『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.医学部.医学科.病態予防医学講座

登録情報の数

有効な情報: 15件 + 無効な情報: 3件 = 全ての情報: 18件

全ての有効な情報 (15件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(15)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(15)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Tomotsugu Tabata, Takashi Oki, Hirotsugu Yamada, Arata Iuchi, Susumu Ito, Takaki Hori, Tetsuya Kitagawa, Itsuo Kato, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Role of left atrial appendage in left atrial reservoir function as evaluated by left atrial appendage clamping during cardiac surgery., The American Journal of Cardiology, Vol.81, No.2, 327-332, 1998..[組織] ...
閲覧 井上 和俊, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 居和城 宏, 岡久 稔也, 大西 芳明, 黒田 泰弘, 阿部 正, 大下 修造 : 連続的ヘマトクリットモニタ情報システムの開発, 日本集中治療医学会雑誌, Vol.9, No.Suppl., 220, 2002年1月..[組織] ...
閲覧 井上 和俊, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 居和城 宏, 岡久 稔也, 村田 昌彦, 大西 芳明, 阿部 正, 黒田 泰弘, 大下 修造 : 血圧情報を統合したCRIT-LINE(TM)モニタリングシステムの開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, (巻), (号), 257, 2002年10月..[組織] ...
閲覧 井上 和俊, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 村田 昌彦, 居和城 宏, 岡久 稔也, 大西 芳明, 阿部 正, 黒田 泰弘, 大下 修造 : 連続的ヘマトクリットモニタ情報システムの開発, 第18回徳島急性血液浄化研究会, (巻), (号), (頁), 2002年11月..[組織] ...
閲覧 井上 和俊, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 居和城 宏, 岡久 稔也, 村田 昌彦, 大西 芳明, 黒田 泰弘, 阿部 正, 大下 修造 : 血圧情報を統合したCRIT-LINE(TM)情報システムの開発, ICUとCCU, Vol.27, No.Suppl., S89-S90, 2003年3月..[組織] ...
閲覧 Yoichi Maekawa, Shin-ichi Tsukumo, Okada Hiroko, Kenji Kishihara and Koji Yasutomo : Breakdown of peripheral T-cell tolerance by chronic IL-15 elevation, Transplantation, Vol.76, No.2, 415-420, 2003..[組織] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hiroshi Miyamoto and Katsuo Aizawa : Effects of Magnetic Field on Membrane Protein Structure of Living HeLa Cells Studied by Fourier Transform Infrared Spectroscopy, Bioelectromagnetics, Vol.24, No.7, 457-464, 2003..[組織] ...
閲覧 Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Hiroshi Iwaki, Masaharu Suzuki, Susumu Ito, Yoshiaki Ohnishi, Jun Oto, Yasuhiro Kuroda, Shuzo Oshita, Yoshinori Nitta, Yohsuke Kinouchi and Masatake Akutagawa : Variation of the hematocrit value during leukocytapheresis therapy, Proceedings of 4th World Congress of the International Society for Apheresis, (巻), (号), A5, Nashville, TN, USA, Oct. 2003..[組織] ...
閲覧 Toshiya Okahisa, Hiroshi Iwaki, Hiroshi Miyamoto, Masahiro Sogabe, Susumu Ito, Yoshiaki Ohnishi, Jun Oto, Yasuhiro Kuroda, Shuzo Oshita, Yoshinori Nitta, Yohsuke Kinouchi and Masatake Akutagawa : Monitoring filter clogging by analyzing the conductive condition of the roller pump flow pressure wave, Proceedings of 4th World Congress of the International Society for Apheresis, (巻), (号), A9, Nashville, TN, USA, Oct. 2003..[組織] ...
閲覧 Yoshinori Nitta, Yohsuke Kinouchi, Masatake Akutagawa, Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Hiroshi Iwaki, Susumu Ito, Yoshiaki Ohnishi, Jun Oto, Yasuhiro Kuroda and Shuzo Oshita : Prediction of the hematocrit value using an artificial neural network during leukocytapheresis therapy, Proceedings of 4th World Congress of the International Society for Apheresis, (巻), (号), A10, Nashville, TN, USA, Oct. 2003..[組織] ...
閲覧 Mami Azuma, Hitoshi Houchi, Hirotaka Nishisako, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Kazuhiko Teraoka, Toshitaka Ikehara, Takenori Kusumi and Kazuo Minakuchi : Inhibitory action of novel arginine derivative on catecholamine secretion evoked by acetylcholine from cultured bovine adrenal chromaffin cells, Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.42, No.Suppl. 1, S15-S18, 2003..[組織] ...
閲覧 Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Akiyoshi Nishikado, K Koshiba, Kouji Yamaguchi, Tomohito Kawano and Susumu Ito : AUTONOMIC NERVOUS ACTIVITY AND QT DISPERSION AT COMMON BILE DUCT TREATMENT DURING ENDOSCOPYIC RETROGRAE CHOLANGIOANCREATOICOGRAPHY:CORRELAATION WITH CARDIAC ACCIDENTS., Course of Preventive Medicine, School of Medicine, Faculty of Medicine, Tokushima University, Tokushima, July 2004..[組織]+[発行所] ...
閲覧 Susumu Ito : Extramedullary plasmacytoma of the jejunum., (発行所), (都市), (month)2005..[組織] ...
閲覧 Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Koji Tsujigami, Yoshio Okita, Hiroshige Hayashi, Toshikatsu Taniki, Hiroshi Hukuno, Masahiko Nakasono, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura and Susumu Ito : Ultrasonographic assesment of gastric motility in diabetic gastroparesis befor and after attaining glycemic control., Springer-Verlag, New York, Feb. 2005..[組織] ...
閲覧 伊東 進 : 下痢·腹痛·発熱患者の落とし穴, --- 発熱39℃,脈拍正常? ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2005年8月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.70, Max(EID) = 375376, Max(EOID) = 1006033.