kana Ota, Mayuko Okamoto, Youichi Sato and Kazuo Minakuchi : Anti-obesity effects of Schisandra chinensis fruit water extract in rats fed a high-fat diet, Journal of Traditional Medicines, Vol.29, No.3, 143-148, 2012. ...
閲覧 Takumi Sakurada, Keisuke Ishizawa, Shoko Fujii, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Asami Nuno, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Effects of nitrosonifedipine, a photodegradation product of nifedipine, on diabetic nephropathy in type II diabetic mice, Experimental Biology 2012, (巻), (号), (頁), (都市), April 2012. ...
閲覧 藤井 聖子, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 糖尿病モデルマウスにおいてニトロソニフェジピンは腎症の進展を抑制する, 第55回日本腎臓学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2012年6月. ...
閲覧 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 藤井 聖子, 石澤 有紀, 宮本 理人, 山野 範子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : Nitrosonifedipine はangiotensin II 誘発のマウス血管リモデリングを改善する, 第65回日本酸化ストレス学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2012年6月. ...
閲覧 今西 正樹, 冨田 修平, 石澤 啓介, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 平滑筋特異的hypoxia-inducible factor-1α欠損がangiotensin II誘発血管リモデリング形成に及ぼす影響, 第121回日本薬理学会近畿部会, (巻), (号), (頁), 2012年6月. ...
閲覧 前田 悠作, 冨田 修平, 村上 正樹, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 血管傷害モデルに伴う血管リモデリング形成過程には,傷害部位に動員される骨髄由来細胞のHIFが関与する, 第121回日本薬理学会近畿部会, (巻), (号), (頁), 2012年6月. ...
閲覧 Konaka Ken, Moriyama Kouta, Sue Kazuyoshi, Mizoguchi Tetsuya, Masayuki Shono, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi : Effect of kakkonto on a vascular endothelial model (HUVEC), 24th FAPA Congress 2012, Denpasar, July 2012. ...
閲覧 布 あさ美, 石澤 啓介, 藤井 聖子, 櫻田 巧, 山野 範子, 石澤 有紀, 今西 正樹, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 糖尿病性腎症進展に対するニトロソニフェジピンの抑制作用, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2012, (巻), (号), (頁), 2012年9月. ...
閲覧 Shoko Fujii, Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Asami Nuno, Yuta Suzuki, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Nitrosonifedipine, a Photodegradation Product of Nifedipine, Prevents the Progression of Diabetic Nephropathy in Type II Diabetic Mice, American Heart Association High Blood Pressure Research 2012, (巻), (号), (頁), (都市), Sep. 2012. ...
閲覧 Yusaku Maeda, Shuhei Tomita, Masaki Murakami, Hirotsugu Kurobe, Masaki Imanishi, Yasushi Yoshida, Yoichiro Hirata, Yoshitaka Kihira, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Tetsuya Kitagawa, Masataka Sata and Toshiaki Tamaki : Deficiency of Hypoxia Inducible Factor-1a in SM-22a-Expressing Bone Marrow-Derived Cells Alleviates Neointimal Formation Following Wire-induced Vascular Formation, American Heart Association Scientific Sessions 2012, (巻), (号), (頁), (都市), Nov. 2012. ...
閲覧 谷口 友紀, 阿部 真治, 木宿 昌俊, 東 満美, 川添 和義, 西岡 安彦, 水口 和生 : ADCCを介したヒトキメラ型抗ポドプラニン抗体の悪性胸膜中皮腫に対する抗腫瘍効果の検討, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月. ...
閲覧 藤井 聖子, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 山野 範子, 石澤 有紀, 今西 正樹, 布 あさ美, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 : Nifedipine 光分解産物であるnitrosonifedipine は糖尿病性腎症進展を抑制する, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2012年11月. ...
閲覧 森山 耕太, 須江 和由, 小中 健, 庄野 正行, 川添 和義, 水口 和生 : 葛根湯が血管内皮細胞のCa濃度に与える影響, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月. ...
閲覧 佐原 理沙, 村上 明希, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 : ヒト腸管上皮細胞において生薬抽出物がCYP3A4の安定性に与える影響, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月. ...
閲覧 石戸 健, 近藤 祐未, 橋村 慧, 德村 彰, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : ラット血管肥厚形成への内因性リゾホスファチジン酸の関与, 第122回日本薬理学会近畿部会, (巻), (号), (頁), 2012年11月. ...
