『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.プロテオミクス医科学部門.生体制御医学講座.生体情報内科学 (2004年4月1日〜2015年3月31日)

登録情報の数

有効な情報: 27件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 27件

全ての有効な情報 (27件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(17)
閲覧 閲覧 株式会社 医学生物学研究所 …(1)
閲覧 閲覧 滋賀医科大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(17)
閲覧 閲覧 徳島文理大学 …(1)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 湯浅 智之, 小畑 利之, 横田 一郎, 岡本 英治, 長屋 寿雄, 橋田 誠一, 前川 聡, 柏木 厚典, 松本 満, 松本 俊夫, 岸 和弘, 蛯名 洋介 : 可溶性インスリン受容体細胞外ドメイン(sIRα)は高血糖に相関して血中濃度が高まる, 第7回 1型糖尿病研究会, 2009年11月..[組織] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, Masahiro Abe, Ayako Nakano, Asuka Oda, Hiroe Amou, Shinsuke Kido, Kyoko Takeuchi, Kumiko Kagawa, Kenichiro Yata, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Kenzo Asaoka, Eiji Tanaka, Keiji Moriyama and Toshio Matsumoto : GM-CSF and IL-4 induce dendritic cell differentiation and disrupt osteoclastogenesis through M-CSF receptor shedding by up-regulation of TNF-{alpha} converting enzyme (TACE), Blood, Vol.114, No.20, 4517-4526, 2009..[組織] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, Masahiro Abe, I Endo, A Nakano, Shuji Ozaki, Eiji Tanaka, Kenzo Asaoka and Toshio Matsumoto : Myeloma-bone marrow stromal cell interaction enhances osteoclastogenesis and suppresses dendritic cell differentiation from monocytes, 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, March 2010..[組織] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, Masahiro Abe, Eiji Tanaka, Kenzo Asaoka and Toshio Matsumoto : Stroma inhibit DC differentiation through the suppression of M-CSFR shedding, 88th IADR, (巻), (号), (頁), Barcelona, July 2010..[組織] ...
閲覧 渡邉 佳一郎, 安倍 正博, 崔 衢, 川谷 誠, 日浅 雅博, 長田 裕之, 田中 栄二, 松本 俊夫 : A novel anti-resorptive agent, reveromycin A, ameliorates bone destruction and tumor growth in myeloma, 第2回骨バイオサイエンス研究会, (巻), (号), (頁), 2011年7月..[組織] ...
閲覧 渡邉 佳一郎, 安倍 正博, 川谷 誠, 日浅 雅博, 中村 信元, 田中 栄二, 長田 裕之, 松本 俊夫 : リベロマイシンAによる酸性環境がもたらす骨髄腫薬剤耐性の克服と骨病変形成の抑制, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), 208, 2011年7月..[組織] ...
閲覧 日浅 雅博, 安倍 正博, 中野 綾子, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 田中 栄二, 淺岡 憲三, 松本 俊夫 : Pimキナーゼの阻害は骨芽細胞分化を促進し,骨髄腫骨病変の形成と腫瘍進展を抑制する, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 178, 2011年7月..[組織] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, A Nakano, Keiichiro Watanabe, C Qu, T Harada, S Fujii, H Miki, S Nakamura, K Kagawa, K Takeuchi, Eiji Tanaka, Kenzo Asaoka, Shuji Ozaki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Prevention of tumor growth and bone destruction in myeloma by Pim kinase inhibition, Bone Biology Forum, 19-21st Aug, 2011, Shizuoka., (巻), (号), Aug. 2011..[組織] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Q Cui, Masahiro Hiasa, M Kawatani, T Harada, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, A Nakano, K Kagawa, K Takeuchi, H Osada, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Targeting an acidic microenvironment by reveromycin A to overcome drug resistance to myeloma cells and ameliorate bone disease., 第36回日本骨髄腫研究会総会, Nov. 2011..[組織] ...
閲覧 天知 良太, 安倍 正博, 渡邉 佳一郎, 賀川 久美子, 藤井 志郎, 原田 武志, 三木 浩和, 中村 信元, 小田 明日香, 日浅 雅博, 田中 栄二, 松本 俊夫 : 酸環境は骨髄腫細胞のTRAILに対する抵抗性を増強する, 第3回骨バイオサイエンス研究会, (巻), (号), (頁), 2012年7月..[組織] ...
閲覧 天知 良太, 安倍 正博, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 日浅 雅博, 田中 栄二, 松本 俊夫 : 酸性環境は骨髄腫細胞にDR4 の発現抑制とcFLIP の活性化を惹起しTRAIL に対する抵抗性を獲得させる, 第30回日本骨代謝学会学術集会, 259, 2012年7月..[組織] ...
閲覧 渡邉 佳一郎, 安倍 正博, 天知 良太, 日浅 雅博, 中村 信元, 遠藤 逸郎, 森 裕史, 田中 栄二, 松本 俊夫 : カテプシンK 阻害剤KK1-300-01 は骨髄腫骨病変部の骨破壊を抑制し骨形成を惹起する, 第30回日本骨代謝学会学術大会, 217, 2012年7月..[組織] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, S Fujii, S Nakamura, H Miki, K Kagawa, H Mori, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Restoration of bone formation in myeloma osteolytic lesions by the cathepsin K inhibitor KK1-300-01, 34th ASBMR meeting, (巻), (号), (頁), Minneapolis, MN, USA., Oct. 2012..[組織] ...
閲覧 Ryota Amachi, Masahiro Abe, Keiichiro Watanabe, Masahiro Hiasa, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : An acidic milieu suppresses DR4 editing and induces p22 c-FLIP to cause myeloma resistance to TRAIL, 第74回日本血液学会学術集会, (巻), (号), (頁), Oct. 2012..[組織] ...
