『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 中村 信元 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])

登録情報の数

有効な情報: 241件 + 無効な情報: 36件 = 全ての情報: 277件

全ての有効な情報 (241件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(40)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(40)
閲覧 (未定義) …(199)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 中村 信元, Noriaki Horiuchi, Daisuke Katsura, Kana Shichijo, 吉田 守美子, Eiji Harada, 松下 隆哉, Yasuyuki Matsuzaki, Yasutami Tamaki, Shigeaki Kimura, Toshiaki Takeichi, Hiroshi Fujimoto, Kazuhiko Masuda, Naohito Iwasaka, Sadao Shinomiya : [A long-surviving patient with lung pleomorphic carcinoma treated with postoperative carboplatin and paclitaxel combination chemotherapy]., 癌と化学療法, Vol.35, No.6, 965-968, 2008年..[著者] ...
閲覧 (種別) : 中村 信元, 堀内 宣昭, 桂 大輔, 七條 加奈, 吉田 守美子, 原田 英嗣, 松下 隆哉, 大島 康志, 松崎 泰之, 玉木 康民, 木村 成昭, 武市 俊彰, 藤本 浩史, 増田 和彦, 岩坂 尚仁, 四宮 禎雄 : Carboplatin,Paclitaxelによる術後化学療法により長期生存を得ている肺多形癌の1例 本邦報告例23例の文献的検討, 癌と化学療法, Vol.35, No.6, 965-968, (株)癌と化学療法社, (都市), 2008年6月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 中村 信元, 堀内 宣昭 : Cryptogenic organizing pneumoniaに対するステロイド治療中に発症した縦隔気腫,皮下気腫,後腹膜気腫の1例, 呼吸, Vol.27, No.7, 720-721, (一社)呼吸研究, (都市), 2008年7月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 中村 信元, 堀内 宣昭 : Photo Report 脂肪抑制T2強調MRIが診断に有用であった好酸球性筋膜炎の1例, 臨床雑誌 内科, Vol.102, No.1, 161, (株)南江堂, (都市), 2008年7月..[著者] ...
閲覧 中村 信元, Shigeaki Kimura, Masahiro Kashima, Kana Shichijo, 吉田 守美子, Eiji Harada, 松下 隆哉, Yasutami Tamaki, Noriaki Horiuchi, Toshiaki Takeichi, Hiroshi Fujimoto, Kazuhiko Masuda, Naohito Iwasaka, Sadao Shinomiya : [A case of peritonitis carcinomatosa from goblet cell carcinoid of the appendix treated by intraperitoneal paclitaxel and systemic S-1 chemotherapy]., 癌と化学療法, Vol.35, No.13, 2425-2428, 2008年..[著者] ...
閲覧 (種別) : 中村 信元, 木村 成昭, 鹿島 正弘, 七條 加奈, 吉田 守美子, 原田 英嗣, 松下 隆哉, 大島 康志, 玉木 康民, 堀内 宣昭, 武市 俊彰, 藤本 浩史, 増田 和彦, 岩坂 尚人, 四宮 禎雄 : 癌性腹膜炎で発症しPaclitaxelの腹腔内投与とS-1の全身投与を施行した虫垂杯細胞カルチノイドの1例, 癌と化学療法, Vol.35, No.13, 2425-2428, (株)癌と化学療法社, (都市), 2008年12月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 中村 信元, 木村 成昭, 七條 加奈, 吉田 守美子, 福永 絵里, 原田 英嗣, 大島 康志, 松崎 泰之, 玉木 康民, 増田 和彦 : 出血性胃潰瘍に刺入していた胃アニサキス症の1例, 消化器内視鏡, Vol.21, No.3, 486-490, (株)東京医学社, (都市), 2009年3月..[著者] ...
閲覧 賀川 久美子, 矢田 健一郎, 田中 修, 中村 信元, 三木 浩和, 竹内 恭子, 安倍 正博, 尾崎 修治, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗 : 心筋への広範な直接浸潤を来したNK/T cell lymphoma 鼻型の一例, 第48回に本血液学会中国四国地方会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 倉橋 清衛, 中村 信元, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : 一酸化炭素中毒を契機に発見された急性心筋梗塞の一例, 第9回徳島総合診療研究会, 2009年7月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 中村 信元, 堀内 宣昭 : Gefitinib治療中に疼痛補助薬によるDrug-induced hypersensitivity syndromeを発症した1例, 肺癌, Vol.49, No.6, 857-862, (NPO)日本肺癌学会, (都市), 2009年10月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 中村 信元, 倉橋 清衛, 田中 修, 三木 浩和, 賀川 久美子, 竹内 恭子, 矢田 健一郎, 尾崎 修治, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 血液疾患に併発した抗菌剤不応の感染症に対するリポソーマルアムホテリシンBの有用性, 血液フロンティア, Vol.19, No.11, 1742-1746, (株)医薬ジャーナル社, (都市), 2009年10月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 中村 信元, 武市 俊彰, 山中 千尋, 七條 加奈, 高橋 幸志, 日浅 由紀子, 松下 隆哉, 堀内 宣昭, 玉木 康民, 木村 成昭, 藤本 浩史, 増田 和彦, 四宮 禎雄 : 化学療法開始後15ヵ月目に多発性肝細胞癌を発症した高齢者急性骨髄性白血病(M4Eo), 臨床血液, Vol.50, No.11, 1616-1620, (一社)日本血液学会-東京事務局, (都市), 2009年11月..[著者] ...
閲覧 中村 信元, 安倍 正博, Cui Qu, 渡邉 佳一郎, 池亀 彰茂, 日浅 雅博, 三木 浩和, 中野 綾子, 小田 明日香, 天羽 宏枝, 神野 雅, 原田 武志, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 竹内 恭子, 尾崎 修治, 松本 俊夫 : ボルテゾミブによる骨芽細胞分化の促進は過剰な小胞体ストレスによって抑制される, 第28回日本骨代謝学会, (巻), (号), (頁), 2010年7月..[著者] ...
閲覧 渡邉 佳一郎, 安倍 正博, Kawatani Makoto, 日浅 雅博, 中村 信元, 田中 栄二, 長田 裕之, 松本 俊夫 : リベロマイシンAは骨髄腫骨破壊病変の形成と腫瘍進展を抑制する, 第28回日本骨代謝学会, (巻), (号), (頁), 2010年7月..[著者] ...
閲覧 日浅 雅博, 安倍 正博, 中野 綾子, 小田 明日香, 天羽 宏枝, 竹内 恭子, 賀川 久美子, 中村 信元, 三木 浩和, 矢田 健一郎, 渡邉 佳一郎, 尾崎 修治, 淺岡 憲三, 田中 栄二, 松本 俊夫 : 骨髄間質細胞は,単球のTACE活性を抑制し樹状細胞分化を抑制し破骨細胞文化を誘導する, 第28回日本骨代謝学会, (巻), (号), (頁), 2010年7月..[著者] ...
閲覧 中村 信元, 矢田 健一郎, 神野 雅, 原田 武志, 藤井 志朗, 三木 浩和, 中野 綾子, 賀川 久美子, 竹内 恭子, 尾崎 修治, 安倍 正博, 松本 俊夫 : ボルテゾミブ療法後に播種性接合菌症を合併した多発性骨髄腫, 臨床血液, Vol.51, No.8, 690-695, 2010年..[著者] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Cui Qu, Kawatani Makoto, Masahiro Hiasa, Nakano Ayako, Jinno Tadashi, Harada Takeshi, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Miki Hirokazu, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Shuji Ozaki, Eiji Tanaka, Osada Hiroyuki and Toshio Matsumoto : The novel anti-resorptive agent reveromycin A ameliorates bone destruction and tumor growth in myeloma, 10th International Conference Cancer-induced Bone Disease, (巻), (号), (頁), Sheffield (United Kingdom), Sep. 2010..[著者] ...
閲覧 Masahiro Abe, Masahiro Hiasa, Nakano A, Shingen Nakamura, Miki H, Qu C, Keiichiro Watanabe, Harada T, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Shuji Ozaki and Toshio Matsumoto : TIMP-3 up-regulation facilitates osteoclastogenesis and suppresses DC differentiation from monocytes in the bone marrow microenvironment in myeloma, 10th International Conference Cancer-induced Bone Disease, (巻), (号), (頁), (都市), Sep. 2010..[著者] ...
閲覧 Cui Qu, Masahiro Abe, Miki Hirokazu, Shingen Nakamura, Keiichiro Watanabe, Akishige Ikegame, Masahiro Hiasa, Nakano Ayako, Jinnno Tadashi, Harada Takeshi, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Shuji Ozaki and Toshio Matsumoto : Bone marrow stromal cells attenuate gama delta T, 第72回日本血液学会, (巻), (号), (頁), Sep. 2010..[著者] ...
閲覧 日浅 雅博, 安倍 正博, 中野 綾子, 小田 明日香, 天羽 宏枝, 竹内 恭子, 賀川 久美子, 中村 信元, 三木 浩和, 矢田 健一郎, 渡邉 佳一郎, 尾崎 修治, 淺岡 憲三, 田中 栄二, 松本 俊夫 : Bone marrow stromal cells supress TACE activity in monocytes to induce osteoclastogenesis, 第72回日本血液学会, (巻), (号), (頁), 2010年9月..[著者] ...
閲覧 中村 信元, 安倍 正博, Cui Qu, 渡邉 佳一郎, 池亀 彰茂, 日浅 雅博, 三木 浩和, 中野 綾子, 小田 明日香, 天羽 宏枝, 神野 雅, 原田 武志, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 竹内 恭子, 尾崎 修治, 松本 俊夫 : Bortezomib-induced osteoblast differentiation is hampered by excessive ER stress, 第72回日本血液学会, (巻), (号), (頁), 2010年9月..[著者] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, Masahiro Abe, nakano ayako, oda aska, amo hiroe, Keiichiro Watanabe, Shingen Nakamura, miki hirokazu, Kyoko Takeuchi, Kumiko Kagawa, Shuji Ozaki, Eiji Tanaka, Kenzo Asaoka and Toshio Matsumoto : Bone Marrow Stromal Cells Suppress TACE-mediated M-CSFR and RANK Shedding to Facilitate Osteoclastogenesis and Suppress DC Differentiation from Monocytes., ASBMR 2010 Annual Meeting, (巻), (号), (頁), Toronto, Oct. 2010..[著者] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Cui Qu, Kawatani Makoto, Masahiro Hiasa, Nakano Ayako, Jinno Tadashi, Harada Takeshi, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Miki Hirokazu, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Shuji Ozaki, Eiji Tanaka, Osada Hiroyuki and Toshio Matsumoto : A Novel Anti-resorptive Agent, Reveromycin A, Ameliorates Bone Destruction and Tumor Growth in Myeloma, ASBMR 2010 Annual Meeting, (巻), (号), (頁), Toronto, Oct. 2010..[著者] ...
閲覧 日浅 雅博, 安倍 正博, 中野 綾子, 小田 明日香, 天羽 宏枝, 竹内 恭子, 賀川 久美子, 中村 信元, 三木 浩和, 矢田 健一郎, 渡邉 佳一郎, 尾崎 修治, 淺岡 憲三, 田中 栄二, 松本 俊夫 : 骨髄間質細胞は,単球のTACE活性を抑制し樹状細胞分化を抑制し破骨細胞文化を誘導する, 第17回徳島骨代謝研究会, (巻), (号), (頁), 2010年11月..[著者] ...
