『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 三宅 雅人 ([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])

登録情報の数

有効な情報: 132件 + 無効な情報: 7件 = 全ての情報: 139件

全ての有効な情報 (132件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
閲覧 (未定義) …(115)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Masato Miyake, Shinichiro Hayashi, Tomomi Sato, Yoshikazu Taketa, Kouichi Watanabe, Shinji Hayashi, Sachi Tanaka, Shyuichi Ohwada, Hisashi Aso and Takahiro Yamaguchi : Myostatin and MyoD family expression in skeletal muscle of IGF-1 knockout mice., Cell Biology International, Vol.31, No.10, 1274-1279, 2007..[著者] ...
閲覧 Shinichiro Hayashi, Masato Miyake, Kouichi Watanabe, Hisashi Aso, Seigo Hayashi, Shyuichi Ohwada and Takahiro Yamaguchi : Myostatin preferentially down-regulates the expression of fast 2x myosin heavy chain in cattle., Proceedings of the Japan Academy. Series B, Physical and biological sciences, Vol.84, No.8, 354-362, 2008..[著者] ...
閲覧 Yasuhiro Nagai, Hideki Ogasawara, Yoshikazu Taketa, Hisashi Aso, Takashi Kanaya, Masato Miyake, Kouichi Watanabe, Shyuichi Ohwada, Yoshihiro Muneta and Takahiro Yamaguchi : Expression of inflammatory-related factors in porcine anterior pituitary-derived cell line., Veterinary Immunology and Immunopathology, Vol.124, No.3-4, 201-208, 2008..[著者] ...
閲覧 Susumu Muroya, Kouichi Watanabe, Shinichiro Hayashi, Masato Miyake, Shigeru Konashi, Youichi Sato, Manabu Takahashi, Shigeki Kawahata, Yoshisato Yoshikawa, Hisashi Aso, Koichi Chikuni and Takahiro Yamaguchi : Muscle type-specific effect of myostatin deficiency on myogenic regulatory factor expression in adult double-muscled Japanese Shorthorn cattle., Animal Science Journal, Vol.80, No.6, 678-685, 2009..[著者] ...
閲覧 Masato Miyake, Shinichiro Hayashi, Shunsuke Iwasaki, Guozheng Chao, Hideyuki Takahashi, Kouichi Watanabe, Shyuichi Ohwada, Hisashi Aso and Takahiro Yamaguchi : Possible role of TIEG1 as a feedback regulator of myostatin and TGF-beta in myoblasts., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.393, No.4, 762-766, 2010..[著者] ...
閲覧 Masato Miyake, Shinichiro Hayashi, Yoshikazu Taketa, Shunsuke Iwasaki, Kouichi Watanabe, Shyuich Ohwada, Hisashi Aso and Takahiro Yamaguchi : Myostatin down-regulates the IGF-2 expression via ALK-Smad signaling during myogenesis in cattle., Animal Science Journal, Vol.81, No.2, 223-229, 2010..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Watanabe, Daisuke Akasaka, Hideki Ogasawara, Kan Sato, Masato Miyake, Kazuki Saito, Yu Takahashi, Takashi Kanaya, Ikuro Takakura, Tetsuya Hondo, Guozheng Chao, T Michael Rose, Shyuichi Ohwada, Kouichi Watanabe, Takahiro Yamaguchi and Hisashi Aso : Peripheral serotonin enhances lipid metabolism by accelerating bile acid turnover., Endocrinology, Vol.151, No.10, 4776-4786, 2010..[著者] ...
閲覧 Masato Miyake, Shinichiro Hayashi, Shunsuke Iwasaki, Takafumi Uchida, Kouichi Watanabe, Shyuichi Ohwada, Hisashi Aso and Takahiro Yamaguchi : TIEG1 negatively controls the myoblast pool indispensable for fusion during myogenic differentiation of C2C12 cells., Journal of Cellular Physiology, Vol.226, No.4, 1128-1136, 2011..[著者] ...
閲覧 高原 一菜, 伊藤 太二, 森 智子, Robert Zeng, 船橋 茉莉, 宮本 千伸, 香川 聖子, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 田中 栄二, 森 和俊, 親泊 政一 : DSS誘発性大腸炎におけるATF6αとATF6βの役割, 第84回日本生化学会大会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 Masato Miyake, Hideyuki Takahashi, Eri Kitagawa, Hitoshi Watanabe, Takahiro Sakurada, Hisashi Aso and Takahiro Yamaguchi : AMPK activation by AICAR inhibits myogenic differentiation and myostatin expression in cattle., Cell and Tissue Research, Vol.349, No.2, 615-623, 2012..[著者] ...
閲覧 Shunsuke Iwasaki, Masato Miyake, Hitoshi Watanabe, Eri Kitagawa, Kouichi Watanabe, Shyuichi Ohwada, Haruki Kitazawa, Michael T. Rose and Hisashi Aso : Expression of myostatin in neural cells of the olfactory system., Molecular Neurobiology, Vol.47, No.1, 1-8, 2012..[著者] ...
