『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 郷田 秀一郎 ([長崎大学])

登録情報の数

有効な情報: 88件 + 無効な情報: 3件 = 全ての情報: 91件

全ての有効な情報 (88件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(68)
閲覧 閲覧 大阪大学 …(2)
閲覧 閲覧 九州大学 …(3)
閲覧 閲覧 京都大学 …(1)
閲覧 閲覧 独立行政法人 産業技術総合研究所 …(6)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(68)
閲覧 閲覧 徳島文理大学 …(10)
閲覧 (未定義) …(11)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Shuichiro Goda, Akio Shimizu, Masamichi Ikeguchi and Shintaro Sugai : The Superreactive Disulfide Bonds in α-Lactalbumin and Lysozyme, Journal of Protein Chemistry, Vol.14, No.8, 731-737, 1995..[著者] ...
閲覧 Michiro Muraki, Shuichiro Goda, Hitoshi Nagahora and Kazuaki Harata : Importance of van der Waals contact between Glu 35 and Trp 109 to the catalytic action of human lysozyme, Protein Science, Vol.6, No.2, 473-476, 1997..[著者] ...
閲覧 Shuichiro Goda, Kazufumi Takano, Yuriko Yamagata, Saori Maki, Keiichi Namba and Katsuhide Yutani : Amyloid fibril formation of hen egg lysozyme in concentrated ethanol solution, Protein Society(Protein Science), Vol.8, No.1, 99, Boston, July 1999..[著者] ...
閲覧 Shuichiro Goda, Kazufumi Takano, Yuriko Yamagata, Ryou Nagata, Hideo Akutsu, Saori Maki, Keiichi Namba and Katsuhide Yutani : Amyloid protofilament formation of hen egg lysozyme in highly concentrated ethanol solution, Protein Science, Vol.9, No.2, 369-375, 2000..[著者] ...
閲覧 Katsuhide Yutani, Goh Takayama, Shuichiro Goda, Yuriko Yamagata, Saori Maki, Keiichi Namba, Susumu Tsunasawa and Kyoko Ogasahara : The Process of Amyloid-like Fibril Formation by Methionine Aminopeptidase from a Hyperthermophile, Pyrococcus furiosus, Biochemistry, Vol.39, No.10, 2769-2777, 2000..[著者] ...
閲覧 Shuichiro Goda, Kazufumi Takano, Yuriko Yamagata, Yoshio Katakura and Katsuhide Yutani : Effect of extra N-terminal residues on the stability and folding of human lysozyme expressed in Pichia pastoris, Protein Engineering, Vol.13, No.4, 299-307, 2000..[著者] ...
閲覧 津本 浩平, 郷田 秀一郎, 熊谷 泉 : 第4章 タンパク質工学による酵素の分子改質, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2001年10月..[著者] ...
閲覧 郷田 秀一郎, 津本 浩平, 横田 亜紀子, 白石 充典, 前仲 勝実, 上野 貴将, 冨山 宏子, 滝口 雅文, 熊谷 泉 : ヒト白血球抗原(HLA)と各種受容体の大腸菌を用いた効率的な発現系の構築及び相互作用の熱力学的解析, 日本蛋白質科学会, (巻), (号), (頁), 2002年6月..[著者] ...
閲覧 津本 浩平, 伊藤 剛彦, 郷田 秀一郎, 三沢 悟, 熊谷 泉 : 蛋白質大量調製系への応用を目指した巻き戻しシステムの構築, 日本蛋白質科学会, (巻), (号), (頁), 2002年6月..[著者] ...
閲覧 Shuichiro Goda, Kazufumi Takano, Yuriko Yamagata, Saori Maki, Keiichi Namba and Katsuhide Yutani : Elongation in a beta-Structure Promotes Amyloid-Like Fibril Formation of Human Lysozyme., The Journal of Biochemistry, Vol.132, No.4, 655-661, 2002..[著者] ...
閲覧 津本 浩平, 梅津 光央, 郷田 秀一郎, 三沢 悟, 熊谷 泉 : 凝集蛋白質を再生する:不溶性顆粒の巻き戻し, 日本生化学会, (巻), (号), (頁), 2002年10月..[著者] ...
