『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 北海道大学

登録情報の数

有効な情報: 24件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 24件

全ての有効な情報 (24件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(6)
閲覧 閲覧 大阪市立大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(6)
閲覧 閲覧 独立行政法人 物質·材料研究機構 …(1)
閲覧 閲覧 北海道大学 …(20)
閲覧 閲覧 和歌山大学 …(2)
閲覧 (未定義) …(2)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Kozo Matsumoto : Radiation effects on the structure of posterior silkgland ribosomes in vitro., Japanese journal of veterinary research, Vol.20, No.3, 83, 1972..[発行所] ...
閲覧 濱田 治良 : 明暗対比誘導に関する模型構成および心理物理学的研究, 博士論文(北海道大学·文学博士), No.1557, 1-202, 1980年..[発行所] ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : Science Vocabulary Needs Assessment and Introduction, Language and Culture, (巻), No.28, 211-222, 1994..[組織]+[発行所] ...
閲覧 Atsushi Mori, Minoru Maruyama and Yoshinori Furukawa : Second-Order Expansion of Gibbs-Thomson Equation and Melting Point Depression of Ice Crystallite, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.65, No.9, 2742-2744, 1996..[組織] ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : An Analysis of the Hausa Aspect System Using Ronald Langacker's Article ``Nouns and Verbs., Language and Culture, (巻), No.32, 171-181, 1997..[組織] ...
閲覧 Christopher Lytle Glick, Mark Holst and Joseph Tomei : English Communication Skills for Japanese Medical Students, --- A Course Description ---, Journal of Higher Education and Lifelong Learning, (巻), No.4, 40-44, 1998..[組織] ...
閲覧 Christopher Lytle Glick and Holst Mark : English on Call : Communicative Medical English, Hokkaido University, Sapporo, April 1998..[発行所] ...
閲覧 Tetsuro Ohmori, Kouichi Ito, Tomohiro Abekawa and Tsukasa Koyama : Psychotic relapse and maintenance therapy in paranoid schizophrenia:a 15 year follow up, European Archives of Psychiatry and Clinical Neuroscience, Vol.249, (号), 73-78, 1999..[組織] ...
閲覧 Tetsuro Ohmori, Tomohiro Abekawa and Tsukasa Koyama : Context determines the type of sensitized behaviour:a brief review and a hypothesis on the role of environment in behavioural sensitization., Behavioural Pharmacology, Vol.11, No.3·4, 211-221, 2000..[組織] ...
閲覧 野口 昌幸, 小畑 利之 : インスリン情報伝達におけるTCL-1の役割, 実験医学, Vol.18, No.19, 2691-2694, 2000年12月..[組織] ...
閲覧 Edigius Vanagas, Ye Jia-yu, Masafumi Miwa, Saulius Juodkazis and Hiroaki Misawa : Three dimensional recording in glass, Proceedings of the Third International WLT-Conference on Lasers in Manufacturing 2005, (巻), (号), (頁), ミュンヘン, (month)2005..[組織] ...
閲覧 Saulius Juodkazis, Mizeikis Vygantas, Seet K, Masafumi Miwa and Hiroaki Misawa : Two-photon lithography of nanorods in SU-8 photoresist, Nanotechnology, Vol.16, No.6, 846-849, 2005..[組織] ...
閲覧 森 篤史, 墻内 孝祐, 古川 雄一郎, 湯浅 元明, 古川 英光 : 磁場中で調製したゲルの構造異方性, 高分子学会年次大会予稿集, Vol.56, No.1, 874, 2007年5月..[組織] ...
閲覧 森 篤史, 墻内 孝祐, 古川 英光 : 磁場中で調製したシリカゲルの構造異方性, 日本物理学会講演概要集, Vol.62, No.2, 379, 2007年9月..[組織] ...
閲覧 森 篤史, 墻内 孝祐, 古川 英光 : 磁場中で調製したシリカゲルの構造異方性, 第57回高分子学会年次大会予稿集, Vol.57, No.1, 1002, 2008年5月..[組織] ...
閲覧 森 篤史, 墻内 孝祐, 古川 英光, 山登 正文 : 磁場中で調製した鉛をドープしたシリカゲルの構造異方性, 日本物理学会講演概要集, Vol.62, No.2, 379, 2008年9月..[組織] ...
閲覧 Yoshio Ohashi, Teruki Motohashi, Yuji Masubuchi, Toshihiro Moriga, Kei-ichiro Murai and Shinichi Kikkawa : Preparation, crystal structure, and superconductive characteristics of new oxynitrides (Nb1-xMx)(N1-yOy) where M=Mg, Si, and x~y, Journal of Solid State Chemistry, Vol.184, No.8, 2061-2065, 2011..[組織] ...
閲覧 寺尾 純二 : 食品ポリフェノールの吸収代謝と血管機能, オールジャパン「食と健康」シンポジウム, 2013年6月..[発行所] ...
閲覧 Sho Kawakami, Atsushi Mori, Ken Nagashima, Shuichi Hashimoto, Masanobu Haraguchi and Tsutomu Sawada : Observation of nanostructure for hybrid plasmonic-photonic crystal formed on gel-immobilized colloidal crystal, International Forum on Advanced Technologies IFAT2015 Proceedings, (巻), (号), 140-142, Tokushima, March 2015..[組織] ...
閲覧 Sho Kawakami, Atsushi Mori, Ken Nagashima, Shuichi Hashimoto and Masanobu Haraguchi : Nanostrucure for Hybrid Plasmonic-Potonic Crystal Formed on Gel-Immobilized Colloidal Crystal Observer by AFM after Drying, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.89, No.3, 385-393, 2016..[組織] ...
閲覧 Sho Kawakami, Atsushi Mori, Ken Nagashima, Shuichi Hashimoto, Masanobu Haraguchi and Toshihiro Okamoto : Nanostructure for Hybrid Plasmonic-Photonic Crystal Formed on Gel-Immobilized Colloidal Crystal Observed by SEM after Solvent Exchange, 18th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy, (巻), (号), (頁), Nagoya, Aug. 2016..[組織] ...
閲覧 大沼 正樹 : 平均曲率方程式の半連続粘性解に対する強比較原理, 偏微分方程式の最大値原理とその周辺 2, (巻), (号), (頁), 2017年3月..[発行所] ...
閲覧 Sho Kawakami, Atsushi Mori, Ken Nagashima, Masanobu Haraguchi and Toshihiro Okamoto : Hybrid plasmonic-photonic crystal formed on gel-immobilized colloidal crystal via solvent substitution, Journal of Crystal Growth, Vol.468, No.1, 740-743, 2017..[組織] ...
閲覧 白根 竹人 : Galois covers of graphs and embedded topology of plane curves, 幾何学コロキウム, (巻), (号), (頁), 2018年6月..[発行所] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.81, Max(EID) = 382171, Max(EOID) = 1020891.