閲覧 Ryota Amachi, Masahiro Abe, Ryota Amachi, Keiichiro Watanabe, S Fujii, T Harada, H Miki, S Nakamura, A Oda, Masahiro Hiasa, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : An acidic milieu suppresses DR4 editing to cause myeloma resistance to TRAIL, ASEAN plus and Tokushima Joint International Conference, Yogjakarta, Indonesia, Dec. 2012..[組織] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, S Nakamura, H Miki, K Kagawa, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Induction of bone formation in myeloma osteolytic lesions by cathepsin K inhibition, 14th International Myeloma Workshop, (巻), (号), (頁), April 2013..[組織] ...
閲覧 Ryota Amachi, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, T Harada, H Miki, S Nakamura, A Oda, Masahiro Hiasa, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : An acdic milieu suppresses histone acetylation in myeloma cells to down-regulate the TRAIL receptor DR4 expression, 14th International Myeloma Workshop, (巻), (号), (頁), April 2013..[組織] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, H Mori, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, S Nakamura, H Miki, K Kagawa, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Induction of cathepsin K induce bone formation in myeloma osteolytic lesions, International Bone and Mineral Society 2013, (巻), (号), (頁), May 2013..[組織] ...
閲覧 Ryota Amachi, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, T Harada, H Miki, S Nakamura, A Oda, Masahiro Hiasa, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : An acdic milieu confers the resistance to TRAIL in myeloma cells through the PI3K-Akt-mediated epigenetic down-regulation of the TRAIL receptor DR4, International Bone and Mineral Society 2013, (巻), (号), (頁), May 2013..[組織] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, H Mori, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, S Fujii, S Nakamura, H Miki, K Kagawa, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Potent induction of bone formation in myeloma bone lesions by the cathepsin K inhibitor KK1-300-01 in combination with the proteasome inhibitor bortezomib, ASBMR 2013 Annual Meeting,, (巻), (号), (頁), Baltimore, Oct. 2013..[組織] ...
閲覧 Ryota Amachi, Masahiro Abe, Masahiro Hiasa, Keiichiro Watanabe, S Fujii, T Harada, H Miki, S Nakamura, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Acidic conditions epigenetically repress the TRAIL receptor DR4 in myeloma cells to confer their resistance to TRAIL, ASBMR 2013 Annual Meeting,, (巻), (号), (頁), Baltimore, Oct. 2013..[組織] ...
閲覧 天知 良太, 渡邉 佳一郎, 日浅 雅博, 安倍 正博, 松本 俊夫, 田中 栄二 : 酸性環境が骨髄腫細胞の破骨細胞活性に及ぼす影響, 第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), (頁), 2013年10月..[組織] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, H Mori, K Udaka, M Iwasa, D Hanson, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, H Miki, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Bone restoration and tumor suppression in myeloma by cathepsin K inhibition with Bortezomib, 第75回日本血液学会学術集会, (巻), (号), (頁), Oct. 2013..[組織] ...
閲覧 天知 良太, 安倍 正博, 渡邉 佳一郎, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 原田 武志, 三木 浩和, 渡邉 佳一郎, 小野 明日香, 日浅 雅博, 田中 栄二, 松本 俊夫 : 骨髄腫の酸性環境はTRAIL受容体発現をエピジェネティックに抑制し,TRAIL抵抗性をもたらす, 第20回徳島骨代謝研究会, (巻), (号), (頁), 2013年11月..[組織] ...
閲覧 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, 寺町 順平, 小田 明日香, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 酸が惹起する骨髄腫細胞の酸感受と生存シグナルの悪循環, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), 225, 2014年7月..[組織] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Jumpei Teramachi, H Mori, Y Ochi, Ryota Amachi, A Oda, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, H Miki, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Potent induction of bone formation by anti-resorptive cathepsin K inhibitor in myeloma, 第77回日本血液学会学術集会, (巻), (号), (頁), Oct. 2015..[組織] ...
閲覧 Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, A Oda, Hirofumi Tenshin, Keiichiro Watanabe, Shingen Nakamura, H Miki, Kumiko Kagawa, Shiroh Fujii, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Mechanism of the TRPV1 up-regulatation in myeloma cells and adaptation to an acidic microenvironment, 第77回日本血液学会学術集会, (巻), (号), (頁), Oct. 2015..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 5, LA = 0.82, Max(EID) = 373396, Max(EOID) = 999198.