閲覧 郷田 秀一郎, 津本 浩平, 横田 亜紀子, 白石 充典, 前仲 勝実, 熊谷 泉 : ヒト白血球抗原(HLA)とNK細胞受容体の相互作用の熱量計を用いた解析, 日本生化学会, (巻), (号), (頁), 2002年10月..[著者] ...
閲覧 伊藤 剛彦, 津本 浩平, 郷田 秀一郎, 三沢 悟, 熊谷 泉 : 複数の構造ドメインからなる蛋白質の不溶性顆粒からの巻き戻し系の構築, 日本生化学会, (巻), (号), (頁), 2002年10月..[著者] ...
閲覧 久次米 旭, 柊 弓絃, 津下 英明, 市村 薫, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshii OT3 の ATP 依存性グルコキナーゼの構造特性, 第75回日本生化学会大会, Vol.74, No.8, 994, 2002年10月..[著者] ...
閲覧 下家 郁子, 河原林 裕, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキア由来2-デオキリシボース-5-リン酸アルドラーゼの大量発現系の構築及び諸性質の解明, 第75回日本生化学会大会, Vol.74, No.8, 1001, 2002年10月..[著者] ...
閲覧 川上 竜巳, 里村 武範, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshii OT3 の 色素依存性 L- プロリン脱水素酵素の精製と酵素遺伝子の同定, 日本生物工学会平成14年度大会, 2002年10月..[著者] ...
閲覧 里村 武範, 川上 竜巳, 藤崎 礼子, 中山 奈央子, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 好熱好酸性アーキアSulfolobus tokodaii strain 7 由来 D- 乳酸脱水素酵素の特徴, 日本生物工学会平成14年度大会, 2002年10月..[著者] ...
閲覧 里村 武範, 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアD-アミノ酸脱水素酵素の性質, 第3回極限環境微生物学会年会, 5-6, 2002年12月..[著者] ...
閲覧 三谷 有理, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 河原林 裕, 大島 敏久 : 好気性超好熱アーキアAeropyrum pernix由来のATP依存性グルコキナーゼ:発現系の構築及び諸性質の解明, 第3回極限環境微生物学会年会, (巻), (号), 67-68, 2002年12月..[著者] ...
閲覧 Haruhiko Sakuraba, Yuri Mitani, Shuichiro Goda, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : Cloning, Expression, and Characterization of the First Archaeal ATP-Dependent Glucokinase from Aerobic Hyperthermophilic Archaeon, Aeropyrum pernix, The Journal of Biochemistry, Vol.133, No.2, 219-224, 2003..[著者] ...
閲覧 Haruhiko Sakuraba, Hideaki Tsuge, Ikuko Shimoya, Ryushi Kawakami, Shuichiro Goda, Yutaka Kawarabayasi, Nobuhiko Katunuma, Hideo Ago, Masashi Miyano and Toshihisa Ohshima : The First Crystal Structure of Archaeal Aldolase: Unique Tetrameric Structure of 2-Deoxy-D-ribose-5-phosphate Aldolase from Hyperthermophilic Archaeon Aeropyrum pernix, The Journal of Biological Chemistry, Vol.278, No.12, 10799-10806, 2003..[著者] ...
閲覧 M. Umetsu, K. Tsumoto, M. Hara, K. Ashish, Shuichiro Goda, T. Adschiri and I. Kumagai : How additives influence the refolfing of immunoglobulin-folded proteins in a stepwise dialysis system, --- Spectroscopic evidence for highly efficient refolding of a single-chain Fv fragment ---, The Journal of Biological Chemistry, Vol.278, No.11, 8979-8987, 2003..[著者] ...
閲覧 櫻庭 春彦, 下家 郁子, 津下 英明, 勝沼 信彦, 郷田 秀一郎, 大島 敏久 : 超好熱アーキアAeropyrum pernix由来2-Deoxyribose-5-phosphate Aldolaseの結晶構造解析, 日本農芸化学会2003年度大会, (巻), (号), 100, 2003年4月..[著者] ...
