『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 日本薬学会

登録情報の数

有効な情報: 352件 + 無効な情報: 17件 = 全ての情報: 369件

全ての有効な情報 (352件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(64)
閲覧 閲覧 上越教育大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(64)
閲覧 閲覧 日本薬学会 …(19)
閲覧 閲覧 日本大学 …(1)
閲覧 閲覧 独立行政法人 放射線医学総合研究所 …(1)
閲覧 (未定義) …(167)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Hiroyuki Inouye, shinichi Ueda and Yoshio Takeda : Studies on monoterpene glucosides and related natural products.XIII. Incorporation of [10-14C]-sweroside into gentiopicroside and the alkaloids in Vinca and Cinchona plants, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.19, No.3, 587-594, 1971..[発行所] ...
閲覧 Hiroyuki Inouye, Shinichi Ueda and Yoshio Takeda : Studies on monoterpene glucosides and related natural products. XVIII. Formation sequences of iridoid glucosides in highly oxidized levels, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.20, No.6, 1305-1311, 1972..[発行所] ...
閲覧 Hiroyuki Inouye, Shinichi Ueda, Yasuhiko Aoki and Yoshio Takeda : Studies on monoterpene glucosides and related natural products.XVII. The intermediacy of 7-deoxyloganic acid and loganin in the biosynthesis of several iridoid glucosides, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.20, No.6, 1287-1296, 1972..[発行所] ...
閲覧 Hiroyuki Inouye, 武田 美雄, Hiroshi Nishimura : クロキSymplocos lucidaのlignan配糖体について, 薬学雑誌, Vol.93, No.1, 44-46, 1973年..[発行所] ...
閲覧 Hiroyuki Inouye, Shinichi Ueda, Kenichiro Inoue and Yoshio Takeda : Studies on monoterpene glucosides and related natural products.XXIII. Biosynthesis of secoiridoid glucosides, gentiopicroside, morroniside, oleuropein and jasminin, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.22, No.3, 676-686, 1974..[発行所] ...
閲覧 下村 滋, 林 康久, 森田 秀芳 : フレームレス原子吸光法による尿中微量クロムの定量, 衛生化学, Vol.21, No.4, 204-208, 1975年..[発行所] ...
閲覧 Yoshio Takeda, Hiroshi Nishimura and Hiroyuki Inouye : Studies on monoterpene glucosides and related natural products.XXXII. Iridoid glucosides of Tarenna kotoensis var. gyokushinka, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.24, No.6, 1216-1218, 1976..[発行所] ...
閲覧 Yoshio Takeda and Hiroyuki Inouye : Studies on monoterpene glucosides and related natural products.XXX. The fate of the C-8 proton of 7-deoxyloganic acid in the biosynthesis of secoiridoid glucosides, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.24, No.1, 79-84, 1976..[発行所] ...
閲覧 福澤 健治, 德村 彰, 山田 貞二, 塚谷 博昭 : ドデシル硫酸ナトリウムの長期毒性試験, 衛生化学, Vol.24, No.2, 107-110, 1978年..[発行所] ...
閲覧 Kenichiro Inoue, Yoshio Takeda, Hiroshi Nishimura and Hiroyuki Inouye : Studies on monoterpene glucosides and related natural products.XXXIX. Biogenetic-type transformation of geniposide into plumieride, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.27, No.12, 3115-3122, 1979..[発行所] ...
閲覧 Hiroshi Kiwada, Shoji Awazu and Manabu Hanano : The study on the biological fate of parabens at the dose of practical usage in rat 1.The metabolism and excretion of etyl p-hydroxybenzoate(ethyl paraben)and p-hydroxybenzoic acid, Journal of Pharmacobio-Dynamics, Vol.2, No.6, 356-364, 1979..[発行所] ...
閲覧 Hiroshi Kiwada, Shoji Awazu and Manabu Hanano : The study on the biological fate of paraben at the dose of practical usage in rat 2.The pharmacokinetic study on the blood concentration after the administration of ethyl paraben or p-hydroxybenzoic acid., Journal of Pharmacobio-Dynamics, Vol.3, No.7, 353-363, 1980..[発行所] ...
閲覧 Kenichiro Inoue, Yoshio Takeda, Takao Tanahashi and Hiroyuki Inouye : Studies on monoterpene glucosides and related natural products.XLI. Chemical conversion of geniposide into 10-hydroxyloganin, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.29, No.4, 970-980, 1981..[発行所] ...
閲覧 Hiroshi Kiwada, Shoji Awazu and Manabu Hanano : The study on the biological fate of pasraben at the dose of practical usage in rat 3.The effect of salicylic acid on the fate of paraben., Journal of Pharmacobio-Dynamics, Vol.4, No.8, 643-648, 1981..[発行所] ...
閲覧 MANABU NODE, KIYOHARU NISHIDE, KEIICHIRO OHTA, KAORU FUJI, EIICHI FUJITA, Hitoshi Hori and SEIICHI INAYAMA : Hard Acid and Soft Nucleophile System. VI. A Convenient Synthesis of Alkylthiopolycyclic Aromatics with A Metal Halide and Thiol System, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.31, No.2, 545-551, 1983..[発行所] ...
閲覧 Seiichi Inayama, Nobuko Shimizu, Shoko Nishihara, Tetsushi Ohsaka, Hitoshi Hori, Tetsuichi Shibata, B. Andrzej Buda and Eiji Osawa : Equilibration of 2-Chloro-1,2-dihydrosantonin Conformers; A Theoretical Approach Using X-ray Diffraction and MO Calculations, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.31, No.12, 4582-4585, 1983..[発行所] ...
閲覧 Akira Tokumura, Yasomi Handa, Yasuko Yoshioka and Hiroaki Tsukatani : Mass spectrometric analyses of biologically active choline phospholipids and their lysoderivatives, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.31, No.12, 4425-4435, 1983..[発行所] ...
閲覧 Tetsuro Fujita, Yoshihisa Takaishi, Yoshio Takeda, Tetsuji Fujiyama and Takahito Nishi : Fungal metabolites. II. Structure elucidation of minor metabolites, valinotricin, cyclonerodiol oxide, and epicyclonerodiol oxide, from Trichoderma polysporum, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.32, No.11, 4419-4425, 1984..[発行所] ...
閲覧 Yasuhiko Ohta, Carlos Jaime, Eiji Osawa, Yoichi Iitaka, Nobuko Shimizu, Shoko Nishihara, Tetsushi Ohsaka, Hitoshi Hori, Tetsuichi Shibata and Seiichi Inayama : A Note on the A-ring Conformation in 2-Chloro-1,2-dihydrosantonins, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.33, No.1, 400-403, 1985..[発行所] ...
閲覧 Kenkichi Takauchi, Akira Tokumura, Junichi Yoshida, T Iwama, Yasomi Handa, H Tatsumichi and Hiroaki Tsukatani : Identification of steroidal compounds as acetates in a lysate of "Depressor-I," an antihypertensive phospholipid occurring in acetone-soluble fraction of bovine brain, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.33, No.4, 1334-1341, 1985..[発行所] ...
閲覧 嶋林 三郎 : ヒドロキシアパタイトと生体成分との相互作用に関する物理化学的研究, 薬学雑誌, Vol.107, No.5, 323-337, 1985年5月..[発行所] ...
閲覧 Yoshio Takeda, Tetsuro Fujita, Tetsuro Shingu and Choei Ogimi : Studies on the bacterial gall of Myrica rubra:isolation of a new [7.0]-metacyclphane from the gall and DL-phenylacetic acid from the culture of gall forming bacteria, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.35, No.6, 2569-2573, 1987..[発行所] ...
閲覧 Hitoshi Hori, G.-M. Pang, Kenzo Harimaya, Yoichi Iitaka and Seiichi Inayama : Isolation and Structure of Regelin and Regelinol, New Antitumor Ursene-type Triterpenoids From Tripterygium Regelii, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.35, No.5, 2125-2128, 1987..[発行所] ...
閲覧 Tokunaru Horie, Masao Tsukayama, Yasuhiko Kawamura and Shigeo Yamamoto : Studies of the Selective O-Alkylation and Dealkylation of Flavonoids. IX. A New Method for Synthesizing 3,5-Dihydroxy-7,8-dimethoxyflavones from 3-Hydroxy-5,7,8-trimethoxyflavones, Cheical and Pharmaceutical Bulletin, Vol.35, No.11, 4465-4472, 1987..[発行所] ...
閲覧 Yoshio Takeda, Teruyoshi Ichihara and Hideaki Otsuka : Studies on the diterpenoids of Rabdosia longituba (Miq.) Hara: structure of a new bitter diterpenoid, rabdolongin A and the absolute stereochemistry of rabdolongin B (maeocrystalD), Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.36, No.6, 2079-2083, 1988..[発行所] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi and Masaki Okuda : Flocculation and formation of open structure of kaolinite suspension in the presence of PVP, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.36, No.4, 1257-1263, 1988..[発行所] ...
閲覧 Yoshio Takeda, Teruyoshi Ichihara, Tetsuro Fujita and Akira Ueno : Diterpenoid constituents of Rabdosia umbrosa (Maxim.) Hara: Isolation and structure elucidation of two new diterpenoids, umbrosianin and rabdoumbrosanin, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.37, No.5, 1213-1215, 1989..[発行所] ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Shigeki Sano, Masahito Ochiai, Kaoru Fuji, Sei-ichi Nishimoto, Tsutomu Kagiya, Chieko Murayama, Tomoyuki Mori, Yuta Shibamoto, Keisuke Sasai and Mitsuyuki Abe : Radiosensitizing Hypoxic Cells with New 3-Nitro-1,2,4-triazole Derivatives in Vitro and, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.37, No.7, 1951-1953, 1989..[発行所] ...
閲覧 Aiko Yamauchi, Noritake Matsumoto, Hiroyuki Nakagawa, Takako Ohtsuka, Hiroyasu Yamazaki and Yasuo Kakiuchi : High-performance liquid chromato-graphic analysis of polycyclic aromatic hydrocarbons extracted from river waters, Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.35, No.1, 3, 1989..[発行所] ...
閲覧 Aiko Yamauchi, Takako Ohtsuka, Hiroyasu Yamazaki and Yasuo Kakiuchi : Regulation of microsomal glutathione transferase activity in benzo(a)pyrene administered rat liver, Journal of pharmacobio-dynamics, Vol.12, No.3, s-66, 1989..[発行所] ...
閲覧 Tokunaru Horie, Yasuhiko Kawamura, Masao Tsukayama and Shiro Yoshizaki : Studies of the Selective O-Alkylation and Dealkylation of Flavonoids. XII. A New, Convenient Method for Synthesizing 3,5-Dihydroxy-6,7-dimethoxyflavones from 3,5,6,7-Tetramethoxyflavones, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.37, No.5, 1216-1220, 1989..[発行所] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi and Kyouko Itoi : Interaction of HAP with Na- and CaChondroitin-6-sulfate in an aqueous phase, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.37, No.6, 1437-1440, 1989..[発行所] ...
閲覧 德村 彰 : 血小板活性化因子(PAF)の中枢における役割, ファルマシア, Vol.25, No.7, 720-721, 1989年7月..[発行所] ...
閲覧 Koichiro Tahara, Masahiro Hayashi, Shoji Awazu, Yuriko Kato and Hiroshi Kiwada : Effect of serum on dose- and temperature-dependent hepatic uptake of multilamellar vesicles(MLV), Journal of Pharmacobio-Dynamics, Vol.12, No.10, 596-601, 1989..[発行所] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi : Decrease in intrinsic viscosity of PVP in the presence of NaChs or NaCMC in an aqueous phase, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.37, No.10, 2811-2813, 1989..[発行所] ...
閲覧 佐野 茂樹 : トピックス:〈有機化学〉新しい不斉制御システムを活用する高エナンチオ選択的炭素ー炭素結合反応, ファルマシア, Vol.26, No.4, 356, 1990年(0月)..[発行所] ...
閲覧 Yoshio Takeda, Koichi Takeda, Tetsuro Fujita, Han-Dong Sun and Yoshinori Minami : Studies on the diterpenoid constituents of Rabdosia ternifolia: structure elucidation of new diterpenoids, rabdoternins A, B and C, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.2, 439-442, 1990..[発行所] ...
閲覧 Takako Yamaguchi, Aki Asada, Aiko Yamauchi, Hiroyasu Yamazaki and Yasuo Kakiuchi : Mutagenicity of tire extracts, Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.36, No.1, 16, 1990..[発行所] ...
