『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 倉敷 佳孝

登録情報の数

有効な情報: 27件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 28件

全ての有効な情報 (27件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
閲覧 (未定義) …(25)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 里見 淳一郎, 倉敷 佳孝, 兼松 康久, 永廣 信治, 小宮山 雅樹 : 頭蓋内出血で発症した新生児AVMの2例, 4th Niche Neuro-Angiology Conference, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 倉敷 佳孝, 里見 淳一郎, 兼松 康久, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 : 頭蓋内出血で発症した新生児pial AVMの1例, 第12回徳島脳血管障害カンファレンス, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 倉敷 佳孝, 八木 謙次, 兼松 康久, 溝渕 佳史, 影治 照喜 : 二期的手術により全摘出し得た巨大central neurocytomaの一例, 第15回日本脳腫瘍の外科学会, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 倉敷 佳孝, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治, 佐藤 浩一, 広瀬 隆則 : 著明な腫瘍血管増生を認めたanaplastic astroblastomaの一例, 第70回日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 三宅 一央, 影治 照喜, 溝渕 佳史, 倉敷 佳孝, 永廣 信治 : 転移性下垂体腫瘍の1例, 第35回徳島脳神経外科談話会, 2011年3月..[著者] ...
閲覧 倉敷 佳孝, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 : 当院におけるメチオニンPETを用いた脳腫瘍診断, 第25回中国四国脳腫瘍研究会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 Tomoya Kinouchi, Yoshitaka Kurashiki, 北里 慶子, Kenji Shimada, Kenji Yagi, Yoshiteru Tada, Nobuhisa Matsushita, Manabu Sumiyoshi, Junichiro Satomi, Masataka Sata and Shinji Nagahiro : Post-stroke PPAR activation promotes the proliferation and differentiation of innate- and bone marrow-derived stem cells insubventricular zone, leading to vasogenesis and neurogenesis in cortex, International STROKE Conference 2013, Honolulu, Feb. 2013..[著者] ...
閲覧 倉敷 佳孝, 影治 照喜, 溝渕 佳史, 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 広瀬 隆則, 永廣 信治 : Anaplastic astroblastomaの鑑別診断と治療 -症例報告と文献的考察-, 脳神経外科, Vol.41, No.10, 891-899, 2013年..[著者] ...
閲覧 Yoshitaka Kurashiki, K.T Kitazato, Kung K David, Kenji Shimada, Kenji Yagi, Yoshiteru Tada, Nobuhisa Matsushita, Manabu Sumiyoshi, Junichiro Satomi, Y Uto and Shinji Nagahiro : Effects of the immunostimulant GcMAF in cerebral ischemia, Congress Of Neurological Surgeons 2013 Annual Meeting, San Francisco, Oct. 2013..[著者] ...
閲覧 影治 照喜, 倉敷 佳孝, 北里 慶子, 島田 健司, 八木 謙次, 多田 恵曜, 木内 智也, 住吉 学, 宮本 健志, 里見 淳一郎, 宇都 義弘, 永廣 信治 : 虚血後後期におけ脳るGroup-specific protein-derived macrophage activating factor(GcMAF)によるM2 macrophage, 第26回日本脳循環代謝学会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 多田 恵曜, 住吉 学, 里見 淳一郎, 北里 慶子, 倉敷 佳孝, 桑山 一行, 永廣 信治 : 脳梗塞におけるHigh mobility group box-1シグナル活性化とEPAによる脳保護作用, 第26回日本脳循環代謝学会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 宮本 健志, 高麗 雅章, 北里 慶子, 島田 健司, 八木 謙次, 多田 恵曜, 倉敷 佳孝, 里見 淳一郎, 永廣 信治, Kung K David : ラットモデルにおける血行力学的変化と脳動脈瘤形成および破裂の関係, 第26回日本脳循環代謝学会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 宮本 健志, Masaaki Korai, Kenji Shimada, Kenji Yagi, Yoshiteru Tada, Yoshitaka Kurashiki, Kazuyuki Kuwayama, Junichiro Satomi and Shinji Nagahiro : Hemodynamic Changes May Be Partly Attributable To The Formation And Rupture Of Aneurysms In A Rat Model, INTERNATIONAL STROKE CONFERENCE 2015, (都市), Feb. 2015..[著者] ...
閲覧 Yoshitaka Kurashiki, Kenji Shimada, Kenji Yagi, Yoshiteru Tada, Manabu Sumiyoshi, 宮本 健志, Junichiro Satomi, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro : Predominant Activation of M2 Macrophages by Group-specific Component Protein-derived Macrophage Activating, INTERNATIONAL STROKE CONFERENCE 2015, (都市), Feb. 2015..[著者] ...
閲覧 Takeshi Miyamoto, Masaaki Korai, David K. Kung, Keiko K. Kitazato, Kenji Shimada, Kenji Yagi, Yoshiteru Tada, Yoshitaka Kurashiki, Kazuyuki Kuwayama, Junichiro Satomi and Shinji Nagahiro : Hemodynamic changes elicit the formation and rupture of experimental cerebral aneurysms, International stroke conference, Nashville, Feb. 2015..[著者] ...