閲覧 三谷 有理, 櫻庭 春彦, 郷田 秀一郎, 河原林 裕, 大島 敏久 : 超高熱アーキアで最初のATP依存性グルコキナーゼ:Aeropyrum pernix酵素の発現系の構築及び諸性質, 日本農芸化学会2003年度大会, (巻), (号), 100, 2003年4月..[著者] ...
閲覧 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, Mohammad W Bhuiya, 里村 武範, 川上 竜巳, 柊 弓絃, 大島 敏久 : 好熱菌由来グルタミン酸脱水素酵素の熱及び尿素による成熟化課程の物理化学的解明, 日本農芸化学会2003年度大会, 241, 2003年4月..[著者] ...
閲覧 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアThermococcus profundusの色素依存性L-プロリン/NADH脱水素酵素複合体の解析, 日本農芸化学会2003年度大会, 258, 2003年4月..[著者] ...
閲覧 大島 敏久, 櫻庭 春彦, 金井 匡平, 郷田 秀一郎, 河原林 裕 : 超好熱アーキアのゲノム情報に基づくNMN-アデニルトランスフェラーゼの機能解析, 日本ビタミン学会第55回大会, (巻), (号), (頁), 2003年5月..[著者] ...
閲覧 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, Mohammad W Bhuiya, 里村 武範, 川上 竜巳, 倉光 成紀, 柊 弓絃, 大島 敏久 : 大腸菌によって発現された低活性超好熱菌由来グルタミン酸脱水素酵素の熱及び尿素による活性化過程のX線小角散乱と熱量計による解析, 日本アーキア研究会第16回講演会, 26, 2003年6月..[著者] ...
閲覧 大島 敏久, 櫻庭 春彦, 下家 郁子, 郷田 秀一郎, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱アーキアAeropyrum pernixの2-デオキシ-D-リボース-5-リン酸アルドラーゼの機能と立体構造解析, 第3回日本蛋白質科学会年会, (巻), (号), 106, 2003年6月..[著者] ...
閲覧 Haruhiko Sakuraba, Kyouhei Kanai, Shuichiro Goda, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : A nicotinamide mononucleotide adenylyltransferase with unique adenylyl group donor specificity from a hyperthermophilic archaeon, Pyrococcus horikoshii OT3, Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic, Vol.23, No.2-6, 273-279, 2003..[著者] ...
閲覧 Toshihisa Ohshima, Yoshihiro Ito, Haruhiko Sakuraba, Shuichiro Goda and Yutaka Kawarabayasi : The Sulfolobus tokodaii gene ST1704 codes highly thermostable glucose dehydrogenase, Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic, Vol.23, No.2-6, 281-289, 2003..[著者] ...
閲覧 Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Mohammad W Bhuiya, Ryushi Kawakami, Seiki Kuramitsu, Yuzuru Hiragi and Toshihisa Ohshima : Heat and Urea Induced Activations by Subunit Rearrangement of Hyperthermophilic Glutamate Dehydrogenase Produced in Escherichia Coli, Thermophiles 2003, Vol.P2.17, 143, Exeter, United Kingom, Sep. 2003..[著者] ...
閲覧 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshii OT-3に存在する2種類の色素依存性L-プロリン脱水素酵素の特徴, 日本生物工学会平成15年度大会, 45, 2003年9月..[著者] ...
閲覧 Toshihisa Ohshima, Haruhiko Sakuraba, Hideaki Tsuge, Shuichiro Goda and Nobuhiko Katunuma : Function and structure of D-2-deoxyribose-5-phosphate aldolase from a marine hyperthermophilic archaeon, Aeropyrum pernix, Marine Biotechnology Conference 2003, (巻), (号), (頁), Chiba, Sep. 2003..[著者] ...