閲覧 Cui Qu, Masahiro Abe, Miki Hirokazu, Shingen Nakamura, Keiichiro Watanabe, Akishige Ikegame, Masahiro Hiasa, Nakano Ayako, Harada Takeshi, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Shuji Ozaki and Toshio Matsumoto : Lenalidomide In Combination with Zoledronic Acid Restores the Activation and Anti-Myeloma Effects of γδT Cells Attenuated by the Bone Marrow Microenvironment, 52th American Society of Hematology, (巻), (号), (頁), Orlando, Dec. 2010..[著者] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Cui Qu, Kawatani Makoto, Masahiro Hiasa, Nakano Ayako, Jinno Tadashi, Harada Takeshi, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Miki Hirokazu, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Shuji Ozaki, Eiji Tanaka, Osada Hiroyuki and Toshio Matsumoto : An Acidic Mileu Created In Myeloma-Osteoclast Interaction Enhances Tumor Growth, but Triggers Anti-Myeloma Activity of Reveromycin A, a Novel Anti-Resorptive Agent, 52th American Society of Hematology, (巻), (号), (頁), Orlando, Dec. 2010..[著者] ...
閲覧 渡邉 佳一郎, 安倍 正博, Cui Qu, Kawatani Makoto, 日浅 雅博, Nakano Ayako, Jinno Tadashi, Harada Takeshi, 藤井 志朗, 中村 信元, Miki Hirokazu, 賀川 久美子, 竹内 恭子, 尾崎 修治, 田中 栄二, Osada Hiroyuki, 松本 俊夫 : Reveromycin A prevents bone destruction and suppresses tumor growth in myeloma, 第72回日本血液学会, (巻), (号), (頁), 2010年12月..[著者] ...
閲覧 Qu Cui, Hironobu Shibata, Asuka Oda, Hiroe Amou, Ayako Nakano, Kenichiro Yata, Masahiro Hiasa, Keiichiro Watanabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Takeshi Harada, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Shuji Ozaki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Targeting myeloma-osteoclast interaction with V9V2 T cells., International Journal of Hematology, Vol.94, No.1, 63-70, 2011..[著者] ...
閲覧 渡邉 佳一郎, 安倍 正博, 川谷 誠, 日浅 雅博, 中村 信元, 田中 栄二, 長田 裕之, 松本 俊夫 : リベロマイシンAによる酸性環境がもたらす骨髄腫薬剤耐性の克服と骨病変形成の抑制, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), 208, 2011年7月..[著者] ...
閲覧 日浅 雅博, 安倍 正博, 中野 綾子, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 田中 栄二, 淺岡 憲三, 松本 俊夫 : Pimキナーゼの阻害は骨芽細胞分化を促進し,骨髄腫骨病変の形成と腫瘍進展を抑制する, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 178, 2011年7月..[著者] ...
閲覧 藤岡 啓介, 西條 敦郎, 豊田 優子, 柿内 聡司, 埴淵 昌毅, 吾妻 雅彦, 西岡 安彦, 竹内 恭子, 藤井 志朗, 中村 信元, 賀川 久美子, 安倍 正博, 水谷 友哉 : 不明熱で発症し皮膚生検が診断に有効であった血管内リンパ腫の1例, 第243回徳島医学会学術集会, 2011年7月..[著者] ...
閲覧 中村 信元, 安倍 正博 : 骨病変/局所病変の管理 (特集 多発性骨髄腫診療の新時代を迎えて--診断と治療に吹き込む「新しい風」) -- (多発性骨髄腫の合併症の管理), 内科, Vol.108, No.2, 274-281, 2011年8月..[著者] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, nakano ayako, Keiichiro Watanabe, C Qu, T Harada, Shiroh Fujii, Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Eiji Tanaka, Kenzo Asaoka, Shuji Ozaki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Dual effects of Pim inhibition on myeloma: induction of bone formation and tumor suppression., IOF-ANZBMS 2011 Annual Meeting, (巻), (号), (頁), Gold Coast, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, nakano ayako, Keiichiro Watanabe, C Qu, T Harada, Shiroh Fujii, Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Eiji Tanaka, Kenzo Asaoka, Shuji Ozaki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Prevention of tumor growth and bone destruction in myeloma by Pim kinase inhibition., ASBMR 2011 Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Diego, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, M Kawatani, Masahiro Hiasa, A Kawano, T Jinno, T Harada, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Shuji Ozaki, Eiji Tanaka, H Osada and Toshio Matsumoto : Aggravation of myeloma growth and drug resistance by an acidic created in myeloma-osteoclast interaction., ASBMR 2011 Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Diego, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 日浅 雅博, 安倍 正博, 中野 綾子, 竹内 恭子, 賀川 久美子, 中村 信元, 三木 浩和, 田中 栄二, 淺岡 憲三, 矢田 健一郎, 松本 俊夫 : Pimキナーゼ阻害による腫瘍進展と骨破壊の抑制, 第73回日本血液学会, (巻), (号), (頁), 2011年10月..[著者] ...
閲覧 Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, Shuji Ozaki, A Oda, H Amou, Akishige Ikegame, Keiichiro Watanabe, Masahiro Hiasa, Q Cui, T Harada, Shiroh Fujii, A Nakano, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Ken-ichiro Yata, A Sakai, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto : KRN5500, a spicamycin derivative, exerts anti-myeloma effects through impairing both myeloma cells and osteoclasts., British Journal of Haematology, Vol.155, No.3, 328-339, 2011..[著者] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Q Cui, Masahiro Hiasa, M Kawatani, T Harada, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, A Nakano, K Kagawa, K Takeuchi, H Osada, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Targeting an acidic microenvironment by reveromycin A to overcome drug resistance to myeloma cells and ameliorate bone disease., 第36回日本骨髄腫研究会総会, Nov. 2011..[著者] ...
閲覧 日浅 雅博, 安倍 正博, 中野 綾子, 渡邉 佳一郎, 竹内 恭子, 賀川 久美子, 三木 浩和, 中村 信元, 藤井 志朗, 原田 武志, 尾崎 修治, 田中 栄二, 淺岡 憲三, 松本 俊夫 : Pimキナーゼの阻害による骨髄腫の進展抑制, 癌と骨病変研究会, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 藤岡 啓介, 西條 敦郎, 豊田 優子, 柿内 聡司, 埴淵 昌毅, 吾妻 雅彦, 竹内 恭子, 藤井 志朗, 中村 信元, 宇高 憲吾, 賀川 久美子, 安倍 正博, 水谷 友哉, 西岡 安彦 : 皮膚ランダム生検が診断に有用であった血管内リンパ腫の一例, 四国医学雑誌, Vol.67, No.5,6, 257-262, 2011年..[著者] ...
閲覧 中村 信元, 安倍 正博, 松本 俊夫 : Part7. 2. 新規治療薬の開発と臨床応用の可能性を探る (抗RANKL抗体などを中心に). がん骨転移治療 ビスフォスフォネート治療によるBone Management, 先端医学者 高橋俊二 編集, 206-214, 2012年..[著者] ...
閲覧 賀川 久美子, 原田 武志, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 竹内 恭子, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 遺伝子組み換えヒトトロンボモジュリン投与中に硬膜下血腫を来した同腫骨髄移植2症例, 第34回日本造血細胞移植学会, 2012年2月..[著者] ...
閲覧 賀川 久美子, 原田 武志, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 竹内 恭子, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 遺伝子組み替えヒトトロンボモジュリン投与中に硬膜下血腫を来した同腫骨髄移植2症例, 第34回日本造血細胞移植学会, 2012年2月..[著者] ...
閲覧 原田 武志, 尾崎 修治, 小田 明日香, 天羽 宏枝, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 中野 綾子, 賀川 久美子, 竹内 恭子, 安倍 正博, 柴田 泰伸, 松本 俊夫 : Lenalidomide 治療中の多発性骨髄腫患者におけるCRP上昇の検討, 第51回日本血液学会中国四国地方会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 中村 信元, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 新規治療薬の開発と臨床応用の可能性を探る (抗RANKL抗体などを中心に), (発行所), (都市), 2012年3月..[著者] ...
閲覧 原田 武志, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 中野 綾子, 賀川 久美子, 竹内 恭子, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 徳島県における多発性骨髄腫の治療成績の検討, 第109回日本内科学会総会・講演会, (巻), (号), (頁), 2012年4月..[著者] ...
閲覧 大黒 由加里, 中村 信元, 岩佐 昌美, 原田 武志, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 安倍 正博, 松本 俊夫, 三木 浩和 : 腰痛と副腎不全症状で発症した両側副腎原発DLBCLの1例, 日本内科学会第106回四国地方会, 2012年6月..[著者] ...
閲覧 天知 良太, 安倍 正博, 渡邉 佳一郎, 賀川 久美子, 藤井 志郎, 原田 武志, 三木 浩和, 中村 信元, 小田 明日香, 日浅 雅博, 田中 栄二, 松本 俊夫 : 酸環境は骨髄腫細胞のTRAILに対する抵抗性を増強する, 第3回骨バイオサイエンス研究会, (巻), (号), (頁), 2012年7月..[著者] ...
閲覧 天知 良太, 安倍 正博, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 日浅 雅博, 田中 栄二, 松本 俊夫 : 酸性環境は骨髄腫細胞にDR4 の発現抑制とcFLIP の活性化を惹起しTRAIL に対する抵抗性を獲得させる, 第30回日本骨代謝学会学術集会, 259, 2012年7月..[著者] ...
閲覧 渡邉 佳一郎, 安倍 正博, 天知 良太, 日浅 雅博, 中村 信元, 遠藤 逸郎, 森 裕史, 田中 栄二, 松本 俊夫 : カテプシンK 阻害剤KK1-300-01 は骨髄腫骨病変部の骨破壊を抑制し骨形成を惹起する, 第30回日本骨代謝学会学術大会, 217, 2012年7月..[著者] ...
閲覧 原田 武志, 尾崎 修治, 岩佐 昌美, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 柴田 泰伸, 重清 俊雄, 岡田 直人, 長尾 多美子, 鈴木 麗子, 先山 正二, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 徳島県のエイズ拠点病院におけるHIV感染症及び後天性免疫不全症候群の現状, 第245回徳島県医学会学術総会, 2012年7月..[著者] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Shingen Nakamura, Itsuro Endo, Hiroshi Mori, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : The cathepsinK inhibitor ONO-KK1-300-01 (ONO-KK1) prevents bone destruction and restores bone formation in myeloma bone lesions, Bone Seminar, Aug. 2012..[著者] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, Ryota Amachi, Keiichiro Watanabe, Harada Takeshi, Fujii Shirou, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Pim-2 suppresses BMP-2 signaling as a common inhibitory mediator of osteoblastogenesis in myeloma, ASBMR 2012 Anuual Meeting, (巻), (号), (頁), Minneapolis, Oct. 2012..[著者] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, Masahiro Abe, Kumiko Kagawa, Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, Harada Takeshi, Fujii Shirou, Keiichiro Watanabe, Ryota Amachi, Kenzo Asaoka and Toshio Matsumoto : Pim-2 acts as a common downstream mediator to suppress bone formation in myeloma., 第74回に本血液学会, (巻), (号), (頁), Oct. 2012..[著者] ...
