『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 日本生物物理学会

登録情報の数

有効な情報: 26件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 26件

全ての有効な情報 (26件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(12)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(12)
閲覧 閲覧 徳島文理大学 …(1)
閲覧 閲覧 日本生物物理学会 …(1)
閲覧 (未定義) …(5)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 谷口 寿章, 今井 嘉郎 : 膜上における蛋白質間相互作用, 日本生物物理学会, 東京, 1981年(0月)..[発行所] ...
閲覧 中江 良子, J. Peter Stoward : リアルタイム画像解析システムによるin situ酵素反応の速度論的解析., 生物物理, Vol.33, No.5, 264-268, 1993年10月..[発行所] ...
閲覧 後藤 壽夫 : 巨大ヘモグロビンをオーガナイズするリンカーの結合様式と分子進化, 日本生物物理学会,シンポジューム:ヘモグロビン研究の意外な展開: グロビン分子進化研究の最前線, (巻), (号), (頁), 1996年11月..[発行所] ...
閲覧 岩楯 好昭, 菊山 宗弘, 浅井 博 : Caged Ca2+ の光分解によるゾウリムシのトリコシスト放出, (誌名), (巻), (号), (頁), 1998年10月..[発行所] ...
閲覧 金品 昌志, 松木 均 : 高圧力下におけるリン脂質二重膜の相挙動, 生物物理, Vol.40, No.2, 94-98, 2000年4月..[発行所] ...
閲覧 松木 均, 上田 一作 : 麻酔薬に特異的な受容体は存在するか?, --- 麻酔作用の温度依存性の矛盾 ---, 生物物理, Vol.41, No.1, 4-8, 2001年1月..[発行所] ...
閲覧 松本 知浩, 田村 勝弘, 鈴木 良尚 : リン脂質二分子膜のゲル-液晶主転移温度に及ぼす圧力の影響, 第39回日本生物物理学会, (巻), (号), (頁), 2001年10月..[発行所] ...
閲覧 荒尾 俊明, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 : 代謝熱測定による酵母のストレス応答の研究 -糖の影響-, 日本生物物理学会第39回年会, (巻), (号), (頁), 2001年10月..[発行所] ...
閲覧 頼田 和子 : フラビンタンパク質の構造機能協関, 生物物理, Vol.42, No.2, 66-71, 2002年3月..[発行所] ...
閲覧 佐崎 元, 柳谷 伸一郎, 鈴木 良尚, 宮下 哲, 佐藤 孝雄, 松浦 良樹, 松井 拓郎, 中嶋 一雄 : タンパク質結晶化への新たなアプローチ : 磁場および高圧力の利用, 生物物理, Vol.44, No.2, 58-63, 2004年1月..[発行所] ...
閲覧 梅名 泰史, 頼田 和子, 松岡 毅, 安部 真琴, 喜田 昭子, 福井 清, 森本 幸生 : 乳酸酸化酵素変異体のX線結晶構造解析, --- 活性部位のFMNに及ぼす影響 ---, 日本生物物理学会第42回年会, 2004年12月..[発行所] ...
閲覧 西川 良美, 郷田 秀一郎, 米田 一成, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦, 柊 弓絃, 大島 敏久 : 大腸菌で生産されるPyrobaculum islandicum由来のグルタミン酸脱水素酵素の活性化機構, 日本生物物理学会第42回年会, (巻), (号), (頁), 2004年12月..[発行所] ...
閲覧 津下 英明, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 吾郷 日出夫, 宮野 雅司, 安藝 謙嗣, 勝沼 信彦, 大島 敏久 : P. horikoshii由来L-プロリン脱水素酵素のX線結晶構造解析, 日本生物物理学会第42回年会, 2004年12月..[発行所] ...
閲覧 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱菌由来アルドラーゼのユニークな4次構造と高度耐熱性, 生物物理, Vol.45, No.2, 97-100, 2005年3月..[発行所] ...
閲覧 Taku Kanai, Ayumi Maeda, Eiichiro Hanafusa and Takanori Satoh : Fluorescence spectroscopic studies on the conformational changes of thermostabilized Inorganic Pyrophosphatase mutants., Fifth East Asian Biophysics Symposium & Forty-Fourth Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan., Vol.46, (号), 163, Ginowan, Okinawa, Nov. 2006..[発行所] ...
