『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 岩澤 哲郎

登録情報の数

有効な情報: 73件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 75件

全ての有効な情報 (73件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 The Scripps Research Institute …(3)
閲覧 (未定義) …(42)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 岩澤 哲郎, 富岡 清 : キラル配位子の触媒効果を期待するメンチルエステルエノラートのイミンへの不斉付加反応, 日本薬学会第121年会, (巻), (号), (頁), 2001年3月..[著者] ...
閲覧 Osamu Niyomura, Makoto Tokunaga, Yasushi Obora, Tetsuo Iwasawa and Yasushi Tsuji : Rate Enhancement of a Bowl-shaped Phosphane in the Rhodium Catalyzed Hydrosilylation of Ketones, Angewandte Chemie International Edition, Vol.42, No.11, 1287-1289, 2003..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎, 徳永 信, 大洞 康嗣, 辻 康之 : パラジウム錯体触媒によるアルコールの空気酸化:3位に大きな置換基を有するピリジン配位子の顕著な効果, 第50回 有機金属化学討論会, (巻), (号), (頁), 2003年9月..[著者] ...
閲覧 Tetsuo Iwasawa, Osamu Niyomura, Makoto Tokunaga, Yasushi Obora and Yasushi Tsuji : Rate Enhancement with a Bowl-shaped Phosphine in the Rhodium Catalyzed Hydrosilylation of Ketones, IKCOC-9, (巻), (号), (頁), Kyoto, Nov. 2003..[著者] ...
閲覧 Tetsuo Iwasawa, Makoto Tokunaga, Yasushi Obora and Yasushi Tsuji : パラジウム錯体触媒によるアルコールの空気酸化:3位に大きな置換基を有するピリジン配位子の顕著な効果, 北海道大学触媒化学研究センター国際シンポジウム, (巻), (号), (頁), Sapporo, Nov. 2003..[著者] ...
閲覧 井口 麻由, 畑 誠司, Tetsuo Iwasawa and 富岡 清 : Lithium Amide-Activated Asymmetric Reaction of Lithium Enolate of Acetate with Imines, IKCOC-9, (巻), (号), (頁), Kyoto, Nov. 2003..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎, 饒村 修, 徳永 信, 大洞 康嗣, 澤田 直樹, 辻 康之 : 半球型ナノサイズホスフィンを用いたヒドロシリル化反応における遠隔位立体効果に関する研究, 日本化学会第84春季年会, (巻), (号), (頁), 2004年3月..[著者] ...
閲覧 Seiji Hata, Mayu Iguchi, Tetsuo Iwasawa, Ken-Ichi Yamada and Kiyoshi Tomioka : Lithium Amide -Assisted Asymmetric Manich-Type Reactions of Menthyl Alkanoates with Aldimines., Organic Letters, Vol.6, No.11, 1721-1723, 2004..[著者] ...
閲覧 Tetsuo Iwasawa, Makoto Tokunaga, Yasushi Obora and Yasushi Tsuji : Homogeneous Palladium Catalyst Suppressing Pd Black Formation in Air Oxidation of Alcohols, Journal of the American Chemical Society, Vol.126, No.21, 6554-6555, 2004..[著者] ...
閲覧 Seiji Hata, Tetsuo Iwasawa, Mayu Iguchi, Ken-Ichi Yamada and Kiyoshi Tomioka : Catalytic Enhancement Effect of a Chiral Ligand on the Asymmetric Mannich-Type Reactions of Menthyl Alkanoates with Aldimines, Synthesis, Vol.9, 1471-1475, 2004..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎, 徳永 信, 大洞 康嗣, 辻 康之 : アリール塩化物を用いた鈴木-宮浦反応におけるテトラフェニルフェニル基を持つトリアリール型リン配位子の顕著な効果, 第51回 有機金属化学討論会, (巻), (号), (頁), 2004年10月..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎, 徳永 信, 大洞 康嗣, 辻 康之 : アルコールの空気酸化反応における新規ピリジン配位子のパラジウム黒抑制効果, 第37回 酸化反応討論会, (巻), (号), (頁), 2004年11月..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎, 徳永 信, 大洞 康嗣, 辻 康之 : テトラフェニルベンゼン環を持つ新規トリアリール型リン配位子によるアリール塩化物の高効率変換法, 環境保全のためのナノ構造制御触媒及び新材料の創製 公開シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2004年11月..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Aoyama, Makoto Tokunaga, Jyunya Kiyosu, Tetsuo Iwasawa, Yasushi Obora and Yasushi Tsuji : Palladium-Diamine Complexes Catalyzed Kinetic Resolution of Axially Chiral 2,2'-Dihydroxybiaryls, The International Symposium on Dynamic Complexes, (巻), (号), (頁), (都市), Jan. 2005..[著者] ...
