『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 中田 栄司

登録情報の数

有効な情報: 133件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 135件

全ての有効な情報 (133件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 独立行政法人 放射線医学総合研究所 …(1)
閲覧 (未定義) …(37)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Noriyuki Kasagi, Eiji Nakata, Tsuyoshi Nagase, Itaru Hamachi and Seiji Shinkai : Lectin Engineering by Post-photoaffinity Labeling Modification, Proceedings of the 4th CMC-kyushu Chemistry Symposium, Fukuoka, June 2001..[著者] ...
閲覧 Noriyuki Kasagi, Hiroki Takemoto, Hiroki Yamane, Eiji Nakata, Tsuyoshi Nagase, Itaru Hamachi and Seiji Shinkai : Construction of Fluorescent Saccharide-Biosensors by Post-photoaffinity Labeling Modification (P-PALM), 3rd International Symposium on Design and Control of Advanced Molecular Assembly Systems, Fukuoka, Feb. 2002..[著者] ...
閲覧 中田 栄司, 浜地 格 : ナノマテリアルとしてのタンパク質, 工業材料, Vol.51, No.6, 61-64, 2003年1月..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata, Tsuyoshi Nagase, Seiji Shinkai and Itaru Hamachi : Coupling a Natural Receptor Protein with an Artificial Receptor to Afford a Semisynthetic Fluorescent Biosensor, Proceedings of the 5th CMC-kyushu Chemistry Symposium, Korea, May 2003..[著者] ...
閲覧 Tsuyoshi Nagase, Eiji Nakata, Seiji Shinkai and Itaru Hamachi : Construction of Artificial Signal Transducers on a Lectin Surface by Post-Photoaffinity Labeling Modification for Fluorescent Saccharide-Biosensors, Chemistry - A European Journal, Vol.9, No.15, 3660-3669, 2003..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata, Tsuyoshi Nagase, Seiji Shinkai and Itaru Hamachi : Equipment of Artificial Receptor with a Lectin by P-PALM for Construction of Fluorescent Oligosaccharide Biosensors, Biomolecular Chemistry Proc. ISBC 2003, Vol.1, 288-289, 2003..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata, Tsuyoshi Nagase, Seiji Shinkai and Itaru Hamachi : Equipment of Artificial Receptor with a Lectin by P-PALM for Construction of Fluorescent Oligosaccharide -Biosensors, First International Symposium on Biomolecular Chemistry 2003(ISBC 2003), Hyogo, Dec. 2003..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata, Tsuyoshi Nagase, Seiji Shinkai and Itaru Hamachi : Coupling a Natural Receptor Protein with an Artificial Receptor to Afford a Semisynthetic Fluorescent Biosensor, Journal of the American Chemical Society, Vol.126, No.2, 490-495, 2004..[著者] ...
閲覧 中田 栄司 : テーラーメイドな機能を有する半合成蛋白質の創成を目指して, --- - P-PALM による蛋白質エンジニアリング- ---, 生命化学研究レター, Vol.14, 11-13, 2004年2月..[著者] ...
閲覧 古志 洋一郎, 中田 栄司, 浜地 格 : 有機化学が拓く蛋白質の機能化―レクチンタンパク質から新規バイオセンサーを創る―, 現代化学, Vol.407, 55-60, 2005年1月..[著者] ...
閲覧 Yoichiro Koshi, Eiji Nakata and Itaru Hamachi : Luminescent Saccharide Biosensor Using Lanthanide-bound Lectin Labeled with Fluorescein, ChemBioChem, Vol.6, No.8, 1349-1352, 2005..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata, Yoichiro Koshi, Erina Koga, Yoshiki Katayama and Itaru Hamachi : Double-Modification of Lectin Using Two Distinct Chemistries for Fluorescent Ratiometric Sensing and Imaging Saccharides in Test Tube or in Cell, Journal of the American Chemical Society, Vol.127, No.38, 13253-13261, 2005..[著者] ...
閲覧 Yoichiro Koshi, Eiji Nakata, Hiroki Yamane, Shan-Lai Zhou and Itaru Hamachi : Construction of doubly modified lectin by two distinct methods toward saccharide imaging, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Osaka, Nov. 2005..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata, Yoichiro Koshi and Itaru Hamachi : Construction of doubly modified lectin by two distinct methods toward saccharide imaging, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Dec. 2005..[著者] ...