閲覧 石澤 啓介, 今西 正樹, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 : Angiotensin II慢性投与はhypoxia-inducible factor-1αを介して血管リモデリングを惹起する, 第33回日本臨床薬理学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2012年12月. ...
閲覧 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 藤井 聖子, 谷口 順平, 石澤 有紀, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 腎とフリーラジカル第11集, --- NitrosonifedipineはangiotensinⅡによるマウス血管リモデリングを抑制する ---, 株式会社 東京医学社, 東京, 2013年1月. ...
閲覧 木平 孝高, 冨田 修平, 三宅 真理子, 保科 耀司, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 脂肪細胞特異的低酸素誘導因子欠損マウスに観察される耐糖能の改善にはglucagon-like peptide-1が関与する, 第42回日本心脈管作動物質学会, 2013年2月. ...
閲覧 土肥 紗希子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 小原 祐介, 長尾 朋子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 無機リン刺激による血管平滑筋細胞石灰化におけるRho-kinaseの関与, 第42回日本心脈管作動物質学会, 2013年2月. ...
閲覧 石澤 有紀, 石澤 啓介, 山野 範子, 櫻田 巧, 今西 正樹, 藤井 聖子, 布 あさ美, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : ニトロソニフェジピンは血管内皮細胞障害を伴う糖尿病性腎症の進展を抑制する, 第42回日本心脈管作動物質学会, 2013年2月. ...
閲覧 Noriko Yamano, Keisuke Ishizawa, Shoko Fujii, Asami Nuno, Masaki Imanishi, Takumi Sakurada, Yuta Suzuki, Furi Endo, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Effects of nitrosonifedipine on the diabetic nephropathy with the endothelial dysfunction, 第86回日本薬理学会年会, March 2013. ...
閲覧 保科 耀司, 木平 孝高, 冨田 修平, 三宅 真理子, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : Adipocyte-specific hypoxia-inducible factor-1alpha knockout stimulated GLP-1 and insulin secretions in mice, 第86回日本薬理学会年会, 2013年3月. ...
閲覧 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土肥 紗希子, 今西 正樹, 櫻田 巧, 山野 範子, 小原 祐介, 長尾 朋子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : Y-27632, a rho-kinase inhibitor, inhibits inorganic phosphate-induced ERK1/2 phosphorylation and ALP activity in vascular smooth muscle cells, 第86回日本薬理学会年会, (巻), (号), (頁), 2013年3月. ...
閲覧 阿部 真治, 谷口 友紀, 木宿 昌俊, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 川添 和義, 東 満美, 西岡 安彦, 水口 和生 : 新規ヒト・キメラ型抗ポドプラニン抗体の悪性胸膜中皮腫に対する選択性の検討, 日本薬学会第133年会, 2013年3月. ...
閲覧 松下 剛史, 渡邊 勝志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 根本 尚夫 : 脂質異常症治療薬であるフェノフィブラートのBGL化と活性評価, 日本若学会第133年会, 2013年3月. ...
閲覧 宮本 理人, 渡邊 勝志, 河野 舞, 冨田 洋介, 松下 剛史, 服部 初彦, 石澤 啓介, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 : 分岐鎖オリゴグリセロール修飾によるフェノフィブラートの物性および薬物動態,薬効の改善, 日本若学会第133年会, 2013年3月. ...
閲覧 Nakano Tomohiro, Hiroyuki Mizuguchi, Hattori Masashi, Baba Yuko, Ono Shohei, Zhang Qian, Sasaki Youhei, Kobayashi Makoto, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Quercetin inhibits transcriptional up-regulation of histamine h1 receptor via suppressing protein kinase C-/extracellular signal-regulated kinase/poly(ADP-rebose)polymelase-1 signaling pathway in HeLa cells., 42nd European Histamine Research Society Annual Meeting., Lodz, Poland, May 2013. ...
閲覧 Michioki Maki, Hiroyuki Mizuguchi, Ohgishi Hirotaka, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Exploring transcriptional network causally associated with pollinosis by tokuene-2,4-diisocyanate-sensitized rats., 42nd European Histamine Research Society Annual Meeting, Lodz, Poland, May 2013. ...
閲覧 石澤 啓介, 山野 範子, 石澤 有紀, 櫻田 巧, 今西 正樹, 布 あさ美, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : ニトロソニフェジピンは血管内皮保護作用を示して糖尿病性腎症進展を抑制する, 第56回日本腎臓学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2013年5月. ...
