『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.口腔科学研究科.口腔保健学専攻 (2011年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 46件 + 無効な情報: 3件 = 全ての情報: 49件

全ての有効な情報 (46件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(28)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(28)
閲覧 (未定義) …(14)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 小林 真左子, 太田 正人, 下田 麻子, 秋吉 一成, 宮本 洋二, 井関 祥子 : 新規徐放性ナノゲルを用いたFGF18によるBMP2依存的な骨修復能の改良, 第32回日本炎症・再生医学会, (巻), (号), (頁), 2011年6月. ...
閲覧 小林 真左子, 太田 正人, 下田 麻子, 秋吉 一成, 宮本 洋二, 井関 祥子 : 新規徐放性ナノゲルを用いたFGF18によるBMP2依存的な骨修復能の改良, 第32回日本炎症・再生医学会, 2011年6月. ...
閲覧 江頭 陽子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 伊賀 弘起, 三宅 洋一郎 : 新規抗菌性界面活性剤の臨床応用を目指した基礎研究, 四国歯学会第40回例会, 2012年3月. ...
閲覧 江頭 陽子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 伊賀 弘起, 三宅 洋一郎 : 新規抗菌性界面活性剤の臨床応用を目指した基礎研究, 第65回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2012年10月..[組織] ...
閲覧 Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Mie Kurosawa, Tomoyuki Kondo, Yasusei Kudo, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Functional defect of Foxp3+Treg cells in Sjogren's syndrome., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Dec. 2012. ...
閲覧 Mie Kurosawa, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Tomoyuki Kondo, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Analysis of infiltrating immune cells in the target tissues of murine models for Sjogren's syndorome., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, (巻), (号), (頁), Dec. 2012. ...
閲覧 岩浅 亮彦, 近藤 智之, 黒澤 実愛, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 田中 栄二, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : アロマターゼ遺伝子欠損マウスにおける肥満とシェーグレン症候群様病変との関連, 第102回日本病理学会, 2013年6月. ...
閲覧 山田 安希子, 新垣 理恵子, 黒澤 実愛, 近藤 智之, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群における制御性T細胞の機能解析, 第102回日本病理学会, 2013年6月. ...
閲覧 前田 さおり, 松山 美和, 板東 髙志 : 血液透析患者の口腔乾燥改善に口腔機能訓練は有効か, 第27回日本口腔リハビリテーション学会・学術大会, 64, 2013年11月. ...
閲覧 前田 さおり, 松山 美和, 板東 髙志 : 血液透析患者の口腔乾燥に対する口腔機能訓練の効果, 第23回一般社団法人日本有病者歯科医療学会総会・学術大会, 126, 2014年3月. ...
閲覧 Miwa Matsuyama, Riko Kobayashi, Saori Maeda and Akari Watanabe : Relationship between oral function and food preferences among elderly Japanese, 38th Annual Conference of the European Prosthodontic Association, 185-186, (都市), Sep. 2014. ...
閲覧 大村 智也, 小林 莉子, 渡辺 朱理, 前田 さおり, 松山 美和 : 地域在宅高齢者のサルコペニアの実態と口腔機能との関係, 第28回日本口腔リハビリテーション学会学術大会 プログラム・抄録集, 38, 2014年11月..[組織] ...
閲覧 小林 莉子, 松山 美和, 大田 春菜, 渡辺 朱理, 前田 さおり, 大村 智也 : 高齢者の咀嚼,嚥下機能と食品嗜好との関連性, 第28回日本口腔リハビリテーション学会学術大会 プログラム・抄録集, 45, 2014年11月..[組織] ...
閲覧 水上 美樹, 田村 文誉, 松山 美和, 菊谷 武 : ダウン症候群児の粗大運動能と摂食に関わる口腔以上習癖との関連, 障害者歯科, Vol.36, No.1, 17-24, 2015年. ...
閲覧 Miwa Matsuyama, Tomoya Omura, Akari Watanabe and Riko Kobayashi : Relationship between muscle and oral function in Japanese community-dwelling elderly, 39th Annual Conference of the European Prosthodontic Association, 72, Prague, Czech Republic, Sep. 2015. ...
閲覧 守谷 恵未, 松山 美和, 小笠原 正, 松尾 浩一郎, 岩渕 博史, 犬飼 順子, 角 保徳 : 口腔ケア時の誤嚥性肺炎予防の試み―口腔ケア用ジェルの新規開発 物性評価とプラークの除去効果―, 第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2015年9月..[組織] ...
閲覧 松尾 貴央, 松山 美和, 渡辺 朱理, 中谷 謙 : 日本版Standardized Swallowing Assessment の教則ビデオ有用性の検証, 第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2015年9月..[組織] ...
