『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 片島 るみ

登録情報の数

有効な情報: 45件 + 無効な情報: 4件 = 全ての情報: 49件

全ての有効な情報 (45件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(11)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(11)
閲覧 (未定義) …(31)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 田中 正喜, 片島 るみ, 水澤 典子, 村上 大輔, 大塚 理司, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 : Random sequencingによるマウス膵ランゲルハンス島B細胞(膵B細胞)の発現遺伝子群の解析, 第16回日本分子生物学会年会(千葉), (巻), (号), (頁), 1993年12月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 岡 純, 水澤 典子, 片島 るみ, 村上 大輔, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, Edward W. Holmes, 板倉 光夫 : ヒト・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)蛋白の精製とcDNAクローニング, 第27回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(名古屋), (巻), (号), (頁), 1994年2月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 岡 純, 水澤 典子, 片島 るみ, 村上 大輔, 工藤 英治, 伊井 節子, 山岡 孝, 吉本 勝彦, Edward W. Holmes, 板倉 光夫 : ヒト・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)蛋白の精製とcDNAクローニング, 第67回日本生化学会大会(大阪), (巻), (号), (頁), 1994年9月..[著者] ...
閲覧 M. Tanaka, Rumi Katashima, D. Murakami, A. Tomonari, Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Molecular Cloning of a Group of Pancreatic Islet B cell- and Glucose Concentration-Specific Genes by Random cDNA Sequencing., The 15th International Diabetes Federation Congress, (巻), (号), (頁), Kobe, Nov. 1994..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 東 きよう, 高橋 陽子, 片島 るみ, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : MF-PCR-SSCP:多種類の蛍光色素とコンピューター画像を用いた解析, 第17回日本分子生物学会年会(神戸), (巻), (号), (頁), 1994年12月..[著者] ...
閲覧 片島 るみ, 岩花 弘之, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)に対するアンチセンスオリゴデオキシヌクレオチドの細胞増殖抑制効果について, 第28回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), (巻), (号), (頁), 1995年2月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 高橋 陽子, 東 きよう, 片島 るみ, 辻澤 利行, 本田 壮一, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)のゲノム構造の解析, 第28回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), (巻), (号), (頁), 1995年2月..[著者] ...
閲覧 高橋 陽子, 岩花 弘之, 東 きよう, 片島 るみ, 辻澤 利行, 本田 壮一, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)のゲノム構造の解析, 第28回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), (巻), (号), (頁), 1995年2月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 片島 るみ, 山岡 孝, 本田 壮一, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼに対するアンチセンスオリゴデオキシヌクレオチドの細胞増殖抑制効果について, 第54回日本癌学会総会(京都), (巻), (号), (頁), 1995年10月..[著者] ...
閲覧 片島 るみ, 岩花 弘之, 藤村 美和, 山崎 篤子, 石塚 俊治, 喜多 和子, 橘 正道, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ヒト・ホスホリボシルピロリン酸(PRPP)合成酵素の41kDa結合蛋白質のcDNAクローニング, 第30回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), (巻), (号), (頁), 1997年3月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 片島 るみ, 井上 明子, 藤村 美和, 高橋 陽子, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 富永 眞一, 板倉 光夫 : 産生過剰型痛風患者におけるアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)の多色蛍光PCR-SSCPを用いた遺伝子解析, 第30回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会, (巻), (号), (頁), 1997年3月..[著者] ...
閲覧 水澤 典子, 藤村 美和, 岩花 弘之, 片島 るみ, 吉本 勝彦, 堀内 三郎, 板倉 光夫 : ヒトCAD遺伝子のゲノム構造の解析, 第70回日本生化学会(金沢), (巻), (号), (頁), 1997年9月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 片島 るみ, YanHui Ying, 山岡 孝, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 鎌谷 直之 : 痛風のゲノム解析, 第33回日本・核酸代謝学会総会, (巻), (号), (頁), 2000年2月..[著者] ...
閲覧 酒井 紀典, 井形 高明, 加藤 真介, 西良 浩一, 田中 知里, 片島 るみ, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : SNPsを用いたOPLL疾患感受性遺伝子に関する解析, 第12回徳大脊椎外科カンファレンス, (巻), (号), (頁), 2000年8月..[著者] ...
