『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 材料 ([日本材料学会])

登録情報の数

有効な情報: 102件 + 無効な情報: 5件 = 全ての情報: 107件

全ての有効な情報 (102件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(85)
閲覧 閲覧 熊本大学 …(1)
閲覧 閲覧 独立行政法人 産業技術総合研究所 …(2)
閲覧 閲覧 徳島県 …(2)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(85)
閲覧 閲覧 日本材料学会 …(2)
閲覧 (未定義) …(6)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 英 崇夫, 福良 二郎, 藤原 晴夫 : ディフラクトメータによる粗大結晶粒材のX線応力測定法, 材料, Vol.16, No.171, 948-953, 1967年..[誌名] ...
閲覧 英 崇夫, 藤原 晴夫 : X線によるステンレス·クラッド鋼の残留応力測定, 材料, Vol.19, No.207, 1022-1027, 1970年..[誌名] ...
閲覧 秋園 幸一, 村上 理一, 竹ノ内 省一 : 低温における衝撃疲労き裂進展挙動, --- 旧オーステナイト粒径を変えたSCM3の焼入れ·焼もどし材の場合 ---, 材料, Vol.29, No.321, 585-591, 1980年..[誌名] ...
閲覧 村上 理一, 秋園 幸一 : 高強度鋼の下限界値近傍における疲労き裂進展挙動に及ぼす旧オーステナイト粒径及び応力比の影響, 材料, Vol.29, No.325, 1011-1017, 1980年..[誌名] ...
閲覧 英 崇夫 : 急激な応力こう配のあるときのX線的残留応力解析における重み付き平均解析法の理論, 材料, Vol.30, No.330, 247-253, 1981年..[誌名] ...
閲覧 英 崇夫, 藤原 晴夫 : X線的残留応力解析における重み付き平均解析法の実験的検討, 材料, Vol.30, No.330, 254-260, 1981年..[誌名] ...
閲覧 英 崇夫, 藤原 晴夫 : 有向性加工層のX線的応力測定におけるψスプリットと微視的残留応力について, 材料, Vol.31, No.342, 227-233, 1982年..[誌名] ...
閲覧 村上 理一, 秋園 幸一 : 高強度鋼の衝撃疲労及び衝撃でない疲労のき裂進展速度の比較について-衝撃負荷と応力比及び強度レベルの関係-, 材料, Vol.31, No.346, 690-696, 1982年..[誌名] ...
閲覧 英 崇夫, 藤原 晴夫 : 研削·切削加工層の微視的せん断残留応力の組織依存性について, 材料, Vol.32, No.354, 245-250, 1983年..[誌名] ...
閲覧 村上 理一, 中根 康治, 秋園 幸一 : 黄銅の下限界値および低疲労き裂進展速度に及ぼす結晶粒径の影響, 材料, Vol.32, No.355, 389-394, 1983年..[誌名] ...
閲覧 Takao Hanabusa and 藤原 晴夫 : X線格子ひずみに及ぼす2次元切削加工集合組織の影響, Journal of the Society of Materials Science, Japan, Vol.33, No.367, 371-377, 1984..[誌名] ...
閲覧 村上 理一, 秋園 幸一 : 焼入れ·焼もどししたCr―Mo合金鋼の疲労強度とき裂進展抵抗に及ぼす微視組織の影響, 材料, Vol.33, No.370, 895-900, 1984年..[誌名] ...
閲覧 村上 理一, 伊藤 恵二, 秋園 幸一 : 衝撃疲労試験機の製作と衝撃荷重下でのステンレス鋼の疲労き裂成長速度挙動について, 材料, Vol.33, No.375, 1527-1532, 1984年..[誌名] ...
閲覧 森吉 孝, 魚崎 泰弘 : 非電解質水溶液の圧縮性質と誘電率, 材料, Vol.33, No.365, 127-133, 1984年..[誌名] ...
閲覧 水口 裕之 : フレッシュモルタルの流動特性に及ぼす細骨材の量および粒度の影響を表すパラメータ, 材料, Vol.34, (号), 1-7, 1985年..[誌名] ...
閲覧 村上 理一, 秋園 幸一 : 高張力鋼溶接継手の疲労き裂成長速度に及ぼす引張および圧縮残留応力ならびに応力比の影響, 材料, Vol.34, No.377, 190-195, 1985年..[誌名] ...