閲覧 Miki Mizukami, Fumiyo Tamura, T Isoda, S Genkai, Miwa Matsuyama and Takeshi Kikutani : Eating Instructions for Infants with Severe Infantile Type Nemaline Myopathy, 2015 International Association of Orofafial and Myology Conference, Lake Buena Vista, FL, USA, Oct. 2015..[組織] ...
閲覧 小林 莉子, 松山 美和, 梶原 美恵子, 渡辺 朱理 : 高齢者の咀嚼,嚥下機能と食品嗜好との関連性 第2報 外来受診患者とデイサービス利用者の比較, 第29回日本口腔リハビリテーション学会学術大会, 42, 2015年11月..[組織] ...
閲覧 梶原 美恵子, 松山 美和, 渡辺 朱理, 小林 莉子 : 回復期リハビリテーション病棟入院患者の栄養状態とサルコペニアに関する現状, 第29回日本口腔リハビリテーション学会学術大会, 48, 2015年11月..[組織] ...
閲覧 A Adiningrat, Ayako Tanimura, Keiko Miyoshi, Hiroko Hagita, RD Yanuaryska, Arinawati Yosi Dian, Taigo Horiguchi and Takafumi Noma : Isolation and characterization of dental epithelial cells derived from amelogenesis imperfecta rat., Oral Diseases, Vol.22, No.2, 132-139, 2016. ...
閲覧 松尾 貴央, 松山 美和, 渡辺 朱理, 中谷 謙 : 嚥下障害のスクリーニングテストの比較研究, 日本摂食·嚥下リハビリテーション学会雑誌, Vol.20, No.1, 3-10, 2016年..[組織] ...
閲覧 前田 さおり, 松山 美和, 板東 髙志 : 高齢血液透析患者に対する口腔機能訓練の効果 ―安静時唾液分泌量の変化からみた検討―, 日本摂食·嚥下リハビリテーション学会雑誌, Vol.20, No.1, 23-30, 2016年..[組織] ...
閲覧 梶原 美恵子, 松山 美和, 守谷 恵未, 松尾 貴央, 大野 友久 : 経管栄養高齢患者に対する口腔ケア用ジェルと吸引嘴管を使用した専門的口腔ケアによる口腔細菌数の変化, 老年歯科医学会第27回総会・学術大会, 2016年6月..[組織] ...
閲覧 Takamura Haruna, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Natsumi Fujiwara and Kazumi Ozaki : Porphyromonas gingivalis attenuates the insulin-induced phosphorylation and translocation of forkhead box protein O1 in human hepatocytes, Archives of Oral Biology, Vol.69, 19-24, 2016. ...
閲覧 梶原 美恵子, 松山 美和, 守谷 恵未, 松尾 貴央, 大野 友久 : 口腔ケア用ジェルと吸引嘴管を使用した専門的口腔ケアによる口腔細菌数の変化:第2報 ランダム化比較研究, 第22回摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2016年9月..[組織] ...
閲覧 守谷 恵未, 松山 美和, 小笠原 正, 松尾 浩一郎, 道脇 幸博 : 口腔ケア用ジェルの新規開発 ―物性評価―, 第22回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会, 2016年9月..[組織] ...
閲覧 守谷 恵未, 松山 美和, 犬飼 順子, 道脇 幸博, 岩渕 博史 : 口腔ケア時の誤嚥予防の試み ―口腔ケア用ジェルの新規開発―, 日本老年医学会雑誌, Vol.53, No.4, 347-353, 2016年..[組織] ...
閲覧 小林 莉子, 松山 美和, 大田 春菜, 渡辺 朱理 : 高齢者の咀嚼・嚥下機能と食品嗜好との関連性, 日本摂食·嚥下リハビリテーション学会雑誌, Vol.20, No.3, 132-139, 2016年. ...
閲覧 松尾 貴央, 松山 美和, 渡辺 朱理, 中谷 謙, 前田 留美子 : 言語聴覚士による4種の嚥下スクリーニングテストの主観的評価, 言語聴覚研究, Vol.14, No.1, 40-46, 2017年. ...
閲覧 吉田 賀弥, 瀬山 真莉子, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 内部 健太, 池亀 美華, 岡村 裕彦 : Porphyromonas gingivalis感染したマクロファージはインスリンシグナル抑制因子を含むエクソソームを産生する, 2017 Bioscience Retreat in Tosa, 2017年12月. ...
閲覧 瀬山 真莉子, 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 尾崎 和美 : Porphyromonas gingivalisの分泌小胞が肝臓インスリンシグナルに及ぼす影響について, 2017 Bioscience Retreat in Tosa, (巻), (号), (頁), 2017年12月. ...