閲覧 Yousuke Takaoka, Hiroshi Tsutsumi, Noriyuki Kasagi, Eiji Nakata and Hamachi Itaru : One-pot and Sequential Organic Chemistry on an Enzyme Surface to Tether a Fluorescent Probe at the Proximity of the Active Site with Restoring Enzyme Activity, Journal of the American Chemical Society, Vol.128, No.10, 3273-3280, 2006..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata and Itaru Hamachi : Construction of doubly modified lectin by two distinct methods toward saccharide imaging, Second International Symposium on Biomolecular Chemistry 2006(ISBC 2006), Hyogo, Aug. 2006..[著者] ...
閲覧 Yoichiro Koshi, Eiji Nakata, Hiroki Yamane and Itaru Hamachi : A Fluorescent Lectin Array Using Supramolecular Hydrogel for Simple Detection and Pattern Profiling for Various Glycoconjugates, Journal of the American Chemical Society, Vol.128, No.32, 10413-10422, 2006..[著者] ...
閲覧 Kei Honda, Eiji Nakata, Akio Ojida and Itaru Hamachi : Ratiometric fluorescence detection of a tag fused protein using the dual-emission artificial molecular probe, Chemical Communications, Vol.14, No.38, 4024-4026, 2006..[著者] ...
閲覧 Takahiro Anai, Eiji Nakata, Yoichiro Koshi, Akio Ojida and Itaru Hamachi : Design of a Hybrid Biosensor for Enhanced Phosphopeptide Recognition Based on a Phosphoprotein Binding Domain Coupled with a Fluorescent Chemosensor, Journal of the American Chemical Society, Vol.129, No.19, 6232-6239, 2007..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata, Shinya Tsukiji and Itaru Hamachi : Development of New Methods to Introduce Unnatural Functional Molecules into Native Proteins for Protein Engineering, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.80, 1268-1279, May 2007..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 富永 正英, 中江 崇, 田中 智子, 村上 綾, 佐々木 有紀, 柴田 明奈, 中島 宏一郎, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : 低酸素がん選択的ハイブリッド型放射線増感剤の創製, 第13回癌治療増感研究会, 2007年5月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 大津木 護, 大友 直紀, 白井 斉, 安部 千秋, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤とするハイドロプレニルp-クマリン酸誘導体の分子設計とLDL抗酸化活性, 第29回 日本フリーラジカル学会学術集会・日本過酸化脂質・フリーラジカル学会 第31回大会 合同学会, 2007年6月..[著者] ...
閲覧 中田 栄司 : スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)留学中体験記, 生命化学研究レター, Vol.24, 2007年6月..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Hori, Yoshihiro Uto, Daisuke Koyama, Mamoru Otsuki, Naoki Otomo, Tadashi Shirai, Chiaki Abe, Eiji Nakata and Hideko Nagasawa : A chemical biosynthesis design for antiatherosclerosis drug by acyclic tocopherol intermediate analogue based on ``isoprenomics'', ISOTT2007 (2007 International Society on Oxygen Transport to Tissue Conference), Uppsala, Sweden, Aug. 2007..[著者] ...
閲覧 滝口 公康, 荒井 健, 辻 祐亮, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 中田 栄司, 鬼塚 伸也, 野中 孝一, 藤岡 ひかる, 堀 均 : マクロファージ活性化に関わるGc proteinの糖ペプチド構造解析, 第11回 バイオ治療法研究会学術集会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 Yoichiro Koshi, Eiji Nakata, Masayoshi Miyagawa, Shinya Tsukiji, Tomohisa Ogawa and Itaru Hamachi : Target-Specific Chemical Acylation of Lectins by Ligand-Tethered DMAP Catalysts, Journal of the American Chemical Society, Vol.130, No.1, 245-251, 2008..[著者] ...
閲覧 Yoichiro Koshi, Eiji Nakata and Itaru Hamachi : Lectin Functionalization by Post-Photo Affinity Labeling Modification (P-PALM), Trends in Glycoscience and Glycotechnology, Vol.19, No.107, 121-131, Jan. 2008..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata, Hangxiang Wang and Itaru Hamachi : Ratiometric Fluorescent Biosensor for Real-Time and Label-Free Monitoring of Fine Saccharide Metabolic Pathways, ChemBioChem, Vol.9, No.1, 25-28, 2008..[著者] ...
閲覧 中田 栄司, Gautier Arnaud, 宇都 義浩, 堀 均, Johnsson Kai : 直交性を有する蛋白質標識システムによる蛋白質間相互作用の解析, 第10回生命化学研究会シンポジウム, 2008年1月..[著者] ...
閲覧 Takashi Nakae, Yoshihiro Uto, Motoko Tanaka, Haruna Shibata, Eiji Nakata, Masahide Tominaga, Hiroshi Maezawa, Toshihiro Hashimoto, Kenneth L. Kirk, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Design, synthesis, and radiosensitizing activities of sugar-hybrid hypoxic cell radiosensitizers, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.2, 675-682, 2008..[著者] ...