閲覧 Yoshio Takeda, Tetsuro Fujita, Han-Dong Sun, Yoshinori Minami, Masamitsu Ochi and C.C. Chen : Revision of the structures of isodonal, rabdolasional and related diterpenoids, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.7, 1877-1880, 1990..[発行所] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi and Yoshio Tanizawa : Formation of HAP in the presence of phosphorylated PVA as a simplified model compounds for mineralization regulator phosphoproteins, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.7, 1810-1814, 1990..[発行所] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi and Hakim Bangun : Interaction of alginic acid with organic diacidic base piperazine, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.10, 2623-2626, 1990..[発行所] ...
閲覧 Hiroyasu Yamazaki, Masaki Inoi, Takako Yamaguchi, Aiko Yamauchi and Yasuo Kakiuchi : Effect of rubber additives on activation of rabbit platelets, Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.37, No.1, 22, 1991..[発行所] ...
閲覧 Shoji Imai, T. Tanaka, K. Saito and Y. Hayashi : Determination of Lead in Serum by Graphite Furnace Atomic Absorption Spectrometry Using Chromium Nitrate as a Matrix Modifier, Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.37, No.1, 22-27, 1991..[発行所] ...
閲覧 Masao Tsukayama, Yasuhiko Kawamura, Hiroto Tamaki and Tokunaru Horie : Synthesis of Parvisoflavones A and B, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.39, No.7, 1704-1706, 1991..[発行所] ...
閲覧 Shoji Imai, H. Ishikura, T. Tanaka, K. Saito and Y. Hayashi : Simultaneous Determination of Lead and Cadmium in Biological Samples by Multichannel GraphitefurnaceAtomicAbsorptionSpectrometry, Eisei Kagaku, Vol.63, No.8, 772-775, 1991..[発行所] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi and Yoshio Tanizawa : effect of phosphorylated organic compound on the adsorption of BSA by HAP, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.39, No.9, 2183-2188, 1991..[発行所] ...
閲覧 松木 洋子, 赤沢 美保, 土屋 浩一郎, 桜井 弘, 際田 弘志, 五郎丸 毅 : イソニアジドのフリーラジカル中間代謝物に及ぼすアスコルビン酸の影響, 薬学雑誌, Vol.111, No.10, 600-605, 1991年..[発行所] ...
閲覧 Takashi Matsumoto, Takashi Ishida, Toshio Yoshida, Hiromitsu Terao, Yoshio Takeda and Yoshinori Asakawa : The enantioselective metabolism of p-cymene in rabbit, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.40, No.7, 1721-1726, 1992..[発行所] ...
閲覧 Hiroyasu Yamazaki, Nobuko Take, Kaori Tachibana, Takako Yamaguchi, Aiko Yamauchi and Yasuo Kakiuchi : Effect of environmental pollutants on activation of rabbit platelets, Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.38, No.1, 18, 1992..[発行所] ...
閲覧 佐野 茂樹 : トピックス:〈有機化学〉新しいホスト分子の開発ーリン酸エステルの認識ー, ファルマシア, Vol.28, No.9, 991, 1992年(0月)..[発行所] ...
閲覧 松木 洋子, 本宮 ゆかり, 野田 優子, 際田 弘志, 桜井 弘, 五郎丸 毅 : イプロニアジドの体内動態並びにフリーラジカル中間代謝物に及ぼすアスコルビン酸の影響, 薬学雑誌, Vol.112, No.12, 926-933, 1992年..[発行所] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi and Yukihiro Ikeda : Binding of mequitazine with PVP and NaAlg and its effect on the precipitation formation of mequitazine in an aqueous phase, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.40, No.4, 837-842, 1992..[発行所] ...
閲覧 嶋林 三郎, 原田 千佳子 : 水溶液中におけるモノアセトアセチンの加水分解反応に及ぼすpHと温度の影響, 薬学雑誌, Vol.112, No.9, 669-672, 1992年..[発行所] ...
閲覧 Hiroyasu Yamazaki, T Yamaguchi, Aiko Yamauchi and Yasuo Kakiuchi : Effect of food additives on rabbit platelet function, Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.39, (号), 16, 1993..[発行所] ...
閲覧 阿部 禎弘, 藤原 一存, 土河 紀子, 森田 秀芳, 下村 滋 : 誘導結合プラズマ発光分析法によるいわゆる健康食品中の多元素同時分析, 衛生化学, Vol.39, No.4, 356-367, 1993年..[発行所] ...
閲覧 Yoshio Takeda, Yukako Futatsuishi, Teruyoshi Ichihara, Takashi Matsumoto, Hiromitsu Terao, Hiroshi Terada and Hideaki Otsuka : Rabdokaurins C and D, two new diterpenes from Rabdosia longituba, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.41, No.4, 685-687, 1993..[発行所] ...
閲覧 Hiroyasu Yamazaki, Megumi Ito, Miho Fujiwara, Takako Yamaguchi, Aiko Yamauchi and Yasuo Kakiuchi : Effect of food additives on rabbit platelet function ( II ), Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.40, No.1, 41, 1994..[発行所] ...
閲覧 K. Matuura, O. Shoma and Yoshihisa Takaishi : Fungal Metabolites XV. Primary Structures of Antibiotic Peptides,Hypelcins B-I ,B-II ,B-III ,B-IV and B-V from Hypocrea peltata, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.42, (号), 1063-1069, 1994..[発行所] ...
閲覧 M. Okuda, A. Iida and Yoshihisa Takaishi : Fungal Metabolites X. The effect of Peptide Antibiotics, Trichosporins-Bs, on the Respiratory Activity of Mitochondria, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.17, (号), 482-485, 1994..[発行所] ...
閲覧 Tadayuki Uno and Saburo Shimabayashi : Hemin binding to DNA with bis-dentate acridine intercalation, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.42, No.4, 988-990, 1994..[発行所] ...
閲覧 Takako Yamaguchi, Hiroshi Uehara, Hiroko Oka, Tsuyoshi Saitou, Hiroyasu Yamazaki, Aiko Yamauchi and Yasuo Kakiuchi : Mutagenicity and property of airborne particulates in a roadside atmosphere, Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.40, No.1, 12, 1994..[発行所] ...
閲覧 Ryousuke Touyama, Yoshio Takeda, Kenichiro Inoue, Ikuo Kawamura, Masahiko Yatsuzuka, Takeshi Ikumoto, Shingu Tetsuro, Yokoi Toshio and Hiroyuki Inouye : Studies on the blue pigments produced from genipin and methyl amine I. Structures of brrownish-red pigments, intermediate leading to the blue pigments, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.42, No.3, 668-673, 1994..[発行所] ...
閲覧 Ken Arita, Tsutomu Araki, Katsuro Shuto and Masamichi Satoh : Effect of vinconate on long-term potentiation in a mossy fiber-CA3 system of guinea pig hippocampal slices, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.17, No.7, 987-989, 1994..[発行所] ...
閲覧 Hideaki Otsuka, Masami Yao, Kenji Kamada and Yoshio Takeda : Alangionosides G-M:glycosides of megastigmane derivatives from Alangium premnifolium, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.43, No.5, 754-759, 1995..[発行所] ...
閲覧 Akira Iida, Y Tanaka, T Mihara, Mamoru Tabata, Gisho Honda, Tetsuro Shingu, Yoshio Takeda, Yoshihisa Takaishi, Erdem Yesilada, Ekrem Sezik and Tetsuro Fujita : Marrubinones A and B, New Labdane Diterpenoids from Marrubium astracanicum(Labiatae), Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.43, No.9, 1454-1457, 1995..[発行所] ...
閲覧 朱年 亮, 長岡 武馬, 落合 正仁 : ビニルヨージナンを活用するエノラートアニオンの直接的ビニル化反応, 日本薬学会年会, Vol.115, 1995年3月..[発行所] ...
閲覧 高橋 秀夫, 伊藤 隆夫, 落合 正仁 : アルキルペルオキシヨージナンを活用するアリルエーテルの酸化反応, 日本薬学会年会, Vol.115, 1995年3月..[発行所] ...
閲覧 北川 豊, 豊成 美香, 落合 正仁, 植村 宏治 : ビニルヨードニウム塩へのMichael型付加反応, 日本薬学会年会, Vol.115, 1995年3月..[発行所] ...
閲覧 末田 拓也, 野田 理絵, 落合 正仁 : 第15・16族ビニルオニウム塩の合成とその求核試剤との反応, 日本薬学会年会, Vol.115, 1995年3月..[発行所] ...
閲覧 長岡 武馬, 末田 拓也, 落合 正仁 : オニウム転位によるアルキニルアルソニウム塩の合成, 日本薬学会年会, Vol.115, (号), (頁), 1995年3月..[発行所] ...
閲覧 中西 顕伸, 伊藤 隆夫, 落合 正仁 : アルキルペルオキシヨージナンを用いるスルフィドの酸化反応, 日本薬学会年会, Vol.115, 1995年3月..[発行所] ...
閲覧 Tokunaru Horie, Yasuhiko Kawamura, Hitoshi Yamamoto and Kazuyo Yamashita : Studies of the Selective O-Alkylation and Dealkylation of Flavonoids. XIX. A Convenient Method for Synthesizing 3,5,6,7,8-Pentaoxygenated Flavones, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.43, No.12, 2054-2063, 1995..[発行所] ...
閲覧 Takashi Matsumoto, Yoshio Takeda, Kimiko Soh, Hisashi Goto and Sachihiko Imai : Synthesis of pygmaeosine E, a linear abietane diterpene from Pygmaeopremna hebacea (Roxb.) Moldenke, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.44, No.7, 1318-1325, 1996..[発行所] ...
閲覧 Hisao Nemoto, Junya Kikuishi and Masayuki Shibuya : A new method for the preparation of phenyl-substituted cis-enediyne from a phthalide derivative, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.44, No.11, 2186-2188, 1996..[発行所] ...
閲覧 Tokunaru Horie, Masahiro Sasagawa, Fumihito Torii, Yasuhiko Kawamura and Kazuyo Yamashita : Studies of the Selective O-Alkylation and Dealkylation of Flavonoids. XX. A Convenient Method for Synthesizing 5,6,7-Trihydroxyisoflavones and 5,6-Dihydroxy-7-methoxyisoflavones, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.44, No.3, 486-491, 1996..[発行所] ...
閲覧 喜田 充生, 末田 拓也, 落合 正仁 : プロパルギルシランの極性反転:アレニルヨーダンを活用するプロパルギル化反応, 日本薬学会年会, Vol.116, 1996年3月..[発行所] ...
閲覧 朱年 亮, 陳 大為, 落合 正仁 : アルキニルヨードニウム塩を活用するフロトロポンの合成, 日本薬学会年会, No.116, 1996年3月..[発行所] ...
閲覧 北川 豊, 落合 正仁 : 不安定化ヨードニウムイリドの発生とそのカルボニル化合物との反応, 日本薬学会年会, Vol.116, 1996年3月..[発行所] ...
閲覧 中川 秀幸 : 海洋資源を利用した医薬開発の最近の現状, ファルマシア, Vol.32, No.6, 694-695, 1996年6月..[発行所] ...
閲覧 嶋林 三郎, 宇野 公之 : ヒドロキシプロピルセルロースと硫酸ドデシルナトりウムとの界面複合体形成がO/W型大豆油エマルジョンの分散・凝集に及ぼす影響, 薬学雑誌, Vol.116, No.11, 892-899, 1996年..[発行所] ...
閲覧 Tokunaru Horie, Ken'ichi Shibata, Kazuyo Yamashita, Yasuhiko Kawamura and Masao Tsukayama : Studies of the Selective O-Alkylation and Dealkylation of Flavonoids. XXII. A Convenient Method for Synthesizing 3,5,7-Trihydroxy-6-methoxyflavones, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.45, No.3, 446-451, 1997..[発行所] ...
閲覧 奥山 格, 佐藤 浩一, 瀧野 知樹, 落合 正仁 : ビニルヨーダンのSN2及び接触イオンー分子対求核置換反応, 日本薬学会年会, Vol.117, 1997年3月..[発行所] ...
閲覧 中西 顕伸, 山田 亜希子, 落合 正仁 : ペルオキシヨーダンを用いるフェノールのラジカル的酸化, 日本薬学会年会, Vol.117, 1997年3月..[発行所] ...
閲覧 豊成 美香, 長岡 武馬, 末田 拓也, 落合 正仁 : ホウ素ーヨウ素(III)交換反応を用いるジアリールヨーダンの合成, 日本薬学会年会, Vol.117, 1997年3月..[発行所] ...
