『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.医学研究科.医学専攻

登録情報の数

有効な情報: 57件 + 無効な情報: 4件 = 全ての情報: 61件

全ての有効な情報 (57件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(57)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 芦名 茂人, 安部 秀斉, 土井 俊夫 : 加齢による影響を受けない腎症新規バイオマーカーの探索, 第21回 日本老年医学会四国地方会総会, 2010年2月. ...
閲覧 Sakurako Katuura, Yoshiko Kamezaki, Yuki Kuwano, Naoko Yamagishi, Ken Kurokawa, Keisuke Kajita, Toshihito Tanahashi and Kazuhito Rokutan : High-throughput screening of immunomodulators identifies VEGF as a potential biomarker for trait anxiety and depressive mood in healthy Japanese university students., The 7th World Congress on Stress, Leiden, Netherland, (都市), Aug. 2010. ...
閲覧 Taichi Murakami, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Tatsuya Tominaga, Norimichi Takamatsu, Toshikazu Araoka, Seiji Kishi, Toshikazu Takahashi, Akira Mima, Yoshimi Takai, Jeffrey B. Kopp and Toshio Doi : Trophoblast glycoprotein: possible candidate mediating podocyte injuries in glomerulonephritis., American Journal of Nephrology, Vol.32, No.6, 505-521, 2010. ...
閲覧 勝浦 桜子, 亀崎 佳子, 山岸 直子, 黒川 憲, 佐竹 譲, 梶田 敬介, 桑野 由紀, 棚橋 俊仁, 六反 一仁 : 血中VEGF濃度は健常大学生の不安やうつ状態の新たなバイオマーカーになりうる, 第26回日本ストレス学会学術総会,福岡, 2010年11月. ...
閲覧 黒川 憲, 棚橋 俊仁, 桑野 由紀, 勝浦 桜子, 山岸 直子, 佐竹 譲, 梶田 敬介, 近藤 茂忠, 六反 一仁 : 選択的スプライシング調節因子SFRS3による細胞周期とアポトーシスの制御機構, 第33回日本分子生物学会,神戸, 2010年12月. ...
閲覧 桑野 由紀, 佐竹 譲, 北村 奈瑠香, 梶田 敬介, 黒川 憲, 山岸 直子, 勝浦 桜子, 棚橋 俊仁, 近藤 茂忠, 六反 一仁 : 大腸がん由来細胞株におけるTransformer 2 betaの酸化ストレス応答の解明, 第33回日本分子生物学会,神戸, 2010年12月. ...
閲覧 冨永 辰也, 安部 秀斉 : 腎発生に必須なBMP4が関与する糖尿病性腎症発症の分子機構, 第33回 日本分子生物学会年会, 2010年12月. ...
閲覧 冨永 辰也, 安部 秀斉 : 腎発生に必須なBMP4が関与する糖尿病性腎症発症の分子機構, 第83回日本生化学会大会, 2010年12月. ...
閲覧 冨永 辰也, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 美馬 晶, 村上 太一 : 腎発生に必須なBMP4が関与する糖尿病性腎症発症の分子機構, 第3回 四国ネフロロジー研究会, 2011年3月. ...
閲覧 Tatsuya Tominaga, Hideharu Abe, Otoya Ueda, Chisato Goto, Kunihiko Nakahara, Taichi Murakami, Takeshi Matsubara, Akira Mima, Kojiro Nagai, Toshikazu Araoka, Seiji Kishi, Naoshi Fukushima, Kou-ichi Jishage and Toshio Doi : Activation of bone morphogenetic protein 4 signaling leads to glomerulosclerosis that mimics diabetic nephropathy., The Journal of Biological Chemistry, Vol.286, No.22, 20109-20116, 2011. ...
