『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 松尾 泰佑

登録情報の数

有効な情報: 69件 + 無効な情報: 8件 = 全ての情報: 77件

全ての有効な情報 (69件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 閲覧 日本癌学会 …(2)
閲覧 (未定義) …(53)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 小松 正人, 吉丸 哲郎, 松尾 泰佑, 片桐 豊雅 : --, 第18回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2004年6月..[著者] ...
閲覧 松尾 泰佑, 鈴木 真希子, 倉田 美保, 山﨑 尚志, 篠原 康雄 : 筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠ遺伝子の多型の解析, 第6回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 松尾 泰佑, 鈴木 真希子, 倉田 美保, 山﨑 尚志, 篠原 康雄 : 変異導入したM-CPTIの安定性および酵素活性の解析, 第44回 日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2005年11月..[著者] ...
閲覧 Taisuke Matsuo, Naoshi Yamazaki, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : Mutant coat proteins of Pf3 bacteriophage as models of membrane proteins and their interactions with lipid bilayer membrane, International symposium on system cell engineering by multi-scale manipulation, (巻), (号), (頁), Nagoya, Nov. 2006..[著者] ...
閲覧 Taisuke Matsuo, Naoshi Yamazaki, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : Mutant coat proteins of Pf3 bacteriophage as models of membrane proteins and their interactions with lipid bilayer membrane, Pre-Satellite Meeting of the 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC 2007) for and by Ph.D. students and postdoctoral fellows, (巻), (号), (頁), Amsterdam, April 2007..[著者] ...
閲覧 Taisuke Matsuo, Naoshi Yamazaki, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : Design, preparation and directional insertion of peptides into lipid bilayer membrane and heir application for the preparation of liposome of which surface could be coated by externally added antibody, International symposium on system cell engineering by multi-scale manipulation, (巻), (号), (頁), Nagoya, Nov. 2007..[著者] ...
閲覧 石井 葵, 山本 武範, 松尾 泰佑, 山﨑 尚志, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 寒冷暴露した褐色脂肪組織におけるHFABPの免疫学的解析, 第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, (巻), (号), (頁), 2007年12月..[著者] ...
閲覧 中谷 極, 山本 武範, 松尾 泰佑, 山﨑 尚志, 寺田 弘, 篠原 康雄 : プロテオミクス解析による新規ミトコンドリア溶質輸送担体の探索, 第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, (巻), (号), (頁), 2007年12月..[著者] ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Taisuke Matsuo, Miho Kurata, Makiko Suzuki, Takehisa Fujiwaki, Seiji Yamaguchi, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Substitutions of Three Amino Acids in Human Heart/Muscle Type Carnitine Palmitoyltransferase I Caused by Single Nucleotide Polymorphisms, Biochemical Genetics, Vol.46, No.1-2, 54-63, 2008..[著者] ...
閲覧 松尾 泰佑, 山﨑 尚志, 新山 加菜美, 山本 武範, 石田 竜弘, 際田 弘志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : タグを付加したPf3 coat protein変異体の調製およびリポソームとの相互作用の解析, (誌名), 2008年3月..[著者] ...
閲覧 Taisuke Matsuo, Takenori Yamamoto, Katsuda Chie, Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : Substitution of Certain Amino Acids in a Short Peptide Causes a Significant Difference in Their Immunoreactivities with Antibodies Against Different Epitopes: Evidence for Possible Folding of the Peptide on Nitrocellulose or PVDF Membrane, International symposium on system cell engineering by multi-scale manipulation, Nagoya, Nov. 2008..[著者] ...
閲覧 Taisuke Matsuo, Takenori Yamamoto, Chie Katsuda, Kanami Niiyama, Atsushi Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Kazuto Ohkura, Masatoshi Kataoka and Yasuo Shinohara : Substitution of certain amino acids in a short peptide causes a significant difference in their immunoreactivities with antibodies against different epitopes: evidence for possible folding of the peptide on a nitrocellulose or PVDF membrane., Biologicals, Vol.37, No.1, 44-47, 2009..[著者] ...
閲覧 Taisuke Matsuo, Eriko Obana, Takenori Yamamoto, Rei Kakuhata, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba, Tomoshige Hori and Yasuo Shinohara : Construction of plasmids suitable for in vitro synthesis of full-length mRNAs having a 3'-poly(A)+tail., Biotechnology Letters, Vol.31, No.2, 203-207, 2009..[著者] ...
