『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 岡田 直人

登録情報の数

有効な情報: 183件 + 無効な情報: 13件 = 全ての情報: 196件

全ての有効な情報 (183件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(3)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(3)
閲覧 (未定義) …(177)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 森 千尋, 渡邊 政博, 岡田 直人, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 脂肪組織に特異的に発現している機能未知遺伝子の同定とそのキャラクタリゼーション, 第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Rei Kakuhata, Naoto Okada, Kazuaki Kajimoto, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba, Toshiaki Tamaki and Yasuo Shinohara : Synchronized changes in transcript levels of genes activating cold exposure-induced thermogenesis in brown adipose tissue of experimental animals., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1777, No.1, 104-112, 2008..[著者] ...
閲覧 Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Chihiro Mori, Naoto Okada, Naoshi Yamazaki, Kazuaki Kajimoto, Masatoshi Kataoka and Yasuo Shinohara : Cold-induced changes in gene expression in brown adipose tissue: implications for the activation of thermogenesis., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.31, No.5, 775-784, May 2008..[著者] ...
閲覧 新山 加菜美, 山本 武範, 渡邊 政博, 森 千尋, 岡田 直人, 荻野 真理, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 脂肪組織に選択的に発現した遺伝子の同定とその発現プロフィールの解析, 第129回 日本薬学会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 米田 年恵, 大谷 ひとみ, 岡田 直人, 近藤 明子, 吉田 郁子, 山川 和宣 : お薬手帳,薬剤情報提供書持参の実態調査および服薬状況と理解度についての調査, 徳島赤十字病院医学雑誌, Vol.1, No.15, 129-133, 2010年..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Takenori Yamamoto, Masahiro Watanabe, Yuuya Yoshimura, Eriko Obana, Naoshi Yamazaki, Kazuyoshi Kawazoe, Yasuo Shinohara and Kazuo Minakuchi : Identification of TMEM45B as a protein clearly showing thermal aggregation in SDS-PAGE gels and dissection of its amino acid sequence responsible for this aggregation., Protein Expression and Purification, Vol.77, No.1, 118-123, 2011..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 山本 武範, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 水口 和生 : TMEM45Bのthermal aggregationに関与するアミノ酸配列の同定, 日本薬学会第131年会, 2011年3月..[著者] ...
閲覧 川添 和義, 伏谷 秀治, 柏田 良樹, 佐々木 久子, 大道 由佳, 栗本 慎一郎, 篠崎 陽介, 柴山 恵美子, 関田 倫彦, 金子 礼, 洲山 佳寛, 高岸 佐和, 中野 芙佐子, 平田 藍, 宮崎 祐樹, 田島 壮一郎, 櫻田 巧, 中川 博之, 田岡 寛之, 足立 麻美, 柴田 高洋, 岡田 直人, 継岡 知美, 淵上 美由紀, 小中 健, 今林 潔, 今林 優佳, 高石 喜久, 水口 和生 : つるぎ町一宇地区の民間薬調査, 阿波学会紀要, No.57, 89-98, 2011年..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 廣瀬 由記子, 溝口 徹也, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 : サリドマイド及びレナリドマイドにおける副作用モニタリングの重要性, 医療薬学フォーラム2011/第19回クリニカルファーマシーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2011年7月..[著者] ...
閲覧 小中 健, 宮谷 綾, 庄野 正行, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 : 正常ヒト臍帯静脈内皮細胞(HUVEC)に対する漢方薬成分の影響, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 廣瀬 由記子, 溝口 徹也, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 : サリドマイド及びレナリドマイド服用患者に対する薬剤師の介入, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 山本 武範, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 尾華 絵里子, 山﨑 尚志, 川添 和義, 水口 和生, 篠原 康雄 : 機能未同定のタンパク質TMEM45Bに見られた熱凝集と熱凝集を引き起こすアミノ酸領域の同定, 第33回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 小中 健, 村上 明希, 小山 智史, 西迫 寛隆, 庄野 正行, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 : 内皮系細胞における葛根湯成分の影響, 日本薬学会第132年会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 阿部 真治, 伊勢 夏子, 生田 賢治, 岡田 直人, 里吉 良子, 柴田 洋文, 川添 和義, 東 満美, 水口 和生 : 薬学部教員による救急・集中治療領域における実務実習指導の取り組み, 第22回日本医療薬学会, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 阿部 真治, 伊勢 夏子, 生田 賢治, 岡田 直人, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 川添 和義, 東 満美, 水口 和生 : 病院実務実習における救急・集中治療領域での徳島大学薬学部教員の取り組み, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 佐原 理沙, 村上 明希, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 : ヒト腸管上皮細胞において生薬抽出物がCYP3A4の安定性に与える影響, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 山本 武範, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 尾華 絵里子, 山﨑 尚志, 川添 和義, 篠原 康雄, 水口 和生 : 機能未知タンパク質TMEM45Bの熱凝集に関与するアミノ酸配列の同定, 第85回生化学会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 河野 渉, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 : デノスマブによる低カルシウム血症に対する予防投与の有用性, 日本薬学会第133年会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuhiko Teraoka, Toshihide Kujime, Masahiro Abe, Yasuo Shinohara and Kazuo Minakuchi : Identification of the Risk Factors Associated with Hypocalcemia Induced by Denosumab, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.36, No.10, 1622-1626, 2013..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 森 剛志, 小中 健, 川添 和義, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 水口 和生 : デスノマブによる低カルシウム血症の発現に関与する因子の探索, 第23回医療薬学会年会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 三上 拓也, 佐藤 陽一, 森山 耕太, 宮髙 紘輔, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 : 高脂肪食ラットに及ぼすリンゴ酸の影響, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月..[著者] ...
閲覧 須江 和由, 森山 耕太, 花房 剛志, 小中 健, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 : 漢方製剤のPC12細胞神経突起進展に及ぼす影響, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月..[著者] ...
閲覧 松本 直貴, 多田 智紀, 安藝 健作, 大星 航, 廣瀬 政雄, 岡田 直人, 川添 和義, 細井 英司, 水口 和生 : ヒト巨核球系細胞株CMKを用いた血小板機能に及ぼす各種薬剤評価の検討, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月..[著者] ...
閲覧 小中 健, 柴田 高洋, 森 剛志, 中村 敏己, 西迫 寛隆, 岡田 直人, 久次米 敏秀, 寺岡 和彦, 川添 和義, 水口 和生 : 当院におけるホスアプレピタントによる血管痛への取り組み, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 川添 和義, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 水口 和生 : デノスマブによる低カルシウム血症の発現リスクを予測する因子の検討, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月..[著者] ...
閲覧 柴田 高洋, 岡田 直人, 伏谷 秀治, 柴田 洋文, 東 満美, 川添 和義, 水口 和生 : MRSA院内伝播の要因としての外来患者の可能性について, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuhiko Teraoka, Kujime Toshihide and Kazuo Minakuchi : Evaluation of risk factors for hypocalcemia induced by denosumab, 48th ASHP Midyear Clinical Meeting, Orlando, Dec. 2013..[著者] ...