閲覧 梶島 大輔, 末田 拓也, 伊藤 隆夫, 落合 正仁 : ペルオキシヨーダンによるアミン及びアミドの酸化反応, 日本薬学会年会, Vol.117, 1997年3月..[発行所] ...
閲覧 Tokunaru Horie, Yosidumi Otsuru, Noriko Minamimoto, Kazuyo Yamashita, Yasuhiko Kawamura and Masao Tsukayama : Studies of the Selective O-Alkylation and Dealkylation of Flavonoids. XXIII. Demethylation Behaviors of 6-Hydroxy-4 ,7-dimethoxy-5-tosyloxyflavones with Anhydrous Aluminum Halides in Acetonitrile, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.45, No.10, 1573-1578, 1997..[発行所] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi and Tadayuki Uno : Depurination of Adenosine and deoxyadenosine monophosphates in the hemin- hydroperoxide system, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.45, No.12, 2110-2112, 1997..[発行所] ...
閲覧 M Takikawa, K Uno, Takashi Ooi, Takenori Kusumi, S Akera, M Muramatsu, H Mega and C Horita : Crenulacetal C, a Marine Diterpene, and Its Synthetic Mimics Inhibiting Polydora websterii, a Harmful Lugworm Damaging Peral Cultivation, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.46, No.3, 462-466, 1998..[発行所] ...
閲覧 Hideaki Otsuka, Kaori Kotani, Masahiko Bando, Masaru Kido and Yoshio Takeda : A novel dimeric butenolide, glochidiolide from the leaves of Glochidion acuminatum, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.46, No.7, 1180-1181, 1998..[発行所] ...
閲覧 Takashi Korenaga, Yi Yang, Kensuke Shibata, Junko Motonaka and Sanae Ikeda : Determination of Sulfate in Environmental Water by Spectrophotometric Flow Injection Analysis, Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.44, No.1, 49-53, 1998..[発行所] ...
閲覧 山本 真司, 佐藤 浩一, 落合 正仁 : (E)-β-アルキルビニルヨーダンのホルムアミド誘導体によるSN2反応, 日本薬学会年会, Vol.118, 1998年3月..[発行所] ...
閲覧 西谷 淳一, 北川 豊, 落合 正仁 : β-アセトキシアルケニルヨーダンを用いるα-置換カルボニル化合物の合成, 日本薬学会年会, Vol.118, 1998年3月..[発行所] ...
閲覧 福田 園子, 末田 拓也, 落合 正仁 : アルキルペルオキシヨーダンによるアルコール及びアセタールの酸化反応, 日本薬学会年会, Vol.118, 1998年3月..[発行所] ...
閲覧 国嶋 崇隆, 萩山 博史, 山城 恭子, 谷 昇平, 落合 正仁 : BF3-i-Pr2O-アルキルベンジルエーテル系を用いたβ-アルコキシビニルヨードニウム塩の合成反応, 日本薬学会年会, Vol.118, 1998年4月..[発行所] ...
閲覧 Masami Tanaka, Yutaka Asahi, Seizo Masuda and Keiji Minagawa : Binding Position of Tolbutamide to Human Serum Albumin, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.46, No.5, 817-821, 1998..[発行所] ...
閲覧 田中 秀治, 野口 由起子, 森田 秀芳, 下村 滋, 岡本 研作 : フローインジェクション/Co3+常温酸化分解法に基づくCOD測定, 日本薬学会第118年会, (巻), (号), (頁), 1998年5月..[発行所] ...
閲覧 T Yabuuchi and Takenori Kusumi : A Convenient One-pot Synthesis of Quaternary a-Methoxy-& a-Hydroxycarboxylic Acids, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.47, No.5, 684-686, 1999..[発行所] ...
閲覧 H Yamase, K Umemoto, Takashi Ooi and Takenori Kusumi : Structure and Absolute Stereochemistry of Five New Secospatanes and a Spatane Isolated from the Brown Alga Dilophus okamurai Dawson, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.47, No.6, 813-818, 1999..[発行所] ...
閲覧 山内 あい子 : シンポジウム『薬学領域における情報インフラの構築とその利用』の話題, 薬事日報日本薬学会特集号, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 田中 秀治, 木村 静恵, 馬木 美樹子 : 光誘起化学発光検出を用いるフローインジェクション分析法と局方医薬品定量への応用, 日本薬学会第119年会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 山本 真司, 落合 正仁 : ビニルヨーダンのチオアミドによるSN2反応, 日本薬学会年会, Vol.119, 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 陳 大為, 落合 正仁 : 不斉モノカルボニルヨードニウムイリドの合成と反応, 日本薬学会年会, Vol.119, 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 福田 園子, 末田 拓也, 落合 正仁 : アルキルペルオキシヨーダンを用いるアルコール及びアセタールの酸化反応の機構, 日本薬学会年会, Vol.119, 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 喜田 充生, 溜本 公子, 落合 正仁 : ヨードシルベンゼンーシクロデキストリン複合体を活用するスルフィドの酸化反応, 日本薬学会年会, Vol.119, 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 Tran Minh Huong, Hideyoshi Harashima and Hiroshi Kiwada : In Vivo Studies on the Role of Complement in the Clearance of Liposomes in Rats and Guinea Pigs, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.22, No.5, 515-520, 1999..[発行所] ...
閲覧 Hirokazu Sudo, Kaori Kijima, Hideaki Otsuka, Toshinori Ide, Eiji Hirata, Yoshio Takeda, Masayuki Isaji and Yoshikazu Kurashina : A collagen network foreffector from leaves of Premna subscandensmation, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.47, No.9, 1341-1343, 1999..[発行所] ...
閲覧 Yoshio Takeda, Toshiya Masuda, Gisho Honda, Yoshihisa Takaishi, Michiho Ito, Ozodebek A. Ashurmetov, Olimjon K. Khodzhimatov and Hideaki Otsuka : Secoiridoid glycosides from Gentiana olivierii, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.47, No.9, 1338-1340, 1999..[発行所] ...
閲覧 嶋林 三郎 : ドイツ薬学会代表団Ammon教授(ドイツ薬学会会頭)の挨拶, ファルマシア, Vol.35, No.9, 948-949, 1999年9月..[発行所] ...
閲覧 Yoshio Takeda, Yuuko Kiba, Toshiya Masuda, Hideaki Otsuka, Gisho Honda, Motoko Tagawa, Ekrem Sezik and Erdem Yesilada : Nepetaracemosides A and B: iridoid glucosides from Nepeta racemosa, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.47, No.10, 1433-1435, 1999..[発行所] ...
閲覧 Hongquan Duan, Yoshihisa Takaishi, Yongfong Jia and Duan Li : Sesquiterpene Alkaloids from Extracts of Tripterygium wilfordii, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.47, No.11, 1664-1667, 1999..[発行所] ...
閲覧 Bao-Ning Su and Yoshihisa Takaishi : Morinins L-P, Five New Phenylpropanol Derivatives from Morina chinensis, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.47, No.11, 1569-1572, 1999..[発行所] ...
閲覧 Zhang Yu-an, Tetsuyuki Wada, Yasunori Iwasaki, Hideyuki Nakagawa and Seiji Ichida : The inhibitory effect of the toxic fraction from sea urchin (Toxopneustes pileolus) venom on 45Ca2+ uptake in crude syaptosome fraction from chick brain, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.22, No.12, 1279-1283, 1999..[発行所] ...
閲覧 佐野 茂樹 : ヘテロ原子の特性を活用する高立体選択的反応の開発ーα置換セリン誘導体の不斉合成ー, 薬学雑誌, Vol.120, No.1, 28-41, 2000年(0月)..[発行所] ...
閲覧 佐野 茂樹 : ヘテロ原子の特性を活用する高立体選択的反応の開発ーHWE反応の新展開ー, 薬学雑誌, Vol.120, No.5, 432-444, 2000年(0月)..[発行所] ...
閲覧 Hiroyuki Nakamura, Hiroshi Fukuda, Girald Frank, Tooru Kobayashi, Jun'ichi Hiratsuka, Takashi Akazawa, Hisao Nemoto, Jiaping Cai, Katsuya Yoshida and Yoshinori Yamamoto : In vivio evaluation of carborane gadolinium-DTPA complex as an MRI imaging boron carrier, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.48, No.7, 1034-1038, 2000..[発行所] ...
閲覧 山本 真司, 落合 正仁 : ビニルヨーダンのSN2反応を利用したチオアミドのアミドへの変換反応, 日本薬学会年会, Vol.120, 2000年3月..[発行所] ...
閲覧 土本 芳美, 山本 真司, 落合 正仁 : モノカルボニルヨードニウムイリドとホウ素化合物との反応, 日本薬学会年会, Vol.120, 2000年3月..[発行所] ...
閲覧 末田 拓也, 福田 園子, 落合 正仁 : アルキルペルオキシヨーダンを活用する炭素ー結合炭素形成反応, 日本薬学会年会, Vol.120, 2000年3月..[発行所] ...
閲覧 Hideaki Otsuka, Eiji Hirata, Anki Takushi, Yoshio Takeda, Masahiko Bando and Masaru Kido : Glochidionolactone A-F: butenolide glucosides from leaves of Glochidion zeylanicum, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.48, No.4, 547-551, 2000..[発行所] ...
閲覧 Hirokazu Sudo, Toshinori Ide, Hideaki Otsuka, Eiji Hirata, Anki Takushi and Yoshio Takeda : Megastigmane, benzyl and phenethyl alcohol glycosides, and 4,4`-dimethoxytruxinic acid catalpol diester from the leaves of Premna subscandens, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.48, No.4, 542-546, 2000..[発行所] ...
閲覧 Yoshio Takeda, Yoshihiro Okada, Toshiya Masuda, Eiji Hirata, Anki Takushi, Qian Yu and Hideaki Otsuka : A new mwgastigmane and a new tetraketide from leaves of Euscaphis japonica, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.48, No.5, 752-754, 2000..[発行所] ...
閲覧 Hideaki Otsuka, Eiji Hirata and Yoshio Takeda : Isolation of lignan glucoside and neolignan sulfate from the leaves of Glochidion zeylanicum (Gaertn) A. Juss., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.48, No.7, 1084-1086, 2000..[発行所] ...
閲覧 Yoshio Takeda, Kazumi Yanagihara, Toshiya Masuda, Hideaki Otsuka, Gisho Honda, Yoshihisa Takaishi, Ekrem Sezik and Erdem Yesilada : Labdane diterpenoids from Marrubium globosum ssp. globosum, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.48, No.8, 1234-1235, 2000..[発行所] ...
閲覧 篠原 康雄 : がん細胞の糖代謝を特異的に担うヘキソキナーゼの同定とその機能解析, 薬学雑誌, Vol.120, No.8, 657-666, 2000年8月..[発行所] ...
閲覧 Shu-ichi Fukuyoshi, Takashi Ooi and Takenori Kusumi : Influence of the Conformation of Methoxy-(2-naphthyl)acetates (2NMA Esters) on Their Chemical Reactions, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.48, No.8, 1208-1210, 2000..[発行所] ...
閲覧 清水 克英, 永澤 秀子, 段 宏泉, 高石 喜久, 宇都 義浩, 堀 均 : 雷公藤(Triptergium wilfordii Hook F.)由来テルペノイドの抗腫瘍活性, 日本薬学会第121年会, (巻), (号), (頁), 2001年3月..[発行所] ...
閲覧 美甘 尚子, 永澤 秀子, 山下 真緒, 勝浦 恵子, 岡 茂範, 島村 眞里子, 前澤 博, 宇都 義浩, 堀 均 : 低酸素細胞修飾剤Triazine-N-oxideの分子設計 - アポトーシス誘導活性と血管新生阻害活性 -, 日本薬学会第121年会, (巻), (号), (頁), 2001年3月..[発行所] ...
閲覧 鈴木 一郎, 土屋 優子, 宇野 晋策, 根本 尚夫, 中馬 寛, 渋谷 雅之 : ビラジカルの反応性制御に基づくエンジインモデル化合物の開発, 日本薬学会 第121年会, Vol.30[PA]I-007, (号), (頁), 2001年3月..[発行所] ...
閲覧 重永 章, 鈴木 一郎, 根本 尚夫, 渋谷 雅之 : 10員環含硫エンジインモデル化合物の芳香環化合物, 日本薬学会 第121年会, Vol.30[PA]I-008, (号), (頁), 2001年3月..[発行所] ...