閲覧 Seiji Kishi, Hideharu Abe, Haruhiko Akiyama, Tatsuya Tominaga, Taichi Murakami, Akira Mima, Kojiro Nagai, Fumi Kishi, Motokazu Matsuura, Takeshi Matsubara, Noriyuki Iehara, Otoya Ueda, Naoshi Fukushima, Kou-Ichi Jishage and Toshio Doi : SOX9 protein induces a chondrogenic phenotype of mesangial cells and contributes to advanced diabetic nephropathy., The Journal of Biological Chemistry, Vol.286, No.37, 32162-32169, 2011. ...
閲覧 Kazuyoshi Kitaoka, Mika Shimizu, Noriyuki Shimizu, Sachiko Chikahisa, Madoka Nakagomi, Koichi Shudo, Kazuo Yoshizaki and Hiroyoshi Sei : Retinoic acid receptor antagonist LE540 attenuates wakefulness via the dopamine D1 receptor in mice, Brain Research, Vol.1423, 10-16, 2011. ...
閲覧 青井 駿, 北岡 和義, 北村 光夫, 清水 紀之, 吉﨑 和男 : 極低周波変動磁界の慢性暴露はマウスにおいて副腎皮質ホルモン分泌を増強させる, 第27回日本生体磁気学会大会, 2012年5月. ...
閲覧 郡 尋香, 勢井 雅子, 田嶋 敦, 井本 逸勢 : 学童期・思春期の年間発育量を中心とした体格別の発育傾向の比較, 第245回徳島医学会学術集会, 2012年7月. ...
閲覧 北岡 和義, 北村 光夫, 青井 駿, 吉田 朋広, 清水 紀之, 吉﨑 和男 : 極低周波変動磁界慢性暴露による副腎皮質ホルモンの分泌増強作用, 第64回日本生理学会中国四国地方会, (巻), 2012年10月. ...
閲覧 Kazuyoshi Kitaoka, Mitsuo Kitamura, Shun Aoi, Noriyuki Shimizu and Kazuo Yoshizaki : Chronic exposure to an extremely low-frequency magnetic field induces depression-like behavior and corticosterone secretion without enhancement of the hypothalamicpituitaryadrenal axis in mice, Bioelectromagnetics, Vol.34, No.1, 43-51, 2013. ...
閲覧 Il-mi Okazaki, Daisuke Sugiura, Suzuka Takahashi, Takeo Kajihara and Taku Okazaki : Identification of new therapeutic targets by genetic dissection and reconstitution of autoimmune diseases in mice, JST-CREST International Symposium, (都市), Jan. 2013. ...
閲覧 浅井 翔太, 本山 明日香, 松本 友里, 小浪 裕幸, 今中 秀光, 西村 匡司 : カフ圧変動に対する測定手技の影響―モデル実験―, 第30回日本集中治療医学会中国四国地方会, 2013年2月. ...
閲覧 Toshitaka Kawarai, Pasco Matthew D. Paul, Teleg A. Rosalia, Masaki Kamada, Sakai Waka, Komei Shimozono, Makoto Mizuguchi, Tabuena Daisy, Orlacchio Antonio, Yuishin Izumi, Satoshi Goto, Lee V. Lillian and Ryuji Kaji : Application of long-range polymerase chain reaction in the diagnosis of X-linked dystonia-parkinsonism, Neurogenetics, Vol.14, No.2, 167-169, 2013. ...
閲覧 Tomohiro Yoshida, Shun Aoi, Kazuyoshi Kitaoka, Mitsuo Kitamura, Noriyuki Shimizu and Kazuo Yoshizaki : Chronic exposure to extremely low-frequency magnetic field stimulates corticosteroid secretion in both mice and Y-1 cell line, The 90th annual meeting of Physiological Society of Japan, March 2013. ...
閲覧 松本 満, 西川 裕美子, 毛利 安宏, 松本 穣, 西嶋 仁 : T細胞の中枢免疫トレランスの機序, 月​刊​臨​床​免​疫​・​ア​レ​ル​ギ​ー​科​, Vol.60, No.2, 70-77, 2013年7月. ...