閲覧 松尾 泰佑, 中村 祐輔, 片桐 豊雅 : 遺伝子発現情報解析を通じた新規エストロゲン受容体活性化制御分子ERAP1の同定とその機能解析, 第13回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2009年6月..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Atsushi Yamamoto, Masahiro Watanabe, Taisuke Matsuo, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Classification of FABP isoforms and tissues based on quantitative evaluation of transcript levels of these isoforms in various rat tissues., Biotechnology Letters, Vol.31, No.11, 1695-1701, 2009..[著者] ...
閲覧 山本 篤司, 山本 武範, 渡邊 政博, 松尾 泰佑, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 種々の組織におけるFABPアイソフォームの定量的な発現プロファイル解析∼定量的評価に基づいたアイソフォームと組織の分類∼, ファーマバイオフォーラム2009, (巻), (号), (頁), 2009年11月..[著者] ...
閲覧 勝田 千恵, 新山 加菜美, 尾華 絵里子, 山本 武範, 松尾 泰佑, 大倉 一人, 片岡 正俊, 寺田 弘 : Specific formation of trypsin resistant micelle structure on a hydrophobic peptide observed with Triton X-100 but not with ocytlglucoside, MHS 2009, (巻), (号), (頁), 2009年11月..[著者] ...
閲覧 山本 篤司, 山本 武範, 渡邊 政博, 松尾 泰佑, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 寒冷暴露したラットの褐色脂肪組織におけるFABPアイソフォームの発現レベルの定量的比較, 第130回 日本薬学会, (巻), (号), (頁), 2010年3月..[著者] ...
閲覧 勝田 千恵, 新山 加菜美, 尾華 絵里子, 山本 武範, 松尾 泰佑, 大倉 一人, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 疎水性タンパク質と界面活性剤の相互作用の生物化学的な解析, 第130回 日本薬学会, (巻), (号), (頁), 2010年3月..[著者] ...
閲覧 Taisuke Matsuo, Atsushi Yamamoto, Takenori Yamamoto, Kaoru Otsuki, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Replacement of C305 in heart/muscle-type isozyme of human carnitine palmitoyltransferase I with aspartic acid and other amino acids., Biochemical Genetics, Vol.48, No.3-4, 193-201, 2010..[著者] ...
閲覧 吉丸 哲郎, 松尾 泰佑, 中村 祐輔, 片桐 豊雅 : 新規エストロゲン受容体制御分子によるホルモン依存性乳がん増殖機構の解明, 第14回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2010年7月..[著者] ...
閲覧 片桐 豊雅, 吉丸 哲郎, 松尾 泰佑, 三好 康雄, 笹 三徳, 中村 祐輔 : 新規エストロゲン受容体活性化制御分子による乳癌細胞増殖機構の解明, 第11回ホルモンと癌研究会, (巻), (号), (頁), 2010年7月..[著者] ...
閲覧 Toyomasa Katagiri, Tetsuro Yoshimaru, Taisuke Matsuo, Miyoshi Yasuo, Sasa Mitsunori and Nakamura Yusuke : Critical role of transactivation of ERAP1,estrogen receptor activity-regulated protein 1, in estrogen-dependent breast cancer cell growth, The 6th International Symposium on Hormonal Carcinogenesisi in Japan, (巻), (号), (頁), (都市), Sep. 2010..[著者] ...
閲覧 吉丸 哲郎, 松尾 泰佑, 三好 康雄, 笹 三徳, 中村 祐輔, 片桐 豊雅 : 遺伝子発現解析によるトリプルネガティブ乳癌の分子機構の解明, 第69回日本癌学会学術総会, 大阪, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 松尾 泰佑, 吉丸 哲郎, 三好 康雄, 笹 三徳, 中村 祐輔, 片桐 豊雅 : 新規乳癌治療標的分子BCGT1の同定とその機能解析, 第69回日本癌学会学術総会, 大阪, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 布川 朋也, 松尾 泰佑, 三木 恒治, 中村 祐輔, 金山 博臣, 片桐 豊雅 : 腎細胞癌新規分子標的候補遺伝子RCCMPの同定およびその機能解析, 第69回日本癌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2010年9月..[著者] ...
