『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 層状複水酸化物 (layered double hydroxides)

登録情報の数

有効な情報: 11件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 13件

全ての有効な情報 (11件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 独立行政法人 産業技術総合研究所 …(2)
閲覧 閲覧 Kluwer Academic Publishers (〜2004年2月末日/->組織[Springer-Verlag]) …(1)
閲覧 (未定義) …(4)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Eiji Kanezaki : Silver Incorporation at the Interlayer Gallery Region of a Layered Double Hydroxide Intercalated with Thiosulfate Anion, Kluwer Academic Publishers, New York, Aug. 2004..[キーワード] ...
閲覧 Ramesh Chitrakar, Satoko Tezuka, Akinari Sonoda, Kohji Sakane, Kenta Ooi and Takahiro Hirotsu : Synthesis and phosphate uptake behavior of Zr4+ incorporated MgAl-layered double hydroxides, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.313, No.1, 53-63, 2007..[キーワード] ...
閲覧 Satoko Tezuka, Ramesh Chitrakar, Akinari Sonoda, Kenta Ooi and Takahiro Hirotsu : Studies on Selective Adsorbents for Oxo-anions. NO3- Adsorptive Properties of Mg-Fe Layered Double Hydroxides, Journal of Ion Exchange, Vol.18, No.4, 132-137, 2007..[キーワード] ...
閲覧 金崎 英二, 嶋村 彰紘 : イオンを含む層状複水酸化物の層崩壊温度より低温域での層構造変化, 2010年日本化学会西日本大会講演要旨集, 2010年11月..[キーワード] ...
閲覧 Ramesh Chitrakar, Yoji Makita, Akinari Sonoda and Takahiro Hirotsu : Fe-Al layered double hydroxides in bromate reduction: Synthesis and reactivity, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.354, No.2, 798-803, 2011..[キーワード] ...
閲覧 Ramesh Chitrakar, Akinari Sonoda, Yoji Makita and Takahiro Hirotsu : Calcined Mg-Al Layered Double Hydroxides for Uptake of Trace Levels of Bromate from Aqueous Solution, Industrial & Engineering Chemistry Research, Vol.50, No.15, 9280-9285, 2011..[キーワード] ...
閲覧 Ramesh Chitrakar, Akinari Sonoda, Yoji Makita and Takahiro Hirotsu : Synthesis and bromate reduction of sulfate intercalated Fe(II)-Al(III) layered double hydroxides, Separation and Purification Technology, Vol.80, No.3, 652-657, 2011..[キーワード] ...
閲覧 Shimamura Akihiro, Perander Linus, Eiji Kanezaki, Jones Mark and Metoson James : Observation of a Collapsing Layer Structure in Mg/Al Layered Double Hydroxides with Interlayer Hydrogen Phosphate by High Temperature In Situ X-Ray Diffraction with Synchrotoron Radiation, Materials Science Forum, Vol.700, 67-70, 2012..[キーワード] ...
閲覧 Shimamura Akihiro, Jones Mark, Eiji Kanezaki and Metoson B. James : Complete desorption of interlayer hydrogen phosphate in Mg/Al-layered double hydroxides by means of anion exchange with 1-octanesulfonate, Journal of Materials Science, Vol.47, No.3, 1142-1147, 2012..[キーワード] ...
閲覧 Shimamura Akihiro, Eiji Kanezaki, Jones I. Mark and Metson B James : Direct observation of grafting interlayer phosphate in Mg/Al layered double hydroxides, Journal of Solid State Chemistry, Vol.186, 116-123, 2012..[キーワード] ...
閲覧 芥川 遼, 南川 慶二, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣 : LDH固定化フラビン触媒の合成とその触媒作用, 2014年日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月..[キーワード] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 3, LA = 0.53, Max(EID) = 361887, Max(EOID) = 968257.