『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.生命テクノサイエンスコース (2012年4月1日〜) または
閲覧 環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース (2006年4月1日〜/->組織[徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.生命テクノサイエンスコース])

登録情報の数

有効な情報: 241件 + 無効な情報: 4件 = 全ての情報: 245件

全ての有効な情報 (241件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(27)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(27)
閲覧 (未定義) …(125)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Nakashima Hitomi, Ikkyu Kazuhiro, Nakashima Kouichiro, Sano Keiichiro, Yoshihiro Uto, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa, Sugimoto Hiroshi, Yoshitsugu Shiro, Nakagawa Yoshinori and Hitoshi Hori : Design of Novel Hypoxia-Targeting IDO Hybrid Inhibitors Conjugated with an Unsubstituted L-TRP as an IDO Affinity Moiety, Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.662, 415-421, 2010. ...
閲覧 Taro Mito, Taro Nakamura, Masato Yoshizaki, Tetsuya Bando, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Highly dynamic cell behavior during early development in the intermediate germ insect Gryllus bimaculatus, as revealed by analyses of transgenic embryos, (誌名), Washington DC, USA, April 2010. ...
閲覧 Sumihare Noji, Tetsuya Bando, Taro Mito, Taro Nakamura, Takahito Watanabe and Hideyo Ohuchi : Regulation of leg size and shape by the Dachsous/Fat signalling pathway during cricket leg regeneration, (誌名), Washington, DC, USA, April 2010. ...
閲覧 Eiji Nakata, Yoshihiro Yukimachi, Yoshijiro Nazumi, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa, Toshihiro Hashimoto, Yasuko Okamoto and Hitoshi Hori : A newly designed cell-permeable SNARF derivative as an effective intracellular pH indicator., Chemical Communications, Vol.46, No.20, 3526-3528, 2010. ...
閲覧 辻 明彦, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 中井 健志, 湯浅 恵造, 井上 雅広 : モデリングより推定されたTrypanosoma bruceiオリゴペプチダーゼBのS1, S2サブサイトに位置するグルタミン酸残基の機能解析, 第51回日本生化学会中国・四国支部例会, 2010年5月. ...
閲覧 中田 栄司, 行待 芳浩, 那住 善治郎, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : 新規な細胞膜透過性SNARF誘導体による細胞内pHの効果的な計測, 日本ケミカルバイオロジー学会第5回年会, 2010年5月. ...
閲覧 Eiji Nakata, Yoshihiro Yukimachi, Yoshijiro Nazumi, Yoshihiro Uto, Toshihiro Hashimoto, Yasuko Okamoto and Hitoshi Hori : Design of a SNARF-based Ratiometric Fluorescent Probe for Esterase, Chemistry Letters, Vol.39, No.7, 734-735, 2010. ...
閲覧 中田 栄司, 行待 芳浩, 那住 善治郎, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : 外部刺激応答型蛍光プローブの開発と低酸素細胞の選択的可視化への応用, 第16 回国際癌治療増感研究会, 2010年6月. ...
閲覧 宇都 義浩, 安部 千秋, 中江 崇, 村井 絵美, 遠藤 良夫, 富永 正英, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド放射線増感剤のin vivo放射線増感活性の評価, 第16回国際癌治療増感研究会, 2010年6月. ...
閲覧 宇都 義浩, 安部 千秋, 吉冨 徹, 長崎 幸夫, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : 酸化ストレス発育鶏卵モデルを用いたラジカル含有ナノ粒子TEMPO-RNPのin vivo抗酸化活性評価, 第63回日本酸化ストレス学会, 2010年6月. ...
閲覧 田端 厚之, 山本 泰裕, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 2種のコレステロール依存性細胞溶解毒素を産生する川崎病患児由来Streptococcus mitis Nm-65株の病原性に関する検討, 第19回Lancefieldレンサ球菌研究会, 2010年6月. ...
閲覧 山本 泰裕, 田端 厚之, 友安 俊文, 弘田 克彦, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 川崎病患児由来Streptococcus mitis Nm-65株が産生する2種類のコレステロール依存性細胞溶解毒素遺伝子の発現とその病原性への寄与, 第57回トキシンシンポジウム, 2010年7月. ...
閲覧 Emi Kawakami, Nao Kinouchi, Adachi Taro, Yutaka Ohsawa, Naozumi Ishimaru, Hideyo Ohuchi, Yoshihide Sunada, Yoshio Hayashi, Eiji Tanaka and Sumihare Noji : Special Processed Collagen-mediated Application of Myostatin-siRNA for Muscular Atrophy Diseases, 88th IADR, Barcelona, July 2010. ...
閲覧 那住 善治郎, 中田 栄司, 行待 芳浩, 宇都 義浩, 堀 均 : 蛍光プローブの合理的設計を目指したSNARF誘導体の自己集合化能についての検討, 第22回生体機能関連化学若手の会サマースクール, 2010年7月. ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Ryo Tanaka, Kenta Ohnaka, Yuki Ohta, Kazufumi Yazaki, Naoyuki Umemoto, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Prenylated acylphloroglucinol derivatives: Isoprenomics-based design, syntheses and antioxidative activities, International Society on Oxygen Transport to Tissue 2010 (ISOTT 2010), Ascona, Switzerland, July 2010. ...
閲覧 辻 明彦, 羽田 浩一郎, 湯浅 恵造 : プロテインエンジニアリングによるFurin得意阻害タンパク質の作成, 第15回日本病態プロテアーゼ学会, 2010年8月. ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : SAR analysis of electron-rich polyyne analogues of FTY720 based on in vivo chick embryo antiangiogenic assay, 第69回日本癌学会学術総会, Sep. 2010. ...
閲覧 中田 栄司, 那住 善治郎, 行待 芳浩, 宇都 義浩, 堀 均 : SNARF を基本骨格とした蛍光プローブの合理的設計戦略, 第4回バイオ関連化学シンポジウム, 2010年9月. ...
閲覧 Hideyo Ohuchi, Mayumi Okamoto, Akane Matsuyo, Takumi Kawaue, Sayuri Tomonari and Sumihare Noji : Generation of neural retina from pigmented retinal progenitors by an intrinsic factor Lhx1, (誌名), Sesimbra, Portugal, Sep. 2010. ...
閲覧 Taro Nakamura, Masato Yoshizaki, Syoutaro Ogawa, H Okamoto, Yohei Shinmyo, Tetsuya Bando, Hideyo Ohuchi, Sumihare Noji and Taro Mito : Imaging of transgenic cricket embryos reveals cell movements consistent with a syncytial patterning mechanism, Current Biology, Vol.20, No.18, 1641-1647, 2010. ...
閲覧 小畑 勝稔, 中田 栄司, 宇都 義浩, 堀 均 : メディシナル・エレクトロノミクス分子としてのオリゴアセチレニック芳香族化合物の疎水性, 第38回構造活性相関シンポジウム, 2010年10月. ...
閲覧 Taro Adachi, Emi Kawakami, Naozumi Ishimaru, Takahiro Ochiya, Yoshio Hayashi, Hideyo Ohuchi, Masao Tanihara, Eiji Tanaka and Sumihare Noji : Delivery of small interfering RNA with a synthetic collagen poly(Pro-Hyp-Gly) for gene silencing in vitro and in vivo., Development Growth & Differentiation, Vol.52, No.8, 693-699, 2010. ...
閲覧 石橋 学, 清水 和也, 小林 弘明, 白井 昭博, 大政 健史, 杉浦 則夫, 間世田 英明 : ミクロシスチンの分解に関わるMlrDタンパク質の関与, 日本水処理生物学会誌, No.30, 28, 2010年11月. ...
閲覧 Akihiro Shirai, Yuki Ohtsu, Yasunori Kuboyama, Hideaki Maseda, Hiroki Kourai and Takeshi Omasa : Water disinfection system based on the combined use of gemini-quaternary ammonium salt and ultraviolet (A)-light emitting diode, The 16th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.F-17, 74, Taoyuan, Nov. 2010. ...