閲覧 片桐 豊雅, 吉丸 哲郎, 松尾 泰佑, 三好 康雄, 笹 三徳, 中村 祐輔 : 乳癌における新規エストロゲンシグナル活性化機構の解明および治療戦略, 第69回日本癌学会学術総会, (巻), (号), (頁), (都市), 2010年9月..[著者] ...
閲覧 布川 朋也, 松尾 泰佑, 中村 祐輔, 金山 博臣, 片桐 豊雅 : 腎細胞癌新規分子標的遺伝子RCCDPの同定およびその機能解析, 第15回日本がん分子標的治療学会, (巻), (号), (頁), 2011年6月..[著者] ...
閲覧 小松 正人, 吉丸 哲郎, 松尾 泰佑, 中村 祐輔, 片桐 豊雅 : Triple negative breast cancer(TNBC)における新規増殖シグナル経路および治療標的分子同定の試み, 第15回日本がん分子標的治療学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2011年6月..[著者] ...
閲覧 Dat LeTan, Taisuke Matsuo, Hisatsugu Goto, Souji Kakiuchi, Yasuhiko Nishioka, Saburo Sone and Toyomasa Katagiri : Identification and characterization of a novel transcription factor invoved lung cancer bone metastases, 第15回日本がん分子標的治療学会学術集会, (巻), (号), (頁), June 2011..[著者] ...
閲覧 松尾 泰佑, 尾野 雅哉, 吉丸 哲郎, 三好 康雄, 笹 三徳, 中村 祐輔, 片桐 豊雅 : Identification of characterization of a novel glycosyltrasnferase BCGT1 involved in breast cancer cells, 平成23年度がん若手研究者ワークショップ, (巻), (号), (頁), 2011年9月..[著者] ...
閲覧 Komatsu Masato, Tetsuro Yoshimaru, Taisuke Matsuo, Miyoshi Yasuo, Mitsuo Shimada, Nakamura Yusuke, Sasa Mitsunori, Miyano Satoru and Toyomasa Katagiri : Novel therapeutic strategy for Triple Negative Breast Cancer, Proceedings of the Japanese Cancer Association, 237, Oct. 2011..[著者] ...
閲覧 Le T. Dat, Taisuke Matsuo, Tetsuro Yoshimaru, Takuya Kuramoto, Masaki Hanibuchi, Hisatsugu Goto, Souji Kakiuchi, Yasuhiko Nishioka, Saburo Sone and Toyomasa Katagiri : Genome-wide gene expression profiling analysis of bone metastases of human non-smal cell lung cancer (NSCLC) in mice, 70th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, (巻), (号), (頁), Oct. 2011..[著者] ...
閲覧 Tetsuro Yoshimaru, Komatsu Masato, Taisuke Matsuo, Miyoshi Yasuo, Sasa Mitsunori, Nakamura Yusuke and Toyomasa Katagiri : Novel modeling of ER signaling regulation in E2-dependent breast cancer - New therapeutic target for ERAP1-REA complex, 70th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, (巻), (号), (頁), (都市), Oct. 2011..[著者] ...
閲覧 Tomoya Fukawa, Ono Masaya, Hisanori Uehara, Taisuke Matsuo, Nakamura Yusuke, Hiro-omi Kanayama and Toyomasa Katagiri : Identification and characterization of RCCDH as a novel molecular target for clear renal cell carcinoma., 70th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, (巻), (号), (頁), (都市), Oct. 2011..[著者] ...
閲覧 Taisuke Matsuo, Ono Masaya, Tetsuro Yoshimaru, Miyoshi Yasuo, Sasa Mitsunori, Nakamura Yusuke and Toyomasa Katagiri : Functional roles of a novel glycosyltrasnferase BCGT1 in breast cancer cells, 70th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, (巻), (号), (頁), (都市), Oct. 2011..[著者] ...
閲覧 Le T Dat, Taisuke Matsuo, Tetsuro Yoshimaru, Souji Kakiuchi, Hisatsugu Goto, Masaki Hanibuchi, Takuya Kuramoto, Yasuhiko Nishioka, Saburo Sone and Toyomasa Katagiri : Identification of genes potentially involved in bone metastasis by genome-wide gene expression profile analysis of non-small cell lung cancer in mice, International Journal of Oncology, Vol.40, No.5, 1455-1469, 2012..[著者] ...