閲覧 村上 理一, 秋園 幸一 : 溶接残留応力場での疲労き裂成長速度に及ぼす残留応力緩和の影響, 材料, Vol.34, No.377, 202-207, 1985年..[誌名] ...
閲覧 村上 理一, 津村 豪, 秋園 幸一 : 天然海水中での溶接部材の腐食疲労き裂伝ぱ速度に及ぼす溶接残留応力及び腐食生成物の影響, 材料, Vol.36, No.408, 986-991, 1987年..[誌名] ...
閲覧 英 崇夫 : 最近のX線応力測定技術 4.X線応力測定法の応用(II)(講座), 材料, Vol.37, No.419, 971-977, 1988年1月..[誌名] ...
閲覧 英 崇夫, 藤原 晴夫, 藤本 芳樹 : ホットプレスしたSi3N4セラミックスの研削加工層の残留応力とその熱的安定性, 材料, Vol.37, No.413, 210-215, 1988年..[誌名] ...
閲覧 英 崇夫, 藤原 晴夫, 藤本 芳樹 : 常圧,ホットプレスおよびHIP成形したSi3N4セラミックスのX線応力測定の基礎, 材料, Vol.37, No.413, 204-209, 1988年..[誌名] ...
閲覧 村上 理一, 楠川 量啓, 秋園 幸一 : SUS304の低温衝撃疲労き裂伝ぱ挙動とひずみ誘起マルテンサイト変態の関係, 材料, Vol.37, No.415, 416-422, 1988年..[誌名] ...
閲覧 池内 保一, 英 崇夫, 藤原 晴夫 : α-アルミナ繊維強化アルミニウム複合材料における熱応力挙動, 材料, Vol.38, No.429, 623-629, 1989年..[誌名] ...
閲覧 西田 真之, 英 崇夫, 藤原 晴夫 : 二相材料の引張変形による微視的残留応力, 材料, Vol.38, No.429, 576-581, 1989年..[誌名] ...
閲覧 種池 昌彦, 村上 理一, 秋園 幸一 : 人工海水中での60kg/mm2級高張力鋼溶接部材の腐食疲労き裂伝ぱ挙動について, 材料, Vol.38, No.428, 557-561, 1989年..[誌名] ...
閲覧 池内 保一, 英 崇夫, 藤原 晴夫 : γ-アルミナ繊維強化アルミニウム複合材料における熱誘起応力の解析的研究, 材料, Vol.39, No.435, 456-462, 1990年..[誌名] ...
閲覧 英 崇夫, 谷 通弘, 藤原 晴夫 : CrKα線およびMoKα線による冷間圧延集合組織材のX線応力測定, 材料, Vol.42, No.454, 790-796, 1991年..[誌名] ...
閲覧 英 崇夫, 富永 喜久雄, 藤原 晴夫 : c軸配向した窒化アルミニウム膜のX線的残留応力解析, 材料, Vol.42, No.472, 90-95, 1992年..[誌名] ...
閲覧 金品 昌志 : 高圧力下における生体モデル膜の機能, 材料, Vol.41, No.462, 336-341, 1992年..[誌名] ...
閲覧 池内 保一, 英 崇夫, 藤原 晴夫 : X線回折法によるアルミナ繊維強化Al-5%Cu合金の熱応力測定, 材料, Vol.42, No.477, 606-612, 1993年..[誌名] ...
閲覧 松下 功, 関田 寿一, 鈴木 孝司, 森賀 俊広, 芦田 利文, 中林 一朗 : 炭酸カルシウムの合成および結晶化過程に及ぼすCa2+およびOH-イオンの影響, 材料, Vol.42, No.473, 195-201, 1993年..[誌名] ...
閲覧 英 崇夫, 日下 一也, 富永 喜久雄, 藤原 晴夫 : スパッタリング生成によるAlN薄膜の残留応力の基板および基板温度依存性, 材料, Vol.42, No.477, 627-633, 1993年..[誌名] ...
閲覧 芦田 利文, 森賀 俊広, 平島 康, 中林 一朗 : ケイ石廃泥,消石灰を原料にしたケイ酸カルシウム硬化体のコロイダルシリカ添加による軽量化, 材料, Vol.42, No.480, 1115-1120, 1993年..[誌名] ...
閲覧 英 崇夫 : 第4回残留応力に関する国際会議(ICRS-4)に出席して(国際会議だより), 材料, Vol.43, No.492, 1184, 1994年1月..[誌名] ...