閲覧 皆巳 和賢, 宇都 義浩, 中江 崇, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均, 前澤 博 : ニトロイミダゾールアセトアミド誘導体による低酸素放射線増感効果, 第10回癌治療増感研究シンポジウム, 2008年2月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 中江 崇, 永澤 秀子, 中田 栄司, 堀 均 : 解糖系代謝のエネルギー源となる単糖に対するがん細胞特異性:糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤/制癌剤の分子設計-Pharmacokinetic drug designのすすめ-, 放射線生物研究, Vol.43, No.1, 68-79, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 柴田 明奈, 中江 崇, 滝口 公康, 宇都 義浩, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : マクロファージ活性化因子GcMAFの糖鎖構造部位をミミックしたGalNAc-Thrデンドリマーの分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 白井 斉, 宇都 義浩, 大津木 護, 大友 直紀, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤としたトコフェロール生合成前駆体フィチル化キノールのLDL抗酸化剤分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 中島 宏一郎, 中江 崇, 柴田 明奈, 田中 智子, 宇都 義浩, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : がんによるグルコースの高い取り込みを利用した糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 一久 和弘, 中嶌 瞳, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 中田 栄司, 杉本 弘, 城 宜嗣, 堀 均 : 低酸素腫瘍を標的としたTirapazamineハイブリッド型新規IDO阻害剤の分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 百瀬 郁理, 中山 真一, 佐々木 有紀, 宇都 義浩, 中田 栄司, 永澤 秀子, 谷本 加奈子, 藤多 哲朗, 堀 均 : 新規血管新生阻害剤の開発を目指したFTY720アセチレニックアナログの分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 安部 千秋, 佐々木 有紀, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : 鶏卵胚を用いた酸化的血管障害に対するin vivo抗酸化活性評価法の構築, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 中田 栄司, Gautier Arnaud, 宇都 義浩, 堀 均, Johnsson Kai : 直交性を有する蛋白質標識システムを利用した細胞内蛋白質間相互作用の検出, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 中田 栄司 : グローバルな視点を持った研究者となるために―海外留学のすすめ―, 日亜特待生懇談会, 2008年4月..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa, Cheng-Zhe Jin, Shinichi Nakayama, Ayako Tanaka, Saori Kiyoi, Hitomi Nakashima, Mariko Shimamura, Seiichi Inayama, Tomoya Fujiwara, Yoshio Takeuchi, Yoshimasa Uehara, Kenneth L. Kirk, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Design of antiangiogenic hypoxic cell radiosensitizers: 2-Nitroimidazoles containing a 2-aminomethylene-4-cyclopentene-1,3-dione moiety, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.11, 6042-6053, 2008..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 小山 大輔, 大友 直紀, 安部 千秋, 白井 斉, 中田 栄司, 堀 均 : イソプレン側鎖を有する植物成分のex vivo 有機合成とその生理活性の評価, 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部研究報告, No.53, 52-56, 2008年..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 中江 崇, 佐々木 有紀, 安部 千秋, 中島 宏一郎, 新元 優也, 佐野 圭一郎, 遠藤 良夫, 皆巳 和賢, 前澤 博, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : 次世代動物実験系としての腫瘍移植鶏卵の構築と放射線照射による腫瘍成長阻害活性, 第14回癌治療増感研究会, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 堀 均, 中田 栄司, 宇都 義浩, 永澤 秀子 : 酸化ストレスを標的とした薬剤・治療法, 株式会社 診断と治療社, 東京, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 大津木 護, 白井 斉, 山下 洋平, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤とするプレニル化3,4-ジヒドロキシケイ皮酸誘導体の分子設計とLDL抗酸化活性, 第61回 日本酸化ストレス学会学術集会, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 皆巳 和賢, 宇都 義浩, 中江 崇, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均, 前澤 博 : 低酸素細胞に対するニトロイミダゾールアセトアミド誘導体の放射線増感効果, 第47回日本医学放射線学会生物部会学術大会, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 中田 栄司, 浜地 格 : 蛍光異方性測定, 生命化学研究レター, Vol.27, 24-29, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 Shinichi Nakayama, Yoshihiro Uto, Kanako Tanimoto, Yasuhiro Okuno, Yuki Sasaki, Hideko Nagasawa, Eiji Nakata, Ken Arai, Kaori Momose, Tetsuro Fujita, Toshihiro Hashimoto, Yasuko Okamoto, Yoshinori Asakawa, Satoru GOTO and Hitoshi Hori : TX-2152: A conformationally rigid and electron-rich diyne analogue of FTY720 with in vivo antiangiogenic activity, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.16, 7705-7714, 2008..[著者] ...