閲覧 青山 洋史, 徳永 信, 清須 純也, 岩澤 哲郎, 大洞 康嗣, 辻 康之 : 光学活性ジアミン-パラジウム触媒系による軸不斉2,2'‐ジヒドロキシビアリール類の速度論的光学分割, SORSTジョイントシンポジウム 進化する有機合成化学, (巻), (号), (頁), 2005年1月..[著者] ...
閲覧 青山 洋史, 徳永 信, 清須 純也, 岩澤 哲郎, 大洞 康嗣, 辻 康之 : パラジウム触媒を用いた軸不斉2,2'‐ジヒドロキシビアリール類の速度論的光学分割, 日本化学会第85春季年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月..[著者] ...
閲覧 原田 早紀, 徳永 信, 岩澤 哲郎, 大洞 康嗣, 辻 康之 : パラジウム触媒を用いたケトンから共役エノンへの脱水素的酸化反応, 日本化学会第85回春季年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月..[著者] ...
閲覧 清須 純也, 徳永 信, 岩澤 哲郎, 大洞 康嗣, 辻 康之 : 銅触媒を用いたアズラクトンの加アルコール分解による速度論的光学分割法の開発, 日本化学会第85回春季年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月..[著者] ...
閲覧 遠藤 礼隆, 岩澤 哲郎, 徳永 信, 大洞 康嗣, 雀部 博之, 辻 康之, 安達 千波矢 : ピリジン誘導体をホスト材料とする高効率有機りん光LED素子, 第52回 応用物理学関係連合講演会, (巻), (号), (頁), 2005年3月..[著者] ...
閲覧 駒野 朋子, 岩澤 哲郎, 徳永 信, 大洞 康嗣, 辻 康之 : アリール塩化物を用いた溝呂木-Heck反応におけるテトラフェニルフェニル基を持つトリアリール型リン配位子の効果, 日本化学会第85回春季年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月..[著者] ...
閲覧 駒野 朋子, 岩澤 哲郎, 徳永 信, 大洞 康嗣, 辻 康之 : MALDI-TOF-MSによるパラジウム黒の形成過程に関する研究, 日本化学会第85春季年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月..[著者] ...
閲覧 徳永 信, 青山 洋史, 清須 純也, 白金 友輝, 岩澤 哲郎, 大洞 康嗣, 辻 康之 : 不斉加アルコール分解による速度論的光学分割, 第4回 特定領域研究「動的錯体の自在制御化学」公開シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年5月..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Aoyama, Makoto Tokunaga, Junya Kiyosu, Tetsuo Iwasawa, Yasushi Obora and Yasushi Tsuji : Kinetic Resolution of Axially Chiral 2,2'-Dihydroxy-1,1'-biaryls by Palladium-Catalyzed Alcoholysis., Journal of the American Chemical Society, Vol.127, No.30, 10474-10475, 2005..[著者] ...
閲覧 Osamu Niyomura, Tetsuo Iwasawa, Naoki Sawada, Makoto Tokunaga, Yasushi Obora and Yasushi Tsuji : A Bowl-Shaped Phosphine as a Ligand in Rhodium-Catalyzed Hydrosilylation: Rate Enhancement by a Mono(phosphine) Rhodium Species., Organometallics, Vol.24, No.14, 3468-3475, 2005..[著者] ...
閲覧 畑 誠司, 井口 麻由, 岩澤 哲郎, 山田 健一, 富岡 清 : リチウム酢酸エステルエノラートのイミンへの不斉付加反応, 第87回 有機合成シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年6月..[著者] ...
閲覧 徳永 信, 青山 洋史, 清須 純也, 白金 友輝, 岩澤 哲郎, 大洞 康嗣, 辻 康之 : 加水分解及び加アルコール分解を利用した速度論的光学分割, 第87回 有機合成シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年6月..[著者] ...