閲覧 佐藤 亮祐, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 高原 一菜, 野村 明利, 津川 和江, 小倉 淳, 親泊 政一 : 小胞体ストレス伝達タンパク質ATF6βは成長軟骨細胞の機能成熟に重要である, 第7回小胞体ストレス研究会, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 野村 明利, 高原 一菜, 小倉 淳, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 : 骨格筋での小胞体ストレスなどによる eIF2a リン酸化はエネルギー消費を増大させて肥満を抑制する, 第7回小胞体ストレス研究会, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 野村 明利, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 : 骨格筋での小胞体ストレスなどによる eIF2αリン酸化はエネルギー消費を増大させて肥満を抑制する, 第7回臨床ストレス応答学会大会, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 野村 明利, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 : 骨格筋での小胞体ストレスなどによる eIF2a リン酸化はエネルギー消費を増大させて肥満を抑制する, 第 24 回 分子糖尿病学シンポジウム, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 高原 一菜, 伊藤 太二, 森 智子, ロバート ゼング, 船橋 茉莉, 宮本 千伸, 香川 聖子, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 津川 和江, 田中 栄二, 森 和俊, 親泊 政一 : DSS誘発性大腸炎モデルを用いたATF6αとATF6βの機能解析, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 佐藤 亮祐, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 高原 一菜, 野村 明利, 津川 和江, 小倉 淳, 井上 寛, 安井 夏生, 親泊 政一 : FGFR3遺伝子異常による軟骨異形成症における小胞体ストレスの関与, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 野村 明利, 三宅 雅人, 井上 寛, 小倉 淳, 森 智子, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 小胞体ストレスなどにより活性化されるPERK-eIF2αリン酸化シグナルによる脂肪細胞機能調節の解明, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 倉橋 清衛, 森 智子, 井上 寛, 小倉 淳, 津川 和江, 三宅 雅人, 井上 寛, 松本 俊夫, 親泊 政一 : 飽和脂肪酸による膵β細胞のインスリン分泌低下には小胞体膜流動性の変化による小胞体ストレスが関与し,PERK経路の活性化により改善される, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 野村 明利, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 : 骨格筋における小胞体ストレスなどからのeIF2αリン酸化はエネルギー消費を制御して食事性肥満を防ぐ, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 野村 明利, 高原 一菜, 小倉 淳, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 : 骨格筋での小胞体ストレスなどからのeIF2αリン酸化によるエネルギー消費の制御と抗肥満作用, Pharma Medica, Vol.31, No.2, 161, 2013年2月..[著者] ...
閲覧 佐藤 亮祐, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 高原 一菜, 野村 明利, 津川 和江, 小倉 淳, 安井 夏生, 親泊 政一 : 小胞体ストレス伝達蛋白質ATF4βは成長軟骨細胞の機能成熟に重要である, Pharma Medica, Vol.31, No.2, 163, 2013年2月..[著者] ...
閲覧 野村 明利, 三宅 雅人, 井上 寛, 小倉 淳, 森 智子, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 小胞体ストレスなどにより活性化されるPERK-eIF2αリン酸化シグナルによる脂肪細胞機能調節の解明, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月..[著者] ...
閲覧 倉橋 清衛, 三浦 直子, 宮本 千伸, 津川 和江, 森 智子, 親泊 美帆, 三宅 雅人, 小倉 淳, 松本 俊夫, 親泊 政一 : 膵β細胞における飽和脂肪酸による脂肪毒性に小胞体膜流動性の低下とPERK経路が影響する, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 野村 明利, 高原 一菜, 小倉 淳, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 : 骨格筋における小胞体ストレスなどによるeIF2αリン酸化は全身のエネルギー消費を増加させて肥満を抑制する, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月..[著者] ...
閲覧 野村 明利, 三宅 雅人, 井上 寛, 小倉 淳, 森 智子, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 小胞体ストレスなどにより活性化されるPERK-eIF2αリン酸化シグナルによる脂肪細胞機能調節の解明, 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, 2013年6月..[著者] ...
閲覧 Shunsuke Iwasaki, Masato Miyake, Shinichiro Hayashi, Hitoshi Watanabe, Yuya Nagasawa, Shunsuke Terada, Kouichi Watanabe, Shyuichi Ohwada, Haruki Kitazawa, Michael T. Rose and Hisashi Aso : Effect of myostatin on chemokine expression in regenerating skeletal muscle cells., Cells, Tissues, Organs, Vol.198, No.1, 66-74, 2013..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 野村 明利, 小倉 淳, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 : 骨格筋における小胞体ストレスなどによるeIF2αリン酸化はFgf21を介したエネルギー消費の増加によって食事性肥満を防ぐ, 第31回内分泌代謝学サマーセミナー, 2013年7月..[著者] ...
閲覧 Masato Miyake, NOMURA AKITOSHI, Atsushi Ogura, Kazuna Takahara, Kiyoe Kurahashi, Ryosuke Sato, Miho Oyadomari, Hiroshi Inoue and Seiichi Oyadomari : Phosphorylation of eIF2 in skeletal muscle increases energy expenditure and are resistant to diet induced obesity., The American Diabetes Association's 73nd Scientific Sessions, (都市), July 2013..[著者] ...
閲覧 Nomura Akitoshi, Masato Miyake, Atsushi Ogura, Kiyoe Kurahashi, Mori Tomoko, Tsugawa Kazue, Miyamoto Chinobu, Miho Oyadomari and Seiichi Oyadomari : Role of the PERK signaling pathway in metabolic process, International Symposium Hannover-Tokushima Research Communication, (都市), Aug. 2013..[著者] ...
