『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 玉木 克佳

登録情報の数

有効な情報: 16件 + 無効な情報: 19件 = 全ての情報: 35件

全ての有効な情報 (16件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(16)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Huiwei Huang, Jianghong He, Ying Yuan, Eriko Aoyagi, Hidetaka Takenaka, Tatuzo Itagaki, Katsutaka Sannomiya, Katsuyoshi Tamaki, Nagakatsu Harada, Masayuki Shono, Ichiro Shimizu and Tetsuji Takayama : Opposing effects of estradiol and progesterone on the oxidative stress-induced production of chemokine and proinflammatory cytokines in murine peritoneal macrophages., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1-2, 133-141, 2008..[著者] ...
閲覧 Ying Yuan, Ichiro Shimizu, Mi Shen, Eriko Aoyagi, Hidetaka Takenaka, Tatuzo Itagaki, Mari Urata, Katsutaka Sannnomiya, Nao Kohno, Katsuyoshi Tamaki, Masayuki Shono and Tetsuji Takayama : Effects of estradiol and progesterone on the proinflammatory cytokine production by mononuclear cells from patients with chronic hepatitis C., World Journal of Gastroenterology : WJG, Vol.14, No.14, 2200-2207, 2008..[著者] ...
閲覧 Masayuki Shono, Ichiro Shimizu, Eriko Aoyagi, Tatsuya Taniguchi, Hidetaka Takenaka, Momoko Ishikawa, Mari Urata, Katsutaka Sannomiya, Katsuyoshi Tamaki, Nagakatsu Harada, Yutaka Nakaya and Tetsuji Takayama : Reducing Effect of Feeding Powdered Nacre of Pinctada maxima on the Visceral Fat of Rats, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.72, No.10, 2761-2763, 2008..[著者] ...
閲覧 T Goji, Seisuke Okamura, H Takeuchi, Tetsuo Kimura, Shinji Kitamura, Katsuyoshi Tamaki, Koichi Okamoto, Masako Kaji, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, J Shunto and Tetsuji Takayama : Migrated Endoclip and Stone Formation after Cholecystectomy: A Case Treated by Endoscopic Sphincterotomy, Internal Medicine, Vol.48, No.23, 2015-2017, 2009..[著者] ...
閲覧 (種別) : 岡村 和美, 渡邊 浩良, 鈴江 真史, 井上 奈巳, 阪田 美穂, 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 早渕 康信, 清水 真樹, 玉木 克佳, 香美 祥二 : Fontan術後の肝過形成の2例, 小児がん, Vol.47, 306, (発行所), (都市), 2010年(0月)..[著者] ...
閲覧 居村 暁, 島田 光生, 斎藤 裕, 岩橋 衆一, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 三宅 秀則, 玉木 克佳, 高山 哲治 : HCV関連肝癌治療後の再発予防を目的としたPEG/Rib併用療法の有効性の検討, 第46回 日本肝癌研究会, 2010年7月..[著者] ...
閲覧 谷口 達哉, 竹中 英喬, 田中 貴大, 友成 哲, 原田 利枝, 佐藤 桃子, 玉木 克佳, 三宮 勝隆, 小田島 進, 梶本 真弓美, 青柳 えりこ, 高山 哲治 : 肝細胞癌におけるDCP産生はプロトロンビン遺伝子の過剰発現によっておこる, 第69回日本癌学会学術総会 がん征圧へ向けての知の統合, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 竹内 尚, 岡久 稔也, 梶 雅子, 玉木 克佳, 井上 篤, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 岡村 誠介, 仁木 美也子, 高山 哲治 : 放射線性直腸炎の発生機序の解析, 第48回日本癌治療学会学術集会,京都, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 岡村 和美, 渡邊 浩良, 鈴江 真史, 井上 奈巳, 香美 祥二, 清水 真樹, 玉木 克佳 : Fontan 術後の肝過形成の1例, 第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 岡村 和美, 渡邊 浩良, 鈴江 真史, 井上 奈巳, 阪田 美穂, 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 早渕 康信, 清水 真樹, 玉木 克佳, 香美 祥二 : Fontan術後の肝過形成の2例, 第52回日本小児血液学会・第26回日本小児がん学会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 Hidetaka Takenaka, Katsuyoshi Tamaki, Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Rie Harada, Katsutaka Sannomiya, Momoko Sato, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura and Tetsuji Takayama : Radiofrequency ablation using a balloon catheter for hepatocellular carcinoma adjacent to the gastrointestinal tract:Experimental and Clinical Study, Digestive Disease Week 2011, Chicago, Chicago, May 2011..[著者] ...
閲覧 田中 貴大, 谷口 達哉, 友成 哲, 原田 利枝, 竹中 英喬, 佐藤 桃子, 三宮 勝隆, 玉木 克佳, 高山 哲治 : 改良型PIVKA-Ⅱ測定試薬「NX-PVKA」の有用性の検討, JDDW2011,第19回日本消化器関連学会週間, 2011年10月..[著者] ...
閲覧 谷口 達哉, 竹中 英喬, 田中 貴大, 友成 哲, 原田 利枝, 佐藤 桃子, 三宮 勝隆, 玉木 克佳, 高山 哲治 : 肝細胞癌におけるPIVKA-Ⅱ産生はプロトロンビン遺伝子の過剰発現によっておこる, JDDW2011,第19回日本消化器関連学会週間, 2011年10月..[著者] ...
閲覧 田中 貴大, 谷口 達哉, 田中 宏典, 友成 哲, 原田 利枝, 竹中 英喬, 佐藤 桃子, 三宮 勝隆, 玉木 克佳, 高山 哲治 : 改良型PIVKA-Ⅱ測定試薬「NX-PVKA」の有用性の検討, 第48回日本肝臓学会総会, 2012年6月..[著者] ...
閲覧 Takahiro Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Katsutaka Sannomiya, Hidetaka Takenaka, Tetsu Tomonari, Koichi Okamoto, Shinji Kitamura, Toshiya Okahisa, Katsuyoshi Tamaki, Hiroaki Mikasa, Sadao Suzuki and Tetsuji Takayama : Novel des-γ-carboxy prothrombin in serum for the diagnosis of hepatocellular carcinoma., Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.28, No.8, 1348-1355, 2013..[著者] ...
閲覧 田中 宏典, 谷口 達哉, 田中 貴大, 友成 哲, 高岡 遠, 原田 利枝, 佐藤 桃子, 玉木 克佳, 三宮 勝隆, 高山 哲治 : 高度進行肝細胞癌に対する放射線併用動注化学療法の有用性, 第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013,第17回日本肝臓学会大会, 2013年10月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 1.78, Max(EID) = 377543, Max(EOID) = 1010521.