閲覧 Yuka Terasawa, Yusuke Osaki, Toshitaka Kawarai, Tatsurou Sugimoto, Antonio Orlacchio, Takashi Abe, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji : Increasing and persistent DWI changes in a patient with Hereditary Diffuse Leukoencephalopathy with Spheroids., Journal of the Neurological Sciences, 2013. ...
閲覧 Kazuyoshi Kitaoka, Noriyuki Shimizu, Koji Ono, Sachiko Chikahisa, Madoka Nakagomi, Koichi Shudo, Kazunori Ishimura, Hiroyoshi Sei and Kazuo Yoshizaki : The retinoic acid receptor agonist Am80 increases hippocampal ADAM10 in aged SAMP8 mice, Neuropharmacology, Vol.72, (号), 58-65, 2013. ...
閲覧 Yuki Kuwano, Manami Honda, Kinuyo Fujita, Yoko Akaike, Shizuka Kano, Yuzuru Satake, Kensei Nishida and Kazuhito Rokutan : Chronic academic stress increases a group of microRNAs in peripheral blood in healthy Japanese students., The international conference on social stratification and health 2013, (頁), Sep. 2013. ...
閲覧 宮原 圭吾, 桑野 由紀, 西田 憲生, 赤池 瑶子, 狩野 静香, 六反 一仁 : ストレス応答性Transformer 2β遺伝子の発現を介した細胞増殖の調節メカニズム, 第29回日本ストレス学会学術総会, 2013年11月. ...
閲覧 藤田 絹代, 桑野 由紀, 西田 憲生, 赤池 瑶子, 狩野 静香, 六反 一仁 : 医療従事者を対象とした社会格差による健康障害メカニズムの検討, 第29回日本ストレス学会学術総会, 2013年11月. ...
閲覧 Ryosuke Miyamoto, Hidetaka Koizumi, Hiroyuki Morino, Toshitaka Kawarai, Hirofumi Maruyama, Yohei Mukai, Ai Miyashiro, Wataru Sako, Yuishin Izumi, Hideshi Kawakami and Ryuji Kaji : DYT6 in Japan-genetic screening and clinical characteristics of the patients., Movement Disorders, Vol.29, No.2, 278-280, 2013. ...
閲覧 狩野 静香, 西田 憲生, 赤池 瑶子, 藤田 絹代, 佐竹 譲, 桑野 由紀, 六反 一仁 : 酸化ストレス下におけるtruncated SRSF3タンパク質のインターロイキン8発現調節機構, 第8回臨床ストレス応答学会, 2013年11月. ...
閲覧 藤田 絹代, 桑野 由紀, 赤池 瑤子, 狩野 静香, 佐竹 譲, 西田 憲生, 富士 翔子, 酒巻 咲子, 安原 由子, 谷岡 哲也, 六反 一仁 : 社会格差の視点からみた精神的健康と影響因子-医療従事者の場合-, 第37回中国・四国精神保健学会, 2013年12月. ...
閲覧 松本 友里, 小浪 裕幸, 小畠 久和, 中瀧 恵実子, 板垣 大雅, 小野寺 睦雄, 今中 秀光, 西村 匡司 : 過去11年間に当院集中治療部に入室した産科患者の臨床像の検討, 日本集中治療医学会雑誌, Vol.21, 283-284, 2014年. ...
閲覧 (種別) : Asuka Motoyama, Shota Asai, Hiroyuki Konami, Yuri Matsumoto, Takuyo Misumi, Hideaki Imanaka and Masaji Nishimura : Changes in endotracheal tube cuff pressure in mechanically ventilated adult patients., Journal of Intensive Care, Vol.2, No.1, (頁), (発行所), (都市), Jan. 2014. ...
閲覧 西田 憲生, 狩野 静香, 桑野 由紀, 六反 一仁 : スプライシング調節因子SRSF3の新規炎症メディエーターとしての機能解析, 第10回日本消化管学会総会学術集会, 2014年2月. ...
