『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 中瀧 理仁 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.精神医学]/[徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科.精神科神経科])

登録情報の数

有効な情報: 184件 + 無効な情報: 29件 = 全ての情報: 213件

全ての有効な情報 (184件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(184)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Shusuke Numata, Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Hongwei Song, Sumiko Tayoshi, Shinya Tayoshi, Masahito Nakataki, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takeda, Hiroshi Kunugi and Tetsuro Ohmori : Differential expression of Disrupted-In-Schizophrenia-1 (DISC1) in the peripheral leukocytes from schizophrenia and major depressive disorder, The 2nd Annual Meeting of Japanse Society of Schizophrenia Research, March 2007..[著者] ...
閲覧 Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, Sumiko Tayoshi, Sawako Kinouchi, Masahito Nakataki, Song Hongwei, Kazuhiko Hokoishi, Hirotaka Tanabe, Akira Sano and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of vascular endothelial growth factor in major depressive disorder, Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, Vol.31, No.3, 658-663, 2007..[著者] ...
閲覧 上野 修一, 伊賀 淳一, 沼田 周助, 宋 鴻偉, 田吉 伸哉, 中瀧 理仁, 山内 健, 大森 哲郎 : うつ病を遺伝子から考える, 精神神經學雜誌, Vol.109, No.9, 859-863, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Song Hongwei, Masahito Nakataki, Mitsuo Itakura, Akira Sano and Tetsuro Ohmori : Positive Association of The PDE4B (Phosphodiesterase 4B) gene with Schizophrenia in the Japanese Population, Neuroscience, San Diego, USA, Nov. 2007..[著者] ...
閲覧 Masahito Nakataki, Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, K Yamauchi, Shusuke Numata, S Tayoshi-Shibuya, S Kinouhci, H Song, K Hokoishi, H Tanabe, A Sano and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of vascular endothelial growth factor in major depressive disorder., Neuroscience, SanDiego, USA, Nov. 2007..[著者] ...
閲覧 Hongwei Song, Shu-ichi Ueno, Shusuke Numata, Junichi Iga, Sumiko Tayoshi, Masahito Nakataki, Shin'Ya Tayoshi, Ken Yamauchi, Satsuki Sumitani, Tomohito Tomotake, Tomohito Tada, Toshihito Tanahashi, Mitsuo Itakura and Tetsuro Ohmori : Association between PNPO and schizophrenia in the Japanese population, Schizophrenia Research, Vol.97, No.1-3, 264-270, 2007..[著者] ...
閲覧 Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, Sumiko Tayoshi-Shibuya, Sawako Kinouchi, Masahito Nakataki, Hongwei Song, Kazuhiko Hokoishi, Hirotaka Tanabe, Akira Sano and Tetsuro Ohmori : The Val66Met polymorphism of the brain-derived neurotrophic factor gene is associated with psychotic feature and suicidal behavior in Japanese major depressive patients, American Journal of Medical Genetics. Part B, Neuropsychiatric Genetics, Vol.144, No.8, 1003-1006, 2007..[著者] ...
閲覧 Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Masahito Nakataki, Toshihito Tanahashi, Mitsuo Itakura, Akira Sano, Kazutaka Ohi, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takada and Tetsuro Ohmori : No association between the NDE1 gene and schizophrenia in the Japanese population., Schizophrenia Research, Vol.99, No.1-3, 367-369, 2008..[著者] ...
閲覧 Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Hongwei Song, Masahito Nakataki, Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake, Mitsuo Itakura, Akira Sano and Tetsuro Ohmori : Positive association of the PDE4B (phosphodiesterase 4B) gene with schizophrenia in the Japanese population., Journal of Psychiatric Research, Vol.43, No.1, 7-12, 2008..[著者] ...
閲覧 Yoshinori Ueoka, Masahito Tomotake, Tsunehiko Tanaka, Yasuhiro Kaneda, Ken Yamauchi, Kyoko Taniguchi, Yumiko Takikawa, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Yumiko Izaki, Takashi Ohmori, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Predictors of objective quality of life in people with schizophrenia, XIV World Congress of Psychiatry, (巻), (号), (頁), (都市), Sep. 2008..[著者] ...
閲覧 Masahito Tomotake, Yoshinori Ueoka, Tsunehiko Tanaka, Yasuhiro Kaneda, Ken Yamauchi, Kyoko Taniguchi, Yumiko Takikawa, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Yumiko Izaki, Takashi Ohmori, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Subjective quality of life and cognitive function in people with schizophrenia, XIV World Congress of Psychiatry, (巻), (号), (頁), (都市), Sep. 2008..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁, 上野 修一, 沼田 周助, 伊賀 淳一, 田吉 伸哉, 田吉 純子, 宋 鴻偉, 棚橋 俊仁, 板倉 光夫, 大森 哲郎 : 統合失調症とRho-associated coiled-coil forming protein serine/threonine kinase1遺伝子の関連解析, 第30回日本生物学的精神医学会, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 沼田 周助, 中瀧 理仁, 伊賀 淳一, 棚橋 俊仁, 板倉 光夫, 上野 修一, 大森 哲郎 : 日本人におけるうつ病患者のPCNT2遺伝子関連解析, 第30回日本生物学的精神医学会, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 Yoshinori Ueoka, Masahito Tomotake, Tsunehiko Tanaka, Yasuhiro Kaneda, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Yumiko Izaki, Takashi Ohmori, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Relationship between cognitive function and clinical factors in people with schizophrenia, 第18回日本臨床精神神経薬理学会・第38回日本神経精神薬理学会合同年会, (巻), (号), (頁), Oct. 2008..[著者] ...
閲覧 Masahito Tomotake, Yoshinori Ueoka, Tsunehiko Tanaka, Yasuhiro Kaneda, Ken Yamauchi, Kyoko Taniguchi, Takikawa Yumiko, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Yumiko Izaki, Takashi Ohmori, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Quality of life and cognitive function in outpatients with schizophrenia, 第18回日本臨床精神神経薬理学会・第38回日本神経精神薬理学会合同年会, (巻), (号), (頁), Oct. 2008..[著者] ...
閲覧 沼田 周助, 中瀧 理仁, 伊賀 淳一, 田吉 伸哉, 谷口 京子, 住谷 さつき, 友竹 正人, : 大うつ病の末梢白血球におけるPDE4B遺伝子の発現と関連研究, 第41回精神神経系薬物治療研究報告会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 Shin'Ya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Kyoko Taniguchi, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Shusuke Numata, Jun-ichi Iga, Masahito Nakataki, Shu-ichi Ueno, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : Metabolite changes and gender differences in schizophrenia using 3-Tesla proton magnetic resonance spectroscopy (1H-MRS)., Schizophrenia Research, Vol.108, No.1-3, 69-77, 2008..[著者] ...
閲覧 Shusuke Numata, Junichi Iga, Masahito Nakataki, Shinya Tayoshi, Toshihito Tanahashi, Mitsuo Itakura, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Positive association of the pericentrin (PCNT) gene with major depressive disorder in the Japanese population., Journal of Psychiatry & Neuroscience, Vol.34, No.3, 195-198, 2009..[著者] ...
閲覧 Shusuke Numata, Junichi Iga, Masahito Nakataki, Shinya Tayoshi, Kyoko Taniguchi, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake, Toshihito Tanahashi, Mitsuo Itakura, Yoko Kamegaya, Masahiko Tsutsumi, Akira Sano, Takashi Asada, Hiroshi Kunugi, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analyses of the phosphodiesterase 4B (PDE4B) gene in major depressive disorder in the Japanese population., American Journal of Medical Genetics. Part B, Neuropsychiatric Genetics, Vol.150B, No.4, 527-534, 2009..[著者] ...
閲覧 Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Junichi Iga, Shin'ya Tayoshi, Sumiko Tayoshi-Shibuya, Hongwei Song, Toshihito Tanahashi, Mitsuo Itakura, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : No association between Rho-associated coiled-coil forming protein serine/threonine kinase1 gene and schizophrenia in the Japanese population., Psychiatric Genetics, Vol.19, No.3, 162, 2009..[著者] ...