閲覧 Hitomi Nakashima, Yoshihiro Uto, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa, Kazuhiro Ikkyu, Noriko Hiraoka, Kouichiro Nakashima, Yuki Sasaki, Hiroshi Sugimoto, Yoshitsugu Shiro, Toshihiro Hashimoto, Yasuko Okamoto, Yoshinori Asakawa and Hitoshi Hori : Synthesis and biological activity of 1-methyl-tryptophan-tirapazamine hybrids as hypoxia-targeting indoleamine 2,3-dioxygenase inhibitors, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.18, 8661-8669, 2008..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Yoshio Endo, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Development of an in vivo evaluation system of antioxidants for their vascular protective activities using the chick embryo chorioallantoic membrane, ISOTT2008 (2008 International Society on Oxygen Transport to Tissue Conference), Sapporo, Aug. 2008..[著者] ...
閲覧 Hitomi Nakashima, Kazuhiro Ikkyu, Kouichiro Nakashima, Keiichiro Sano, Yoshihiro Uto, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa, Hiroshi Sugimoto, Yoshitsugu Shiro, Yoshinori Nakagawa and Hitoshi Hori : Design of novel hypoxia-targeting IDO hybrid inhibitors conjugated with an unsubstituted L-Trp as an IDO affinity moiety, ISOTT2008 (2008 International Society on Oxygen Transport to Tissue Conference), Sapporo, Aug. 2008..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : ハイポキシアを標的とした抗癌剤, 株式会社 羊土社, 東京, 2009年2月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 安部 千秋, 新元 優也, 中江 崇, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 遠藤 良夫, 皆巳 和賢, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いた in ovo 放射線増感活性評価系の確立, 第11回癌治療増感研究シンポジウム, 2009年2月..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Daisuke Koyama, Mamoru Otsuki, Naoki Otomo, Tadashi Shirai, Chiaki Abe, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : A chemical biosynthesis design for an antiatherosclerosis drug by acyclic tocopherol intermediate analogue based on "isoprenomics", Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.645, 109-114, 2009..[著者] ...
閲覧 中江 崇, 宇都 義浩, 安部 千秋, 新元 優也, 金園 剛行, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 富永 正英, 前澤 博, 増永 慎一郎, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤TX-2244の腫瘍移行性, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 金園 剛行, 宇都 義浩, 中江 崇, 柴田 明奈, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 堀 均 : メチル化グルコース・糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 山下 洋平, 宇都 義浩, 大津木 護, 白井 斉, 中田 栄司, 堀 均 : プレニル化3,4-ジヒドロキシケイ皮酸(カフェ酸)誘導体のLDL抗酸化活性, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 辻 祐亮, 宇都 義浩, 中田 栄司, 永澤 秀子, 河野 悠介, 藤田 秀司, 千葉 一裕, 堀 均 : マクロファージ活性化に関わるGalNAcの結合様式, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 安部 千秋, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : 鶏卵胚を用いた静脈投与による致死率を指標としたin vivo抗酸化活性評価法の構築, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 新元 優也, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 安部 千秋, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 佐々木 有紀, 皆巳 和賢, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いた in ovo 放射線増感活性評価系の確立, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 佐野 圭一郎, 宇都 義浩, 中島 宏一郎, 中田 栄司, 山本 五郎, 堀 均 : 温熱療法;Radio FrequencyとThermal Hyperthermia の抗がん効果, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 中田 栄司, 行待 芳浩, 假屋園 大和, 任 仙光, 宇都 義浩, 堀 均 : 癌の低酸素環境を標的とした蛍光プローブの開発, 日本化学会第89春季年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 中西 郁夫, 宇都 義浩, 大久保 敬, 白井 斉, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均, 福原 潔, 奥田 晴宏, 伊古田 暢夫, 福住 俊一, 小澤 俊彦, 安西 和紀 : ビタミンEの生合成前駆体およびその非環状類縁体のラジカル消去速度, ビタミンE研究の進歩Ⅷ, 83-87, 2009年..[著者] ...
閲覧 A. Matthias Brun, Kui-Thong Tan, Eiji Nakata, J. Marlon Hinner and Kai Johnsson : Semisynthetic fluorescent sensor proteins based on self-labeling protein tags, Journal of the American Chemical Society, Vol.131, No.16, 5873-5884, 2009..[著者] ...
