『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 社団法人 日本心理学会

登録情報の数

有効な情報: 38件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 40件

全ての有効な情報 (38件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(8)
閲覧 閲覧 鹿島建設株式会社 …(2)
閲覧 閲覧 関西保育福祉専門学校 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(8)
閲覧 閲覧 北海道大学 …(8)
閲覧 (未定義) …(4)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 濱田 治良, 秋田 宗平 : 順応における二重性, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.37, 1973年9月..[発行所] ...
閲覧 相場 覚, 濱田 治良 : 格子パターンの認知における空間的分解能, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.39, 1975年9月..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 辺縁輝度分布の明るさ知覚に及ぼす影響, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.40, 1976年9月..[発行所] ...
閲覧 今井 四郎, 濱田 治良 : 再生率におよぼす課題中断および課題変化の効果Ⅰ,Ⅱ, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.41, 1977年9月..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 明暗情報処理における拮抗·非拮抗過程, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.42, 1978年10月..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : Craik-O'Brien効果に見られる対比と同化, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.43, 1979年9月..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : Craik-O'Brien効果およびCornsweet効果の誘導機序について, 心理学研究, Vol.51, No.2, 55-62, 1980年..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 明暗変化に伴う明るさ水準の低下, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.44, 1980年8月..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 明暗変化に伴う明るさ水準の低下(続), 日本心理学会大会発表論文集, Vol.45, 1981年9月..[発行所] ...
閲覧 今井 四郎, 伊藤 進, 濱田 治良 : パタン生成過程Ⅰ,Ⅱ, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.45, 1981年9月..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 黒·白縞パタンに見られる暗化および明化効果, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.46, 1982年7月..[発行所] ...
閲覧 今井 四郎, 須藤 昇, 濱田 治良, 伊藤 進 : 記憶における反復効果Ⅰ,Ⅱ, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.46, 1982年7月..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 明るさの同時対比に伴う明るさ水準の低下, 心理學研究, Vol.54, No.2, 115-122, 1983年..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 3カテゴリー法による時間誤差と偶然誤差の分解, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.47, 1983年9月..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 明·暗Ehrenstein錯視に見られる非対称性, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.49, 1985年7月..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 2次元パタンの良さ判断における3次元的回転変換の役割, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.50, 1986年10月..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 課題講演16(パターン認知の階層性), 日本心理学会大会発表論文集, Vol.51, 1987年10月..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 黒白複合的エーレンシュタイン·パターンにおける明暗変化, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.52, 1988年10月..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 視覚的および聴覚的反復効果に見られる記憶情報の累積と断絶, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.53, 1989年11月..[発行所] ...
閲覧 八田 武志, 山本 真由美, 広瀬 雄彦 : 両耳分離聴検査による言語音認知の左右耳機能差の発達, --- 横断および縦断検査結果の比較 ---, 心理學研究, Vol.61, No.5, 308-313, 1990年..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 短期記憶における視覚記憶と聴覚記憶の差異, 心理學研究, Vol.61, No.1, 8-14, 1990年..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 平面的繰り返し文様に対する複雑さおよび良さ判断, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.54, 1990年6月..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 反復学習に見られる視覚記憶と聴覚記憶の相互作用, 心理學研究, Vol.62, No.3, 172-179, 1991年..[発行所] ...
閲覧 W. H. Ehrenstein and Jiro Hamada : The Ebbinghaus illusion., --- Effects of distance, orientation, and mixed size of inducing circles. ---, 日本心理学会大会発表論文集, Sep. 1992..[発行所] ...
閲覧 Walter H. Ehrenstein and Jiro Hamada : Structutal factors of size contrast in the Ebbinghaus illusion, The Japanese Psychological Research, Vol.37, No.3, 158-169, 1995..[発行所] ...
閲覧 Jiro Hamada : The Ehrenstein illusion, --- Effects of contrast polarity, gap size, and orientation. ---, The Japanese Psychological Research, Vol.37, No.3, 117-124, 1995..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : デルブーフ錯視における外円の過大視と内円の反応バイアス, --- カテゴリー評定法とマグニチュード推定法による比較 ---, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.61, 1997年9月..[発行所] ...
閲覧 掛井 秀一, 涌井 健, 井端 泰裕, 佐古 順彦, 佐藤 博臣 : 事前学習·誘導情報が避難行動に及ぼす影響, 日本心理学会大会発表論文集, (巻), (号), (頁), 1997年9月..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良, 原田 江梨子 : 大きさ対比事態における評定順序効果の検討, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.62, 1998年10月..[発行所] ...
閲覧 掛井 秀一 : 事前学習·誘導情報が避難行動に及ぼす影響, --- その2 経路図情報の提示方式についての検討 ---, 日本心理学会大会発表論文集, (巻), (号), (頁), 1998年10月..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 視聴覚記憶における自由再生法と系列再生法の比較, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.64, 2000年11月..[発行所] ...
閲覧 掛井 秀一, 佐古 順彦, 佐藤 博臣 : 事前学習·誘導情報が避難行動に及ぼす影響, --- その3 ウォークスルー情報と経路図情報の比較 ---, 日本心理学会第64回大会, (頁), 2000年11月..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良, 西村 寛, ガリーナ V. パラメイ, ヴァルター H. エーレンシュタイン : マグニチュード推定法によるDelboeuf錯視と判断順序効果の検討, 心理學研究, Vol.73, No.1, 58-63, 2002年..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : マグニチュード推定法と恒常法によるDelboeuf錯視の検討, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.66, 2002年9月..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : カテゴリー評定法によるDelboeuf錯視の検討, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.67, 2003年9月..[発行所] ...
閲覧 伊藤 崇達, 神藤 貴昭 : 中学生用自己動機づけ方略尺度の作成, 心理学研究, Vol.74, (号), 209-217, 2003年..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 9段階カテゴリー評定法によるDelboeuf錯視の検討, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.68, 501, 2004年9月..[発行所] ...
閲覧 田中 誠一, 佐藤 寛, 境 泉洋 : 自己注目と抑うつおよび不安との関連, 心理學研究, Vol.78, No.4, 365-371, 2007年..[発行所] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.73, Max(EID) = 361881, Max(EOID) = 968241.