閲覧 服部 将史, 水口 博之, 馬場 祐子, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ケルセチンの分子薬理機構と抗アレルギー作用, 第123回日本薬理学会近畿部会, 2013年7月. ...
閲覧 村上 正樹, 冨田 修平, 前田 悠作, 今西 正樹, 山野 範子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 血管傷害モデルに伴う血管リモデリング形成過程には,傷害部位に動員される骨髄由来細胞のHIFが関与する, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2013, 2013年8月. ...
閲覧 玉置 春菜, 山本 武範, 勝田 千恵, 寺田 弘, 篠原 康雄 : ミトコンドリアタンパク質とハイドロキシアパタイトの相互作用の分子論, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 24, 2013年10月. ...
閲覧 大村 理紗, 長尾 耕治郎, 斎藤 博幸 : 環境感受性プローブを用いた新規HDL形成評価法の開発, 第52回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 門田 美香, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : CPT1アイソフォームのSDS-PAGE移動度の違い, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 田中 健斗, 端 茉美, 長尾 耕治郎, Lund-Katz Sissel, C.Phillips Michael, 斎藤 博幸 : HDL形成におけるapoA-IのC末端領域の役割, 第52回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 藤原 裕士, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAによる遺伝子発現制御, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 三宅 真理子, 木平 孝高, 冨田 修平, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 脂肪細胞の低酸素誘導因子欠損による耐糖能改善メカニズムの解析, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 村上 正樹, 前田 悠作, 冨田 修平, 今西 正樹, 木平 孝高, 石澤 啓介, 山野 範子, 石澤 有紀, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 血管傷害モデルに伴う血管リモデリングにおける骨髄由来細胞のHIF1 αの役割, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 鈴木 雄太, 今西 正樹, 冨田 修平, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 平滑筋由来HIF-1 αがアンジオテンシンII 誘発血管リモデリングに関与するメカニズム, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 布 あさ美, 石澤 啓介, 山野 範子, 石澤 有紀, 櫻田 巧, 今西 正樹, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 : ニトロソニフェジピンは血管内皮機能を改善することで糖尿病性腎症の進展を抑制する, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2013年10月. ...
閲覧 今滝 泉, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : カテプシンA欠損患者由来iPS細胞の樹立と神経系への分化誘導, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 河野 加菜子, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : メタノール資化性酵母発現系を用いた組換えマンノース6リン酸受容体の精製とその応用, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 三上 拓也, 佐藤 陽一, 森山 耕太, 宮髙 紘輔, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 : 高脂肪食ラットに及ぼすリンゴ酸の影響, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 須江 和由, 森山 耕太, 花房 剛志, 小中 健, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 : 漢方製剤のPC12細胞神経突起進展に及ぼす影響, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 松本 直貴, 多田 智紀, 安藝 健作, 大星 航, 廣瀬 政雄, 岡田 直人, 川添 和義, 細井 英司, 水口 和生 : ヒト巨核球系細胞株CMKを用いた血小板機能に及ぼす各種薬剤評価の検討, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 長尾 耕治郎, 端 茉美, 田中 健斗, 川上 徹, 相本 三郎, 斎藤 博幸 : HDL形成におけるapolipoprotein A-IのC末端領域の機能, 膜シンポジウム2013, 2013年11月. ...
閲覧 藤原 裕士, 山﨑 尚志, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 複数の改変U1 snRNAを用いた遺伝子発現抑制, 第23回アンチセンスシンポジウム, 2013年11月. ...
閲覧 山﨑 尚志, 阿萬 明, 朝倉 有紀, 藤原 裕士, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAによる遺伝子発現抑制効果の検討, 第23回アンチセンスシンポジウム, 2013年11月. ...
閲覧 Tomoyuki Kawamura, Moemi Hayashi, Rie Mukai, Junji Terao and Hisao Nemoto : The First Synthesis of Uralenol, 5'-Prenylated Quercetin via Palladium-catalyzed O-dimethylallylation Reaction with Concurrent Acetyl Migration, Synthesis, Vol.46, No.02, 170-174, 2014. ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Iori Ozono, Soichro Tajima, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Iron chelation by deferoxamine prevents renal interstitial fibrosis in mice with unilateral ureteral obstruction, PLoS ONE, Vol.9, No.2, e89355, 2014. ...