閲覧 Toshiyuki Endoh, Kanae Sakaguchi, Hideaki Maseda, Hiroki Kourai, Akihiro Shirai and Takeshi Omasa : Development of new antimicrobial agents: synthesis and biological properties of hybrid-type quaternary ammonium salts as a safe antimicrobial agent, The 16th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.F-13, 72, Taoyuan, Nov. 2010. ...
閲覧 村田 貴洋, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素による宿主細胞の応答反応の検討, 第125回徳島生物学会, 2010年12月. ...
閲覧 田村 仁人, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 細菌由来タンパク質をベースとしたDDSツールの開発-標的細胞に対する選択的送達能に関する検討-, 第125回徳島生物学会, 2010年12月. ...
閲覧 藤澤 慶典, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : S9セリンプロテアーゼに属する新規メンバー,フェニルアラニルアミノペプチダーゼの同定, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月. ...
閲覧 田端 厚之, 山本 泰裕, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 2種のコレステロール依存性細胞溶解毒素を産生するStreptococcus mitis Nm-65株の細胞障害性に関する検討, 第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月. ...
閲覧 福岡 幸, 坂上 友梨, 宮脇 克行, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : イチゴ「さちのか」におけるflavonoid 3'-hydoxylase (F3'H) 遺伝子の機能解析, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月. ...
閲覧 本木 陽, 港 紗央里, 大西 満智, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : 小胞体関連分解にかかわるVCP/p97結合タンパク質UBXD1のドメイン機能解析, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月. ...
閲覧 港 紗央里, 本木 陽, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : VCP/p97結合タンパク質UBXD1 ( UBX domain-containing 1 ) の小胞体関連分解における機能解析, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月. ...
閲覧 松田 泰斗, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼによる非選択的カチオンチャネルTRPC7の活性制御機構の解析, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月. ...
閲覧 宇都 義浩, 山本 将太, 竹内 亮太, 中川 美典, 廣田 慶司, 寺田 弘, 鬼塚 伸也, 中田 栄司, 堀 均 : 癌免疫療法の確立を目指したマクロファージ活性化因子(GcMAF)前駆物質GcXの創製, 第14回バイオ治療法研究会学術集会, 2010年12月. ...
閲覧 堀 均, 中田 栄司, 小泉 允人, 宇都 義浩, 大倉 一人 : ダイナミックドラッグ創生へのアプローチ - ボロントレースドラッグ仕様BODIPY含有抗酸化物質のメディシナルケミストリー, 第14回バイオ治療法研究会学術集会, 2010年12月. ...
閲覧 田中 涼, 宇都 義浩, 山下 洋平, 大仲 健太, 中田 栄司, 堀 均 : システムバイオロジー構築のためのフィチルキノールの合成と抗酸化活性評価, ビタミンE研究の進歩XIV, Vol.14, 81-86, 2010年. ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Takashi Nakae, Yoshio Endo, Masahide Tominaga, Hiroshi Maezawa, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Systems biology-based drug design of sugar-hybrid hypoxic cell radiosensitizers using the tumor-implantable chick embryo model, PACIFICHEM 2010, Honolulu, Dec. 2010. ...
閲覧 入江 健太郎, 坂上 友梨, 福岡 幸, 宮脇 克行, 角村 寧子, 広田 恵介, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : アグロインフィルトレーション法を用いたRNAiによるイチゴ青色光受容体の機能解析, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年(99月). ...
閲覧 Eiji Nakata, Yoshijiro Nazumi, Yoshihiro Yukimachi, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa, Toshihiro Hashimoto, Yasuko Okamoto and Hitoshi Hori : Synthesis and photophysical properties of new SNARF derivatives as dual emission pH sensors, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.21, No.6, 1663-1666, 2011. ...
閲覧 Emi Kawakami, Nao Kinouchi, Taro Adachi, Yutaka Ohsawa, Naozumi Ishimaru, Hideyo Ohuchi, Yoshihide Sunada, Yoshio Hayashi, Eiji Tanaka and Sumihare Noji : Atelocollagen-mediated systemic administration of myostatin-targeting siRNA improves muscular atrophy in caveolin-3-deficient mice., Development Growth & Differentiation, Vol.53, No.1, 48-54, 2011. ...
閲覧 上手 麻希, 市瀬 裕樹, 中江 太治, 大政 健史, 間世田 英明 : 緑膿菌mexS遺伝子はQuorum-sensing機構を調節する?, 緑膿菌感染症研究会・抄録集, Vol.45, 30, 2011年2月. ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Toru Yoshitomi, Yukio Nagasaki, Yoshio Endo, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : In vivo antioxidative activity of radical-containing-nanoparticle (RNP) in fertilized chicken egg assay, International Conference on Biomaterials Science 2011, Tsukuba, March 2011. ...
閲覧 白井 昭博, 坂口 香苗, 間世田 英明, 高麗 寛紀, 大政 健史 : ハイブリッド型第四アンモニウム塩の抗菌特性と安全性, 日本化学会第91春季年会, No.1B5-56, 41, 2011年3月. ...
閲覧 中田 栄司, 行待 芳浩, 那住 善治郎, 友塚 歩美, 宇都 義浩, 堀 均 : SNARFを基本骨格とした蛍光プローブの設計戦略, 日本化学会第91春季年会, 2011年3月. ...
閲覧 山本 将太, 宇都 義浩, 竹内 亮太, 中川 美典, 廣田 慶司, 寺田 弘, 鬼塚 伸也, 堀 均 : 二糖鎖Gcタンパク質(GcX)の調製とマクロファージ活性化能評価, 日本薬学会第131年会, 2011年3月. ...
閲覧 寺岡 瑞絵, 宇都 義浩, 上畑 英吾, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利, 堀 均 : MTT法によるスギ水蒸気爆砕抽出物の抗腫瘍活性の評価, 日本薬学会第131年会, 2011年3月. ...
閲覧 大仲 健太, 宇都 義浩, 田中 涼, 矢崎 一史, 梅基 直行, 堀 均 : ホップに含まれるプレニル化アシルフロロアシルグルシノール誘導体のLDL抗酸化活性とイソプレノミクスに基づく評価, 日本薬学会第131年会, 2011年3月. ...
閲覧 金森 小百合, 宇都 義浩, 太田 依里, 堀 均 : GalNAc-リジンクラスターのマクロファージ細胞NR8383による貪食活性評価, 日本薬学会第131年会, 2011年3月. ...
閲覧 Chiaki Abe, Yoshihiro Uto, Takashi Nakae, Yuuya Shinmoto, Keiichiro Sano, Hiroko Nakata, Mizue Teraoka, Yoshio Endo, Hiroshi Maezawa, Shin-ichiro Masunaga, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Evaluation of the In vivo Radiosensitizing Activity of EtanidazoleUsing Tumor-bearing Chick Embryo, Journal of Radiation Research, Vol.52, No.2, 208-214, 2011. ...
閲覧 湯浅 恵造, 松田 泰斗, 辻 明彦 : Functional regulation of transient receptor potential channel TRPC7 by cGMP-dependent protein kinase, 日本農芸化学会2011年度大会, 2011年3月. ...
閲覧 美野 健, 藤沢 慶典, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : カイワレダイコンフェニルアラニルアミノぺプチダーゼの酵素特性解析及びクローニング, 第52回日本生化学会中国・四国支部例会, 2011年5月. ...
閲覧 富永 景子, 池田 千佳, 近藤 あゆみ, 佐藤 しおり, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシのセルロース消化システムの解析, 第52回日本生化学会中国・四国支部例会, 2011年5月. ...
閲覧 土肥 真, 湯浅 恵造, 長目 健, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼとRhoエフェクターrhotekinの相互作用部位および細胞内局在の解析, 第52回日本生化学会中国・四国支部例会, 2011年5月. ...
閲覧 Takeshi Omasa, Yihua Cao, Syuichi Kimura, Joon-Young Park, Miyuki Yamatani, Kohsuke Honda and Hisao Ohtake : Chromosome Identification and Its Application in Chinese Hamster Ovary Cells, ESACT Meeting 2011 in Vienna, 247, Wien, May 2011. ...
閲覧 龍澤 実季, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : トレハロース添加による一本鎖二重特異性抗体の凝集抑制効果の検討, 日本農芸化学会中四国支部第30回講演会, 30, 2011年5月. ...
