『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 井内 健介 ([徳島大学.四国産学官連携イノベーション共同推進機構]/[徳島大学.研究支援・産官学連携センター])

登録情報の数

有効な情報: 172件 + 無効な情報: 10件 = 全ての情報: 182件

全ての有効な情報 (172件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(8)
閲覧 閲覧 政府 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(8)
閲覧 (未定義) …(110)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Kaoru Ohya, Kensuke Inai and Ishitani Tohru : Reconstruction of pseudo secondary electron images in scanning ion microscope, 15th International Workshop on Inelastic Ion Surface Collisions, (巻), (号), (頁), Mie, Japan, Oct. 2004..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Dynamic Monte Carlo simulation of Compositional and Topography Changes Induced by Ion Beam irradiation, International Symposium on Surface Science and Nanotechnology, (巻), (号), (頁), Saitama, Japan, Nov. 2005..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya and Kensuke Inai : Simulation of redeposition patterns in the gaps between divertor tiles, 12th International Conference on Fusion Reactor Materials, (巻), (号), (頁), California, USA, Nov. 2005..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Dynamic Monte Carlo Simulation of Compositional and Topography Changes Induced by Ion Beam Irradiation, e-Journal of Surface Science and Nanotechnology, Vol.4, 32-38, 2006..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Hydrocarbon Redeposition in the plasma shadowed area and the gaps between diveroter tiles, 17th International Conference on Plasma Surface Interactions, Hefei, China, May 2006..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Tanabe T. and Takenaga H. : Modeling of asymmetric redeposition distribution between inner and outer regions of the W-shaped divertor in JT-60U, 17th International Conference on Plasma Surface Interactions, (巻), (号), (頁), Hefei, China, May 2006..[著者] ...
閲覧 谷口 太一, 井内 健介, 大宅 薫 : 炭化水素分子の再付着分布への表面反射の影響, 第6回核融合エネルギー連合講演会, 2006年6月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 大宅 薫 : ダイバータタイル隙間の炭化水素再付着シミュレーション, 応用物理学会中国四国支部・日本物理学会中国支部四国支部・日本物理教育学会四国連絡会議2006年支部学術講演会, 2006年7月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 大宅 薫 : タイル隙間の 炭化水素堆積分布のシミュレーション, 第21回トライアム研究会&核融合フォーラムサブクラスター会合合同研究会, 2006年8月..[著者] ...
閲覧 谷口 太一, 井内 健介, 大宅 薫 : 炭化水素分子の再付着分布への表面反射の影響(Ⅱ), 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 戎 真志, 大宅 薫 : イオン反射とスパッタリングのMDシミュレーション, プラズマ・核融合学会,第23回年会, 2006年11月..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Monte Carlo Simulation of Hydrocarbon Redeposition on a Graphite Surface in Hydrogen Plasma, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.46, No.3A, 1149-1156, 2007..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Simulation of Hydrocarbon Redeposition on Plasma Shadowed Areas, 11th International Workshop on Plasma Edge Theory in Fusion Devices, (巻), (号), (頁), Gifu, May 2007..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Simulation of hydrocarbon redeposition in the gaps between divertor tiles, Journal of Nuclear Materials, Vol.363-365, 915-919, 2007..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Tetsuo Tanabe and Hidenobu Takenaga : Modeling of asymmetric redeposition distribution between inner and outer regions of the W-shaped divertor in JT-60U, Journal of Nuclear Materials, Vol.363-365, 78-85, 2007..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Hideaki Kuwada, Teruyuki Hayashi and Misako Saitoh : Dynamic simulation of secondary electron emission and charging up of an insulating material, 6th Asian-Europian International Conference on Plasma Surface Engineering, Nagasaki, Sep. 2007..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai, Yasuyuki Kikuhara and Kaoru Ohya : Comparison of carbon deposition on plasma-exposed tungsten between molecular dynamics and dynamic Monte Carlo simulation, 6th Asian-Europian International Conference on Plasma Surface Engineering, Nagasaki, Sep. 2007..[著者] ...
閲覧 菊原 康之, 井内 健介, 大宅 薫 : タングステン表面への炭素再堆積のMDシミュレーション, プラズマ・核融合学会24回年会, 2007年11月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 大宅 薫 : プラズマ照射のないタイル表面への炭化水素再付着のシミュレーション, プラズマ・核融合学会,第24回年会, 2007年11月..[著者] ...
閲覧 大宅 薫, 井内 健介, 二澤 宏司, 伊藤 秋男 : 1-100keV単色X線照射による金属の二次電子放出シミュレーション, プラズマ・核融合学会,第24回年会, 2007年11月..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai, Kaoru Ohya and Tohru Ishitani : Simulation study on image contrast and spatial resolution in helium ion microscope, Journal of Electron Microscopy, Vol.56, No.5, 163-169, 2007..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Nisawa Koji and Itoh Akio : Emission statistics of X-ray induced photoelectrons and its comparison with electron- and ion-induced electron emissions, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms, Vol.266, 541-548, 2007..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Simulation of Hydrocarbon Redeposition on Plasma Shadowed Areas, Contributions to Plasma Physics, Vol.48, No.1-3, 275-279, 2008..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai and Kaoru Ohya : EDDY code and PIC sheath code, Workshop on Theory and Simulation of Boundary Plasmas, Gifu, March 2008..[著者] ...
閲覧 山中 卓也, 井内 健介, 大宅 薫, 石谷 亨 : ヘリウムイオン顕微鏡における二次電子信号の評価シミュレーション, 日本顕微鏡学会,第64回学術講演会, 2008年5月..[著者] ...
