『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 日本癌学会総会記事 ([日本癌学会])

登録情報の数

有効な情報: 18件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 18件

全ての有効な情報 (18件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(17)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 (種別) : 安居 幸一郎, 井本 逸勢, 成戸 卓也, Pimkhaokham Atiphan, 福田 陽司, 嶋田 裕, 今村 正之, 添田 栄一, 中村 祐輔, 稲澤 譲治 : 食道癌における新規遺伝子増幅領域14q12-21の解析, 日本癌学会総会記事, (巻), (号), 112, (発行所), (都市), 2000年(0月)..[誌名] ...
閲覧 寺井 健太, 松田 道行 : FRETを利用したRafの制御機序の時空間的解析, 日本癌学会総会記事, 2003年(0月)..[誌名] ...
閲覧 寺井 健太, 松田 道行 : FRETを用いたc-Raf-1の構造変化解析, 日本癌学会総会記事, 2004年(0月)..[誌名] ...
閲覧 寺井 健太, 松田 道行 : FRETを用いたc-Raf-1の構造変化解析, 日本癌学会総会記事, Vol.63rd, 142, 2004年8月..[誌名] ...
閲覧 (種別) : タランヌム フェルドウス, 玉谷 哲也, 内田 大亮, 永井 宏和, 宮本 洋二 : 口腔癌細胞におけるドセタキセルと5-FUの投与順序による抗腫瘍効果の検討(Anti-tumor efficacy of sequential treatment with docetaxel and 5-FU combination therapy against human oral cancer cells), 日本癌学会総会記事, (巻), (号), 477, (発行所), (都市), 2009年(0月)..[誌名] ...
閲覧 (種別) : 内田 大亮, 尾上 富太郎, 栗林 伸行, 大江 剛, 玉谷 哲也, 東 雅之, 永井 宏和, 宮本 洋二 : ベスナリノンはCXCR4の発現抑制を介して唾液腺癌細胞の遠隔転移を抑制する(Vesnarinone inhibits distant metastasis of salivary gland cancer cells via downregulation of CXCR4 expression), 日本癌学会総会記事, (巻), (号), 439, (発行所), (都市), 2009年(0月)..[誌名] ...
閲覧 (種別) : 尾上 富太郎, 内田 大亮, 栗林 伸行, 大江 剛, 玉谷 哲也, 東 雅之, 永井 宏和, 宮本 洋二 : ヒト唾液腺癌細胞株における癌幹細胞マーカーの発現とヌードマウス造腫瘍能との関連性(Association of expression of cancer stem cell markers with tumorigenicity of salivary gland cancer cells in nude mice), 日本癌学会総会記事, (巻), (号), 272-273, (発行所), (都市), 2009年(0月)..[誌名] ...
閲覧 Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 and 浅野間 理仁 : miRNA expression profiles of non-tumor liver tissues in patients with hepatocellular carcinoma ( 70 ), Proceedings of the Japanese Cancer Association, (巻), (号), 448, Oct. 2011..[誌名] ...
閲覧 齋藤 裕, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, 花 岡潤, 杉本 光司, 浅野間 理仁 and 山田 眞一郎 : 肝虚血再灌流傷害におけるヒト脂肪由来幹細胞ホーミング効果の機序解明 (第70回 日本癌学会学術総会), Proceedings of the Japanese Cancer Association, (巻), (号), 403-404, Oct. 2011..[誌名] ...
閲覧 杉本 光司, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 and 浅野間 理仁 : Valproic acid enhances the anti-tumor effect of pegylated interferon-alpha toward pancreatic cancer cell lines, Proceedings of the Japanese Cancer Association, (巻), (号), 140, Oct. 2011..[誌名] ...
閲覧 Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 岩橋 衆一 and Hidenori Miyake : Role of CD 151 expression in gallbladde carcinoma, Proceedings of the Japanese Cancer Association, (巻), (号), 122, Oct. 2011..[誌名] ...
閲覧 Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, 岩橋 衆一, 齋藤 裕 and 浅野間 理仁 : Indoleamine 2, 3-dioxygenase (IDO) induced active regulatory Tcells play an important role in pancreatic neoplasms, Proceedings of the Japanese Cancer Association, (巻), (号), 80, Oct. 2011..[誌名] ...
閲覧 Takashi Iwata, Mitsuo Shimada, Chie Mikami, Kashihara Hideya, Tomohiko Miyatani, Jun Higashijima, Kouzou Yoshikawa, Shinya Morimoto, Masanori Nishioka, Horohiko Sato and Nobuhiro Kurita : THBS1 can be both prognostic and predictive factor of stage IV gastric cancer, Proceedings of the Japanese Cancer Association, 58, Oct. 2011..[誌名] ...
閲覧 Horohiko Sato, Mitsuo Shimada, Nobuhiro Kurita, Takashi Iwata, Masanori Nishioka, Shinya Morimoto, Kouzou Yoshikawa, Tomohiko Miyatani, Jun Higashijima, Kashihara Hideya and Chie Takasu : Investigation of relationship between Histone acetylation and Sonic Hedgehog pathway in colorectal cancer, Proceedings of the Japanese Cancer Association, 140, Oct. 2011..[誌名] ...
閲覧 Komatsu Masato, Tetsuro Yoshimaru, Taisuke Matsuo, Miyoshi Yasuo, Mitsuo Shimada, Nakamura Yusuke, Sasa Mitsunori, Miyano Satoru and Toyomasa Katagiri : Novel therapeutic strategy for Triple Negative Breast Cancer, Proceedings of the Japanese Cancer Association, 237, Oct. 2011..[誌名] ...
閲覧 Tomohiko Miyatani, Mitsuo Shimada, Nobuhiro Kurita, Takashi Iwata, Horohiko Sato, Masanori Nishioka, Kouzou Yoshikawa, Jun Higashijima, Hideya Kashihara and Chie Mikami : Preoperative microRNA-223 predicts pathological response to the chemoradiotherapy in rectal cancer, Proceedings of the Japanese Cancer Association, 268, Oct. 2011..[誌名] ...
閲覧 大林 真理子, 吉田 真希, 工藤 保誠, 高田 隆 : 口腔癌における浸潤抑制因子としてのmiR-203の同定, 日本癌学会総会記事, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[誌名] ...
閲覧 工藤 保誠, 常松 貴明, 近藤 智之, 石丸 直澄, 高田 隆 : 染色体パッセンジャータンパクであるBorealinは,APC/C-Cdh1ユビキチンリガーゼ複合体により制御される, 日本癌学会総会記事, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[誌名] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.38, Max(EID) = 406933, Max(EOID) = 1103067.