閲覧 郷田 秀一郎, Koji Ono, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 河原林 裕, 大島 敏久 : Pyrococcus horikoshii agmatinase: gene expression in E. coli and characterization, 第76回日本生化学会大会, Vol.75, No.8, 1066, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 櫻庭 春彦, Ikuko Shimoya, Hideaki Tsuge, 郷田 秀一郎, Nobuhiko Katunuma, 大島 敏久 : Unique Tetrameric Structure of 2-Deoxyribose-5-Phosphate Aldorase from The Hyperthermophilic Archaea Aeropyrum pernix, 第76回日本生化学会大会, Vol.75, No.8, 1079, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 櫻庭 春彦, Kazunari Yoneda, Hideaki Tsuge, Nobuhiko Katunuma, 郷田 秀一郎, 大島 敏久 : Crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of ADP-dependent glucokinase/phosphofructokinase, a bifunctional enzyme from the hyperthermophilic archaeon Methanococcus jannaschii, 第76回日本生化学会大会, Vol.75, No.8, 1079, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 郷田 秀一郎 : 大腸菌で発現された低活性超好熱菌由来グルタミン酸脱水素酵素の活性化機構の解析, 超好熱古細菌の構造ゲノミクスのためのワークショップ, (巻), (号), (頁), 2003年11月..[著者] ...
閲覧 大島 敏久, 伊藤 佳洋, 櫻庭 春彦, 郷田 秀一郎, 河原林 裕 : 超好熱アーキアSulfolobus tokodaiiの新規NAD(P)依存性グルコース脱水素酵素の機能解析, 極限環境微生物学会2003年度年会, (巻), (号), (頁), 2003年12月..[著者] ...
閲覧 米田 一成, 櫻庭 春彦, 郷田 秀一郎, 津下 英明, 勝沼 信彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアMethanococcus janaschii由来bifunctional ADP依存性Glucokinase/PhosphofructokinaseのX線結晶構造解析, 日本農芸化学会2004年度大会, (巻), (号), 98, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshii OT-3の色素依存性L-プロリン脱水素酵素の性質と構造, 日本農芸化学会2004年度大会, 118, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 西川 良美, 郷田 秀一郎, Mohammad W Bhuiya, 櫻庭 春彦, 柊 弓絃, 大島 敏久 : 大腸菌で発現される超好熱アーキア由来のグルタミン酸脱水素酵素の活性化機構, 日本農芸化学会2004年度大会, (巻), (号), 118, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 本多 恭子, 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 新居 修, 大島 敏久 : 藍染め染色液中の好アルカリ性菌の分離とインジゴ還元酵素の諸性質の解明, 日本農芸化学会2004年度大会, 263, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 河原林 裕, 大島 敏久 : 超好熱アーキア由来アグマチナーゼの大腸菌を用いた発現系の構築とその酵素機能の解析, 日本農芸化学会2004年度大会, (巻), (号), 263, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 大島 敏久, 櫻庭 春彦, 郷田 秀一郎 : 高機能エンザイム創製へのニューアプローチ, --- 超好熱菌酵素の構造解析とそれに基づく新規耐熱性酵素の創製 ---, 日本農芸化学会2004年度大会, (巻), (号), 429, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 Ryushi Kawakami, Hideaki Tsuge, Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Nobuhiko Katunuma and Toshihisa Ohshima : Novel dye-linked L-proline dehydrogenase from anaerobic hyperthermophilic archaea, Thermococcus profundus and Pyrococcus horikoshii OT-3, The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science, Yokohama, April 2004..[著者] ...
閲覧 Haruhiko Sakuraba, Shuichiro Goda and Toshihisa Ohshima : Unique sugar metabolism and novel enzymes of hyperthermophilic archaea, Chemical Record, Vol.3, No.5, 281-287, May 2004..[著者] ...
閲覧 郷田 秀一郎, 西川 良美, 櫻庭 春彦, 柊 弓絃, 大島 敏久 : 大腸菌で発現された超好熱アーキア由来酵素の活性化機構の解明, 日本生化学会中国四国支部大会, (巻), (号), (頁), 2004年5月..[著者] ...