閲覧 藤井 志朗, 安倍 正博, 天知 良太, 渡邉 佳一郎, 日浅 雅博, 竹内 恭子, 岩佐 昌美, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 松本 俊夫 : Pim inhibition preferentially induces anti-myeloma activity in an acidic milien, 第74回日本血液学会学術集会, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 松浦 元一, 山田 諭, 柴田 恵理子, 渡瀬 謙仁, 岸 史, 岸 誠司, 美馬 晶, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 中村 信元, 安倍 正博, 土井 俊夫 : 腎生検にてγ重鎖沈着症が疑われた糸球体沈着症の一例, 第42回日本腎臓学会西部学術大会, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, Keiichiro Watanabe, Shingen Nakamura, Harada Takeshi, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Prevention of tumor growth and bone destruction in myeloma by Pim kinase inhibition, 12th Int'l Meeting on Cancer Induced Bone Disease, (巻), (号), (頁), Lyon, Nov. 2012..[著者] ...
閲覧 三木 浩和, 中村 信元, 竹内 恭子, 原田 武志, 岩佐 昌美, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 赤芽球癆を合併した多中心性Castleman病の1例, 日本内科学会第107回四国地方会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 T Harada, Shuji Ozaki, A Oda, M Iwasa, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Masahiro Abe, Hirofumi Shibata, Akishige Ikegame, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, M Ri, S Iida, Y Shiotsu, S Kawai, H Yamada-Okabe and Toshio Matsumoto : Combination Therapy of a Defucosylated Anti-HM1.24 Monoclonal Antibody Plus Lenalidomide Induces Marked Antibody-Dependent Cellular Cytotoxicity and Inhibits the Clonogenic Potential of Myeloma Cancer Stem-Like Cells., 54th ASH Annual Meeting and Exposition, USA, Atlanta, Dec. 2012..[著者] ...
閲覧 Harada Takeshi, Ozaki Shuji, Oda Asuka, Iwasa Masami, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Masahiro Abe, Shibata Hironobu, Akishige Ikegame, Daisuke Tsuji, Ito Kohji, Ri Masaki, Iida Shinsuke, Shiotsu Yukimasa, Kawai Shigeto, Yamada-Okabe Hisafumi and Toshio Matsumoto : Combination therapy of a defucosylated anti-HM1.24 monoclonal antibody plus Ienalidomide induces marked antibody-dependent cellular cytotoxicity and inhibits the clonogenic potential of myeloma cancer stem-like cells. Atlanta, Dec. 2012., The 54th Annual Meeting of the American Society of Hamatology, (都市), Dec. 2012..[著者] ...
閲覧 Ryota Amachi, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, T Harada, Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, A Oda, Masahiro Hiasa, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : An acidic milieu suppersses histone acetylation in myeloma cells to down-regulate the TRAIL receptor DR4 expression., (誌名), (巻), (号), (頁), Kyoto, April 2013..[著者] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, H Mori, Itsuro Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Induction of bone formation in myeloma osteolytic lesions by cathepsinK inhibition, (誌名), (巻), (号), (頁), Kyoto, April 2013..[著者] ...
閲覧 中村 信元, 安倍 正博 : 【続発性骨粗鬆症-診断と対策-】移植医療と骨粗鬆症, THE BONE, Vol.27, No.2, 187-192, 2013年5月..[著者] ...
閲覧 Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Shinsuke Kido, Ayako Nakano, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hiroe Amou, Keiichiro Watanabe, Takeshi Harada, Shiroh Fujii, Kyoko Takeuchi, Kumiko Kagawa, Shuji Ozaki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Activating transcription factor 4, an ER stress mediator, is required for, but exce ssive ER stress suppresses osteoblastogenesis by bortezomib., International Journal of Hematology, Vol.98, No.1, 66-73, 2013..[著者] ...
閲覧 大黒 由加里, 近藤 剛史, 藤井 志朗, 中村 信元, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 著名な汎血球減少と肝筋逸脱酵素高値を呈した神経性食欲不振症の一例, 第13回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, H Mori, K Udaka, M Iwasa, D Hanson, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, H Miki, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Bone restoration and tumor suppression in myeloma by cathepsin K inhibition with Bortezomib, 第75回日本血液学会学術集会, (巻), (号), (頁), Oct. 2013..[著者] ...
閲覧 Takeshi Harada, Shuji Ozaki, Asuka Oda, Daisuke Tsuji, Akishige Ikegame, Masami Iwasa, Kengo Udaka, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Yoshiaki Kuroda, Shigeto Kawai, Kouji Itou, Hisafumi Yamada-Okabe, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Combination with a Defucosylated Anti-HM1.24 Monoclonal Antibody plus Lenalidomide Induces Marked ADCC against Myeloma Cells and Their Progenitors, PLoS ONE, Vol.8, No.12, e83905, 2013..[著者] ...
閲覧 中村 信元, 東 桃代 : 多発性骨髄腫におけるガラクトマンナン抗原検査の有用性, 感染症学雑誌, 2014年(0月)..[著者] ...
閲覧 中村 信元 : (chapter6), (発行所), (都市), 2014年1月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 中村 信元 : 【歯科医師のための医学ハンドブック】(Chapter 6)血液疾患 貧血, 歯界展望, (巻), (号), 90-92, 医歯薬出版 株式会社, (都市), 2014年5月..[著者] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, A Oda, Ryota Amachi, T Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Keiichiro Watanabe, Itsuro Endo, Y Kuroda, T Yoneda, Daisuke Tsuji, Michiyasu Nakao, Eiji Tanaka, Kenichi Hamada, Shigeki Sano, Kouji Itou, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Pim-2 kinase is an important target of treatment for tumor progression and bone loss in myeloma., Leukemia, 2014..[著者] ...
閲覧 賀川 久美子, 中村 信元, 八木 ひかる, 曽我部 公子, 髙橋 真美子, 丸橋 朋子, 宇髙 憲吾, 藤井 志朗, 三木 浩和, 安倍 正博 : 同系骨髄移植が著効した最重症再生不良性貧血の1例, 四国医学雑誌, Vol.70, No.3,4, 77-80, 2014年..[著者] ...
閲覧 寺町 順平, 日浅 雅博, 小田 明日香, 天知 良太, 中村 信元, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 安倍 正博 : Pim-2キナーゼはTNF-αによる骨芽細胞分化抑制および破骨細胞形成促進の必須媒介因子である:Pim阻害薬の骨髄腫骨病変改善効果, 第32回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2014年7月..[著者] ...
閲覧 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, 寺町 順平, 小田 明日香, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 酸が惹起する骨髄腫細胞の酸感受と生存シグナルの悪循環, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), 225, 2014年7月..[著者] ...
閲覧 中村 信元, 安倍 正博 : アミロイドーシス効果判定基準 効果判定基準 2005コンセンサスクライテリア,2011新基準.ALアミロイドーシス,多発性骨髄腫の類縁疾患, 医薬ジャーナル社, (都市), 2014年8月..[著者] ...
閲覧 中村 信元, 安倍 正博 : 臓器移植.ALアミロイドーシス,多発性骨髄腫の類縁疾患, 医薬ジャーナル社, (都市), 2014年8月..[著者] ...
閲覧 Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, 小田 明日香, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Kumiko Kagawa, Hirokazu Miki, Shiroh Fujii, Keiichiro Watanabe, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Critical role of Pim-2 in NF-B-mediated suppression of osteoblastogenesis and stimulation of osteoclastogenesis: Therapeutic impact of Pim inhibition on myeloma bone disease., 2014 ASBMR Annual Meeting, Houston, Sep. 2014..[著者] ...
閲覧 中村 信元, 安倍 正博 : 骨髄腫骨病変の治療, 血液内科, Vol.69, No.4, 525-533, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 中村 信元, 安倍 正博 : 【多発性骨髄腫と類縁疾患】多発性骨髄腫の骨病変に対する治療, 血液内科, Vol.69, No.4, 525-533, 科学評論社, (都市), 2014年10月..[著者] ...
閲覧 寺町 順平, 日浅 雅博, 原田 武志, 天知 良太, 賀川 久美子, 三木 浩和, 中村 信元, 藤井 志朗, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 安倍 正博 : Therapeutic impact of Pim inhibition on myeloma bone disease: blockade of NF-B-mediated suppression of osteoblastogenesis and stimulation of osteoclastogenesis, 日本血液学会, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 安倍 正博, 三木 浩和, 中村 信元 : 「骨髄腫∼いつ治療するのか?∼初発,再発,そして早期介入」骨髄腫骨病変の管理:ゾレドロン酸かデノスマブか, 臨床血液, (都市), 2015年(0月)..[著者] ...
閲覧 Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, A Oda, R Amachi, Keiichiro Watanabe, D Hanson, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, H Yagi, K Sogabe, M Takahashi, T Maruhashi, K Udaka, T Harada, Shiroh Fujii, A Nakano, Kumiko Kagawa, M Ri, S Iida, Shuji Ozaki, T Matsumoto and Masahiro Abe : Induction of endoplasmic reticulum stress by bortezomib sensitizes myeloma cells to DR5-mediated cell death, International Journal of Myeloma., Vol.5, No.1, 1-7, 2015..[著者] ...
閲覧 丸橋 朋子, 中村 信元, 曽我部 公子, 八木 ひかる, 高橋 真美子, 宇高 憲吾, 藤井 志朗, 三木 浩和, 賀川 久美子, 安倍 正博, 西條 敦郎, 中野 万有里, 東 桃代, 西岡 安彦, 近藤 憲保, 井内 新, 藤田 博己, 馬原 文彦 : 当院で経験した重症熱性血小板減少症候群の3例, 第250回徳島医学会学術集会, 2015年2月..[著者] ...
閲覧 中村 信元, 東 桃代, 三木 浩和, 賀川 久美子, 安倍 正博 : 当院で経験した重症熱性血小板減少症候群の3例, 第89回 日本感染症学会, 2015年4月..[著者] ...
閲覧 中野 万有里, 吉嶋 輝実, 埴淵 昌毅, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 西岡 安彦 : Pneumocystis jiroveciに対しST合剤の脱感作療法を行った4症例の検討, 第89回日本感染症学会総会, 2015年4月..[著者] ...
閲覧 中村 信元, 三木 浩和, 安倍 正博 : Pim阻害薬と抗骨髄腫治療薬の併用効果の検討, 第40回 日本骨髄腫学会, 2015年5月..[著者] ...
閲覧 寺町 順平, 日浅 雅博, 小田 明日香, 原田 武志, 天知 良太, 天眞 寛文, 三木 浩和, 中村 信元, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 安倍 正博 : TAK-1は骨髄腫腫瘍進展と骨破壊病変形成の枢軸的な媒介因子である, 第40回日本骨髄腫学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2015年5月..[著者] ...
閲覧 寺町 順平, 日浅 雅博, 小田 明日香, 原田 武志, 天知 良太, 天眞 寛文, 三木 浩和, 中村 信元, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 安倍 正博 : Pim阻害による骨髄腫骨吸収亢進の抑制, 第40回日本骨髄腫学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2015年5月..[著者] ...
閲覧 T Watanabe, M Mitsuhashi, M Sagawa, M Ri, K Suzuki, Masahiro Abe, K Ohmachi, Y Nakagawa, Shingen Nakamura, S Iida and M Kizaki : Lipopolysaccharide-Induced CXCL10 mRNA Level and Six Stimulant-mRNA Combinations in Whole Blood: Novel Biomarkers for Bortezomib Responses Obtained from a Prospective Multicenter Trial for Patients with Multiple Myeloma, PLoS ONE, Vol.10, No.6, e0128662, 2015..[著者] ...
閲覧 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : アポトーシス誘導因子TRAILによる破骨細胞分化・生存の促進, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), 164, 2015年7月..[著者] ...