閲覧 木平 孝高, Ariunzaya Burentogtokh, 伊藤 麻里, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 腸管L細胞のグルカゴン様ペプチド-1分泌に対する低酸素の影響, 日本薬学会第134年会, (巻), (号), (頁), 2014年3月. ...
閲覧 大本 卓司, 吉谷 信幸, 西辻 和親, 堀口 英久, 坂下 直実 : ラブドイド分化を示す膵未分化癌の症例解析 悪性形質獲得の分子病態とコレステロール代謝制御療法の可能性, 第103回日本病理学会総会, 2014年4月. ...
閲覧 (種別) : Shota Asai, Asuka Motoyama, Yuri Matsumoto, Hiroyuki Konami, Hideaki Imanaka and Masaji Nishimura : Decrease in cuff pressure during the measurement procedure: an experimental study., Journal of Intensive Care, Vol.2, No.1, (頁), (発行所), (都市), June 2014. ...
閲覧 山口 美輪, 上村 浩一, 釜野 桜子, 澤近 房和, Tirani Bahari, 三木 啓輔, 有澤 孝吉 : 郊外と市街地における栄養・食生活,運動の相違―J-MICC Study徳島地区より―, 第60回四国公衆衛生学会総会, 2015年2月. ...
閲覧 Mizuho Ogoshi, Yuki Izawa-Ishizawa, Sakiko Doi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : 血管平滑筋細胞において無機リンによる石灰化シグナルにはRho-kinaseおよびcyclophilin Aが関与する, 第88回 日本薬理学会年会(愛知), (巻), (号), (頁), March 2015. ...
閲覧 西嶋 仁, 梶本 達也, 松岡 慶樹, 毛利 安宏, 森本 純子, 河野 弘, 松本 満 : NOD系統特異的に多発性筋炎様症状をもたらすゲノム領域の解析, 第14回四国免疫フォーラム, 2015年6月. ...
閲覧 Tomita Mitsuru, Keiji Uchiyama, Usui Takeshi and Suehiro Sakaguchi : Analysis of roles of N-terminal region of prion protein in the conversion into scrapie form by using prion-knockout cell., Asian Pacific Prion Symposium 2015, Ishikawa Ongakudo, Kanazawa, Japan, Sep. 2015. ...
閲覧 井澤 眞代, 西村 匡司, 古川 明日香, 小原 章敏 : 左室流出路狭窄を伴ったたこつぼ型心筋症においてβ遮断薬が著効した一例., 日本集中治療医学会雑誌, Vol.22, No.5, 451-452, 2015年. ...
閲覧 濱谷 沙世, 武田 知也, 山本 真由美 : 発達障害傾向とソーシャルサポートが摂食障害傾向に及ぼす影響 ―思春期を対象として―, 日本心理学会 第79回大会発表論文集, 2015年9月. ...
閲覧 桑野 由紀, 佐竹 譲, 狩野 静香, 藤田 絹代, 西田 憲生, 六反 一仁 : 新規非コードRNA TRA2β4を介した大腸がん悪性化の分子基盤, 第10回臨床ストレス応答学会, (巻), (号), (頁), 2015年11月. ...
閲覧 佐竹 譲, 桑野 由紀, 狩野 静香, 藤田 絹代, 板井 美樹, 田中 裕基, 西田 憲生, 六反 一仁 : TRA2β4とnucleolinの相互作用を介した大腸癌細胞増殖メカニズムの解明, 第38回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2015年12月. ...
閲覧 K Hosokawa, Masaji Nishimura, M Egi and JL Vincent : Timing of tracheostomy in ICU patients: a systematic review of randomized controlled trials., Critical Care, Vol.19, 424, 2015. ...
閲覧 Saki Saijo, Yuki Kuwano, Kiyoshi Masuda, Tatsuya Nishikawa, Kazuhito Rokutan and Kensei Nishida : Serine/arginine-rich splicing factor 7 regulates p21-dependent growth arrest in colon cancer cells., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.63, No.3-4, 219-226, 2016. ...