閲覧 金本 憲始, 鈴木 一郎, 根本 尚夫, 渋谷 雅之 : 開環系エンジインモデル化合物の芳香環化反応, 日本薬学会 第121年会, Vol.30[PA]I-009, (号), (頁), 2001年3月..[発行所] ...
閲覧 仁士 良雄, 橋本 咲子, 落合 正仁 : ビニルヨーダンを用いるチアゾールの新しい合成反応, 日本薬学会年会, Vol.121, 2001年3月..[発行所] ...
閲覧 土本 芳美, 樋口 裕子, 落合 正仁 : テトラヒドロフランによるλ3-ビニルヨーダンの還元反応, 日本薬学会年会, Vol.121, 2001年3月..[発行所] ...
閲覧 Tran Minh Huong, Tatsuhiro Ishida, Hideyoshi Harashima and Hiroshi Kiwada : Species Difference in Correlation between in Vivo/ in Vitro LiposomeComplement Interactions, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.24, No.4, 439-441, 2001..[発行所] ...
閲覧 Hiroyuki Nakagawa, Hongquan Duan and Yoshihisa Takaishi : Limonoids from Citrus sudachi, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.49, No.5, 649-651, 2001..[発行所] ...
閲覧 Bei Chen, Yoshihisa Takaishi, Kazuyoshi Kawazoe, Kimiko Tamemoto, Gisho Honda, Michiho Ito, Yoshio Takeda, Olimjon K. Kodzhimatov and Ozodbek Ashurmetov : Farnesyl Hydroxybenzoic Acid Derivatives from Ferula kuhistanica, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.49, No.6, 707-710, 2001..[発行所] ...
閲覧 Hideaki Otsuka, Eiji Hirata, Takakazu Shinzato and Yoshio Takeda : Glochiflavanosides A-D:flavanol glucosides from the leaves of Glochidion zeylanicum (Gaertn.) A Juss., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.49, No.7, 921-923, 2001..[発行所] ...
閲覧 Yasuhiro Shikishima, Yoshihisa Takaishi, Gisho Honda, Michiho Ito, Yoshio Takeda, Olimjon K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov and Kuo-Hsing Lee : Chemical Constituents of Prangos tschimganica; Structure Elucidation and Absolute Configuration of Coumarin and Furanocoumarin Derivatives with Anti-HIV Activity, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.49, No.7, 877-880, 2001..[発行所] ...
閲覧 Yoshio Takeda, Natsuko Isai, Toshiya Masuda, Gisho Honda, Yoshihisa Takaishi, Michiho Ito, Hideaki Otsuka, Ozodebek A Ashurmetov and Olimjon K Khodzhimatov : Phlomisflavosides A and B, new flavonol diglycosides from Phlomis spinidens, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.49, No.8, 1039-1041, 2001..[発行所] ...
閲覧 Hideaki Otsuka, Xi-Ning Zhong, Eiji Hirata, Shinzato Tkakazu and Yoshio Takeda : Myrisinionosides A-E: megastigmane glycosides from leaves of Myrisine sequinii, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.49, No.9, 1093-1097, 2001..[発行所] ...
閲覧 今野 博行 : 有機合成試薬としてのリボザイム, ファルマシア, Vol.37, (号), 831-832, 2001年10月..[発行所] ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Hitoshi Iimori, Hong Ki Nam, Shigeki Sano and Motoo Shiro : Synthesis and Antibacterial Activity of New 1β-Methylcarbapenems Having the Potential for Intramolecular Nonbonded S---O Interactions, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.49, No.12, 1660-1661, 2001..[発行所] ...
閲覧 Shigeki Sano, Tomoka Takehisa, Shiho Ogawa, Kenji Yokoyama and Yoshimitsu Nagao : Stereoselective Synthesis of Tetrasubstituted (Z)-Alkenes form Aryl Alkyl Ketones Utilizing the Horner-Wadsworth-Emmons Reaction, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.50, No.9, 1300-1302, 2002..[発行所] ...
閲覧 Hongquan Duan, Yoshihisa Takaishi, Yoshinori Fujimoto, Cristina Garzon, Coralia Osorio and Carmenza Duque : Chemical Constituents from the Colombian Medicinal Plant Niphogeton ternata, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.50, No.1, 115-117, 2002..[発行所] ...
閲覧 Masaki Baba, Ryoya Asano, Ikumi Takigami, Tetsuyuki Takahashi, Masayoshi Ohmura, Yoshihito Okada, Hajime Sugimoto, Tadashi Arika, Hoyoku Nishino and Toru Okuyama : Studies on Cancer Chemoprevention by Traditional Folk Medicines XXV.Inhibitory Effect of Isoliquiritigenin on Azoxymethane-Induced Murine Colon Aberrant Crypt Focus Formation and Carcinogenesis, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.25, No.2, 247-250, 2002..[発行所] ...
閲覧 佐藤 ともみ, 鈴木 倫子, 松原 光伸, 大森 史子, 西村 拓矢, 道又 真理, 荒木 勉, 今井 潤 : 日本人における上皮性ナトリウムチャンネル(EnaC) βサブユニットの遺伝子多型, 第122年会日本薬学会, 2002年3月..[発行所] ...
閲覧 水上 和彦, 道又 真理, 松原 光伸, 荒木 勉, 藤田 早由里, 西村 拓矢, 今井 潤 : 抗利尿ホルモン非依存性の尿濃縮機構の検討, 第122年会日本薬学会, 2002年3月..[発行所] ...
閲覧 村松 靖子, 赤坂 恵, 道又 真理, 松原 光伸, 荒木 勉, 今井 潤 : MPTP誘発パーキンソン病モデルマウスの病態解析, 第122年会日本薬学会, 2002年3月..[発行所] ...
閲覧 末藤 孝志, 宮本 和範, 後藤 了, 落合 正仁, 坂本 茂, 山口 健太郎 : Diaryl-λ2-iodaneのクラウンエーテル錯体の合成とその構造, 日本薬学会年会, Vol.122, 2002年3月..[発行所] ...
閲覧 宮本 和範, 末藤 孝志, 落合 正仁 : アルキニル及びアルケニル-λ3-ヨーダンとクラウンエーテルとの錯体の合成, 日本薬学会年会, Vol.122, 2002年3月..[発行所] ...
閲覧 仁士 良雄, 落合 正仁 : (Z)-アルケルニル-λ3-ヨーダンのビニル位SN2反応, 日本薬学会年会, Vol.122, 2002年3月..[発行所] ...
閲覧 末田 拓也, 落合 正仁 : アルキルペルオキシ-λ3-ヨーダンを活用するテトラヒドロフラニルエーテルの合成, 日本薬学会年会, Vol.112, 2002年3月..[発行所] ...
閲覧 林 孝憲, 土本 芳美, 落合 正仁 : λ3-ヨーダンの電子親和力を利用するアルコールのテトラヒドロフラニル化, 日本薬学会年会, Vol.122, 2002年3月..[発行所] ...
閲覧 Rieko Tachibana, Hideyoshi Harashima, Tatsuhiro Ishida, Yasuo Shinohara, Mari Hino, Hiroshi Terada, Yoshinobu Baba and Hiroshi Kiwada : Effect of Cationic Liposomes in an in Vitro Transcription and Translation System, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.25, No.4, 529-531, 2002..[発行所] ...
閲覧 Tatsuhiro Ishida, H Harashima and Hiroshi Kiwada : Liposome clearance., Bioscience Reports, Vol.22, No.2, 197-224, April 2002..[発行所] ...
閲覧 Satoru GOTO, Kyoko Masuda, Miyuki Miura, Keiko Kanazawa, Miki Sasaki, Miyuki Masui, Maki Shiramizu, Hiroshi Terada and Hiroshi Chuman : Quantitative estimation of interaction between carbohydrates and concanavalin A by surface plasmon resonance biosensor, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.50, No.4, 445-449, 2002..[発行所] ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Satoshi Miyamoto, Kazuhiko Hayashi, Ado Mihira and Shigeki Sano : Synthesis of New Chiral Sulfinyldiacetic Acid Derivatives and Attempt at Chemoselective Asymmetric Pummerer Reaction, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.50, No.4, 558-562, 2002..[発行所] ...
閲覧 Qian Yu, Hideaki Otsuka, Eiji Hirata, Takakazu Shinzato and Yoshio Takeda : Turpinionosides A-E; megastigmane glucosides from leaves of Turpinia ternata, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.50, No.5, 640-644, 2002..[発行所] ...
閲覧 Shigeki Sano, Kenji Yokoyama, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : A Facile Method for the Stereoselective Horner-Wadsworth-Emmons Reaction of Aryl Alkyl Ketones, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.50, No.5, 706-709, 2002..[発行所] ...
閲覧 Yoshio Takeda, Hideko Shimidzu, Kennta Mizuno, Sachiyo Inouchi, Toshiya Masuda, Eiji Hirata, Takakazu Shinzato, Mitsutaka Aramoto and Hideaki Otsuka : An iridoid glucoside dimer and non-glycosidic iridoid from the leaves of Lasianthus wallichii, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.50, No.10, 1395-1397, 2002..[発行所] ...
閲覧 荒木 崇彰, 河野 正記, 鈴木 一郎, 根本 尚夫, 渋谷 雅之 : ポリオール構造をもつ新規水溶性増強化試薬の合成とその応用, 第41回 日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, Vol.10C09-50, (号), (頁), 2002年11月..[発行所] ...
閲覧 坂本 信敬, 寺村 和起, 鈴木 一郎, 根本 尚夫, 渋谷 雅之 : 直方型空洞を形成する際の全トランス宿環型パーヒドロナフタセン骨格の影響, 第41回 日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, Vol.10C10-00, (号), (頁), 2002年11月..[発行所] ...
閲覧 頼田 和子 : RNAアプタマーによる酸化還元リボザイム構築の可能性, ファルマシア, Vol.39, No.1, 60-62, 2003年..[発行所] ...
閲覧 三井 沙恵, 武井 亜樹, 児島 伸枝, 高畠 亮, 松田 知成, 関澤 純, 宮入 伸一 : ダイオキシン受容体結合生を有するindirubinの酵素イムノアッセイ法の開発, 第123回日本薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月..[発行所] ...
閲覧 Hideaki Otsuka, Hidehiko Kijima, Eiji Hirata, Takakazu Shinzato, Anki Takushi, Bando Masahiko and Yoshio Takeda : GlochidionosidesA-D:megastigmane glucosides from leaves of Glochidion Zeylanicum (Gaertn.)A. Juss., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.51, No.3, 286-290, 2003..[発行所] ...
閲覧 Takahiro Kawai, Takashi Ooi and Takenori Kusumi : Oxidation of Cyclopropane Terpenoids with Ruthenium Tetraoxide, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.51, No.3, 291-294, 2003..[発行所] ...
閲覧 Midori Suenaga, Naokatu Arakaki, Kayoko Morokami, Toshiki Himeda, Hirofumi Shibata, Masamichi Kuwajima and Tomihiko Higuti : Functional disorders of the oxidative phosphorylation system in the heart mitochondria of mice with juvenile visceral steatosis, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.26, No.3, 289-294, 2003..[発行所] ...
閲覧 大塚 英昭, 武田 美雄 : 沖縄産ウラジロカンコノキの成分研究, 日本薬学会 第123年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月..[発行所] ...
閲覧 鈴木 一郎, 髙橋 真由子, 根本 尚夫, 渋谷 雅之 : DNA 親和性部位を有するフルオロキノロン誘導体に関する研究, 日本薬学会 第123年会, Vol.28[P1]I-018, (号), (頁), 2003年3月..[発行所] ...
閲覧 坂本 信敬, 寺村 和起, 根本 尚夫, 渋谷 雅之 : 全トランス縮環型パーヒドロナフタセン骨格を基盤とする新規ホスト分子の設計·合成と分子認識能, 日本薬学会 第123年会, Vol.28[P1]I-069, (号), (頁), 2003年3月..[発行所] ...
閲覧 荒木 崇彰, 川野 正記, 鈴木 一郎, 根本 尚夫, 渋谷 雅之 : ポリオール型水溶性増強化試薬の合成および生理活性化合物への適用, 日本薬学会 第123年会, Vol.28[P1]I-091, (号), (頁), 2003年3月..[発行所] ...
閲覧 重永 章, 鈴木 一郎, 根本 尚夫, 渋谷 雅之 : DNA親和性部位を有するビラジカル生成モデル化合物に関する研究, 日本薬学会 第123年会, Vol.29[P1]I-007, (号), (頁), 2003年3月..[発行所] ...