閲覧 川上 竜巳, 津下 英明, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 勝沼 信彦, 安藝 謙嗣, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshii OT-3から発見されたフラビン酵素,色素依存性L-プロリン脱水素酵素の機能と構造解析, 日本ビタミン学会第56回大会, Vol.78, No.4, 253, 2004年5月..[著者] ...
閲覧 郷田 秀一郎 : X線小角散乱法を用いた低活性超好熱アーキア由来リコンビナント酵素の活性化機構の解明, 日本生物工学会西日本支部·日本農芸化学会中四国支部合同若手交流会, (巻), (号), (頁), 2004年6月..[著者] ...
閲覧 大島 敏久, 櫻庭 春彦, Mohammad W Bhuiya, 郷田 秀一郎, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱アーキアPyrobaculum islandicumのNAD依存性グルタミン酸脱水素酵素の構造と機能相関, 日本Archaea研究会第17回講演会, (巻), (号), (頁), 2004年7月..[著者] ...
閲覧 大島 敏久, 本仲 純子, 郷田 秀一郎, 和田 友良 : 新規酵素バイオセンサーの開発, 徳島大学地域共同研究センター研究成果報告書, Vol.13, 68-69, 徳島, 2004年8月..[著者] ...
閲覧 Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : Cloning, Expression, and Characterization of the First Archaeal Agmatinase from Anaerobic Hyperthermophilic Archaeon Pyrococcus horikoshii, International Congress on Biocatalysis 2004 (biocat 2004), Vol.P115, (号), 246, Hamburg, Aug. 2004..[著者] ...
閲覧 田頭 祐哉, 大島 敏久, 櫻庭 春彦, 郷田 秀一郎 : 超好熱性アーキアArchaeoglobus fulgidusのL-アスパラギン酸脱水素酵素ホモログ(AF1838)の機能解析, 日本農芸化学会2004年度中四国支部大会, (巻), (号), (頁), 2004年9月..[著者] ...
閲覧 川内 由香, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 土壌由来環境DNAからのアラニン脱水素酵素遺伝子の検索, 日本生物工学会平成16年度大会, (巻), (号), 57, 2004年9月..[著者] ...
閲覧 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 低温菌Janthinobacterium lividum UTB1302由来のグルタミン酸脱水素酵素の特徴, 日本生物工学会平成16年度大会, 109, 2004年9月..[著者] ...
閲覧 Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, Shintaro Kamohara, Shuichiro Goda, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : Oxidative stress response in an anaerobic hyperthermophilic archaeon, --- presence of a functional peroxiredoxin in Pyrococcus horikoshii ---, The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.4, 541-547, 2004..[著者] ...
閲覧 Yaruhiro Shimizu, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : Cloning, Expression, and Characterization of L-Threonine Dehydrogenase from a Hyperthermophilic Archaeon Pyrococcus horikoshii OT-3, 第77回日本生化学会大会, Vol.76, No.8, 825, 2004年10月..[著者] ...
閲覧 大島 敏久, 田頭 祐哉, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦 : 超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidusのNAD(P)依存性L-アスパラギン酸脱水素酵素ホモログ遺伝子の機能解析, 第4回極限環境微生物学会年会, Vol.3, No.2, 45-46, 2004年11月..[著者] ...
閲覧 西川 良美, 郷田 秀一郎, 米田 一成, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦, 柊 弓絃, 大島 敏久 : 大腸菌で生産されるPyrobaculum islandicum由来のグルタミン酸脱水素酵素の活性化機構, 日本生物物理学会第42回年会, (巻), (号), (頁), 2004年12月..[著者] ...
閲覧 Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : The first archaeal agmatinase from anaerobic hyperthermophilic archaeon Pyrococcus horikoshii, --- cloning, expression, and characterization ---, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1748, No.1, 110-115, 2005..[著者] ...
閲覧 郷田 秀一郎, 薮谷 智規, 櫻庭 春彦, 本仲 純子, 大島 敏久 : 超好熱菌酵素を素子とするバイオセンサーの開発:ポリアミン関連酵素の機能解析とD-プロリン脱水素酵素機能電極センサーの開発, 徳島大学工学部研究報告, Vol.50, 2005年..[著者] ...