閲覧 池内 保一, 伊賀 浩二, 英 崇夫 : アルミナ長繊維強化アルミニウム複合材における熱残留応力のX線3軸解析, 材料, Vol.43, No.490, 792-798, 1994年..[誌名] ...
閲覧 村上 理一, 盛川 康弘, 森本 康史, 米田 理史, 勝村 宗英 : ダイナミックミキシング法により積層化したTiNx被覆材の疲労特性と疲労き裂挙動について, 材料, Vol.43, No.490, 847-852, 1994年..[誌名] ...
閲覧 日下 一也, 英 崇夫, 富永 喜久雄 : プレーナマグネトロンスパッタリング生成によるAlN膜の結晶配向性と残留応力のプラズマ汚染の影響, 材料, Vol.43, No.490, 799-805, 1994年..[誌名] ...
閲覧 松英 達也, 英 崇夫, 池内 保一 : TiN被覆材の残留応力の成膜温度および膜厚依存性, 材料, Vol.44, No.504, 1121-1126, 1995年..[誌名] ...
閲覧 松英 達也, 英 崇夫, 池内 保一 : TiNおよびTiC被覆材の繰り返し曲げ負荷過程のX線的研究, 材料, Vol.45, No.10, 1119-1124, 1996年..[誌名] ...
閲覧 日下 一也, 英 崇夫, 富永 喜久雄, 阿尾 高広 : 交替式スパッタリング法によるAlN膜の残留応力測定, 材料, Vol.46, No.12, 1429-1435, 1997年..[誌名] ...
閲覧 日野 孝紀, 西田 稔, 荒木 孝雄, 大家 利彦, 矢野 哲夫, 米田 理史, 勝村 宗英 : PLD成摸した酸化タンタル薄膜の耐食性, 材料, Vol.48, No.7, 777-782, 1999年..[誌名] ...
閲覧 英 崇夫 : X線応力測定法の基礎と最近の発展 5.表面応力·集合組織材, 材料, Vol.48, No.1, 89-95, 1999年1月..[誌名] ...
閲覧 鈴木 賢治, 日下 一也 : X線応力測定の基礎と最近の発展-5.新素材への適用, 材料, Vol.48, No.3, 308-314, 1999年3月..[誌名] ...
閲覧 金品 昌志 : 高圧力下における生物関連材料, 材料, Vol.48, No.4, 416-417, 1999年4月..[誌名] ...
閲覧 上田 隆雄, 芦田 公伸, 宮川 豊章 : デサリネーション適用後の鉄筋防食効果に関する研究, 材料, Vol.48, No.8, 907-912, 1999年..[誌名] ...
閲覧 芦田 公伸, 上田 隆雄, 宮川 豊章 : リチウム系水溶液を用いたデサリネーションがアルカリ骨材反応の膨張に与える影響, 材料, Vol.48, No.8, 901-906, 1999年..[誌名] ...
閲覧 渡邉 健, 大津 政康, 友田 祐一 : インパクトエコー法によるPCグラウト充てん度評価に関する考察, 材料, Vol.48, No.8, 870-875, 1999年..[誌名] ...
閲覧 松英 達也, 英 崇夫, 池内 保一, 三木 靖弘, 米谷 英治 : アーク·イオンプレーティング法により形成されたTiN皮膜のX線残留応力測定, 材料, Vol.46, No.12, 699-704, 1999年..[誌名] ...
閲覧 米田 理史, 大家 利彦 : レーザアブレーションを利用した表面創製技術, 材料, Vol.49, No.2, 245-246, 2000年(0月)..[誌名] ...
閲覧 上田 隆雄 : コンクリート構造物の電気化学的補修工法-デサリネーション, 材料, Vol.49, No.3, 262-263, 2000年3月..[誌名] ...
閲覧 松英 達也, 英 崇夫, 池内 保一, 三木 靖弘, 米谷 英治 : TiN皮膜の残留応力の熱処理による変化, 材料, Vol.49, No.7, 735-741, 2000年..[誌名] ...
閲覧 上田 隆雄, 岡 竜, 横田 優, 石橋 孝一 : 塩害と中性化による複合劣化フライアッシュコンクリート中の鉄筋腐食挙動, 材料, Vol.49, No.10, 1115-1120, 2000年..[誌名] ...
