『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 社団法人 日本地すべり学会

登録情報の数

有効な情報: 18件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 18件

全ての有効な情報 (18件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(15)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(15)
閲覧 閲覧 社団法人 日本地すべり学会 …(1)
閲覧 (未定義) …(1)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 滝 昌和, 山上 拓男 : 進行性破壊を考慮した斜面安定解析, 地すべり, Vol.34, No.3, 34-40, 1997年..[発行所] ...
閲覧 馮 鉄群, 山上 拓男 : 掘削粘性土斜面の安定解析に関する一考察, 地すべり, Vol.35, No.3, 8-14, 1998年..[発行所] ...
閲覧 西田 憲司, 山上 拓男, 蒋 景彩 : 三次元有限要素浸透流解析に基づく排水ボーリング効果の定量的評価法, 地すべり, Vol.37, No.3, 1-9, 2000年..[発行所] ...
閲覧 山上 拓男, 植田 康宏, 山川 治 : 地すべり対策工の合理的設計手法とその適用事例, 地すべり, Vol.38, No.1, 34-40, 2001年..[発行所] ...
閲覧 熊 潔, 望月 秋利, 弓岡 寛史, 三木 達夫 : FEMを用いた斜面安定解析法と切土斜面の崩壊メカニズムの検討, LandsIids journaI of the Japan LandsIide Society, Vol.38, No.2, 3-9, 2001年..[発行所] ...
閲覧 山部 哲, 山上 拓男 : 極限平衡法に基づく進行性破壊を考慮した斜面安定評価, 地すべり, Vol.38, No.3, 20-26, 2001年..[発行所] ...
閲覧 山上 拓男, 鵜飼 恵三 : 斜面の安定と変形解析総説:LEMとFEMの応用, 地すべり, Vol.38, No.3, 9-19, 2001年..[発行所] ...
閲覧 Ahmed Younus Khan, Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : Progressive failure analysis of slopes using non-vertical slices, Landslides, Vol.39, No.2 (150), 13-21, 2002..[発行所] ...
閲覧 神田 幸正, 山上 拓男, 蒋 景彩 : 壁を有する斜面の安定性評価法に関する一提案, 日本地すべり学会誌, Vol.40, No.3, 1-7, 2003年..[発行所] ...
閲覧 横田 修一郎, 西山 賢一, 原口 強, 井口 隆 : 岩石色彩値の深度変化からみた山形県白鷹火山周辺の風化環境と山体崩壊の可能性, 日本地すべり学会誌, Vol.40, No.4, 283-292, 2003年..[発行所] ...
閲覧 神田 幸正, 山上 拓男, 蒋 景彩, グエン バオ ヴェト : 二列の壁を有する斜面の安定性評価法に関する提案, 日本地すべり学会誌, Vol.41, No.5, 37-45, 2005年..[発行所] ...
閲覧 Bao Viet NGUYEN, Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : Modified Newmark analysis of seismic permanent displacements of slopes, Journal of the Japan Landslide Society, Vol.41, No.5, 12-20, 2005..[発行所] ...
閲覧 蒋 景彩, 山上 拓男 : 極限平衡法に基づく三次元斜面安定解析:簡便法vs厳密法, 地すべり, Vol.42, No.2, 27-33, 2005年7月..[発行所] ...
閲覧 蒋 景彩, 馮 鉄群, 若井 明彦 : 2.1(3) FEMによる杭工解析のメリットと留意点, 地すべり解析における有限要素法の利用に関する研究委員会報告書, (巻), (号), 53-56, (都市), 2006年3月..[発行所] ...
閲覧 蒋 景彩, 馮 鉄群 : 2.2(3) FEMによるアンカー工解析のメリット, 地すべり解析における有限要素法の利用に関する研究委員会報告書, (巻), (号), 77-79, (都市), 2006年3月..[発行所] ...
閲覧 大角 恒雄, 浅原 裕, 下川 悦郎 : 2005年長野県白馬岳落石・崩壊の高感度地震観測網波形を用いた震源推定, 日本地すべり学会誌, Vol.43, No.1, 27-32, 2006年..[発行所] ...
閲覧 Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : Discussion of "A new method for estimating the shear strength parameters at the critical slip surface" by T.F. Fathani and H. Nakamura, Vol. 42, No. 2 (166), Jul. 2005, pp. 57-66[ Reply], Journal of the Japan Landslide Society, Vol.44, No.4, 50-52, Nov. 2007..[発行所] ...
閲覧 秦 吉弥, 大角 恒雄, 野津 厚, 釜井 俊孝 : 経験的サイト増幅・位相特性を考慮した強震動評価手法に基づく2008 年岩手・宮城内陸地震における荒砥沢地すべりでの地震動の推定, 日本地すべり学会誌, Vol.47, No.5, 247-254, 2010年..[組織]+[発行所] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 4, LA = 0.84, Max(EID) = 382153, Max(EOID) = 1020847.