閲覧 Manabu Sumiyoshi, Junichiro Satomi, KT Kitazato, Kenji Yagi, Yoshitaka Kurashiki, Masaaki Korai, Takeshi Miyamoto, Kazuyuki Kuwayama and Shinji Nagahiro : PPAR-dependent- and -independent inhibition of the HMGB1/TLR9 Pathway by EPA attenuates ischemic brain damage in ovariectomized rats, Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases, Vol.24, No.6, 1187-1195, 2015..[著者] ...
閲覧 Manabu Sumiyoshi, T Keiko Kitazato, Kenji Yagi, Takeshi Miyamoto, Yoshitaka Kurashiki, Nobuhisa Matsushita, Tomoya Kinouchi, Kazuyuki Kuwayama, Junichiro Satomi and Shinji Nagahiro : The accumulation of brain water-free sodium is associated with ischemic damage independent of the blood pressure in female rats, Brain Research, Vol.1616, 37-44, 2015..[著者] ...
閲覧 Manabu Sumiyoshi, Kenji Yagi, Takeshi Miyamoto, Yoshitaka Kurashiki, Nobuhisa Matsushita, Tomoya Kinouchi, Yoshiteru Tada, Kazuyuki Kuwayama, Junichiro Satomi and Shinji Nagahiro : The accumulation of brain water-free Na+ may be a detrimental factor of ischemic damage independent of hypertension in female rats, The 8th International Aldosterone Forum in Japan, (都市), May 2015..[著者] ...
閲覧 宮本 健志, 北里 慶子, 高麗 雅章, 八木 謙次, 多田 恵曜, 倉敷 佳孝, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 永廣 信治 : ラットモデルにおける血行力学的変化と脳動脈瘤形成および破裂の関係, 第2回日本心血管脳卒中学会学術集会, 2015年6月..[著者] ...
閲覧 倉敷 佳孝, 北里 慶子, 島田 健司, 八木 謙次, 多田 恵曜, 木内 智也, 住吉 学, 宮本 健志, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 宇都 義浩 : 脳虚血後後期におけるGroup-specific protein-derived macrophage activating factor (GcMAF)投与は,M2 macrophage, 第2回日本心血管脳卒中学会学術集会, 2015年6月..[著者] ...
閲覧 住吉 学, 北里 慶子, 八木 謙次, 宮本 健志, 倉敷 佳孝, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 永廣 信治 : 雌性ラットにおいて脳内Na+貯留は血圧とは独立して虚血性脳損傷に関連する, 第27回日本脳循環代謝学会,2015.10.30-31,富山, 2015年10月..[著者] ...
閲覧 宮本 健志, 北里 慶子, 前川 秀継, 八木 謙次, 島田 健司, 多田 恵曜, 倉敷 佳孝, 吉岡 正太郎, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 永廣 信治, K.Kung David : ラット脳動脈瘤モデルにおける脳動脈瘤増大・破裂に及ぼす血行力学的負荷の影響, 一般社団法人 日本脳神経外科学会第74回学術総会, 2015年10月..[著者] ...
閲覧 倉敷 佳孝, 北里 慶子, 多田 恵曜, 八木 謙次, 住吉 学, 宮本 健志, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 島田 健司, 木内 智也, 宇都 義浩, 永廣 信治 : 脳虚血後後期におけるGcMAF投与はM2 macrophageを増加させ神経再生に寄与する, 一般社団法人 日本脳神経外科学会第74回学術総会, 2015年10月..[著者] ...
閲覧 宮本 健志, Kung K David, 北里 慶子, 前川 秀継, 八木 謙次, 島田 健司, 多田 恵曜, 倉敷 佳孝, 吉岡 正太郎, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 永廣 信治 : ラット脳動脈瘤モデルにおける脳動脈瘤増大・破裂に及ぼす血行力学的負荷の影響, 第27回日本脳循環代謝学会, 2015年10月..[著者] ...
閲覧 Takeshi Miyamoto, DK Kung, KT Kitazato, Kenji Yagi, Kenji Shimada, Yoshiteru Tada, Masaaki Korai, Yoshitaka Kurashiki, Tomoya Kinouchi, Yasuhisa Kanematsu, Junichiro Satomi, T Hashimoto and Shinji Nagahiro : Site-specific elevation of interleukin-1β and matrix metalloproteinase-9 in the Willis circle by hemodynamic changes is associated with rupture in a novel rat cerebral aneurysm model, Journal of Cerebral Blood Flow and Metabolism, Vol.37, No.8, 2795-2805, 2016..[著者] ...
閲覧 Yoshitaka Kurashiki, Keiko Kitazato, Kenji Shimada, Kenji Yagi, Yoshiteru Tada, Tomoya Kinouchi, Manabu Sumiyoshi, Takeshi Miyamoto, Tadashi Yamaguchi, Junichiro Satomi, Yoshihiro Uto and Shinji Nagahiro : Activation of M2 macrophages in the late phase of cerebral ischemia may contribute to phagocytosis of infarct area and neurogenesis, 25th European Stroke Conference, (都市), April 2016..[著者] ...
閲覧 Takeshi Miyamoto, Keiko Kitazato, Hidetsugu Maekawa, Tadashi Yamaguchi, Kenji Shimada, Kenji Yagi, Yoshiteru Tada, Yoshitaka Kurashiki, syotaro Yoshioka, Yasuhisa Kanematsu, Junichiro Satomi and Shinji Nagahiro : Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide enhances the rupture of intracranial aneurysms in rats, 25th European Stroke Conference, (都市), April 2016..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.30, Max(EID) = 366248, Max(EOID) = 980934.