『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 Journal of Spinal Disorders & Techniques ([Lippincott Williams & Wilkins])

登録情報の数

有効な情報: 5件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 6件

全ての有効な情報 (5件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(5)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Tatsuya Tamura, Nori Hirohashi, Kousaku Higashino and Natsuo Yasui : Anterior transvertebral herniotomy for cervical disc herniation: a long-term follow-up study, Journal of Spinal Disorders & Techniques, Vol.22, No.6, 408-412, 2009..[誌名] ...
閲覧 Z Ito, Kousaku Higashino, S Kato, SS Kim, E Wong, K Yoshioka and WC Hutton : Pedicle Screws Can be 4 Times Stronger Than Lateral Mass Screws for Insertion in the Midcervical Spine: A Biomechanical Study on Strength of Fixation., Journal of Spinal Disorders & Techniques, 2012..[誌名] ...
閲覧 (種別) : Satoshi Kato, Hideki Murakami, Kosaku Higashino, Motohiro Okada, Zenya Ito, Satoru Demura, Norio Kawahara, Katsuro Tomita, Hiroyuki Tsuchiya and William C. Hutton : The effect of spinal shortening after total en bloc spondylectomy: a biomechanical study in the thoracic spine., Journal of Spinal Disorders & Techniques, Vol.25, No.6, E183-90, (発行所), (都市), Aug. 2012..[誌名] ...
閲覧 Takashi Chikawa, Toshinori Sakai, N Nitin Bhatia, Ryo Miyagi, Koichi Sairyo, Yuichiro Goda, Masaru Nakamura, Shunji Nakano, Takeaki Shimakawa and Akira Minato : Clinical outcomes of spinal surgery in patients treated with hemodialysis., Journal of Spinal Disorders & Techniques, Vol.26, No.6, 321-324, 2013..[誌名] ...
閲覧 Jun Hirose, Takuya Taniwaki, Toru Fujimoto, Tatsuya Okada, Takayuki Nakamura, Koichiro Usuku and Hiroshi Mizuta : Validity of E-PASS System for Postoperative Morbidity of Spinal Surgery., Journal of Spinal Disorders & Techniques, Vol.28, No.10, E595-600, 2015..[誌名] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.67, Max(EID) = 382766, Max(EOID) = 1022356.