閲覧 辻 幸和, 杉山 隆文, 橋本 親典 : 高流動コンクリートを用いた鉄筋コンクリートはりの力学的性状に及ぼす鉛直打継目の影響, 材料, Vol.49, No.10, 1127-1132, 2000年..[誌名] ...
閲覧 日下 一也 : 第6回残留応力に関する国際会議(ICRS-6)に出席して, 材料, Vol.49, No.11, 1255, 2000年11月..[誌名] ...
閲覧 池内 保一, 松英 達也, 英 崇夫 : 熱処理および温度変化過程におけるSiC長繊維強化6061Al合金複合材料のX線残留応力評価, 材料, Vol.50, No.1, 76-82, 2001年..[誌名] ...
閲覧 松英 達也, 英 崇夫, 池内 保一 : アーク·イオンプレーティング法によるTiN膜の結晶状態に対する成膜条件の影響, 材料, Vol.50, No.7, 707-712, 2001年..[誌名] ...
閲覧 英 崇夫, 森口 忠和, 日下 一也, 松英 達也 : アルミニウム基材へのTiN厚膜の作製とその摩耗特性, 材料, Vol.50, No.7, 732-737, 2001年..[誌名] ...
閲覧 水谷 義弘, 網野 正剛, 西野 秀郎, 竹本 幹男, 小野 桓司 : 剛球衝突を受けるクロスプライDFRPのラム波AEとたわみ解析による衝撃力の計測と損傷評価, 材料, Vol.50, No.9, 1036-1041, 2001年..[誌名] ...
閲覧 呉 静波, 村上 理一, 近藤 正春, 金 允海 : 傾斜対向ターゲット型DCマグネトロンスパッタリング法による低温アモルファスITO薄膜の作製, 材料, Vol.51, No.6, 688-693, 2002年..[誌名] ...
閲覧 佐藤 悌介, 別枝 達夫, 郡 寿也, 畑野 篤郎, 玉谷 純二 : 多孔質アパタイトの製造と組織制御, 材料, Vol.51, No.6, 637-641, 2002年..[誌名] ...
閲覧 松英 達也, 英 崇夫, 池内 保一 : Cu/TiN二層膜のX線残留応力測定, 材料, Vol.51, No.7, 743-748, 2002年..[誌名] ...
閲覧 越智 真治, 高木 均, 仁木 龍祐 : 加熱処理した天然繊維の力学的特性, 材料, Vol.51, No.10, 1164-1168, 2002年..[誌名] ...
閲覧 樅山 好幸, 内田 純二, 舌間 貴宏, 楢崎 康広, 水口 裕之 : 産業廃棄物を用いたコンクリート用骨材の開発, --- ゼロエミッションをめざして ---, 材料, Vol.51, No.10, 1092-1098, 2002年..[誌名] ...
閲覧 高木 均, 田倉 隆輝, 一原 洋平, 越智 真治, 三澤 弘明, 仁木 龍祐 : 爆砕法により取り出した竹繊維の引張強度特性, 材料, Vol.52, No.4, 353-356, 2003年..[誌名] ...
閲覧 高木 均, 田倉 隆輝 : 生分解性プラスチック-竹粉複合ボードの試作とその強度評価, 材料, Vol.52, No.4, 357-361, 2003年..[誌名] ...
閲覧 郡 寿也, 別枝 達夫, 佐藤 悌介 : 多孔質フライアッシュの組織制御とゼオライト化による強度変化, 材料, Vol.52, No.6, 601-605, 2003年..[誌名] ...
閲覧 越智 真治, 高木 均, 田中 秀行 : 高強度二方向積層グリーンコンポジットの創製, 材料, Vol.52, No.7, 857-862, 2003年..[誌名] ...
閲覧 高木 均, 高橋 康司, 藤村 純雄 : 組織制御したNi-Al-Mo系in-situ複合材料の高温強度評価, 材料, Vol.52, No.7, 838-842, 2003年..[誌名] ...
閲覧 高木 均, 藤村 純雄, 伊藤 明広, 山野 哲哉, 冨野 寿和, 近藤 祥人, 山本 和敏 : パルス通電焼結法によるベアリング研削加工屑の粉末成型, 材料, Vol.52, No.7, 863-866, 2003年..[誌名] ...