閲覧 宇都 義浩, 小泉 允人, 山下 洋平, 大仲 健太, 中田 栄司, 堀 均 : ボロントレースドラッグを指向したBODIPY含有フェノールの抗酸化剤分子設計, 第17回癌治療増感研究会, 2011年6月. ...
閲覧 福元 淳生, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : トリパノソーマ症の病原因子であるOligopeptidase Bのドメイン間相互作用の安定化機構, 第11回 日本蛋白質科学会年会, 2011年6月. ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Syota Yamamoto, Ryota Takeuchi, Yoshinori Nakagawa, Keiji Hirota, Hiroshi Terada, Shinya Onizuka, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Effect of the Gc-derived Macrophage-activating Factor Precursor (preGcMAF) on Phagocytic Activation of Mouse Peritoneal Macrophages, Anticancer Research, Vol.31, No.7, 2489-2492, 2011. ...
閲覧 Eiji Nakata, Masato Koizumi, Yohei Yamashita, Kenta Onaka, Yoshinori Sakurai, Natsuko Kondo, Koji Ono, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : Design, Synthesis and Destructive Dynamic Effects of BODIPY-containing and Curcuminoid Boron Tracedrugs for Neutron Dynamic Therapy, Anticancer Research, Vol.31, No.7, 2477-2482, 2011. ...
閲覧 宇都 義浩, 安部 千秋, 川崎 彩加, 吉冨 徹, 長崎 幸夫, 遠藤 良夫, 堀 均 : 酸化ストレス発育鶏卵モデルを用いたラジカル含有ナノ粒子TEMPO-RNPのin vivo抗酸化活性評価, 第64回日本酸化ストレス学会学術集会, 2011年7月. ...
閲覧 木村 修一, 曹 溢華, 糸井 隆行, 本田 孝祐, 大竹 久夫, 大政 健史 : CHO DG44細胞株における染色体変化に関する研究, 第24回日本動物細胞工学会2011年度大会(JAACT2011), 83, 2011年7月. ...
閲覧 遠藤 聡志, 白井 昭博, 久保山 泰典, 間世田 英明, 大政 健史 : チアゾールを主骨格とする新規抗アメーバ剤の合成とその生物学的特性, 日本防菌防黴学会第38回年次大会要旨集, No.P39-31P, 117, 2011年8月. ...
閲覧 Uwae Maki, Ichise Yuki, Akihiro Shirai, Takeshi Omasa, Nakae Taiji and Hideaki Maseda : MexS cancels the MexT-dependent repression of MexAB-OprM efflux pump in Pseudomonas aeruginosa, International Union of Microbiology Societies 2011 Congress, 221, Sapporo, Sep. 2011. ...
閲覧 Shimizu Kazuya, Hideaki Maseda, Okano Kunihiro, Itayama Tomoaki, Utsumi Motto, Zhang Zhenya and Sugiura Norio : Expression of Microcystin degradation activity in microcystin-degrading bacterium, International Union of Microbiology Societies 2011 Congress, 204, Sapporo, Sep. 2011. ...
閲覧 龍澤 実季, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : トレハロースを用いた細胞培養過程における抗体凝集抑制の検討, 化学工学会第43回秋季大会, 628, 2011年9月. ...
閲覧 木村 修一, 曹 溢華, 糸井 隆行, 高橋 舞, 本田 孝祐, 大竹 久夫, 大政 健史 : CHO DG44株における染色体変化に関する研究, 化学工学会第43回秋季大会, 630, 2011年9月. ...
閲覧 Uwate Maki, Nakae Taiji, Akihiro Shirai, Takeshi Omasa and Hideaki Maseda : MexT-mediated Regulation of MexEF-OprN Multidrug Efflux Pump via Nod Box in Pseudomonas aeruginosa, Resouces Envionment Life, 191-198, 2011. ...
閲覧 Kobayashi Hiroaki, Shimizu Kazuya, Zhenya Zhang, Sugiura Norio, Takeshi Omasa and Hideaki Maseda : Characterization of MlrB Involved in Degradation of the Cyanobacterial Toxin Microcystin LR, Resouces Envionment Life, 186-190, 2011. ...
閲覧 久保山 泰典, 白井 昭博, 鬼塚 正義, 勝 聡, 高見 貴之, 間世田 英明, 大政 健史 : hAT-III高生産CHO細胞株におけるCHOP発現の影響, 第63回日本生物工学会大会講演要旨集, No.1Gp12, 51, 2011年9月. ...
閲覧 帆足 理子, 鬼塚 正義, 木村 修一, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : 遺伝子増幅を応用した蛋白質医薬品の高生産株取法の構築, 第63回日本生物工学会大会講演要旨集, No.1Gp13, 51, 2011年9月. ...
閲覧 松本 知浩, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : CHO細胞を用いた抗体生産における糖鎖修飾変動解析, 第63回日本生物工学会大会講演要旨集, No.1Gp14, 51, 2011年9月. ...
閲覧 Chiaki Abe, Yoshihiro Uto, Yoshio Endo, Hiroshi Maezawa, Shin-ichiro Masunaga and Hitoshi Hori : Evaluation of the In vivo Radiosensitizing Activity of Etanidazole Using Tumor-bearing Chick Embryo, 70th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Oct. 2011. ...
閲覧 Akihiro Shirai, kuboyama Yasunori, Masayoshi Onitsuka, Katsu Satoshi, Takami Takayuki, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa : The effects of CHOP over-expression/down-regulation on recombinant Antithrombin III production in Chinese Hamster Ovary Cells, The 17th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.F-8, 120, Incheon, Oct. 2011. ...
閲覧 Masayoshi Onitsuka, Tatsuzawa Miki, Akihiro Shirai, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa : Effects of trehalose on antibody production: Supression of protein aggregation and enhancement of productivity, The 17th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.F-9, 121, Incheon, Oct. 2011. ...
閲覧 Yihua Cao, Shuichi Kimura, Takayuki Itoi, Kohsuke Honda, Hisao Ohtake and Takeshi Omasa : Fluorescence in situ hybridization using bacterial artificial chromosome (BAC) clones for the analysis of chromosome rearrangement in Chinese hamster ovary cells, Methods, Vol.56, No.3, 418-423, 2011. ...
閲覧 Yihua Cao, Syuichi Kimura, Joon-Young Park, Miyuki Yamatani, Kohsuke Honda, Hisao Ohtake and Takeshi Omasa : Chromosome Identification and Its Application in Chinese Hamster Ovary Cells, BMC Proceedings, Vol.5, No.8, O8, 2011. ...
閲覧 宇都 義浩, 山本 将太, 向井 大貴, 石山 統子, 竹内 亮太, 中川 美典, 廣田 慶司, 寺田 弘, 鬼塚 伸也, 堀 均 : β-ガラクトシダーゼによる糖鎖修飾を受けた1s1sおよび22型Gcグロブリンのマクロファージ活性化能の評価, 第15回バイオ治療法研究会学術集会, 2011年12月. ...
閲覧 宇都 義浩, 安部 千秋, Toru Yoshitomi, Yukio Nagasaki, Yoshio Endo, 堀 均 : In Vivo Antioxidative Activity of O-TEMPO-RNP using Our Developed Chicken Egg Assay, 第21回日本MRS学術シンポジウム, 2011年12月. ...
閲覧 宇都 義浩, 田中 涼, 大仲 健太, 堀 均 : イソプレノミクスによる7位メチルトコフェロールの合成とLDL抗酸化活性, 第23回ビタミンE研究会, 2012年1月. ...
閲覧 Ryo Tanaka, Yoshihiro Uto, Kenta Ohnaka, Yuki Ohta, Kazufumi Yazaki, Naoyuki Umemoto, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Prenylated acylphloroglucinol derivatives: isoprenomics-based design, syntheses and antioxidative activities, Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.737, 251-256, 2012. ...
閲覧 Eiji Nakata, Masato Koizumi, Yohei Yamashita, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : Boron tracedrug: design, synthesis, and pharmacological activity of phenolic BODIPY-containing antioxidants as traceable next-generation drug model, Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.737, 301-306, 2012. ...