閲覧 野村 明利, 三宅 雅人, 小倉 淳, 森 智子, 津川 和江 : 小胞体ストレスなどにより活性化されるeIF2αリン酸化シグナルによる脂肪細胞機能調節の解明, 第86回日本生化学会大会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 高原 一菜, 三宅 雅人, 野村 明利, 小倉 淳, 親泊 美帆, 森 智子, 宮本 千伸, 三浦 直子, 津川 和江, 田中 栄二, 森 和俊, 親泊 政一 : 小胞体ストレス応答伝達タンパク質ATF6-alphaとATF6-betaの代謝における役割, 第86回日本生化学会大会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 高原 一菜, 三宅 雅人, 野村 明利, 小倉 淳, 親泊 美帆, 森 智子, 宮本 千伸, 三浦 直子, 津川 和江, 田中 栄二, 森 和俊, 親泊 政一 : 軟骨異形成症の原因である変異型FGFR3は小胞体ストレスを介して軟骨細胞のアポトーシスを誘導する, (誌名), (巻), (号), (頁), 2013年9月..[著者] ...
閲覧 佐藤 亮祐, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 高原 一菜, 野村 明利, 津川 和江, 安井 夏生, 親泊 政一 : 軟骨異形成症の原因である変異型FGFR3は小胞体ストレスを介して軟骨細胞のアポトーシスを誘導する, 第86回日本生化学会大会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 野村 明利, 小倉 淳, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 : 骨格筋での小胞体ストレスなどからのeIF2αリン酸化はFgf21発現を誘導しエネルギー消費の増加によって食事性肥満を防ぐ, 第86回日本生化学会大会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 倉橋 清衛, 森 智子, 野村 明利, 小倉 淳, 津川 和江, 宮本 千伸, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 松本 俊夫, 親泊 政一 : ポスター発表 飽和脂肪酸は小胞体膜の流動性低下によるPERK経路の活性化を介して膵β細胞におけるインスリン分泌を低下させる, 第86回日本生化学会大会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 野村 明利, 三宅 雅人, 小倉 淳, 森 智子, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 小胞体ストレスなどにより活性化されるeIF2αリン酸化シグナルによる脂肪細胞機能調節の解明, 第86回日本生化学会大会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 倉橋 清衛, 森 智子, 野村 明利, 小倉 淳, 津川 和江, 宮本 千伸, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 松本 俊夫, 親泊 政一 : 飽和脂肪酸は小胞体膜の流動性低下によるPERK経路の活性化を介して膵β細胞におけるインスリン分泌を低下させる, 第86回日本生化学会大会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 野村 明利, 三宅 雅人, 小倉 淳, 森 智子, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 美帆, 親泊 政一 : ポスター発表 小胞体ストレスなどにより活性化されるeIF2αリン酸化シグナルによる脂肪細胞機能調節の解明, 第86回日本生化学会大会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 長野 明彦, 三宅 雅人, 平井 寛人, 寺西 研二, 下村 直行, 親泊 政一 : パルス高電界による骨格筋機能制御の基礎研究, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 240, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 野村 明利, 三宅 雅人, 小倉 淳, 森 智子, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 小胞体ストレスなどにより活性化されるeIF2αリン酸化シグナルによる脂肪細胞機能調節, 第8回小胞体ストレス研究会, 2013年10月..[著者] ...
閲覧 H Takahashi, K Sato, T Yamaguchi, Masato Miyake, H Watanabe, Y Nagasawa, E Kitagawa, S Terada, M Urakawa, M T. Rose, C D. McMahon, K Watanabe, S Ohwada, T Gotoh and H Aso : Myostatin alters glucose transporter-4 (GLUT4) expression in bovine skeletal muscles and myoblasts isolated from double-muscled (DM) and normal-muscled (NM) Japanese shorthorn cattle., Domestic Animal Endocrinology, Vol.48, (号), 62-68, 2014..[著者] ...
閲覧 Hiroto Hirai, Masato Miyake, Akihiko Nagano, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Seiichi Oyadomari : Investigation About Effects on Endoplasmic Reticulum Stress Responses by Applying Nanosecond Pulsed Electricfields, Proceedings of the 2014 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 419-422, Santa Fe, June 2014..[著者] ...
閲覧 Masato Miyake, Kiyoe Kurahashi and Seiichi Oyadomari : Identification and Characterization of a Small-molecule Inducer of ATF4 for Promoting Insulin Synthesis in Pancreatic cells, 74th ADA Scientific Sessions, (都市), June 2014..[著者] ...
閲覧 谷内 秀輔, 三宅 雅人, 親泊 政一 : ゲノム編集技術を用いたIntegrated Stress Response(ISR)の解析, 第9回小胞体ストレス研究会, 2014年7月..[著者] ...
閲覧 倉橋 清衛, 森 智子, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 木村 千寿子, 三宅 雅人, 松本 俊夫, 親泊 政一 : 飽和脂肪酸による膵β細胞の小胞体膜の組成変化は,PERK経路活性化を遷延させ翻訳抑制を介してインスリン分泌を低下させる, 第9回小胞体ストレス研究会, 2014年7月..[著者] ...
閲覧 佐藤 亮祐, 三宅 雅人, 松尾 顕, 張 君, 谷内 秀輔, 倉橋 清衛, 高原 一菜, 久永 哲, 西良 浩一, 親泊 政一 : 軟骨分化におけるATF6βの役割, 第9回小胞体ストレス研究会, 2014年7月..[著者] ...