閲覧 天知 良太, 日浅 雅博, 寺町 順平, 小田 明日香, 渡邉 佳一郎, 天眞 寛文, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 酸性環境での骨髄腫細胞のTRPV1の発現亢進と酸環境への適応, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), 165, 2015年7月..[著者] ...
閲覧 天知 良太, 日浅 雅博, 寺町 順平, 小田 明日香, 天眞 寛文, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 賀川 久美子, 三木 浩和, 藤井 志朗, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 酸環境での骨髄腫細胞のDR4発現抑制:酸によるエピジェネティックな遺伝子発現制御, 第1回日本骨免疫学会, (巻), (号), 108, 2015年7月..[著者] ...
閲覧 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : TRAILは破骨細胞分化・生存を促進する:TAK-1による生と死の運命制御, 第1回日本骨免疫学会, (巻), (号), 137, 2015年7月..[著者] ...
閲覧 寺町 順平, 日浅 雅博, 小田 明日香, 天眞 寛文, 天知 良太, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 羽地 達次, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 骨髄腫腫瘍進展と骨破壊病変形成における TAK-1の枢軸的役割, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 2015年7月..[著者] ...
閲覧 寺町 順平, 日浅 雅博, 小田 明日香, 天眞 寛文, 天知 良太, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 羽地 達次, 松本 俊夫, 安倍 正博 : Pim阻害による骨髄種骨病変の治療:破骨細胞形成の抑制, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), (頁), 2015年7月..[著者] ...
閲覧 Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Keiichiro Watanabe, Jumpei Teramachi, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa and Masahiro Abe : Alteration of Pim-2 expression by clinically available anti-myeloma agents: combinatory anti-myeloma effects with Pim inhibition, Clinical Lymphoma, Myeloma & Leukemia, Vol.15, No.S3, e243, (都市), Sep. 2015..[著者] ...
閲覧 Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Keiichiro Watanabe, Jumpei Teramachi, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa and Masahiro Abe : Effective impairment of myeloma progenitors by hyperthermia: augmentation with bortezomib and Pim inhibition in combination, Clinical Lymphoma, Myeloma & Leukemia, Vol.15, No.S3, e217-e218, (都市), Sep. 2015..[著者] ...
閲覧 Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Pivotal role of TAK-1 in tumor growth and bone destruction in myeloma: Therapeutic impact of TAK-1 inhibition, American Society for Bone and Mineral Research 2015 Annual Meeting, (頁), (都市), Oct. 2015..[著者] ...
閲覧 Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Tumor reduction and bone restoration in myeloma by TAK-1 inhibition, 第77回日本血液学会学術集会, (巻), (号), (頁), Oct. 2015..[著者] ...
閲覧 寺町 順平, 日浅 雅博, Asuka Oda, 天眞 寛文, 天知 良太, Takeshi Harada, 渡邉 佳一郎, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 羽地 達次, 松本 俊夫, 安倍 正博 : Potent suppression of osteoclastogenesis in myeloma by Pim inhibition, 第77回日本血液学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2015年10月..[著者] ...
閲覧 Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Asuka Oda, Ryota Amachi, Jumpei Teramachi, Kimiko Sogabe, Hikaru Fujino, Tomoko Maruhashi, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa and Masahiro Abe : Susceptibility to bendamustine considerably varies among myeloma cells, but is enhanced in acidic conditions, International Journal of Myeloma, Vol.6, No.1, 7-11, 2015..[著者] ...
閲覧 Michiko Yamashita, Yoshiyuki Fujii, Keiji Ozaki, Yoshio Urano, Masami Iwasa, Shingen Nakamura, Shiroh Fujii, Masahiro Abe, Yasuharu Sato and Tadashi Yoshino : Human immunodeficiency virus-positive secondary syphilis mimicking cutaneous T-cell lymphoma., Diagnostic Pathology, Vol.10, (号), 185, 2015..[著者] ...
閲覧 Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Keiichiro Watanabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Shiroh Fujii, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Up-regulation of the pH sensor TRPV1 in myeloma cells and their adaption to an acidic microenvironment, ASBMR 2015 Annual Meeting, (巻), (号), (頁), Seattle, Oct. 2015..[著者] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Jumpei Teramachi, H Mori, Y Ochi, Ryota Amachi, A Oda, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, H Miki, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Potent induction of bone formation by anti-resorptive cathepsin K inhibitor in myeloma, 第77回日本血液学会学術集会, (巻), (号), (頁), Oct. 2015..[著者] ...
閲覧 Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, A Oda, Hirofumi Tenshin, Keiichiro Watanabe, Shingen Nakamura, H Miki, Kumiko Kagawa, Shiroh Fujii, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Mechanism of the TRPV1 up-regulatation in myeloma cells and adaptation to an acidic microenvironment, 第77回日本血液学会学術集会, (巻), (号), (頁), Oct. 2015..[著者] ...
閲覧 James Derek Hanson, Shingen Nakamura, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Daisuke Tsuji, Kohji Itoh, Takeshi Harada, Kazuki Horikawa, Jumpei Teramachi, Hirokazu Miki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Effective impairment of myeloma cells and their progenitors by blockade of monocarboxylate transportation., Oncotarget, Vol.6, No.32, 33568-33586, 2015..[著者] ...
閲覧 Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Derek Hanson, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Shuji Ozaki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Pim inhibition suppresses osteoclastogenesis and tumor growth in myeloma, 57th ASH Annual Meeting and Exposition, Orlando, Dec. 2015..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Shuji Fushitani, Momoyo Azuma, Shingen Nakamura, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Hiroyoshi Watanabe, Masahiro Abe, Kazuyoshi Kawazoe and Keisuke Ishizawa : Clinical evaluation of pharmacist interventions in patients treated with anti-methicillin-resistant Staphylococcus aureus agents in a hematological ward, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.39, No.2, 295-300, 2015..[著者] ...
閲覧 (種別) : 住谷 龍平, 関本 悦子, 柴田 泰伸, 森 敬子, 重清 俊雄, 矢野 充保, 工藤 英治, 中村 信元, 尾崎 修治 : 自家末梢血幹細胞移植後にEBV関連T細胞およびB細胞リンパ増殖性疾患を発症したDLBCLの1例, 日本内科学会雑誌, Vol.105, No.7, 1275-1281, 社団法人 日本内科学会, (都市), 2016年(0月)..[著者] ...
閲覧 梶田 敬介, 中村 信元, 曽我部 公子, 藤野 ひかる, 丸橋 朋子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 賀川 久美子, 鳥羽 博明, 阿部 正博 : 胸腺腫瘍に合併した赤芽球癆の二例-病態解明へのアプローチ-, 第252回徳島医学会学術集会, 2016年2月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博, 三木 浩和, 中村 信元 : 【臨床血液学-最新情報と今後の展望2016(リンパ系疾患)-】多発性骨髄腫, 臨床血液, Vol.57, No.3, 260-269, (一社)日本血液学会-東京事務局, (都市), 2016年3月..[著者] ...
閲覧 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : TRAILは破骨細胞に細胞死を誘導せず,破骨細胞分化・生存を促進する., 第41回日本骨髄腫学会, (巻), (号), (頁), 2016年5月..[著者] ...
閲覧 寺町 順平, 日浅 雅博, 小田 明日香, 原田 武志, 天眞 寛文, 中村 信元, 天知 良太, 藤井 志朗, 渡邉 佳一郎, 賀川 久美子, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 羽地 達次, 松本 俊夫, 安倍 正博 : Pim-2は骨髄腫における破骨細胞形成促進の 必須媒介因子である, 第41回日本骨髄腫学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2016年5月..[著者] ...
閲覧 Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Therapeutic impact of TAK-1 inhibition on tumor growth and bone destruction in myeloma, 21st Congress European Hematology Association, Copenhagen, June 2016..[著者] ...
閲覧 寺町 順平, 日浅 雅博, 小田 明日香, 天眞 寛文, 天知 良太, 原田 武志, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 羽地 達次, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 骨髄腫腫瘍進展と骨破壊病変形成におけるTAK1-Pim-2経路の役割, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 破骨細胞はTAK1の発現誘導を介しアポトーシスを抑制しTRAILにより成熟活性化される, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集 (1349-0761)34回 Page183(2016.07), (巻), (号), 183, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 渡邉 佳一郎, 寺町 順平, 天知 良太, 小田 明日香, 天眞 寛文, 日浅 雅博, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 川谷 誠, 長田 裕之, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : リベロマイシンAによる酸性環境での骨髄腫細胞の治療抵抗性の克服, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集 (1349-0761)34回 Page183(2016.07), (巻), (号), 183, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : TAK-1 inhibition disrupts Pim-2-associated and Pim-2-independent key signaling pathways to effectively suppress tumor growth and restore bone formation in myeloma, American Society for Bone and Mineral Research 2016 Annual Meeting, (巻), (号), Atlanta, Sep. 2016..[著者] ...
閲覧 Takeshi Harada, Hirokazu Miki, Q Cui, A Oda, Ryota Amachi, Jumpei Teramachi, A Bat-Erdene, K Sogabe, M Iwasa, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Kumiko Kagawa, Sumiko Yoshida, I Endo, Ken-ichi Aihara, Shuji Ozaki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Expansion of Th1-like V9V2T cells by new-generation IMiDs, lenalidomide and pomalidomide, in combination with zoledronic acid., Leukemia, Vol.31, No.1, 258-262, 2016..[著者] ...
閲覧 Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : TAK-1 inhibition disrupts Pim-2-associated and Pim-2-independent key signaling pathways to effectively suppress tumor growth and restore bone formation in myeloma, 第78回 日本血液学会学術集会, (頁), Oct. 2016..[著者] ...
閲覧 (名) ariunzaya and Shingen Nakamura : Panobinostat and proteasome inhibitors cooperatvely degrade Sp1 to cause myeloma cell death, 日本血液学会総会, (巻), (号), (頁), Oct. 2016..[著者] ...
閲覧 中村 信元 : Alteration of Pim-2 synthesis and degradation in myeloma cells by anti-myeloma agents., 日本血液学会総会, (巻), (号), (頁), 2016年10月..[著者] ...
閲覧 渡邉 佳一郎, 寺町 順平, 天知 良太, 小田 明日香, 天眞 寛文, 岩浅 正美, 日浅 雅博, 中村 信元, 遠藤 逸郎, 川谷 誠, 長田 裕之, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : Amelotin gene expression is temporarily being upregulated at the initiation of apoptosis induced by TGFb1 in mouse gingival epithelial cells, .第77回日本血液学会学術集会,, (巻), (号), (頁), 2016年10月..[著者] ...
閲覧 天知 良太, 日浅 雅博, 寺町 順平, 小田 明日香, 天眞 寛文, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 遠藤 逸郎, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : Mechanism of the TRPV1 up-regulatation in myeloma cells and adaptation to an acidic microenvironment., .第77回日本血液学会学術集会,, (巻), (号), (頁), 2016年10月..[著者] ...
閲覧 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : TAK1 inhibition subverts TRAIL-mediated osteoclastogenesis., .第77回日本血液学会学術集会,, (巻), (号), (頁), 2016年10月..[著者] ...
閲覧 寺町 順平, 森 裕史, 越智 保夫, 天知 良太, 小田 明日香, 日浅 雅博, 原田 武志, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : Potent induction of bone formation by anti-resorptive cathepsin K inhibitor in myeloma., 第77回日本血液学会学術集会,, 2016年10月..[著者] ...
閲覧 松井 尚子, 山崎 博輝, 中村 信元, 和泉 唯信, 中道 一生, 西條 政幸, 梶 龍兒 : 非HIV関連進行性多巣性白質脳症の3例, 第21回日本神経感染症学会, 228, 2016年10月..[著者] ...