閲覧 酒井 紀典, 井形 高明, 加藤 真介, 西良 浩一, 田中 知里, 片島 るみ, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : SNPsを用いたOPLL疾患感受性遺伝子に関する解析, 第15回日本整形外科学会基礎学術集会, (巻), (号), (頁), 2000年9月..[著者] ...
閲覧 片島 るみ, 岩花 弘之, 山岡 孝, 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 小関 しおり, 多比良 和誠, 板倉 光夫 : ラットアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ (ATase) のmRNAを標的とするリボザイムを用いたラット線維芽細胞株の細胞増殖についての検討, 第34回日本痛風・核酸代謝学会総会, (巻), (号), (頁), 2001年2月..[著者] ...
閲覧 西村 有子, 森谷 眞紀, 片島 るみ, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 鎌谷 直之, 板倉 光夫 : 家族性若年性高尿酸血症性腎症 (FJHN)の疾患遺伝子の解析, 第34回日本痛風・核酸代謝学会総会, (巻), (号), (頁), 2001年2月..[著者] ...
閲覧 Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Chisato Tanaka, Rumi Katashima, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : An SNP in the 3region of the Collagen11 Alpha 2 Gene is Associated with Susceptibility to OPLL., 47th Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, (巻), (号), (頁), San Francisco, Feb. 2001..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 山岡 孝, 森谷 眞紀, 片島 るみ, 工藤 英治, 日野 聡史, 岩花 弘之, 吉本 勝彦 : 痛風・核酸に関する代謝調節の解析,分子生物学から個体レベルの解析に向けて-遺伝子改変動物とゲノム多型解析, 第35回日本痛風・核酸代謝学会総会, (巻), (号), (頁), 2002年2月..[著者] ...
閲覧 高井 繁美, 楊河 宏章, 宮本 登志子, 明石 晃代, 井上 弘美, 久米 亜紀子, 田島 壮一郎, 佐藤 千穂, 西条 伴香, 井本 淳一郎, 鈴木 あかね, 山上 真樹子, 浦川 典子, 下村 智子, 片島 るみ, 苛原 稔, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 西田 善彦, 橋本 和典, 近藤 彰, 櫻木 章司, 宇都宮 正登, 川島 周, 徳島 治験ネットワーク : 「徳島治験ネットワーク」における治験の共同実施について 国際共同治験実施の現状, 四国医学雑誌, Vol.66, No.1-2, 48, 2010年..[著者] ...
閲覧 宮本 登志子, 高井 繁美, 明石 晃代, 井上 弘美, 久米 亜紀子, 佐藤 千穂, 西条 伴香, 田島 壮一郎, 福地 希実子, 井本 淳一郎, 鈴木 あかね, 山上 真樹子, 浦川 典子, 下村 智子, 三好 佳代子, 片島 るみ, 楊河 宏章 : 徳島治験ネットワークにおけるCRC(臨床研究コーディネーター)研修活動に関する報告, 第241回徳島医学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2010年8月..[著者] ...
閲覧 Hiroaki Yanagawa, Rumi Katashima, Sato Chiho, Saijyo Tomoko, Yamagami Makiko, Urakawa Noriko, Suzuki Akane, Shimomura Tomoko and Noriaki Takeda : Ethics review of investigateor-initiated clinical studies in japan: surrent status at Tokushima University Hospital, 8th EACPT Summer School, Germany, Sep. 2010..[著者] ...
閲覧 片島 るみ, 佐藤 千穂, 西条 伴香, 山上 真樹子, 浦川 典子, 鈴木 あかね, 下村 智子, 武田 憲昭, 楊河 宏章 : 徳島大学における研究者主導臨床研究に関する倫理審査体制の現状, 第31回日本臨床薬理学会年会, (巻), (号), (頁), 2010年12月..[著者] ...