閲覧 Miki Mizukami, Tamura Fumiyo, Miwa Matsuyama, Nishizawa Kayoko, Yuko Tanaka, Kikuchi Mai and Kikutani Takeshi : Investigating factors related to the acquisition of masticatory function in Down syndrome children, Asia Association for Disability and Oral Health, Taiwan, April 2019..[組織] ...
閲覧 王 思淼, 渡辺 朱理, 松山 美和, 玉木 直文, 福井 誠, 三木 かなめ, 伊藤 博夫 : ATP測定法による口腔内細菌数の評価, 第30回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2019年9月..[組織] ...
閲覧 田積 匡平, 松山 美和, 小林 靖, 長尾 恭史, 大塚 雅美, 大橋 秀美, 夏目 彩可, 倉橋 亮, 西嶋 久美子 : 肺炎で入院したパーキンソニズム患者の摂食嚥下障害に対する言語聴覚士と神経内科医の連携, 第15回日本神経筋疾患摂食・嚥下・栄養研究会学術集会, 2019年10月..[組織] ...
閲覧 大村 智也, 松山 美和, 西岡 奨太, 佐川 翔夢, 瀬戸 雅也, 直江 貢, 國友 一史 : 医療療養病床入院の嚥下障害患者における嚥下反射と誤嚥性肺炎発症との関連性, 第7回慢性期リハビリテーション学会, 2020年2月..[組織] ...
閲覧 田積 匡平, 松山 美和, 小林 靖, 森 俊明, 水谷 佳子, 長尾 恭史, 西嶋 久美子, 小田 量介 : 肺炎で入院したパーキンソニズム患者に対する当院の栄養・薬剤管理の現状と課題, 第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会, 2020年2月..[組織] ...
閲覧 寺田 泉, 松山 美和, 山田 博英, 大野 友久 : 緩和ケア受療がん患者の生命予後予測と口腔内状況, 老年歯科医学, Vol.35, No.1, 75-82, 2020年..[組織] ...
閲覧 Tomoya Ohmura, Miwa Matsuyama, Atsushi Shiba, Shota Nishioka and Mitsugu Naoe : Predictive factors associated with poor outcomes for older adult inpatients in the convalescent rehabilitation ward, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.67, No.3.4, 304-310, 2020..[組織] ...
閲覧 田積 匡平, 松山 美和, 小林 靖, 森 俊明, 水谷 佳子, 長尾 恭史, 西岡 久美子, 小田 量介 : 神経疾患における栄養療法の現状と課題 肺炎で入院したパーキンソニズム患者に対する当院の栄養・薬剤管理の現状と課題, 学会誌JSPEN, Vol.2, 162, 2020年11月..[組織] ...
閲覧 Takao Matsuo and Miwa Matsuyama : Detection of poststroke oropharyngeal dysphagia with swallowing screening by ultrasonography, PLoS ONE, Vol.16, No.3, e0248770, 2021..[組織] ...
閲覧 土田 佳代, 松山 美和 : 特別支援学校と歯科医療機関の連携 中国・四国地区の現状, 日本学校歯科医会会誌, Vol.129, 76-81, 2021年..[組織] ...
閲覧 Yoshida Kayo, Kaya Yoshida, Natsumi Fujiwara, Mariko Seyama, Ono Kisho, Kawai Hotaka, Guo Jiajie, Wang Ziyi, Weng Yao, Yu Yaqiong, Uchida-Fukuhara Yoko, Ikegame Mika, Sasaki Akira, Nagatsuka Hitoshi, Kamioka Hiroshi, Hirohiko Okamura and Kazumi Ozaki : Extracellular vesicles of P. gingivalis-infected macrophages induce lung injury, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Basis of Disease, Vol.1867, No.11, 166236, 2021..[組織] ...
閲覧 Ohmura Tomoya, Miwa Matsuyama, Shota Nishioka, Shomu Sagawa, Masaya Seto and Mitsugu Naoe : Association Between the Swallowing Reflex and the Incidence of Aspiration Pneumonia in Patients with Dysphagia Admitted to Longterm Care Wards, Archives of Physical Medicine and Rehabilitation, Vol.102, No.11, 2165-2171, 2021..[組織] ...
閲覧 田積 匡平, 小林 靖, 長尾 恭史, 西嶋 久美子, 田中 誠也, 松山 美和 : パーキンソン病患者における肺炎発症後の重度摂食嚥下障害に対する脳神経内科医の介入促進の効果 -経口摂取割合の増加に関する後方視的検討-, 学会誌JSPEN, Vol.3, No.5, 291-296, 2021年..[組織] ...
閲覧 Yohko Kobayashi and Miwa Matsuyama : Oral health status of pregnant women in the Republic of Kiribati, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.70, No.1, 2, 110-114, 2023..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.67, Max(EID) = 405240, Max(EOID) = 1099094.