閲覧 Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Takeshi Harada, Asuka Oda, Shingen Nakamura, Derek Hanson, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Masami Iwasa, Itsuro Endo, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Kiyoe Kurahashi, Yoshiaki Kuroda, Hideaki Horikawa, Eiji Tanaka, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto : A vicious cycle between acid sensing and survival signaling in myeloma cells: acid-induced epigenetic alteration., Oncotarget, Vol.7, No.43, 70447-70461, 2016..[著者] ...
閲覧 Shingen Nakamura and Momoyo Azuma : Pseudo-outbreak of Mycobacterium chimaera in hematopoietic stem cell transplantation center due to sterile hand-washing machine, ID week 2016, Vol.3, (号), (頁), New Orleans, Oct. 2016..[著者] ...
閲覧 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 30. 天真寛文, 寺町順平, 小田明日香, 天知良太, , ,破骨細胞系細胞はアポトーシス誘引因子TRAILを生存促進・破骨細胞形成誘導因子として利用する:TAK1-Pim-2経路の役割, 第19回日本癌と骨病変研究会, (巻), (号), (頁), 2016年11月..[著者] ...
閲覧 中村 信元 : 化学療法中や造血幹細胞移植後に発症した偽痛風の3例, 第115回日本内科学会四国地方会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 曽我部 公子, 中村 信元 : IVLBCLに対する自家PBSCT後にITP,小脳に限局した進行性多巣性白質脳症(PML)を発症した1剖検例, 第115回日本内科学会四国地方会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 Ariunzaya Bat-Erdene, Hirokazu Miki, Asuko Oda, Shingen Nakamura, Jumpei Teramachi, Ryota Amachi, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shiroh Fujii, Kimiko Sogabe, Kumiko Kagawa, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara and Masahiro Abe : Synergistic targeting of Sp1, a critical transcription factor for myeloma cell growth and survival, by panobinostat and proteasome inhibitors., Oncotarget, Vol.7, No.48, 79064-79075, 2016..[著者] ...
閲覧 岡本 恵暢, 中村 信元, 上村 宗範, 住谷 龍平, 高橋 真美子, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 安倍 正博, 三木 浩和 : 発熱と下肢対麻痺で発症した血管内大細胞型B細胞性リンパ腫の2例, 四国医学雑誌, Vol.72, No.5-6, 236-237, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 住谷 龍平, 中村 信元 : 膵炎を契機に急性骨髄性白血病と診断した1例, 第115回内科学会四国地方会, (巻), (号), (頁), 2016年12月..[著者] ...
閲覧 Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Bat-Erdene Ariunzaya, Jumpei Teramachi, Hirofumi Tenshin, Keiichiro Watanabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Shiroh Fujii, Toshio Matsumoto, Eiji Tanaka and Masahiro Abe : Osteoblast Creates a Non-permissive Niche for Myeloma Cells, 95th General Session & Exhibition of the IADR program book, (巻), (号), (頁), San Francisco, March 2017..[著者] ...
閲覧 Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Akihito Yamamoto, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Therapeutic impact of TAK1 inhibition on myeloma tumor progression and bone destruction, Cancer and Bone Society Conference 2017, (巻), (号), (頁), Indianapolis, May 2017..[著者] ...
閲覧 (種別) : 高橋 真美子, 中村 信元, 三木 浩和, 住谷 龍平, 上村 宗範, 岩佐 昌美, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 安倍 正博 : 血清IgE値が病勢を反映した骨浸潤を伴う進行期ホジキンリンパ腫の2例, 第116回 日本内科学会地方会, 日本内科学会四国支部, 高知, 2017年5月..[著者] ...
閲覧 天知 良太, 中村 信元, 日浅 雅博, 小田 明日香, バットエルデネ アリウンザヤ, 寺町 順平, 天眞 寛文, 渡邉 佳一郎, 三木 浩和, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 骨形成誘導による骨髄腫細胞のエネルギー代謝の抑制, 第42回日本骨髄腫学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2017年5月..[著者] ...
閲覧 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, Baterdene Ariunzaya, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : TAK1阻害はTRAILの抗骨髄腫作用を増強するともに骨吸収促進活性を抑制活性に変換する., 第42回日本骨髄腫学会, (頁), 2017年5月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 井上 雄介, 池亀 彰茂, 徳永 尚樹, 井上 千尋, 中尾 隆之, 高橋 真美子, 藤井 志朗, 中村 信元, 安倍 正博, 土井 俊夫 : 肝脾型T細胞性リンパ腫の一症例, 日本検査血液学会雑誌, Vol.18, (号), S222, (一社)日本検査血液学会, (都市), 2017年6月..[著者] ...
閲覧 Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, A Oda, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, A Baterdene, Keiichiro Watanabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Osteoclasts utilize TRAIL for their NF-B activation, but TAK1 inhibition resumes TRAIL-induced apoptosis in osteoclasts., Australian and New Zealand Bone and Mineral Society 2017, (頁), Brisbane, Australia., June 2017..[著者] ...
閲覧 山口 裕大, 佐藤 陽一, 谷垣 雄都, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 : バンコマイシン投与による副作用発現及び血中濃度とCYP遺伝子多型との関連解析, 第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年7月..[著者] ...
閲覧 大森 理央, 佐藤 陽一, 木口 美沙妃, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 : ビンクリスチンによる副作用発現とMDR1遺伝子多型との関連性, 第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年7月..[著者] ...
閲覧 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, Ariunzaya Baterdene, 岩佐 昌美, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : TRAILは破骨細胞を活性化させるが,TAK1阻害により骨髄腫細胞とともに破骨細胞にもTRAILのアポトーシス誘導活性が惹起できる, 第35回 日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2017年7月..[著者] ...
閲覧 Shingen Nakamura : Multiple myeloma with high adenosine deaminase expression, international journal of myeloma, Vol.7, No.1, 1-5, 2017..[著者] ...
閲覧 (種別) : Shingen Nakamura, Kumiko Kagawa, Ryohei Sumitani, Munenori Uemura, Mamiko Takahashi, Masami Iwasa, Shiro Fujii, Hirokazu Miki and Masahiro Abe : Primary CD30-positive Diffuse Large B-cell Lymphoma in the Superior Vena Cava., Internal Medicine, Vol.56, No.15, 2043-2047, (発行所), (都市), Aug. 2017..[著者] ...
閲覧 (種別) : 山口 純代, 住田 智志, 中村 信元, 前田 悠作, 大浦 雅博, 高橋 真美子, 岩佐 昌美, 原田 武志, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 安倍 正博, 三木 浩和 : リウマチ様関節炎に対する免疫抑制療法中に発症した成人T細胞性白血病/リンパ腫の1例(会議録/症例報告), 第255回徳島医学会学術集会(平成29年度夏期), (巻), (号), (頁), 第255回徳島医学会学術集会(平成29年度夏期), 徳島県医師会館, 2017年8月..[著者] ...
閲覧 Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Therapeutic impact of TAK1 inhibition on myeloma tumor progression and bone destruction, International Society for Experimental Hematology 46th Annual Scientific Meeting, (巻), (号), (頁), Frankfurt, Aug. 2017..[著者] ...
閲覧 Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : TAK1 inhibition impairs myeloma cell-bone marrow interaction to reduce myeloma tumor growth and bone destruction, American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2017 Annual Meeting, Denver, Sep. 2017..[著者] ...
閲覧 賀川 久美子, 前田 悠作, 大浦 雅博, 曽我部 公子, 藤野 ひかる, 髙橋 真美子, 丸橋 朋子, 岩佐 昌美, 宇高 憲吾, 原田 武志, 伊勢 孝之, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 八木 秀介, 竹内 恭子, 尾崎 修治, 安倍 正博, 藤野 ひかる : 治療後長期生存が得られた心不全合併ALアミロイドーシス症例の検討, 臨床血液, (都市), 2017年10月..[著者] ...
閲覧 Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Masami Iwasa, Masahiro Ohhra, Yusaku Maeda, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Disruption of myeloma cell-bone marrow interaction by TAK-1 inhibition, 第80回日本血液学会学術集会, (巻), (号), (頁), Oct. 2017..[著者] ...
閲覧 Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Masami Iwasa, Masahiro Oura, Yusaku Maeda, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Disruption of myeloma cell-bone marrow interaction by TAK-1 inhibition, 第80回日本血液学会学術集会, (巻), (号), (頁), Oct. 2017..[著者] ...
閲覧 田島 穂澄, 佐藤 陽一, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 : シタラビン投与による副作用発現と代謝経路関連遺伝子多型の関連解析, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月..[著者] ...
閲覧 谷垣 雄都, 佐藤 陽一, 山口 裕大, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 : テイコプラニン投与による副作用発現および血中濃度とCYP遺伝子多型との関連解析, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月..[著者] ...
閲覧 Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Asuka Oda, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Ariunzaya Bat-Erdene, Keiichiro Watanabe, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Kimiko Sogabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Kenichi Aihara, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : TAK1 inhibition subverts the osteoclastogenic action of TRAIL while potentiating its antimyeloma effects., Blood Advances, Vol.1, No.24, 2124-2137, 2017..[著者] ...
閲覧 Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Ariunzaya Bat-Erdene, Yusaku Maeda, Masahiro Oura, Mamiko Takahashi, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shiroh Fujii, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Aihara Kenichi, Mariko Ikuo, Kouji Itou, Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura and Masahiro Abe : Effective impairment of myeloma cells and their progenitors by hyperthermia., Oncotarget, Vol.9, No.12, 10307-10316, 2017..[著者] ...
閲覧 (種別) : 曽我部 公子, 安倍 正博, 中村 信元, 古川 貴大, 藤野 ひかる, 丸橋 朋子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 賀川 久美子, 長樂 雅仁 : 自家末梢血幹細胞移植後発症の特発性血小板減少性紫斑病に対する治療中に併発したテント下限局の進行性多巣性白質脳症, 日本内科学会雑誌, Vol.106, No.12, 2595-2600, 社団法人 日本内科学会, (都市), 2017年12月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 前田 悠作, 原田 武志, 中村 信元, 賀川 久美子, 大浦 雅博, 高橋 真美子, 岩佐 昌美, 藤井 志朗, 三木 浩和, 安倍 正博 : リウマチ様関節炎に対する免疫抑制療法中に成人T細胞白血病/リンパ腫 を発症した2例, 第117回 日本内科学会地方会, (巻), (号), (頁), (発行所), 香川国際会議場, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 山口 純代, 中村 信元, 住田 智志, 前田 悠作, 大浦 雅博, 高橋 真美子, 岩佐 昌美, 原田 武志, 藤井 志朗, 三木 浩和, 賀川 久美子, 岸 潤, 安倍 正博 : Development of adult T-cell leukemia/lymphoma during immunosuppressive Therapy for human T-cell leukemia virus type 1 associated arthropathy, 四国医学雑誌, Vol.73, No.5, 301-308, 2017年..[著者] ...
閲覧 (種別) : 山口 純代, 中村 信元, 住田 智志, 前田 悠作, 大浦 雅博, 高橋 真美子, 岩佐 昌美, 原田 武志, 藤井 志朗, 三木 浩和, 賀川 久美子, 岸 潤, 安倍 正博 : リウマチ様関節炎に対する免疫抑制療法中に発症した成人T細胞性白血病/リンパ腫の1例, 四国医学雑誌, Vol.73, No.5-6, 334-335, 徳島医学会, (都市), 2017年12月..[著者] ...