閲覧 小中 健, 花房 剛志, 森山 耕太, 西迫 寛隆, 岡田 直人, 庄野 正行, 川添 和義, 水口 和生 : 血管内皮細胞におけるビンカロイドの細胞障害に対するエフェドラの影響, 日本薬学会第134年会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 花房 剛志, 須江 和由, 森山 耕太, 小中 健, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 : 加味逍遙散及び芍薬甘草湯がpaclitaxelによる末梢神経障害モデル細胞に与える影響, 日本薬学会第134年会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Takeshi Hanafusa, Takumi Sakurada, Kazuhiko Teraoka, Toshihide Kujime, Masahiro Abe, Yasuo Shinohara, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi : Risk Factors for Early-Onset Peripheral Neuropathy Caused by Vincristine in Patients With a First Administration of R-CHOP or R-CHOP-Like Chemotherapy, Journal of Clinical Medicine Research, Vol.6, No.4, 252-260, 2014..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 花房 剛志, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 川添 和義, 水口 和生 : R-CHOP療法及びR-CHOP-like療法におけるビンクリスチン誘発早期末梢神経障害の危険因子の同定, 第24回日本医療薬学会年会要旨集, 181, 2014年9月..[著者] ...
閲覧 鈴木 杏奈, 田中 里奈, 小中 健, 岡田 直人, 上村 卓広, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 : 放射線併用化学療法(シスプラチン)における腎障害の危険因子の探索, (誌名), (巻), (号), (頁), 2014年11月..[著者] ...
閲覧 柴田 高洋, 岡田 直人, 伏谷 秀治, 柴田 洋文, 川添 和義, 石澤 啓介 : PCR を用いた病院内のMRSA の動向調査, 第53回中国四国支部学術大会(広島), (巻), (号), (頁), 2014年11月..[著者] ...
閲覧 村上 明希, 辻 弥生, 松田 実紗, 岡田 直人, 川添 和義, 石澤 啓介 : ヒト腸管上皮細胞において枳実,陳皮抽出物がP糖タンパク質を介した薬物の排出に与える影響, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 156, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 森山 耕太, 宮髙 紘輔, 小林 真也, 松田 実紗, 岡田 直人, 川添 和義, 石澤 啓介 : 高脂肪食負荷ラットを用いたキクイモの新規機能性探索研究, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 157, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 櫻田 巧, 柿内 聡司, 堀ノ内 裕也, 西迫 寛隆, 岡田 直人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 川添 和義, 西岡 安彦, 石澤 啓介 : ペメトレキセドによる発疹に関与する因子の同定とステロイド追加投与の有効性の検討, 第53回中国四国支部学術大会(広島), (巻), (号), (頁), 2014年11月..[著者] ...
閲覧 坂東 左奈子, 櫻田 巧, 泉 侑希, 小中 健, 岡田 直人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 川添 和義, 石澤 啓介 : 胸膜癒着術におけるユニタルクとピシバニールの副作用の比較, 第53回中国四国支部学術大会(広島), (巻), (号), (頁), 2014年11月..[著者] ...
閲覧 坂東 佐奈子, 櫻田 巧, 泉 侑希, 小中 健, 岡田 直人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 川添 和義, 石澤 啓介 : 胸膜癒着術におけるユニタルクとビシバニールの副作用の比較, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 296, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 鈴木 杏奈, 田中 里奈, 小中 健, 岡田 直人, 上村 卓広, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 : 放射線併用化学療法(シスプラチン)における腎障害の危険因子の探索, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 296, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 小中 健, 櫻田 巧, 柴田 高洋, 岡田 直人, 西迫 寛隆, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 : 大腸がんにおけるEGFR抗体薬による低マグネシウム血症の発現状況および発現因子に関する検討, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 297, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 濵田 康弘, 川添 和義, 岡田 直人, 谷 佳子, 西 麻希, 松村 晃子, 安井 苑子 : これでOK!静脈栄養のレシピ, 株式会社じほう, 東京, 2015年2月..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 伏谷 秀治, 東 桃代, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 渡邊 浩良, 安倍 正博, 石澤 啓介 : 病棟薬剤によるプロトコルに基づく薬物治療管理の実践∼抗MRSA薬の適正使用に対する効果, 日本薬学会第135年会(神戸), (巻), (号), (頁), 2015年3月..[著者] ...
閲覧 川野 壮一, 新谷 保実, 鈴江 朋子, 岡田 直人, 佐藤 陽一, 山内 あい子 : 当院での糖尿病治療におけるDPP-4 阻害薬の有効性と安全性の評価, 日本薬学会第135年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 小林 真也, 森山 耕太, 松田 実紗, 岡田 直人, 福壽 由法, 富加見 正樹, 森本 俊司, 川添 和義, 石澤 啓介 : キクイモ(Helianthus tuberosus)の肝臓における脂肪蓄積抑制効果の検討, 日本薬学会第135年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 伏谷 秀治, 東 桃代, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 渡邊 浩良, 安倍 正博, 石澤 啓介 : 病棟薬剤によるプロトコルに基づく薬物治療管理の実践∼抗MRSA薬の適正使用に対する効果∼, 日本薬学会第135年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 Takumi Sakurada, Souji Kakiuchi, Soichiro Tajima, Yuya Horinouchi, Naoto Okada, Hirotaka Nishisako, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe, Hiroaki Yanagawa, Yasuhiko Nishioka, Kazuo Minakuchi and Keisuke Ishizawa : Characteristics and risk factors of interstitial lung disease induced by chemotherapy for lung cancer, The Annals of Pharmacotherapy, Vol.49, No.4, 398-404, 2015..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 下岡 幸恵, 東 桃代, 石澤 啓介 : プロトコルに基づく薬物治療管理が医師の診療行動へ与える影響, 第63回日本化学療法学会総会, 2015年6月..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 川添 和義, 石澤 啓介 : 考える力の醸成を目指した実務実習の実践, 医療療薬学フォーラム2015/第23回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2015年7月..[著者] ...
閲覧 Takumi Sakurada, Souji Kakiuchi, Soichiro Tajima, Yuya Horinouchi, Ken Konaka, Naoto Okada, Hirotaka Nishisako, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe, Hiroaki Yanagawa, Yasuhiko Nishioka and Keisuke Ishizawa : Pemetrexed-induced rash may be prevented by supplementary corticosteroids, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.11, 1752-1756, 2015..[著者] ...
閲覧 佐藤 智恵美, 山本 香織, 阿部 真治, 岡田 直人, 土屋 浩一郎, 東 満美, 大髙 章 : 病院・薬局実務実習における実習生の主体性育成に向けての取組み:課題発見型レポートの効果の検証, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 阿部 真治, 佐藤 智恵美, 東 満美, 川添 和義, 大髙 章, 石澤 啓介 : 徳島大学病院における模擬体験型学習を用いた実務実習の評価, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 伏谷 秀治, 東 桃代, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 : 抗MRSA薬を用いた治療に対する薬剤師介入の有用性:プロトコルに基づく薬物治療管理と多職種介入による臨床効果及び医療経済効果, 第25回日本医療薬学会年会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 花房 剛志, 岡田 直人, 生田 賢治, 小中 健, 川添 和義, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 安倍 正博, 石澤 啓介 : 自家末梢血幹細胞移植併用大量化学療法施行時の味覚障害に対するクライオセラピーの有用性, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会,, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 柴田 高洋, 岡田 直人, 伏谷 秀治, 柴田 洋文, 川添 和義, 石澤 啓介 : 実態調査からみる来院者が院内MRSAの伝播に及ぼす影響, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 濱野 裕章, 中本 亜樹, 村上 明希, 田中 里奈, 岡田 直人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 石澤 啓介 : イリノテカンによる好中球減少症に対するアルカリ化剤の効果, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 西迫 寛隆, 中川 博之, 東 桃代, 岡田 直人, 上村 卓広, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 : 当院におけるカンジダ血症治療に対するガイドライン遵守率向上への取り組み, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 柴田 高洋, 岡田 直人, 伏谷 秀治, 柴田 洋文, 川添 和義, 石澤 啓介 : 院内MRSA分布へ来院者が及ぼす影響, 第25回日本医療薬学会年会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 花房 剛志, 岡田 直人, 生田 賢治, 小中 健, 川添 和義, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 安倍 正博, 石澤 啓介 : 自家末梢血幹細胞移植併用大量化学療法施行時の味覚障害に対するクライオセラピーの有用性, 第54回中国四国支部学術大会(高知), (巻), (号), (頁), 2015年11月..[著者] ...
