『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 弾性 (elasticity)

登録情報の数

有効な情報: 9件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 9件

全ての有効な情報 (9件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(5)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(5)
閲覧 閲覧 早稲田大学 …(1)
閲覧 (未定義) …(3)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Kenzo Asaoka and John Tesk : Transient and residual stresses in dental porcelain as affected by cooling rates, Dental Materials Journal, Vol.8, No.1, 9-25, 1989..[キーワード] ...
閲覧 Kenzo Asaoka and John Tesk : Transient and residual stress in a porcelain-metal strip, Journal of Dental Research, Vol.69, No.2, 463-469, 1990..[キーワード] ...
閲覧 Kenzo Asaoka, Norihiko Kuwayama and John Tesk : Influence of tempering method on residual stress in dental porcelain, Journal of Dental Research, Vol.71, No.9, 1623-1627, 1992..[キーワード] ...
閲覧 Fumiaki Kawano, Andrew Koran, Kenzo Asaoka and Naoyuki Matsumoto : Effect of soft denture liner on stress distribution in supporting structures under a denture, The International Journal of Prosthodontics, Vol.6, No.1, 43-49, 1993..[キーワード] ...
閲覧 Kenzo Asaoka and John Tesk : Simulation of transient thermal stress in gypsum-bonded investment, Dental Materials Journal, Vol.15, No.2, 121-131, 1996..[キーワード] ...
閲覧 Fumiaki Kawano, Takafumi Ohguri, Naoyuki Matsumoto and Tetsuo Ichikawa : Influence of thermal cycling in water on flexural strength of laboratory-processed composite resin, Journal of Oral Rehabilitation, Vol.28, No.8, 703-707, 2001..[キーワード] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Toshio Ogawa, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Hydrogen embrittlement of work-hardened Ni-Ti alloy in fluoride solutions., Biomaterials, Vol.26, No.1, 101-108, 2005..[キーワード] ...
閲覧 Koichi Sairyo, Goel K. Vijay, S Vadapalli, Vishnubhotra Lakshmi Sri, Biyani Ashok, Ebraheim A. Nabil, Terai Tomoya and Toshinori Sakai : Biomechanical comparison of lumbar spine with or without spina bifida occulta. A finite element analysis., Spinal Cord, Vol.44, No.7, 440-444, 2006..[キーワード] ...
閲覧 Hirofumi Kosaka, Koichi Sairyo, Ashok Biyani, Douglas Leaman, Richard Yeasting, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Toshiaki Sano, Vijay K. Goel and Natsuo Yasui : Pathomechanism of loss of elasticity and hypertrophy of lumbar ligamentum flavum in elderly patients with lumbar spinal canal stenosis., Spine, Vol.32, No.25, 2805-2811, 2007..[キーワード] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.50, Max(EID) = 408752, Max(EOID) = 1107676.