閲覧 越智 真治, 高木 均, 田中 秀行 : マニラ繊維強化クロスプライ·グリーンコンポジットの引張特性, 材料, Vol.52, No.8, 916-921, 2003年..[誌名] ...
閲覧 佐藤 悌介, 別枝 達夫, 長町 拓夫, 加藤 達也, 玉谷 純二 : 一方向貫通気孔を持つ多孔質アパタイトの製造と組織制御, 材料, Vol.52, No.8, 927-931, 2003年..[誌名] ...
閲覧 上田 隆雄, 七澤 章, 横田 優, 水口 裕之 : 電気化学的手法によるフライアッシュ混和コンクリート中の鉄筋腐食評価, 材料, Vol.52, No.9, 1055-1060, 2003年..[誌名] ...
閲覧 松英 達也, 英 崇夫, 池内 保一, 日下 一也 : イオン·プレーティング法により形成したSiO2/Cu/TiN積層膜のX線的評価, 材料, Vol.52, No.10, 1231-1236, 2003年..[誌名] ...
閲覧 越智 真治, 高木 均 : 一方向強化グリーンコンポジットの生分解挙動, 材料, Vol.53, No.4, 454-458, 2004年..[誌名] ...
閲覧 越智 真治, 高木 均 : 竹繊維および麻繊維で強化した生分解性複合材料の力学特性に及ぼす加熱処理の影響, 材料, Vol.53, No.6, 673-677, 2004年..[誌名] ...
閲覧 辛 道勲, 村上 理一, 米倉 大介, 金 允海 : 傾斜対向ターゲット型DCマグネトロンスパッタ法により有機基板に被覆したITO薄膜の光学的および電気的特性に及ぼすスパッタ圧およびワーク電圧の影響, 材料, Vol.53, No.7, 812-817, 2004年..[誌名] ...
閲覧 上田 隆雄, 山口 圭亮, 七澤 章, 芦田 公伸 : 電場の影響を受けたコンクリートおよびモルタルのASR膨張, 材料, Vol.53, No.10, 1059-1064, 2004年..[誌名] ...
閲覧 林 澈文, 辛 道勲, 林 祐輔, 入江 桂史, 村上 理一, 金 允海 : メタン/水素マイクロ波プラズマCVD法による純チタン基板上のナノダイヤモンド成膜, 材料, Vol.54, No.1, 73-78, 2005年..[誌名] ...
閲覧 英 崇夫, 秋田 貢一 : 新しい光源による応力評価, --- 2.シンクロトロン放射光による薄膜および微小部の応力測定 ---, 材料, Vol.54, No.6, 642-647, 2005年6月..[誌名] ...
閲覧 日下 一也, 田中 剛, 英 崇夫 : レーザピーニング処理したアルミニウム合金の残留応力のレーザパワー密度および走査速度依存性, 材料, Vol.54, No.7, 672-678, 2005年..[誌名] ...
閲覧 石丸 啓輔, 水口 裕之, 橋本 親典, 上田 隆雄, 藤田 和博, 近江 正明 : 銅スラグおよびⅡ種フライアッシュを細骨材の一部に置換して用いたコンクリートの性状, 材料, Vol.54, No.8, 828-833, 2005年..[誌名] ...
閲覧 中村 暢伴, 荻 博次, 垂水 竜一, 安井 武史, 小野 輝男, 平尾 雅彦 : Co/Pt超格子薄膜の弾性定数のひずみ依存性と磁気異方性, 材料, Vol.54, No.10, 1005-1011, 2005年..[誌名] ...
閲覧 大窪 和也, 高木 均, 合田 公一 : 実用化期の複合材料技術と課題: 4.グリーンコンポジットとその研究の新展開, 材料, Vol.55, No.4, 438-444, 2006年4月..[誌名] ...
閲覧 渡邉 健, 西畑 清華, 橋本 親典, 大津 政康 : 振動付与練混ぜにより製造した再生骨材コンクリートのAE法による品質評価, 材料, Vol.55, No.10, 917-922, 2006年..[誌名] ...
閲覧 松英 達也, 英 崇夫, 池内 保一 : アーク・イオンプレーティングによって形成された硬質積層膜における残留応力の熱緩和, 材料, Vol.56, No.7, 635-640, 2007年..[誌名] ...
閲覧 中村 暢伴, 荻 博次, 藤井 誠, 安井 武史, 平尾 雅彦 : 超格子薄膜における異常弾性軟化現象のメカニズム:ピコ秒レーザー超音波による弾性定数測定とマイクロメカニックス解析, 材料, Vol.56, No.10, 900-906, 2007年..[誌名] ...
