『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.薬学研究科 (2004年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 364件 + 無効な情報: 8件 = 全ての情報: 372件

全ての有効な情報 (364件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(361)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(361)
閲覧 (未定義) …(3)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 大髙 章, 藤井 信孝 : 膜融合阻害性抗ウイルスペプチドの開発, 化学工業, Vol.57, No.10, 797-801, 2006年10月..[組織] ...
閲覧 藤井 信孝, 大石 真也, 大髙 章 : プロテオミクスを基盤とするケミカルバイオロジー -情報から制御へ, Bionics, Vol.3, No.10, 46-51, 2006年10月..[組織] ...
閲覧 小倉 圭司, 平川 寛子, 重永 章, 大髙 章 : AMP化タンパク質の機能解明に向けたAMP化アミノ酸誘導体の創製, 日本ケミカルバイオロジー学会第6回年会, (巻), (号), (頁), 2011年5月..[組織] ...
閲覧 Ko Morishita, Keiko Yamaguchi, Hao Ding, Akira Shigenaga, Kenichi Akaji and Akira Otaka : Development of stimulus responsive thiol releasing system for controlling activity of cysteine protease, Peptide Science 2010, Vol.2010, No.0, 290, 2011..[組織] ...
閲覧 Jun Yamamoto, Nami Maeda, Masaya Denda, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of recapturable cleavable linker for efficient enrichment and specific labeling of target proteins, Peptide Science 2010, Vol.2010, No.0, 232, 2011..[組織] ...
閲覧 Keiji Ogura, Hiroko Hirakawa, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Synthesis of nonhydrolyzable AMPylated amino acid analogues for uncovering the physiological role of AMPylation, Peptide Science 2010, Vol.2010, No.0, 205, 2011..[組織] ...
閲覧 Kohei Sato, Shugo Tsuda, Nami Maeda, Masaya Denda, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Native chemical ligation using N-peptidyl anilide as crypto-thioester, Peptide Science 2010, Vol.2010, No.0, 203, 2011..[組織] ...
閲覧 Akira Shigenaga, Jun Yamamoto, Naomi Nishioka, Masaya Denda and Akira Otaka : Enantioselective synthesis of stimulus-responsive amino acid via pyrrolidinyl tetrazole catalyzed asymmetric -amination of aldehyde, Peptide Science 2010, Vol.2010, No.0, 202, 2011..[組織] ...
閲覧 Kohei Tsuji, Yoshitake Sumikawa, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Takahiko Hara and Akira Otaka : Synthesis and biological evaluation of CXCL14 and its derivatives, Peptide Science 2010, Vol.2010, No.0, 182, 2011..[組織] ...
閲覧 Akira Otaka and Akira Shigenaga : Development of amide bond cleavage device with application to chemical biology use, Peptide Science 2010, Vol.2010, No.0, 49, 2011..[組織] ...
閲覧 Kohei Tsuji, Akira Shigenaga, Yoshitake Sumikawa, Kosuke Tanegashima, Kohei Sato, Keisuke Aihara, Takahiko Hara and Akira Otaka : Application of N-C- or C-N-directed sequential native chemical ligation to the preparation of CXCL14 analogs and their biological evaluation, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.19, No.13, 4014-4020, 2011..[組織] ...
閲覧 Kohei Tsuji, Yoshitake Sumikawa, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Takahiko Hara and Akira Otaka : Synthesis of CXCL14 and its derivatives utilizing C to N or N to C directive sequential NCL protocol, 22nd American Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), San Diego, June 2011..[組織] ...
閲覧 Kohei Sato, Shugo Tsuda, Kohei Tsuji, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga and Akira Otaka : N-sulfanylethylanilide derivative as a peptide thioester equivalent, 22nd American Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), San Diego, June 2011..[組織] ...
閲覧 Jun Yamamoto, Tomohiro Tanaka, Masaya Denda, Akira Shigenaga, Wataru Nomura, Hirokazu Tamamura and Akira Otaka : Design and synthesis of traceable linker for efficient enrichment and specific labeling of target proteins, 22nd American Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), San Diego, June 2011..[組織] ...
閲覧 小倉 圭司, 平川 寛子, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質AMP化の生理学的意義解明に向けたAMP化アミノ酸誘導体の創製, 創薬懇話会2011, (巻), (号), (頁), 2011年7月..[組織] ...
閲覧 佐藤 浩平, 津田 修吾, 坂本 健, 重永 章, 大髙 章 : 簡便かつ効率的タンパク質化学合成法の開発, 創薬懇話会2011, 2011年7月..[組織] ...
閲覧 Kohei Sato, Akira Shigenaga, Kohei Tsuji, Shugo Tsuda, Yoshitake Sumikawa, Ken Sakamoto and Akira Otaka : N-Sulfanylethylanilide Peptide as a Crypto-Thioester Peptide, ChemBioChem, Vol.12, No.12, 1840-1844, 2011..[組織] ...
閲覧 Kohei Tsuji, Yoshitake Sumikawa, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Takahiko Hara and Akira Otaka : Synthesis of CXCL14 and its derivatives utilizing C to N or N to C directive sequential NCL protocol, Proceedings of the Twenty-Second American Peptide Symposium, (巻), (号), 74-75, 2011..[組織] ...