閲覧 日野 知証, 谷本 政雄, 嶋林 三郎 : 噴霧乾燥法によるシルクマイクロスフェアの調製とその物性の評価, 第123年会日本薬学会講演要旨集, Vol.1, No.4, 95, 2003年3月..[発行所] ...
閲覧 日野 知証, 石本 隼人, 嶋林 三郎 : カードラン懸濁液の加温によるゲル化に関する研究, --- (1)高齢者向けゼリー製剤の開発 ---, 第123年会日本薬学会講演要旨集, Vol.1, No.4, 87, 2003年3月..[発行所] ...
閲覧 日野 知証, 石本 隼人, 嶋林 三郎 : カードラン懸濁液の加温によるゲル化に関する研究, --- (2)浸漬時間の影響 ---, 第123年会日本薬学会講演要旨集, Vol.1, No.4, 87, 2003年3月..[発行所] ...
閲覧 仁士 良雄, 落合 正仁, Hermann j. Frohn : アルキニル〈アリール〉-λ3-ブロマンの合成とその構造, 日本薬学会第123年会, 2003年3月..[発行所] ...
閲覧 中西 郁夫, 宇都 義浩, 薬丸 晴子, 宮崎 健太郎, 大久保 敬, 浦野 四郎, 奥田 晴宏, 小澤 俊彦, 福原 潔, 福住 俊一, 伊古田 暢夫, 永澤 秀子, 堀 均 : アルテピリンCのラジカル消去反応に及ぼす金属イオンの効果, 日本薬学会第123年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月..[発行所] ...
閲覧 Mitsuru Shindo, Yusuke Sato, Ryoko Koretsune, Takashi Yoshikawa, Kenji Matsumoto and Kozo Shishido : Synthesis of α,α-Dibromo Esters as Precursors of Ynolates, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.51, No.4, 477-478, 2003..[発行所] ...
閲覧 Lap Thi Nguyen, Tatsuhiro Ishida, Sachiko Ukitsu, Wen Hao Li, Rieko Tachibana and Hiroshi Kiwada : Culture Time-Dependent Gene Expression in Isolated Primary Cultured Rat Hepatocytes by Transfection with the Cationic Liposomal Vector TFL-3, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.26, No.6, 880-885, 2003..[発行所] ...
閲覧 Wenyuan Gao, Rong Zhang, Wei Jia, Jun Zhang, Yoshihisa Takaishi and Hongquan Duan : Immunosuppressive Diterpenes from Veronicastrum sibiricum, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.52, No.1, 136-137, 2004..[発行所] ...
閲覧 Satiko Lucia Yoshida, Satoshi Nishida, Takashi Shimoyama, Tsukasa Kawahara, Shigetada Kondo, Kazuhito Rokutan, Toshihiro Kobayashi and Shohko Tsunawaki : Superoxide Generation by Nox1 in Guinea Pig Gastric Mucosal Cells Involves a Component with p67phox-Ability, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.27, No.2, 147-155, 2004..[発行所] ...
閲覧 Fumihiko Kugawa, Akemichi Ueno, Miho Kawasaki and Masatada Aoki : Evaluation of cell death caused by CDF (cyclophosphamide, doxorubicin, 5-fluorouracil) multi-drug administration in the human breast cancer cell line MCF-7., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.27, No.3, 392-398, 2004..[発行所] ...
閲覧 山内 あい子, 中馬 寛 : これからの医薬品情報学:医薬情報コミュニティの構築とClinical-QSARの試み, 日本薬学会第124年会(大阪), (巻), (号), (頁), 2004年3月..[発行所] ...
閲覧 重永 章, 鈴木 一郎, 根本 尚夫, 渋谷 雅之 : ポリアミン部位を有するビラジカル生成モデル化合物に関する研究, 日本薬学会 第124年会, Vol.29[P2]I-396, (号), (頁), 2004年3月..[発行所] ...
閲覧 髙橋 真由子, 鈴木 一郎, 根本 尚夫, 渋谷 雅之 : DNA親和性部位を有するフルオロキノロン誘導体の合成とDNA切断活性, 日本薬学会 第124年会, Vol.29[P2]I-397, (号), (頁), 2004年3月..[発行所] ...
閲覧 真鍋 敦雄, 鈴木 一郎, 根本 尚夫, 渋谷 雅之 : 複素環化合物の新規合成法の開発, 日本薬学会 第124年会, Vol.30[P1]I-104, (号), (頁), 2004年3月..[発行所] ...
閲覧 河村 知志, 鈴木 一郎, 根本 尚夫, 渋谷 雅之 : 低反応性イミンを出発原料としたα-アミノエステルのOne-pot合成, 日本薬学会 第124年会, Vol.30[P1]I-193, (号), (頁), 2004年3月..[発行所] ...
閲覧 川野 正記, 西野 勝, 金子 麻衣, 鈴木 一郎, 根本 尚夫, 渋谷 雅之 : 高い緩和率を持つMRI造影剤として期待されるGd-DTPA誘導体の設計および合成, 日本薬学会 第124年会, Vol.30[P2]I-286, (号), (頁), 2004年3月..[発行所] ...
閲覧 田中 秀治, 村田 武史, 中馬 寛, 山上 知佐子 : Flow ratiometry.原理および分配係数log P,酸解離定数pKa測定への応用, 日本薬学会第 124年会, (巻), (号), (頁), 2004年3月..[発行所] ...
閲覧 児嶋 智美, 日野 知証, 嶋林 三郎 : Rose BengalおよびErythosineBの吸着に伴う尿酸結晶の崩壊, 第124年会日本薬学会講演要旨集, Vol.124, No.3, 10, 2004年3月..[発行所] ...
閲覧 出口 亮, 日野 知証, 嶋林 三郎 : 薬物ー水溶性高分子間における複合体形成の油水分配とエマルション粒子形成への影響, 第124年会日本薬学会講演要旨集, Vol.124, No.3, 14, 2004年3月..[発行所] ...
閲覧 日野 知証, 石本 隼人, 嶋林 三郎 : カードラン懸濁液の加温によるゲル化に及ぼす塩の影響, 第124年会日本薬学会講演要旨集, Vol.124, No.4, 93, 2004年3月..[発行所] ...
閲覧 Hideaki Otsuka, Yoshio Takeda, Eiji Hirata, Takakazu Shinzato and Masahiko Bando : Glochidiolide, isoglochidiolide, acuminaminoside, and glochidacuminosides A-D from the leaves of Glochidion acuminatum MUELL., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.52, No.5, 591-596, 2004..[発行所] ...
閲覧 吉田 昌裕 : 小員環の特性を活用した遷移金属による新規連続反応の開発とその展開, 薬学雑誌, Vol.124, No.7, 425-435, 2004年7月..[発行所] ...
閲覧 石田 竜弘 : 脳脊髄腔投与可能なDDSの開発とその脳保護効果の検討, 薬学雑誌, Vol.124, No.8, 541-547, 2004年8月..[発行所] ...
閲覧 Hiroyuki Morikawa, Ryoji Kasai, Hideaki Otsuka, Eiji Hirata, Takakazu Shinzato, Mitsunori Aramoto and Yoshio Takeda : Terpenic and phenolic glycosides from leaves of Breynia officinalis HEMSL, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.52, No.9, 1086-1090, 2004..[発行所] ...
閲覧 武田 美雄 : カンコノキGlochidion obovatumの成分研究, 日本薬学会 第124回年会, (巻), (号), (頁), 2004年9月..[発行所] ...
閲覧 Hiromi Nakao, Kaori Senokuchi, Chisato Umebayashi, Kaori Kanemaru, Toshiya Masuda, Yasuo Oyama and Shigetomo Yonemori : Cytotoxic activity of maytanprine isolated from Maytenus diversifolia in human leukemia K562 cells, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.27, No.8, 1236-1240, 2004..[発行所] ...
閲覧 Shigeki Sano, Eiko Kujime, Yuka Takemoto, Shiro Motoo and Yoshimitsu Nagao : A Facile Synthesis of Novel Chiral Phosphonoacetates Bearing a Stereogenic Phosphorus Atom, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.53, No.1, 131-134, 2005..[発行所] ...
閲覧 劉 輝, 大塚 英昭, 武田 美雄 : マルヤマカンコノキの成分, 日本薬学会 第125年会, Vol.31-0745, (号), (頁), 2005年3月..[発行所] ...
閲覧 松浪 勝義, 大塚 英昭, 武田 美雄 : オオバギの葉部の成分研究, 日本薬学会 第125年会, Vol.31-0744, (号), (頁), 2005年3月..[発行所] ...
閲覧 髙橋 真由子, 鈴木 一郎, 根本 尚夫, 武田 敬 : 種々の置換基を有するフルオロキノロン誘導体の光照射下でのDNA切断活性に関する研究, 日本薬学会 第125年会, Vol.31-1028, (号), (頁), 2005年3月..[発行所] ...
閲覧 河村 知志, 北崎 恭子, 根本 尚夫 : Pd触媒を用いたvinylaziridineとMAC反応剤のC-C結合生成反応, 日本薬学会 第125年会, Vol.31-0564, (号), (頁), 2005年3月..[発行所] ...
閲覧 宮脇 あかり, 河村 知志, 根本 尚夫 : OH置換された活性メチレン化合物の新規合成法の開発, 日本薬学会 第125年会, Vol.31-0567, (号), (頁), 2005年3月..[発行所] ...
閲覧 西田 勝, 川野 正記, 根本 尚夫 : チオール末端を有するDTPA誘導体の合成, 日本薬学会 第125年会, Vol.31-0563, (号), (頁), 2005年3月..[発行所] ...
閲覧 神谷 昌樹, 南 有紀, 根本 尚夫 : 分岐型ポリグリセロール構造を有する新規水溶性増強化試薬の開発, 日本薬学会 第125年会, Vol.31-0549, (号), (頁), 2005年3月..[発行所] ...
閲覧 宮本 和範, 仁士 良雄, 末藤 孝志, 落合 正仁 : Wipfチアゾール合成反応の反応機構, 日本薬学会年会, Vol.125, 2005年3月..[発行所] ...
閲覧 蕨野 訓臣, 日野 知証, 嶋林 三郎 : 疎水性表面を持ったヒドロキシアパタイトの調製, 第125年会日本薬学会講演要旨集, Vol.125, No.2, 21, 2005年3月..[発行所] ...
閲覧 鵜飼 大, 鍬塚 理沙, 日野 知証, 嶋林 三郎 : 多孔性粉体に対する薬物の吸着に及ぼす高分子の影響, --- 活性炭・Methyl Orange・PVPについて ---, 第125年会日本薬学会講演要旨集, Vol.125, No.2, 21, 2005年3月..[発行所] ...
閲覧 山下 祥子, 岸本 耕一, 日野 知証, 嶋林 三郎 : ポリエチレングリコールを用いた溶融混合物調製による核酸塩基の溶解性の改善, 第125年会日本薬学会講演要旨集, Vol.125, No.2, 132, 2005年3月..[発行所] ...
閲覧 田中 秀治, Xiangli Liu, Daichi Kawabata, 中馬 寛, Chisako Yamagami : Application of a Stepwise Flow Ratiometry without Phase Separation to the Determination of the Chloroform/Water Distribution Coefficients of Volatile Diazines, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.53, No.4, 374-377, 2005年..[発行所] ...
閲覧 Wenhao Li, Tatsuhiro Ishida, Yurie Okada, Naoto Oku and Hiroshi Kiwada : Increased Gene Expression by Cationic Liposomes (TFL-3) in Lung Metastases Following Intravenous Injection, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.4, 701-706, 2005..[発行所] ...
閲覧 Aimi Kanada, Yumiko Nishimura, Jun-ya Yamaguchi, Masako Kobayashi, Kyoko Mishima, Kanna Horimoto, Kaori Kanemaru and Yasuo Oyama : Extract of Ginkgo biloba leaves attenuates kainate-induced increase in intracellular Ca2+ concentration of rat cerebellar granule neurons, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.5, 934-936, 2005..[発行所] ...
閲覧 Xiaodong Wang, Wenyuan Gao, Zhi Yao, Shaoyu Zhang, Yanwen Zhang, Yoshihisa Takaishi and Hongquan Duan : Immunosuppressive Sesquiterpenes from Tripterygium wilfordii, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.53, No.6, 607-610, 2005..[発行所] ...
閲覧 Qian Yu, Katsuyoshi Matsunami, Hideaki Otsuka and Yoshio Takeda : Staphylionosides A-K: Megastigmane Glucosides from the Leaves of Staphylea bumalda DC., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.53, No.7, 800-807, 2005..[発行所] ...