閲覧 Tomoko Komano, Tetsuo Iwasawa, Makoto Tokunaga, Yasushi Obora and Yasushi Tsuji : MALDI TOF Mass Study on Oligomerization of Pd(OAc)2(L)2 (L=Pyridine Derivatives): Relevance to Pd Black Formation in Pd-Catalyzed Air Oxidation of Alcohols., Organic Letters, Vol.7, No.21, 4677-4679, 2005..[著者] ...
閲覧 徳永 信, 青山 洋史, 清須 純也, 白金 友輝, 岩澤 哲郎, 大洞 康嗣, 辻 康之 : パラジウム及び銅触媒による加アルコール分解を利用した速度論的光学分割, 第52回 有機金属化学討論会, (巻), (号), (頁), 2005年9月..[著者] ...
閲覧 原田 早紀, 徳永 信, 岩澤 哲郎, 大洞 康嗣, 辻 康之 : パラジウム触媒によるケトンからエノンへの酸素酸化反応, 第38回 酸化反応討論会, (巻), (号), (頁), 2005年11月..[著者] ...
閲覧 Makoto Tokunaga, Hiroshi Aoyama, Jyunya Kiyosu, Tetsuo Iwasawa, Yasushi Obora and Yasushi Tsuji : Asymmetric alcoholysis of axially chiral vinyl ethers catalyzed by Pd complexes with a chiral diamine bearing tetraphenylphenyl group., 環太平洋化学国際会議, (巻), (号), (頁), Honolulu, Dec. 2005..[著者] ...
閲覧 Tomoko Komano, Tetsuo Iwasawa, Makoto Tokunaga, Yasushi Obora and Yasushi Tsuji : Triarylphosphine ligand having a tetraphenylphenyl moiety: Remarkable effect in catalytic reactions of aryl chlorides, 環太平洋化学国際会議, (巻), (号), (頁), Honolulu, Dec. 2005..[著者] ...
閲覧 Jyunya Kiyosu, Makoto Tokunaga, Tetsuo Iwasawa, Yasushi Obora and Yasushi Tsuji : Copper catalyzed kinetic resolution of azlactones by alcoholysis, 環太平洋化学国際会議, (巻), (号), (頁), Honolulu, Dec. 2005..[著者] ...
閲覧 Tetsuo Iwasawa, Enrique Mann and Julius Rebek : A Reversible Reaction Inside a Self-Assembled Capsule., Journal of the American Chemical Society, Vol.128, No.29, 9308-9309, 2006..[著者] ...
閲覧 Tetsuo Iwasawa, Dariush Ajami and Julius Rebek : Experimental and Computational Probes of a Self-Assembled Capsule., Organic Letters, Vol.8, No.14, 2925-2928, 2006..[著者] ...
閲覧 Dariush Ajami, Tetsuo Iwasawa and Julius Rebek : Experimental and Computational Probes of the Space in a Self-Assembled Capsule., Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.103, No.24, 8934-8936, 2006..[著者] ...
閲覧 Tetsuo Iwasawa, Tomoko Komano, Atsunori Tajima, Makoto Tokunaga, Yasushi Obora and Yasushi Tsuji : Phosphines Having a 2,3,4,5-Tetraphenylphenyl Moiety: Effective Ligands in Palladium-catalyzed Transformations of Aryl Chloride, Organometallics, Vol.25, No.19, 4665-4669, 2006..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎, Enrique Mann, Rebek Julius : 包接化が促進する異性化反応, 第21回生体機能関連化学部会,第9回バイオテクノロジー部会,第9回生命化学研究会 合同シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年9月..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎, Enrique Mann, Rebek Julius : 包接化が促進する異性化反応, 静岡大学大学院理学研究科, (巻), (号), (頁), 2006年10月..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎, Enrique Mann, Rebek Julius : A Reversible Reaction inside a Self-Assembled Capsule, 第18回 基礎有機化学連合討論会, (巻), (号), (頁), 2006年10月..[著者] ...
閲覧 Makoto Tokunaga, Hiroshi Aoyama, Junya Kiyosu, Yuki Shirogane, Tetsuo Iwasawa, Yasushi Obora and Yasushi Tsuji : Metal Complexes-catalyzed Hydrolysis and Alcoholysis of Organic Substrates and their Application to Kinetic Resolution, Journal of Organometallic Chemistry, Vol.692, No.1-3, 472-480, 2007..[著者] ...