閲覧 Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Asuka Oda, Hirokazu Miki, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Ariunzaya Bat-Erdene, Yusaku Maeda, Masahiro Oura, Mamiko Takahashi, Masami Iwasa, Itsuro Endo, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Harada, Kumiko Kagawa, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano and Masahiro Abe : Unique anti-myeloma activity by thiazolidine-2,4-dione compounds with Pim inhibiting activity., British Journal of Haematology, Vol.180, No.2, 246-258, 2018..[著者] ...
閲覧 (種別) : 音見 暢一, 新家 崇義, 中村 信元, 山本 綾香, 藤井 志朗, 安倍 正博, 坂東 良美, 原田 雅史 : 症例 悪性リンパ腫の再燃と鑑別が困難であった縦隔アミロイドーシスの1例 (特集 胸部の最新画像情報2018), (月刊)臨床放射線, Vol.63, No.1, 109-112, 金原出版 株式会社, (都市), 2018年1月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 八木 ひかる, 三木 浩和, 曽我部 公子, 前田 悠作, 大浦 雅博, 髙橋 真美子, 宇髙 憲吾, 岩佐 昌美, 原田 武志, 藤井 志朗, 中村 信元, 賀川 久美子, 髙尾 正一郎, 安倍 正博 : 私のこの一枚(164)血友病Aに合併した急性出血性胆嚢炎, 血液フロンティア, Vol.28, No.2, 131-134, 医薬ジャーナル社, (都市), 2018年2月..[著者] ...
閲覧 Shingen Nakamura, Momoyo Azuma, Tomoko Maruhashi, Kimiko Sogabe, Ryohei Sumitani, Munenori Uemura, Masami Iwasa, Shiro Fujii, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Takashi Hiraga, Noriyasu Kondo, Hiromi Fujita, Fumihiko Mahara and Masahiro Abe : Steroid pulse therapy in patients with encephalopathy associated with severe fever with thrombocytopenia syndrome., Journal of Infection and Chemotherapy, Vol.24, No.5, 389-392, 2018..[著者] ...
閲覧 (種別) : 中野 睦基, 大浦 雅博, 三木 浩和, 前田 悠作, 細井 美希, 原 倫世, 山上 紘規, 髙橋 真美子, 原田 武志, 藤井 志朗, 中村 信元, 賀川 久美子, 川端 豊, 伊勢 孝之, 上原 久典, 安倍 正博 : 遊離免疫グロブリン軽鎖の測定が診断と早期治療介入に有用であったALアミロイドーシスの1例, 第 256回徳島医学会術集会(平成29年度冬期), (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), 2018年2月..[著者] ...
閲覧 Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Ryota Amachi, Hirofumi Tenshin, Masami Iwasa, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Hirokazu Miki, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Pim-2 is a critical target for treatment of osteoclastogenesis enhanced in myeloma., British Journal of Haematology, Vol.180, No.4, 581-585, 2018..[著者] ...
閲覧 (種別) : 前田 悠作, 原田 武志, 中村 信元, 賀川 久美子, 大浦 雅博, 岩佐 昌美, 藤井 志朗, 三木 浩和, 安倍 正博 : 菌状息肉症から移行した中枢神経症状を呈する治療抵抗性セザリー症候群に対して forodesineが有効であった一例, 第57回日本血液学会中国四国地方会, (巻), (号), (頁), (発行所), 松江, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 原田 武志, Oda Asuka, 寺町 順平, Bat-Erdene Ariunzaya, 岩佐 昌美, Maeda Yusaku, 中村 信元, Oura Masahiro, 藤井 志朗, 三木 浩和, 賀川 久美子, Hideshima Teru, Anderson C. Kenneth, 安倍 正博 : HDAC1/3 inhibition disrupts the IRF4-Pim-2 pathway to induce effective myeloma cell death, The 43rd Annual Meeting of the Japanese Society of Myeloma, (巻), (号), (頁), 2018年5月..[著者] ...
閲覧 岩佐 昌美, 原田 武志, Ariunzaya Bat-Erdene, 小田 明日香, 前田 悠作, 高橋 真美子, 大浦 雅博, 寺町 順平, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 安倍 正博 : パノビスタットによる骨髄腫細胞のIFN-γ-STAT1- PD-L1経路の増強, The 43rd Annual Meeting of the Japanese Society of Myeloma, 2018年5月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 大浦 雅博, 三木 浩和, 前田 悠作, 高橋 真美子, 岩佐 昌美, 原田 武志, 藤井 志朗, 中村 信元, 賀川 久美子, 安倍 正博, 田口 愛弓, 別宮 浩文, 石橋 直子, 原 朋子, 尾崎 敬治, 後藤 哲也, 柏原 秀也 : 周術期ガイドラインに基づき安全に胃切除が施行できた胃癌合併PNH症例, PNH Frontier, (巻), No.5, 52-55, メディカルレビュー社, (都市), 2018年6月..[著者] ...
閲覧 谷本 幸多朗, 日浅 雅博, 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, ASHTAR MOHANNAD, Ariunzaya Bat-Erdene, 岩佐 昌美, 曽我部 公子, 大浦 雅弘, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 神経切断による麻痺と免荷の骨髄腫の進展への影響., 第4回日本骨免疫学会, (巻), (号), (頁), 2018年6月..[著者] ...
閲覧 天眞 寛文, 寺町 順平, 日浅 雅博, 小田 明日香, 谷本 幸多朗, ASHTAR MOHANNAD, Ariunzaya Bat-Erdene, 岩佐 昌美, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : TAK1による破骨細胞に対するTRAILの生存・細胞死シグナル制御機構., 第4回日本骨免疫学会, (巻), (号), (頁), 2018年6月..[著者] ...
閲覧 Jumpei Teramachi, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Tatsuji Haneji, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Therapeutic impact of TAK1 inhibition on myeloma tumor progression and bone destruction, 8th International Workshop on Advances in the Molecular Pharmacology and Therapeutics of Bone and other Musculoskeletal Diseases and Cancer and Bone Society 2018 Meeting, (巻), (号), (頁), Oxford, June 2018..[著者] ...
閲覧 (種別) : 天真 寛文, 寺町 順平, 日浅 雅博, 谷本 幸多朗, アスター ムハンマド, バトエルデネ アリウンザヤ, 岩佐 昌美, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : TAK1阻害はTRAILによる破骨細胞活性化作用を遮断させると同時にTRAILの抗骨髄腫作用を増強する, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), 177, (一社)日本骨代謝学会, (都市), 2018年7月..[著者] ...
閲覧 天眞 寛文, 寺町 順平, 日浅 雅博, 谷本 幸多朗, ASHTAR MOHANNAD, Ariunzaya Bat-Erdene, 岩佐 昌美, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : TAK1阻害はTRAILによる破骨細胞活性化作用を遮断 させると同時にTRAILの抗骨髄腫作用を増強する, 第36回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2018年7月..[著者] ...
閲覧 日浅 雅博, 寺町 順平, 天眞 寛文, 谷本 幸多朗, ASHTAR MOHANNAD, Ariunzaya Bat-Erdene, 岩佐 昌美, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : カテプシンK阻害による多発性骨髄腫骨病変部の骨量 回復プロセスにおける骨細胞の役割., 第36回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2018年7月..[著者] ...
閲覧 Takeshi Harada, Oda Asuka, Jumpei Teramachi, Bat-Erdene Ariunzaya, Iwasa Masami, Oura Masahiro, Shingen Nakamura, Kumiko Kagawa, Okamoto Yasunobu, Kimiko Sogabe, Shiroh Fujii, Hirokazu Miki, Hideshima Teru, Anderson C. Kenneth and Masahiro Abe : Selective inhibition of class-I HDAC induces myeloma cell death through targeting IRF4-Pim-2 axis, The 9th JSH International Symposium 2018 in Kyoto, (巻), (号), (頁), (都市), July 2018..[著者] ...
閲覧 (種別) : 寺町 順平, 天真 寛文, 日浅 雅博, 小田 明日香, Ariunzaya Bat-Erdene, 原田 武志, 岩佐 昌美, 藤井 志朗, 曾我部 公子, 中村 信元, 三木 浩和, 大浦 雅博, 賀川 久美子, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞のTAK1過剰活性化とTAK1を介する骨髄腫進展と骨破壊の機序, 臨床血液, Vol.59, No.9, 1604, (一社)日本血液学会-東京事務局, (都市), 2018年9月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 飯野 昌樹, 神田 善伸, 木村 俊一, 福田 隆浩, 堺田 惠美子, 小宅 達郎, 山口 博樹, 藤原 慎一郎, 城 有美, 岡本 晃直, 藤田 浩之, 高松 泰, 佐分利 能生, 松村 到, 山之内 純, 白鳥 聡一, 後藤 守孝, 中村 信元, 田村 和夫 : 発熱性好中球減少症遷延に対する従来型経験的治療とD-indexによる早期治療の無作為割付比較試験, 臨床血液, Vol.59, No.9, 1536, (一社)日本血液学会-東京事務局, (都市), 2018年9月..[著者] ...
閲覧 (種別) : モハナッド アシテル, 天真 寛文, 寺町 順平, 日浅 雅博, 谷本 幸多朗, 小田 明日香, 岩佐 昌美, 原田 武志, バトエルデネ アリウンザヤ, 曾我部 公子, 大浦 雅博, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 中村 信元, 三木 浩和, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : ROSの骨髄腫の骨病変と癌治療関連骨減少症の誘発における役割(Roles of ROS in induction of bone disease and cancer treatment-induced bone loss in myeloma), 臨床血液, Vol.59, No.9, 1604, (一社)日本血液学会-東京事務局, (都市), 2018年9月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 岩佐 昌美, 原田 武志, Bat-Erdene Ariunzaya, 小田 明日香, 曾我部 公子, 大浦 雅博, 寺町 順平, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 安倍 正博 : HDAC阻害による骨髄腫細胞のIFN-γ-STAT1- PD-L1経路の増強効果(Amplification of the IFN-γ-STAT1-PD-L1 pathway in myeloma cells by HDAC inhibition), 臨床血液, Vol.59, No.9, 1488, (一社)日本血液学会-東京事務局, (都市), 2018年9月..[著者] ...
閲覧 Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Ashtar Mohannad, Kotaro Tanimoto, Iwasa Masami, Bat-Erdene Ariunzaya, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Opposite effects of TRAIL on the Sp-1-c-FLIP survival pathway in myeloma cells and osteoclasts., ASBMR 2018 Annual Meeting, (巻), (号), (頁), Montreal, Sep. 2018..[著者] ...
閲覧 Jumpei Teramachi, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Bat-Erdene Ariunzaya, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Disruption of a progressive vicious cycle between myeloma tumor growth and bone destruction by TAK1 inhibition, ASBMR 2018 Annual Meeting, (巻), (号), (頁), Montreal, Sep. 2018..[著者] ...
閲覧 (種別) : 大崎 裕亮, 高松 直子, 中村 信元, 黒田 一駿, 山崎 博輝, 垂髪 祐樹, 野寺 裕之, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : ALアミロイドミオパチーの一例における生理および病理学的特徴, 臨床神経生理学, Vol.46, No.5, 546, (一社)日本臨床神経生理学会, (都市), 2018年10月..[著者] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Hirofumi Tenshin, Kotaro Tanimoto, Ariunzaya Bat-Erdene, Mohannad Ashtar, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kimiko Sogabe, Oura Masahiro, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Oda Asuka, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : The effects of cathepsin K inhibition on osteocytes: its role in bone restoration in MM bone disease., The 80th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, (巻), (号), (頁), Oct. 2018..[著者] ...