閲覧 Wataru Sakane, Noriyuki Hara, Yoshinori Fujimoto, Yoshihisa Takaishi, Ricardo Acuña, Coralia Osorio and Carmenza Duque : Cupaniol, a New Branched Polyprenol, from Cupania latifolia, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.53, No.8, 1037-1039, 2005..[発行所] ...
閲覧 Lap Thi Nguyen, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Gene Expression in Primary Cultured Mouse Hepatocytes with a Cationic Liposomal Vector, TFL-3: Comparison with Rat Hepatocytes, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.8, 1472-1475, 2005..[発行所] ...
閲覧 Takashi Yamauchi : Neuronal Ca2+/Calmodulin-Dependent Protein Kinase II-Discovery, Progress in a Quarter of a Century, and Perspective: Implication for Learning and Memory, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.8, 1342-1354, Aug. 2005..[発行所] ...
閲覧 岩名 沙奈恵, 福井 清 : D-アミノ酸代謝システムによる脳機能制御の医化学, ファルマシア, Vol.41, No.9, 857-861, 2005年..[発行所] ...
閲覧 Shigeki Sano, Hisashi Shimizu, Kweon Kim, Woo Song Lee, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Expeditious Syntheses of Conjugated Allenyl Esters and Oxazoles through a Cascade Reaction of α-Alkynyl Malonates under Alkaline Conditions, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.54, No.2, 196-203, 2006..[発行所] ...
閲覧 Tatsuhiro Ishida, Yoshihiro Takanashi and Hiroshi Kiwada : Safe and efficient drug delivery system with liposomes for intrathecal application of an antivasospastic drug, fasudil., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.29, No.3, 397-402, March 2006..[発行所] ...
閲覧 嶋林 三郎, 植野 哲, 小田 奈央子 : ヒドロキシアパタイトに対する2種界面活性剤の同時吸着, 第126年会日本薬学会講演要旨集2, (巻), (号), 17, 2006年3月..[発行所] ...
閲覧 元木 恵美子, 植野 哲, 嶋林 三郎 : ヒドロキシアパタイト表面へのウシ血清アルブミン吸着に対する界面活性剤添加の影響, 第126年会日本薬学会講演要旨集2, (巻), (号), 17, 2006年3月..[発行所] ...
閲覧 井上 朋法, 植野 哲, 嶋林 三郎 : 塩酸クロルヘキシジンの溶解度に及ぼす低分子および高分子量物質の添加の影響, 第126年会日本薬学会講演要旨集2, (巻), (号), 20, 2006年3月..[発行所] ...
閲覧 植野 哲, 柴田 あきら, 嶋林 三郎 : 負荷電型ポリアミノ酸のリポソーム脂質2分子膜透過, 第126年会日本薬学会講演要旨集2, (巻), (号), 21, 2006年3月..[発行所] ...
閲覧 嶋林 三郎, 植野 哲, 鍬塚 理沙, 鵜飼 大 : 低分子量物質の活性炭に対する吸着に及ぼすPVPとの複合体形成の影響, 第126年会日本薬学会講演要旨集2, (巻), (号), 17, 2006年3月..[発行所] ...
閲覧 趙 志敏, 松浪 勝義, 大塚 英昭, 武田 美雄 : ギョクシンカの葉部の成分研究, 日本薬学会第126年会, (巻), (号), (頁), 2006年3月..[発行所] ...
閲覧 日野 知証, 小倉 良穂, 大地 沙織, 嶋林 三郎 : 油性薬物封入カードランゼリーの調製, 第126年会日本薬学会講演要旨集2, (巻), (号), 145, 2006年3月..[発行所] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi, Chang-chin Kwan and Wen-Hweu Chu : Effect of polyvinylpyrrolidone and sodium lauruyl isethionate on kaolinite suspension in an aqueous phase, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.54, No.8, 1082-1087, 2006..[発行所] ...
閲覧 長屋 寿雄 : microRNAは寿命をも左右する, ファルマシア, Vol.42, No.8, (頁), 2006年8月..[発行所] ...
閲覧 川添 仁, 久保 智美, 飯原 なおみ, 土居 智明, 奥條 真紀子, 福岡 憲泰, 藤本 さとし, 金地 伸拓, 坂東 修二, 石田 俊彦, 滝口 祥令, 芳地 一 : 患者参加型癌化学療法副作用モニタリング, --- 患者の治療参加と情報の共有化 ---, 薬学雑誌, Vol.126, No.8, 629-642, 2006年..[発行所] ...
閲覧 座間味 義人, 高取 真吾, 山脇 康佑 : 食後高血糖が神経性血圧調節機能に及ぼす影響 (生体機能と創薬シンポジウム2006 疾病の標的分子と治療薬開発の最前線 講演要旨集), 薬学雑誌, Vol.126, No.0, 144-146, 2006年9月..[発行所] ...
閲覧 Katsuyoshi Matsunami, Ichiko Takamori, Takakazu Shinzato, Mitsunori Aramoto, Kazunari Kondo, Hideaki Otsuka and Yoshio Takeda : Radical-scavenging activities of new megastigmane glucosides from Macaranga tanarius (L.)Muelll.-Arg., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.54, No.10, 1403-1407, 2006..[発行所] ...
閲覧 Shigeki Sano, Yoko Kuroda, Katsuyuki Saito, Yukiko Ose and Yoshimitsu Nagao : Tandem Reduction Olefination of Triethyl 2-Aceyl-2-fluoro-2-phosphonoacetates and a Synthetic Approach to Cbz-Gly-Ψ[(Z)-CF=C]-Gly Dipeptide Isostere, Tetrahedron, Vol.62, No.51, 11881-11890, 2006..[発行所] ...
閲覧 福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体遺伝子発現機構を標的とするアレルギー疾患治療薬の意義, 薬学雑誌, Vol.127, No.1, 15-25, 2007年(0月)..[発行所] ...
閲覧 日野 知証, 小岡 直美, 嶋林 三郎 : カードランを用いた薬物封入ゲルビーズの調製, 日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 58, 2007年3月..[発行所] ...
閲覧 大橋 幸太, 植野 哲, 嶋林 三郎 : コポリアミノ酸/蛋白質複合体のリポソーム膜との相互作用, 日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 49, 2007年3月..[発行所] ...
閲覧 濱本 拓也, 植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性リポソームとDNAの複合体形成, 日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 22, 2007年3月..[発行所] ...
閲覧 植野 哲, 嶋林 三郎 : 正電荷型ポリアミノ酸とリポソーム脂質2分子膜間の相互作用に対する共存イオンの影響, 日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 22, 2007年3月..[発行所] ...
閲覧 藤内 寛子, 早川 夏美, 荒木 勉 : 一過性脳虚血後の砂ネズミの海馬におけるHSP70およびユビキチンの発現変化とPitavastatinの効果, 日本薬学会第127年会, Vol.29P1-pm392, 184, 2007年3月..[発行所] ...
閲覧 河村 知志, 北崎 恭子, 神谷 昌樹, 根本 尚夫 : H-MAC-Acを用いたα-アシロキシエステルおよびアミドのOne-pot合成, 日本薬学会 第127年会, Vol.31-0567, (号), (頁), 2007年3月..[発行所] ...
閲覧 神谷 昌樹, 中本 亜樹, 河村 知志, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎, 滝口 祥令 : 高脂血症治療薬・フェノフィブラートのBGL Modificationによる中性脂肪低下効果の検討, 日本薬学会 第127年会, Vol.31-0567, (号), (頁), 2007年3月..[発行所] ...
閲覧 山口 佳津騎, 山本 敦司, 實光 由香, 山内 あい子, 木原 勝 : 乳癌細胞増殖抑制作用を志向する3,4-diphenyl-1,2-dihydroquinolineおよび2,3-diphenylindole 誘導体の合成, 日本薬学会第127年会, 2007年3月..[発行所] ...
閲覧 山口 佳津騎, 山本 敦司, 實光 由香, 山内 あい子, 木原 勝 : 3,4-diphenyl-1,2-dihydroquinoline 2,3-diphenylindole, 日本薬学会第127年会要旨集, (巻), (号), (頁), 2007年3月..[発行所] ...
閲覧 Otsuka Hideaki, Shitamoto Junko, He Dong-Hui, Matsunami Katsuyoshi, Shinzato Takakazu, Aramoto Mitsunori, Yoshio Takeda and Kanchanapoom Tripetch : Tricalysioside P-U: Ent-kaurane glucosides and a labdane glucoside from leaves of Tricalysia dubia Ohwi, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.55, No.11, 1600-1605, 2007..[発行所] ...
閲覧 Kazuhiko Hayashi, Eiko Kujime, Hajime Katayama, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Effects of Magnesium Salts and Amines on the Stereoselectivity in the Imine Aldol Reaction, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.55, No.12, 1773-1775, 2007..[発行所] ...
閲覧 石田 竜弘 : 腫瘍血管の構造変化がナノ粒子抗がん剤の効果を変化させる, ファルマシア, Vol.44, No.2, 168-169, 2008年2月..[発行所] ...
閲覧 石田 竜弘, 際田 弘志 : ポリエチレングリコール修飾リポソーム投与時に生ずるaccelerated blood clearance (ABC)現象, 薬学雑誌, Vol.128, No.2, 233-243, 2008年2月..[発行所] ...
閲覧 Yoshifumi Ikee, Kana Hashimoto, Mai Kamino, Masaaki Nakashima, Kazuhiko Hayazhi, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of New Quinolone Antibiotics Utilizing Azetidine Derivatives Obtained from 1-Azabicyclo[1.1.0]butane, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.3, 346-356, 2008..[発行所] ...
閲覧 松尾 泰佑, 山﨑 尚志, 新山 加菜美, 山本 武範, 石田 竜弘, 際田 弘志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : タグを付加したPf3 coat protein変異体の調製およびリポソームとの相互作用の解析, (誌名), 2008年3月..[発行所] ...
閲覧 植野 哲, 嶋林 三郎 : 正荷電型ポリアミノ酸のリポソーム脂質2分子膜透過に対する2次構造の影響, 日本薬学会第128年会講演要旨集(横浜), Vol.128, No.4, 14, 2008年3月..[発行所] ...
閲覧 河村 知志, 西山 由希子, 神谷 昌樹, 根本 尚夫 : パラジウム触媒を用いたMAC反応剤による多置換ビニルアジリジンの位置及び立体選択的開環反応, 日本薬学会 第128年会, Vol.31-0567, (号), (頁), 2008年3月..[発行所] ...
閲覧 中本 亜樹, 岩本 拓也, 神谷 昌樹, 河村 知志, 根本 尚夫 : アリル保護基を利用した分岐型オリゴグリセロールの新規高効率合成法, 日本薬学会 第128年会, Vol.31-0567, (号), (頁), 2008年3月..[発行所] ...
閲覧 谷口 昌聖, 熊 娟, 柏田 良樹, 高石 喜久, 山岸 喬 : 多剤薬剤耐性克服作用を有する点物に関する研究(5) –シラカバ花穂トリテルペノイドをリードとした抗がん剤耐性克服薬の創製研究–, 日本薬学会第128年会要旨集, (巻), (号), (頁), 2008年3月..[発行所] ...
閲覧 鈴木 恭子, 岡坂 衛, 柏田 良樹, 高石 喜久, 伊藤 美千穂, 本多 義昭, 武田 美雄, Olimjon K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov : ウズベキスタン産薬用植物Ferula variaの成分研究(3), 日本薬学会第128年会要旨集, (巻), (号), -, 2008年3月..[発行所] ...
閲覧 柏田 良樹, 高石 喜久, Chin-Ho Chen, Kuo-Hsiung Lee : 抗HIV天然物に関する研究(22)–Oleanolic acid及びursolic acidの28-amido誘導体の抗HIV活性–, 日本薬学会第128年会要旨集, (巻), (号), (頁), 2008年3月..[発行所] ...
閲覧 橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 : Hypericum ascyronの成分研究 (5), 日本薬学会第128年会要旨集, (巻), (号), -, 2008年3月..[発行所] ...
閲覧 高田 裕介, 矢野 麻衣子, 原田 恵, 山内 あい子, 木原 勝 : エタノール アミンおよびピペリジン誘導体の合成とノルエピネフリン増強作用の検討, 日本薬学会 第128年会, (巻), (号), (頁), 2008年3月..[組織] ...
閲覧 金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林 : Chloranthus spicatusの成分研究, 日本薬学会第128年会要旨集, (巻), (号), -, 2008年3月..[発行所] ...