閲覧 宇都 義浩, 村井 絵美, 寺岡 瑞絵, 前澤 博, 堀 均 : アセチル化グルコースハイブリッド放射線増感剤TX-2244をリードとした6位修飾グルコース型放射線増感剤の分子設計, 第14回癌治療増感研究シンポジウム, 2012年2月. ...
閲覧 糸井 隆行, 曹 溢華, 木村 修一, 木村 舞, 本田 孝祐, 大竹 久夫, 大政 健史 : 染色体物理地図を用いたCHO-DG44,K1細胞株,初代細胞間の染色体構成比較, 化学工学会第77年会, 19, 2012年3月. ...
閲覧 一色 衣香, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)の新規基質同定, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012年3月. ...
閲覧 播田 元輝, 湯浅 恵造, 多田 かおり, 藤本 智美, 津嘉山 正夫, 辻 明彦 : スダチ果皮ポリメトキシフラボンの抗炎症作用に関する研究, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012年3月. ...
閲覧 上手 麻希, 間世田 英明 : 緑膿菌の多剤耐性株におけるmexS遺伝子の機能解析, 日本化学療法学会雑誌ー第60回 日本化学療法学会学術集会特集号, Vol.60, 253, 2012年3月. ...
閲覧 田中 大地, 宇都 義浩, 安部 千秋, 遠藤 良夫, 前澤 博, 原田 浩, 増永 慎一郎, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵における低酸素腫瘍の同定とetanidazoleのin vivo放射線増感活性の評価, 日本薬学会第132年会, 2012年3月. ...
閲覧 田中 涼, 宇都 義浩, 大仲 健太, 矢崎 一史, 梅基 直行, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤としたプレニル化アシルフロログルシノール類の合成と抗酸化活性の評価, 日本薬学会第132年会, 2012年3月. ...
閲覧 向井 大貴, 石山 統子, 宇都 義浩, 山本 将太, 竹内 亮太, 中川 美典, 廣田 慶司, 寺田 弘, 鬼塚 伸也, 堀 均 : 1s1sおよび22型Gc proteinの脱ガラクトース体におけるマクロファージ活性化能の評価, 日本薬学会第132年会, 2012年3月. ...
閲覧 白井 昭博, 大津 勇貴, 高麗 寛紀 : ジェミニ型抗菌剤とUVA-LED照射による殺菌相乗効果とその殺菌機構, LED総合フォーラム2012 in 徳島 論文集, Vol.P-8, 81-82, 2012年. ...
閲覧 Mai Takahashi, Shuichi Kimura, Haghparast Mohammad Ali Seyed, Yihua Cao and Takeshi Omasa : Clonal variability and chromosomal heterogeneity in Chinese hamster ovary cell lines, Cell Culture Engineering XIII, 195, Scottsdale, Arizona, USA, April 2012. ...
閲覧 Tomomi Tsutsui, Akitoshi Nishizawa, Akihiro Shirai, Masayoshi Onitsuka, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa : Gene expression profiles in ATF4-overexpressing CHO cell line, Cell Culture Engineering XIII, 275, Scottsdale, Arizona, USA, April 2012. ...
閲覧 Masayoshi Onitsuka, Miki Tatsuzawa, Akihiro Shirai, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa : Suppression of antibody aggregation in CHO cell culture by trehalose addition, Cell Culture Engineering XIII, 210, Scottsdale, Arizona, USA, April 2012. ...
閲覧 Kyongho Lee, Kohsuke Honda, Hisao Ohtake and Takeshi Omasa : Establishment of a novel gene amplification platform by ATR down-regulation in CHO cell line, Cell Culture Engineering XIII, 184, Scottsdale, Arizona, USA, April 2012. ...
閲覧 白井 昭博, 大津 勇貴, 高麗 寛紀 : ジェミニ型抗菌剤とUVA-LED照射による殺菌相乗効果とその殺菌機構, 赤外・紫外・可視光応用技術展 2012, 2012年4月. ...
閲覧 Takeshi Omasa, Yihua Cao, Shuichi Kimura and Takayuki Itoi : Details analysis of chromosome rearrangements in CHO cells using BAC-based physical map, Engineering Conference International: Cell Culture Engineering XIII, 57, Scottsdale, Arizona, USA, April 2012. ...
閲覧 一色 衣香, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)の新規基質同定, 第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月. ...
閲覧 河野 剛士, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : 軟骨分化におけるPACE4の基質の同定, 第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月. ...
閲覧 西山 奈見, 造田 莉沙, 富永 景子, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ由来α-アミラーゼの精製と特性解析, 第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月. ...
閲覧 Yihua Cao, Shuichi Kimura, Takayuki Itoi, Kohsuke Honda, Hisao Ohtake and Takeshi Omasa : Construction of BAC-based physical map and analysis of chromosome rearrangement in Chinese hamster ovary cell lines, Biotechnology and Bioengineering, Vol.109, No.6, 1357-1367, 2012. ...
閲覧 宇都 義浩, 田中 涼, 大仲 健太, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤としたプレニルアシルフロログルシノール類の合成と抗酸化活性の評価, 第65回日本酸化ストレス学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2012年6月. ...
閲覧 宇都 義浩, 田中 大地, 野口 智帆, 原田 浩, 遠藤 良夫, 前澤 博, 増永 慎一郎, 堀 均 : HIF-1/GFP発現系を利用した腫瘍移植鶏卵における低酸素領域の解析と放射線による分布変化の観察, 第18回癌治療増感研究会, (巻), (号), (頁), 2012年6月. ...
閲覧 Uwate Maki, Ichise Yuki, Akihiro Shirai, Takeshi Omasa, Nakae Taiji and Hideaki Maseda : Regulation of mexT-Mediated mexEF-oprN Expression and mexAB-oprM Depression by an Upper Regulator mexS in Pseudomonas aeruginosa, American Society for Microbiology 112th General Meeting, 143, San Francisco, June 2012. ...
閲覧 間世田 英明, 上手 麻希, 白井 昭博, 大政 健史 : 緑膿菌多剤耐性株の耐性機構の解析とその性状, 日本生物工学会 西日本支部 第2回講演会, 24, 2012年7月. ...
閲覧 龍澤 実季, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : CHO細胞培養における凝集体抑制培養:トレハロース添加の影響, 日本生物工学会 西日本支部 第2回講演会, 33, 2012年7月. ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Toru Yoshitomi, Yukio Nagasaki, Yoshio Endo and Hitoshi Hori : Evaluation of in vivo antioxidative activity of O-TEMPO-RNP using our newly developed chicken egg assay, The 16th biennial meeting for the Society for Free Radical Research International (SFRRI), (巻), (号), (頁), London, Sep. 2012. ...
閲覧 白井 昭博, 遠藤 聡志, 間世田 英明, 大政 健史 : チアゾール系新規抗アメーバ剤の抗微生物活性および細胞毒性, 日本防菌防黴学会第39回年次大会要旨集, No.12Pa-01, 157, 2012年9月. ...
閲覧 Ichise Yu-ki, Uwate Maki, Akihiro Shirai, Takeshi Omasa, Nakae Taiji and Hideaki Maseda : Regulation of mexT-Mediated mexEF-oprN Expression and mexAB-oprM Depression by An Upper Regulator mexS in Pseudomonas aeruginosa, The 5th Japan-China-Korea Graduate Student Forum, 110, Tsukuba, Sep. 2012. ...
閲覧 横田 優子, 上手 麻希, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 : ダイレクトリピートの欠失による緑膿菌mexT遺伝子出現機構の解析, 日本細菌学会, (頁), 2012年10月. ...
閲覧 黒山 亜美, 上手 麻希, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 : 高度多剤耐性緑膿菌nfxC変異株の出現はmexT遺伝子の転写に依存する?, 日本細菌学会, (頁), 2012年10月. ...
閲覧 間世田 英明, 上手 麻希, 中江 太治, 市瀬 裕樹, 白井 昭博, 大政 健史 : 緑膿菌多剤耐性株におけるmexS-mexT遺伝子による耐性制御, 第41回薬剤耐性菌研究会, 31, 2012年10月. ...
