『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 塩見 春彦

登録情報の数

有効な情報: 6件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 6件

全ての有効な情報 (6件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(5)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Sei-Ichi Endo, Satoshi Kubota, Haruhiko Siomi, Akio Adachi, Stephen Oroszlan, Masatoshi Maki and Masakazu Hatanaka : A region of basic-amino-acid-cluster in HIV-1 tat protein is essential for trans-acting activity and nucleolar localization, Virus Genes, Vol.3, No.2, 99-110, 1989..[著者] ...
閲覧 Hiriyuki Sakai, Haruhiko Siomi, Hisatoshi Shida, Riri Shibata, Takahiro Kiyomasu and Akio Adachi : Functional comparison of transactivation by human retrovirus rev and rex genes, Journal of Virology, Vol.64, No.12, 5833-5839, 1990..[著者] ...
閲覧 齋藤 都暁, 塩見 春彦, 板倉 光夫 : microRNA生合成経路, BIO Clinica, Vol.20, No.12261, 18-23, 2005年11月..[著者] ...
閲覧 Asuka Azuma-Mukai, Hideo Oguri, Toutai Mituyama, Zhi-Rong Qian, Kiyoshi Asai, Haruhiko Siomi and C Mikiko Siomi : Characterization of endogenous human Argonautes and their miRNA partners in RNA silencing., Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.105, No.23, 7964-7969, 2008..[著者] ...
閲覧 Zhi-Rong Qian, Sylvia L Asa, Haruhiko Siomi, Mikiko Siomi, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Elaine Lu Wang, Md Mustafizur Rahman, Hiroshi Inoue, Mitsuo Itakura, Eiji Kudo and Toshiaki Sano : Overexpression of HMGA2 relates to reduction of the let-7 and its relationship to clinicopathological features in pituitary adenomas., Modern Pathology, Vol.22, No.3, 431-441, 2009..[著者] ...
閲覧 Susumu Otsuka, Yumiko Sakamoto, Haruhiko Siomi, Mitsuo Itakura, Kenji Yamamoto, Hideo Matumoto, Tsukasa Sasaki, Nobumasa Kato and Eiji Nanba : Fragile X carrier screening and FMR1 allele distribution in the Japanese population., Brain & Development, Vol.32, No.2, 110-114, 2009..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.53, Max(EID) = 371968, Max(EOID) = 994438.