閲覧 小松 正人, 吉丸 哲郎, 松尾 泰佑, 清谷 一馬, 三好 康雄, 島田 光生, 中村 祐輔, 笹 三徳, 片桐 豊雅 : Involvement of proteasome-associated gene 1 (PAG1) in proliferation of triple negative breast cancer. (トリプルネガティブ乳癌におけるプロテアソーム関連遺伝子PAG1を介した発癌・増殖機構の関与), 第71回 日本癌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[著者] ...
閲覧 小松 正人, 吉丸 哲郎, 松尾 泰佑, 清谷 一馬, 斉藤 あゆむ, 山口 類, 宮野 悟, 三好 康雄, 笹 三徳, 中村 祐輔, 片桐 豊雅 : トリプルネガティブ乳癌(TNBC)の増殖における26Sプロテアソーム関連遺伝子の役割, 平成24年度がん若手研究者ワークショップ, 2012年9月..[著者] ...
閲覧 Le T. Dat, Taisuke Matsuo, Tetsuro Yoshimaru, Souji Kakiuchi, Hisatsugu Goto, Kuramoto Takuya, Mitsuhashi Atsushi, Saburo Sone, Yasuhiko Nishioka and Toyomasa Katagiri : LBMTF a novel transcriptional factor involved in lung cancer bone metastases, The 71th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Sep. 2012..[著者] ...
閲覧 松尾 泰佑, 尾野 雅哉, 吉丸 哲郎, 三好 康雄, 笹 光徳, 中村 祐輔, 片桐 豊雅 : 新規糖転移酵素BCGT1による小胞体ストレス応答制御を介した乳癌細胞増殖機構の解明, 第71回日本癌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[著者] ...
閲覧 片桐 豊雅, 吉丸 哲郎, 松尾 泰佑, 中村 祐輔, 三好 康雄, 笹 光徳 : 乳癌における新規分子標的治療薬開発戦略, 第71回日本癌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[著者] ...
閲覧 布川 朋也, 尾野 雅哉, 松尾 泰佑, 上原 久典, 中村 祐輔, 金山 博臣, 片桐 豊雅 : 腎細胞癌における新規核小体分子RCCDHによるp53制御機構の解明, 第71回日本癌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[著者] ...
閲覧 吉丸 哲郎, 小松 正人, 松尾 泰佑, 三好 康雄, 笹 光徳, 中村 祐輔, 片桐 豊雅 : ER陽性乳癌において,ERAP1は腫瘍抑制因子REAとの結合を介してエストロゲンシグナルの恒常的活性化を導く., 第71回日本癌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[著者] ...
閲覧 小松 正人, 吉丸 哲郎, 松尾 泰佑, 清谷 一馬, 三好 康雄, 島田 光生, 中村 祐輔, 笹 光徳, 片桐 豊雅 : トリプルネガティブ乳癌におけるプロテアソーム関連遺伝子PAG1 を介した発癌・増殖機構の関与, 第71回日本癌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[著者] ...
閲覧 清谷 一馬, 藤本 明洋, 小松 正人, 吉丸 哲郎, 松尾 泰佑, 角田 達彦, 三好 康雄, 笹 光徳, 片桐 豊雅 : トリプルネガティブ乳がんのエクソーム解析, 第71回日本癌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[著者] ...
閲覧 Tomoya Fukawa, Masaya Ono, Taisuke Matsuo, Hisanori Uehara, Tsuneharu Miki, Yusuke Nakamura, Hiro-omi Kanayama and Toyomasa Katagiri : DDX31 regulates the p53-HDM2 pathway and rRNA gene transcription through its interaction with NPM1 in renal cell carcinomas, Cancer Research, Vol.72, No.22, 5867-5877, 2012..[著者] ...