閲覧 安部 千秋, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 新元 優也, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 佐々木 有紀, 皆巳 和賢, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 次世代動物実験系としての腫瘍移植鶏卵の構築と放射線照射による腫瘍成長阻害活性, 放射線生物研究, Vol.44, No.2, 233-241, 2009年6月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 安部 千秋, 山下 洋平, 田中 涼, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤としたプレニル化フェニルプロパノイドの分子設計と発育鶏卵を用いたin ovo抗酸化活性の評価, 第62回日本酸化ストレス学会学術集会, 2009年6月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 中江 崇, 安部 千秋, 新元 優也, 佐野 圭一郎, 遠藤 良夫, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド放射線増感剤の薬物動態解析, 第15回国際癌治療増感研究会, 2009年6月..[著者] ...
閲覧 金 世洸, 前濱 慶祐, 鈴木 諭, 宇都 義浩, 中田 栄司, 堀 均, 前澤 博 : ピリミジン系核酸誘導体のチャイニーズハムスターV79細胞に対する放射線増感効果, 第48回日本医学放射線学会生物部会学術大会, 2009年7月..[著者] ...
閲覧 堀 均, 宇都 義浩, 中田 栄司 : メディシナル・ブリゴラージュ:ハイポキシアを標的とした制がん剤の分子設計, 第39 回放射線による制癌シンポジウム, 2009年7月..[著者] ...
閲覧 中田 栄司, 行待 芳浩, 安部 千秋, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : 癌低酸素環境で選択的に機能する蛍光性pHプローブの開発, 生体機能関連若手の会サマースクール2009, 2009年7月..[著者] ...
閲覧 堀 均, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 中田 栄司 : 酸素をターゲットとしたがんの治療, 朝倉書店, 東京, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata, Yukimachi Yoshihiro, Nazumi Yoshijiro, Abe Chiaki, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa and Hitoshi Hori : Design of a Bioreductively-Activated Fluorescent pH Probe for Tumor Hypoxia Imaging, SJBC2009, Tokyo, Sep. 2009..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata, Yukimachi Yoshihiro, Kariyazono Hirokazu, Im Seongwang, Abe Chiaki, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa, Hashimoto Toshihiro, Okamoto Yasuko and Hitoshi Hori : Design of a bioreductively-activated fluorescent pH probe for tumor hypoxia imaging, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.17, No.19, 6952-6958, 2009..[著者] ...
閲覧 中田 栄司, 行待 芳浩, 安部 千秋, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : がん低酸素環境を標的とした蛍光性pHプローブの開発, 第24回生体機能関連化学シンポジウム 第12回バイオテクノロジーシンポジウム, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 行待 芳浩, 中田 栄司, 那住 善治郎, 宇都 義浩, 堀 均 : 細胞内pHの計測を志向した改良型SNARFの設計とその評価, 第24回生体機能関連化学シンポジウム 第12回バイオテクノロジーシンポジウム, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 行待 芳浩, 中田 栄司, 那住 善治郎, 前澤 博, 宇都 義浩, 堀 均 : 効果的な細胞内pHの計測を目指した改良型SNARFの設計とその評価, 第24回生体機能関連化学若手フォーラム, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 安部 千秋, 遠藤 良夫, 前澤 博, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いて薬物動態を考慮した糖ハイブリッド放射線増感剤のドラッグデザイン, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 中田 栄司, 宇都 義浩, 堀 均 : 合理的にデザインされた蛍光プローブの開発, 分子化学研究会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 Hangxiang Wang, Eiji Nakata and Itaru Hamachi : Recent progress in strategies for the creation of protein-based fluorescent biosensors., ChemBioChem, Vol.10, No.16, 2560-2577, Nov. 2009..[著者] ...
閲覧 堀 均, 宇都 義浩, 中田 栄司 : インドールアミン2,3-ジオキシゲナーゼ(IDO)阻害剤のハイポキシアドラッグ・デザインブリゴラージュ, 第28回 メディシナルケミストリーシンポジウム, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata, Yukimachi Yoshihiro, Nazumi Yoshijiro, Abe Chiaki, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa and Hitoshi Hori : Bioreductively-Activated Fluorescent pH Probe for Tumor Hypoxia Imaging, 第7回がんとハイポキシア研究会, Dec. 2009..[著者] ...
閲覧 中江 崇, 宇都 義浩, 安部 千秋, 金園 剛行, 新元 優也, 佐野 圭一郎, 中田 栄司, 遠藤 良夫, 富永 正英, 前澤 博, 橋本 敏弘, 増永 慎一郎, 堀 均 : 鶏胚異種移植腫瘍モデルを基盤とした糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の創製, 創薬懇話会2009, 2009年12月..[著者] ...
閲覧 Arnaud Gautier, Eiji Nakata, Grazvydas Lukinavicius, Kui-Thong Tan and Kai Johnsson : Selective cross-linking of interacting proteins using self-labeling tags., Journal of the American Chemical Society, Vol.131, No.49, 17954-17962, 2009..[著者] ...