閲覧 今尾 瑞季, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 鉄によって引き起こされる骨格筋萎縮のメカニズム, 第87回日本薬理学会年会, 2014年3月. ...
閲覧 大村 理紗, 長尾 耕治郎, 斎藤 博幸 : Apolipoprotein A-I周囲環境変化に着目した新規HDL形成測定法の開発, 日本農芸化学会2014年度大会, 2014年3月. ...
閲覧 小中 健, 花房 剛志, 森山 耕太, 西迫 寛隆, 岡田 直人, 庄野 正行, 川添 和義, 水口 和生 : 血管内皮細胞におけるビンカロイドの細胞障害に対するエフェドラの影響, 日本薬学会第134年会, 2014年3月. ...
閲覧 花房 剛志, 須江 和由, 森山 耕太, 小中 健, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 : 加味逍遙散及び芍薬甘草湯がpaclitaxelによる末梢神経障害モデル細胞に与える影響, 日本薬学会第134年会, 2014年3月. ...
閲覧 馬場 祐子, 水口 博之, 泉 枝里香, 福井 裕行 : ヒートショックタンパク90阻害薬セラストロールのタンパクキナーゼCδシグナル抑制を介したストレプトゾトシン誘発糖尿病性腎症発症に対する保護効果, 第87回日本薬理学会年会, 2014年3月. ...
閲覧 山本 沙弥香, 水口 博之, 松井 恒樹, 江洲 貴子, 北村 嘉章, 奈邉 健, 武田 憲昭, 福井 裕行 : Swiss 3T3 細胞におけるイオノマイシン刺激に伴うインターロイキン-33遺伝子発現亢進の分子機構, 第87回日本薬理学会年会, 2014年3月. ...
閲覧 服部 将史, 水口 博之, 馬場 祐子, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 抗アレルギー化学物質,ケルセチンの薬理機構, 日本薬学会第134年会, 2014年3月. ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Ferritin induces IL-1 production through inflammasome activation via NF-B-dependent manner in macrophages, Experimental Biology 2014, San Diego, April 2014. ...
閲覧 縄田 萌, 水口 博之, 原井川 晶悟, 笠原 二郎, 福井 裕行 : タンパクキナーゼCδシグナルを標的とするパーキンソン病治療戦略, 第125回日本薬理学会近畿部会, 2014年6月. ...
閲覧 福井 裕行, 縄田 萌, 水口 博之, 原井川 晶悟, 笠原 二郎 : ケルセチンによるパーキンソン病モデルマウスのCatalepsy症状改善, 第31回和漢医薬学会学術大会, 2014年8月. ...
閲覧 小武 和正, 猪谷 祐貴, 吉村 勇哉, 原田 一樹, 山本 武範, 篠原 康雄 : オリゴマイシンとロテノンはミトコンドリアの透過性遷移に相乗的な阻害作用を示す, 第52回日本生物物理学会年会, s107, 2014年9月. ...
閲覧 岡田 直人, 花房 剛志, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 川添 和義, 水口 和生 : R-CHOP療法及びR-CHOP-like療法におけるビンクリスチン誘発早期末梢神経障害の危険因子の同定, 第24回日本医療薬学会年会要旨集, 181, 2014年9月. ...
閲覧 福井 裕行, 縄田 萌, 水口 博之, 原井川 晶悟, 笠原 二郎 : パーキンソンモデル動物に対する天然物由来タンパク キナーゼCδ抑制薬投与によるカタレプシー改善作用, 第36回日本生物科学的精神医学会・第57回日本神経化学会・合同年会, 2014年9月. ...
閲覧 河野 加菜子, 辻 大輔, 千葉 靖典, 伊藤 孝司 : メタノール資化性酵母株発現系によるマンノース6-リン酸受容体の生産・精製と機能検討, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月. ...
閲覧 今滝 泉, 辻 大輔, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : Galactosialidosis患者由来iPS細胞の樹立及び中枢神経系細胞への分化誘導, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月. ...
閲覧 伊藤 美香, 山本 武範, 懸山 啓太, 桑原 かな, 山下 菊治, 滝口 祥令, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Mastoparanはミトコンドリアのリン脂質膜に作用して透過性遷移を誘導する, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月. ...