閲覧 Hidetoshi Ohta, Makoto Tokunaga, Yasushi Obora, Tomohiro Iwai, Tetsuo Iwasawa, Tetsuaki Fujihara and Yasushi Tsuji : A Bowl-Shaped Phosphine as a Ligand in Palladium-Catalyzed Suzuki-Miyaura Coupling of Aryl Chlorides: Effect of the Depth of the Bowl., Organic Letters, Vol.9, No.1, 89-92, 2007..[著者] ...
閲覧 Tetsuo Iwasawa, Paul Wash, Christoph Gibson and Julius Rebek : Reaction of an Introverted Carboxylic Acid with Carbodiimide, Tetrahedron, Vol.63, No.28, 6506-6511, 2007..[著者] ...
閲覧 Tetsuo Iwasawa, Richard Hooley and Julius Rebek : Stabilization of Labile Carbonyl Addition Intermediates by a Synthetic Receptor, Science, Vol.317, No.5837, 493-496, 2007..[著者] ...
閲覧 Makoto Tokunaga, Saki Harada, Tetsuo Iwasawa, Yasushi Obora and Yasushi Tsuji : Palladium-catalyzed oxidation of cyclohexanones to conjugated enones using molecular oxygen, Tetrahedron Letters, Vol.48, No.39, 6860-6862, 2007..[著者] ...
閲覧 Dariush Ajami, Tetsuo Iwasawa and Julius Rebek : Explorations of the inner space of a cylindrical capsule, 234th ACS National Meeting, Boston, Aug. 2007..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎 : 反応中間体ヘミアミナールを観測可能にした包接化現象, 第23回若手化学者のための化学道場, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎, Hooley Richard, Julius Rebek : 不安定なカルボニル付加中間体を観測可能にした包接化現象, 弟37回構造有機化学討論会, 2007年10月..[著者] ...
閲覧 Richard Hooley, Tetsuo Iwasawa and Julius Rebek : Detection of Reactive Tetrahedral Intermediates in a Deep Cavitand with an Introverted Functionality, Journal of the American Chemical Society, Vol.129, No.49, 15330-15339, 2007..[著者] ...
閲覧 Richard Hooley, Per Restop, Tetsuo Iwasawa and Julius Rebek : Cavitands with Introverted Functionality Stabilize Tetrahedral Intermediates, Journal of the American Chemical Society, Vol.129, No.50, 15639-15643, 2007..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎 : 不安定反応中間体の包接による安定化, 第13回スクリプス・バイオメディカルフォーラム, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎 : To See the Unseen Molecules, 関西大学 工学部, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 ナズルル イスラム, 岩澤 哲郎, 西内 優騎, 大井 高, 田中 均, 河村 保彦 : アリールクムレン及び関連化合物とテトラシアノエチレンの反応による特異な環状化合物の生成, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 梅本 直, 西内 優騎, 高橋 祐樹, Kaynoy Khounvisith, 岩澤 哲郎, 河村 保彦 : 官能基化ニトリルオキシド合成等価体としてのα-ヒドロキシ環状付加反応の活性化と続く開環反応, 第88春季年会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎, 亀井 俊徳, 西内 優騎, 河村 保彦 : リチオ化を基盤としたポリフェニルベンゼン環の誘導体合成, 第88春季年会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎, 西本 宜記, 西内 優騎, 河村 保彦 : キャビタンドを基盤とした新規リン化合物の合成, 第88春季年会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 Siddhartha Shenoy, Fernando Crisostomo Pinacho, Tetsuo Iwasawa and Julius Rebek : Organocatalysis In a Synthetic Receptor with an Inwardly Directed Carboxylic Acid, Journal of the American Chemical Society, Vol.130, No.17, 5658-5659, 2008..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎 : 有機電子材料の創発を可能にする新規π系分子群の構築, 第13回加藤科学振興会, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 Tetsuo Iwasawa, Yoshiki Nishimoto, Kento Hama, Toshinori Kamei, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Synthesis of the functionalized cavitands with inwardly directed dialkylsilyl groups and phosphorous lone pairs, Tetrahedron Letters, Vol.49, No.32, 4758-4762, 2008..[著者] ...