閲覧 中田 栄司, 行待 芳浩, 那住 善治郎, 前澤 博, 宇都 義浩, 堀 均 : 細胞内pH計測により適合した新規SNARF誘導体の設計, 第12回生命化学研究会, 2010年1月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 山下 洋平, 田中 涼, 中田 栄司, 堀 均 : システムバイオロジー構築のためのフィチルキノールの合成と抗酸化活性評価, 第21回ビタミンE研究会, 2010年1月..[著者] ...
閲覧 中田 栄司, 行待 芳浩, 那住 善治郎, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : 細胞内pH計測に適した新規SNARF誘導体の設計とその機能評価, 日本化学会第90春季年会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 行待 芳浩, 中田 栄司, 宇都 義浩, 那住 善治郎, 前澤 博, 堀 均 : 細胞内pHの計測に適した改良型SNARFの設計とその評価, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 田中 涼, 宇都 義浩, 中田 栄司, 白井 斉, 山下 洋平, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤とした天然および非天然フィチルキノールの合成と抗酸化活性評価, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 小畑 勝稔, 宇都 義浩, 中田 栄司, 新元 優也, 中山 真一, 百瀬 郁理, 藤多 哲朗, 堀 均 : 3位置換アセチレニックFTY720アナログUTX-32の分子設計および血管新生阻害活性評価, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 小泉 允人, 中田 栄司, 宇都 義浩, 山下 洋平, 大仲 健太, 行待 芳浩, 中嶌 瞳, 堀 均 : ボロントレースドラッグ:BODIPY containing SF6847(AG17)アナログの合成と生理活性』, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 太田 依里, 宇都 義浩, 中田 栄司, 柴田 明奈, 辻 祐亮, 山本 将太, 堀 均 : 低分子GcMAF:GalNAc-リジン誘導体の分子設計およびマクロファージ活性化能, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 浜地 格, 中田 栄司 : レクチンチップ, 株式会社エヌ·ティー·エス, 東京, 2010年4月..[著者] ...
閲覧 Nakashima Hitomi, Ikkyu Kazuhiro, Nakashima Kouichiro, Sano Keiichiro, Yoshihiro Uto, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa, Sugimoto Hiroshi, Yoshitsugu Shiro, Nakagawa Yoshinori and Hitoshi Hori : Design of Novel Hypoxia-Targeting IDO Hybrid Inhibitors Conjugated with an Unsubstituted L-TRP as an IDO Affinity Moiety, Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.662, 415-421, 2010..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata, Yoshihiro Yukimachi, Yoshijiro Nazumi, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa, Toshihiro Hashimoto, Yasuko Okamoto and Hitoshi Hori : A newly designed cell-permeable SNARF derivative as an effective intracellular pH indicator., Chemical Communications, Vol.46, No.20, 3526-3528, 2010..[著者] ...
閲覧 中田 栄司, 行待 芳浩, 那住 善治郎, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : 新規な細胞膜透過性SNARF誘導体による細胞内pHの効果的な計測, 日本ケミカルバイオロジー学会第5回年会, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata, Yoshihiro Yukimachi, Yoshijiro Nazumi, Yoshihiro Uto, Toshihiro Hashimoto, Yasuko Okamoto and Hitoshi Hori : Design of a SNARF-based Ratiometric Fluorescent Probe for Esterase, Chemistry Letters, Vol.39, No.7, 734-735, 2010..[著者] ...
閲覧 中田 栄司, 行待 芳浩, 那住 善治郎, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : 外部刺激応答型蛍光プローブの開発と低酸素細胞の選択的可視化への応用, 第16 回国際癌治療増感研究会, 2010年6月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 安部 千秋, 中江 崇, 村井 絵美, 遠藤 良夫, 富永 正英, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド放射線増感剤のin vivo放射線増感活性の評価, 第16回国際癌治療増感研究会, 2010年6月..[著者] ...
閲覧 中田 栄司 : 新しい蛍光制御機構に基づく酵素応答性蛍光プローブの開発, 第一回徳島大学研究者との集い, 2010年6月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 安部 千秋, 吉冨 徹, 長崎 幸夫, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : 酸化ストレス発育鶏卵モデルを用いたラジカル含有ナノ粒子TEMPO-RNPのin vivo抗酸化活性評価, 第63回日本酸化ストレス学会, 2010年6月..[著者] ...
閲覧 中田 栄司 : 新しい蛍光制御機能に基づく酵素応答性蛍光プローブの開発, 第9回国際バイオEXPO, 2010年7月..[著者] ...