閲覧 Yasuyuki Kikuhara, Kensuke Inai, Atsushi Ito, Hiroaki Nakamura and Kaoru Ohya : Hydrocarbon Reflection and Redeposition on Plasma-Facing Surfaces, 2nd Japan-China Workshop on Blanket and Tritium Technology, 38-41, Sendai, Japan, May 2008..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Yasuyuki Kikuhara, Kensuke Inai, Andreas Kirschner, D. Borodin, Atsushi Ito, Hiroaki Nakamura and Tetsuo Tanabe : Simulation of hydrocarbon reflection from carbon and tungsten surfaces and its impact on codeposition patterns on plasma facing components, 18th International Conference on Plasma Surface Interactions in controlled fusion devices, Toledo, Spain, May 2008..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Yukihiro Tomita, Andreas Kirschner, A. Litnovsky and Tetsuo Tanabe : Simulation of redeposition of carbon/hydrocarbon on a material surface with castellated structures, 18th International Conference on Plasma Surface Interactions in controlled fusion devices, Toledo, Spain, May 2008..[著者] ...
閲覧 Kazuo Hoshio, Mitsunori Toma, M. Furuibayashi, Akiyoshi Hatayama, Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Numerical Analysis of Incident Angle of Heavy Metal Impurity to Plasma Facing Components by IMPGYRO, 18th International Conference on Plasma Surface Interactions in controlled fusion devices, Toledo, Spain, May 2008..[著者] ...
閲覧 Mitsunori Toma, Kazuo Hoshino, Kensuke Inai, M. Ishida, Akiyoshi Hatayama and Kaoru Ohya : Coupled IMPGYRO-EDDY simulation of tungsten impurity transport in tokamak geometry, 18th International Conference on Plasma Surface Interactions in controlled fusion devices, Toledo, Spain, May 2008..[著者] ...
閲覧 藤間 光徳, 星野 一生, 井内 健介, 石田 真彦, 畑山 明聖, 大宅 薫 : トカマク不純物コードIMPGYROと損耗・再堆積コードEDDYとの結合, 第7回核融合エネルギー連合講演会, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 大宅 薫, 井内 健介, 菊原 康之, 冨田 幸博, 中村 浩章, 伊藤 篤史, 田辺 哲朗 : プラズマ対向壁における炭化水素の反射と再堆積, 第7回核融合エネルギー連合講演会, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 大宅 薫 : castellation geometry タイル表面における炭化水素の再付着シミュレーション, 周辺プラズマモデリング研究会, 2008年7月..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai, Yasuyuki Kikuhara and Kaoru Ohya : Comparison of carbon deposition on tungsten between molecular dynamics and dynamic Monte Carlo simulation, Surface & Coatings Technology, Vol.202, No.22-23, 5374-5378, 2008..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Hideaki Kuwada, Teruyuki Hayashi and Misako Saito : Dynamic simulation of secondary electron emission and charging up of an insulating material, Surface & Coatings Technology, Vol.202, No.22-23, 5310-5313, 2008..[著者] ...
閲覧 星野 一生, 藤間 光徳, 井内 健介, 石田 真彦, 畑山 明聖, 大宅 薫 : IMPGYROコードによるトカマク周辺プラズマにおける重金属不純物輸送のシミュレーション, 第2回シミュレーション科学シンポジウム, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 菊原 康之, 大宅 薫, 伊藤 篤史, 中村 浩章, 河村 学思, 冨田 幸博 : プラズマ対向壁における損耗・堆積のシミュレーション, 第2回シミュレーション科学シンポジウム, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 大宅 薫, 井内 健介, 菊原 康之, 冨田 幸博, 中村 浩章, 伊藤 篤史, 田辺 哲朗 : プラズマ対向壁における炭化水素再付着のシミュレーション, 日本原子力学会,2008年秋の大会, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Gakushi Kawamura and Yukihiro Tomita : An EDDY-PIC Simulation of Codeposition of Hydrocarbon Isotopes on Castellated Structure of Plasma Facing Tiles, 14th International Congress on Plasma Physics, Fukuoka, Sep. 2008..[著者] ...
閲覧 Yasuyuki Kikuhara, Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Atsushi Ito and Hiroaki Nakamura : Molecular dynamics simulation of hydrocarbon reflection of carbon and tungsten in realistic surface condition, 14th International Congress on Plasma Physics, Fukuoka, Sep. 2008..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Yasuyuki Kikuhara, T. Nakano, Jun Kawada, Hayato Kawazome, Yoshio Ueda and Tetsuo Tanabe : Transport of heavy hydrocarbon and its redeposition on plasma facing walls, 14th International Congress on Plasma Physics, Fukuoka, Sep. 2008..[著者] ...
閲覧 Mitsunori Toma, Kazuo Hoshino, Kensuke Inai, M. Ishida, Akiyoshi Hatayama and Kaoru Ohya : Analysis of the high-Z impurity transport in a tokamak by the IMPGYRO code, 14th International Congress on Plasma Physics, Fukuoka, Sep. 2008..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Takuya Yamanaka, Kensuke Inai and Tohru Ishitani : Comparison of secondary electron emission in helium ion microscope with gallium ion and electron microscopes, 17th International Workshop on Inelastic Ion-Surface Collisions, Porquerolles, France, Sep. 2008..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Yasuyuki Kikuhara, Atsushi Ito, Hiroaki Nakamura, Yukihiro Tomita and Tetsuo Tanabe : Modeling of Hydrocarbon Redeposition in the Gaps of Castellated Structures, Proceedings of 22nd IAEA Fusion Energy Conference, TH/P4-8, Geneva, Oct. 2008..[著者] ...