閲覧 村上 明希, 辻 弥生, 松田 実紗, 岡田 直人, 川添 和義, 石澤 啓介 : ヒト腸管上皮細胞において枳実,陳皮抽出物がP糖タンパク質を介した薬物の排出に与える影響, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 156, 2014年11月. ...
閲覧 森山 耕太, 宮髙 紘輔, 小林 真也, 松田 実紗, 岡田 直人, 川添 和義, 石澤 啓介 : 高脂肪食負荷ラットを用いたキクイモの新規機能性探索研究, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 157, 2014年11月. ...
閲覧 泉 枝里香, 水口 博之, 馬場 祐子, 福井 裕行 : ストレプトゾトシン誘発糖尿病性腎症に対するHSP90阻害剤の効果とそのメカニズム, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月. ...
閲覧 河野 加菜子, 北風 圭介, 辻 大輔, 千葉 靖典, 伊藤 孝司 : メタノール資化性酵母株発現系による組換えマンノース6- リン酸受容体の生産・精製と機能検討, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月. ...
閲覧 今滝 泉, 辻 大輔, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : Galactosialidosis 患者由来iPS 細胞の樹立と中枢神経系モデルの構築, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月. ...
閲覧 桑原 香織, 西辻 和親, 内村 健治, 小林 典弘, 坂下 直実, 斎藤 博幸 : ApoAIアミロイドの毒性に対するヘパラン硫酸糖鎖の影響, 36回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月. ...
閲覧 今西 正樹, 村上 正樹, 前田 悠作, 冨田 紀子, Tsounapi Panagiota, 松永 慎司, 玉置 俊晃, 冨田 修平 : 血管傷害モデルに伴う血管リモデリング形成に対する骨髄由来細胞のHIF-1αの関与, 第67回日本薬理学会西南部会, (巻), (号), (頁), 2014年11月. ...
閲覧 Takuya Kadota, Hiroyuki Mizuguchi, Shougo Haraikawa, Moe Nawata and Hiroyuki Fukui : Quercetin attenuates catalepsy in MPTP-induced mice model of Parkinson diseases., 2nd International Congress of Society for Ethnopharmacology, (巻), (号), (頁), (都市), Feb. 2015. ...
閲覧 戸谷 紘基, 石澤 啓介, 石澤 有紀, 小原 佑介, 長尾 朋子, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 大動脈解離発症における血管内皮機能障害の関与, 第88回 日本薬理学会年会(愛知), (巻), (号), (頁), 2015年3月. ...
閲覧 石澤 有紀, 石澤 啓介, 田渕 正樹, 高田 真衣, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : ニトロソニフェジピンは悪性脳卒中易発性高血圧自然発症ラットの生存期間を延長させる, 第88回 日本薬理学会年会(愛知), (巻), (号), (頁), 2015年3月. ...
閲覧 武田 真由子, 水口 博之, 川田 知加, 湧川 朝治, 永峰 賢一, 田辺 英矢, 沢田 英司, 篠原 啓子, 福井 裕行 : レンコンに含まれる抗アレルギー活性の分布と品種 依存性, 日本薬学会第135年会, 2015年3月. ...
閲覧 小林 真也, 森山 耕太, 松田 実紗, 岡田 直人, 福壽 由法, 富加見 正樹, 森本 俊司, 川添 和義, 石澤 啓介 : キクイモ(Helianthus tuberosus)の肝臓における脂肪蓄積抑制効果の検討, 日本薬学会第135年会, 2015年3月. ...
閲覧 高田 真衣, 石澤 啓介, 田渕 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 : 悪性脳卒中易発性高血圧自然発症ラットに対するニトロソニフェジピンの効果, 日本薬学会第135年会(神戸), (巻), (号), (頁), 2015年3月. ...
閲覧 尾崎 真理, 大楠 剛司, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 内標準法を導入した振幅変調多重化フロー分析法, 第75回分析化学討論会, 2015年5月. ...
閲覧 久保 祐哉, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 全リン定量のための各種リン化合物のCo3+による前処理, 第75回分析化学討論会, 2015年5月. ...
閲覧 Koji Inui, Haruka Yoshida, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Application of Air Segmented Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis with Software-Based Phase Recognition to the Determination of Ammonium Ion in Water Samples, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.32, No.1, 5-8, 2015. ...