閲覧 Yoshinori Ueoka, Masahito Tomotake, Tsunehiko Tanaka, Yasuhiro Kaneda, Masahito Nakataki, Satsuki Sumitani, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Quality of Life and Cognitive Dysfunction in People with Schizophrenia, The 1st Meeting of the Asian College of Neuropsychopharmacology, (巻), (号), (頁), (都市), Nov. 2009..[著者] ...
閲覧 Yoshinori Ueoka, Masahito Tomotake, Tsunehiko Tanaka, Yasuhiro Kaneda, Masahito Nakataki, Satsuki Sumitani, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Quality of Life and Cognitive Dysfunction in People with Schizophrenia, 第19回日本臨床精神神経薬理学会・第39回日本神経精神薬理学会合同年会, (巻), (号), (頁), Nov. 2009..[著者] ...
閲覧 Shusuke Numata, Masahito Nakataki, Junichi Iga, Toshihito Tanahashi, Yoshihiro Nakadoi, Kazutaka Ohi, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takeda, Mitsuo Itakura, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Association Study Between the Pericentrin (PCNT) Gene and Schizophrenia., NeuroMolecular Medicine, Vol.12, No.3, 243-247, 2009..[著者] ...
閲覧 Shinya Tayoshi, Masahito Nakataki, Satsuki Sumitani, Kyoko Taniguchi, Sumiko Tayoshi, Shusuke Numata, Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : GABA concentration in schizophrenia patients and the effects of antipsychotic medication: a proton magnetic resonance spectroscopy study., Schizophrenia Research, Vol.117, No.1, 83-91, 2010..[著者] ...
閲覧 Yoshinori Ueoka, Masahito Tomotake, Tsunehiko Tanaka, Yasuhiro Kaneda, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Takashi Ohmori, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Subjective Quality of Life and Cognitive Function in Outpatients with Schizophrenia, 第5回日本統合失調症学会, (巻), (号), (頁), March 2010..[著者] ...
閲覧 Shinya Watanabe, Junichi Iga, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Kumiko Kikuchi and Tetsuro Ohmori : Association study of cannabinoid receptor 1 gene and schizophrenia and body mass index in a Japanese population, XXVII CINP CONGRESS 2010 WORLD CONGRESS, Hong Kong, June 2010..[著者] ...
閲覧 Masahito Nakataki, Junichi Iga, Shusuke Numata, E Yoshimoto, K Kodera, Shinya Watanabe, H Song, S Ueno and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of the epithelial membrane protein 1 gene in major depressive disorder in the Japanese population, XXVII CINP CONGRESS 2010 WORLD CONGRESS, Hong Kong, June 2010..[著者] ...
閲覧 Junichi Iga, 菊地 久美子, Sumiko Tayoshi, Masahito Nakataki, Shinya Watanabe, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Effect of lithium on gene expression in leukocytes of healthy subjects., XXVII CINP CONGRESS 2010 WORLD CONGRESS, Hong Kong, June 2010..[著者] ...
閲覧 菊地 久美子, Junichi Iga, Shinya Tayoshi, Masahito Nakataki, Shinya Watanabe, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Lithium decreases VEGF mRNA expression in leukocytes of healthy subjects., XXVII CINP CONGRESS 2010 WORLD CONGRESS, Hong Kong, June 2010..[著者] ...
閲覧 伊賀 淳一, 菊地 久美子, 中瀧 理仁, 渡部 真也, 沼田 周助, 大森 哲郎 : Lithium decreases VEGF mRNA expression in leukocytes of healthy subjects and bipolar patients, 第20回日本臨床精神神経薬理学会, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 福田 正人, 高橋 英彦, 岡田 剛, 中瀧 理仁, 滝沢 龍, 中村 元昭 : 脳画像から見た精神薬理-マクロとミクロの接点, 第20回日本臨床精神神経薬理学会, (巻), (号), (頁), 2010年9月..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁, 大森 哲郎 : 統合失調症研究におけるMRS, 第32回日本生物学的精神医学会, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁, 田吉 伸哉, 大森 哲郎 : 画像研究は統合失調症の病態をどこまで明らかにしたか?, 第32回日本生物学的精神医学会, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 渡部 真也, 伊賀 淳一, 中瀧 理仁, 菊地 久美子, 大森 哲郎 : 日本人におけるcannabinoid receptor1 遺伝子多型とbody mass index,および統合失語症との関連研究, 第32回日本生物学的精神医学会, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁, 沼田 周助, 山内 健, 元木 洋介, 宇山 環奈, 青野 成孝, 富永 武男, 兼田 康宏, 大森 哲郎 : 初発,再発の統合失調症患者におけるアリピプラゾールの有用性の検討 多施設共同臨床研究, 第20回日本臨床精神神経薬理学会, 2010年(99月)..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁, 久保 弘子, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : MRSを用いた統合失調症研究, 精神科治療学, Vol.26, No.11, 1427-1433, 2011年(0月)..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁, 大森 哲郎 : 精神科領域における画像診断の展望 精神疾患とMRS, 最新精神医学, Vol.16, No.3, 303-309, 2011年(0月)..[著者] ...
閲覧 Yoshinori Ueoka, Masahito Tomotake, Tsunehiko Tanaka, Yasuhiro Kaneda, Kyoko Taniguchi, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Shinya Tayoshi, Ken Yamauchi, Satsuki Sumitani, Takashi Ohmori, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Quality of life and cognitive dysfunction in people with schizophrenia, Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, Vol.35, No.1, 53-59, 2011..[著者] ...
閲覧 Masahito Nakataki, Junichi Iga, Shusuke Numata, Eriko Yoshimoto, Kanami Kodera, Shinya Watanabe, Hongwei Song, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of the epithelial membrane protein 1 gene in major depressive disorder in the Japanese population., Neuroscience Letters, Vol.489, No.2, 126-130, 2011..[著者] ...
閲覧 住谷 さつき, 田吉 伸哉, 中瀧 理仁, 大森 哲郎 : 高磁場MRSを用いた非侵襲的脳内代謝物質測定による統合失調症アミノ酸仮説の検討, 第7回統合失調症研究会, 2011年2月..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁 : てんかん, 株式会社 中外医学社, (都市), 2011年3月..[著者] ...
閲覧 Junichi Iga, 菊地 久美子, Shinya Tayoshi, Masahito Nakataki, Shinya Watanabe, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : SOCS3, a candidate gene for the molecular effects of lithium and pathophysiology of MDD, 10th World Conbress of Biological Psychiatry, (巻), (号), (頁), Prague, Czech Republic, May 2011..[著者] ...
閲覧 Shinya Watanabe, Junichi Iga, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, 菊地 久美子 and Tetsuro Ohmori : Association study of fat-mass and obesity-associated(FTO) gene and body mass index in a Japanese schizophrenia and healthy Japanese population, 10th World Conbress of Biological Psychiatry, (巻), (号), (頁), Prague, Czech Republic, May 2011..[著者] ...
閲覧 Masahito Nakataki, Shinya Tayoshi, Hiroko Kubo, Junichi Iga, Shinya Watanabe, Satsuki Sumitani, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : Amino acid neurotransmission in schizophrenia patients and the effects of antipsychotic medication: A proton magnetic resonance spectroscopy study, 10th World Conbress of Biological Psychiatry, (巻), (号), (頁), Prague, Czech Republic, June 2011..[著者] ...
閲覧 Kumiko Kikuchi, Junichi Iga, Sumiko Tayoshi, Masahito Nakataki, Shinya Watanabe, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Lithium decreases VEGF mRNA expression in leukocytes of healthy subjects and patients with bipolar disorder., Human Psychopharmacology, Vol.26, No.4-5, 358-363, 2011..[著者] ...
閲覧 渡部 真也, 伊賀 淳一, 中瀧 理仁, 沼田 周助, 菊地 久美子, 大森 哲郎 : 統合失調症患者と健常対象者におけるFTO遺伝子とbody mass indexとの関連研究, 第21回日本臨床精神神経薬理学会, 2011年10月..[著者] ...