閲覧 Katsuhiro Shimizu, Tomonori Takizuka, Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Tomohide Nakano, A. Takayama and Hisato Kawashima : Kinetic Modeling of Impurity Transport in Detached Plasma for Integrated Divertor Simulation with SONIC (SOLDOR/NEUT2D/IMPMC/EDDY), Proceedings of 22nd IAEA Fusion Energy Conference, TH/3-3, Geneva, Oct. 2008..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Hideaki Kuwada, Ryosuke Kawasaki, Misako Saito, Kaoru Fujiwara, Teruyuki Hayashi, Jack Jau and Kenichi Kanai : Electron beam charging of a SiO2 layer on Si: a comparison between Monte Carlo-simulated and experimental results, Proceedings of SPIE, Vol.7140, 71400X, Taipei, Nov. 2008..[著者] ...
閲覧 川崎 亮介, 桑田 英明, 井内 健介, 大宅 薫, 斉藤 美佐子, 林 輝幸, Jau Jack, 金井 健一 : 電子ビーム照射による絶縁物薄膜の帯電と二次電子放出のシミュレーション, LSIテスティングシンポジウム会議録, 51-56, 2008年11月..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Takuya Yamanaka, Kensuke Inai and Tohru Ishitani : Modeling of secondary electron image contrasts in helium ion microscope, SPIE Lithography Asia Taiwan 2008, Taipei, Nov. 2008..[著者] ...
閲覧 清水 勝宏, 滝塚 知典, 大宅 薫, 井内 健介, 仲野 友英, 高山 有道, 川島 寿人 : 非接触プラズマにおける不純物輸送のダイバータ統合モデリング, プラズマ・核融合学会25回年会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 井上 満夫, 井内 健介, 大宅 薫, 冨田 幸博, 河村 学思, 田辺 哲朗 : 炭化水素のタイル再付着分布に及ぼすギャップ近傍のプラズマの影響, プラズマ・核融合学会25回年会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 茂原 直秀, 井内 健介, 大宅 薫, 菊原 康之, 伊藤 篤史, 中村 浩章, 田辺 哲朗 : プラズマ対向壁に斜め入射する炭化水素の表面反射のMDシミュレーション, プラズマ・核融合学会25回年会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Kensuke Inai and 菊原 康之 : Simulation of Erosion and Redeposition on Plasma Facing Walls, 第7回統合コード研究会, Dec. 2008..[著者] ...
閲覧 Takuya Yamanaka, Kensuke Inai, Kaoru Ohya and Tohru Ishitani : Simulation of secondary-electron emission in helium ion microscope for overcut and undercut line-edge patterns, Proceedings of SPIE, Vol.7272, 72722L, SanJose, CA, USA, Feb. 2009..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Ryosuke Kawasaki, Hideaki Kuwada, Misako Saito, Teruyuki Hayashi, J. Jau and K. Kanai : Simulation of SEM images and charging of an insulator/metal bilayer in trench/hole patterns, SPIE Advanced Lithography 2009, San Nose, California, USA, Feb. 2009..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Takuya Yamanaka, Kensuke Inai and Tohru Ishitani : Comparison of secondary electron emission in helium ion microscope with gallium ion and electron microscopes, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms, Vol.267, No.4, 584-589, 2009..[著者] ...
閲覧 K. Shimizu, T. Takizuka, Kaoru Ohya, Kensuke Inai, T. Nakano, A. Takayama, H. Kawashima and K. Hoshino : Kinetic modelling og impurity transport in detached plasma for integrated divertor simulation with SONIC (SOLDOR/NEUT2D/IMPMC/EDDY), Nuclear Fusion, Vol.49, No.6, 065028, 2009..[著者] ...
閲覧 Atsushi Ito, Takahiro Kenmotsu, Yasuyuki Kikuhara, Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Y. Wang, S. Irle, K. Morokuma and Hiroaki Nakamura : Hydrogen atom injection into carbon surfaces by comparison between Monte-Carlo, molecular dynamics and ab-initio calculations, 4th IAEA Technical Meeting (IAEA-TM) on the Theory of Plasma Instabilities, Kyoto, May 2009..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Y. Kikuhara, Kensuke Inai, A. Kirschner, D. Borodin, A. Ito, H. Nakamura and T. Tanabe : Simulation of hydrocarbon reflection from carbon and tungsten surfaces and its impact on codeposition patterns on plasma facing components, Journal of Nuclear Materials, Vol.390-391, 72-75, 2009..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Y. Tomita, A. Kirschner, A. Litnovsky and T. Tanabe : Simulation of redeposition of carbon/hydrocarbon on a material surface with castellated structures, Journal of Nuclear Materials, Vol.390-391, 119-122, 2009..[著者] ...
閲覧 K. Hoshino, M. Toma, M. Furubayashi, A. Hatayama, Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Numerical analysis of incident angle of heavy metal impurity to plasma facing components by IMPGYRO, Journal of Nuclear Materials, Vol.390-391, 168-171, 2009..[著者] ...
閲覧 M. Toma, K. Hoshino, Kensuke Inai, M. Furubayashi, A. Hatayama and Kaoru Ohya : Coupled IMPGYRO-EDDY simulation of tungsten impurity transport in tokamak geometry, Journal of Nuclear Materials, Vol.390-391, 207-210, 2009..[著者] ...
閲覧 Atsushi Ito, Takahiro Kanmotsu, Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Y. Wang, S. Irle, K. Morokuma and Hiroaki Nakamura : Hydrogen atom and graphite surfaces interaction by molecular dynamics, Monte-Carlo and ab-initio calculations, CREST International Symposium on Theory and Simulations of Complex Molecular System & International Symposium on Theory of Molecular Structure, Kyoto, July 2009..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Gakushi Kawamura and Yukihiro Tomita : Electron velocity distribution at a sheath edge in the presence of secondary electron emission from a metal surface, 12th International Workshop on Plasma Edge Theoty in Fusion Devices, Rostov Veliky, Russia, Sep. 2009..[著者] ...