閲覧 柴田 高洋, 岡田 直人, 伏谷 秀治, 柴田 洋文, 川添 和義, 石澤 啓介 : 実態調査からみる来院者が院内MRSAの伝播に及ぼす影響, 第54回中国四国支部学術大会(高知), (巻), (号), (頁), 2015年11月..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 石澤 啓介 : 今求められているNSTと薬剤師の役割: 臨床・研究・教育を柱とするNST活動の実践, 薬事新報, Vol.2921, 1306-1310, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Shuji Fushitani, Takumi Sakurada and Keisuke Ishizawa : Pharmacist interventions can improve clinical outcomes in patients treated with anti-methicillin-resistant Staphylococcus aureus agents in a hematological ward, 50th ASHP Midyear Clinical Meeting, New Orleans, Dec. 2015..[著者] ...
閲覧 Ken Konaka, Kouta Moriyama, Naoto Okada, Takahiro Nishisako, Masayuki Shono, Kazuyoshi Kawazoe and Keisuke Ishizawa : Ephedra protects vascular endothelium cells from vinorelbine-induced cytotoxicity by preserving endothelial nitric oxide synthase activity, Traditional & Kampo Medicine, Vol.2, No.2, 74-80, 2015..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Keisuke Ishizawa : Ifosfamide and etoposide chemotherapy may interact with warfarin, enhancing the warfarin-induced anticoagulant response, International Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, Vol.54, No.1, 58-61, 2015..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Shuji Fushitani, Momoyo Azuma, Shingen Nakamura, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Hiroyoshi Watanabe, Masahiro Abe, Kazuyoshi Kawazoe and Keisuke Ishizawa : Clinical evaluation of pharmacist interventions in patients treated with anti-methicillin-resistant Staphylococcus aureus agents in a hematological ward, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.39, No.2, 295-300, 2015..[著者] ...
閲覧 (種別) : 柴田 高洋, 柴田 洋文, 岡田 直人, 伏谷 秀治, 長尾 多美子, 高開 登茂子, 川添 和義, 石澤 啓介 : PCR法を用いた病院内の実態調査からみる来院者がMRSA分布に及ぼす影響, 医療薬学, Vol.42, No.6, 400-407, 一般社団法人日本医療薬学会, (都市), 2016年(0月)..[著者] ...
閲覧 (種別) : Naoto Okada, S Fushitani, Mami Azuma, S Nakamura, T Nakamura, Kazuhiko Teraoka, H Watanabe, Kazuyoshi Kawazoe and Keisuke Ishizawa : Clinical evaluation of pharmacist interventions in patients treated with anti-methicillin-resistant Staphylococcus aureus agents in a hematological ward., Journal of Trace Elements in Medicine and Biology, Vol.35, (号), 66-76, (発行所), (都市), (month)2016..[著者] ...
閲覧 濱野 裕章, 中本 亜樹, 村上 明希, 田中 里奈, 岡田 直人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 石澤 啓介 : アルカリ化剤はイリノテカンによる好中球減少症を予防する, 第252回徳島医学会学術集会(徳島), (巻), (号), (頁), 2016年2月..[著者] ...
閲覧 佐藤 智恵美, 阿部 真治, 岡田 直人, 山本 香織, 東 満美, 土屋 浩一郎, 川添 和義 : 薬局実務実習における能動的な学びの促進と課題解決能力の醸成に向けた連携指導の検討, 日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 花房 剛志, 阿部 真治, 佐藤 智恵美, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介, 川添 和義 : 自家造血幹細胞移植併用大量化学療法における味覚障害の発現に関与する危険因子の探索, 日本薬学会第136年会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 小中 健, 花房 剛志, 田中 恭平, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 川添 和義, 石澤 啓介 : パクリタキセル誘発性神経障害に対する漢方製剤抽出物の影響, 日本薬学会第136 年会( 横浜), (巻), (号), (頁), 2016年3月..[著者] ...
閲覧 和泉 俊尋, 阿部 真治, 佐藤 智恵美, 岡田 直人, 加藤 幸成, 西岡 安彦, 川添 和義 : 悪性胸膜中皮腫同所移植マウスに対する抗ポドプラニン抗体NZ-12とペメトレキセドの併用効果の検討, 日本薬学会第136年会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Takeshi Hanafusa, Shinji Abe, Chiemi Sato, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Masahiro Abe, Kazuyoshi Kawazoe and Keisuke Ishizawa : Evaluation of the risk factors associated with high-dose chemotherapyinduced dysgeusia in patients undergoing autologous hematopoietic stem cell transplantation: Possible usefulness of cryotherapy in dysgeusia prevention, Supportive Care in Cancer, Vol.24, No.9, 3979-3985, 2016..[著者] ...
閲覧 Shinji Abe, Kato Mika Kaneko, Yuki Tsuchihashi, Toshihiro Izumi, Satoshi Ogasawara, Naoto Okada, Chiemi Sato, Makoto Tobiume, Kenji Otsuka, Licht Miyamoto, Koichiro Tsuchiya, Kazuyoshi Kawazoe, Yukinari Kato and Yasuhiko Nishioka : Antitumor effect of novel anti-podoplanin antibody NZ-12 against malignant pleural mesothelioma in an orthotopic xenograft model., Cancer Science, Vol.107, No.9, 1198-1205, 2016..[著者] ...
閲覧 阿部 真治, デニス ウィリアムズ, 佐藤 智恵美, 岡田 直人, 土屋 浩一郎, 川添 和義 : ビデオ会議システムを用いた米国薬学部学生との症例検討会実施の試み, 第1回日本薬学教育学会, 2016年8月..[著者] ...
閲覧 櫻田 巧, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : ペメトレキセド投与後の皮疹出現は好中球減少症のリスク因子となる, 第26回日本医療薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2016年9月..[著者] ...
閲覧 桑原 絵美, 岡田 直人, 高瀬 友佳子, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : 徳島大学病院におけるニボルマブの使用状況と今後の有害事象対策, 第26回日本医療薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2016年9月..[著者] ...
閲覧 中本 亜樹, 濱野 裕章, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : DPP-4 阻害薬服用患者における他のDPP-4 阻害薬への切り替えによるLDL-C 低下作用の検討, 第26回日本医療薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2016年9月..[著者] ...
閲覧 濱野 裕章, 中本 亜樹, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : GEM + nabPTX 療法における高ビリルビン血症が副作用発現に与える影響, 第26回日本医療薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2016年9月..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 御牧 夕紀子, 桑原 絵美, 松立 吉弘, 阿部 真治, 佐藤 智恵美, 久保 宜明, 石澤 啓介, 川添 和義 : ニボルマブ投与による末梢血リンパ球比率の変化が副作用発現及び治療効果に与える影響, 第26回日本医療薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2016年9月..[著者] ...