閲覧 Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Angiotensin II alters the expression of duodenal iron transporters, hepatic hepcidin, and body iron distribution in mice, European Journal of Nutrition, Vol.54, No.5, 709-719, 2015. ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Hirofumi Hamano, Akiho Satoh, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Bilirubin exerts pro-angiogenic effects through an Akt-eNOS-dependent pathway, Hypertension Research, Vol.38, No.11, 733-740, 2015. ...
閲覧 大塚 裕太, 松村 沙季, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 医薬品結晶転移制御を目的とした赤外スペクトルと多変量解析に基づく研究, 第3回若手研究者シーズ発表会ー計測と分析ー, 2015年7月. ...
閲覧 大塚 裕太, 松村 沙季, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 医薬品結晶転移制御を目的とした赤外スペクトルと多変量解析に基づく研究, 第21回分析化学若手セミナー, 2015年7月. ...
閲覧 Yuta Otsuka, Akira Ito, Saki Matsumura, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Effect of hydroxypropyl cellulosse and hydroxypropyl methylcellulose on carbamazepine polymorphic transformation; attenuated total reflectance-infrared spectroscopy and chemiinformatics analysis, Colloid and Polymer Science, Vol.293, No.12, 3471-3478, 2015. ...
閲覧 田中 秀治, 平坂 知子, 富山 えりな, 竹内 政樹 : フィードバック制御フローレイショメトリーに基づくフロー滴定法への気節法の導入, 日本分析化学会第64年会, 2015年9月. ...
閲覧 杉原 涼, 木村 仁, 奥平 桂一郎, 斎藤 博幸 : アポ A-I 結合タンパク質 AIBP の機能の解明, BMB2015, 2015年12月. ...
閲覧 Hiroya Kubo, Azumi Miyazaki, Kazunori Kuritani, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Cobalt(III) Pretreatment for Total Phosphorus Determination, Phosphorus Research Bulletin, Vol.30, No.1, 26-29, 2015. ...
閲覧 石川 みすず, 亀崎 ちひろ, 中島 愛美, 石橋 博, 濵 進, 細井 信造, 山下 栄次, 小暮 健太朗 : α-トコトリエノールとアスタキサンチンのリポソーム膜中における相乗効果の検討., 第28回ビタミンE研究会(東京), 2016年1月. ...
閲覧 Chika Kawata, Hiroyuki Mizuguchi, 湧川 朝治, 武田 真由子, 永峰 賢一, 田辺 英矢, 篠原 啓子, 澤田 英司 and Hiroyuki Fukui : レンコンに含まれる抗アレルギー活性の分布と品種依存性, 第89回日本薬理学会年会, March 2016. ...
閲覧 Erika Izumi, Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui : ストレプトゾトシン誘発性糖尿病モデルマウスにおけるヒートショックタンパク90阻害薬セラストロールの糖尿病性腎症に対する影響, 第89回日本薬理学会年会, (巻), (号), (頁), March 2016. ...
閲覧 Hirokazu Kameyama, Hiroyuki Nakajima, Kazuchika Nishitsuji, Shiho Mikawa, Kenji Uchimura, Norihiro Kobayashi, Keiichiro Okuhira, Hiroyuki Saito and Naomi Sakashita : Iowa Mutant Apolipoprotein A-I (ApoA-IIowa) Fibrils Target Lysosomes, Scientific Reports, 30391, 2016..[組織] ...
閲覧 西岡 宗一郎, 小林 功, 原園 景, 久保 勇樹, 松崎 祐二, 真板 宣夫, 日高 朋, 辻 大輔, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 石井 明子, 川崎 ナナ, 伊藤 孝司 : TGカイコ由来ヒトリソソーム酵素の糖鎖リモデリングと治療への応用, 第35回日本糖質学会年会, 2016年9月. ...
閲覧 伊藤 孝司, 月本 準, 東 哲也, 辻 大輔, 真板 宣夫 : ヒトリソソーム性シアリダーゼ(NEU1)のin vivo結晶化と細胞応答及び応用, 第89日本生化学会大会フォーラム, 2016年9月. ...
閲覧 屋宜 亜耶乃, Afroz Sheuli, 生駒 照, 德村 彰, 小暮 健太朗, 田中 保 : 食物中のホスファチジン酸の抗胃潰瘍効果とホスホリパーゼA2活性化作用., 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(岡山), 2016年10月. ...
閲覧 S Afroz, Teru Ikoma, Ayano Yagi, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka : Concentrated phosphatidic acid in cereal brans as potential protective agents against indomethacin-induced stomach ulcer., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.64, No.37, 6950-6957, 2016. ...