閲覧 伊賀 淳一, 菊池 久美子, 田吉 純子, 中瀧 理仁, 渡部 真也, 沼田 周助, 大森 哲郎 : SOCS3遺伝子はリチウムの作用機序とうつ病の病態における候補遺伝子である, 第21回日本臨床精神神経薬理学会, 2011年10月..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁, 久保 弘子, 伊賀 淳一, 渡部 真也, 住谷 さつき, 原田 雅史, 大森 哲郎 : 統合失調症患者におけるアミノ酸神経伝達が抗精神病薬から受ける影響 1H-MRS(proton magnetic resonance spectroscopy)を用いた検討, 第21回日本臨床精神神経薬理学会・第41回日本神経精神薬理学会合同年会, (巻), (号), (頁), 2011年10月..[著者] ...
閲覧 木下 誠, 中瀧 理仁, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 両側視床下核深部脳刺激術を施行され左側電極Onによってうつ状態から躁状態に転じたパーキンソン病の一例, 第52回中国・四国精神神経学会, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[著者] ...
閲覧 福間 亮介, 中瀧 理仁, 伊賀 淳一, 大森 哲郎 : 重篤な遅発性ジストニアを持つ統合失調症患者へclozapineを用いた一例, 第52回中国・四国精神神経学会, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[著者] ...
閲覧 森垣 龍馬, 瓦井 俊孝, 中瀧 理仁, 伊賀 淳一, 佐光 亘, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 後藤 惠, 梶 龍兒 : X-linked dystonia-parkinsonism患者の臨床症状の検討, 機能的脳神経外科, Vol.50, 150-153, 2011年..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁, 大森 哲郎 : 興奮性アミノ酸仮説に基づく統合失調症の薬物療法の試み NMDA受容体フルアゴニスト(グリシン,D-セリン,D-アラニン)の臨床エビデンス, 臨床精神薬理, Vol.15, No.5, 679-686, 2012年..[著者] ...
閲覧 木下 誠, 中瀧 理仁, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 両側視床下核深部脳刺激術を施行され左側電極Onによってうつ状態から躁状態に転じたパーキンソン病の一例, 精神神經學雜誌, Vol.114, No.4, 468, 2012年..[著者] ...
閲覧 Masahito Nakataki, Satsuki Sumitani, Hiroko Kubo, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : Caudate asymmetry in obesessive compulsive disorder: A voxel based morphometry study, 28th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology, Stockholm, June 2012..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁, 大森 哲郎 : 統合失調症患者におけるグルタミン酸・GABAの動態, 第34回日本生物学的精神医学会, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[著者] ...
閲覧 木下 誠, 中瀧 理仁, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 片側電極のOn-Offによって躁状態とうつ状態を呈した両側STN-DBSを施行されたパーキンソン病の一例, 第34回日本生物学的精神医学会, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[著者] ...
閲覧 Tsunehiko Tanaka, Masahito Tomotake, Yoshinori Ueoka, Yasuhiro Kaneda, Kyoko Taniguchi, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Shinya Tayoshi, Ken Yamauchi, Satsuki Sumitani, Takashi Ohmori, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Clinical correlates associated with cognitive dysfunction in people with schizophrenia., Psychiatry and Clinical Neurosciences, Vol.66, No.6, 491-498, 2012..[著者] ...
閲覧 伊賀 淳一, 渡部 真也, 西 晃, 沼田 周助, 木下 誠, 中瀧 理仁, 大森 哲郎 : 白血球遺伝子発現を指標としたリチウムの精神薬理学的研究, 第22回日本臨床精神神経薬理学会, (巻), (号), (頁), 2012年10月..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁, 渡部 真也, 福間 亮介, 伊賀 淳一, 大森 哲郎 : クロザピンにより薬剤性ジストニアが改善した2症例, 第22回日本臨床精神神経薬理学会・第42回日本神経精神薬理学会合同年会, (巻), (号), (頁), 2012年10月..[著者] ...
閲覧 古本 哲朗, 長井 幸二郎, 山田 諭, 柴田 恵理子, 岸 史, 岸 誠司, 松浦 元一, 美馬 晶, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 竹内 理沙, 野田 康裕, 小林 誠司, 近田 優介, (著者), 高松 愛子, 山田 香苗, 長江 雄浩, 中瀧 理仁 : 血液透析によってリチウム中毒による意識障害の改善をみた1症例, 第43回徳島透析療法研究会, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 Shinya Watanabe, Junichi Iga, Shusuke Numata, Masahito Nakataki, Toshihito Tanahashi, Mitsuo Itakura and Tetsuro Ohmori : Association Study of Fat-mass and Obesity-associated Gene and Body Mass Index in Japanese Patients with Schizophrenia and Healthy Subjects., Clinical Psychopharmacology and Neuroscience, Vol.10, No.3, 185-189, 2012..[著者] ...
閲覧 Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, S Shimodera, S Ono, A Imamura, Junichi Iga, Shinya Watanabe, Kumiko Kikuchi, Hiroko Kubo, Masahito Nakataki, Satsuki Sumitani, Issei Imoto, Y Okazaki and Tetsuro Ohmori : DNA Methylation Signatures of Peripheral Leukocytes in Schizophrenia., NeuroMolecular Medicine, Vol.Mar;15, No.1, 95-101, 2013..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁, 大森 哲郎 : アミノ酸神経伝達物質と精神疾患 統合失調症患者におけるグルタミン酸・GABAの動態, 日本生物学的精神医学会誌, Vol.24, No.3, 145-152, 2013年(0月)..[著者] ...
閲覧 森垣 龍馬, 中瀧 理仁, 伊賀 淳一, 瓦井 俊孝, 牟礼 英生, 溝渕 佳史, 大北 真哉, 大森 哲郎, 永廣 信治, 後藤 惠, 梶 龍兒 : X-linked dystonia-parkinsonismのうつ症状, 第52回日本定位・機能神経外科学会, 2013年1月..[著者] ...
閲覧 Ryoma Morigaki, Masahito Nakataki, Toshitaka Kawarai, Lillian V. Lee, Rosalia A. Teleg, Ma Daisy P. Tabuena, Hideo Mure, Wataru Sako, Paul Matthew D. Pasco, Shinji Nagahiro, Junichi Iga, Tetsuro Ohmori, Satoshi Goto and Ryuji Kaji : Depression in X-linked dystonia-parkinsonism:A case-control study, Parkinsonism & Related Disorders, Vol.19, No.9, 844-846, 2013..[著者] ...
閲覧 Junichi Iga, Shinya Watanabe, Akira Nishi, Shusuke Numata, Makoto Kinoshita, Kumiko Kikuchi, Masahito Nakataki and Tetsuro Ohmori : Microarray analysis of the leukocyte global gene expression profile following lithium treatment., Neuro 2013(第36回日本神経科学大会・第56回日本神経化学会大会・第23回日本神経回路学会大会, (巻), (号), (頁), June 2013..[著者] ...
閲覧 Masahito Nakataki, Satsuki Sumitani, Hiroko Kubo, Shusuke Numata, Junichi Iga, Shinya Watanabe, Makoto Kinoshita, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : Structural brain asymmetry in obsessive-compulsive disorder., 11th world congress of biological psychiatry, Kyoto, June 2013..[著者] ...
閲覧 Masahito Nakataki, M Harada and Tetsuro Ohmori : Glutamate and GABA concentrations in schizophrenia patients and the effects of antipsychotic medication: results from proton magnetic resonance spectroscopy studies., The 3rd Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology, China, Sep. 2013..[著者] ...
閲覧 Shinya Watanabe, Junichi Iga, Akira Nishi, Shusuke Numata, Makoto Kinoshita, K Kikuchi, Masahito Nakataki and Tetsuro Ohmori : Microarray analysis of global gene expression in leukocytes following lithium treatment., Human Psychopharmacology, Vol.29, No.2, 190-198, 2014..[著者] ...
閲覧 久保 弘子, 中瀧 理仁, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : MRSによる双極性障害におけるリチウムの作用の検討., 第24回日本臨床精神神経薬理学会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁 : 今さら聞けないこの言葉 NMDA受容体, 精神科臨床サービス, Vol.15, No.2, 238-239, 2015年(0月)..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁, 渡部 真也 : てんかん, 株式会社 中外医学社, (都市), 2015年6月..[著者] ...