閲覧 佐藤 智恵美, 阿部 真治, 岡田 直人, 石田 竜弘, 土屋 浩一郎, 大髙 章, 川添 和義 : 地域薬局における災害対策の現状と課題, 第55回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 中本 亜紀, 田中 里奈, 泉 侑希, 阿部 真治, 佐藤 智恵美, 石澤 啓介, 川添 和義 : qSOFAスコアを用いたカンジダ血漿の重症度分類の有用性, 第55回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 恒益 知宏, 阿部 真治, 和泉 俊尋, 佐藤 智恵美, 岡田 直人, 加藤 幸成, 西岡 安彦, 川添 和義 : 新規マウス抗PDPN抗体のin vitroにおけるADCC活性の検討, 第55回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 御牧 夕紀子, 岡田 直人, 阿部 真治, 佐藤 智恵美, 南川 典昭, 川添 和義 : 悪性黒色腫患者における抗PD-1抗体療法の治療効果および免疫関連副作用の発現と血中リンパ球数推移との関連性の検討, 第55回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 櫻田 巧, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : ペメトレキセドによる骨髄抑制のリスク因子解析, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 桑原 絵美, 岡田 直人, 高瀬 友佳子, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : 徳島大学病院におけるニボルマブの適正使用に向けた取り組み, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2016年11月..[著者] ...
閲覧 坂東 左奈子, 岡田 直人, 櫻田 巧, 今西 正樹, 座間味 義人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 石澤 啓介 : 乳がん患者におけるエピルビシン,シクロフォスファミド投薬による持続型G-CSF製剤の有効性の検討, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2016年11月..[著者] ...
閲覧 井上 貴久, 柴田 高洋, 櫻田 巧, 岡田 直人, 座間味 義人, 今西 正樹, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : 抗EGFR抗体薬の使用における低Mg血症の発現率の比較検討, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2016年11月..[著者] ...
閲覧 中本 亜樹, 野裕 章, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : DPP-4阻害薬ーDPP-4阻害薬間の切り替えによるLDL-Cの変動, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2016年11月..[著者] ...
閲覧 山西 愛実, 岡田 直人, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 川添 和義 : インクレチンホルモン及びその受容体の遺伝子多型と肥満との関連解析, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2016年11月..[著者] ...
閲覧 松田 実紗, 岡田 直人, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 川添 和義 : DPP4遺伝子多型と肥満との関連解析, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2016年11月..[著者] ...
閲覧 佐藤 智恵美, 阿部 真治, 岡田 直人, 土屋 浩一郎, 川添 和義 : 薬物療法における実践的能力育成に向けたルーブリック評価の活用, 日本薬学会第137年会(仙台), 2017年3月..[著者] ...
閲覧 井上 貴久, 櫻田 巧, 柴田 高洋, 岡田 直人, 座間味 義人, 今西 正樹, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : 抗EGFR抗体薬における副作用としての低Mg血症発現率の比較検討, 日本薬学会年会要旨集, No.4, 172, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Shinya Kobayashi, Kouta Moriyama, Kohsuke Miyataka, Shinji Abe, Chiemi Sato and Kazuyoshi Kawazoe : Helianthus tuberosus (Jerusalem artichoke) tubers improve glucose tolerance and hepatic lipid profile in rats fed a high-fat diet., Asian Pacific Journal of Tropical Medicine, Vol.10, No.5, 439-443, 2017..[著者] ...
閲覧 座間味 義人, 岡田 直人, 武智 研志, 今西 正樹, 石澤 啓介 : あ,検査値が変わった」そのとき,薬のリスクは?(分担執筆), 株式会社じほう, (都市), 2017年6月..[著者] ...
閲覧 井上 貴久, 櫻田 巧, 柴田 高洋, 岡田 直人, 座間味 義人, 今西 正樹, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : 抗EGFR抗体薬の投与による低Mg血症発現率の比較検討, 第42回日本外科系連合学会学術集会, 2017年6月..[著者] ...
閲覧 坂東 左奈子, 櫻田 巧, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 石澤 啓介 : エピルビシン,シクロフォスファミド投与による持続型G-CSF製剤の有効性の検討, 第42回日本外科系連合学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2017年6月..[著者] ...
閲覧 山口 裕大, 佐藤 陽一, 谷垣 雄都, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 : バンコマイシン投与による副作用発現及び血中濃度とCYP遺伝子多型との関連解析, 第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年7月..[著者] ...
閲覧 大森 理央, 佐藤 陽一, 木口 美沙妃, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 : ビンクリスチンによる副作用発現とMDR1遺伝子多型との関連性, 第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年7月..[著者] ...
閲覧 Ken Konaka, Kota Moriyama, Takumi Sakurada, Naoto Okada, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kazuyoshi Kawazoe, Shuji Fushitani and Keisuke Ishizawa : Kamishoyosan and Shakuyakukanzoto promote recovery from paclitaxel-induced neurite retraction in PC12 cells, Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, Vol.3, 20, 2017..[著者] ...
閲覧 田島 穂澄, 佐藤 陽一, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 : シタラビン投与による副作用発現と代謝経路関連遺伝子多型の関連解析, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月..[著者] ...
閲覧 谷垣 雄都, 佐藤 陽一, 山口 裕大, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 : テイコプラニン投与による副作用発現および血中濃度とCYP遺伝子多型との関連解析, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月..[著者] ...
閲覧 Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toru Imai, Kanako Nagao, Masafumi Kayano, Hidenori Sagara, Mitsuhiro Goda, Naoto Okada, Masayuki Chuma, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Toshihiro Koyama, Tadashi Koga, Hironori Nakura, Toshiaki Sendo and Keisuke Ishizawa : Evaluation of the Benefits of De-Escalation for Patients with Sepsis in the Emergency Intensive Care Unit., Journal of Pharmacy & Pharmaceutical Sciences, Vol.21, No.1, 54-59, 2018..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 中馬 真幸, 座間味 義人, 石澤 啓介 : 考え方がわかれば解き方がみえてくる クリニカルクエスチョンの解決 への道筋, 月刊薬事, (都市), 2018年(0月)..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Momoyo Azuma, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Masahiro Abe and Keisuke Ishizawa : Potential Usefulness of Early Potassium Supplementation for Preventing Severe Hypokalemia Induced by Liposomal Amphotericin B in Hematologic Patients: A Retrospective Study., Clinical Therapeutics, Vol.40, No.2, 252-260, 2018..[著者] ...
閲覧 山口 裕大, 谷垣 雄都, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 : CYP遺伝子多型とバンコマイシンの副作用発現及び血中濃度との関連解析, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 大森 理央, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 : ゲノムワイド関連解析を用いたビンクリスチンによる末梢神経障害発現関連遺伝子の同定, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 斉家 和仁, 合田 光寛, 伊勢 諒, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 岡田 直人, 武智 研志, 今西 正樹, 池田 康将, 演野 裕章, 堀ノ内 裕也, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 : シスプラチン誘発腎障害に対する脂質異常症治療薬の影響, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2018年11月..[著者] ...
閲覧 Yoshito Zamami, Y Kouno, T Niimura, Masayuki Chuma, T Imai, M Mitsui, T Koyama, M Kayano, Naoto Okada, H Hamano, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Y Kondo, Hiroaki Yanagawa, Y Kitamura, T Sendo, Y Ujike and Keisuke Ishizawa : Relationship between the administration of nicardipine hydrochloride and the development of delirium in patients on mechanical ventilation., Die Pharmazie, Vol.73, No.12, 740-743, 2018..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Hitoshi Kawazoe, Kenshi Takechi, Yoshihiro Matsudate, Ryo Utsunomiya, Yoshito Zamami, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Noriaki Hidaka, Koji Sayama, Yoshiaki Kubo, Akihiro Tanaka and Keisuke Ishizawa : Association Between Immune-Related Adverse Events and Clinical Efficacy in Patients with Melanoma Treated With Nivolumab: A Multicenter Retrospective Study., Clinical Therapeutics, Vol.41, No.1, 59-67, 2018..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Hirofumi Hamano, Shunsuke Ishida, Mitsuhiro Goda, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Masaki Imanishi and Keisuke Ishizawa : Pharmacovigilance evaluation of the relationship between impaired glucose metabolism and BCR-ABL inhibitor use by using an adverse drug event reporting database., Cancer Medicine, 2018..[著者] ...