閲覧 Akihiro Shirai, Ohtsu Yuki and Hiroki Kourai : Synergistic antimicrobial activity of a gemini-quaternary ammonium compound and ultraviolet A light generated by a light-emitting diode, II International Conference on Antimicrobial Research, (号), 98, Lisbon, Nov. 2012. ...
閲覧 宇都 義浩, 向井 大貴, 石山 統子, 田中 大地, 久保 健太郎, 坂本 憲広, 乾 利夫, 堀 均 : GcMAF含有ヒト血清のマクロファージ貪食活性化能および抗腫瘍活性の評価, 第16回バイオ治療法研究会学術集会, (巻), (号), (頁), 2012年12月. ...
閲覧 福元 淳生, NOR ISMALIZA BINTI MOHD ISMAIL, 井上 雅広, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : Oligopeptidase Bにおけるβ-プロペラドメインと触媒ドメインの相互作用に重要な塩橋の同定, 第85回日本生化学大会, 2012年12月. ...
閲覧 宇都 義浩, 田中 涼, 田中 大地, 野口 智帆, 堀 均 : FTY720をリードとした血管新生阻害性α-トコフェロール誘導体UTX-93の分子設計, 第24回ビタミンE研究会, (巻), (号), (頁), 2013年1月. ...
閲覧 市瀬 裕樹, 上手 麻希, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 : 緑膿菌mexS遺伝子による多剤耐性化抑制機構の解析, 日本細菌学会, Vol.68, No.1, 195, 2013年3月. ...
閲覧 木下 幸恵, 筒井 智美, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : NFKBIZ発現による高生産CHO細胞株の構築と解析, 化学工学会第77年会, 2013年3月. ...
閲覧 野田 真広, 龍澤 実季, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : トレハロース添加によるCHO細胞培養過程の抗体凝集抑制, 化学工学会第77年会, 2013年3月. ...
閲覧 森下 明彦, 高橋 舞, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : 組換えバイオ医薬品生産CHO細胞株構築過程における染色体不安定性解析, 化学工学会第77年会, 2013年3月. ...
閲覧 今木 英統, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusのily発現促進因子の同定, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月. ...
閲覧 石川 未来, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的な膜孔形成毒素インターメディリシンにより好中球に誘導される応答反応, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月. ...
閲覧 竹田 望, 田端 厚之, 野上 明日香, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の分子特性, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月. ...
閲覧 田端 厚之, 佐藤 裕士, 中野 晃太, 大倉 一人, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. constellatus subsp. constellatusが保有するβ溶血因子の探索, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月. ...
閲覧 金子 幸広, 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ily転写抑制因子の結合領域の探索, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月. ...
閲覧 野上 明日香, 田端 厚之, 竹田 望, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : β溶血性の高病原性Streptococcus mitisサブグループの特性, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月. ...
閲覧 Uwate Maki, Ichise Yu-ki, Akihiro Shirai, Takeshi Omasa, Nakae Taiji and Hideaki Maseda : Two routes of MexS-MexT-mediated regulation of MexEF-OprN and MexAB-OprM efflux pump expression in Pseudomonas aeruginosa, Microbiology and Immunology, Vol.57, No.4, 263-272, 2013. ...
閲覧 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : ジェミニ型抗菌剤ハイジェニアとLED近紫外光の併用による相乗殺菌効果とその殺菌機構の解明, LED総合フォーラム2013 in 徳島 論文集, Vol.P-8, 73-74, 2013年. ...
閲覧 大島 美紀, 西山 奈見, 馬庭 沙織, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシのデンプン分解システム, 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, (巻), (号), (頁), 2013年5月. ...
閲覧 馬庭 沙織, 大島 美紀, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシβ-グルコシダーゼの応用研究, 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, (巻), (号), (頁), 2013年5月. ...
閲覧 太田 玲奈, 松田 真弥, 井上 雅広, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 14-3-3タンパク質によるDAPK2活性制御機構の解析, 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, (巻), (号), (頁), 2013年5月. ...
閲覧 小湊 恭平, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : CDKファミリーPCTK3の活性化機構の解明, 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, (巻), (号), (頁), 2013年5月. ...
閲覧 友安 俊文, 近藤 博之, 娚杉 昌典, 田端 厚之, 長宗 秀明 : グラム陽性菌と陰性菌のDnaKシャペロンシステムの比較, 第54回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2013年6月. ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Keiko Tominaga, Nami Nishiyama and Keizo Yuasa : Comprehensive enzymatic analysis of the cellulolytic system in digestive fluid of the sea hare aplysia kurodai. efficient glucose release from sea lettuce by synergistic action of 45 kDa endoglucanase and 210 kDa ß-glucosidase., PLoS ONE, Vol.8, No.6, 2013. ...
閲覧 Akihiro Shirai, Yasuko Fumoto, Tomoaki Shouno, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa : Synthesis and biological activity of thiazolyl-acetic acid derivatives as possible antimicrobial agents, Biocontrol Science, Vol.18, No.2, 59-73, 2013. ...
閲覧 辻 明彦, 羽田 浩一郎, 一色 衣香, 松田 真弥, 湯浅 恵造 : プロセシングプロテアーゼ,Furinを特異的に阻害するalpha1-antitrypsin改変体の作成, 第13回日本蛋白質科学会年会, (巻), (号), (頁), 2013年6月. ...
閲覧 今木 英統, 友安 俊文, 増田 早智子, 山本 直輝, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 糖タンパク質によるStreptococcus intermediusのily発現促進機構の解析, 第22回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2013年6月. ...
閲覧 友安 俊文, 今木 英統, 山本 直輝, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius の主要病原因子であるインターメディリシンの発現調節機構の解析, 第60回 毒素シンポジウム, 2013年7月. ...
閲覧 Junki Fukumoto, Mohd Nor Ismaliza Ismail, Masaki Kubo, Keita Kinoshita, Masahiro Inoue, Keizo Yuasa, Makoto Nishimoto, Hitoshi Matsuki and Akihiko Tsuji : Possible role of inter-domain salt bridges in oligopeptidase B from Trypanosoma brucei: critical role of Glu172 of non-catalytic -propeller domain in catalytic activity and Glu490 of catalytic domain in stability of OPB., The Journal of Biochemistry, Vol.154, No.5, 465-473, 2013. ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Hidenori Imaki, Sachiko Masuda, Ayumi Okamoto, HyeJin Kim, Richard Waite, Robert Whiley, Ken Kikuchi, Keiichi Hiramatsu, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : LacR mutations are frequently observed in Streptococcus intermedius and are responsible for increased intermedilysin production and virulence., Infection and Immunity, Vol.81, No.9, 3276-3286, 2013. ...
閲覧 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : ジェミニ型抗菌剤ハイジェニアとUVA波長光を併用することによる相乗殺菌効果とその殺菌機構の解明, 日本防菌防黴学会第40回年次大会要旨集, No.10Pp-44, 81, 2013年9月. ...
閲覧 小湊 恭平, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : cyclin AおよびPKAによるCDKファミリーPCTK3の活性化機構, 第86回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2013年9月. ...
閲覧 太田 玲奈, 松田 真弥, 井上 雅広, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 14-3-3による細胞死関連プロテインキナーゼDAPK2の活性制御機構, 第86回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2013年9月. ...
閲覧 竹田 望, 田端 厚之, 野上 明日香, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : N末に追加ドメインを有するコレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性, 日本生化学会, 2013年9月. ...
閲覧 安養寺 夏希, 田端 厚之, 大久保 行将, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 細菌由来ペプチド転移酵素Sortase Aの比較解析 -新規DDS開発への応用を目指して-, 日本生化学会, 2013年9月. ...
閲覧 馬庭 沙織, 大島 美紀, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシのβ-グルコシダーゼの固定化と応用, 第65回日本生物工学会大会, (巻), (号), (頁), 2013年9月. ...
閲覧 大島 美紀, 西山 奈見, 馬庭 沙織, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシのα-グルカン分解機構, 第65回日本生物工学会大会, (巻), (号), (頁), 2013年9月. ...
閲覧 山本 直輝, 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが分泌する新規グリコシダーゼの発見と性状解析, 第66回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2013年10月. ...