閲覧 那住 善治郎, 中田 栄司, 行待 芳浩, 宇都 義浩, 堀 均 : 蛍光プローブの合理的設計を目指したSNARF誘導体の自己集合化能についての検討, 第22回生体機能関連化学若手の会サマースクール, 2010年7月..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Ryo Tanaka, Kenta Ohnaka, Yuki Ohta, Kazufumi Yazaki, Naoyuki Umemoto, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Prenylated acylphloroglucinol derivatives: Isoprenomics-based design, syntheses and antioxidative activities, International Society on Oxygen Transport to Tissue 2010 (ISOTT 2010), Ascona, Switzerland, July 2010..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Hori, Eiji Nakata, Masato Koizumi, Yohei Yamashita and Yoshihiro Uto : Boron tracedrug: Design, synthesis and pharmacological activity of phenolic BODIPY-containing antioxidants as traceable next-generation drug model, International Society on Oxygen Transport to Tissue 2010 (ISOTT 2010), Ascona, Switzerland, July 2010..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : SAR analysis of electron-rich polyyne analogues of FTY720 based on in vivo chick embryo antiangiogenic assay, 第69回日本癌学会学術総会, Sep. 2010..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Hori, Eiji Nakata and Yoshihiro Uto : Design of boron tracedrug phenolic BODIPY-containing antioxidants as autopsy/virtopsy imaging agents, 第69回日本癌学会学術総会, Sep. 2010..[著者] ...
閲覧 中田 栄司, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : がん細胞内pHを検出するための蛍光性pHインジケーターの開発, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 中田 栄司, 那住 善治郎, 行待 芳浩, 宇都 義浩, 堀 均 : SNARF を基本骨格とした蛍光プローブの合理的設計戦略, 第4回バイオ関連化学シンポジウム, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Hori, Yoshihiro Uto and Eiji Nakata : Medicinal electronomics bricolage design of hypoxia-targeting antineoplastic drugs and invention of boron tracedrugs as innovative future-architectural drugs, Anticancer Research, Vol.30, No.9, 3233-3242, Sep. 2010..[著者] ...
閲覧 小畑 勝稔, 中田 栄司, 宇都 義浩, 堀 均 : メディシナル・エレクトロノミクス分子としてのオリゴアセチレニック芳香族化合物の疎水性, 第38回構造活性相関シンポジウム, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 山本 将太, 竹内 亮太, 中川 美典, 廣田 慶司, 寺田 弘, 鬼塚 伸也, 中田 栄司, 堀 均 : 癌免疫療法の確立を目指したマクロファージ活性化因子(GcMAF)前駆物質GcXの創製, 第14回バイオ治療法研究会学術集会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 堀 均, 中田 栄司, 小泉 允人, 宇都 義浩, 大倉 一人 : ダイナミックドラッグ創生へのアプローチ - ボロントレースドラッグ仕様BODIPY含有抗酸化物質のメディシナルケミストリー, 第14回バイオ治療法研究会学術集会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 田中 涼, 宇都 義浩, 山下 洋平, 大仲 健太, 中田 栄司, 堀 均 : システムバイオロジー構築のためのフィチルキノールの合成と抗酸化活性評価, ビタミンE研究の進歩XIV, Vol.14, 81-86, 2010年..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Takashi Nakae, Yoshio Endo, Masahide Tominaga, Hiroshi Maezawa, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Systems biology-based drug design of sugar-hybrid hypoxic cell radiosensitizers using the tumor-implantable chick embryo model, PACIFICHEM 2010, Honolulu, Dec. 2010..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata, Yoshijiro Nazumi, Yoshihiro Yukimachi, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa, Toshihiro Hashimoto, Yasuko Okamoto and Hitoshi Hori : Synthesis and photophysical properties of new SNARF derivatives as dual emission pH sensors, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.21, No.6, 1663-1666, 2011..[著者] ...
閲覧 Atsushi Ikeda, Yoshihiko Kawai, Jun-ichi Kikuchi, Motofusa Akiyama, Eiji Nakata, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : Formation and regulation of fullerene-incorporation in liposomes under the phase transition temperature, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.9, No.8, 2622-2627, 2011..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Toru Yoshitomi, Yukio Nagasaki, Yoshio Endo, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : In vivo antioxidative activity of radical-containing-nanoparticle (RNP) in fertilized chicken egg assay, International Conference on Biomaterials Science 2011, Tsukuba, March 2011..[著者] ...
閲覧 中田 栄司, 行待 芳浩, 那住 善治郎, 友塚 歩美, 宇都 義浩, 堀 均 : SNARFを基本骨格とした蛍光プローブの設計戦略, 日本化学会第91春季年会, 2011年3月..[著者] ...