閲覧 LM Soravia, JS Witmer, S Schwab, Masahito Nakataki, T Dierks, R Wiest, K Henke, A Federspiel and K Jann : Prestimulus default mode activity influences depth of processing and recognition in an emotional memory task., Human Brain Mapping, Vol.37, No.3, 924-932, 2016..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁 : CHAPTER 11 てんかん, 株式会社 中外医学社, (都市), 2016年6月..[著者] ...
閲覧 Hidehiro Umehara, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Akira Nishi, Masahito Nakataki, Issei Imoto, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : Calcium Signaling Pathway Is Associated with the Long-Term Clinical Response to Selective Serotonin Reuptake Inhibitors (SSRI) and SSRI with Antipsychotics in Patients with Obsessive-Compulsive Disorder., PLoS ONE, Vol.11, No.6, e0157232., 2016..[著者] ...
閲覧 Tomoya Takeda, Satsuki Sumitani, Masahito Nakataki, Sayo Hamatani, Y Yokose, M Shikata and Tetsuro Ohmori : Relationship between WAIS- and AQ in Japanese ASD patients with average intelligence quotient., 31st International Congress of Psychology, Tokyo, July 2016..[著者] ...
閲覧 大田 将史, 中瀧 理仁, 田丸 麻衣, 久保 弘子, 中山 千明, 船越 康宏, 上里 彰仁, 沼田 周助, 伊賀 淳一, 住谷 さつき, 原田 雅史, 西川 徹, 大森 哲郎 : D-サイクロセリンにより治療された統合失調症患者における内側前頭前皮質の機能的統合安静時fMRI研究, 第46回日本神経精神薬理学会, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 Masahito Nakataki, Soravia M. Leila, Schwab Simon, Horn Helge, Dierks Thomas, Strik Werner, Wiest Roland, Heinrichs Markus, Quervain J.-F. de Dominique, Federspiel Andrea and Morishima Yosuke : Glucocorticoid administration improves aberrant fear processing networks in spider phobia, CINP 2016, Seoul, July 2016..[著者] ...
閲覧 Masashi Ohta, Y Funakoshi, Masafumi Harada, Junichi Iga, Hiroko Kubo, Masahito Nakataki, C Nakayama, T Nishikawa, Shusuke Numata, Tetsuro Ohmori, Satsuki Sumitani, M Tamaru and A. Uezato : Structural and functional brain alterations in schizophrenia patients treated with D-cycloserine:a combination of VBM and resting-state functional connectivity study., 30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology, Seoul, July 2016..[著者] ...
閲覧 LM Soravia, A Orosz, S Schwab, Masahito Nakataki, R Wiest and A Federspiel : CBT reduces CBF: cognitive-behavioral therapy reduces cerebral blood flow in fear-relevant brain regions in spider phobia., Brain and Behavior, Vol.6, No.9, e00510, 2016..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁 : 神経回路機能異常 -病態と治療- シンポジウム 恐怖症患者の神経ネットワーク異常とコルチゾール投与による変化, 第59回脳循環代謝学会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 久保 弘子, 中瀧 理仁, 住谷 さつき, 原田 雅史, 大森 哲郎 : MRSを用いた気分安定薬服用中の双極性障害患者におけるグルタミン酸神経伝達の異常, 第26回日本臨床精神神経薬理学会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 Masahito Nakataki, Leila M Soravia, Simon Schwab, Helge Horn, Thomas Dierks, Werner Strik, Roland Wiest, Markus Heinrichs, Dominique de J-F Quervain, Andrea Federspiel and Yosuke Morishima : Glucocorticoid Administration Improves Aberrant Fear-Processing Networks in Spider Phobia., Neuropsychopharmacology, Vol.42, No.2, 485-494, 2017..[著者] ...
閲覧 Hiroko Kubo, Masahito Nakataki, Satsuki Sumitani, Junichi Iga, Shusuke Numata, Naomi Kameoka, Shinya Watanabe, Hidehiro Umehara, Makoto Kinoshita, Masatoshi Inoshita, Mai Tamaru, Masashi Ohta, Chiaki Nakayama-Yamauchi, Yasuhiro Funakoshi, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : 1H-magnetic resonance spectroscopy study of glutamate-related abnormality in bipolar disorder., Journal of Affective Disorders, Vol.208, 139-144, 2017..[著者] ...
閲覧 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 大森 哲郎 : 結論への飛躍バイアスや決断への自信と認知機能との関連, 第3回CEPD研究会, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 Masatoshi Inoshita, Makoto Kinoshita, Hidehiro Umehara, Masahito Nakataki, Atsushi Tajima, 池田 匡志, 丸山 惣一郎, 山森 英長, 金沢 徹文, 下寺 信次, 橋本 亮太, Issei Imoto, 米田 博, 岩田 仲生, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : C-reactive protein and schizophrenia; A Mendelian Randomization approach., 第12回日本統合失調症学会, March 2017..[著者] ...
閲覧 梅原 英裕, 渡部 真也, 木下 誠, 富岡 有紀子, 中瀧 理仁, 畠山 豊, 中原 潔, 二川 健, 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病のメタボローム解析, 第2回メタボローム解析シンポジウム, 2017年6月..[著者] ...
閲覧 Kazuo Takiguchi, Akihito Uezato, Michio Itasaka, Hidenori Atsuta, Kenji Narushima, Naoki Yamamoto, Akeo Kurumaji, Makoto Tomita, Kazunari Oshima, Kosaku Shoda, Mai Tamaru, Masahito Nakataki, Mitsutoshi Okazaki, Sayuri Ishiwata, Yasuyoshi Ishiwata, Masato Yasuhara, Kunimasa Arima, Tetsuro Ohmori and Toru Nishikawa : Association of schizophrenia onset age and white matter integrity with treatment effect of D-cycloserine: a randomized placebo-controlled double-blind crossover study., BMC Psychiatry, Vol.17, No.1, 249, 2017..[著者] ...
閲覧 Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, Hamatani Sayo, Matsuura Kanae and Tetsuro Ohmori : The effect of negative thoughts on QOL in patients with schizophrenia., The 45th BABCP Annual Workshops and Conference, Manchester, July 2017..[著者] ...
閲覧 松浦 可苗, 濱谷 沙世, 武田 知也, 中瀧 理仁, 大森 哲郎 : ASD精査目的で行われたWAIS-ⅢとPARS-TRとの関連, 第81回日本心理学会, 2017年9月..[著者] ...
閲覧 Kristoffer Daniel Fehér, Masahito Nakataki and Yosuke Morishima : Phase-Dependent Modulation of Signal Transmission in Cortical Networks through tACS-Induced Neural Oscillations., Frontiers in Human Neuroscience, Vol.11, 471, 2017..[著者] ...
閲覧 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 大森 哲郎 : 統合失調症患者における神経認知機能を媒介した脳灰白質体積とQOLの関連., 第39回日本生物学的精神医学会, 2017年9月..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁, Leila M. Soravia, Simon Schwab, Helge Horn, Thomas Dierks, Werner Strik, Roland Wiest, Markus Heinrichs, Dominique J.-F. de Quervain, Andrea Federspiel, 森島 洋介 : クモ恐怖症患者の恐怖刺激の処理に関与する神経ネットワークにおけるグルココルチコイドの効果, 第39回日本生物学的精神医学会, 2017年9月..[著者] ...
閲覧 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 中瀧 理仁, 里見 淳一郎, 梶 龍兒, 後藤 惠, 永廣 信治 : ジストニアDBS治療におけるチーム医療の重要性 -徳島大学での取り組み-, 日本脳神経外科学会 第76回学術総会, (巻), (号), (頁), 2017年10月..[著者] ...