閲覧 村上 漱, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 高病原性Streptococcus mitis検出・同定システムの構築, 第66回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2013年10月. ...
閲覧 KyoungHo Lee, Tomomi Tsutsui, Kohsuke Honda, Ryutaro Asano, Izumi Kumagai, Hisao Ohtake and Takeshi Omasa : Generation of high-producing cell lines by overexpression of cell division cycle 25 homolog A in Chinese hamster ovary cells, Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.116, No.6, 754-760, 2013. ...
閲覧 友安 俊文, 今木 英統, 山本 直輝, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Identification and characterization of MsgA, a novel secreted glycosidase of Streptococcus intermedius, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月. ...
閲覧 友安 俊文, 今木 英統, 山本 直輝, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Identification and characterization of MsgA, a novel secreted glycosidase of Streptococcus intermedius, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月..[組織] ...
閲覧 田端 厚之, 安養寺 夏希, 大久保 行将, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 細菌由来ペプチド転移酵素Sortase Aを用いたDDS用新規機能性リポソームの創成に関する検討, 第17回バイオ治療法研究会学術集会, 2013年12月..[組織] ...
閲覧 Akihiro Shirai, Toshiyuki Endo, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa : Synthesis of thiazole derivatives and evaluation of their antiamoebic activity and cytotoxicity, Biocontrol Science, Vol.18, No.4, 183-191, 2013. ...
閲覧 安養寺 夏希, 田端 厚之, 大久保 行将, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Comparison of the transition activity of Sortase A using GFP-substrate panel, 第87回日本細菌学会総会, 2014年3月..[組織] ...
閲覧 山本 直輝, 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Characterization of a novel secreted glycosidase (MsgA) of Streptococcus intermedius, 第87回日本細菌学会総会, 2014年3月..[組織] ...
閲覧 横田 優子, 上手 麻希, 市瀬 裕樹, 黒山 亜美, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 : 特定の塩基配列の欠失による耐性関連遺伝子出現機構の解析, 日本細菌学会雑誌, Vol.69, No.1, 200, 2014年3月. ...
閲覧 黒山 亜美, 市瀬 裕樹, 上手 麻希, 横田 優子, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 : 多剤耐性緑膿菌NfxC変異株におけるイミペネム耐性機構の解析, 日本細菌学会雑誌, Vol.69, No.1, 200, 2014年3月. ...
閲覧 市瀬 裕樹, 上手 麻希, 黒山 亜美, 横田 優子, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 : MexEF-OprN薬剤排出ポンプの発現と緑膿菌野生株での役割, 日本細菌学会雑誌, Vol.69, No.1, 200, 2014年3月. ...
閲覧 上手 麻希, 横田 優子, 黒山 亜美, 市瀬 裕樹, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 : 多剤耐性緑膿菌NfxC変異株におけるイミペネム耐性機構の解析, 日本細菌学会雑誌, Vol.69, No.1, 201, 2014年3月. ...
閲覧 上手 麻希, 横田 優子, 大政 健史, 間世田 英明 : 緑膿菌ゲノムでの薬剤耐性調節遺伝子mexTの出現, 2014年度日本農芸化学会大会講演要旨集, (巻), (号), 443, 2014年3月. ...
閲覧 市瀬 裕樹, 上手 麻希, 大政 健史, 間世田 英明 : 緑膿菌MexEF-OprN薬剤排出ポンプの一過的な発現調節機構, 2014年度日本農芸化学会大会講演要旨集, (巻), (号), 444, 2014年3月. ...
閲覧 村上 漱, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 高病原性Streptococcus mitisの検出・同定を目的とした新規検査システムの開発, 第87回日本細菌学会総会, 2014年3月..[組織] ...
閲覧 友安 俊文, 金子 幸広, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Identification and study of the binding region of ily transcriptional repressive element, 第87回日本細菌学会総会, 2014年3月..[組織] ...
閲覧 Toshitaka Kumamoto : Analysis of chromosome number and its application to antibody production in Chinese hamster ovary cells, Cell Culture Engineering XIV, (頁), Quebec City, Canada, May 2014. ...
閲覧 Rima Matsuyama : Generation of high-producing cell lines by cell cycle checkpoint engineering in CHO cells, Cell Culture Engineering XIV, (頁), Quebec City, Canada, May 2014. ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Nami Nishiyama, Miki Ohshima, Saori Maniwa, Shuji Kuwamura, Masataka Shiraishi and Keizo Yuasa : Comprehensive enzymatic analysis of the amylolytic system in the digestive fluid of the sea hare, Aplysia kurodai: Unique properties of two α-amylases and two α-glucosidases, FEBS Open Bio, Vol.4, 560-570, 2014. ...
閲覧 Shinya Matsuda, Kyohei Kominato, Shizuyo Koide-Yoshida, Kenji Miyamoto, Kinuka Isshiki, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : PCTAIRE Kinase 3/Cyclin-dependent Kinase 18 Is Activated through Association with Cyclin A and/or Phosphorylation by Protein Kinase A, The Journal of Biological Chemistry, Vol.289, No.26, 18387-18400, 2014. ...
閲覧 Atsushi Tabata, Natsuki Anyoji, Yukimasa Ohkubo, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Investigation on the Reaction Conditions of Staphylococcus aureus Sortase A for Creating Surface-modified Liposomes as a Drug-delivery System Tool, Anticancer Research, Vol.34, No.8, 4521-4527, 2014. ...
閲覧 木下 慶太, 河内 俊裕, 久保 政樹, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : Oligopeptidase Bのフォールディングと活性化機構の解明, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月. ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Toshifumi Tomoyasu, Hidenori Imaki, Naoki Yamamoto, Chiharu Taue, 増田 早智子, 高尾 亞由子, 前田 伸子, Atsushi Tabata and Whiley A. Robert : CHARACTERIZATION OF A NOVEL SECRETED GLYCOSIDASE WITH MULTIPLE GLYCOSIDASE ACTIVITIES, MSGA: A CANDIDATE KEY ENZYME REGULATING GROWTH AND PATHOGENICITY OF STREPTOCOCCUS INTERMEDIUS, XIX Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases, (都市), Nov. 2014..[組織] ...
閲覧 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius が保有するシアリダーゼの精製とその性状の解析, 第88回日本細菌学会総会, 2015年3月..[組織] ...
閲覧 山崎 貴大, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : S. intermedius が保有するグリコシダーゼがインターメディリシン発現制御に果たす役割についての解析, 第88回日本細菌学会総会, 2015年3月..[組織] ...
閲覧 森下 惇, 田端 厚之, 村上 漱, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 小椋 義俊, 林 哲也, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : S. mitis におけるコレステロール依存性細胞溶解毒素遺伝子の分布とβ-ラクタム系薬剤耐性の関連性, 第88回日本細菌学会総会, 2015年3月..[組織] ...
閲覧 眞屋 健太朗, 田端 厚之, 大倉 一人, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. anginosus subsp. whileyi およびS. constellatus subsp. viborgensis が保有するβ溶血因子の特性解析, 第88回日本細菌学会総会, 2015年3月..[組織] ...
閲覧 友安 俊文, 千葉 真也, 山崎 貴大, 甲斐 瑛之, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusのグリコシダーゼによるインターメディリシン発現調節機構の解析, 第56回日本生化学会中国四国支部例会, 2015年5月. ...
閲覧 湯浅 雄介, 阪本 鷹行, 清水 昌, 小川 順, 櫻谷 英治 : ステロール生産性 Mortierella alpina の形質転換系の確立, 日本農芸化学会 中四国支部第42回講演会, 2015年6月. ...
閲覧 Masashi Yamamoto, Reiko Matsumura, Yoshihiko Hirata and Hideaki Nagamune : Evaluation of biocompatibility of novel and commonly-used antiseptics by cell culture method, Antimicrobial Resistance and Infection Control, Vol.4, No.suppl1, 38, Geneva, Switzerland, June 2015. ...