閲覧 河井 芳彦, 池田 篤志, 秋山 元英, 菊池 純一, 中田 栄司, 宇都 義浩, 堀 均 : リポソームへのフラーレン交換反応のπ分子による制御, 日本化学会第91春季年会, 2011年3月..[著者] ...
閲覧 Chiaki Abe, Yoshihiro Uto, Takashi Nakae, Yuuya Shinmoto, Keiichiro Sano, Hiroko Nakata, Mizue Teraoka, Yoshio Endo, Hiroshi Maezawa, Shin-ichiro Masunaga, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Evaluation of the In vivo Radiosensitizing Activity of EtanidazoleUsing Tumor-bearing Chick Embryo, Journal of Radiation Research, Vol.52, No.2, 208-214, 2011..[著者] ...
閲覧 堀 均, 宇都 義浩, 中田 栄司 : 低酸素標的薬剤のメディシナル・ブリコラージュと次世代医薬品ボロントレースドラッグの創生, 四国医学雑誌, Vol.67, No.1,2, 7-14, 2011年4月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 小泉 允人, 山下 洋平, 大仲 健太, 中田 栄司, 堀 均 : ボロントレースドラッグを指向したBODIPY含有フェノールの抗酸化剤分子設計, 第17回癌治療増感研究会, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Syota Yamamoto, Ryota Takeuchi, Yoshinori Nakagawa, Keiji Hirota, Hiroshi Terada, Shinya Onizuka, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Effect of the Gc-derived Macrophage-activating Factor Precursor (preGcMAF) on Phagocytic Activation of Mouse Peritoneal Macrophages, Anticancer Research, Vol.31, No.7, 2489-2492, 2011..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata, Masato Koizumi, Yohei Yamashita, Kenta Onaka, Yoshinori Sakurai, Natsuko Kondo, Koji Ono, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : Design, Synthesis and Destructive Dynamic Effects of BODIPY-containing and Curcuminoid Boron Tracedrugs for Neutron Dynamic Therapy, Anticancer Research, Vol.31, No.7, 2477-2482, 2011..[著者] ...
閲覧 中田 栄司, 森井 孝, 宇都 義浩, 堀 均 : がんの特異的な検出を目指した蛍光イメージング法の最近の展開, 放射線生物研究, Vol.46, No.3, 234-246, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 Ryo Tanaka, Yoshihiro Uto, Kenta Ohnaka, Yuki Ohta, Kazufumi Yazaki, Naoyuki Umemoto, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Prenylated acylphloroglucinol derivatives: isoprenomics-based design, syntheses and antioxidative activities, Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.737, 251-256, 2012..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata, Masato Koizumi, Yohei Yamashita, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : Boron tracedrug: design, synthesis, and pharmacological activity of phenolic BODIPY-containing antioxidants as traceable next-generation drug model, Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.737, 301-306, 2012..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Hori, Yoshihiro Uto and Eiji Nakata : Boron tracedrugs challenge for neutron dynamic therapy, Anticancer Research, Vol.32, No.6, 2235-2239, June 2012..[著者] ...
閲覧 堀 均, 多田 竜, 宇都 義浩, 中田 栄司, 森井 孝, 増田 開 : 小型中性子発生機を用いたボロントレースドラッグUTX-51のNDT評価, 第17回バイオ治療法研究会学術集会, (巻), (号), (頁), 2013年12月..[著者] ...
閲覧 芝 一休, 宇都 義浩, 那住 善治郎, 多田 竜, 笠井 亮平, 中田 栄司, 堀 均, 増永 慎一郎 : VeliparibをリードとしたPARP標的中性子捕捉療法剤UTX-89の分子設計, 日本薬学会第134年会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Hori, Ryu Tada, Yoshihiro Uto, Eiji Nakata, Takashi Morii and Kai Masuda : A Neutron Dynamic Therapy with a Boron Tracedrug UTX-51 Using a Compact Neutron Generator, Anticancer Research, Vol.34, No.8, 4557-4560, 2014..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 多田 竜, 山田 久継, 中村 教泰, 影治 照喜, 増田 開, 中田 栄司, 森井 孝, 増永 慎一郎 : 中性子増感作用を有する多機能性BNCT剤の創薬研究, 第1回徳島ナノメディシン・シンポジウム, 2015年7月..[著者] ...
閲覧 Eiji Nakata, Yoshihiro Yukimachi, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori and Takashi Morii : Latent pH-responsive ratiometric fluorescent cluster based on self-assembled photoactivated SNARF derivatives, Science and Technology of Advanced Materials, Vol.17, No.1, 431-436, 2016..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.13, Max(EID) = 374961, Max(EOID) = 1004834.