閲覧 Atsushi Ito, Kaoru Ohya, Kensuke Inai and Hiroaki Nakamura : Dependency of tritium retention in graphite on temperature control of molecular dynamics, 12th International Workshop on Plasma Edge Theory in Fusion Devices, Rostov Veliky, Russia, Sep. 2009..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Mitsuo Inoue, Yukihiro Tomita, Gakushi Kawamura and Tetsuo Tanabe : Asymmetric Carbon Deposition in Toroidal and Poloidal Gaps of Plasma Facing Tiles, 14th International Conference on Fusion Reactor Materials, Sapporo, Sep. 2009..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Yasuyuki Kikuhara, Naohide Mohara, Atsushi Ito, Hiroaki Nakamura and Tetsuo Tanabe : Molecular Dynamics Study on Hydrocarbon Interactions with Plasma Facing Walls, 14th International Conference on Fusion Reactor Materials, Sapporo, Sep. 2009..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Ryosuke Kawasaki, Daiki Takami, Misako Saito, Teruyuki Hayashi, J. Jau and K. Kanai : Modeling and Observations of Electron Beam Charging of an Insulator/Metal Bilayer and Its Impact on Secondary Electron Images in Defect Inspection Equipment, Thw Twelfth Frontiers of Electron Microscopy in Materials Science, Huis Ten Bosch, Sasebo, Japan, Sep. 2009..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai, Kaoru Ohya, G. Kawamura and Y. Tomita : An EDDY-PIC Simulation of Co-deposition of Hydrogen Isotopes on a Castellated Structure of Plasma Facing Tiles, Journal of Plasma and Fusion Research Series, Vol.8, 433-437, 2009..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Y. Kikuhara, T. Nakano, J. Kawata, H. Kawazome, Y. Ueda and T. Tanabe : Transport of Heavy Hydrocarbon and its Redeposition on Plasma Facing Walls, Journal of Plasma and Fusion Research Series, Vol.8, 419-424, 2009..[著者] ...
閲覧 M. Toma, K. Hoshino, Kensuke Inai, M. Ishida, A. Hatayama and Kaoru Ohya : Analysis of the high-Z impurity transport in a Tokamak by the IMPGYRO code, Journal of Plasma and Fusion Research Series, Vol.8, 1116-1119, 2009..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Naohide Mohara, Yohei Miyake, Atsushi Ito, Hiroaki Nakamura, D. Borodin and Andreas Kirschner : Molecular Dynamics and Dynamic Monte Carlo Study of Mixed Material and Its Impact on Plasma Wall Interactions, 9th International Symposium on Fusion Nuclear Technology, Dalian, China, Oct. 2009..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai, Yukihiro Tomita, Mitsuo Inoue, Gakushi Kawamura and Kaoru Ohya : A Coupled PIC/ELECTRAN Simulation of Sheath Formation with Secondary Electron Emission from Plasma Facing Walls, 9th International Symposium on Fusion Nuclear Technology, Dalian, China, Oct. 2009..[著者] ...
閲覧 大宅 薫, 井内 健介, 清水 勝宏, 滝塚 知典, 川島 寿人, 星野 一生, 畑山 明聖, 藤間 光徳, 冨田 幸博, 河村 学思, 芦川 直子, 田中 康規, 小野 忠良, 村本 哲也, 剣持 貴弘, 中村 浩章, 伊藤 篤史, 加藤 太治 : 核融合炉のトリチウム蓄積・排出評価のための理論およびシミュレーションコードの開発, プラズマ・核融合学会誌, Vol.85, No.10, 695-703, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Naohide Mohara, Yohei Miyake, Kensuke Inai, Atsushi Ito, Hiroaki Nakamura, Yoshio Ueda and Tetsuo Tanabe : Molecular dynamics study of plasma surface interactions for mixed materials, 7th General Scientific Assembly of the Asia Plasma and Fusion Association in 2009 and Asia-Pacific Plasma Theory Conference in 2009, Aomori, Oct. 2009..[著者] ...
閲覧 大宅 薫, 茂原 直秀, 井内 健介, 伊藤 篤史, 中村 浩章, 上田 良夫, 田辺 哲朗 : プラズマ対向壁に形成される混合層スパッタリングのシミュレーション, プラズマ・核融合学会第26回年会, 2009年12月..[著者] ...
閲覧 Hayato Kawazome, Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Jun Kawata, Kenji Nishimura and Tetsuo Tanabe : Calculation of D/XB values of hydrocarbon molecules in tokamak edge plasmas, 19 th International Toki Conference (ITC-19) on Advanced Physics in Plasma and Fusion Research, Toki, Japan, Dec. 2009..[著者] ...
閲覧 Tohru Ishitani, Takuya Yamanaka, Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Secondary electron emission in scanning Ga ion, He ion and electron microscope, Vacuum, Vol.84, No.8, 1018-1024, 2010..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Gakushi Kawamura and Yukihiro Tomita : Electron Velocity Distributions at a Sheath Edge in the Presence og Secondary Electron Emission from a Metal Surface, Contributions to Plasma Physics, Vol.50, No.3-5, 458-463, 2010..[著者] ...