閲覧 Atsushi Tabata, Ohkubo Yukihisa, Natsuki Anyhoji, Keiko Hojo, Toshifumi Tomoyasu, Youhei Tatematsu, Kazuto Ohkura and Hideaki Nagamune : Development of a Sortase A-mediated Peptide-labeled Liposome Applicable to Drug-delivery Systems, Anticancer Research, Vol.35, No.8, 4411-4417, 2015..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 大野 仁詩, 岸本 貴宗, 大政 健史, 延嶋 浩文 : アニオン種の異なるピリジニウム塩系抗菌剤の熱化学的特性と抗菌特性, 日本防菌防黴学会第42回年次大会要旨集, No.2Pp-49, 255, 2015年9月. ...
閲覧 田村 郁実, 田端 厚之, 村上 漱, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus infantis由来の新規コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性, 第68回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2015年10月..[組織] ...
閲覧 千葉 真也, 友安 俊文, 山崎 貴大, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 血液成分によるインターメディリシン発現調節機構の解析, 第68回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2015年10月..[組織] ...
閲覧 日下 慎也, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius のily遺伝子発現制御領域の探索, 第38回 日本分子生物学会年会, 2015年12月..[組織] ...
閲覧 棚次 亮介, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius DnaKを用いたグラム陰性菌DnaKに特異的な保存領域の機能解析, 第38回 日本分子生物学会年会, 2015年12月..[組織] ...
閲覧 Qing Tang, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : A trial for development of effective drug delivery system using small targeting module against CEA-positive cancer, Joint Meeting of the 38th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan and the 88th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Dec. 2015. ...
閲覧 亀川 優一, 栗田 千波, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : グリセロールを利用した微生物油脂生産, 第6回学際的脂質創生研究部会講演会, (巻), (号), (頁), 2016年1月. ...
閲覧 千葉 真也, 友安 俊文, 山崎 貴大, 日下 信吾, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 血液成分によるily 遺伝子発現の正および負の調節, 第89回日本細菌学会総会, 2016年3月..[組織] ...
閲覧 友安 俊文, 日下 慎也, 的場 正樹, 金子 幸広, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius のily 遺伝子の広い上流領域がその発現抑制に関与する, 第89回日本細菌学会総会, 2016年3月..[組織] ...
閲覧 大谷 浩美, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : β 溶血性S. anginosus subsp. anginosus のSLS ホモログ依存的な細胞障害性, 第89回日本細菌学会総会, 2016年3月..[組織] ...
閲覧 田村 郁実, 田端 厚之, 村上 漱, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus infantis 由来新規コレステロール依存性細胞溶解毒素の細胞障害特性, 第89回日本細菌学会総会, 2016年3月..[組織] ...
閲覧 高尾 亞由子, 長宗 秀明, 友安 俊文, 前田 伸子 : Streptococcus intermedius に対するクオラムセンシングペプチドおよび環境因子の作用, 第89回日本細菌学会総会, 2016年3月..[組織] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Shinya Chiba, Takahiro Yamasaki, Shingo Kusaka, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Expression control pathways of ily by blood components in Streptococcus intermedius, The 13th Korea - Japan International Symposium on Microbiology (XIII-KJISM), (都市), May 2016. ...
閲覧 友安 俊文, 千葉 真也, 山崎 貴大, 日下 慎吾, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius の血液成分による病原性亢進とヒト血液成分によるその防御, 第48回レンサ球菌研究会, 2016年7月. ...
閲覧 田村 郁実, 田端 厚之, 村上 漱, 髙尾 亞由子, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus infantis が産生する新規コレステロール依存性細胞溶解毒素Infantilysin, 第63回トキシンシンポジウム, 2016年7月. ...
閲覧 Yoshiki Shimamura, Dai Tamatani, Shota Kuniyasu, Yusuke Mizuki, Takuma Suzuki, Hanayo Katsura, Hisatsugu Yamada, Yoshio Endo, Tomohiro Osaki, Masahiro Ishizuka, Toru Tanaka, Nobuyasu Yamanaka, Tsukasa Kurahashi and Yoshihiro Uto : 5-Aminolevulinic Acid Enhances Ultrasound-mediated Antitumor Activity via Mitochondrial Oxidative Damage in Breast Cancer, Anticancer Research, Vol.36, No.7, 3607-3612, 2016. ...
閲覧 Eiji Nakata, Yoshihiro Yukimachi, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori and Takashi Morii : Latent pH-responsive ratiometric fluorescent cluster based on self-assembled photoactivated SNARF derivatives, Science and Technology of Advanced Materials, Vol.17, No.1, 431-436, 2016. ...
閲覧 亀川 優一, 加納 みずほ, 栗田 千波, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : 廃グリセロールを利用した微生物油脂生産, 日本農芸化学会2016年度中四国支部大会, 2016年9月. ...
閲覧 日下 信吾, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius が産生するシアリダーゼの発現制御機構の解析, 第69回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2016年10月. ...
閲覧 阪本 鷹行, 富永 康子, 井出 紗奈江, 奥田 知生, 安藤 晃規, 岸野 重信, 和泉 自泰, 馬場 健史, 島 純, 櫻谷 英治, 小川 順 : 油糧糸状菌におけるリシノール酸生産株の分子育種, 第16回 糸状菌分子生物学コンファレンス, (巻), (号), (頁), 2016年11月. ...
閲覧 富永 康子, 濱野 百花, 阪本 鷹行, 井出 紗奈江, 菊川 寛史, 安藤 晃規, 岸野 重信, 和泉 自泰, 馬場 健史, 島 純, 小川 順, 櫻谷 英治 : リシノール酸高生産株の作製とその脂質解析, 第16回 糸状菌分子生物学コンファレンス, (巻), (号), (頁), 2016年11月. ...
閲覧 四方田 和弥, 阪本 鷹行, 尾下 竜次, 久郷 将見, 竹内 道樹, 小川 順, 櫻谷 英治 : インジゴ還元に関わる微生物の探索及び機能性評価, 第3回 日本生物工学会西日本支部 講演会, (巻), (号), (頁), 2016年12月. ...
閲覧 梶浦 雅斗, 加納 みずほ, 亀川 優一, 栗田 千波, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : 廃グリセロール資化性菌の探索と微生物油脂生産への応用, 第3回 日本生物工学会西日本支部 講演会, (巻), (号), (頁), 2016年12月. ...
閲覧 阪本 鷹行, 森下 賢志, 富永 康子, 濱野 百花, 安藤 晃規, 岸野 重信, 和泉 自泰, 馬場 健史, 島 純, 小川 順, 櫻谷 英治 : 油糧糸状菌Mortierella alpinaの分子育種によるリシノール酸生産, 第3回 日本生物工学会西日本支部 講演会, (巻), (号), (頁), 2016年12月. ...
閲覧 日下 竜馬, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ウマ赤血球に存在するExD-CDCレセプターの探索, 第3回 日本生物工学会 西日本支部 講演会, 2016年12月. ...
閲覧 Ichiro Yoshida, Chihiro Ito, Shinya Matsuda, Akihiko Tsuji, Noriyuki Yanaka and Keizo Yuasa : Alisol B, a triterpene from Alismatis rhizoma (dried rhizome of Alisma orientale), inhibits melanin production in murine B16 melanoma cells, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.81, No.3, 534-540, 2017. ...
閲覧 Norio Kamemura, Sara Murakami, Hiroaki Komatsu, Masahiro Sawanoi, Kenji Miyamoto, Kazumi Ishidoh, Koji Kishimoto, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : Type II cGMP-dependent protein kinase negatively regulates fibroblast growth factor signaling by phosphorylating Raf-1 at serine 43 in rat chondrosarcoma cells., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.483, No.1, 82-87, 2017. ...
閲覧 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. mitis由来5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素のN末追加ドメインが示す細胞障害作用, 第90回日本細菌学会総会, 2017年3月. ...
閲覧 岡畑 達也, 村上 漱, 田端 厚之, 小椋 義俊, 林 哲也, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus mitisが保有するコレステロール依存性細胞溶解毒素遺伝子周辺における遺伝子配座の多様性, 第90回日本細菌学会総会, 2017年3月. ...
閲覧 的場 正樹, 友安 俊文, 高尾 亞由子, 田端 厚之, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusの高病原性株スクリーニングシステムの開発, 第90回日本細菌学会総会, 2017年3月. ...