閲覧 中馬 真幸, 近藤 正輝, 武智 研志, 座間味 義人, 合田 光寛, 岡田 直人, 石澤 啓介, 楊河 宏章 : 集中治療患者における臓器系統別評価方法の習得(4)臓器系統別評価3/5 : 感染・炎症・免疫管理 : 敗血症に対する抗菌薬治療を中心に, 社団法人 日本病院薬剤師会, (都市), 2019年2月..[著者] ...
閲覧 Hirofumi Hamano, Marin Mitsui, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Takahiro Nimura, Naoto Okada, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Hiroaki Yanagawa, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa : Irinotecan-induced neutropenia is reduced by oral alkalization drugs: analysis using retrospective chart reviews and the spontaneous reporting database., Supportive Care in Cancer, Vol.27, No.3, 849-856, 2019..[著者] ...
閲覧 座間味 義人, 新村 貴博, 川尻 雄大, 合田 光寛, 岡田 直人, 濱野 裕章, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 島添 隆雄, 石澤 啓介 : 大規模医療情報データベースを活用した抗がん剤誘発副作用に対する予防薬の探索, 第92回日本薬理学会年会 年会企画シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2019年3月..[著者] ...
閲覧 新村 貴博, 座間味 義人, 川尻 雄大, 合田 光寛, 岡田 直人, 萱野 純史, 小山 敏広, 今西 正樹, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 小林 大介, 島添 隆雄, 石澤 啓介 : ドラッグリポジショニング手法を用いたオキサリプラチン誘発末梢神経障害の予防薬探索, 第92回日本薬理学会年会 学生セッション, (巻), (号), (頁), 2019年3月..[著者] ...
閲覧 合田 光寛, 神田 将哉, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 生田 賢治, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 : シスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の有効性の検証, 第92回日本薬理学会年会, (巻), (号), (頁), 2019年3月..[著者] ...
閲覧 合田 光寛, 神田 将哉, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 生田 賢治, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : シスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の有効性の基礎的検証, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2019, (巻), (号), (頁), 2019年3月..[著者] ...
閲覧 合田 光寛, 神田 将哉, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 生田 賢治, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : ビッグデータを用いたシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索とその有効性の検証, 日本薬学会第139年会, (巻), (号), (頁), 2019年3月..[著者] ...
閲覧 (種別) : Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, Masahiro Oura, Hirofumi Hamano, Kenji Ikuta, Naoto Okada, Yasunobu Okamoto, Kimiko Sogabe, Mamiko Takahashi, Masami Iwasa, Kengo Udaka, Takeshi Harada, Kiyoe Kurahashi, Shiroh Fujii, Sumiko Yoshida, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara and Masahiro Abe : Correlation between high serum alkaline phosphatase levels and denosumab-related hypocalcemia in patients with multiple myeloma., British Journal of Haematology, Vol.186, No.2, 355-358, (発行所), (都市), March 2019..[著者] ...
閲覧 谷垣 雄都, 山口 裕大, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 : ゲノムワイド関連解析を用いたテイコプラニン・バンコマイシン投与による皮疹発現および血中濃度関連遺伝子座の同定, 日本薬学会 第139年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 合田 光寛, 斉家 和仁, 前川 晃子, 神田 将哉, 吉田 愛美, 村井 陽一, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 武智 研志, 濱野 裕章, 岡田 直人, 福島 圭穣, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 楊河 宏章, 石澤 啓介 : 医療ビッグデータを活用したシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索とその有効性の検証, 第4回中四国臨床薬理学会, (巻), (号), (頁), 2019年7月..[著者] ...
閲覧 Yoshito Zamami, Takahiro Niimura, Naoto Okada, Toshihiro Koyama, Keijo Fukushima, Yuki Izawa-Ishizawa and Keisuke Ishizawa : Factors Associated With Immune Checkpoint Inhibitor-Related Myocarditis., JAMA Oncology, 2019..[著者] ...
閲覧 Masayuki Chuma, Masateru Kondo, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Mitsuhiro Goda, Naoto Okada, Akitomo Shibata, Mizuho Asada, Jun Oto, Hiroaki Yanagawa and Keisuke Ishizawa : Successful dose adjustment of vancomycin utilizing cystatin C in septic patients with bacterial meningitis: A case report, FIP2019, (巻), (号), (頁), Abu Dhabi, Sep. 2019..[著者] ...
閲覧 Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Takahiro Niimura, Mitsuhiro Goda, Naoto Okada, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Keijo Fukushima, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa : Development of therapeutic agents using drug discovery tools and large-scale medical information, FIP2019, (巻), (号), (頁), Abu Dhabi, Sep. 2019..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Masayuki Chuma, Momoyo Azuma, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Hirofumi Hamano, Mitsuhiro Goda, Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Masahiro Abe and Keisuke Ishizawa : Effect of serum concentration and concomitant drugs on vancomycin-induced acute kidney injury in haematologic patients: a single-centre retrospective study., European Journal of Clinical Pharmacology, Vol.75, No.12, 1695-1704, 2019..[著者] ...
閲覧 合田 光寛, 座間味 義人, 新村 貴博, 武智 研志, 中馬 真幸, 萱野 純史, 濱野 裕章, 岡田 直人, 島添 隆雄, 石澤 有紀, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : 大規模医療情報データベースを活用したオキサリプラチン誘発末梢神経障害に対する予防薬探索, 第29回日本医療薬学会年会 シンポジウム12, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 小山 敏広, 濱野 裕章, 岡田 直人, 合田 光寛, 岡田 直人, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : 大規模医療情報データベースを活用した周術期領域における薬剤疫学研究, 第29回日本医療薬学会年会 シンポジウム9, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者]+[著者] ...
閲覧 中馬 真幸, 合田 光寛, 新村 貴博, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 有紀, 濱野 裕章, 石田 俊介, 新村 貴博, 近藤 正輝, 坂東 貴司, 岡田 直人, 福島 圭穣, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 楊河 宏章, 石澤 啓介 : ドラッグリポジショニング手法を用いたバンコマイシン関連腎障害の予防薬探索とその有用性の検討, 第13回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 神田 将哉, 合田 光寛, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : シスプラチン誘発腎障害に対する各種 5-HT3 受容体拮抗薬の影響, 第29回日本医療薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 村井 陽一, 合田 光寛, 神田 将哉, 新村 貴博, 吉田 愛美, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 : シスプラチンと各種5-HT3受容体拮抗薬の併用による腎機能への影響, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 定作 奈津美, 高橋 志門, 武智 研志, 中馬 真幸, 合田 光寛, 座間味 義人, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 : ドラッグリポジショニングによる大規模医療情報データベースを用いた新規抗てんかん薬の探索研究, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 Yoshito Zamami, Takahiro Niimura, Toshihiro Koyama, Yuta Shigemi, Yuki Izawa-Ishizawa, Mizuki Morita, Ayako Ohshima, Keisaku Harada, Toru Imai, Hiromi Hagiwara, Naoto Okada, Mitsuhiro Goda, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Yutaka Kondo, Koichiro Tsuchiya, Shiro Hinotsu, R Mitsunobu Kano and Keisuke Ishizawa : Search for Therapeutic Agents for Cardiac Arrest Using a Drug Discovery Tool and Large-Scale Medical Information Database., Frontiers in Pharmacology, Vol.10, 2019..[著者] ...
閲覧 座間味 義人, 新村 貴博, 川尻 雄大, 合田 光寛, 相澤 風花, 岡田 直人, 濱野 裕章, 武智 研志, 中馬 真幸, 石澤 有紀, 楊河 宏章, 石澤 啓介 : 大規模医療情報を活用した多施設共同臨床研究の提案, 第3回臨床薬理学集中講座フォローアップ・セミナー, (巻), (号), (頁), 2019年12月..[著者] ...