閲覧 Atsushi Ito, Kaoru Ohya, Kensuke Inai and Hiroaki Nakamura : Dependency of Tritium Retention in Graphite on Temperature Control of Molecular Dynamics, Contributions to Plasma Physics, Vol.50, No.3-5, 464-469, 2010..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Takuya Yamanaka, Daiki Takami and Kensuke Inai : Modeling of charging effects in scanning ion microscopes, Proceedings of SPIE, Vol.7729, 7729-24-(9pp), Monterey, May 2010..[著者] ...
閲覧 高見 大気, 山中 卓也, 井内 健介, 大宅 薫 : イオン衝撃による絶縁物の二次電子放出と帯電のシミュレーション, 日本顕微鏡学会第66回学術講演会, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 Qian Xu, Kaoru Ohya, Z.S. Yang, Kensuke Inai, R.J. Hong and G.-N. Luo : Monte Carlo Simulation of Erosion and Deposition Behavior of SiC-coated Graphite Tiles in EAST, 19th International Conference on Plasma Surface Interactions in controlled fusion devices, San Diego, May 2010..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Ryosuke Kawasaki, Misako Saito, Teruyuki Hayashi, Jack Jau and Kenichi Kanai : Modelling and observations of electron beam charging of an insulator/metal bilayer and its impact on secondary electron images in defect inspection equipment, Journal of Electron Microscopy, Vol.59, S189-S193, 2010..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya and Kensuke Inai : Hydrocarbon Redeposition on Plasma Facing Walls Intersecting Magnetic Field at Shallow Angles, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.49, No.9, 096201-1-096201-7, 2010..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Naohide Mohara, Yohei Miyake, Andreas Kirschner, Dimitry Borodin, Doerner Russell, Yoshio Ueda and Tetsuo Tanabe : Molecular Dynamics Study of Plasma Surface Interaction of Codeposited Materials, 23th IAEA Fusion Energy Conference, THD/P3-04, Daejeon, Oct. 2010..[著者] ...
閲覧 Masataka Bando, Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Modeling of Impurity Transport in Edge Plasmas and Tritium Codeposition on Plasma Facing Walls in ITER, 9th International Conference on Tritium Science and Technology, 3P07-48, Nara, Oct. 2010..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai, Yukihiro Tomita, Gakushi Kawamura and Kaoru Ohya : A coupled EDDY/PIC/ELECTRAN simulation of erosion and deposition in gaps, Fusion Engineering and Design, Vol.85, No.7-9, 1416-1420, 2010..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Naohide Mohara, Kensuke Inai, Atsushi Ito, Hiroaki Nakamura, Andreas Kirschner and Dimitry Borodin : Molecular dynamics and dynamic Monte Carlo studies of mixed materials and their impact on plasma wall interactions, Fusion Engineering and Design, Vol.85, No.7-9, 1167-1172, 2010..[著者] ...
閲覧 Hayato Kawazome, Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Jun Kawata, Kenji Nishimura and Tetsuo Tanabe : Calculation of D/XB Values of Hydrocarbon Molecules in Tokamak Edge Plasmas, Plasma and Fusion Research, Vol.5, S2073-1-S2073-5, 2010..[著者] ...
閲覧 伊藤 篤史, 大野 哲靖, 星野 一生, 藤間 光徳, 斎藤 誠紀, 河村 学思, 井内 健介 : 小特集 周辺プラズマからプラズマ対向壁材料までのシミュレーションコード・モデルの最前線, プラズマ・核融合学会誌, Vol.86, No.12, 679-707, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai and Kaoru Ohya : An EDDY/Particle-in-Cell Simulation of Erosion of Plasma Facing Walls Bombarded by a Collisional Plasma, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.50, No.2, 026001-1-026001-7, 2011..[著者] ...
閲覧 Qian Xu, Kaoru Ohya, Z.S. Yang, Kensuke Inai and G.-N. Luo : Monte Carlo simulation of erosion and deposition behavior on SiC-coated graphite tiles in EAST, Journal of Nuclear Materials, Vol.415, No.1, Supplement, S153-S156, 2011..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Mitsuo Inoue, Yukihiro Tomita, Gakushi Kawamura and Tetsuo Tanabe : Toroidal and poloidal asymmetry in carbon deposition on gaps of plasma facing tiles, Journal of Nuclear Materials, Vol.417, No.1-3, 602-606, 2011..[著者] ...
閲覧 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Yasuyuki Kikuhara, Naohide Mohara, Atsushi Ito, Hiroaki Nakamura and Tetsuo Tanabe : Molecular dynamics study on hydrocarbon interaction with plasma facing walls, Journal of Nuclear Materials, Vol.417, No.1-3, 637-642, 2011..[著者] ...
閲覧 Masataka Bando, Kaoru Ohya and Kensuke Inai : Modeling of Impurity Transport in Edge Plasmas and Tritium Codeposition on Plasma Facing Walls in ITER, Fusion Science and Technology, Vol.60, No.4, 1467-1470, 2011..[著者] ...
閲覧 土橋 和也, 井内 健介, 斉藤 美佐子, 瀬木 利夫, 青木 学聡, 松尾 二郎 : ガスクラスタービームを利用した微小パーティクル除去技術の開発, 第59回応用物理学連合講演会, (巻), (号), (頁), 2012年3月..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai, K. Dobashi, M. Saito, T. Seki, T. Aoki and J. Matsuo : Ultrafine Particle Removal Using Gas Cluster Beam Technology, Proceedings of International Symposium on Semiconductor Manufacturing (ISSM), UC-O-046, (都市), Oct. 2012..[著者] ...