閲覧 大塚 誠也, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus anginosus subsp. anginosusが保有する新規Extra-chromosomal DNAの分子特性, 第90回日本細菌学会総会, 2017年3月. ...
閲覧 高野 仁美, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : 海洋性微生物のジピコリン酸生産性評価, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月. ...
閲覧 井出 紗奈江, 阪本 鷹行, 安藤 晃規, 岸野 重信, 和泉 自泰, 馬場 健史, 島 純, 小川 順, 櫻谷 英治 : 油糧糸状菌 Mortierella alpina から誘導したリシノール酸生産変異株について, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月. ...
閲覧 久郷 将見, 竹内 道樹, 四方田 和弥, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 小川 順 : インジゴ還元菌の探索及び定量的評価法を用いる機能解析, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月. ...
閲覧 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 酵母に対する紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌力とその殺菌機構, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, No.A-2, 21, 2017年6月. ...
閲覧 清藤 鈴奈, 竹内 道樹, 久郷 将見, 四方田 和弥, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 小川 順 : インジゴ還元能の定量的評価法を用いたインジゴ還元菌の探索及び機能解析, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, (巻), (号), (頁), 2017年6月. ...
閲覧 松家 彩恵, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : 自然界より単離したエタノール生産性酵母の諸性質解明, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, (巻), (号), (頁), 2017年6月. ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Takahiro Yamasaki, Shinya Chiba, Shingo Kusaka, Atsushi Tabata, Robert A. Whiley and Hideaki Nagamune : Positive- and Negative-Control Pathways by Blood Components for Intermedilysin Production in Streptococcus intermedius., Infection and Immunity, Vol.85, No.9, 1-17, 2017. ...
閲覧 上田 堅人, 大塚 拓実, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : 冬虫夏草の脂質解析, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会(第49回講演会), (巻), (号), (頁), 2017年9月. ...
閲覧 加納 みずほ, 亀川 優一, 栗田 千波, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : 廃グリセロール資化性菌による微生物油脂生産, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会(第49回講演会), (巻), (号), (頁), 2017年9月. ...
閲覧 阪本 鷹行, 太田 里咲, 楠 美波, 高野 仁美, 櫻谷 英治 : スクアレン生産性酵母の探索と培養条件の検討, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会(第49回講演会), (巻), (号), (頁), 2017年9月. ...
閲覧 白井 昭博, 國見 明加 : 紫外線-A照射におけるフェルラ酸の殺菌機構の解明, 日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa63, 200, 2017年9月. ...
閲覧 坂東 陽介, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 紫外線-A反応分子であるフェルラ酸を用いたフェノール酸誘導体の合成とその殺菌特性, 日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa58, 195, 2017年9月. ...
閲覧 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌法を用いた酵母の増殖抑制の検討, 日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa52, 189, 2017年9月. ...
閲覧 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : ポストハーベスト殺菌に資する紫外線-Aとフェルラ酸の併用手法の検討, 第38回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, No.P38, 130, 2017年10月. ...
閲覧 松家 彩恵, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : エタノール生産性天然酵母の単離および諸性質解明, 第9回 日本醸造学会若手シンポジウム, 2017年10月. ...
閲覧 白井 昭博, 國見 明加, 横田 優子 : フェルラ酸と紫外線-Aの併用殺菌機構, LED総合フォーラム 2018 in 徳島 論文集, Vol.P-15, 113-117, 2018年. ...
閲覧 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : フェルラ酸と紫外線-Aの酵母に対する併用殺菌機構とそのポストハーベスト保存法としての検討, LED総合フォーラム 2018 in 徳島 論文集, Vol.P-16, 119-124, 2018年. ...
閲覧 Yuna Oue, Sara Murakami, Kinuka Isshiki, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : Intracellular localization and binding partners of death associated protein kinase-related apoptosis-inducing protein kinase 1., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.496, No.4, 1222-1228, 2018. ...
閲覧 村川 直美, 加納 みずほ, 阪本 鷹行, 安藤 晃規, 岸野 重信, 相馬 悠希, 馬場 健史, 小川 順, 櫻谷 英治 : 廃グリセロール資化性糸状菌が生産する脂肪酸代謝産物, 日本農芸化学会2018年度大会, (巻), (号), (頁), 2018年3月. ...
閲覧 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 紫外線-Aとフェルラ酸を利用したポストハーベスト殺菌手法の検討, 第39回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, No.P18, 108, 2018年9月. ...
閲覧 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 酵母に対する紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌機構の解析, 日本防菌防黴学会第45回年次大会要旨集, No.2P-Cp70, 329, 2018年11月. ...
閲覧 Naomi Murakawa, Takaiku Sakamoto and Eiji Sakuradani : Oxidized fatty acids produced by filamentous fungus Fusarium sp., The 1st International Symposium on Chemical Communication(ISCC2019), (巻), (号), (頁), Tokyo, Jan. 2019. ...
閲覧 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : フェルラ酸と紫外線-Aの酵母に対する併用殺菌機構の解析, LED総合フォーラム 2019 in 徳島 論文集, Vol.P-6, 67-68, 2019年. ...
閲覧 中川 香澄, 多田 真奈巳, 西林 菜華, 阪本 鷹行, 清藤 鈴奈, 竹内 道樹, 加納 健司, 小川 順, 櫻谷 英治 : 藍染液中の電子伝達に関わる微生物・反応促進物質の探索, 日本農芸化学会2019年度大会, (巻), (号), (頁), 2019年3月. ...
閲覧 村川 直美, 上野 このみ, 阪本 鷹行, 安藤 晃規, 岸野 重信, 相馬 悠希, 和泉 自泰, 馬場 健史, 小川 順, 櫻谷 英治 : 糸状菌由来オレイン酸水和酵素遺伝子の機能解析, 日本農芸化学会2019年度大会, (巻), (号), (頁), 2019年3月. ...
閲覧 松家 彩恵, 阪本 鷹行, 岡久 修己, 櫻谷 英治 : 自然界より単離した酵母の醸造特性評価, 日本農芸化学会2019年度大会, (巻), (号), (頁), 2019年3月. ...
閲覧 Eiji Sakuradani, Naomi Murakawa, Konomi Ueno, Takaiku Sakamoto, Yuki Soma, Yoshihiro Izumi, Takeshi Bamba, Akinori Ando, Shigenobu Kishino and Jun Ogawa : Molecular breeding using a fatty acid hydratase from a filamentous fungus, The 15th International Symposium on Biocatalysis and Agricultural Biotechnology, (巻), (号), (頁), Hiroshima, Sep. 2019. ...
閲覧 村川 直美, 阪本 鷹行, 上野 このみ, 安藤 晃規, 岸野 重信, 相馬 悠希, 和泉 自泰, 馬場 健史, 小川 順, 櫻谷 英治 : 糸状菌Fusarium solani D2株由来オレイン酸水和酵素の機能解析, 日本農芸化学会中四国支部第56回講演会(例会), (巻), (号), (頁), 2020年1月. ...
閲覧 中川 香澄, 多田 真奈巳, 阪本 鷹行, 竹内 道樹, 加納 健司, 小川 順, 櫻谷 英治 : 藍染液の電気化学的解析によるインジゴの測定, 日本農芸化学会2020年度大会, (巻), (号), (頁), 2020年3月. ...
閲覧 北口 直樹, 楠 真緒, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : アグロバクテリウム法を用いたシイタケ形質転換法の開発, 日本農芸化学会中四国支部第57回講演会(例会), (巻), (号), (頁), 2020年9月. ...
閲覧 東 洸希, 中村 和弘, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 : 油糧糸状菌のSeipin様タンパク質遺伝子の機能解析, 日本農芸化学会中四国支部第57回講演会(例会), (巻), (号), (頁), 2020年9月. ...
閲覧 古賀 武尊, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 田井 章博 : ヒマワリ種子由来のPC12細胞における神経突起形成促進作用物質, 日本農芸化学会中四国支部第57回講演会(例会), (巻), (号), (頁), 2020年9月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.64, Max(EID) = 372484, Max(EOID) = 996185.