閲覧 合田 光寛, 神田 将哉, 前川 晃子, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 武智 研志, 濱野 裕章, 岡田 直人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 楊河 宏章, 石澤 啓介 : 大規模医療情報データベースを活用したシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索とその有効性の検証, 第40回日本臨床薬理学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2019年12月..[著者] ...
閲覧 遠藤 優香, 田島 穂澄, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 : 機械学習を用いたゲノム情報によるシタラビン投与の副作用発現予測モデルの構築, 日本薬学会年会要旨集, (巻), (号), 26M-am07S, 2020年3月..[著者] ...
閲覧 武井 みのり, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 : 遺伝情報を用いた機械学習による抗がん剤投与の味覚障害発現予測モデルの構築, 日本薬学会 第140年会, 2020年3月..[著者] ...
閲覧 遠藤 優香, 田島 穂澄, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 : 機械学習を用いたゲノム情報によるシタラビン投与の副作用発現予測モデルの構築, 日本薬学会 第140年会, 2020年3月..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 神農 麻里奈, 中村 信元, 三木 浩和, 渡邊 浩良, 合田 光寛, 中馬 真幸, 武智 研志, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 安倍 正博, 石澤 啓介 : 血液凝固因子製剤の在庫適正化に向けた取り組みによる薬剤廃棄額の削減効果, 日本病院薬剤師会雑誌, Vol.56, No.7, 803-808, 2020年7月..[著者] ...
閲覧 濱野 裕章, 三橋 知里, 座間味 義人, 岡田 直人, 武智 研志, 中馬 真幸, 石田 俊介, 坂本 久美子, 合田 光寛, 八木 健太, 桐野 靖, 中村 敏己, 石澤 啓介 : 入院栄養管理において薬剤師に期待される業務の多職種アンケート調査, 日本病院薬剤師会雑誌, Vol.56, No.10, 1181-1186, 2020年..[著者] ...
閲覧 Kenta Yagi, Marin Mitstui, Yoshito Zamami, Takahiro Niimura, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuhiro Goda, Masayuki Chuma, Kimiko Fukunaga, Takahiro Shibata, Shunsuke Ishida, Takumi Sakurada, Naoto Okada, Hirofumi Hamano, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Yanagawa and Keisuke Ishizawa : Investigation of drugs affecting hypertension in bevacizumab-treated patients and examination of the impact on the therapeutic effect., Cancer Medicine, 2020..[著者] ...
閲覧 相澤 風花, 合田 光寛, 神田 将哉, 吉岡 俊彦, 吉田 愛美, 新村 貴博, 八木 健太, 濱野 裕章, 岡田 直人, 座間味 義人, 石澤 有紀, 石澤 啓介 : シスプラチンと5-HT3受容体拮抗薬併用が腎機能障害に与える影響, 第30回日本循環薬理学会, (巻), (号), (頁), 2020年11月..[著者] ...
閲覧 武井 みのり, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 : 機械学習による遺伝情報を用いた抗がん剤投与の味覚障害発現予測モデルの構築, 第59回中国四国支部学術大会, 2020年12月..[著者] ...
閲覧 Tashima Hozumi, Endo Yuka, Naoto Okada, Shingen Nakamura, Kumiko Kagawa, Shiroh Fujii, Hirokazu Miki, Keisuke Ishizawa, Masahiro Abe and Youichi Sato : Association analysis between adverse drug reactions to cytarabine therapy and single nucleotide polymorphisms in cytarabine metabolic genes in patients with hematopoietic tumor, Personalized Medicine Universe, Vol.10, 1-6, 2021..[著者] ...
閲覧 合田 光寛, 座間味 義人, 新村 貴博, 萱野 純史, 濱野 裕章, 岡田 直人, 相澤 風花, 八木 健太, 石澤 有紀, 桐野 靖, 中村 敏己, 石澤 啓介 : 大規模医療情報データベースを活用した抗がん剤副作用予防のためのリバーストランスレーショナルリサーチ, 日本薬学会第140年会, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 相澤 風花, 座間味 義人, 濱野 裕章, 岡田 直人, 林 明希, 八木 健太, 合田 光寛, 桐野 靖, 中村 敏己, 石澤 啓介 : COVID-19感染拡大に伴うオンライン型薬学実務実習の導入, 日本薬学会第141年会, (巻), (号), (頁), 2021年3月..[著者] ...
閲覧 坂東 貴司, 中馬 真幸, 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 合田 光寛, 八木 健太, 濱野 裕章, 岡田 直人, 泉 侑希, 桐野 靖, 中村 敏己, 石澤 啓介 : 大規模医療情報データベースを活用したバンコマイシン関連腎障害に対する薬剤性腎障害原因薬剤の多剤併用における影響, 日本薬学会第141年会, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 石田 卓也, 三木 浩和, 髙橋 真美子, 中村 昌史, 水口 槙子, 住谷 龍平, 大浦 雅博, 曽我部 公子, 丸橋 朋子, 岡本 秀樹, 岡田 直人, 矢野 由美子, 高橋 真理, 友成 哲, 原田 武志, 藤井 志朗, 中村 信元, 賀川 久美子, 青田 桂子, 渡邊 浩良, 安倍 正博 : HIV感染血友病患者における臨床的特徴と今後の課題, 第262回徳島医学会学術集会, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 神田 将哉, 合田 光寛, 吉岡 俊彦, 吉田 愛美, 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 八木 健太, 濱野 裕章, 岡田 直人, 石澤 啓介 : シスプラチン誘発急性腎障害に対する各種5-HT3受容体拮抗薬併用の影響, 第94回日本薬理学会年会, (巻), (号), (頁), 2021年3月..[著者] ...
閲覧 Mitsuhiro Goda, Masaya Kanda, Toshihiko Yoshioka, Ami Yoshida, Yoichi Murai, Yoshito Zamami, Fuka Aizawa, Takahiro Niimura, Hirofumi Hamano, Naoto Okada, Kenta Yagi, Masayuki Chuma, Yuki Izawa-Ishizawa and Keisuke Ishizawa : Effects of 5-HT3 receptor antagonists on cisplatin-induced kidney injury., Clinical and Translational Science, 2021..[著者] ...
閲覧 谷 友歩, 中馬 真幸, 合田 光寛, 坂東 貴司, 近藤 正輝, 國木 悠理香, 濱野 裕章, 新村 貴博, 岡田 直人, 相澤 風花, 八木 健太, 石澤 有紀, 座間味 義人, 石澤 啓介 : 大規模医療情報および遺伝子発現データベースを活用したバンコマイシン関連腎障害に対する予防薬の探索とソの有用性の検討, 第139回日本薬理学会近畿部, 2021年6月..[著者] ...
閲覧 Yousuke Kaneko, Motoki Sugasaki, Naoto Okada, Mako Niimi, Saya Yasui, Taiki Hori, Ken-ichi Aihara, Makoto Takishita, Masahiro Abe and Shingen Nakamura : Artifactual prolongation of the activated partial thromboplastin time by amikacin or gentamicin with ellagic acid, but not silica activated reagent., International Journal of Laboratory Hematology, Vol.44, No.2, e72-e75, 2021..[著者] ...
閲覧 合田 光寛, 神田 将哉, 吉岡 俊彦, 吉田 愛美, 新村 貴博, 櫻田 巧, 小川 敦, 岡田 直人, 相澤 風花, 八木 健太, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 座間味 義人, 石澤 啓介 : 大規模医療情報データベースを活用した抗がん剤副作用に対する予防法の確立, 第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年10月..[著者] ...