閲覧 梅原 英裕, 渡部 真也, 木下 誠, 富岡 有紀子, 中瀧 理仁, 畠山 豊, 中原 潔, 二川 健, 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病における血漿グルタミン,グルタミン酸,グルタミン/グルタミン酸比, 第27回日本臨床精神神経薬理学会, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 大森 哲郎 : Jumping to conclusionバイアスと認知機能との関連, 第17回精神疾患と認知機能研究会, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 多田 幸雄, 宮崎 厚子, 加藤 美玲, 門田 芳, 谷口 早紀, 中瀧 理仁, 亀岡 尚美, 伊賀 淳一, 大森 哲郎 : がん患者を対象とした心理士による心理相談と,精神科によるリエゾン診療, 第58回中国・四国精神神経学会, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 中瀧 理仁, 岡久 哲也, 加藤 真介, 梶 龍兒, 髙木 康志, 永廣 信治, 後藤 惠 : ジストニアDBS治療における多職種連携, 機能的脳神経外科, Vol.57, 35-39, 2018年..[著者] ...
閲覧 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 中瀧 理仁, 岡久 哲也, 髙木 康志, 梶 龍兒, 永廣 信治, 後藤 惠 : ジストニアDBS治療における多職種連携, 第57回日本定位・機能神経外科学会, 2018年1月..[著者] ...
閲覧 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 中瀧 理仁, 髙木 康志, 梶 龍兒, 永廣 信治, 後藤 惠 : ジストニアDBS治療における多職種連携., 第57回日本定位・機能神経外科学会, (巻), (号), (頁), 2018年1月..[著者] ...
閲覧 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 吉田 玲於奈, 亀岡 尚美, 富永 武男, 坂本 新介, 梅原 英裕, 木下 誠, 久保 弘子, 渡部 真也, 沼田 周助, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 統合失調症患者における神経認知機能と否定的・肯定的認知の関連., 第4回CEPD会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 吉田 玲於奈, 亀岡 尚美, 富永 武男, 坂本 新介, 梅原 英裕, 木下 誠, 久保 弘子, 渡部 真也, 沼田 周助, 住谷 さつき, 大森 哲郎 : 統合失調症患者の否定的・肯定的自動思考と臨床要因との関連, 第13回統合失調症学会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 大田 将史, 中瀧 理仁, 住谷 さつき, 沼田 周助, 伊賀 淳一, 久保 弘子, 田丸 麻衣, 中山 千明, 船越 康宏, 上里 彰仁, 原田 雅史, 西川 徹, 大森 哲郎 : D-サイクロセリンにより治療された統合失調症患者における脳構造的および機能的結合性変化 VBMと安静時fMRIによるコンビネーション研究., 第13回日本統合失調症学会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 富岡 有紀子, 沼田 周助, 木下 誠, 梅原 英裕, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 岩山 佳美, 豊田 倫子, 池田 匡志, 山森 英長, 下寺 信次, 田嶋 敦, 橋本 亮太, 岩田 仲生, 吉川 武男, 大森 哲郎 : 血清ピリドキサール(ビタミンB6)と統合失調症の関連研究, 第13回日本統合失調症学会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 Masatoshi Inoshita, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Makoto Kinoshita, Yukiko Tomioka, Atsushi Tajima, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Elevated peripheral blood glutamate levels in major depressive disorder., Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.14, 945-953, 2018..[著者] ...
閲覧 Yukiko Tomioka, Shusuke Numata, Makoto Kinoshita, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Y Iwayama, T Toyota, M Ikeda, H Yamamori, S Shimodera, A Tajima, R Hashimoto, N Iwata, T Yoshikawa and Tetsuro Ohmori : Decreased serum pyridoxal levels in schizophrenia: meta-analysis and Mendelian randomization analysis., Journal of Psychiatry & Neuroscience, Vol.43, No.3, 194-200, 2018..[著者] ...
閲覧 Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, Sayo Hamatani, Kanae Matsuura and Tetsuro Ohmori : Effect of cognitive function on jumping to conclusion in patients with schizophrenia., Schizophrenia Research. Cognition, Vol.12, 50-55, 2018..[著者] ...
閲覧 Masashi Ohta, Masahito Nakataki, Tomoya Takeda, Shusuke Numata, Takeo Tominaga, Naomi Kameoka, Hiroko Kubo, Makoto Kinoshita, K Matsuura, M Otomo, N Takeichi, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : Structural equation modeling approach between salience network dysfunction, depressed mood, and subjective quality of life in schizophrenia: an ICA resting-state fMRI study., Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.14, 1585-1597, 2018..[著者] ...
閲覧 大田 将史, 中瀧 理仁, 武田 知也, 沼田 周助, 富永 武男, 亀岡 尚美, 久保 弘子, 木下 誠, 松浦 可苗, 大友 真姫, 武市 直也, 原田 雅史, 大森 哲郎 : 統合失調症におけるSalience Network機能障害,抑うつ気分,および主観的QOLの因果関係., 第114回日本精神神経学会学術総会, 2018年6月..[著者] ...
閲覧 Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, Hamatani Sayo, Matsuura Kanae, Yoshida Reona and Tetsuro Ohmori : Relationship clinical variables and positive self-thought in patients with schizophrenia., The 46th BABCP Annual Workshops and Conference, Glasgow, Scotland., July 2018..[著者] ...
閲覧 梅原 英裕, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病の末梢白血球におけるSGK1遺伝子発現, 第15回日本うつ病学会総会, 2018年7月..[著者] ...
閲覧 井下 真利, 梅原 英裕, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 木下 誠, 富岡 有紀子, 田嶋 敦, 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病患者の末梢血グルタミン酸濃度のメタ解析, 第15回日本うつ病学会総会, 2018年7月..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁, 久保 弘子, 住谷 さつき, 沼田 周助, 亀岡 尚美, 渡部 真也, 梅原 英裕, 大田 将史, 原田 雅史, 大森 哲郎 : 双極性障害患者におけるアミノ酸系神経伝達物質の異常, 第15回日本うつ病学会総会, 2018年7月..[著者] ...
閲覧 LM Soravia, S Schwab, N Weber, Masahito Nakataki, R Wiest, W Strik, M Heinrichs, D Quervain de and A. Federspiel : Glucocorticoid administration restores salience network activity in patients with spider phobia., Depression and Anxiety, Vol.35, No.10, 925-934, 2018..[著者] ...
閲覧 Takeo Tominaga, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Yoshinori Ueoka, Tsunehiko Tanaka, Shinya Watanabe, Naomi Kameoka, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Yumiko Izaki, Satsuki Sumitani, hiroko Kubo, Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Relationship between social and cognitive functions in people with schizophrenia, Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.14, 2215-2224, 2018..[著者] ...
閲覧 Masahito Nakataki : 1H-magnetic resonance spectroscopy study of Glutamate-related abnormality in bipolar disorder, WFSBP Asia Pacific Regional Congress of Biological Psychiatry, Kobe, Sep. 2018..[著者] ...
閲覧 Yukiko Tomioka, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Masuda Rumiko, Kazuaki Mawatari, Takeshi Nikawa, Akira Takahashi, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Altered plasma metabolites related to one-carbon metabolism in schizophrenia., WFSBP Asia Pacific Regional Congress of Biological Psychiatry, Kobe, Sep. 2018..[著者] ...
閲覧 松浦 可苗, 武田 知也, 吉田 玲於奈, 中瀧 理仁, 大森 哲郎 : 徳島大学病院精神科で実施された心理検査の変遷, 日本心理学会第82回大会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 大森 哲郎 : 統合失調症患者における自己に関する認知と主観的・客観的QOLとの関連., 第18回精神疾患と認知機能研究会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 Makoto Kinoshita, Masahito Nakataki, Ryoma Morigaki, Satsuki Sumitani, Satoshi Goto, Ryuji Kaji and Tetsuro Ohmori : Turning on the Left Side Electrode Changed Depressive State to Manic State in a Parkinson's Disease Patient Who Received Bilateral Subthalamic Nucleus Deep Brain Stimulation: A Case Report., Clinical Psychopharmacology and Neuroscience, Vol.16, No.4, 494-496, 2018..[著者] ...
閲覧 Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, S Hamatani, K Matsuura, R Yoshida, Naomi Kameoka, Takeo Tominaga, Hidehiro Umehara, Makoto Kinoshita, Shinya Watanabe, Shusuke Numata, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : Negative and positive self-thoughts predict subjective quality of life in people with schizophrenia., Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.15, 293-301, 2019..[著者] ...