閲覧 田中 直伸, 久保田 高明, 荒木 敦, 柏田 良樹, 高石 喜久, 三上 襄, 小林 淳一 : ナガサキオトギリより単離した新規フロログルシノール誘導体petiolin A–Cの構造, 日本薬学会第128年会要旨集, (巻), (号), (頁), 2008年3月..[発行所] ...
閲覧 Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Accelerated blood clearance (ABC) phenomenon upon repeated injection of PEGylated liposomes., International Journal of Pharmaceutics, Vol.354, No.1-2, 56-62, April 2008..[発行所] ...
閲覧 Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Chihiro Mori, Naoto Okada, Naoshi Yamazaki, Kazuaki Kajimoto, Masatoshi Kataoka and Yasuo Shinohara : Cold-induced changes in gene expression in brown adipose tissue: implications for the activation of thermogenesis., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.31, No.5, 775-784, May 2008..[発行所] ...
閲覧 浦辻 直幸, 植野 哲, 嶋林 三郎 : DNA-Liposome複合体Lipoplex形成に対する脂質構成比の影響, 第24回日本DDS学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, (頁), 2008年6月..[組織] ...
閲覧 Kazuhiko Hayazhi, Shiho Ogawa, Shigeki Sano, Motoo Shiro, Kentaro Yamaguchi, Yoshihisa Sei and Yoshimitsu Nagao : Intramolecular Nonbonded S---N Interaction in Rabeprazole, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.6, 802-806, 2008..[発行所] ...
閲覧 Chika Hashida, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Makoto Ogawa and Yoshihisa Takaishi : Prenylated Phrologrucinol Derivatives from Hypericum perforatum var. angustifolium, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.8, 1164-1167, 2008..[発行所] ...
閲覧 植野 哲, 嶋林 三郎 : ナノパーテイクル複合体の脂質二分子膜透過, 第61回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集(福岡), Vol.61, No.1, (頁), 2008年9月..[組織] ...
閲覧 Yoko Sakanashi, Midori Morimoto, Yumiko Nishimura, Hiroko Matsui, Kaori Kanemaru, Toshiya Masuda and Yasuo Oyama : Cytometric analysis of the cytotoxic action of adenosine 5'-monophosphate on rat thymocytes, Journal of Health Science, Vol.54, No.6, 692-696, 2008..[発行所] ...
閲覧 小山 敏広, 畑中 由香子, 合田 光寛, 座間味 義人, 芳原 成美, 川崎 博己 : 腎血管性高血圧における血管周囲神経の機能変化(誌上シンポジウム), 薬学雑誌, Vol.129, No.2, 185-189, 2009年2月..[発行所] ...
閲覧 植野 哲, 嶋林 三郎 : Poly-L-arginine-ヒドロキシアパタイトナノパーテイクル複合体形成と脂質二分子膜との相互作用, 日本薬学会第129年会講演要旨集(京都, 27Q-am158), Vol.129, No.4, (頁), 2009年3月..[発行所] ...
閲覧 中西 郁夫, 宇都 義浩, 大久保 敬, 川島 知憲, 松本 謙一郎, MANDA Sushma, 堀 均, 福原 潔, 奥田 晴宏, 伊古田 暢夫, 小澤 俊彦, 安西 和紀 : ブラジル産プロポリスに含まれるフェノール性抗酸化物質およびその誘導体のラジカル消去機構, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[発行所] ...
閲覧 中江 崇, 宇都 義浩, 安部 千秋, 新元 優也, 金園 剛行, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 富永 正英, 前澤 博, 増永 慎一郎, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤TX-2244の腫瘍移行性, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[発行所] ...
閲覧 金園 剛行, 宇都 義浩, 中江 崇, 柴田 明奈, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 堀 均 : メチル化グルコース・糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[発行所] ...
閲覧 山下 洋平, 宇都 義浩, 大津木 護, 白井 斉, 中田 栄司, 堀 均 : プレニル化3,4-ジヒドロキシケイ皮酸(カフェ酸)誘導体のLDL抗酸化活性, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[発行所] ...
閲覧 辻 祐亮, 宇都 義浩, 中田 栄司, 永澤 秀子, 河野 悠介, 藤田 秀司, 千葉 一裕, 堀 均 : マクロファージ活性化に関わるGalNAcの結合様式, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[発行所] ...
閲覧 安部 千秋, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : 鶏卵胚を用いた静脈投与による致死率を指標としたin vivo抗酸化活性評価法の構築, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[発行所] ...
閲覧 尾華 絵里子, 山本 武範, 渡邊 政博, 角幡 玲, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 大家 利彦, 馬場 嘉信, 堀 友繁, 篠原 康雄 : マイクロアレイを用いた遺伝子発現の定量的評価におけるプローブ設計領域の重要性, 第129回 日本薬学会, (巻), (号), (頁), 2009年3月..[発行所] ...
閲覧 新山 加菜美, 山本 武範, 渡邊 政博, 森 千尋, 岡田 直人, 荻野 真理, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 脂肪組織に選択的に発現した遺伝子の同定とその発現プロフィールの解析, 第129回 日本薬学会, 2009年3月..[発行所] ...
閲覧 新元 優也, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 安部 千秋, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 佐々木 有紀, 皆巳 和賢, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いた in ovo 放射線増感活性評価系の確立, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[発行所] ...
閲覧 佐野 圭一郎, 宇都 義浩, 中島 宏一郎, 中田 栄司, 山本 五郎, 堀 均 : 温熱療法;Radio FrequencyとThermal Hyperthermia の抗がん効果, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[発行所] ...
閲覧 三原 法秀, 林 慧, 岡部 泰之, 上田 聡, 奥田 健介, 宇都 義浩, 堀 均, 永澤 秀子 : 交差共役ケトン骨格を有する抗腫瘍性血管新生阻害剤の構造活性相関, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[発行所] ...
閲覧 西村 益浩, 土居 和久, 榎本 理世, 李 英培, 内藤 真策, 山内 あい子 : アートセレブ®脳脊髄手術用洗浄灌流液:ヒトアストロサイト培養系を用いた薬理学的評価, 薬学雑誌, Vol.129, No.9, 1121-1126, 2009年..[発行所] ...
閲覧 小出 裕之, 浅井 知浩, 畑中 剣太朗, 清水 広介, 横山 昌幸, 石田 竜弘, 際田 弘志, 奥 直人 : PEG化キャリア頻回投与によるaccelerated blood clearance現象の機構解明, 薬学雑誌, Vol.129, No.12, 1445-1451, 2009年12月..[発行所] ...
閲覧 芳原 成美, 合田 光寛, 橋川 直也, 金 鑫, 座間味 義人, 高取 真吾, 川 博己 : 血管周囲神経リモデリングにおけるアンジオテンシン受容体の役割, 薬学雑誌, Vol.130, No.11, 1421-1425, 2010年(0月)..[発行所] ...
閲覧 篠原 康雄, 橋本 満, 木平 孝高, 大倉 一人, 真島 英司, 寺田 弘 : ミトコンドリア内膜のADP/ATP透過担体のC末端領域の構造特性と機能, 薬学雑誌, Vol.130, No.2, 199-204, 2010年2月..[発行所] ...
閲覧 山本 篤司, 山本 武範, 渡邊 政博, 松尾 泰佑, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 寒冷暴露したラットの褐色脂肪組織におけるFABPアイソフォームの発現レベルの定量的比較, 第130回 日本薬学会, (巻), (号), (頁), 2010年3月..[発行所] ...
閲覧 勝田 千恵, 新山 加菜美, 尾華 絵里子, 山本 武範, 松尾 泰佑, 大倉 一人, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 疎水性タンパク質と界面活性剤の相互作用の生物化学的な解析, 第130回 日本薬学会, (巻), (号), (頁), 2010年3月..[発行所] ...
閲覧 秦 拓也, 山本 武範, 森 千尋, 森田 結貴, 新山 加菜美, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 初代培養した脂肪細胞と3T3-L1細胞の遺伝子発現プロファイルの違い, 第130回 日本薬学会, (巻), (号), (頁), 2010年3月..[発行所] ...
閲覧 川島 聡, 堀内 優加, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 : ミトコンドリアの透過性遷移に対するS-15176の阻害作用, 第130回 日本薬学会, (巻), (号), (頁), 2010年3月..[発行所] ...
閲覧 服部 初彦, 吉富 康亮, 片桐 彩人, 根本 尚夫 : 最小1,3-環状保護体グリセロールホルマルを用いた低コストかつ簡便なbranched oligoglycerol (BGL)の合成法, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[発行所] ...
閲覧 片桐 彩人, 神谷 昌樹, 河村 知志, 根本 尚夫, 吉富 康亮, 服部 初彦, 中尾 玲子, 二川 健, 根本 尚夫 : 抗ユビキチン化作用を有するペンタペプチドのBGL化と活性評価, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[発行所] ...
閲覧 玉川 晋也, 八塚 研治, 河村 知志, 根本 尚夫, 吉富 康亮 : 新規2段階型Stevens転位反応, 日本薬学会第130年会, (巻), (号), (頁), 2010年3月..[発行所] ...
閲覧 行待 芳浩, 中田 栄司, 宇都 義浩, 那住 善治郎, 前澤 博, 堀 均 : 細胞内pHの計測に適した改良型SNARFの設計とその評価, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[発行所] ...
閲覧 田中 涼, 宇都 義浩, 中田 栄司, 白井 斉, 山下 洋平, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤とした天然および非天然フィチルキノールの合成と抗酸化活性評価, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[発行所] ...
閲覧 小畑 勝稔, 宇都 義浩, 中田 栄司, 新元 優也, 中山 真一, 百瀬 郁理, 藤多 哲朗, 堀 均 : 3位置換アセチレニックFTY720アナログUTX-32の分子設計および血管新生阻害活性評価, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[発行所] ...
閲覧 小泉 允人, 中田 栄司, 宇都 義浩, 山下 洋平, 大仲 健太, 行待 芳浩, 中嶌 瞳, 堀 均 : ボロントレースドラッグ:BODIPY containing SF6847(AG17)アナログの合成と生理活性』, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[発行所] ...
閲覧 太田 依里, 宇都 義浩, 中田 栄司, 柴田 明奈, 辻 祐亮, 山本 将太, 堀 均 : 低分子GcMAF:GalNAc-リジン誘導体の分子設計およびマクロファージ活性化能, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[発行所] ...
閲覧 金 鑫, 佐藤(音無) 由紀子, 座間味 義人, 小山 敏広, 孫 鵬遠, 北村 佳久, 川 博己 : Endothelial Modulation of Agonist-induced Vasoconstriction in Mesenteric Microcirculation, 薬学雑誌, Vol.130, No.5, 723-728, 2010年5月..[発行所] ...
閲覧 座間味 義人, 藤原 弘喜, 細田 美穂, 日野 隼人, 平井 和浩, 岡本 和明, 金 鑫, 高取 真吾, 高木(土井) 志真, 川 博己 : Propolis 長期投与による Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty (OLETF) ラットの インスリン抵抗性改善作用, 薬学雑誌, Vol.130, No.6, 833-840, 2010年..[発行所] ...
閲覧 Akira Tokumura : Physiological significance of lysophosphatidic acids that act on the lumen side of mammalian lower digestive tracts, Journal of Health Science, Vol.57, No.2, 115-128, 2011..[発行所] ...
閲覧 河村 知志, 向井 理恵, 林 萠未, 寺尾 純二, 根本 尚夫 : 廃用性筋萎縮抑制作用を有するフラボノイドのC-プレニル化と活性評価, 日本薬学会年会, 2011年3月..[発行所] ...
閲覧 宮本 和範 : 三価の超原子価ヨウ素化合物とクラウンエーテルとの錯体の合成とその反応, 薬学雑誌, Vol.131, No.4, 545-552, 2011年3月..[発行所] ...
閲覧 Shigeki Sano, Yoshinori Okubo, Atsushi Handa, Michiyasu Nakao, Syuji Kitaike, Yoshimitsu Nagao and Hisao Kakegawa : Reinvestigation of the Synthesis of Isoliquiritigenin (ILG): Application of Horner-Wadsworth-Emmons Reaction and Claisen-Schmidt Condensation, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.59, No.7, 885-888, 2011..[発行所] ...
閲覧 石澤 啓介 : 腎・心血管障害における細胞内分子機構の解明とその治療法の開発, 薬学雑誌, Vol.131, No.9, 1347-1352, 2011年9月..[発行所] ...