閲覧 神田 将哉, 合田 光寛, 吉岡 俊彦, 吉田 愛美, 新村 貴博, 櫻田 巧, 小川 敦, 岡田 直人, 相澤 風花, 座間味 義人, 八木 健太, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 石澤 啓介 : 抗がん剤副作用予防のための大規模医療情報データベース解析を活用したリバーストランスレーショナルリサーチ, 第31回日本医療薬学会年会, 2021年10月..[著者] ...
閲覧 中馬 真幸, 中本 亜樹, 坂東 貴司, 新村 貴博, 岡田 直人, 相澤 風花, 濱野 裕章, 八木 健太, 合田 光寛, 座間味 義人, 石澤 啓介, 田崎 嘉一 : メタアナリシスとデータベース解析の融合によるハイインパクトエビデンスの創出, 第31回日本医療薬学会年会, 2021年10月..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 中本 亜樹, 泉 侑希, 中馬 真幸, 合田 光寛, 八木 健太, 相澤 風花, 濱野 裕章, 座間味 義人, 東 桃代, 石澤 啓介 : タゾバクタム・ピペラシリン併用時のバンコマイシン誘発腎障害は血中濃度時間曲線下面積を指標とした TDMによって回避可能か?, 第31回日本医療薬学会年会, 2021年10月..[著者] ...
閲覧 辻中 海斗, 岡田 直人, 藤原 範子, 合田 光寛, 八木 健太, 相澤 風花, 濱野 裕章, 櫻田 巧, 桐野 靖, 座間味 義人, 東 桃代, 石澤 啓介 : 医療従事者におけるインフルエンザ暴露後予防目的におけるオセルタミビルのアドヒアランス解析, 第31回日本医療薬学会年会, 2021年10月..[著者] ...
閲覧 谷 友歩, 中馬 真幸, 合田 光寛, 坂東 貴司, 近藤 正輝, 國木 悠理香, 濱野 裕章, 新村 貴博, 岡田 直人, 相澤 風花, 八木 健太, 石澤 啓介 : ビッグデータ解析を活用したバンコマイシン関連腎障害に対する予防薬の探索とその有用性の検討, 第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年10月..[著者] ...
閲覧 吉田 愛美, 合田 光寛, 杉本 祐悟, 八木田 ひかり, 神田 将哉, 吉岡 俊彦, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 相澤 風花, 濱野 裕章, 岡田 直人, 八木 健太, 座間味 義人, 石澤 啓介 : シスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索, 第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年10月..[著者] ...
閲覧 吉岡 俊彦, 合田 光寛, 神田 将哉, 吉田 愛美, 糸林 小友理, 杉本 祐悟, 石澤 有紀, 八木 健太, 相澤 風花, 濱野 裕章, 岡田 直人, 座間味 義人, 石澤 啓介 : シスプラチン誘発腎障害に対する杜仲葉エキスの効果, 第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年10月..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Yuki Izumi, Aki Nakamoto, Masayuki Chuma, Mitsuhiro Goda, Kenta Yagi, Fuka Aizawa, Hirofumi Hamano, Yoshito Zamami, Momoyo Azuma and Keisuke Ishizawa : Impact of Area Under the Concentration-Time Curve on the Prevalence of Vancomycin-Induced Nephrotoxicity in Combination With Tazobactam/Piperacillin or Cefepime: A Single-Institution Retrospective Study., Clinical Therapeutics, Vol.43, No.11, 1910-1920.e3, 2021..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 中本 亜樹, 泉 侑希, 中馬 真幸, 合田 光寛, 八木 健太, 相澤 風花, 濱野 裕章, 座間味 義人, 東 桃代, 石澤 啓介 : タゾバクタム・ピペラシリン併用時における血中濃度時間曲線下面積に基づくバンコマイシン誘発腎障害の評価, 第15回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会2021, 2021年11月..[著者] ...
閲覧 吉田 愛美, 合田 光寛, 杉本 祐悟, 八木田 ひかり, 神田 将哉, 吉岡 俊彦, 櫻田 巧, 相澤 風花, 濱野 裕章, 岡田 直人, 八木 健太, 石澤 有紀, 座間味 義人, 石澤 啓介 : シスプラチン誘発腎障害に対する新規予防候補薬の効果, 第140回日本薬理学会近畿部会, 2021年11月..[著者] ...
閲覧 山田 博貴, 大森 理央, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 : ゲノムワイド関連解析によるビンクリスチン副作用発現関連遺伝子の同定と機械学習を用いた副作用発現予測モデルの構築, 第60回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2021年11月..[著者] ...
閲覧 西條 早希, 中村 信元, 三木 浩和, 谷口 早紀, 岡本 秀樹, 富永 誠記, 岡田 直人, 矢野 由美子, 髙橋 真理, 青田 桂子, 菅 俊行, 渡邊 浩良, 大坂 朱美, 安倍 正博 : 徳島大学病院における先天性血友病患者(成人例)の実態調査∼移行期医療の重要性∼, 四国医学雑誌, Vol.77, No.5-6, 261-268, 2021年..[著者] ...
閲覧 高原 由実子, 三木 浩和, 中村 信元, 中村 昌史, 住谷 龍平, 大浦 雅博, 曽我部 公子, 髙橋 真美子, 丸橋 朋子, 岡本 秀樹, 岡田 直人, 矢野 由美子, 高橋 真理, 原田 武志, 藤井 志朗, 青田 桂子, 尾崎 修治, 安倍 正博 : HIV感染症および後天性免疫不全症候群患者の臨床的特徴と今後の課題., 第264回徳島医学会学術集会(令和3年度冬期), 2022年2月20日(Web開催), (巻), (号), (頁), 2022年2月..[著者] ...
閲覧 Yoshito Zamami, Takahiro Niimura, Takehiro Kawashiri, Mitsuhiro Goda, Yutaro Naito, Keijo Fukushima, Soichiro Ushio, Fuka Aizawa, Hirofumi Hamano, Naoto Okada, Kenta Yagi, Koji Miyata, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Toshihiro Koyama, Daisuke Kobayashi, Takao Shimazoe, Hiromichi Fujino, Yuki Izawa-Ishizawa and Keisuke Ishizawa : Identification of prophylactic drugs for oxaliplatin-induced peripheral neuropathy using big data., Biomedicine & Pharmacotherapy, Vol.148, (号), (頁), 2022..[著者] ...
閲覧 合田 光寛, 神田 将哉, 吉岡 俊彦, 新村 貴博, 櫻田 巧, 小川 敦, 岡田 直人, 相澤 風花, 八木 健太, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 座間味 義人, 石澤 啓介 : 医療ビッグデータ解析と基礎研究を融合した研究手法による抗がん剤誘発副作用に対する予防法の探索, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2022 シンポジウム 12, 2022年3月..[著者] ...
閲覧 吉岡 俊彦, 合田 光寛, 神田 将哉, 吉田 愛美, 糸林 小友理, 杉本 祐悟, 石澤 有紀, 八木 健太, 相澤 風花, 濱野 裕章, 岡田 直人, 座間味 義人, 石澤 啓介 : シスプラチン誘発急性腎障害に対するバルプロ酸ナトリウムの影響, 第95回日本薬理学会年会, 2022年3月..[著者] ...
閲覧 糸林 小友理, 合田 光寛, 吉田 愛美, 杉本 祐悟, 神田 将哉, 吉岡 俊彦, 櫻田 巧, 相澤 風花, 濱野 裕章, 岡田 直人, 八木 健太, 石澤 有紀, 座間味 義人, 石澤 啓介 : シスプラチン誘発腎障害に対するバルプロ酸ナトリウムの有効性の検証, 日本薬学会第142年会, 2022年3月..[著者] ...