閲覧 楊河 宏章, 片島 るみ, 佐藤 千穂, 西条 伴香, 山上 真樹子, 浦川 典子, 鈴木 あかね, 下村 智子, 三好 佳代子, 福地 希実子, 丸笹 美津子, 武田 憲昭 : 徳島大学における研究者主導臨床研究に関する倫理審査業務の現状, 第22回日本臨床試験研究会学術集会 2011 in 大阪, 2011年2月..[著者] ...
閲覧 下村 智子, 鈴木 あかね, 井本 淳一郎, 宮本 登志子, 高井 繁美, 明石 晃代, 久米 亜紀子, 林 亜美, 田島 壮一郎, 西条 伴香, 佐藤 千穂, 福地 希実子, 片島 るみ, 丸笹 美津子, 山上 真樹子, 浦川 典子, 三好 佳代子, 楊河 宏章 : 徳島治験ネットワーク機構の広報活動に関する報告, 第242回徳島医学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2011年2月..[著者] ...
閲覧 田島 壮一郎, 寺岡 和彦, 片島 るみ, 宮本 登志子, 川添 和義, 久次米 敏秀, 森田 奈緒美, 水口 和生, 原田 雅史, 楊河 宏章 : 自主臨床研究におけるCRC の役割 ―放射性薬剤の品質試験について―, 日本薬学会第131年会, (巻), (号), (頁), 2011年3月..[著者] ...
閲覧 田島 壮一郎, 明石 晃代, 宮本 登志子, 高井 繁美, 久米 亜紀子, 天羽 亜美, 佐藤 千穂, 渡邉 美穂, 福地 希実子, 丸笹 美津子, 山上 真樹子, 浦川 典子, 下村 智子, 三好 佳代子, 鈴木 あかね, 井本 淳一郎, 片島 るみ, 楊河 宏章 : 治験終了後における被験者への情報提供に関するアンケート調査, 第243回徳島医学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2011年7月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 明石 晃代, 田島 壮一郎, 宮本 登志子, 高井 繁美, 久米 亜紀子, 片島 るみ, 池森 明, 中井 健一, 三ツ井 貴夫, 楊河 宏章 : 被験者アンケート調査から推察される治験終了後にこける情報提供のあり方, 第11回CRCと臨床試験のあり方を考える会議, (巻), (号), (頁), (発行所), 岡山, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 片島 るみ, 佐藤 千穂, 丸笹 美津子, 明石 晃代, 高井 繁美, 宮本 登志子, 山上 真樹子, 松久 宗英, 北畑 洋, 武田 英二, 金山 博臣, 楊河 宏章 : 徳島大学病院における臨床研究推進体制構築の試み, 第32回日本臨床薬理学会年会, 2011年12月..[著者] ...
閲覧 高井 繁美, 宮本 登志子, 明石 晃代, 久米 亜紀子, 天羽 亜美, 田島 壮一郎, 福地 希実子, 渡邉 美穂, 片島 るみ, 佐藤 千穂, 楊河 宏章 : 院内スタッフに対する治験・臨床研究の啓発活動の試み―アンケート調査を実施して-, 第32回日本臨床薬理学会年会, (巻), (号), (頁), 2011年12月..[著者] ...
閲覧 高井 繁美, 宮本 登志子, 明石 晃代, 久米 亜紀子, 天羽 亜美, 田島 壮一郎, 福地 希実子, 渡邉 美穂, 片島 るみ, 楊河 宏章, 木田 菊枝, 鈴木 洋子 : 院内スタッフに対する治験・臨床研究の啓発活動の試み―アンケート調査を実施して-, 第244回徳島医学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2012年2月..[著者] ...
閲覧 山上 真樹子, 鈴木 あかね, 渡邉 美穂, 浦川 典子, 片島 るみ, 佐藤 千穂, 冨岡 麗子, 宮本 登志子, 高井 繁美, 明石 晃代, 田島 壮一郎, 天羽 亜美, 大和 志保, 吉丸 倫子, 小杉 千里, 楊河 宏章 : 徳島治験ネットワークにおけるカット・ドゥ・スクエアの導入について, 第245回徳島医学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2012年7月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 渡邉 美穂, 田島 壮一郎, 宮本 登志子, 高井 繁美, 明石 晃代, 天羽 亜美, 山上 真樹子, 片島 るみ, 水口 和生, 楊河 宏章 : 重篤な有害事象例および補償事例から考察する今後の被験者対応のあり方, 第12回CRCと臨床試験のあり方を考える会議, (巻), (号), (頁), (発行所), 大宮, 2012年9月..[著者] ...