閲覧 Taku Kanai, Ayumi Maeda, Eiichiro Hanafusa and Takanori Satoh : Fluorescence spectroscopic studies on the conformational changes of thermostabilized Inorganic Pyrophosphatase mutants., Proceedings of Fifth East Asian Biophysics Symposium & Forty-Fourth Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan., Vol.46, (号), 163, 2006..[発行所] ...
閲覧 跡見 順子, 藤田-大戸 恵理, 山口 鉄生, 桜井 隆史, 藤田 義信 : 1P148 拍動心筋細胞におけるαB-クリスタリンとZ帯タンパク質との動的な相互作用の分析(筋肉(筋蛋白質・収縮),口頭発表,第45回日本生物物理学会年会), 生物物理, Vol.47, No.SUPPLEMENT_1, 60, 2007年11月..[発行所] ...
閲覧 植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチドと結合したタンパク質分子やナノパーティクルの脂質二分子膜透過, 第2回日本生物物理学会四国支部大会講演要旨集, Vol.1, No.1, (頁), 2008年5月..[組織] ...
閲覧 Taku Aoki, Tomomi Maemura, Yuiko Hanno, Haruka Shibagaki, 佐藤 高則 : 大腸菌yodAタンパク質の低分子化合物結合特性の検討, 日本生物物理学会第1回中国四国支部大会講演要旨集, (巻), (号), 12, 2008年5月..[発行所] ...
閲覧 Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi : Poly(Arg) - nanoparticle complexes translocate through lipid bilayer membranes., 日本生物物理学会第46回年会講演予稿集(福岡), Vol.48, No.special issue #1, S160, Dec. 2008..[発行所] ...
閲覧 柳谷 伸一郎, 後藤 信夫 : 原子間力顕微鏡を用いたヒト培養表皮角層サンプルのメゾスコピック領域での機械的特性評価, 生物物理, Vol.51, S29, 2011年9月..[発行所] ...
閲覧 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 : 脂質ラフトは熱力学的に説明できるのか?―非調和融点型固液相図とクラスター形成―, 生物物理, Vol.54, No.3, 154-157, 2014年5月..[発行所] ...
閲覧 Yuto Oe, Momoko Abe, Shota Inoue, Shota Takahashi, Misaki Nakayama, Yurie Ohiwa and Takanori Satoh : Fluorescence spectroscopic studies on conformational changes and Nucleotide binding of thermophilic nucleotide kinases and their variants, The 52nd Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan,The Program and Abstracts, Vol.54, No.Suppl.1-2, S214, Sep. 2014..[発行所] ...
閲覧 小武 和正, 猪谷 祐貴, 吉村 勇哉, 原田 一樹, 山本 武範, 篠原 康雄 : オリゴマイシンとロテノンはミトコンドリアの透過性遷移に相乗的な阻害作用を示す, 第52回日本生物物理学会年会, s107, 2014年9月..[発行所] ...
閲覧 桑原 かな, 原田 一樹, 山本 武範, 篠原 康雄 : 二つの抗体送達システムにおける送達作用の比較, 第52回日本生物物理学会年会, s106, 2014年9月..[発行所] ...
閲覧 Keitaro Shibata, Sagawa Misaki, Kojima Hiroaki and Furuta Ken'ya : Increasing speed of single-molecule kinesin movement in vitro, 第58回日本生物物理学会年会, Sep. 2020..[発行所] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.27, Max(EID) = 383263, Max(EOID) = 1024353.