閲覧 K. Dobashi, Kensuke Inai, M. Saito, T. Seki, T. Aoki and J. Matsuo : Ultrafine Particle Removal Using Gas Cluster Ion Beam Technology, IEEE Transactions on Semiconductor Manufacturing, Vol.26, No.3, 328-334, 2013..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 徳島大学の産学官連携推進活動紹介, 大学等シーズ・ニーズ創出強化支援事業(イノベーションン対話促進プログラム)ギャザリングin徳島大学, (巻), (号), (頁), 2014年3月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : Rights of Co-Owners to License Patent rights, 第6回T-SPIN, (巻), (号), (頁), 2015年1月..[著者] ...
閲覧 織田 聡, 坂井 貴行, 荒木 寛幸, 井内 健介 : 徳島大学の産学連携活動について, 企業情報とくしま, Vol.No.381, (号), P.14-P.15, 2015年4月..[著者] ...
閲覧 永冨 太一, 織田 聡, 坂井 貴行, 荒木 寛幸, 井内 健介, 宮本 賢治, 土居 修身, 下方 晃博 : 四国産学官連携イノベーション共同推進機構が目指す知的財産管理システムによる情報管理の一元化, 産学連携学会第13回大会, (巻), (号), (頁), 2015年6月..[著者] ...
閲覧 河合 孝尚, 佐藤 弘基, 鈴木 康之, 井内 健介 : 学術安全保障を考える, CISTEC Journal, (巻), No.159, pp.84-98, 2015年..[著者] ...
閲覧 Prónay Szabolcs, Buzás Norbert, Takayuki Sakai and Kensuke Inai : Comparing technology transfer activities at European and Japanese universities from the perspective of Science-to-Business marketing, Proceedings of Technology Transfer Society Conference 2015, (巻), (号), (頁), Dublin, Oct. 2015..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 徳島大学における安全保障輸管理, 平成27年度 大学等向け安全保障貿易管理説明会, (巻), (号), (頁), 2015年10月..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai : New tile cutting system ~ Be calm & cut clean ~, Rockies Venture Club's Hyperaccelerator, (巻), (号), (頁), Jan. 2016..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 徳島大学の輸出管理と四国地域の大学連携の取組み, 輸出管理DAY for ACADEMIA 2016, (巻), (号), (頁), 2016年2月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 四国地域の国立大学における 産学官連携リスクマネジメントの取組み, 九州地域内大学輸出管理ネットワーク第10回勉強会, (巻), (号), (頁), 2016年3月..[著者] ...
閲覧 Prónay Szabolcs, Buzás Norbert, Keszey Tamara, Takayuki Sakai and Kensuke Inai : University innovations for sale - analyzing the technology transfer activities of European and Japanese universities from the perspective of Science to Business marketing, EMAC 2016. 45th EMAC Annual Conference: Marketing in the age of data. 273 p.,, (巻), (号), 142-150, Oslo, Norway, May 2016..[著者] ...
閲覧 河合 孝尚, 佐藤 弘基, 井内 健介, 鈴木 康之 : 防衛装備庁安全保障技術研究推進制度と大学の対応についての考察, 産学連携学会第14回大会, (巻), (号), (頁), 2016年6月..[著者] ...
閲覧 S. Huszár, S. Prónay, B. Norbert, K. Kutsuna, T. Sakai and Kensuke Inai : Cultural differences in scientist's attitudes towards patenting: comparison of Hungary and Japan, Academic Proceedings 2016 University-Industry Interaction Conference: Challenges and Solutions for Fostering Entrepreneurial Universities and Collaborative Innovation, (巻), (号), 85-97, Amsterdam, The Netherlands, June 2016..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 徳島大学における 安全保障輸出管理, 平成28年度大学等向け安全保障貿易管理説明会, (巻), (号), (頁), 2016年9月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, Szabolcs Prónay, Norbert Buzás : 日本及び欧州の大学における技術移転・商業化マーケティングの国際比較分析, 産学連携学会 関西・中四国支部 第8回研究・事例発表会, (巻), (号), (頁), 2016年11月..[著者] ...
閲覧 出口 祥啓, 森本 恵美, 織田 聡, 井内 健介, 藤井 章夫 : 徳島大学における地域企業ニーズを反映した実践的知財教育, 日本知財学会第14回年次学術研究発表会予稿集, (巻), 2D2, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 徳島大学における 安全保障輸出管理, 安全保障輸出管理説明会(鳥取大学), (巻), (号), (頁), 2016年12月..[著者] ...
閲覧 河合 孝尚, 井内 健介, 野内 玲 : 研究活動における科学者の不正行動を抑制するための倫理教育システムの提案, 教育システム情報学会 2016年度 第5回研究会, (巻), (号), (頁), 2017年1月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 藤井 章夫, 河合 孝尚 : 軍事研究・デュアルユース問題と大学の学術研究について, 第1回学術安全保障研究会, (巻), (号), (頁), 2017年1月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 河合 孝尚, 野内 玲, 佐藤 弘基, 坂井 貴行 : 医療分野における研究不正行為に 関する意識調査及び心理的要因分析, 第2回科学者の不正行動に関する研究会, (巻), (号), (頁), 2017年1月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 徳島大学における 安全保障輸出管理 ∼貨物輸出,技術提供,留学生等受入れ,研究受入れ∼, 第12回九州地域大学輸出管理実務担当者ネットワーク勉強会, (巻), (号), (頁), 2017年1月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 徳島大学における産官学連携活動とその役割分担, 多能工型 研究支援人材育成コンソーシアム研究支援者講演会, (巻), (号), (頁), 2017年2月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 徳島大学における 安全保障輸出管理 ∼これまでとこれから∼, 輸出管理Day for ACADEMIA 2017, (巻), (号), (頁), 2017年2月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 坂井 貴行, S. Pronay, N. Buzas : Analyzing the technology transfer activities of Japamese and European universities from the perspective of Science-to-Business marketing, 19th T-SPIN, (巻), (号), (頁), 2017年5月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 四国地区における輸出管理ネットワークの活動, 第2回近畿地区大学輸出管理担当者ネットワーク, (巻), (号), (頁), 2017年6月..[著者] ...