閲覧 Tetsuro Yoshimaru, Masato Komatsu, Taisuke Matsuo, Yi-An Chen, Yoichi Murakami, Kenji Mizuguchi, Eiichi Mizohata, Tsuyoshi Inoue, Miki Akiyama, Rui Yamaguchi, Seiya Imoto, Satoru Miyano, Yasuo Miyoshi, Mitsunori Sasa, Yusuke Nakamura and Toyomasa Katagiri : Targeting BIG3-PHB2 interaction to overcome tamoxifen resistance in breast cancer cells., Nature Communications, Vol.4, (号), 2443, 2013..[著者] ...
閲覧 小松 正人, 吉丸 哲郎, 松尾 泰佑, 清谷 一馬, 柳井 亜矢子, 片桐 豊雅 : トリプルネガティブ乳癌におけるプロテアソーム関連因子PAG1による新規増殖機構の解明, 第246回 徳島医学会学術集会(平成24年度冬期), (巻), (号), (頁), 2013年2月..[著者] ...
閲覧 Masato Komatsu, Tetsuro Yoshimaru, Taisuke Matsuo, Kazuma Kiyotani, Yasuo Miyoshi, Toshihito Tanahashi, Kazuhito Rokutan, Rui Yamaguchi, Ayumu Saito, Seiya Imoto, Satoru Miyano, Yusuke Nakamura, Mitsunori Sasa, Mitsuo Shimada and Toyomasa Katagiri : Molecular features of triple negative breast cancer cells by genome-wide gene expression profiling analysis., International Journal of Oncology, Vol.42, No.2, 478-506, 2013..[著者] ...
閲覧 Toyomasa Katagiri, Tomoya Fukawa, Taisuke Matsuo and Hiro-omi Kanayama : DDX31 regulates p53 tumor suppressive activity in renal cell carcinomas, Amerian Association for Cancer Research (AACR) Annal Meeting 2013, Washington, D.C., April 2013..[著者] ...
閲覧 吉丸 哲郎, 小松 正人, 松尾 泰佑, 片桐 豊雅 : ERα活性化制御分子ERAP1を標的とした内分泌療法耐性乳癌の治療戦略, 第17回日本がん分子標的治療学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2013年6月..[著者] ...
閲覧 小松 正人, 吉丸 哲郎, 松尾 泰佑, 中村 祐輔, 片桐 豊雅 : ゲノムワイドな網羅的遺伝子発現情報解析を用いたトリプルネガティブ乳癌(TNBC)の分子特性および新たな治療標的の探索, 第17回日本がん分子標的治療学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2013年6月..[著者] ...
閲覧 松尾 泰佑, 吉丸 哲郎, 片桐 豊雅 : 新規糖転移酵素BCGT1による小胞体ストレス応答制御を介した乳癌細胞増殖機構の解明, 第17回日本がん分子標的治療学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2013年6月..[著者] ...
閲覧 Masato Komatsu, Tetsuro Yoshimaru, Taisuke Matsuo, Kazuma Kiyotani, Miyoshi Yasuo, Sasa Mitsunori and Toyomasa Katagiri : Nuclear-19S proteasome associated gene 1 contributes to the aggressiveness of triple negative breast cancer cells, 72nd Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Oct. 2013..[著者] ...
閲覧 松尾 泰佑, 尾野 雅哉, 吉丸 哲郎, 小松 正人, 三好 康雄, 笹 三徳, 片桐 豊雅 : がん特異的糖転移酵素BCGT1による小胞体ストレス制御を介した新規乳癌細胞増殖機構の解明, 第72回 日本癌学会学術総会, 2013年10月..[著者] ...
閲覧 吉丸 哲郎, 小松 正人, 松尾 泰佑, 三好 康雄, 笹 三徳, 中村 祐輔, 片桐 豊雅 : エストロゲン受容体活性化制御分子ERAP1と腫瘍抑制因子REAの相互作用を標的とした内分泌療法耐性乳癌の治療法の開発, 第72回 日本癌学会学術総会, 2013年10月..[著者] ...
閲覧 Taisuke Matsuo, Masato Komatsu, Tetsuro Yoshimaru, Kazuma Kiyotani, Yasuo Miyoshi, Mitsunori Sasa and Toyomasa Katagiri : Involvement of B3GALNT2 overexpression in the cell growth of breast cancer., International Journal of Oncology, Vol.44, No.2, 427-434, 2013..[著者] ...