閲覧 張 君, 三宅 雅人, 親泊 政一 : ゲノム編集技術を用いた小胞体ストレス応答の解析, 第9回小胞体ストレス研究会, 2014年7月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 森 智子, 宮本 千伸, 津川 和江, 三浦 恭子, 北原 吉朗, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 小胞体ストレス応答を制御する新規化合物によるインスリン生合成の促進, 第9回小胞体ストレス研究会, 2014年7月..[著者] ...
閲覧 福田 寛, 三宅 雅人, 平井 寛人, 寺西 研二, 下村 直行, 親泊 政一 : ナノ秒パルス電界による HeLa細胞,HEK293細胞の活性化, 平成26年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 239, 2014年9月..[著者] ...
閲覧 谷内 秀輔, 三宅 雅人, 津川 和江, 親泊 政一 : Integrated stress response を担う第 5 の eIF2αキナーゼが存在する可能性の CRISPR/Cas9 システムを用いた検証, 第9回臨床ストレス応答学会大会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 張 君, 三宅 雅人, 津川 和江, 親泊 政一 : CRISPR/Cas9 を用いた小胞体ストレス応答伝達タンパク質の検証, 第9回臨床ストレス応答学会大会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 倉橋 清衛, 森 智子, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 木村 千寿子, 三宅 雅人, 松本 俊夫, 親泊 政一 : 飽和脂肪酸は膵β細胞の小胞体膜の組成を変化させ,PERK 経路の活性化による翻訳抑制を介してインスリン分泌を低下させる, 第9回臨床ストレス応答学会大会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 張 君, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 肥満に伴う脂肪組織での慢性炎症の増悪プロセスへの小胞体ストレス応答経路の関与, 第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 倉橋 清衛, 森 智子, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 木村 千寿子, 三宅 雅人, 松本 俊夫, 親泊 政一 : 飽和脂肪酸は膵β細胞の小胞体膜の組成を変化させ,PERK 経路の活性化による翻訳抑制を介してインスリン分泌を低下させる, 第26回分子糖尿病学シンポジウム, 2014年12月..[著者] ...
閲覧 倉橋 清衛, 森 智子, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 高原 一菜, 木村 千寿子, 三宅 雅人, 松本 俊夫, 親泊 政一 : 膵β細胞での脂肪毒性における小胞体ストレス応答の役割の解明, 第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年5月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 張 君, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 小胞体ストレスなどで活性化されるeIF2αリン酸化シグナルによる摂食調節を介した肥満抑制作用, 第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年5月..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Fukuda, Masato Miyake, Hiroto Hirai, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Seiichi Oyadomari : Effects on Endoplasmic Reticulum Stress Response of Applying Nanosecond Pulsed Electric Fields, Digest of Technical Papers-IEEE International Pulsed Power Conference, 370-373, Austin, June 2015..[著者] ...
閲覧 Kiyoe Kurahashi, 森 智子, 宮本 千伸, 津川 和江, Miho Oyadomari, Kazuna Takahara, 木村 千寿子, Masato Miyake, Toshio Matsumoto and Seiichi Oyadomari : Saturated Fatty Acids Predominantly Activate PERK Pathway via Altered Composition of the Endoplasmic Reticulum Membrane, and Reduce Insulin Secretion in Pancreatic Cell by Translation Attenuation, 75th ADA scientific sessions, (都市), June 2015..[著者] ...
閲覧 Masato Miyake, Akitoshi Nomura, Atsushi Ogura, Kenji Takehana, Yoshihiro Kitahara, Kazuna Takahara, Kazue Tsugawa, Chinobu Miyamoto, Naoko Miura, Ryosuke Sato, Kiyoe Kurahashi, P Heather Harding, Miho Oyadomari, David Ron and Seiichi Oyadomari : Skeletal muscle-specific eukaryotic translation initiation factor 2 phosphorylation controls amino acid metabolism and fibroblast growth factor 21-mediated non-cell-autonomous energy metabolism., The FASEB journal, Vol.30, No.2, 798-812, 2015..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 森 智子, 宮本 千伸, 津川 和江, 三浦 恭子, 北原 吉朗, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 小胞体ストレスを標的とした膵β細胞でのインスリン生合成を促進する新規化合物の同定, 第10回臨床ストレス応答学会大会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 森本 雅俊, 久永 哲, 張 君, 谷内 秀輔, 山川 哲生, 三宅 雅人, 西良 浩一, 親泊 政一 : ATF6αの骨形成における役割, 第10回小胞体ストレス研究会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 高原 一菜, 森本 雅俊, 倉橋 清衛, 親泊 政一 : ATF6βの肥満・糖尿病における役割, 第10回小胞体ストレス研究会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 張 君, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 美帆, 親泊 政一 : CRISPR/Cas9 を用いた小胞体ストレス応答伝達タンパク質の検証, 第10回小胞体ストレス研究会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 谷内 秀輔, 三宅 雅人, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 : CRISPR/Cas9を用いた統合的ストレス応答に関与するeIF2αキナーゼの解析, 第10回小胞体ストレス研究会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 佐藤 亮祐, 三宅 雅人, 谷内 秀輔, 山川 哲生, 張 君, 倉橋 清衛, 森本 雅俊, 久永 哲, 西良 浩一, 親泊 政一 : ATF6βは非古典的小胞体ストレス応答として軟骨細胞分化を制御する, 第38回分子生物学会年会・第88回生化学会年会合同大会, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 張 君, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 