『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 自己組織化写像 (self-organizing map)

登録情報の数

有効な情報: 9件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 9件

全ての有効な情報 (9件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(5)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(5)
閲覧 (未定義) …(2)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Haruna Matsushita and Yoshifumi Nishio : Competing and Accommodating Behaviors of Peace Self-Organizing Maps, Journal of Signal Processing, Vol.10, No.5, 371-376, 2006..[キーワード] ...
閲覧 Haruna Matsushita and Yoshifumi Nishio : Competing Behavior of Two Kinds of Self-Organizing Maps and its Application to Clustering, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E90-A, No.4, 865-871, 2007..[キーワード] ...
閲覧 Haruna Matsushita and Yoshifumi Nishio : Tentacled Self-Organizing Map for Effective Data Extraction, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E90-A, No.10, 2085-2092, 2007..[キーワード] ...
閲覧 Haruna Matsushita and Yoshifumi Nishio : Reunifying Self-Organizing Map and Disconnecting Self-Organizing Map, Journal of Signal Processing, Vol.11, No.6, 445-452, 2007..[キーワード] ...
閲覧 Haruna Matsushita and Yoshifumi Nishio : Self-Organizing Map with False-Neighbor Degree between Neurons for Effective Self-Organization, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E91-A, No.6, 1463-1469, 2008..[キーワード] ...
閲覧 Shin-ichi Ito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Learning Algorithm for Self-Organizing Map Classification of Electroencephalogram Patterns with Individual Differences, Proc. of WCCI 2012 IEEE World Congress Computation Intelligence, (巻), (号), 2577-2582, Australia, June 2012..[キーワード] ...
閲覧 伊藤 伸一, 濱口 昌志, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 自己組織化マップを用いた聴覚刺激時における脳波に含まれる個人差に関する一考察, ライフサポート, Vol.24, No.4, 153-158, 2012年..[キーワード] ...
閲覧 Shin-ichi Ito, Momoyo Ito, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Minoru Fukumi : Preference Analysis Method Applying Relationship between Electroencephalogram Activities and Egogram in Prefrontal Cortex Activities, --- How to collaborate between engineering techniques and psychology ---, International Journal of Advances in Psychology, Vol.3, No.3, 86-93, 2014..[キーワード] ...
閲覧 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔 : 複属性データ対応型自己組織化マップを用いた脳波分析に関する一考察, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.137, No.2, 302-309, 2017年..[キーワード] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.86, Max(EID) = 374067, Max(EOID) = 1001448.