閲覧 郷田 秀一郎, 西川 良美, 小島 正樹, 櫻庭 春彦, 柊 弓絃, 大島 敏久 : X線小角散乱法を用いた超好熱アーキア由来リコンビナント酵素の活性化による構造変化の解明, 日本農芸化学会2005年度大会, (巻), (号), (頁), 2005年3月..[著者] ...
閲覧 櫻庭 春彦, 川上 竜巳, 津下 英明, 郷田 秀一郎, 勝沼 信彦, 安藝 謙嗣, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshiiに存在する新規ATP含有アミノ酸脱水素酵素, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月..[著者] ...
閲覧 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性D-プロリン脱水素酵素固定化電極の作製とその電気化学特性評価, 第66回分析化学討論会, 2005年5月..[著者] ...
閲覧 川上 竜巳, 田頭 祐哉, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidusのNAD生合成に機能すると予想されるL-AspDHホモログの機能解析, 日本ビタミン学会第57回大会, 2005年5月..[著者] ...
閲覧 Yuji Tani, Tomoki Yabutani, Yuji Mishima, Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima and Junko Motonaka : Preparation and electrochemical characteristics of thermostable D-Proline dehydrogenase immobilized electrode, Advanced Materials Development & Performance Conference 2005, Auckland, July 2005..[著者] ...
閲覧 Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, Hideaki Tsuge, Shuichiro Goda, Nobuhiko Katunuma and Toshihisa Ohshima : A second novel dye-linked L-proline dehydrogenase complex is present in the hyperthermophilic archaeon Pyrococcus horikoshii OT-3, The FEBS Journal, Vol.272, No.16, 4044-4054, 2005..[著者] ...
閲覧 Yasuhiro Shimizu, Haruhiko Sakuraba, Ryushi Kawakami, Shuichiro Goda, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : L-Threonine dehydrogenase from the hyperthermophilic archaeon Pyrococcus horikoshii OT3, --- gene cloning and enzymatic characterization ---, Extremophiles, Vol.9, No.4, 317-324, 2005..[著者] ...
閲覧 Shuichiro Goda, Masaki Kojima, Yoshimi Nishikawa, Chizu Kujo, Ryushi Kawakami, Seiki Kuramitsu, Haruhiko Sakuraba, Yuzuru Hiragi and Toshihisa Ohshima : Intersubunit Interaction Induced by Subunit Rearrangement Is Essential for the Catalytic Activity of the Hyperthermophilic Glutamate Dehydrogenase from Pyrobaculum islandicum., Biochemistry, Vol.44, No.46, 15304-15313, 2005..[著者] ...
閲覧 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 高温溶解性ゲルを用いた耐熱性膜酵素電極の構築とその特性評価, 第51回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, 2005年11月..[著者] ...
閲覧 桃沢 茂行, 桃沢 茂行, 清水 泰博, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : :Pyrococcus horikoshii OT-3由来,Quinolinate phosphoriboosyltransferaseの諸性質の解明, 日本農芸化学会関西支部第442回講演会, (巻), (号), (頁), 2005年12月..[著者] ...
閲覧 Shin-ichi Sakasegawa, Hidehiko Ishikawa, Shigeyuki Imamuna, Haruhiko Sakuraba, Shuichiro Goda and Toshihisa Ohshima : Bilirubin oxidase activity of Bacillus subtilis CotA, Applied and Environmental Microbiology, Vol.72, No.1, 972-975, 2006..[著者] ...
閲覧 吉行 貴司, 伊藤 佳洋, 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアSulfolobus tokodaii strain7 由来2-keto-3-deoxygluconate (KDG) aldolase の機能解析, 日本農芸化学会2006年度大会, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 Yoneda Kazunari, Ryushi Kawakami, Tagashira Yuya, Haruhiko Sakuraba, Shuichiro Goda and Toshihisa Ohshima : The first archaeal l-aspartate dehydrogenase from the hyperthermophile Archaeoglobus fulgidus: gene cloning and enzymological characterization, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1764, No.6, 1087-1093, 2006..[著者] ...
