『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 島谷 佳光

登録情報の数

有効な情報: 26件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 28件

全ての有効な情報 (26件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(26)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 島谷 佳光, 梶 龍兒 : 小児難病を知る Charcot-Marie-Tooth病, Journal of Clinical Rehabilitation, Vol.19, No.8, 790-791, 2010年..[著者] ...
閲覧 宮﨑 由道, 宮城 愛, 島谷 佳光, 浅沼 光太郎, 野寺 裕之, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 川西 健登, 丸山 博文, 川上 秀史 : SOD1遺伝子変異(G93S)をともなった家族性筋萎縮性側索硬化症の1家系, 臨床神経学, Vol.50, No.3, 193, 2010年(0月)..[著者] ...
閲覧 島谷 美映, 宇高 二良, 島谷 佳光, 千田 いづみ, 島田 亜紀, 田村 公一, 武田 憲昭 : 嚥下障害を主訴とした破傷風例, 耳鼻咽喉科臨床, Vol.105, No.6, 571-575, 2012年..[著者] ...
閲覧 Naoko Matsui, Ai Miyashiro, Yoshimitsu Shimatani, Hiroyuki Nodera, Yuishin Izumi, Satoshi Kuwabara, Masayuki Baba, Tetsuo Komori, Masahiro Sonoo, Takahiro Mezaki, Jun Kawamata, Takefumi Hitomi, Tomihiro Imai, Nobuo Kohara, Kimiyoshi Arimura, Kokichi Arisawa, Susumu Kusunoki and Ryuji Kaji : Diagnostic spectrum of multifocal motor neuropathy, Clinical & Experimental Neuroimmunology, Vol.4, No.2, 210-215, 2013..[著者] ...
閲覧 宮﨑 由道, 松井 尚子, 藤田 浩司, 大崎 裕亮, 森 敦子, 丸山 恵子, 島谷 佳光, 野寺 裕之, 梶 龍兒 : ギラン・バレー症候群に対するIVIg前後の血清IgG値の変動と治療効果, 臨床神経学, Vol.54, No.Suppl., S107, 2014年(0月)..[著者] ...
閲覧 梶 龍兒, 宮﨑 由道, 松井 尚子, 藤田 浩司, 大崎 裕亮, 森 敦子, 丸山 恵子, 島谷 佳光, 野寺 裕之 : ギラン・バレー症候群に対するIVIg前後の血清IgG値の変動と治療効果, 免疫性神経疾患に関する調査研究班(平成25年度), 154-155, 東京, 2014年(0月)..[著者] ...
閲覧 梶 龍兒, 宮﨑 由道, 松井 尚子, 藤田 浩司, 大崎 裕亮, 森 敦子, 丸山 恵子, 島谷 佳光, 野寺 裕之 : ギラン・バレー症候群に対するIVIg前後の血清IgG値の変動と治療効果, 免疫性神経疾患に関する調査研究班(平成25年度), 2014年1月..[著者] ...
閲覧 梶 龍兒, 松井 尚子, 島谷 佳光, 野寺 裕之, 和泉 唯信 : IBMの診断における補助検査の有用性, 稀少難治性筋疾患に関する調査研究班(平成25年度), 2014年1月..[著者] ...
閲覧 Yohei Mukai, Yoshimitsu Shimatani, Wataru Sako, Kotaro Asanuma, Hiroyuki Nodera, Takashi Sakamoto, Yuishin Izumi, Tomoko Kohda, Shunji Kozaki and Ryuji Kaji : Comparison between botulinum neurotoxin type A2 and type A1 by electrophysiological study in healthy individuals., Toxicon, Vol.81, (号), 32-36, 2014..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Nodera, Naoko Takamatsu, Yoshimitsu Shimatani, Atsuko Mori, Kenta Sato, Masaya Oda, Yuka Terasawa, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji : Thinning of cervical nerve roots and peripheral nerves in ALS as measured by sonography., Clinical Neurophysiology, Vol.125, No.9, 1906-1911, 2014..[著者] ...
閲覧 Ai Miyashiro, Naoko Matsui, Yoshimitsu Shimatani, Hiroyuki Nodera, Yuishin Izumi, Satoshi Kawabata, Tomihiro Imai, Masayuki Baba, Tetsuo Komori, Masahiro Sonoo, Takahiro Maezaki, Jun Kawamata, Takefumi Hitomi, Nobuo Kohara, Kimiyoshi Arimura, Shuji Hashimoto, Kokichi Arisawa, Susumu Kusunoki and Ryuji Kaji : Are multifocal motor neuropathy patients underdiagnosed? An epidemiological survey in Japan, Muscle & Nerve, Vol.49, No.3, 357-361, 2014..[著者] ...
閲覧 高松 直子, 森 敦子, 野寺 裕之, 島谷 佳光, 和泉 唯信, 西尾 進, 山尾 雅美, 鳥居 裕太, 山田 博胤, 佐田 政隆 : 筋萎縮性側索硬化症の診断における神経超音波検査の有用性, 第87回日本超音波医学会学術集会, 2014年5月..[著者] ...
閲覧 Yoshimitsu Shimatani, Hiroyuki Nodera, Yoshiko Shibuta, Yoshimichi Miyazaki, Sonoko Misawa, Satoshi Kuwabara and Ryuji Kaji : Abnormal gating of axonal slow potassium current in cramp-fasciculation syndrome., Clinical Neurophysiology, Vol.126, No.6, 1246-1254, 2014..[著者] ...
閲覧 (種別) : Atsuko Mori, Hiroyuki Nodera, Naoko Takamatsu, Yoshimitsu Shimatani, Keiko Maruyama, Masaya Oda, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji : Focal nerve enlargement is not the cause for increased distal motor latency in ALS: Sonographic evaluation., Clinical Neurophysiology, Vol.126, No.8, 1632-1637, (発行所), (都市), Nov. 2014..[著者] ...