閲覧 Chikako Kane, Masahito Tomotake, Hamatani Sayo, Shin-ichi Chiba, Naomi Kameoka, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Clinical factors influencing resilience in patients with anorexia nervosa, Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.15, 391-395, 2019..[著者] ...
閲覧 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 大森 哲郎 : 統合失調症患者における結論への飛躍バイアスと神経認知,社会認知との関連, 第10回脳科学クラスター・ミニリトリート, 2019年2月..[著者] ...
閲覧 富岡 有紀子, 中瀧 理仁, 梅原 英裕, 渡部 真也, 沼田 周助, 大森 哲郎 : 統合失調症患者における血清葉酸濃度の検討, 第14回日本統合失調症学会, 2019年4月..[著者] ...
閲覧 富永 武男, 沼田 周助, 中瀧 理仁, 渡部 真也, 亀岡 尚美, 大森 哲郎 : 徳島大学 精神医学教室の研究:認知機能・QOL, 第115回日本精神神経学会学術総会, 2019年6月..[著者] ...
閲覧 中山 知彦, 吉田 朋広, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 沼田 周助, 大森 哲郎 : 治療に難渋し,三環系抗うつ薬で改善がみられた反復性うつ病の1例, 第115回日本精神神経学会学術総会, 2019年6月..[著者] ...
閲覧 青井 駿, 梅原 英裕, 郷司 彩, 東田 義広, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 沼田 周助, 大森 哲郎 : 感冒症状後にチック症状と強迫症状の出現増悪を認め,PANDASが疑われた1例, 第115回日本精神神経学会学術総会, 2019年6月..[著者] ...
閲覧 木下 誠, 梅原 英裕, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 田嶋 敦, 沼田 周助, 大森 哲郎 : 統合失調症における網羅的血漿ホモシステイン濃度関連遺伝子同定研究, 第41回日本生物学的精神医学会, 2019年6月..[著者] ...
閲覧 梅原 英裕, 戸田 裕之, 斎藤 拓, 中瀧 理仁, 沼田 周助, 大森 哲郎 : うつ病患者における養育環境のDNAメチル化修飾への影響の検討, 第16回日本うつ病学会総会, 2019年7月..[著者] ...
閲覧 中山 知彦, 江戸 宏彰, 吉田 朋広, 松本 唯, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 沼田 周助, 大森 哲郎 : 電気けいれん療法で改善せず,ノルトリプチリンが奏功した反復性うつ病の2症例, 第16回日本うつ病学会総会, 2019年7月..[著者] ...
閲覧 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 松浦 可苗, 吉田 玲於奈, 大森 哲郎 : 因子分析を用いた統合失調症の神経認知機能と社会認知の検討, 日本心理学会第83回大会, 2019年9月..[著者] ...
閲覧 井上 麻由, 上田 美香, 加地 剛, 黒濱 綾子, 田山 正伸, 中川 竜二, 中瀧 理仁, 橋本 公子, 橋本 直子, 春名 充, 前川 正彦, 松下 由喜代, 宮上 和美, 米谷 直人, 苛原 稔, 葉久 真理 : 徳島県妊産婦メンタルケア対策 早期発見と支援のポイント(解説), 徳島産婦人科医報, No.52, 130-149, 2019年..[著者] ...
閲覧 Masashi Ohta, Masahito Nakataki, Tomoya Takeda, Shusuke Numata, Takeo Tominaga, Naomi Kameoka, Hiroko Kubo, Makoto Kinoshita, Matsuura Kanae, Maki Ohtomo, Takeichi Naoya, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : Causal relationship between salience network dysfunction, depressed mood, and subjective quality of life in schizophrenia., 6th Congress of AsCNP Asian College of Neuropsychopharmacology, Fukuoka, Oct. 2019..[著者] ...
閲覧 Shinya Watanabe, Hidehiro Umehara, Yukiko Tomioka, Makoto Kinoshita, Masahito Nakataki, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Effects of processing conditions on plasma L-glutamate levels in non-psychiatric healthy subjects., 6th Congress of AsCNP Asian College of Neuropsychopharmacology, Fukuoka, Oct. 2019..[著者] ...
閲覧 多田 恵曜, 東田 好広, 中瀧 理仁, 藤原 敏孝, 森 達夫, 郷司 彩, 飯田 幸治, 森 健治, 髙木 康志 : 徳島県におけるてんかん地域診療連携整備事業の紹介, 第53回日本てんかん学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2019年10月..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁, 江戸 宏彰, 多田 恵曜, 東田 好広, 藤原 敏孝, 森 達夫, 郷司 彩, 森 健治, 大森 哲郎 : てんかん発作や精神症状と関連しない生活の質, 第53回日本てんかん学会学術集会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 宮本 亮介, 藤田 浩司, 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 中瀧 理仁, 和泉 唯信, 後藤 惠, 梶 龍兒 : ヒステリー性麻痺の臨床診断と電気生理 心因性運動障害の診断 心因性ジストニアを中心に, 第49回日本臨床神経生理学会学術大会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 松田 拓, 森垣 龍馬, 牟礼 英生, 中瀧 理仁, 山本 陽子, 豊田 直人, 後藤 惠, 髙木 康志 : ジストニアと強迫性障害の関係についての検討, 機能的脳神経外科, (巻), (号), 130, 2020年1月..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁 : 精神疾患と自殺予防, めんたるへるす, No.68, 6-10, 2020年2月..[著者] ...
閲覧 多田 恵曜, 東田 好広, 中瀧 理仁, 藤原 敏孝, 森 達夫, 郷司 彩, 飯田 幸治, 森 健治, 髙木 康志 : 徳島県におけるてんかん地域診療連携整備事業の活動状況, 第7回全国てんかんセンター協議会広島大会, (巻), (号), (頁), 2020年2月..[著者] ...
閲覧 Takeo Tominaga, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Yoshinori Ueoka, Tsunehiko Tanaka, Shinya Watanabe, Naomi Kameoka, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Yumiko Izaki, Satsuki Sumitani, Hiroko Kubo, Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Predictors of life skills in people with schizophrenia, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.67, No.1,2, 75-82, 2020..[著者] ...
閲覧 S Schwab, A Federspiel, Y Morishima, Masahito Nakataki, W Strik, R Wiest, M Heinrichs, D Quervain de and LM Soravia : Glucocorticoids and cortical decoding in the phobic brain., Psychiatry Research. Neuroimaging, Vol.31, No.300, 111066, 2020..[著者] ...
閲覧 D Koshiyama, M Fukunaga, N Okada, K Morita, K Nemoto, K Usui, H Yamamori, Y Yasuda, M Fujimoto, N Kudo, H Azechi, Y Watanabe, N Hashimoto, H Narita, I Kusumi, K Ohi, T Shimada, Y Kataoka, M Yamamoto, N Ozaki, G Okada, Y Okamoto, K Harada, K Matsuo, H Yamasue, O Abe, R Hashimoto, T Takahashi, T Hori, Masahito Nakataki, T Onitsuka, L Holleran, N Jahanshad, TGM Erp van, J Turner, G Donohoe, PM Thompson, K Kasai and R Hashimoto : White matter microstructural alterations across four major psychiatric disorders: mega-analysis study in 2937 individuals., Molecular Psychiatry, Vol.25, No.4, 883-895, 2020..[著者] ...
閲覧 Yukiko Tomioka, Makoto Kinoshita, Hidehiro Umehara, Tomohiko Nakayama, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Association between serum folate levels and schizophrenia based on sex., Psychiatry and Clinical Neurosciences, Vol.74, No.9, 466-471, 2020..[著者] ...
閲覧 沼田 周助, 中瀧 理仁, 長谷川 尚美, 枝川 令音, 江戸 宏彰, 三浦 健一郎, 松本 純弥, 稲田 健, 渡邊 衡一郎, 橋本 亮太 : 統合失調症とうつ病に対する治療ガイドライン教育プロジェクト(EGUIDEプロジェクト)におけるガイドライン理解度向上の取り組みとその結果, 第50回日本神経精神薬理学会年会, 2020年8月..[著者] ...