閲覧 Tetsuo Iwasawa, Toshinori Kamei, Kento Hama, Yoshiki Nishimoto, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Straightforward access to functionalized pentaarylbenzene derivatives through a quick lithiation, Tetrahedron Letters, Vol.49, No.36, 5244-5246, 2008..[著者] ...
閲覧 Nazrul Islam, Takashi Ooi, Tetsuo Iwasawa, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Reaction of Tetraarylallene with Tetracyanoethylene: Generation of Novel 4,10c-Diazaacephenanthrylene, The 8th International Symposium on Functional pi-Electron Synstems, Graz, July 2008..[著者] ...
閲覧 Nazrul Islam, Takashi Ooi, Tetsuo Iwasawa, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Thermal Cyclotrimerization of Tetraphenyl[5]cumulene (Tetraphenylhexapentaene) to Sterically Overcrowded Tricyclodecadiene Derivative, The 8th International Symposium on Functional pi-Electron Systems, Graz, July 2008..[著者] ...
閲覧 Tetsuo Iwasawa, Toshinori Kamei, Satoshi Watanabe, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : A functionalized phosphine ligand with a pentaarylbenzene moiety in palladium-catalyzed Suzuki-Miyaura coupling of aryl chlorides, Tetrahedron Letters, Vol.49, No.52, 7430-7433, 2008..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎, 亀井 俊徳, 西内 優騎, 河村 保彦 : ペンタアリールベンゼン環を有する新規誘導体合成とその触媒反応への利用, 2008年日本化学会西日本大会講演要旨集, 81, 2008年11月..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎, 西本 宜記, 西内 優騎, 河村 保彦 : クレフト型ジオール構造を鍵とするアニオン認識, 日本化学会西日本大会, 149, 2008年11月..[著者] ...
閲覧 Nazrul Islam, Takashi Ooi, Tetsuo Iwasawa, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Thermal cyclotrimerization of tetraphenyl[5]cumulene (tetraphenylhexapentaene) to a tricyclodecadiene derivative, Chemical Communications, Vol.2009, No.5, 574-576, 2009..[著者] ...
閲覧 金 幸美, 辻 めぐみ, 岡田 浩太郎, 岩澤 哲郎, 西内 優騎, 河村 保彦 : [60]フラーレンと化学修飾メソイオン化合物との付加環化反応: 長鎖アルコキシフェニル基または糖鎖連結メソイオン化合物, 日本化学会第89春季年会講演予稿集, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎, 西本 宜記, 西内 優騎, 河村 保彦 : アミノ酸の側鎖構造の違いが与えるアニオン認識能への影響, 日本化学会第89春季年会講演予稿集, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 炭本 真, 林 達也, 岩澤 哲郎, 西内 優騎, 河村 保彦 : トリおよびテトラアリール置換エテンの光幾何異性化反応, 日本化学会第89春季年会講演予稿集, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 川崎 昂, 別宮 慎二郎, 岩澤 哲郎, 西内 優騎, 河村 保彦 : 光トリガーを内包したエンジイン前駆体の水素引抜きとDNA切断活性, 日本化学会第89春季年会講演予稿集, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 肥田 和男, 金岡 大樹, 岩澤 哲郎, 西内 優騎, 河村 保彦 : アリールブタトリエンの電荷移動反応:sp混成窒素を有する安定な環状化合物の生成, 日本化学会第89春季年会講演予稿集, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 岩澤 哲郎, 亀井 俊徳, 西内 優騎, 河村 保彦 : 軸不斉を有するオルト3置換ビアリールの触媒的直接合成, 日本化学会第89春季年会講演予稿集, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 梅本 直, 西内 優騎, 岩澤 哲郎, 河村 保彦 : ニトロナートによるα-置換アリリックMgアルコキシドへの立体選択的環状付加反応およびアルコキシド添加効果, 日本化学会第89春季年会講演予稿集, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 高橋 祐樹, 西内 優騎, 梅本 直, 岩澤 哲郎, 河村 保彦 : 3-カルボニル置換-2-イソオキサゾリジンの還元および位置選択的開裂反応による官能基変換, 日本化学会第89春季年会講演予稿集, 2009年3月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.14, Max(EID) = 383263, Max(EOID) = 1024353.