閲覧 高木 均, 興津 嘉人 : 圧縮成形によるマダケの機械的性質の向上, 材料, Vol.57, No.5, 461-466, 2008年..[誌名] ...
閲覧 森 浩司, 高木 均 : 竹繊維を用いたバインダフリーグリーンコンポジットの機械的特性, 材料, Vol.58, No.5, 362-367, 2009年..[誌名] ...
閲覧 金品 昌志, 松木 均, 玉井 伸岳 : 高圧力下における脂質膜の構造転移と相挙動, 材料, Vol.58, No.6, 456-464, 2009年6月..[誌名] ...
閲覧 石井 大輔, 巽 大輔, 青野 初, 玉井 伸岳, 松本 孝芳 : 由来の異なる天然セルロースの固体構造と塩化リチウム・アミド系溶媒への溶解性, 材料, Vol.59, No.4, 273-278, 2010年..[誌名] ...
閲覧 高木 均 : バイオコンポジットの現状と将来展望 1.単一素材から成るグリーンコンポジット, 材料, Vol.59, No.11, 881-886, 2010年11月..[誌名] ...
閲覧 日下 一也, 山田 祐馬 : 結晶粒径の異なる銅薄膜のヒロック形成温度と初期残留応力の関係, 材料, Vol.62, No.7, 457-463, 2013年..[誌名] ...
閲覧 高橋 篤史, 橋本 親典, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : 温度上昇抑制効果能力をコンクリートに付与するモルタルの実用化, 材料, Vol.62, No.8, 473-478, 2013年..[誌名] ...
閲覧 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 : 脂質膜の圧力誘起指組構造形成:疎水鎖長依存性と形成限界, 材料, Vol.63, No.8, 620-623, 2014年..[誌名] ...
閲覧 上田 隆雄, 三浦 健太, 岩渕 宏美, 七澤 章, 塚越 雅幸 : 混和材を用いたコンクリートおよびモルタル中の鉄筋発錆限界塩化物イオン濃度に関する研究, 材料, Vol.63, No.10, 716-721, 2014年..[誌名] ...
閲覧 米倉 大介, 牛田 浩貴, 坂口 雄亮, 村上 理一 : 金ナノ粒子ネットワーク膜の形成と光学的・電気的特性に及ぼす自己集積化条件の影響, 材料, Vol.63, No.11, 763-769, 2014年..[誌名] ...
閲覧 佐藤 和博, 上月 康則, 多良 千鶴, 西村 博一, 中西 敬, 上田 隆雄, 山中 亮一 : コンクリートに混和したアルギニンの存在形態と溶出機構, 材料, Vol.64, No.5, 417-423, 2015年..[誌名] ...
閲覧 青井 洋視, 永野 哲平, 橋本 親典, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : 再生骨材モルタルの初期から長期材齢までの強度発現に影響を及ぼす鉱物質微粉末のフィラー効果に関する一考察, 材料, Vol.65, No.7, 509-516, 2016年..[誌名] ...
閲覧 Yu-chuan Kao, Chien-Kuo Chiu and Takao Ueda : Evaluation of Steel Corrosion in Fly Ash Concrete Containing Chlorides Using Electrochemical Indexes, Journal of the Society of Materials Science, Japan, Vol.66, No.8, 566-573, 2017..[誌名] ...
閲覧 Gong Wei and Takao Ueda : Basic study on chloride-induced steel corrosion in concrete subjected to heating up to 300 ºC, Journal of the Society of Materials Science, Japan, Vol.67, No.7, 738-745, 2018..[誌名] ...
閲覧 Kao Yu-chuan, Takao Ueda and Chiu Chien-Kuo : Evaluation of chloride penetration at the joint of concrete and patch repair materials containing fly ash and Lithium Nitrite, Journal of the Society of Materials Science, Japan, Vol.67, No.8, 795-802, 2018..[誌名] ...
閲覧 北田 貴弘, 盧 翔孟, 南 康夫, 熊谷 直人, 森田 健 : 高指数面上の副格子交換エピタキシーと面型非線形光デバイス, 材料, Vol.68, No.10, 739-744, 2019年10月..[誌名] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.70, Max(EID) = 362806, Max(EOID) = 970684.