閲覧 蔭山 有生, 河合 孝尚, 井内 健介 : 大学・研究機関等における輸出管理の実践, RA協議会第3回年次大会, (巻), (号), (頁), 2017年8月..[著者] ...
閲覧 石田 英之, 井内 健介, 佐藤 弘基, 山之内 雄二, 中田 修二 : 大学の輸出管理における地域大学ネット枠の活動について, CISTECジャーナル, Vol.No.171, 58-68, 2017年..[著者] ...
閲覧 織田 聡, 兼平 重和, 井内 健介, 宮本 賢治, 永冨 太一, 土居 修身, 下方 晃博 : 四国5国立大学による四国産学官連携イノベーション共同推進機構(SICO)事業の取組み, 産学連携学会 関西・中四国支部 第9回研究・事例発表会, (巻), (号), (頁), 2017年11月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 坂井 貴行, S. Pronay, N. Buzas : 大学における技術移転活動の成功要因に関する日本及び欧州の国際調査分析, 産学連携学会 関西・中四国支部 第9回研究・事例発表会, (巻), (号), (頁), 2017年11月..[著者] ...
閲覧 藤井 章夫, 井内 健介 : 安全保障貿易自主管理推進活動における一考察, 産学連携学会 関西・中四国支部 第9回研究・事例発表会, (巻), (号), (頁), 2017年11月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 大学との連携∼未利用特許の活用から共同研究∼, 平成29年度ものづくり等企業連携交流事業 産学官連携交流会, (巻), (号), (頁), 2018年2月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 四国地域における安全保障輸出管理ネットワーク活動とその活用について, 輸出管理Day for ACADEMIA 2018, (巻), (号), (頁), 2018年2月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 徳島大学における産官学連携活動, Matching HUB 全国展開推進会議, (巻), (号), (頁), 2018年3月..[著者] ...
閲覧 佐藤 弘基, 野内 玲, 井内 健介, 田中 恒彦, 佐藤 俊太朗, 河合 孝尚 : 国内の医療研究機関等での研究不正防止に関する実態調査, 産連学会第16回大会, Vol.0614A1400-3, (号), (頁), 2018年6月..[著者] ...
閲覧 佐藤 俊太朗, 田中 恒彦, 川添 百合香, 井内 健介, 河原 直人, 佐藤 弘基, 野内 玲, 河合 孝尚 : 研究不正に関連する心理発生的欲求の潜在因子探索, 第5回科学者倫理研究会, (巻), (号), (頁), 2018年7月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 産業院の取組み紹介, 産業院キックオフシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2018年8月..[著者] ...
閲覧 田中 恒彦, 佐藤 俊太朗, 井内 健介, 佐藤 弘基, 河原 直人, 野内 玲, 河合 孝尚 : 研究不正行為に関わるリスク要因の検討, 日本心理学会大会発表論文集, (巻), (号), 3PM-077, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai, Takayuki Sakai, S. Prónay and N. Buzás : Analysis of TLO Staffs Mindsets toward Commercialization of University-based Research, Proceedings of 6th Asia Council for Small Business (ACSB) conference, (巻), (号), T000056, (都市), Sep. 2018..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 大学等の国際化と安全保障輸出管理, RA協議会第4 回年次大会, (巻), (号), (頁), 2018年9月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 大学における安全保障輸出管理 - 徳島大学の事例を中心に -, 平成30年度大学等向け安全保障貿易管理説明会, (巻), (号), (頁), 2018年10月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 徳島大学における産学連携の実施状況について, とくしま経済飛躍サミット, (巻), (号), (頁), 2018年10月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 大学発ベンチャーの現状 -儲かるベンチャーへの投資・育成-, 異業種交流会, (巻), (号), (頁), 2018年11月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 野内 玲, 佐藤 弘基, 佐藤 俊太朗, 田中 恒彦, 河合 孝尚 : 医療分野における研究不正行為に関する事例調査,, 産学連携学会関西・中四国支部第10回研究・事例発表会, (巻), (号), M10-4, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 四国地区における輸出管理ネットワークの活動, 第13回四国地区大学安全保障輸出管理ネットワーク, (巻), (号), (頁), 2018年12月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 大学における安全保障輸出管理 ∼徳島大学の事例を中心に∼, CISTEC Journal, Vol.No. 179, 205-216, 2019年..[著者] ...
閲覧 佐藤 俊太朗, 川添 百合香, 田中 恒彦, 佐藤 弘基, 野内 玲, 井内 健介, 河原 直人, 宮田 有紀, 河合 孝尚 : 医療分野における特定不正行為(ねつ造・改ざん・盗用)に関するリスク要因分析, 日本臨床試験学会第10回学術集会総会, (巻), (号), O-4, 2019年1月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 徳島大学産業院の取組み紹介, 徳島県食品工業協会1月定例会, (巻), (号), (頁), 2019年1月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 徳島大学産業院の取り組み紹介について, ものづくり等企業連携交流事業 連携交流会, (巻), (号), (頁), 2019年2月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 安全保障輸出管理について, 教育研究評議会(愛媛大学), (巻), (号), (頁), 2019年3月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 垣田 満 : 研究支援及び産官学連携支援体制の強化, 企業と大学, No.8, 48-49, 2019年6月..[著者] ...