閲覧 Yusuke Osaki, Naoko Takamatsu, Yoshimitsu Shimatani, Atsuko Mori, Keiko Maruyama, Yoshimichi Miyazaki, Hiroyuki Nodera and Ryuji Kaji : Ultrasonographic evaluation of myokymic discharges., Clinical Neurophysiology, Vol.126, No.8, 1638-1639, 2014..[著者] ...
閲覧 (種別) : Yusuke Osaki, Hiroyuki Nodera, Chimeglkham Banzrai, Sachiko Endo, Hirokazu Takayasu, Atsuko Mori, Yoshimitsu Shimatani and Ryuji Kaji : Effects of anesthetic agents on in vivo axonal HCN current in normal mice., Clinical Neurophysiology, (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), Jan. 2015..[著者] ...
閲覧 (種別) : Yoshimitsu Shimatani, Hiroyuki Nodera, Yusuke Osaki, Chimeglkham Banzrai, Kazuhiro Takayasu, Sachiko Endo, Yoshiko Shibuta and Ryuji Kaji : Upregulation of axonal HCN current by methylglyoxal: Potential association with diabetic polyneuropathy., Clinical Neurophysiology, (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), March 2015..[著者] ...
閲覧 松井 尚子, 宮﨑 由道, 大崎 裕亮, 宮城 愛, 森 敦子, 丸山 恵子, 島谷 佳光, 藤田 浩司, 野寺 裕之, 梶 龍兒 : ギラン・バレー症候群に対するIVIg前後の血清IgG値の変動と治療効果, 第26回日本神経免疫学会学術集会, 2015年9月..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Kawarai, Ryosuke Miyamoto, Yoshimitsu Shimatani, Oki Ryosuke, Orlacchio Antonio, Yuishin Izumi, Nishida Yoshihiko, Adachi Katsuhiko and Ryuji Kaji : Three sibships showing various involuntary movements by a novel homozygous STUB1 gene mutation., 60th Annual Meeting of the Japan Society of Human Genetics, Dec. 2015..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Nodera, Naoko Takamatsu, Naoko Matsui, Atsuko Mori, Yuka Terasawa, Yoshimitsu Shimatani, Yusuke Osaki, Keiko Maruyama, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji : Intramuscular dissociation of echogenicity in the triceps surae characterizes sporadic inclusion body myositis, European Journal of Neurology, Vol.23, No.3, 588-596, 2016..[著者] ...
閲覧 Yoshimitsu Shimatani, Yuta Nakano, Naoko Tsuyama, Shigeo Murayama, Ryosuke Oki, Ryosuke Miyamoto, Nagahisa Murakami, Koji Fujita, Syunsuke Watanabe, Hisanori Uehara, Takashi Abe, Hiroyuki Nodera, Toshitaka Kawarai, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji : Extranodal NK/T-cell lymphoma, nasal type, manifesting as rapidly progressive dementia without any mass or enhancing brain lesion., Neuropathology, (巻), (号), (頁), 2016..[著者] ...
閲覧 梶 龍兒, 野寺 裕之, 高松 直子, 松井 尚子, 森 敦子, 寺澤 由佳, 島谷 佳光, 大崎 裕亮, 丸山 恵子, 和泉 唯信 : 下腿三頭筋エコー輝度の解離により孤発性封入体筋炎と炎症性筋炎とを鑑別できる, 稀少難治性筋疾患に関する調査研究班「IBM分科会」(平成27年度), 49-50, 2016年2月..[著者] ...
閲覧 Chimeglkham Banzrai, Hiroyuki Nodera, Toshitaka Kawarai, Saki Higashi, Ryo Okada, Atsuko Mori, Yoshimitsu Shimatani, Yusuke Osaki and Ryuji Kaji : Impaired Axonal Na(+) Current by Hindlimb Unloading: Implication for Disuse Neuromuscular Atrophy., Frontiers in Physiology, Vol.7, No.364, 45-49, 2016..[著者] ...
閲覧 松井 尚子, 野寺 裕之, 高松 直子, 寺澤 由佳, 森 敦子, 島谷 佳光, 大崎 裕亮, 丸山 サラデイーニ 恵子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 下腿三頭筋におけるエコー輝度の解離は封入体筋炎に特徴的である, 第57日本神経学会学術大会, 657, 2016年5月..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Kawarai, Ryosuke Miyamoto, Yoshimitsu Shimatani, Antonio Orlacchio and Ryuji Kaji : Choreoathetosis, Dystonia, and Myoclonus in 3 Siblings With Autosomal Recessive Spinocerebellar Ataxia Type 16., JAMA Neurology, Vol.73, No.7, 888-890, 2016..[著者] ...
閲覧 Yuishin Izumi, Hiroyuki Morino, Ryosuke Miyamoto, Yukiko Matsuda, Ryosuke Ohsawa, Takashi Kurashige, Yoshimitsu Shimatani, Ryuji Kaji and Hideshi Kawakami : Compound heterozygote mutations in the SIGMAR1 gene in an oldest-old patient with amyotrophic lateral sclerosis., Geriatrics & Gerontology International, Vol.18, No.10, 1519-1520, 2018..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.95, Max(EID) = 372535, Max(EOID) = 996374.