『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 タンパク質 (protein) または
閲覧 白血病 (leukemia) または
閲覧 蛋白質 (protein)

登録情報の数

有効な情報: 16件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 16件

全ての有効な情報 (16件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 (未定義) …(11)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Yasuhiro Kido, Takayoshi Tsukahara, Kazuhito Rokutan, Fujiko Shizuka and Kyoichi Kishi : Japanese allowance is sufficient for moderate physical exercise in young men., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.43, No.1, 59-71, 1997..[キーワード] ...
閲覧 A Mogk, Toshifumi Tomoyasu, P Goloubinoff, S Rudiger, D Roder, H Langen and B Bukau : Identification of thermolabile Escherichia coli proteins: prevention and reversion of aggregation by DnaK and ClpB., The EMBO Journal, Vol.18, No.24, 6934-6949, 1999..[キーワード] ...
閲覧 Chiun Chei Li, Bing Xu, Mitsuyoshi Hirokawa, Zhi-Rong Qian, Katsuhiko Yoshimoto, Hidehisa Horiguchi, Shingo Wakatsuki, Takashi Tashiro and Toshiaki Sano : Alterations of E-cadherin, a-catenin and b-catenin expression in neuroendocrine tumors of the gastrointestinal tract., Virchows Archiv, Vol.440, No.2, 145-154, 2002. ...
閲覧 四釜 洋介, 島内 英俊, 菅原 俊二, 高田 春比古, 遠藤 康男 : Muramyl-dipeptide(MDP)による炎症性サイトカイン産生及びエンドトキシンショック増強効果とそのメカニズムの解析, Journal of Oral Biosciences, Vol.50, No.Suppl., 155, 2008年(0月). ...
閲覧 上地 達也, 白方 あゆみ, 越智 ありさ, 乙 敬宏, 河野 尚平, 長野 圭介, 原田 晃子, 真板 綾子, 奥村 裕司, 二川 健 : IRS-1のユビキチン化阻害ペプチドとCbl-bの相互作用解析, 第33回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2010年12月. ...
閲覧 Ayako Maita, kohsuke Inomata, Hidehito Tochio and Masahiro Shirakawa : In-Cell NMR Spectroscopy in Protein Chemistry and Drug Discovery, Current Topics in Medicinal Chemistry, Vol.11, No.1, 68-73, 2011. ...
閲覧 Aya Miyazaki, Keigo Tsuruno, Toshifumi Tomoyasu and Kenji Sonomoto : Functional analysis of Streptococcus intermedius DnaK system in vitro, The 8th International AFAS Joint Symposium Between Japan and Korea, Tottori, Japan, Nov. 2011..[キーワード] ...
閲覧 宮崎 彩, 鶴野 圭悟, 友安 俊文, 園元 謙二 : Streptococcus intermedius DnaK システムのin vitroにおける機能解析, 第18回日本生物工学会九州支部福岡大会, 2011年12月..[キーワード] ...
閲覧 Shin-ichiro Yanagiya and Nobuo Goto : In-situ Observation of Nano Scratching and Indenting on a Protein Crystal Surface by Combined Optical and Atomic Force Microscopy, Abstracts Book of ISSS-6, 196, Tokyo, Dec. 2011..[キーワード] ...
閲覧 Lessner H. Faith, Jennings E. Matthew, Akira Hirata, Duin C. Eduardus and Lessner J. Daniel : Subunit D of RNA Polymerase from Methanosarcina acetivorans Contains Two Oxygen-labile [4Fe-4S] Clusters IMPLICATIONS FOR OXIDANT-DEPENDENT REGULATION OF TRANSCRIPTION, The Journal of Biological Chemistry, Vol.287, No.22, 18510-18523, 2012..[キーワード] ...
閲覧 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : グラム陽性菌と陰性菌のコシャペロンによるDnaK活性化機構の比較, 第85回日本細菌学会総会, 2012年3月..[キーワード] ...
閲覧 竹田 望, 田端 厚之, 野上 明日香, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : N末に追加ドメインを有するコレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性, 日本生化学会, 2013年9月..[キーワード] ...
閲覧 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius が保有するシアリダーゼの精製とその性状の解析, 第88回日本細菌学会総会, 2015年3月..[キーワード] ...
閲覧 棚次 亮介, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius DnaKを用いたグラム陰性菌DnaKに特異的な保存領域の機能解析, 第38回 日本分子生物学会年会, 2015年12月..[キーワード] ...
閲覧 秋山 大宇, 谷口 嘉昭, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫 : SiC 上グラフェンのタンパク質吸着特性における pH 依存性, 第79回応用物理学会秋季学術講演会(応物2018秋), (巻), No.20p-311-2, 15-184-(1pp), 2018年9月..[キーワード] ...
閲覧 谷口 嘉昭, 高村 真琴, 谷保 芳孝, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫 : p 型 SiC 上グラフェンのタンパク質吸着特性, 第79回応用物理学会秋季学術講演会(応物2018秋), (巻), No.20p-311-3, 15-185-(1pp), 2018年9月..[キーワード] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.43, Max(EID) = 385622, Max(EOID) = 1044887.