閲覧 田島 壮一郎, 櫻田 巧, 柿内 聡司, 上松 卓, 片島 るみ, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 西岡 安彦, 楊河 宏章, 水口 和生 : UGT1A1遺伝子のヘテロ接合体(*6または*28)を持つイリノテカン投与患者における治療安全性ならびに継続性に関する検討, 第33回日本臨床薬理学会年会, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 片島 るみ, 佐藤 千穂, 冨岡 麗子, 山上 真樹子, 宮本 登志子, 木下 成三, 川島 周, 松久 宗英, 北畑 洋, 武田 英二, 金山 博臣, 楊河 宏章 : 徳島県内の医療機関における倫理審査体制に関する状況調査, 第33回日本臨床薬理学会年会, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 Miho Watanabe, Soichiro Tajima, Rumi Katashima, Toshiko Miyamoto, Makiko Yamagami, Kazuo Minakuchi and Hiroaki Yanagawa : Serious adverse events and compensation in registration trials: a review of data from a Japanese university hospital., BMC Research Notes, Vol.7, (号), 245, 2014..[著者] ...
閲覧 Hiroaki Yanagawa, Shigemi Takai, Michiko Yoshimaru, Toshiko Miyamoto, Rumi Katashima and Kikue Kida : Nurse awareness of clinical research: a survey in a Japanese University Hospital., BMC Medical Research Methodology, Vol.14, (号), 85, 2014..[著者] ...
閲覧 片島 るみ, 佐藤 千穂, 冨岡 麗子, 吉丸 倫子, 浦川 典子, 山上 真樹子, 楊河 宏章, 武田 憲昭, 河野 文昭 : 徳島大学病院における臨床研究推進のための体制整備の取り組み, 第249回徳島医学会学術集会, 2014年7月..[著者] ...
閲覧 Rumi Katashima, Chiho Sato, Seizo Kinosita, Shu Kawashima and Hiroaki Yanagawa : Present status of Japanese ethics committees: a survey in Tokushima Prefecture, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3, 4, 399-403, 2014..[著者] ...
閲覧 片島 るみ, 佐藤 千穂, 冨岡 麗子, 吉丸 倫子, 浦川 典子, 山上 真樹子, 明石 晃代, 宮本 登志子, 楊河 宏章, 武田 憲昭, 河野 文昭 : 徳島大学病院における研究者主導臨床研究推進のための体制整備の取り組み, 第35回日本臨床薬理学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2014年12月..[著者] ...
閲覧 Hiroaki Yanagawa, Rumi Katashima and Noriaki Takeda : Research ethics committees in Japan: A perspective from thirty years of experience at Tokushima University., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 114-118, 2015..[著者] ...
閲覧 片島 るみ : 「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に対応する,研究責任者の手順書の作成, 第36回日本臨床薬理学会学術総会, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 片島 るみ, 佐藤 千穂, 楊河 宏章 : 徳島大学病院臨床研究倫理審査委員会への申請に関する支援業務, 第1回研究倫理を語る会, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 宇山 真由, 曽我部 正弘, 平田 光里, 中川 忠彦, 福家 慧, 寺前 智史, 藤本 大策, 田中 宏典, 三井 康裕, 北村 晋志, 岡本 耕一, 高山 哲治, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 片島 るみ, 岡久 稔也 : 模擬腹水による胸腹水濾過濃縮再静注法の教育体制の構築, 第37回日本アフェレシス学会学術大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 Hiroaki Yanagawa, Rumi Katashima, Sato Chiho, Kenshi Takechi, Hiroshi Nokihara, Chikako Kane, Aoe Yuki, Okayama Yoshihiro and Masayuki Chuma : Research ethics consultation: an attempt and five-year experience in a Japanese University Hospital, the 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018)., Japan, July 2018..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.41, Max(EID) = 406931, Max(EOID) = 1103055.