閲覧 高磯 甫隆, 安見 武哲, 大西 沙紀, 大藤 純, 近田 優介, 今中 秀光, 西村 匡司 : 酸素マスクの形状による吸入酸素濃度および二酸化炭素濃度に関する研究., 第43回日本集中治療医学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2016年2月. ...
閲覧 堤 理恵, 大藤 純, 井内 茉莉奈, 小野寺 睦雄, 堤 保夫, 今中 秀光, 原田 永勝, 西村 匡司 : ICU入室中の筋肉量減少と予後の関連性, 第43回日本集中治療医学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2016年2月. ...
閲覧 近田 優介, 大西 沙紀, 小野寺 睦雄, 大藤 純, 西村 匡司 : 新生児/乳児用high flow nasal cannula中の加温加湿., 第43回日本集中治療医学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2016年2月. ...
閲覧 大西 沙紀, 近田 優介, 小野寺 睦雄, 大藤 純, 西村 匡司 : 新生児/乳児用high flow nasal cannula中の吸入酸素濃度., 第43回日本集中治療医学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2016年2月. ...
閲覧 Hiroshi Kido, Indalao L. Irene, Kim Hyejin, Kimoto Takashi, Sakai Satoko and Etsuhisa Takahashi : Energy metabolic disorder is a major risk factor in severe influenza virus infection: Proposals for new therapeutic options based on animal model experiments, Respiratory Investigation, Vol.54, No.5, 312-319, 2016. ...
閲覧 Toshitaka Kawarai, Kanto Yamasaki, Atsuko Mori, Naoko Takamatsu, Yusuke Osaki, Chimeglkham Banzrai, Chimeglkham Banzrai, Ryosuke Miyamoto, Ryosuke Oki, Lucia Pedace, Antonio Orlacchio, Hiroyuki Nodera, Akihiro Hashiguchi, Yujiro Higuchi, Hiroshi Takashima, Yoshihiko Nishida, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji : MFN2 transcripts escaping from nonsense-mediated mRNA decay pathway cause Charcot-Marie-Tooth disease type 2A2, Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry, 2016. ...
閲覧 Chisaki Adachi, Hisami Okumura, Takafumi Katayama, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Single vegetable meal content equivalence and alternative to fat for satiety: a randomised trial in Japanese women, Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.25, No.3, 478-486, 2016. ...
閲覧 Hitoshi Nishijima, Yoshiki Matsuoka, Yasuhiro Mouri, Junko Morimoto and Mitsuru Matsumoto : Possible defect in the Treg production in mice overexpressing AIRE/Aire which exhibit muscle-specific autoimmunity, 第45回日本免疫学会学術集会, Dec. 2016. ...
閲覧 西嶋 仁, 松岡 慶樹, 毛利 安宏, 森本 純子, 松本 満 : ヒトAIRE トランスジェニックマウスに誘導される多発性筋炎病態の解析, 第36回日本胸腺研究会, 2017年2月. ...
閲覧 Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Indoxyl Sulfate Involves Abnormality of Iron Metabolism through Hepcidin Regulation, Experimental Bioogy 2017, Chicago, April 2017. ...
閲覧 Ayumi Sugitani, Mayuko Shimizu, Shu Taira, Takaaki Tsunematsu and Koichi Tsuneyama : Analysis of fibrogenic roles of liver infiltrating macrophages in a novel Non-alcoholic steatohepatitis (NASH) rat model with liver cirrhosis, Hepatology, Vol.66, No.S1, 1099A-1100A, (都市), Oct. 2017. ...
閲覧 Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : The uremic toxin indoxyl sulfate interferes with iron metabolism by regulating hepcidin in chronic kidney disease, Nephrology, Dialysis, Transplantation, Vol.33, No.4, 586-597, 2018. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.30, Max(EID) = 393818, Max(EOID) = 1066532.