閲覧 櫻庭 春彦, 郷田 秀一郎, 川上 竜巳, 大島 敏久, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱菌タンパク質の耐熱化の分子戦略, 化学と生物, Vol.44, No.5, 305-312, 2006年5月..[著者] ...
閲覧 郷田 秀一郎, 西川 良美, 櫻庭 春彦, 小島 正樹, 柊 弓絃, 大島 敏久 : 大腸菌内で不活性な構造で生産される超好熱アーキア Pyrobaculum islandicum 由来グルタミン酸脱水素酵素の活性化機構の解明, 日本ビタミン学会第58回大会, (巻), (号), (頁), 2006年5月..[著者] ...
閲覧 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 低温菌Janthinobacterium lividum UTB1302が生産するNAD依存性グルタミン酸脱水素酵素の遺伝子クローニング, 日本ビタミン学会第58回大会, 2006年5月..[著者] ...
閲覧 清水 泰博, 吉田 晴美, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 柊 弓弦, 大島 敏久 : 超好熱アーケアAeropyrum pernixK1由来5'-deoxy-5'-methylthioadenosinephosphorylase(MTAP)の機能解析, 日本Archaea研究会第19回講演会, 2006年8月..[著者] ...
閲覧 Yoneda K., Ryushi Kawakami, Tagashira Y., Haruhiko Sakuraba, Shuichiro Goda, Hideaki Tsuge, Katunuma N. and Toshihisa Ohshima : The first crystal structure of an archaeal L-aspartate dehydrogenase from the hyperthermophile Archaeoglobus fulgidus, EXTREMOPHILES 2006 CONFERENCE, Brest, Sep. 2006..[著者] ...
閲覧 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性D-プロリン脱水素酵素-寒天固定化電極の作製とその特性評価, 日本分析化学会第55年会, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性NAD依存性酵素/ジアホラーゼ電極の作製とその特性評価, 2006年日本化学会西日本大会, 2006年11月..[著者] ...
閲覧 Toshihisa Ohshima, Ryushi Kawakami, Yuichiro Kanai, Shuichiro Goda and Haruhiko Sakuraba : Gene expression and characterization of 2-keto-3-deoxygluconate kinase, a key enzyme in the modified Entner-Doudoroff pathway of the aerobic and acidophilic hyperthermophile Sulfolobus tokodaii., Protein Expression and Purification, Vol.54, No.1, 73-78, 2007..[著者] ...
閲覧 黒田 早織, 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshiiのNAD合成酵素(NADS)の機能解析, 日本農芸化学会2007年度大会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性D-プロリン脱水素酵素固定化電極の極性有機溶媒環境下における特性評価, 第68回分析化学討論会, 2007年5月..[著者] ...
閲覧 一瀬 彩香, 海野 英昭, 郷田 秀一郎, 中川 秀幸, 畠山 智充 : ラッパウニ叉棘由来ガラクトース特異的レクチンSUL-Iの遺伝子クローニングと機能解析, 第87回日本生化学大会要旨集, 303, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 Tomomitsu Hatakeyama, Ayaka Ichise, Tomokazu Yonekura, Hideaki Unno, Shuichiro Goda and Hideyuki Nakagawa : cDNA cloning and characterization of a rhamnose-binding lectin SUL-I from the toxopneustid sea urchin Toxopneustes pileolus venom, Toxicon, Vol.94, No.1, 8-15, 2015..[著者] ...
閲覧 Tomomitsu Hatakeyama, Ayaka Ichise, Hideaki Unno, Shuichiro Goda, Tatsuya Oda, Hiroaki Tateno, Jun Hirabayashi, Hitomi Sakai and Hideyuki Nakagawa : Carbohydrate recognition by the rhamnose-binding lectin SUL-I with a novel three-domain structure isolated from the venom of globiferous pedicellariae of the flower sea urchin Toxopneustes pileolus, Protein Science, Vol.276, No.8, 1574-1583, 2017..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.22, Max(EID) = 383305, Max(EOID) = 1024514.