閲覧 河合 孝尚, 佐藤 俊太朗, 川添 百合香, 宮田 有紀, 田中 恒彦, 佐藤 弘基, 河原 直人, 井内 健介, 野内 玲, 森口 文博 : 医療分野における研究不正行為に関する意識調査の記述的評価, 産学連携学会第17回大会, (巻), (号), (頁), 2019年6月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 中国からの投資受入と技術流出問題について, 第17回九州地域大学輸出管理実務担当者ネットワーク勉強会, (巻), (号), (頁), 2019年7月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 安全保障輸出管理について, 科研費の獲得のための説明会(愛媛大学), (巻), (号), (頁), 2019年9月..[著者] ...
閲覧 田中 恒彦, 佐藤 俊太朗, 川添 百合香, 森口 文博, 佐藤 弘基, 河原 直人, 井内 健介, 河合 孝尚 : 研究者はどれくらい疑わしい研究行為に関与しているのか ∼Webアンケートによる探索的検討∼, 日本心理学会第83回大会, (巻), (号), (頁), 2019年9月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 坂井 貴行 : アカデミアシーズの活用方法, ライフサイエンス経営人材育成講座(公益財団法人神戸医療産業都市推進機構,公益財団法人大阪産業局主催), (巻), (号), (頁), 2019年10月..[著者] ...
閲覧 T. Sakai, Kensuke Inai, K. Kutsuna and B.K. Adhikary : Is High Technology Transfer Success Possible for Regional Universities in Japan? An Explorative Study, NAMEJC 2019 and ICME 2019 (keynote speech), Daejeon Korea, (巻), (号), (頁), (都市), Oct. 2019..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 安全保障輸出管理について, 安全保障輸出管理に関する研修会(徳島文理大学), (巻), (号), (頁), 2019年10月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 垣田 満, 花房 世規, 森松 文毅, 大江 瑞絵, 藤井 章夫, 久保田 邦昭, 出口 祥啓 : 徳島大学における知的財産教育, イノベーション教育学会第7回大会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 大学発ベンチャーにおける外国からの投資受入, CISTEC Journal, Vol.No. 184, (号), 190-203, 2019年..[著者] ...
閲覧 坂井 貴行, 井内 健介, 忽那 憲治 : 地方大学における技術移転パフォーマンス―地方大学において高い技術移転パフォーマンスをあげることは不可能なのか―, 日本ベンチャー学会第22回全国大会, (巻), (号), (頁), 2019年12月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 矢野 慎一 : 徳島大学の産学官連携の取り組みについて, ものづくり等企業連携交流事業 連携交流会, (巻), (号), (頁), 2019年12月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 徳島大学における大学スタートアップスタジオの取り組み, 香川大学起業部設立記念イベント, (巻), (号), (頁), 2019年12月..[著者] ...
閲覧 Kensuke Inai, Takayuki Sakai, Prónay Szabolcs and Buzás Norbert : Technology Transfer Performance and Mindsets of TTO Staff - Evidence from Japan and Europe -, Journal of the Japan Society for Intellectual Production, Vol.16, No.2, 77-91, 2020..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : ケースブック 大学発ベンチャー創出のエコシステム,第8章,終章, 中央経済社, (都市), 2020年10月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 大学における産官学リスクマネジメントー利益相反,技術流出防止,契約,職務発明等ー, 産学連携に係るリスクマネジメント研修会(四国大学), 2020年10月..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 徳島大学の研究インテグリティに関する取組みと課題∼外国への技術流出防止を中心に∼, 研究インテグリティに関する検討会(内閣府), 2020年10月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 坂井 貴行 : アカデミアシーズの活用方法, ライフサイエンス経営人材育成講座(公益財団法人神戸医療産業都市推進機構,公益財団法人大阪産業局主催), (巻), (号), (頁), 2020年11月..[著者] ...
閲覧 Takayuki Sakai, Kensuke Inai, Kutsuna Kenji, Adhikary Kumar Bishnu and Buzás Norbert : Technology transfer performance: a comparative analysis of two universities in Japan, International Journal of Technology Management, Vol.ahead-of-print, No.ahead-of-print, (頁), 2021..[著者] ...
閲覧 Szabolcs Pronay, Tamara Keszey, Norbert Buzás, Takayuki Sakai and Kensuke Inai : Management Factors affecting the performance of universities technology transfer offices: Evidence from Europe and Japan, International Journal of Productivity and Performance Management, Vol.ahead-of-print, No.ahead-of-print, 2021..[著者] ...
閲覧 井内 健介 : 徳島大学における安全保障輸出管理 ∼ 運用改善の取組み ∼, 令和2年度大学等向け安全保障貿易管理説明会, 2021年1月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 清水 勇吉, 坂井 貴行, 忽那 憲治, HONG KI IN, KIM JUN HYUNG, OH KEUNYEOB : 日韓大学関係者のスタートアップ立上げ意欲に関する国際研究, 産学連携学会関西・中国四国支部第12回研究・事例発表会, 2021年2月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 坂井 貴行, 忽那 憲治, 清水 勇吉, 久保 雄一郎 : IPOを達成した大学発ベンチャーにおける特徴的経営資源の解明, グローバル・アントレプレナー育成プログラム報告会, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 谷岡 広樹, 板東 孝文, 松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 井内 健介 : 安全保障輸出管理手続きのための電子申請システム, 国立大学法人 情報系センター協議会 (NIPC), 2021年9月..[著者] ...
閲覧 井内 健介, 清水 勇吉, 久保 雄一郎, 坂井 貴行, 忽那 憲治 : 大学発ベンチャーの IPO 達成要因 ー経営資源の特徴に着目してー, 日本ベンチャー学会 第24回全国大会, (巻), (号), (頁), 2021年12月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.73, Max(EID) = 386243, Max(EOID) = 1046976.