『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 脳卒中 (日本脳卒中学会)

登録情報の数

有効な情報: 10件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 10件

全ての有効な情報 (10件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(10)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 松下 展久, 松原 俊二, 花岡 真実, 宇野 昌明, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 椎骨脳底動脈閉塞症に対する急性期血行再建術の適応と有効性 -Stroke MRIによる検討-, 脳卒中, Vol.29, No.6, 704-710, 2007年..[誌名] ...
閲覧 宇野 昌明, 原田 雅史, 森田 奈緒美, 西 京子, 松原 俊二, 中根 俊成, 和泉 唯信, 藤田 浩司, 永廣 信治 : 3T-MRIによるstroke MRIの有用性と問題点, 脳卒中, Vol.29, No.6, 824-829, 2007年..[誌名] ...
閲覧 河北 直也, 藤田 浩司, 三ツ井 貴夫, 和泉 唯信, 鈴江 淳彦, 宇野 昌明, 佐藤 浩一, 永廣 信治, 山田 博胤, 森田 奈緒美, 梶 龍兒 : 3 Tesla T2 *強調MRIで中大脳動脈内塞栓子を呈した若年性脳塞栓症の1例, 脳卒中, Vol.29, No.3, 469-473, 2007年..[誌名] ...
閲覧 木内 智也, 鈴江 淳彦, 宇野 昌明, 永廣 信治 : もやもや病疑診例の母親から生まれたもやもや病確診例の姉妹の1家系, 脳卒中, Vol.30, No.3, 505-510, 2008年..[誌名] ...
閲覧 宇野 昌明, 永廣 信治, 三宅 珠代, 佐藤 雅美, 丸傳 信江 : チクロピジンからクロピドグレルへの切り替えによる有効性・安全性の検討, 脳卒中, Vol.31, No.5, 291-297, 2009年..[誌名] ...
閲覧 田村 綾子 : 脳卒中医療チームにおける看護の役割 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の教育内容, 脳卒中, Vol.32, No.6, 579-581, 2010年10月..[誌名] ...
閲覧 影治 照喜, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 寺澤 由佳, 原田 雅史 : 徳島大学病院における脳卒中救急システムの進化, 脳卒中, Vol.36, No.3, 223-229, 2014年..[誌名] ...
閲覧 山本 伸昭, 里見 淳一郎, 寺澤 由佳, 曽我部 周, 中島 公平, 佐藤 泰仁, 板東 一彦, 阿川 昌仁, 浅野 登, 本藤 秀樹, 和泉 唯信 : 脳梗塞発症後早期からの抗血小板薬使用が予後に及ぼす影響の検討, 脳卒中, Vol.36, No.6, 419-424, 2014年..[誌名] ...
閲覧 山本 伸昭, 里見 淳一郎, 寺澤 由佳, 曽我部 周, 中島 公平, 佐藤 泰仁, 板東 一彦, 阿川 昌仁, 浅野 登, 本藤 秀樹, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 永廣 信治 : 脳梗塞発症後早期からの抗血小板薬使用が予後に及ぼす影響の検討, 脳卒中, Vol.36, No.6, 419-424, 2014年..[誌名] ...
閲覧 影治 照喜, 岡 博文, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 谷 憲治, 坂東 弘康, 小幡 史明, 三橋 乃梨子 : スマートデバイスとインターネットを用いた医療過疎地域での脳卒中支援システムの導入, 脳卒中, Vol.37, No.2, 89-95, 2015年..[誌名] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 2.06, Max(EID) = 361616, Max(EOID) = 967827.