閲覧 宮本 亮介, 黒田 一駿, 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 中瀧 理仁, 大崎 裕亮, 和泉 唯信, 後藤 惠, 梶 龍兒 : 18p-症候群に伴う全身性ジストニアに対し,GPi-DBSが効果的であった一例, 第61回日本神経学会学術大会, 2020年8月..[著者] ...
閲覧 Ryoma Morigaki, Ryosuke Miyamoto, Hideo Mure, Koji Fujita, Taku Matsuda, Yoko Yamamoto, Masahito Nakataki, Tetsuya Okahisa, Yuki Matsumoto, Kazuhisa Miyake, Nobuaki Yamamoto, Ryuji Kaji, Yasushi Takagi and Satoshi Goto : Can Pallidal Deep Brain Stimulation Rescue Borderline Dystonia? Possible Coexistence of Functional (Psychogenic) and Organic Components., Brain Sciences, Vol.10, No.9, 636, 2020..[著者] ...
閲覧 中山 知彦, 梅原 英裕, 富岡 有紀子, 上敷領 俊晴, 淵上 学, 岡田 剛, 増田 瑠見子, 馬渡 一諭, 中瀧 理仁, 沼田 周助, 髙橋 章, 岡本 泰昌, 大森 哲郎 : うつ病におけるキヌレニン経路の変化, 第5回メタボロームシンポジウム, 2020年12月..[著者] ...
閲覧 Chigusa Uchiumi, Hiroshi Kato, Motohiro Ishida, Masahito Nakataki and Tetsuro Ohmori : Peritraumatic reactions, PTSD symptoms, and pain : A study of train disasters in Japan., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.68, No.1.2, 85-89, 2021..[著者] ...
閲覧 Chise Ueoka, Masahito Nakataki, Yoshinori Ueoka, Atsuko Miyazaki, Saki Taniguchi and Tetsuro Ohmori : An attempt to analyze the longitudinal psychological state of cancer patients in the active treatment stage., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.68, No.1.2, 148-153, 2021..[著者] ...
閲覧 沼田 周助, 中瀧 理仁, 長谷川 尚美, 枝川 令音, 江戸 宏彰, 三浦 健一郎, 松本 純弥, 稲田 健, 渡邊 衡一郎, 橋本 亮太 : ガイドラインの理解度向上の取り組み, 第30回日本臨床精神神経薬理学会学術総会, 2021年1月..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁 : 診療と検査, 株式会社 中外医学社, (都市), 2021年1月..[著者] ...
閲覧 森垣 龍馬, 牟礼 英生, 松田 拓, 三宅 一央, 宮本 亮介, 藤田 浩司, 中瀧 理仁, 梶 龍兒, 髙木 康志, 後藤 惠 : 機能ー器質ボーダーラインジストニアに対する脳深部刺激療法, 第60回 日本定位・機能神経外科学会, 2021年1月..[著者] ...
閲覧 中山 知彦, 梅原 英裕, 富岡 有紀子, 上敷領 俊晴, 淵上 学, 岡田 剛, 増田 瑠見子, 馬渡 一諭, 中瀧 理仁, 沼田 周助, 髙橋 章, 岡本 泰昌, 大森 哲郎 : うつ病におけるキヌレニン経路の変化, 第12回脳科学クラスターミニリトリート, 2021年2月..[著者] ...
閲覧 Tomohiko Nakayama, Hiroaki Edo, Yoshida Tomohiro, Matsumoto Yui, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori : Nortriptyline Therapy of Treatment-Resistant Depression: two case reports, The CINP 2021 Virtual World Congress, Online, Feb. 2021..[著者] ...
閲覧 Shusuke Numata, Masahito Nakataki, Naomi Hasegawa, Yoshikazu Takaesu, Masahiro Takeshima, Toshiaki Onitsuka, Toshinori Nakamura, Reon Edagawa, Hiroaki Edo, Kenichiro Miura, Junya Matsumoto, Norio Yasui-Furukori, Taishiro Kishimoto, Hikaru Hori, Takashi Tsuboi, Yuka Yasuda, Ryuji Furihata, Hiroyuki Muraoka, Shinichiro Ochi, Tatsuya Nagasawa, Yoshitaka Kyou, Atsunobu Murata, Eiichi Katsumoto, Kazutaka Ohi, Akitoyo Hishimoto, Ken Inada, Koichiro Watanabe and Ryota Hashimoto : Improvements in the degree of understanding the treatment guidelines for schizophrenia and major depressive disorder in a nationwide dissemination and implementation study., Neuropsychopharmacology Reports, Vol.41, No.2, 199-206, 2021..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁 : 認知症患者における睡眠障害のケア, 第11回日本脳血管・認知症学会総会, 2021年8月..[著者] ...
閲覧 中山 知彦, 梅原 英裕, 富岡 有紀子, 上敷領 俊晴, 淵上 学, 岡田 剛, 増田 瑠見子, 馬渡 一諭, 中瀧 理仁, 沼田 周助, 髙橋 章, 岡本 泰昌, 大森 哲郎 : うつ病におけるキヌレニン経路の変化, 第40回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会, 2021年10月..[著者] ...
閲覧 松田 拓, 森垣 龍馬, 松元 友暉, 牟礼 英生, 三宅 一央, 中瀧 理仁, 髙木 康志 : 全身性ジストニアの重症度と強迫観念の関係性についての検討, 日本脳神経外科学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2021年10月..[著者] ...
閲覧 青木 真理子, 中山 知彦, 富岡 有紀子, 木下 誠, 中瀧 理仁, 沼田 周助 : 診断に苦慮した遅発緊張病の一例, 第61回中国・四国精神神経学会, 2021年11月..[著者] ...
閲覧 吉田 結理, 江戸 宏彰, 木下 誠, 中瀧 理仁, 沼田 周助 : 電気けいれん療法を施行した遅発性ジストニアを伴う治療抵抗性統合失調症の1症例, 第61回中国・四国精神神経学会, 2021年11月..[著者] ...
閲覧 六車 隆太郎, 多田 紗彩, 中山 知彦, 木下 誠, 中瀧 理仁, 沼田 周助 : うつ病の治療経過中にパーキンソン病の併存が明らかになった1症例, 【第61回中国・四国精神神経学会, 2021年11月..[著者] ...
閲覧 (種別) : D Kristoffer Fehér, Masahito Nakataki and Yosuke Morishima : Phase-Synchronized Transcranial Alternating Current Stimulation-Induced Neural Oscillations Modulate Cortico-Cortical Signaling Efficacy., Brain Connectivity, Vol.12, No.5, 443-453, (発行所), (都市), (month)2022..[著者] ...
閲覧 中山 知彦, 富岡 有紀子, 山田 直輝, 梅原 英裕, 木下 誠, 中瀧 理仁, 沼田 周助 : 臨床現場におけるたとえ話, 精神科治療学, Vol.37, No.7, 745-749, 2022年(0月)..[著者] ...
閲覧 松田 拓, 森垣 龍馬, 松元 友暉, 牟礼 英生, 三宅 一央, 中瀧 理仁, 原田 雅史, 髙木 康志 : 全身性ジストニアと強迫性障害の重症度についての検討, 第61回日本定位・機能神経外科学会, 2022年1月..[著者] ...
閲覧 松田 拓, 森垣 龍馬, 松元 友暉, 牟礼 英生, 三宅 一央, 中瀧 理仁, 原田 雅史, 髙木 康志 : 全身性ジストニアと強迫性障害の重症度についての検討, 日本定位・機能神経外科学会機関紙, 2022年1月..[著者] ...
閲覧 中山 知彦, 梅原 英裕, 富岡 有紀子, 上敷領 俊晴, 淵上 学, 岡田 剛, 増田 瑠見子, 馬渡 一諭, 中瀧 理仁, 髙橋 章, 岡本 泰昌, 沼田 周助 : 双極性障害における血中代謝物の変化, 第13回脳科学クラスターミニリトリート, 2022年2月..[著者] ...