閲覧 Kotaro Tanimoto, Masahiro Hiasa, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Oda Asuka, Mohannad Ashtar, Ariunzaya Bat-Erdene, Iwasa Masami, Kimiko Sogabe, Oura Masahiro, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Impact of denervation-induced paralysis and mechanical unloading on tumor expansion in myeloma., The 80th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, (巻), (号), (頁), Oct. 2018..[著者] ...
閲覧 Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Kotaro Tanimoto, Mohannad Ashtar, Ariunzaya Bat-Erdene, Iwasa Masami, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kimiko Sogabe, Oura Masahiro, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Inverse regulation of c-FLIP-mediated survival in myeloma cells and osteoclasts by TRAIL., The 80th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, (巻), (号), (頁), Oct. 2018..[著者] ...
閲覧 Ashtar Mohannad, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Kotaro Tanimoto, Oda Asuka, Iwasa Masami, Takeshi Harada, Ariunzaya Erdene Bat, Kimiko Sogabe, Oura Masahiro, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Roles of ROS in induction of bone disease and cancer treatment-induced bone loss in myeloma., The 80th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, (巻), (号), (頁), Oct. 2018..[著者] ...
閲覧 岩佐 昌美, 原田 武志, Ariunzaya Bat-Erdene, 小田 明日香, 曽我部 公子, 大浦 雅博, 寺町 順平, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 安倍 正博 : HDAC阻害による骨髄腫細胞のIFN-γ-STAT1- PD-L1経路の増強効果, 第80回日本血液学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2018年10月..[著者] ...
閲覧 Jumpei Teramachi, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Bat-Erdene Ariunzaya, Takeshi Harada, Iwasa Masami, Shiroh Fujii, Kimiko Sogabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Masahiro Oura, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Mechanisms of TAK1 over-activation in myeloma cells and TAK1-mediated myeloma growth and bone destruction, 第80回日本血液学会学術集会, Oct. 2018..[著者] ...
閲覧 山口 裕大, 谷垣 雄都, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 : CYP遺伝子多型とバンコマイシンの副作用発現及び血中濃度との関連解析, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 大森 理央, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 : ゲノムワイド関連解析を用いたビンクリスチンによる末梢神経障害発現関連遺伝子の同定, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Ariunzaya Bat-Erdene, Yasunobu Okamoto, Kimiko Sogabe, Masahiro Oura, Mamiko Takahashi, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa and Masahiro Abe : Alteration of muscle mass after chemotherapy in patients with newly diagnosed multiple myeloma., Esmo asia 2018, (都市), Nov. 2018..[著者] ...
閲覧 Ariunzaya Bat-Erdene, Shingen Nakamura, Asuka Oda, Masami Iwasa, Jumpei Teramachi, Mohannad Ashtar, Takeshi Harada, Hirokazu Miki, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Shiroh Fujii, Kimiko Sogabe, Masahiro Oura, Kengo Udaka, Kumiko Kagawa, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Kiyoe Kurahashi, Itsuro Endo and Masahiro Abe : Class 1 HDAC and HDAC6 inhibition inversely regulates CD38 induction in myeloma cells via interferon-α and ATRA., British Journal of Haematology, (巻), (号), (頁), 2018..[著者] ...
閲覧 Takeshi Harada, Asuka Oda, Yohann Grondin, Jumpei Teramachi, Ariunzaya Bat-Erdene, Masami Iwasa, Masahiro Oura, Shingen Nakamura, Kumiko Kagawa, Yasunobu Okamoto, Kimiko Sogabe, Shiroh Fujii, Hirokazu Miki, Shuji Ozaki, Teru Hideshima, Kenneth C. Anderson and Masahiro Abe : The critical role of the HDAC1-IRF4-Pim-2 axis in myeloma cell growth and survival: therapeutic impacts of targeting the HDAC1-IRF4-Pim-2 axis, 60th ASH Annual Meeting & Exposition, (巻), (号), (頁), San Diego, Dec. 2018..[著者] ...
閲覧 宮上 侑子, 中村 信元, 大浦 雅博, 岡本 惠暢, 高橋 真美子, 曽我部 公子, 岩佐 昌美, 原田 武志, 藤井 志朗, 三木 浩和, 賀川 久美子, 上原 久典, 安倍 正博 : 不明熱と著明な高CRP血症で発症したde novo CD20陰性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の1例, 四国医学雑誌, Vol.74, No.5-6, 193-200, 2018年..[著者] ...
閲覧 (種別) : 曽我部 公子, 三木 浩和, 岡本 恵暢, 大浦 雅博, 宇高 憲吾, 原田 武志, 藤井 志朗, 中村 信元, 賀川 久美子, 安倍 正博 : 初診時の低アルブミン血症は濾胞性リンパ腫の組織学的形質転換の発症予測因子である, 日本内科学会雑誌, Vol.108, No.Suppl., 203, (一社)日本内科学会, (都市), 2019年2月..[著者] ...
閲覧 Mohannad Ashtar, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Kotaro Tanimoto, Oda Asuka, Iwasa Masami, Takeshi Harada, Bat-Erdene Ariunzaya, Kimiko Sogabe, Masahiro Oura, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Toshio Matsumoto, Masahiro Abe and Eiji Tanaka : Peri-implantitis and the role of Febuxostat in osteoclast differentiation., AEEDC Dubai World Orthodontic Conference, Dubai, UAE, Feb. 2019..[著者] ...
閲覧 (種別) : 谷垣 雄都, 山口 裕大, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 : ゲノムワイド関連解析を用いたテイコプラニン・バンコマイシン投与による皮疹発現および血中濃度関連遺伝子座の同定, 日本薬学会年会要旨集, (巻), No.3, 57, (公社)日本薬学会, (都市), 2019年3月..[著者] ...
閲覧 Masami Iwasa, Takeshi Harada, Asuka Oda, Ariunzaya Bat-Erdene, Jumpei Teramachi, Hirofumi Tenshin, Mohannad Ashtar, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Kengo Udaka, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Shuji Ozaki and Masahiro Abe : PD-L1 upregulation in myeloma cells by panobinostat in combination with interferon-γ., Oncotarget, Vol.10, No.20, 1903-1917, 2019..[著者] ...
閲覧 (種別) : Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, Masahiro Oura, Hirofumi Hamano, Kenji Ikuta, Naoto Okada, Yasunobu Okamoto, Kimiko Sogabe, Mamiko Takahashi, Masami Iwasa, Kengo Udaka, Takeshi Harada, Kiyoe Kurahashi, Shiroh Fujii, Sumiko Yoshida, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara and Masahiro Abe : Correlation between high serum alkaline phosphatase levels and denosumab-related hypocalcemia in patients with multiple myeloma., British Journal of Haematology, Vol.186, No.2, 355-358, (発行所), (都市), March 2019..[著者] ...
閲覧 谷垣 雄都, 山口 裕大, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 : ゲノムワイド関連解析を用いたテイコプラニン・バンコマイシン投与による皮疹発現および血中濃度関連遺伝子座の同定, 日本薬学会 第139年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 十川 悠香, 吉岡 昌美, 福井 誠, 中村 信元, 安倍 正博, 日野出 大輔 : 自家末梢血幹細胞移植患者の口腔ケアによる口腔粘膜炎障害の低減効果, 口腔衛生学会雑誌, Vol.69, (号), 165, (一社)日本口腔衛生学会, (都市), 2019年4月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 中村 信元, 三木 浩和, 寺町 順平, 天真 寛文, 日浅 雅博, 小田 明日香, 岡本 恵暢, 大浦 雅博, 曽我部 公子, 高橋 真美子, 岩佐 昌美, 宇高 憲吾, 原田 武志, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 安倍 正博 : 多発性骨髄腫患者におけるPIM2,TAK1の重要性(PIM2 and phosphorylated TAK1 expression as important prognostic factors in patients with multiple myeloma), International Journal of Myeloma, Vol.9, No.1, 139, 日本骨髄腫学会, (都市), 2019年5月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 原田 武志, 小田 明日香, 天眞 寛文, 寺町 順平, 大浦 雅博, 曽我部 公子, 岩佐 昌美, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 秀島 輝, Kenneth Anderson, 安倍 正博 : HDAC1-IRF4-PIM2経路を標的とする新規抗骨髄腫療法の開発(The novel therapeutic strategy targeting the HDAC1-IRF4-PIM2 pathway in myeloma cells), International Journal of Myeloma, Vol.9, No.1, 100, 日本骨髄腫学会, (都市), 2019年5月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 三木 浩和, 中村 信元, Ariunzaya Bat-Erdene, 天真 寛文, 小田 明日香, 寺町 順平, 岡本 恵暢, 大浦 雅博, 曽我部 公子, 高橋 真美子, 岩佐 昌美, 宇高 憲吾, 原田 武志, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 安倍 正博 : 温熱療法による骨髄腫細胞のTRAIL感受性の亢進(Sensitization of myeloma cells to a TRAIL-mediated immunotherapy with hyperthermia), International Journal of Myeloma, Vol.9, No.1, 99, 日本骨髄腫学会, (都市), 2019年5月..[著者] ...
閲覧 (種別) : Mohannd Ashter, 天真 寛文, 寺町 順平, 日浅 雅博, 谷本 幸多朗, 小田 明日香, 岩佐 昌美, 原田 武志, 藤井 志朗, 香川 久美子, 大浦 雅博, 曽我部 公子, 中村 信元, 三木 浩和, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : ROSの骨髄腫の骨病変と癌治療関連骨減少症の誘発における重要な役割(Critical roles of ROS in induction of bone disease and cancer treatment-induced bone loss in myeloma), International Journal of Myeloma, Vol.9, No.1, 90, 日本骨髄腫学会, (都市), 2019年5月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 谷本 幸多朗, 日浅 雅博, 天真 寛文, 寺町 順平, Mohannad Ashtar, 小田 明日香, 岩佐 昌美, 曽我部 公子, 大浦 雅弘, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 不動は骨吸収と骨髄腫進展を促進させる(Immobilization promotes bone resorption and tumor expansion in myeloma), International Journal of Myeloma, Vol.9, No.1, 88, 日本骨髄腫学会, (都市), 2019年5月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 前田 悠作, 中村 信元, 大浦 雅博, 原田 武志, 賀川 久美子, 岡本 恵暢, 曽我部 公子, 高橋 真美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 安倍 正博 : 骨格筋の筋力低下で発症したALアミロイドーシス合併多発性骨髄腫, 臨床血液, Vol.60, No.5, 512, (一社)日本血液学会-東京事務局, (都市), 2019年5月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 宇高 憲吾, 三木 浩和, 曽我部 公子, 藤井 志朗, 土山 洋介, 岡本 恵暢, 大浦 雅博, 原田 武志, 荻野 広和, 中村 信元, 賀川 久美子, 坂東 良美, 安部 正博 : EBV-positive DLBCLの合併が考えられた治療抵抗性angioimmunoblastic T-cell lymphomaの1例, 日本リンパ網内系学会会誌, Vol.59, 130, (一社)日本リンパ網内系学会, (都市), 2019年5月..[著者] ...
閲覧 安宅 克博, 中村 信元, 大浦 雅博, 曽我部 公子, 原田 武志, 藤井 志朗, 三木 浩和, 賀川 久美子, 西岡 安彦, 安倍 正博 : 長期にわたる血小板減少が先行した芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍の1例, 第120回日本内科学会四国地方会, 2019年5月..[著者] ...