美帆, 親泊 政一 : CRISPR/Cas9 を用いた小胞体ストレス応答伝達タンパク質の検証, 第38回分子生物学会年会・第88回生化学会年会合同大会, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 張 君, 志内 哲也, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 小胞体ストレスなどで活性化されるeIF2αリン酸化シグナルによる摂食調節を介した肥満抑制作用, 第38回分子生物学会年会・第88回生化学会年会合同大会, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 山川 哲生, 小倉 淳, 三宅 雅人, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 : PERK経路の下流因子によって制御される癌細胞増殖機構について, 第38回分子生物学会年会・第88回生化学会年会合同大会, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 谷内 秀輔, 三宅 雅人, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 : CRISPR/Cas9システムを用いた統合的ストレス応答を制御するeIF2αキナーゼの検証, 第38回分子生物学会年会・第88回生化学会年会合同大会, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 森 智子, 宮本 千伸, 津川 和江, 三浦 恭子, 北原 吉朗, 親泊 政一 : 小胞体ストレスを減弱させ膵β細胞でのインスリン生合成を促進する新規化合物の同定, 第27回 分子糖尿病学シンポジウム, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 親泊 政一, 三宅 雅人 : マイオカインによる代謝調節, 日本臨牀 増刊号, Vol.74, No.1, 179-183, 2016年2月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 高原 一菜, 張 君, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 : ATF6βの肥満・糖尿病における役割の解明, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月..[著者] ...
閲覧 倉橋 清衛, 河野 恵理, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 木村 千寿子, 久永 哲, 森本 雅俊, 山川 哲生, 谷内 秀輔, 張 君, 三宅 雅人, 安倍 正博, 親泊 政一 : ラベルフリー測定によるハイスループットスクリーニングを用いた新規インスリン分泌促進薬の探索, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月..[著者] ...
閲覧 Shusuke Taniuchi, Masato Miyake, Kazue Tsugawa, Miho Oyadomari and Seiichi Oyadomari : Integrated stress response of vertebrates is regulated by four eIF2α kinases., Scientific Reports, Vol.6, 32886, 2016..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 張 君, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 脂肪組織での小胞体ストレスなどで活性化されるeIF2αリン酸化シグナルによる肥満抑制作用, 第89回日本生化学会大会, 2016年9月..[著者] ...
閲覧 張 君, 三宅 雅人, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 政一 : UPR⽋損マウス胎児線維芽細胞は⼩胞体からのCa2+放出を介してアポトーシスを誘導する, 第11回小胞体ストレス研究会, 2016年10月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 親泊 政一 : 脂肪細胞におけるPERK 経路を起点とした細胞間相互作⽤による細胞死の誘導, 第11回小胞体ストレス研究会, 2016年10月..[著者] ...
閲覧 山川 哲生, 三宅 雅人, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 腎癌の予後に関係する新規PERK 経路下流因⼦(ncRNA)について, 第11回小胞体ストレス研究会, 2016年10月..[著者] ...
閲覧 谷内 秀輔, 三宅 雅人, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 哺乳類ミトコンドリアUPR は統合的ストレス応答を介さずに誘導される, 第11回小胞体ストレス研究会, 2016年10月..[著者] ...
閲覧 張 君, 三宅 雅人, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 政一 : UPR欠損マウス胎児線維芽細胞は小胞体からのCa2+放出を介してアポトーシスを誘導する, 第11回臨床ストレス応答学会大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 Kiyoe Kurahashi, Seika Inoue, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Kana Morimoto, Ryoko Uemoto, Kazue Ishikawa, Takeshi Kondo, Tomoyuki Yuasa, Itsuro Endo, Masato Miyake, Seiichi Oyadomari, Toshio Matsumoto, Masahiro Abe, Hiroshi Sakaue and Ken-ichi Aihara : The Role of Heparin Cofactor in the Regulation of Insulin Sensitivity and Maintenance of Glucose Homeostasis in Humans and Mice., Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2017..[著者] ...
閲覧 張 君, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 津川 和江, 尾野 雅哉, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 高血糖に伴うIRE1のO-GlcNAc修飾は小胞体ストレス応答を減弱させる, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月..[著者] ...
閲覧 Masatoshi Morimoto, Fumitake Tezuka, Fumio Hayashi, Kazuta Yamashita, Yoichiro Takata, Toshinori Sakai, Kousaku Higashino, Akihiro Nagamachi, Koichi Sairyo, Ryosuke Sato, Masato Miyake and Seiichi Oyadomari : ER STRESS AGGRAVATES THE HYPERTROPHY OF THE LIGAMNTUM FLAVUM, International Society for the Study of Lumbar Spine(ISSLS) 2017( May 29June 2, 2017), Athens, May 2017..[著者] ...
閲覧 Masato Miyake, Masashi Kuroda, Hiroshi Kiyonari, Kenji Takehana, Satoshi Hisanaga, Masatoshi Morimoto, Jun Zhang, Miho Oyadomari, Hiroshi Sakaue and Seiichi Oyadomari : Ligand-induced rapid skeletal muscle atrophy in HSA-Fv2E-PERK transgenic mice., PLoS ONE, Vol.12, No.6, e0179955, 2017..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 谷内 秀輔, 久永 哲, 親泊 美帆, 親泊 政一 : CRISPRライブラリーを用いた新規小胞体ストレス応答制御因子の同定, 第12回小胞体ストレス研究会, 2017年10月..[著者] ...