閲覧 Yoshimi Shingai, Aya Fujimoto, Asuka Nakajima, Minoru Saito, Kaori Kanemaru, Toshiya Masuda and Yasuo Oyama : Cytotoxic characteristics of two isomeric dimers produced by oxidation of sesamol, an antioxidant in sesame oil, Journal of Health Science, Vol.57, No.5, 425-431, 2011..[発行所] ...
閲覧 Ikumi Tamura, Minoru Saito, Yumiko Nishimura, Masaya Satoh, Hiroshi Yamamoto and Yasuo Oyama : Elevation of intracellular Ca2+ level by triclosan in rat thymic lymphocytes: Increase in membrane Ca2+ permeability and induction of intracellular Ca2+ release, Journal of Health Science, Vol.57, No.6, 540-546, 2011..[発行所] ...
閲覧 Masahiro Yoshida : Development of palladium-catalyzed transformations using propargylic compounds., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.60, No.3, 285-299, March 2012..[発行所] ...
閲覧 滝口 祥令 : 実務実習における教育評価法プログラムの現状と課題, 薬学雑誌, Vol.132, No.2, 365-368, 2012年..[発行所] ...
閲覧 宮本 理人, 河野 舞, 中川 剛夫, 服部 初彦, 吉富 康亮, 石澤 啓介, 吉村 好之, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 : 分岐鎖グリセロール修飾による新規水溶性プロブコール誘導体の開発と耐糖能改善作用のメカニズム, 日本薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2012年3月..[発行所] ...
閲覧 河村 知志, 向井 理恵, 林 萠未, 寺尾 純二, 根本 尚夫 : 廃用性筋萎縮抑制作用を有するフラボノイドのC-プレニル化と活性評価, 第132回日本薬学会, 2012年3月..[発行所] ...
閲覧 Kaori Kiso, Satoko Ueno, Mana Fukuda, Ikuyo Ichi, Keiko Kobayashi, Takashi Sakai, Kiyoshi Fukui and Shousuke Kojo : The Role of Kupffer Cells in Carbon Tetrachloride Intoxication in Mice, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.35, No.6, 980-983, 2012..[発行所] ...
閲覧 Hiromasa Yokoe, Kentaro Noboru, Yuki Manabe, Masahiro Yoshida, Hirofumi Shibata and Kozo Shishido : Enantioselective synthesis of 8-epi-xanthatin and biological evaluation of xanthanolides and their derivatives., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.60, No.10, 1340-1342, 2012..[発行所] ...
閲覧 重永 章 : 刺激応答型アミノ酸の開発とケミカルバイオロジー分野への展開, 薬学雑誌, Vol.132, No.9, 1075-1082, 2012年9月..[発行所] ...
閲覧 辻 大輔 : Molecular pathogenesis and therapeutic approach of GM2 gangliosidosis., 薬学雑誌, Vol.133, No.2, 269-274, 2013年2月..[発行所] ...
閲覧 石田 竜弘, 際田 弘志 : 腫瘍内微小環境の能動的制御に基づくsiRNAデリバリー技術の開発とがん治療への展開, 薬学雑誌, Vol.133, No.3, 379-386, 2013年..[発行所] ...
閲覧 松下 剛史, 渡邊 勝志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 根本 尚夫 : 脂質異常症治療薬であるフェノフィブラートのBGL化と活性評価, 日本若学会第133年会, 2013年3月..[発行所] ...
閲覧 宮本 理人, 渡邊 勝志, 河野 舞, 冨田 洋介, 松下 剛史, 服部 初彦, 石澤 啓介, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 : 分岐鎖オリゴグリセロール修飾によるフェノフィブラートの物性および薬物動態,薬効の改善, 日本若学会第133年会, 2013年3月..[発行所] ...
閲覧 古川 和寛 : 抗生物質耐性をつかさどるRNAスイッチ, ファルマシア, Vol.49, No.9, 905, 2013年9月..[発行所] ...
閲覧 米良 茜, 大澤 歩, 難波 康祐, 谷野 圭持 : 機能性蛍光分子1,3a,6a-トリアザペンタレンの置換基効果, 日本薬学会第134年会, (巻), (号), (頁), 2014年3月..[組織] ...
閲覧 宍倉 美穂, 柏熊 快之, 秤屋 瞳, 岩佐 澄子, 一場 秀章, 吉尾 隆, 頼田 和子, 福井 清, 福島 健 : 統合失調症治療薬のヒトDAO活性阻害作用の評価:in vitro実験による検討, 日本薬学会第134年会, 2014年3月..[発行所] ...
閲覧 難波 康祐 : 実践的合成研究を基盤としたイネ科植物の鉄イオン取り込み機構に関する研究, ファルマシア, Vol.50, No.4, 305-309, 2014年4月..[発行所] ...
閲覧 今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 山野 範子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 酸化ストレス制御を基盤とする新規心腎血管障害治療薬の開発, 薬学雑誌, Vol.134, No.6, 715-719, 2014年6月..[発行所] ...
閲覧 Masahiro Watanabe, Noriyasu Fukuoka, Toshiki Takeuchi, Kazunori Yamaguchi, Takahiro Motoki, Hiroaki Tanaka, Shinji Kosaka and Hitoshi Houchi : Developing Population Pharmacokinetic Parameters for High-Dose Methotrexate Therapy, --- Implication of Correlations among Developed Parameters for Individual Parameter Estimation Using the Bayesian Least-Squares Method ---, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.37, No.6, 916-921, 2014..[発行所] ...
閲覧 吉田 昌裕, 水口 智貴, 難波 康祐 : プロパルギルアジリジンの開環ー環化反応による置換ピリジンのワンポット合成, 創薬懇話会2014, (巻), (号), (頁), 2014年7月..[組織] ...
閲覧 米良 茜, 大澤 歩, 谷野 圭持, 難波 康祐 : 機能性系高分子トリアザペンタレン類の高機能化と液性応答型シデロフォアへの応用, 創薬懇話会2014, (巻), (号), (頁), 2014年7月..[組織] ...
閲覧 大谷 彬, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : 1,3a,6a-triazapentaleneを用いた最小蛍光標識基の開発, 創薬懇話会2014, (巻), (号), (頁), 2014年7月..[組織] ...
閲覧 吉田 昌裕, 小林 明日香, 難波 康祐 : 一電子酸化剤を用いた酸化的カップリング反応による置換ピロリンの合成, 創薬懇話会2014, (巻), (号), (頁), 2014年7月..[組織] ...
閲覧 津川 陵, 小林 香織, 金木 美知佳, 難波 康祐 : ムギネ酸類の実用的合成を志向したアゼチジンカルボン酸合成法開発, 創薬懇話会2014, (巻), (号), (頁), 2014年7月..[組織] ...
閲覧 吉田 昌裕, 水口 智貴, 難波 康祐 : プロパルギルアジリジンの開環ー環化反応による置換ピリジンのワンポット合成, 第40回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2014年11月..[発行所] ...
閲覧 今西 正樹 : 間葉内皮転換が心臓の血管新生に関与する, ファルマシア, Vol.51, No.7, (頁), 2015年(0月)..[発行所] ...
閲覧 水口 智貴, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 : アルキニルアジリジンの1,5-水素移動を鍵とする置換ピぺリジンの立体選択的合成, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月..[組織] ...
閲覧 米良 茜, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : 蛍光標識ビブリオフェリンの合成, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], (巻), (号), (頁), 2015年3月..[組織] ...
閲覧 柴田 弥希, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : Himandrineの全合成研究, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], (巻), (号), (頁), 2015年3月..[組織] ...
閲覧 笠井 知世, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 : (+)-Furanonaphthoquinone Iの合成研究, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], (巻), (号), (頁), 2015年3月..[組織] ...
閲覧 林 月穂, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : 細菌性シデロフォアを用いた新規鉄イオンセンサーの開発, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], (巻), (号), (頁), 2015年3月..[組織] ...
閲覧 向山 はるか, 竹内 公平, 村田 佳子, 渡辺 健宏, 中山 淳, 吉田 昌裕, 山垣 亮, 難波 康祐 : イネ科植物の鉄輸送阻害剤の設計と合成, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], (巻), (号), (頁), 2015年3月..[組織] ...
閲覧 大谷 彬, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : 1,3a,6a-triazapentalene類の最小蛍光標識試薬への展開, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], (巻), (号), (頁), 2015年3月..[組織] ...
閲覧 吉田 昌裕, 小林 明日香, 中山 淳, 難波 康祐 : 一電子酸化剤を用いた酸化的カップリング反応による置換ピロリンの合成, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[ポスター], (巻), (号), (頁), 2015年3月..[組織] ...
閲覧 津川 稜, 金木 美知佳, 小林 香織, 中山 淳, 吉田 昌裕, 谷野 圭持, 難波 康祐 : ムギネ酸類の実用的合成, 日本薬学会135年会, (巻), (号), (頁), 2015年3月..[組織] ...
閲覧 加藤 光貴, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 : プロパルギルスチリルエーテルの連続的異性化-[2+2]環化付加反応の開発, 日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], (巻), (号), (頁), 2015年3月..[組織] ...
閲覧 座間味 義人, 小山 敏広, 今井 徹, 武本 あかね, 相良 英憲, 千堂 年昭, 名倉 弘哲 : 救急医療における薬物治療に主眼を置いた薬学教育, 薬学雑誌, Vol.136, No.7, 987-991, 2016年(0月)..[発行所] ...
閲覧 座間味 義人, 小山 敏広, 名倉 弘哲, 榎本 秀一 : 救急医療における薬剤師の可能性を考える.臨床現場の薬剤師活動と大学教育を融合し救急医療に精通した薬剤師を育成するには, 薬学雑誌, Vol.136, No.7, 965, 2016年(0月)..[発行所] ...
閲覧 座間味 義人 : 血糖降下薬グリベンクラミドは心肺停止に合併する蘇生後脳症を改善する!, ファルマシア, Vol.52, No.3, 259, 2016年(0月)..[発行所] ...
閲覧 西尾 賢, 中山 淳, 難波 康祐 : 新規蛍光分子1,3a,6a-Triazapentalene類の単分子白色発光への展開, 日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, (巻), (号), (頁), 2016年3月..[発行所] ...
閲覧 伊藤 雅美, 米良 茜, 中山 淳, 難波 康祐 : 1,3a,6a-トリアザペンタレンナノワイヤーの合成研究, 日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, (巻), (号), (頁), 2016年3月..[発行所] ...
閲覧 戸口 翔平, 廣瀬 友靖, 頼田 和子, 福井 清, Barry K Sharpless, 大村 智, 砂塚 敏明 : In situ click chemistryを利用したD-アミノ酸酸化酵素阻害剤の探索研究, 日本薬学会第136年会, 2016年3月..[発行所] ...
閲覧 大橋 栄作, 竹内 公平, 中山 淳, 難波 康祐 : Palau'amineの第二世代合成法の開発, 日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, (巻), (号), (頁), 2016年3月..[発行所] ...
閲覧 坂本 光, 大澤 歩, 中山 淳, 難波 康祐 : Calyciphylline G の全合成研究, 日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, (巻), (号), (頁), 2016年3月..[発行所] ...
閲覧 加藤 光貴, 藤本 夏月, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 : Nagelamide K の全合成研究, 日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, (巻), (号), (頁), 2016年3月..[発行所] ...
閲覧 林 月穂, 大澤 歩, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 : Kansuinine A の全合成研究, 日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, (巻), (号), (頁), 2016年3月..[発行所] ...
閲覧 飯國 文香, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : 希少イミノ糖Fagomine類の網羅的合成研究, 日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, (巻), (号), (頁), 2016年3月..[発行所] ...
閲覧 Atsushi Nakayama, Nishio Satoshi, Otani Akira, Mera Akane, Osawa Ayumi, Tanino keiji and Kosuke Namba : Substituent Effect at C4-Position of 1,3a,6a-Triazapentalene, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.7, 830-837, 2016..[発行所] ...
閲覧 Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO and Nobutake Tamai : Membrane States of Saturated Glycerophospholipids: A Thermodynamic Study of Bilayer Phase Transitions, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.67, No.4, 300-307, April 2019..[発行所] ...
閲覧 Atsushi Nakayama, Hideo Satoh, Shuji Nagano, Sangita Karanjit, Hiroshi Imagawa and Kosuke Namba : Asymmetric Total Syntheses and Structure Elucidations of (+)-Eurotiumide F and (+)-Eurotiumide G, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.67, No.9, 953-958, 2019..[発行所] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.29, Max(EID) = 363102, Max(EOID) = 971966.