閲覧 十川 悠香, 吉岡 昌美, 南 明香, 福井 誠, 日野出 大輔, 中村 信元, 安倍 正博 : 自家末梢血幹細胞移植患者の口腔ケアによる口腔粘膜炎障害の低減効果, 第68回日本口腔衛生学会総会, 2019年5月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 多田 智紀, 池亀 彰茂, 吉田 裕子, 徳永 尚樹, 菅崎 幹樹, 井上 雄介, 中尾 隆之, 中村 信元, 長井 幸二郎 : CD4陰性,CD56陰性の芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍(BPDCN)の一例, 日本検査血液学会雑誌, Vol.20, (号), S124, (一社)日本検査血液学会, (都市), 2019年6月..[著者] ...
閲覧 井上 雄介, 池亀 彰茂, 徳永 尚樹, 井上 千尋, 中尾 隆之, 長井 幸二郎, 高橋 真美子, 藤井 志朗, 中村 信元, 安倍 正博 : 芽球様の形態を示した肝脾型T細胞リンパ腫の一症例, 日本検査血液学会雑誌, Vol.20, No.2, 231-237, 2019年..[著者] ...
閲覧 (種別) : 十川 悠香, 吉岡 昌美, 福井 誠, 中村 信元, 安倍 正博, 日野出 大輔 : 自家末梢血幹細胞移植患者の口腔粘膜炎に対する専門的口腔衛生管理の効果, 口腔衛生学会雑誌, Vol.69, No.3, 125-130, (一社)日本口腔衛生学会, (都市), 2019年7月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 井上 雄介, 池亀 彰茂, 徳永 尚樹, 井上 千尋, 中尾 隆之, 長井 幸二郎, 高橋 真美子, 藤井 志朗, 中村 信元, 安倍 正博 : 芽球様の形態を示した肝脾型T細胞性リンパ腫の一症例, 日本検査血液学会雑誌, Vol.20, No.2, 231-237, (一社)日本検査血液学会, (都市), 2019年7月..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Masayuki Chuma, Momoyo Azuma, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Hirofumi Hamano, Mitsuhiro Goda, Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Masahiro Abe and Keisuke Ishizawa : Effect of serum concentration and concomitant drugs on vancomycin-induced acute kidney injury in haematologic patients: a single-centre retrospective study., European Journal of Clinical Pharmacology, Vol.75, No.12, 1695-1704, 2019..[著者] ...
閲覧 Takeshi Harada, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Shuji Ozaki, Teru Hideshima, C. Kenneth Anderson and Masahiro Abe : Targeting myeloma metabolisms regulated by HDAC1-IRF4 axis can be a novel therapeutic strategy, 17th International Myeloma Workshop, (都市), Sep. 2019..[著者] ...
閲覧 谷本 幸太朗, 日浅 雅博, 天眞 寛文, 寺町 順平, ASHTAR MOHANNAD, 岩佐 昌美, 小田 明日香, 曽我部 公子, 大浦 雅博, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 不動性骨吸収の亢進は骨髄内の骨髄腫進展を促進させる, 第37回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2019年10月..[著者] ...
閲覧 天眞 寛文, 寺町 順平, 日浅 雅博, 谷本 幸多朗, ASHTAR MOHANNAD, Ariunzaya Bat-Erdene, 岩佐 昌美, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : TAK1阻害は関節リウマチにおけるNLRP3インフラマソーム誘導性の炎症および骨破壊を抑制する., 第37回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2019年10月..[著者] ...
閲覧 谷本 幸多朗, 日浅 雅博, 岩浅 亮彦, 天眞 寛文, 寺町 順平, ASHTAR MOHANNAD, 岩佐 昌美, 小田 明日香, 曾我部 公子, 大浦 雅博, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 不動性骨吸収の亢進は骨髄内の骨髄腫進展を促進させる., 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), (頁), 2019年10月..[著者] ...
閲覧 天眞 寛文, 寺町 順平, 日浅 雅博, 谷本 幸多朗, ASHTAR MOHANNAD, Bat-Erdene Ariunzaya, 岩佐 昌美, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : TAK1阻害は関節リウマチにおけるNLRP3インフラマソーム誘導性の炎症および骨破壊を抑制する, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), (頁), 2019年10月..[著者] ...
閲覧 (種別) : Shingen Nakamura, Momoyo Azuma, Masami Sato, Noriko Fujiwara, Saori Nishino, Takayuki Wada and Shiomi Yoshida : Pseudo-outbreak of through aerators of hand-washing machines at a hematopoietic stem cell transplantation center., Infection Control and Hospital Epidemiology, Vol.40, No.12, 1433-1435, (発行所), (都市), Oct. 2019..[著者] ...
閲覧 (種別) : 吉本 貴志, 住谷 龍平, 堀 太貴, 村井 純平, 川田 知代, 宇高 憲吾, 原田 武志, 藤井 志朗, 中村 信元, 賀川 久美子, 安倍 正博, 三木 浩和, 上原 久典 : Evans症候群と多発脳神経麻痺を随伴した末梢性T細胞リンパ腫の一例, 四国医学雑誌, Vol.75, No.5-6, 256-257, 徳島医学会, (都市), 2019年12月..[著者] ...
閲覧 Takeshi Harada, Asuka Oda, Hiroto Ohguchi, Yohann Grondin, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Shuji Ozaki, Teru Hideshima, Kenneth C. Anderson and Masahiro Abe : Novel therapeutic rationale for targeting HDAC1 and PIM2 in multiple myeloma, 61th ASH Annual Meeting & Exposition, (巻), (号), (頁), Orlando, Dec. 2019..[著者] ...
閲覧 Shuji Ozaki, Takeshi Harada, Hikaru Yagi, Etsuko Sekimoto, Hironobu Shibata, Toshio Shigekiyo, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa and Masahiro Abe : Polyclonal Immunoglobulin Recovery after Autologous Stem Cell Transplantation Is an Independent Prognostic Factor for Survival Outcome in Patients with Multiple Myeloma, Cancers, Vol.12, No.1, 12, 2019..[著者] ...
閲覧 (種別) : 藤井 志朗, 大浦 雅博, 曽我部 公子, 高橋 真美子, 原田 武志, 中村 信元, 賀川 久美子, 安倍 正博, 井上 雄介, 池亀 彰茂, 三木 浩和 : 臍帯血移植が奏効した治療抵抗性肝脾型T細胞リンパ腫の1例, 四国医学雑誌, Vol.75, No.5-6, 221-226, 徳島医学会, (都市), 2019年12月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 大浦 雅博, 賀川 久美子, 曽我部 公子, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 田中 宏典, 田中 貴大, 友成 哲, 高山 哲治, 原田 武志, 安倍 正博 : 同種造血幹細胞移植後のHBV再活性化の単施設後方視的検討, 四国医学雑誌, Vol.75, No.5-6, 171-178, 徳島医学会, (都市), 2019年12月..[著者] ...
閲覧 Udaka Kengo, Shingen Nakamura, Shiroh Fujii, Ryosuke Miyamoto, Matsui Naoko, Kawata Shiyori, Hori Taiki, Murai Junpei, Sumitani Ryohei, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, (著者), Takahashi Mamiko, Takeshi Harada, Kumiko Kagawa, Yuishin Izumi, Masahiro Abe and Miki Hirokazu : Successful treatment of progressive multifocal leukoencephalopathy with mirtazapine and mefloquine in refractory myeloma, International Journal of Myeloma, Vol.10, No.1, 8-12, 2020..[著者] ...
閲覧 (種別) : Yoshinobu Kanda, Shun-Ichi Kimura, Masaki Iino, Takahiro Fukuda, Emiko Sakaida, Tatsuo Oyake, Hiroki Yamaguchi, Shin-Ichiro Fujiwara, Yumi Jo, Akinao Okamoto, Hiroyuki Fujita, Yasushi Takamatsu, Yoshio Saburi, Itaru Matsumura, Jun Yamanouchi, Souichi Shiratori, Moritaka Gotoh, Shingen Nakamura and Kazuo Tamura : D-Index-Guided Early Antifungal Therapy Versus Empiric Antifungal Therapy for Persistent Febrile Neutropenia: A Randomized Controlled Noninferiority Trial., Journal of Clinical Oncology, Vol.38, No.8, 815-822, (発行所), (都市), Jan. 2020..[著者] ...
閲覧 武井 みのり, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 : 遺伝情報を用いた機械学習による抗がん剤投与の味覚障害発現予測モデルの構築, 日本薬学会 第140年会, 2020年3月..[著者] ...
閲覧 遠藤 優香, 田島 穂澄, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 : 機械学習を用いたゲノム情報によるシタラビン投与の副作用発現予測モデルの構築, 日本薬学会 第140年会, 2020年3月..[著者] ...
閲覧 Mohannad Ashtar, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Ariunzaya Bat-Erdene, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Kotaro Tanimoto, Sou Shimizu, Yoshiki Higa, Takeshi Harada, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Shingen Nakamura, Shiroh Fujii, Ryohei Sumitani, Hirokazu Miki, Kengo Udaka, Mamiko Takahashi, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : The Roles of ROS Generation in RANKL-Induced Osteoclastogenesis: Suppressive Effects of Febuxostat., Cancers, Vol.12, No.4, (頁), 2020..[著者] ...
閲覧 (種別) : Jumpei Teramachi, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Ariunzaya Bat-Erdene, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Mohannad Ashtar, So Shimizu, Masami Iwasa, Kimiko Sogabe, Masahiro Oura, Shiro Fujii, Kumiko Kagawa, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : TAK1 is a pivotal therapeutic target for tumor progression and bone destruction in myeloma., Haematologica, (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), April 2020..[著者] ...
閲覧 金山 涼加, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 岡本 耕一, 中村 信元, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 高山 哲治, 安倍 正博 : 潰瘍性大腸炎とバセドウ病の治療中に汎血球減少を契機に自己免疫性胃炎が判明した一例, 第123回日本内科学会四国地方会, 2020年11月..[著者] ...
閲覧 遠藤 優香, 田島 穂澄, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 : ゲノム情報を用いた機械学習によるシタラビン投与後の副作用発現予測モデルの構築, 第59回中国四国支部学術大会, 2020年12月..[著者] ...
閲覧 武井 みのり, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 : 機械学習による遺伝情報を用いた抗がん剤投与の味覚障害発現予測モデルの構築, 第59回中国四国支部学術大会, 2020年12月..[著者] ...
閲覧 庄野隆志 (名), 青山 万理子, 南城和正 (名), 山本清成 (名), 牧 秀則, 乾 友浩, 坂本晋一 (名), 小林 智子, 中村 信元, 滝沢 宏光, 丹黒 章 : アブスコパル効果を示した甲状腺原発形質細胞腫の1例, 第49回中国四国甲状腺外科研究会(ハイブリッド開催), 2021年2月..[著者] ...
閲覧 渡邉 佳一郎, 安倍 正博, 川谷 誠, 日浅 雅博, 中村 信元, 田中 栄二, 長田 裕之, 松本 俊夫 : リベロマイシンAによる酸性環境がもたらす骨髄腫薬剤耐性の克服と骨病変形成の抑制, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), 208, (年月日)..[著者] ...
閲覧 日浅 雅博, 安倍 正博, 中野 綾子, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 田中 栄二, 淺岡 憲三, 松本 俊夫 : Pimキナーゼの阻害は骨芽細胞分化を促進し,骨髄腫骨病変の形成と腫瘍進展を抑制する, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), 178, (年月日)..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.96, Max(EID) = 374961, Max(EOID) = 1004834.