閲覧 森本 雅俊, 三宅 雅人, 久永 哲, 谷内 秀輔, 張 君, 西良 浩一, 親泊 政一 : 黄色靭帯肥厚における小胞体ストレスの役割, 第12回小胞体ストレス研究会, 2017年10月..[著者] ...
閲覧 久永 哲, 三宅 雅人, 谷内 秀輔, 森本 雅俊, 親泊 美帆, 親泊 政一 : PERK経路の活性化が軟骨細胞のECM分泌に与える影響, 第12回小胞体ストレス研究会, 2017年10月..[著者] ...
閲覧 山川 哲生, 森本 雅俊, 久永 哲, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 新規PERK経路下流因子Snhg12ホモ欠損マウス解析, 第12回小胞体ストレス研究会, 2017年10月..[著者] ...
閲覧 張 君, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 高血糖に伴うIRE1のO-GlcNAc修飾は小胞体ストレス応答を減弱させる, 第12回小胞体ストレス研究会, 2017年10月..[著者] ...
閲覧 谷内 秀輔, 三宅 雅人, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 美帆, 親泊 政一 : eIF2αのリン酸化はミトコンドリアの代謝機能に関与する, 第12回小胞体ストレス研究会, 2017年10月..[著者] ...
閲覧 北風 圭介, 三宅 雅人, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 膵β細胞特異的Atf4ノックアウトマウスは小胞体ストレスを介した糖尿病が重症化する, 第12回小胞体ストレス研究会, 2017年10月..[著者] ...
閲覧 北風 圭介, 三宅 雅人, 森本 雅俊, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 : ATF4 ノックアウトマウスの膵β細胞は小胞体ストレスに脆弱で脱分化をきたす, 第29回分子糖尿病学シンポジウム, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 親泊 政一 : 小胞体ストレス応答因子PERKによる代謝調節機構, ConBio2017(第41回日本分子生物学会年会,第91回日本生化学会大会), (頁), 2017年12月..[著者] ...
閲覧 Carina Fischer, Takahiro Seki, Sharon Lim, Masaki Nakamura, Patrik Andersson, Yunlong Yang, Jennifer Honek, Yangang Wang, Yanyan Gao, Fang Chen, J Nilesh Samani, Jun Zhang, Masato Miyake, Seiichi Oyadomari, Akihiro Yasue, Xuri Li, Yun Zhang, Yizhi Liu and Yihai Cao : A miR-327-FGF10-FGFR2-mediated autocrine signaling mechanism controls white fat browning., Nature Communications, Vol.8, No.1, 2079, 2017..[著者] ...
閲覧 Satoshi Hisanaga, Masato Miyake, Shusuke Taniuchi, Miho Oyadomari, Masatoshi Morimoto, Ryosuke Sato, Jun Hirose, Hiroshi Mizuta and Seiichi Oyadomari : PERK-mediated translational control is required for collagen secretion in chondrocytes., Scientific Reports, Vol.8, No.1, 773, 2018..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 張 君, 久永 哲, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 脂肪細胞における統合的ストレス応答は GDF15 を介した摂食抑制により食事性肥満を改善する, 第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月..[著者] ...
閲覧 Yuji Furumoto, Daiki Sato, Yoshifumi Hamada, Masato Miyake, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Seiichi Oyadomari : Activation of Endoplasmic Reticulum Stress Response by Applying of Nanosecond Pulsed Electric Fields for Medical Application, Proceedings of the 2018 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 456-460, Jackson, June 2018..[著者] ...
閲覧 Keisuke Kitakaze, Kiyoe Kurahashi, Masato Miyake, Yoshimasa Hamada, Miho Oyadomari and Seiichi Oyadomari : Targeted Deletion of ATF4 in β-cells Leads to the Vulnerability and Dedifferentiation During ER Stress, American Diabetes Association 78th scientific sessions, (都市), June 2018..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 張 君, 親泊 政一 : 脂肪組織での統合的ストレス応答はDdit3-Gdf15経路による摂食抑制を介して肥満を改善する, 第39回肥満学会, 2018年10月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 親泊 政一 : 小胞体ストレス応答を介した臓器関連による代謝制御機構, Clinical Calcium, Vol.28, No.11, 1548-1553, 2018年10月..[著者] ...
閲覧 濱田 良真, 古元 雄二, 泉谷 亮, 北風 圭介, 谷内 秀輔, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 寺西 研二, 下村 直行, 親泊 政一 : 薬理・物理的なeIF2αのリン酸化誘導とキナーゼの同定, 第13回小胞体ストレス研究会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 谷内 秀輔, 親泊 政一 : CRISPRスクリーンで同定した新規PERK経路制御因子の機能解明, 第13回小胞体ストレス研究会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 北風 圭介, 谷内 秀輔, 河野 恵理, 濱田 良真, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 小島 宏達, 小迫 英尊, 栗原 ともこ, 吉田 優, 細谷 孝充, 親泊 政一 : 細胞ベースのハイスループットスクリーニングによる新規化学シャペロンの同定, 第13回小胞体ストレス研究会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 張 君, 三宅 雅人, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 : セリン710残基によるIRE1α-RNase 活性の制御, 第13回小胞体ストレス研究会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 山川 哲生, 三宅 雅人, 森本 雅俊, 久永 哲, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 : ERK経路下流因子ncRNAによる癌増殖機構の解析, 第13回小胞体ストレス研究会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 谷内 秀輔, 小迫 英尊, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 親泊 政一 : HMGB1とHMGB2はPERKの新規リン酸化基質である, 第13回小胞体ストレス研究会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 親泊 政一 : 脂肪細胞におけるストレス応答性転写因子ATF4の機能解明, 第30回分子糖尿病学シンポジウム, 2018年12月..[著者] ...