閲覧 多田 恵曜, 中瀧 理仁, 森 達夫, 藤原 敏孝, 郷司 彩, 山﨑 博輝, 高尾 里沙, 泉 千恵, 多田 雅美, 安部 修司, 森 健治 : 今後の徳島県におけるてんかん地域診療連携整備事業の展望について, 第9回全国てんかんセンター協議会総会, 2022年3月..[著者] ...
閲覧 高尾 里沙, 多田 雅美, 安部 修司, 中瀧 理仁, 森 達夫, 藤原 敏孝, 多田 恵曜, 山﨑 博輝, 森 健治 : てんかん相談における徳島県の現状の把握と今後の課題., 第9回 全国てんかんセンター協議会総会 鹿児島大会, 2022年3月..[著者] ...
閲覧 Kazuyoshi Ogasawara, Shusuke Numata, Naomi Hasegawa, Masahito Nakataki, Manabu Makinodan, Kazutaka Ohi, Masahiro Takeshima, Takashi Tsuboi, Naoki Hashimoto, Toshiaki Onitsuka, Hiroyuki Muraoka, Hikaru Hori, Kayo Ichihashi, Takahiko Inagaki, Norio Yasui-Furukori, Akitoyo Hishimoto, Nobuhiro Sugiyama, Kentaro Fukumoto, Tatsuya Nagasawa, Junya Matsumoto, Yoshikazu Takaesu, Ryuji Furihata, Kiyotaka Nemoto, Toshinori Nakamura, Masahide Usami, Kenichiro Miura, Michiko Fujimoto, Hiromi Tagata, Hisashi Yamada, Hiroshi Komatsu, Shinichiro Ochi, Kiyokazu Atake, Eiichi Katsumoto, Mikio Kido, Taishiro Kishimoto, Taro Suwa, Satoshi Yamamura, Junichi Iga, Hitoshi Iida, Ken Inada, Koichiro Watanabe and Ryota Hashimoto : Subjective assessment of participants in education programs on clinical practice guidelines in the field of psychiatry., Neuropsychopharmacology Reports, Vol.42, No.2, 221-225, 2022..[著者] ...
閲覧 富岡 有紀子, 木下 誠, 中山 知彦, 梅原 英裕, 中瀧 理仁, 沼田 周助 : 統合失調症患者におけるDNMT1と3aの遺伝子発現量の検討, 第16回日本統合失調症学会, 2022年3月..[著者] ...
閲覧 (種別) : Chika Sumiyoshi, Kazutaka Ohi, Haruo Fujino, Hidenaga Yamamori, Michiko Fujimoto, Yuka Yasuda, Yota Uno, Junichi Takahashi, Kentaro Morita, Asuka Katsuki, Maeri Yamamoto, Yuko Okahisa, Ayumi Sata, Eiichi Katsumoto, Michihiko Koeda, Yoji Hirano, Masahito Nakataki, Junya Matsumoto, Kenichiro Miura, Naoki Hashimoto, Manabu Makinodan, Tsutomu Takahashi, Kiyotaka Nemoto, Toshifumi Kishimoto, Michio Suzuki, Tomiki Sumiyoshi and Ryota Hashimoto : Transdiagnostic comparisons of intellectual abilities and work outcome in patients with mental disorders: multicentre study., BJPsych Open, Vol.8, No.4, (頁), (発行所), (都市), June 2022..[著者] ...
閲覧 中山 知彦, 六車 隆太郎, 多田 紗彩, 高原 実香, 宮本 亮介, 中瀧 理仁, 和泉 唯信, 沼田 周助 : 難治性うつ病として治療中にレビー小体病が明らかとなった1症例, 第22回日本早期認知症学会学術大会, 2022年9月..[著者] ...
閲覧 森垣 龍馬, 三宅 一央, 松田 拓, 宮本 亮介, 和泉 唯信, 中瀧 理仁, 髙木 康志 : 機能性要素を合併したジストニアへの手術加療, 日本脳神経外科学会第81回学術総会, 2022年9月..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁, 山田 直輝, 原田 紗希, 沼田 周助 : 希死念慮が急性期ACP(Advance Care Planning)に影響した一症例, 第35回日本総合病院精神医学会総会, 2022年10月..[著者] ...
閲覧 花田 直子, 松本 直樹, 木下 誠, 中瀧 理仁, 沼田 周助, 大森 隆史 : 電気痙攣療法が奏功した卵巣奇形腫を伴う抗NMDA受容体脳炎の1例, 第62回中国・四国精神神経学会, 2022年11月..[著者] ...
閲覧 前田 拓也, 花田 直子, 岡田 朝美, 小谷 裕美子, 木下 誠, 中瀧 理仁, 沼田 周助 : 先天性ホモシスチン尿症に器質性双極性感情障害を来した一症例, 第62回中国・四国精神神経学会, 2022年11月..[著者] ...
閲覧 増田 太利志, 青井 駿, 木下 誠, 中瀧 理仁, 沼田 周助 : 生理的分泌物のステロイド補充によりステロイド精神病を来した一例, 第62回中国・四国精神神経学会, 2022年11月..[著者] ...
閲覧 Taku Matsuda, Ryoma Morigaki, Yuki Matsumoto, Hideo Mure, Kazuhisa Miyake, Masahito Nakataki, Masafumi Harada and Yasushi Takagi : Obsessivecompulsive symptoms are negatively correlated with motor severity in patients with generalized dystonia, Scientific Reports, Vol.12, No.1, 20350, 2022..[著者] ...
閲覧 森垣 龍馬, 三宅 一央, 松田 拓, 小山 広士, 宮本 亮介, 和泉 唯信, 中瀧 理仁, 梶 龍兒, 後藤 惠, 髙木 康志 : 機能性要素を合併したジストニア症例への手術加療をどう考えるか, 第62回 日本定位・機能神経外科学会, 2023年1月..[著者] ...
閲覧 多田 恵曜, 中瀧 理仁, 森 達夫, 藤原 敏孝, 郷司 彩, 山﨑 博輝, 泉 千恵, 高尾 里沙, 多田 雅美, 阿部 修司, 森 健治, 髙木 康志 : 地方におけるてんかん支援拠点病院の役割, 第10回全国てんかんセンター協議会, 2023年2月..[著者] ...
閲覧 森 達夫, 多田 恵曜, 中瀧 理仁, 田山 貴広, 郷司 彩, 東田 好広, 藤原 敏孝, 山﨑 博輝, 森 健治 : 徳島大学病院てんかんセンターにおけるトランジションの現状と今後の課題, 第10回 全国てんかんセンター協議会総会 栃木大会 2023, (頁), 2023年3月..[著者] ...
閲覧 橋本 直樹, 根本 清貴, 福永 雅喜, 松本 純弥, 三浦 健一郎, 岡田 直大, 森田 健太郎, 越山 太輔, 大井 一高, 高橋 努肥, 田 道彦, 山森 英長, 藤本 美智子, 安田 由華, 長谷川 尚美, 伊藤 颯姫, 成田 尚, 横山 仁史, 三嶋 亮, 河島 孝彦, 小林 祐子, 笹林 大樹, 原田 健一郎, 山本 真江里, 平野 羊嗣, 板橋 貴史, 中瀧 理仁, 橋本 龍一郎, タ キンキン, 小池 進介, 松原 敏郎, 岡田 剛, 吉村 玲児, 阿部 修, 鬼塚 俊明, 渡邊 嘉之, 松尾 幸治, 山末 英典, 岡本 泰昌, 鈴木 道雄, 尾崎 紀夫, 笠井 清登, 橋本 亮太 : 脳構造画像を用いた統合失調症らしさのメガアナライシス, 第17回日本統合失調症学会, 2023年3月..[著者] ...
閲覧 多田 恵曜, 藤原 敏孝, 泉 千恵, 福田 直也, 中瀧 理仁, 森 達夫, 山﨑 博輝, 髙木 康志 : 「誰も取り残さない」てんかんの医療費助成・福祉サービスの提供, 第56回日本てんかん学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2023年10月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 3.59, Max(EID) = 405255, Max(EOID) = 1099163.