『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 大森 隆史

登録情報の数

有効な情報: 13件 + 無効な情報: 5件 = 全ての情報: 18件

全ての有効な情報 (13件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(13)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Yoshinori Ueoka, Masahito Tomotake, Tsunehiko Tanaka, Yasuhiro Kaneda, Ken Yamauchi, Kyoko Taniguchi, Yumiko Takikawa, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Yumiko Izaki, Takashi Ohmori, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Predictors of objective quality of life in people with schizophrenia, XIV World Congress of Psychiatry, (巻), (号), (頁), (都市), Sep. 2008..[著者] ...
閲覧 Masahito Tomotake, Yoshinori Ueoka, Tsunehiko Tanaka, Yasuhiro Kaneda, Ken Yamauchi, Kyoko Taniguchi, Yumiko Takikawa, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Yumiko Izaki, Takashi Ohmori, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Subjective quality of life and cognitive function in people with schizophrenia, XIV World Congress of Psychiatry, (巻), (号), (頁), (都市), Sep. 2008..[著者] ...
閲覧 Yoshinori Ueoka, Masahito Tomotake, Tsunehiko Tanaka, Yasuhiro Kaneda, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Yumiko Izaki, Takashi Ohmori, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Relationship between cognitive function and clinical factors in people with schizophrenia, 第18回日本臨床精神神経薬理学会・第38回日本神経精神薬理学会合同年会, (巻), (号), (頁), Oct. 2008..[著者] ...
閲覧 Masahito Tomotake, Yoshinori Ueoka, Tsunehiko Tanaka, Yasuhiro Kaneda, Ken Yamauchi, Kyoko Taniguchi, Takikawa Yumiko, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Yumiko Izaki, Takashi Ohmori, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Quality of life and cognitive function in outpatients with schizophrenia, 第18回日本臨床精神神経薬理学会・第38回日本神経精神薬理学会合同年会, (巻), (号), (頁), Oct. 2008..[著者] ...
閲覧 富永 武男, 中村 公哉, 田吉 伸哉, 大森 隆史, 大森 哲郎 : 緊張病状態を繰り返す高齢女性患者に対する維持修正電気けいれん療法の実施経験, 精神神経学雑誌, Vol.112, No.8, 821-822, 2010年..[著者] ...
閲覧 富永 武男, 中村 公哉, 田吉 伸哉, 大森 隆史, 大森 哲郎 : 高齢女性の遅発緊張病患者に対する維持修正電気けいれん療法の実施経験, 精神神経学雑誌 2010特別, S310, 2010年..[著者] ...
閲覧 Yoshinori Ueoka, Masahito Tomotake, Tsunehiko Tanaka, Yasuhiro Kaneda, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Takashi Ohmori, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Subjective Quality of Life and Cognitive Function in Outpatients with Schizophrenia, 第5回日本統合失調症学会, (巻), (号), (頁), March 2010..[著者] ...
閲覧 井下 真利, 亀岡 尚美, 大森 隆史, 大森 哲郎 : セロトニン症候群との鑑別が困難であった悪性症候群の1例, 第51回中国・四国精神神経学会, (巻), (号), (頁), 2010年11月..[著者] ...
閲覧 Yoshinori Ueoka, Masahito Tomotake, Tsunehiko Tanaka, Yasuhiro Kaneda, Kyoko Taniguchi, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Shinya Tayoshi, Ken Yamauchi, Satsuki Sumitani, Takashi Ohmori, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Quality of life and cognitive dysfunction in people with schizophrenia, Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, Vol.35, No.1, 53-59, 2011..[著者] ...
閲覧 Tsunehiko Tanaka, Masahito Tomotake, Yoshinori Ueoka, Yasuhiro Kaneda, Kyoko Taniguchi, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Shinya Tayoshi, Ken Yamauchi, Satsuki Sumitani, Takashi Ohmori, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Clinical correlates associated with cognitive dysfunction in people with schizophrenia., Psychiatry and Clinical Neurosciences, Vol.66, No.6, 491-498, 2012..[著者] ...
閲覧 大森 隆史, 長江 雄浩, 大田 将史, 松本 直樹, 橋本 直子, 多田 幸雄, 中平 仁 : アリピプラゾールが奏功したコタール症候群の1例, 徳島県立中央病院医学雑誌, Vol.35, 57-59, 2014年..[著者] ...
閲覧 安藝 浩史, 上野 修一, 大森 隆史, 亀岡 尚美 : 認知症, 株式会社 中外医学社, (都市), 2015年6月..[著者] ...
閲覧 大森 哲郎, 大森 隆史 : 会長副会長講演 精神科医療と研修のハブとして, 第28回総合病院精神医学会総会, 2015年11月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.61, Max(EID) = 377912, Max(EOID) = 1011280.