閲覧 北風 圭介, 谷内 秀輔, 河野 恵理, 濱田 良真, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 小島 宏達, 小迫 英尊, 栗原 ともこ, 吉田 優, 細谷 孝充, 親泊 政一 : 小胞体におけるタンパク質凝集と細胞毒性を軽減する新規化学シャペロンの同定, 第60回日本生化学中国・四国支部例会, 2019年5月..[著者] ...
閲覧 Akira Izutani, Yuji Furumoto, Yoshimasa Hamada, Masato Miyake, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Seiichi Oyadomari : The Influence of Applying High Electrical Field Pulses on Unfolded Protein Response of cells, The 2019 IEEE Pulsed Power and Plasma Science Conference, 4-pages, Orlando, June 2019..[著者] ...
閲覧 北風 圭介, 谷内 秀輔, 河野 恵理, 濱田 良真, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 小島 宏達, 小迫 英尊, 栗原 ともこ, 吉田 優, 細谷 孝充, 親泊 政一 : プロテオパチーの治療薬創出を目指した新規化学シャペロンの探索, 第31回創薬・薬理フォーラム岡山, 2019年7月..[著者] ...
閲覧 北風 圭介, 谷内 秀輔, 河野 恵理, 濱田 良真, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 小島 宏達, 小迫 英尊, 栗原 ともこ, 吉田 優, 細谷 孝充, 親泊 政一 : 小胞体ストレス下のタンパク質凝集を標的とする新規化学シャペロンの同定, 第92回日本生化学会大会, 2019年9月..[著者] ...
閲覧 谷内 秀輔, 小迫 英尊, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 小胞体ストレスセンサーPERK による炎症性メディエーター調節機構, 第14回小胞体ストレス研究会, 2019年9月..[著者] ...
閲覧 Masato Miyake, Zhang Jun and Seiichi Oyadomari : Preemptive activation of integrated stress responses in adipose tissue suppresses food intake and improves obesity through growth and differentiation factor 15, EMBO workshop, (頁), (都市), Nov. 2019..[著者] ...
閲覧 Keisuke Kitakaze, Shusuke Taniuchi, Eri Kawano, Yoshimasa Hamada, Masato Miyake, Miho Oyadomari, Hirotatsu Kojima, Hidetaka Kosako, Tomoko Kuribara, Suguru Yoshida, Takamitsu Hosoya and Seiichi Oyadomari : Cell-based HTS identifies a chemical chaperone for preventing ER protein aggregation and proteotoxicity., eLife, Vol.8, e43302, 2019..[著者] ...
閲覧 Hironori Kato, Kohki Okabe, Masato Miyake, Kazuki Hattori, Tomohiro Fukaya, Kousuke Tanimoto, Shi Beini, Mariko Mizuguchi, Satoru Torii, Satoko Arakawa, Masaya Ono, Yusuke Saito, Takashi Sugiyama, Takashi Funatsu, Katsuaki Sato, Shigeomi Shimizu, Seiichi Oyadomari, Hidenori Ichijo, Hisae Kadowaki and Hideki Nishitoh : ER-resident sensor PERK is essential for mitochondrial thermogenesis in brown adipose tissue., Life Science Alliance, Vol.3, No.3, e201900576, 2020..[著者] ...
閲覧 北風 圭介, 谷内 秀輔, 河野 恵理, 濱田 良真, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 小島 宏建, 小迫 英尊, 栗原 ともこ, 吉田 優, 細谷 孝充, 親泊 政一 : 小胞体ストレス下のタンパク質凝集と細胞毒性を緩和する化学シャペロンの同定, 第93回日本薬理学会年会, 2020年3月..[著者] ...
閲覧 Yoshimasa Hamada, Yuji Furumoto, Akira Izutani, Shusuke Taniuchi, Masato Miyake, Miho Oyadomari, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Seiichi Oyadomari : Nanosecond pulsed electric fields induce the integrated stress response via reactive oxygen species-mediated heme-regulated inhibitor (HRI) activation., PLoS ONE, Vol.15, No.3, e0229948, 2020..[著者] ...
閲覧 北風 圭介, 親泊 美帆, 張 君, 津川 和江, 河野 恵理, 三宅 雅人, 竹之内 康広, 坪井 一人, 岡本 安雄, 親泊 政一 : 膵β細胞における小胞体ストレス応答転写因子ATF4の機能解明, 第61回日本生化学会中国・四国支部例会, 誌上開催, 2020年6月..[著者] ...
閲覧 三宅 雅人, 親泊 政一 : 小胞体ストレス応答による細自立的・非自立的代謝制御, 第93 回日本生化学会大, 2020年9月..[著者] ...