閲覧 Keiichiro Okuhira, Takuji Shoda, Risa Omura, Nobumichi Ohoka, Takayuki Hattori, Norihito Shibata, Yosuke Demizu, Ryo Sugihara, Asato Ichino, Haruka Kawahara, Yukihiro Itoh, Minoru Ishikawa, Yuichi Hashimoto, Masaaki Kurihara, Susumu Itoh, Hiroyuki Saito and Mikihiko Naito : Targeted degradation of proteins localized in subcellular compartments by hybrid small molecules, Molecular Pharmacology, Vol.91, No.3, 159-166, 2017..[組織] ...
閲覧 Nobumichi Ohoka, Keiichiro Okuhira, Masahiro Ito, Katsunori Nagai, Norihito Shibata, Takayuki Hattori, Osamu Ujikawa, Kenichiro Shimokawa, Osamu Sano, Ryokichi Koyama, Hisashi Fujita, Mika Teratani, Hirokazu Matsumoto, Yasuhiro Imaeda, Hiroshi Nara, Nobuo Cho and Mikihiko Naito : In Vivo Knockdown of Pathogenic Proteins via Specific and Nongenetic IAP-dependent Protein Erasers (SNIPERs), The Journal of Biological Chemistry, Vol.292, No.11, 4556-4570, 2017..[組織] ...
閲覧 田中 優希, 池 啓伸, 堀井 雄登, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : スプライシング異常に起因するカテプシンA欠損症モデルマウスの性状解析, 第58回日本生化学会中四国支部例会, 2017年5月. ...
閲覧 宇野 マイケル 新太郎, 辻 大輔, 渡邊 綾祐, 田中 裕大, Spampanato Carmine, Ballabio Andrea, 伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウス脳内での神経細胞死に対するリソソーム制御因子Tfebにより誘導されるオートファジーの関与, 第58回日本生化学会中四国支部例会, 2017年5月. ...
閲覧 渡邊 綾佑, 辻 大輔, 田中 裕大, 宇野 マイケル 新太郎, 沖野 望, 伊東 信, 伊藤 孝司 : スフィンゴリピドーシスにおけるLysoスフィンゴ糖脂質の細胞に与える影響の解析, 第58回日本生化学会中四国支部例会, 2017年5月. ...
閲覧 月本 準, 伊藤 孝司 : ヒトノイラミニダーゼ4(NEU4)の分子特性解析, 第58回日本生化学会中四国支部例会, 2017年5月. ...
閲覧 田中 裕大, 辻 大輔, 渡邊 綾佑, 宇野 マイケル 新太郎, 伊藤 孝司 : リソソーム蓄積症におけるオートファジーフラックス異常の解析, 第58回日本生化学会中四国支部例会, 2017年5月. ...
閲覧 山内 映穂, 宮川 泰典, 王 胤力, 猪熊 翼, 高須 清誠, 山田 健一 : スルホニルアルキノールの転位環化反応のキラルカウンターカチオンを用いる触媒的不斉化, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月. ...
閲覧 田中 裕大, 辻 大輔, 渡邊 綾佑, 宇野 マイケル 新太郎, 伊藤 孝司 : リソソーム病でのオートファジー低下に対するSNAREタンパク質局在の影響, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月. ...
閲覧 田中 優希, 堀井 雄登, 池 啓伸, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : スプライシング異常誘導型カテプシンA欠損症マウスの性状解析と疾患モデルとしての有効性, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月. ...
閲覧 宇野 マイケル 新太郎, 辻 大輔, 渡邊 綾祐, 田中 裕大, Spampanato Carmine, Ballabio Andrea, 伊藤 孝司 : 神経炎症にTNF-αが転写因子TFEB発現に与える影響の解析, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月. ...
閲覧 渡邊 綾佑, 辻 大輔, 田中 裕大, 宇野 マイケル 新太郎, 沖野 望, 伊東 信, 伊藤 孝司 : スフィンゴリピドーシス患者iPS細胞由来神経細胞を用いた病態解析と治療法検討, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月. ...
閲覧 Sumitomo Takuya, Osaki Mari, Takeshi Ogusu, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Internal Standard-Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis, Analytical Sciences, Vol.33, No.12, 1363-1368, 2017. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.75, Max(EID) = 367864, Max(EOID) = 984809.