閲覧 Toyomasa Katagiri, Tetsuro Yoshimaru, Masato Komatsu and Taisuke Matsuo : BIG3-PHB2 Interaction is a key therapeutic target in Iuminal-type of breast cancer., Amerian Association for Cancer Research (AACR) Annal Meeting 2014, (巻), (号), (頁), San Diego, April 2014..[著者] ...
閲覧 吉丸 哲郎, 小松 正人, 松尾 泰佑, 片桐 豊雅 : エストロゲン受容体制御分子BIG3を標的とした新規ER陽性乳がんの治療法の創製, 第18回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2014年6月..[著者] ...
閲覧 小松 正人, 吉丸 哲郎, 松尾 泰佑, 片桐 豊雅 : トリプルネガティブ乳癌におけるプロテアソーム構成因子のプロテアソーム活性非依存的な役割, 第18回日本がん分子標的治療学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2014年6月..[著者] ...
閲覧 小松 正人, 吉丸 哲郎, 尾野 雅哉, 松尾 泰佑, 清谷 一馬, 三好 康雄, 笹 三徳, 片桐 豊雅 : 悪性度の高いトリプルネガティブ乳癌における核内19S-proteasome関連遺伝子(nPAG1)の役割, 第73回日本癌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2014年9月..[著者] ...
閲覧 金 南希, 吉丸 哲郎, 小松 正人, 松尾 泰佑, 笹 三徳, 片桐 豊雅 : 乳癌細胞における癌抑制分子PHB2のエストロゲン依存性核内移行機構の解明, 第73回日本癌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2014年9月..[著者] ...
閲覧 Taisuke Matsuo, Le Tan Dat, Masato Komatsu, Tetsuro Yoshimaru, Kei Daizumoto, Saburo Sone, Yasuhiko Nishioka and Toyomasa Katagiri : Early growth response 4 is involved in cell proliferation of small cell lung cancer through transcriptional activation of its downstream genes., PLoS ONE, Vol.9, No.11, e113606, 2014..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Taisuke Matsuo, Atsushi Yamamoto, Ryohei Yamagoshi, Kazuto Ohkura, Masatoshi Kataoka and Yasuo Shinohara : Immunoblotting with Peptide Antibodies: Differential Immunoreactivities Caused by Certain Amino Acid Substitutions in a Short Peptide and Possible Effects of Differential Refolding of the Peptide on a Nitrocellulose or PVDF Membrane., Methods in Molecular Biology, Vol.1348, 303-310, 2015..[著者] ...
閲覧 Namhee Kim, Tetsuro Yoshimaru, Yi-An Chen, Taisuke Matsuo, Masato Komatsu, Yasuo Miyoshi, Eiji Tanaka, Mitsunori Sasa, Kenji Mizuguchi and Toyomasa Katagiri : BIG3 Inhibits the Estrogen-Dependent Nuclear Translocation of PHB2 via Multiple Karyopherin-Alpha Proteins in Breast Cancer Cells., PLoS ONE, Vol.10, No.6, 2015..[著者] ...
閲覧 木村 竜一朗, 尾野 雅哉, 松尾 泰佑, 吉丸 哲郎, 三好 康雄, 笹 三徳, 片桐 豊雅 : 糖転移酵素GALNT6はガレクチン結合タンパク質1を糖鎖修飾し,乳癌発症を制御する, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月..[著者] ...
閲覧 木村 竜一朗, 松尾 泰佑, 尾野 雅哉, 吉丸 哲郎, 小松 正人, 本田 純子, 朴 在賢, 中村 祐輔, 笹 三徳, 三好 康雄, 片桐 豊雅 : ムチン型糖転移酵素GALNT6はLGALS3BPの糖鎖修飾を通じて乳癌発症を制御する., 第76回日本癌学会学術総会, 2017年9月..[著者] ...
閲覧 Ryuichiro Kimura, Tetsuro Yoshimaru, Yosuke Matsushita, Taisuke Matsuo, Masaya Ono, Jae-Hyun Park, Mitsunori Sasa, Yasuo Miyoshi, Yusuke Nakamura and Toyomasa Katagiri : The GALNT6‑LGALS3BP axis promotes breast cancer cell growth., International Journal of Oncology, Vol.56, No.2, 581-595, 2019..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.88, Max(EID) = 386186, Max(EOID) = 1046440.