閲覧 宮崎 克己, 齋藤 裕, 高 露萍, 池本 哲也, 山田 眞一郎, 居村 暁, 森根 裕二, 三宅 雅人, 親泊 政一, 島田 光生 : ヒト脂肪由来間葉系幹細胞から分化誘導した 肝細胞様細胞の遺伝子発現解析, 第56回日本移植学会総会, (巻), (号), (頁), 2020年11月..[著者] ...
閲覧 齋藤 裕, 池本 哲也, 宮崎 克己, 徳田 和憲, 山田 眞一郎, 居村 暁, 森根 裕二, 三宅 雅人, 親泊 政一, 島田 光生 : ヒト脂肪由来間葉系幹細胞から肝細胞様細胞の創出- 肝不全・代謝性肝疾患に対する肝移植から細胞治療へ -, 第262回徳島医学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2021年3月..[著者] ...
閲覧 齋藤 裕, 池本 哲也, 宮崎 克己, 徳田 和憲, 山田 眞一郎, 居村 暁, 森根 裕二, 三宅 雅人, 親泊 政一, 島田 光生 : ヒト脂肪由来間葉系幹細胞から肝細胞様細胞の創出, 第20回日本再生医療学会総会, (巻), (号), (頁), 2021年3月..[著者] ...
閲覧 Thi Dinh Nguyen, Manh Thuong Le, Tsuyoshi Hattori, Mika Takarada-Iemata, Hiroshi Ishii, Jureepon Roboon, Takashi Tamatani, Takayuki Kannon, Kazuyoshi Hosomichi, Atsushi Tajima, Shusuke Taniuchi, Masato Miyake, Seiichi Oyadomari, Takashi Tanaka, Nobuo Kato, Shunsuke Saito, Kazutoshi Mori and Osamu Hori : The ATF6β-calreticulin axis promotes neuronal survival under endoplasmic reticulum stress and excitotoxicity., Scientific Reports, Vol.11, No.1, (頁), 2021..[著者] ...
閲覧 Yu Saitou, Tetsuya Ikemoto, Kazunori Tokuda, Katsuki Miyazaki, Shin-ichiro Yamada, Satoru Imura, Masato Miyake, Yuji Morine, Seiichi Oyadomari and Mitsuo Shimada : Effective three-dimensional culture of hepatocyte-like cells generated from human adipose-derived mesenchymal stem cells., Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences, Vol.28, No.9, 705-715, 2021..[著者] ...
閲覧 齋藤 裕, 池本 哲也, 宮崎 克己, 徳田 和憲, 山田 眞一郎, 居村 暁, 森根 裕二, 三宅 雅人, 親泊 政一, 島田 光生 : ヒト脂肪由来間葉系幹細胞から肝細胞様細胞の創出-肝不全・代謝性肝疾患に対する肝移植から細胞治療へ-, 第263回徳島医学会学術集会(令和3年度夏期), (巻), (号), (頁), 2021年8月..[著者] ...
閲覧 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 池本 哲也, 宮崎 克己, 山田 眞一郎, 森根 裕二, 三宅 雅人, 親泊 政一, 島田 光生 : ヒト脂肪由来間葉系幹細胞を基にした機能的肝細胞様細胞の分化誘導, 第57回日本移植学会総会, (巻), (号), (頁), 2021年9月..[著者] ...
閲覧 Masato Miyake, Jun Zhang, Akihiro Yasue, Satoshi Hisanaga, Kazue Tsugawa, Hiroshi Sakaue, Miho Oyadomari, Hiroshi Kiyonari and Seiichi Oyadomari : Integrated stress response regulates GDF15 secretion from adipocytes, preferentially suppresses appetite for a high-fat diet and improves obesity., iScience, Vol.24, No.12, (頁), 2021..[著者] ...
閲覧 傍島 光昭, 三宅 雅人, 井上 亮太, 白川 純, 有馬 寛, 親泊 政一 : グルコース応答性インスリン分泌制御における転写因子ATF4の多面的な役割, 第32回 分子糖尿病学シンポジウム, 2021年12月..[著者] ...
閲覧 Masato Miyake, Mitsuaki Sobajima, Kiyoe Kurahashi, Akira Shigenaga, Masaya Denda, Akira Otaka, Tomohide Saio, Naoki Sakane, Hidetaka Kosako and Seiichi Oyadomari : Identification of an endoplasmic reticulum proteostasis modulator that enhances insulin production in pancreatic β cells., Cell Chemical Biology, Vol.29, No.6, 996-1009.e9, 2022..[著者] ...
閲覧 Mitsuaki Sobajima, Masato Miyake, Yoshimasa Hamada, Kazue Tsugawa, Miho Oyadomari, Ryota Inoue, Jun Shirakawa, Hiroshi Arima and Seiichi Oyadomari : The multifaceted role of ATF4 in regulating glucose-stimulated insulin secretion., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.611, 165-171, 2022..[著者] ...
閲覧 北風 圭介, 親泊 美帆, 張 君, 津川 和江, 河野 恵理, 三宅 雅人, 竹之内 康広, 坪井 一人, 岡本 安雄, 親泊 政一 : 小胞体ストレス応答転写因子ATF4の機能不全は膵β細胞の脱分化を惹起する, 第93回日本生化学会大会, 2022年9月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.22, Max(EID) = 393148, Max(EOID) = 1063673.