閲覧 Masayuki Chuma, Aki Nakamoto, Takashi Bando, Takahiro Niimura, Yutaka Kondo, Hirofumi Hamano, Naoto Okada, Mizuho Asada, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Mitsuhiro Goda, Koji Miyata, Kenta Yagi, Toshihiko Yoshioka, Yuki Izawa-Ishizawa, Hiroaki Yanagawa, Yoshikazu Tasaki and Keisuke Ishizawa : Association between statin use and daptomycin-related musculoskeletal adverse events: A mixed approach combining a meta-analysis and a disproportionality analysis., Clinical Infectious Diseases, Vol.75, No.8, 1416-1422, 2022..[著者] ...
閲覧 Masaya Kanda, Mitsuhiro Goda, Akiko Maegawa, Toshihiko Yoshioka, Ami Yoshida, Koji Miyata, Fuka Aizawa, Takahiro Niimura, Hirofumi Hamano, Naoto Okada, Takumi Sakurada, Masayuki Chuma, Kenta Yagi, Yuki Izawa-Ishizawa, Hiroaki Yanagawa, Yoshito Zamami and Keisuke Ishizawa : Discovery of preventive drugs for cisplatin-induced acute kidney injury using big data analysis., Clinical and Translational Science, Vol.15, No.7, 1664-1675, 2022..[著者] ...
閲覧 阿部 あかね, 東 桃代, 岡田 直人, 佐藤 雅美, 高橋 真理, 矢野 由美子, 西岡 安彦 : 当院における血液培養,Clostridioides difficile検査に対するDiagnostic stewardshipの取り組み, 第70回日本化学療法学会総会, 2022年6月..[著者] ...
閲覧 糸林 小友理, 合田 光寛, 吉田 愛美, 杉本 祐悟, 神田 将哉, 吉岡 俊彦, 櫻田 巧, 相澤 風花, 濱野 裕章, 岡田 直人, 八木 健太, 石澤 有紀, 座間味 義人, 石澤 啓介 : 抗がん剤誘発急性腎障害に対するバルプロ酸ナトリウムの影響, 医療薬学フォーラム2022/第30回 クリニカルファーマシーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2022年7月..[著者] ...
閲覧 合田 光寛, 神田 将哉, 吉岡 俊彦, 吉田 愛美, 糸林 小友理, 新村 貴博, 櫻田 巧, 小川 敦, 岡田 直人, 相澤 風花, 八木 健太, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 座間味 義人, 石澤 啓介 : 遺伝子発現および大規模医療情報データベースを活用したシスプラチン関連腎障害に対する予防薬の探索, 第51回 日本心脈管作動物質学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2022年7月..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Akikazu Murakami, Masami Satou, Shingen Nakamura, Shiroh Fujii, Kimiko Sogabe, Mamiko Takahashi, Asami Okada, Akane Abe, Hideki Fujii, Masahiro Abe, Momoyo Azuma and Keisuke Ishizawa : First reported case of Lachnoanaerobaculum gingivalis bacteremia in an acute myeloid leukemia patient with oral mucositis during high dose chemotherapy., Anaerobe, Vol.76, (号), (頁), 2022..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 合田 光寛, 石澤 啓介 : 【How to 編】臨床研究はじめの一歩:研究の「種」の見つけ方と育て方, 第32回日本医療薬学会年会 シンポジウム3, (巻), (号), (頁), 2022年9月..[著者] ...
閲覧 椋田 千晶, 小川 敦, 合田 光寛, 吉岡 俊彦, 新村 貴博, 牛尾 聡一郎, 江角 悟, 岡田 直人, 座間味 義人, 石澤 啓介 : 有害事象自発報告データベースを用いたダントロレン誘発高カリウム血症に影響を与える因子の解析, 第32回日本医療薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2022年9月..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 中村 信元, 清水 太郎, 安藤 英紀, 相澤 風花, 新村 貴博, 八木 健太, 合田 光寛, 石田 竜弘, 石澤 啓介 : 免疫不全リスクを有する患者における新型コロナワクチンによる抗体獲得能に影響を与える因子の検討, 第32回日本医療薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2022年9月..[著者] ...
閲覧 Masayuki Chuma, Hirofumi Hamano, Takashi Bando, Masateru Kondo, Naoto Okada, Yuki Izumi, Shunsuke Ishida, Toshihiko Yoshioka, Mizuho Asada, Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Mitsuhiro Goda, Koji Miyata, Kenta Yagi, Sachiko Kasamo, Yuki Izawa-Ishizawa, Momoyo Azuma, Hiroaki Yanagawa, Yoshikazu Tasaki and Keisuke Ishizawa : Non-recovery of vancomycin-associated nephrotoxicity is related to worsening survival outcomes: Combined retrospective analyses of two real-world databases., Basic & Clinical Pharmacology & Toxicology, Vol.131, No.6, 525-535, 2022..[著者] ...
閲覧 Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Koji Miyata, Takahisa Mikami, Mizuho Asada, Keijo Fukushima, Masaki Yoshino, Satoru Mitsuboshi, Naoto Okada, Hirofumi Hamano, Takumi Sakurada, Rie Matsuoka-Ando, Fuka Aizawa, Kenta Yagi, Mitsuhiro Goda, Masayuki Chuma, Toshihiro Koyama, Yuki Izawa-Ishizawa, Hiroaki Yanagawa, Hiromichi Fujino, Yoshihiro Yamanishi and Keisuke Ishizawa : Characterization of Immune Checkpoint Inhibitor-Induced Myasthenia Gravis Using the US Food and Drug Administration Adverse Event Reporting System., Journal of Clinical Pharmacology, Vol.63, No.4, 473-479, 2022..[著者] ...
閲覧 高原 由実子, 三木 浩和, 中村 信元, 林 成樹, 住谷 龍平, 大浦 雅博, 曽我部 公子, 髙橋 真美子, 丸橋 朋子, 富永 誠記, 岡本 秀樹, 岡田 直人, 矢野 由美子, 高橋 真理, 大坂 朱美, 原田 武志, 藤井 志朗, 菅 俊行, 青田 桂子, 尾崎 修治, 安倍 正博 : 徳島県におけるHIV感染症および後天性免疫不全症候群患者の臨床的特徴と今後の課題, 四国医学雑誌, Vol.78, No.5-6, 193-198, 2022年..[著者] ...
閲覧 岡田 直人, 清水 太郎, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 石澤 啓介, 北原 隆志 : 血液腫瘍患者における抗PEG抗体価の定量評価によるPEG修飾G-CSF関連有害事象の予測, 医療薬学フォーラム2023 / 第31回クリニカルファーマシーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2023年7月..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Takahiro Niimura, Atsuyuki Saisyo, Yoshitaka Kawaguchi, Keisuke Ishizawa and Takashi Kitahara : Pharmacovigilance Study on Eosinophilic Pneumonia Induced by Anti-MRSA Agents: Analysis Based on the FDA Adverse Event Reporting System., Open forum infectious diseases, Vol.10, No.8, (頁), 2023..[著者] ...
閲覧 Naoto Okada, Hirofumi Hamano, Kenta Yagi, Takahiro Niimura, Fuka Aizawa, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Takashi Kitahara and Keisuke Ishizawa : Effect of pre-treatment with EGFR-TKIs on immune checkpoint inhibitor-associated interstitial lung disease in lung cancer patients: Analysis using a Japanese claims database., International journal of clinical pharmacology and therapeutics, Vol.62, No.2, 69-76, 2024..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.87, Max(EID) = 407307, Max(EOID) = 1103849.