閲覧 Akira Otaka and Akira Shigenaga : Development of nucleocytoplasmic shuttle peptide using stimulus-responsive processing device, 日本生物物理学会第49回年会, (巻), (号), (頁), Sep. 2011..[組織] ...
閲覧 Kohei Sato, Shugo Tsuda, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga and Akira Otaka : N-Sulfanylethylanilide peptide: a peptide thioester equivalent which can directly participate in native chemical ligation, 第48回ペプチド討論会, (巻), (号), (頁), Sep. 2011..[組織] ...
閲覧 Akira Shigenaga, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Keiji Ogura, Masaya Denda, Keiko Yamaguchi and Akira Otaka : Caged ceramide which releases parent ceramide after UV-induced amide bond cleavage followed by intramolecular O-N acyl transfer, 第48回ペプチド討論会, (巻), (号), (頁), Sep. 2011..[組織] ...
閲覧 Hao Ding, Kohei Sato, Ko Morishita, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Double-kinetically controlled proline ligation, 第48回ペプチド討論会, (巻), (号), (頁), Sep. 2011..[組織] ...
閲覧 Akira Shigenaga, Ko Morishita, Keiko Yamaguchi, Hao Ding, Koji Ebisuno, Kohei Sato, Jun Yamamoto, Kenichi Akaji and Akira Otaka : Development of UV-responsive catch-and-release system of a cysteine protease model peptide, Tetrahedron, Vol.67, No.46, 8879-8886, 2011..[組織] ...
閲覧 Hao Ding, Akira Shigenaga, Kohei Sato, Ko Morishita and Akira Otaka : Dual kinetically-controlled native chemical ligation using a combination of sulfanylproline and sulfanylethylanilide peptide, Organic Letters, Vol.13, No.20, 5588-5591, 2011..[組織] ...
閲覧 Akira Shigenaga, Masaya Denda, Keiji Ogura, Koji Ebisuno and Akira Otaka : Development of caged nonhydrolyzable phosphoserine and its incorporation into biomineralization-related peptide, The 1st International Symposium on Fusion Materials Program, (巻), (号), (頁), Toba, Oct. 2011..[組織] ...
閲覧 佐藤 浩平, 津田 修吾, 坂本 健, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質化学合成を指向したワンポット4成分連続縮合法の開発, 第37回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[組織] ...
閲覧 丁 昊, 佐藤 浩平, 森下 巧, 重永 章, 大髙 章 : 4-メルカプトプロリンを用いたペプチドフラグメント縮合法の開発, 第37回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[組織] ...
閲覧 小倉 圭司, 平川 寛子, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質AMP化の生理学的意義解明を指向した新規分子ツールの開発, 第37回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[組織] ...
閲覧 坂本 健, 佐藤 浩平, 津田 修吾, 重永 章, 大髙 章 : ペプチドチオエステル合成用アニリン型補助基への効率的アミノ酸導入法の開発, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[組織] ...
閲覧 傳田 将也, 小倉 圭司, 戎野 紘司, 重永 章, 大髙 章 : リン酸化タンパク質の機能解明に向けた紫外線応答型リン酸化アミノ酸誘導体の合成研究, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[組織] ...
閲覧 辻 耕平, 住川 栄健, 種子島 幸祐, 重永 章, 原 孝彦, 大髙 章 : CXCL14およびその誘導体の効率的合成法の開発と活性評価, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[組織] ...
閲覧 小倉 圭司, 平川 寛子, 傳田 将也, 重永 章, 大髙 章 : AMP化タンパク質の機能解明を指向したペプチド性分子ツールの開発, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[組織] ...
閲覧 重永 章 : 刺激応答型アミノ酸の開発とケミカルバイオロジー分野への展開, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : 標的タンパク質捕捉の科学, 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部第8回公開シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[組織] ...
閲覧 Kohei Tsuji, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Keisuke Aihara, Hao Ding, Masaya Denda, Takahiko Hara and Akira Otaka : The First Accomplishment of Development of CXCL14 Antagonistic Peptide by Dimerization of CXCL14 Fragment, 8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium, (巻), (号), (頁), Tokyo, Nov. 2011..[組織] ...
閲覧 Jun Yamamoto, Tomohiro Tanaka, Masaya Denda, Koji Ebisuno, Akira Shigenaga, Wataru Nomura, Hirokazu Tamamura and Akira Otaka : Application of Stimulus-responsive Amino Acid to Traceable Linker for Efficient Enrichment and Specific Labeling of Target Proteins, 8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium, (巻), (号), (頁), Tokyo, Nov. 2011..[組織] ...
閲覧 Kohei Sato, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Native chemical ligation (NCL) without using peptide thioester, 14th Peptide Forum, (巻), (号), (頁), Dec. 2011..[組織] ...
閲覧 重永 章 : ペプチド高次構造の制御を指向した紫外線応答型保護基の開発, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第4回公開シンポジウム, 2012年1月..[組織] ...
閲覧 Kohei Sato, Shugo Tsuda, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga and Akira Otaka : N-Sulfanylethylanilide peptide: a peptide thioester equivalent which can directly participate in native chemical ligation, Peptide Science 2011, 13-14, 2012..[組織] ...
閲覧 Hao Ding, Kohei Sato, Ko Morishita, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Doubly-kinetically controlled proline ligation, Peptide Science 2011, 133-134, 2012..[組織] ...
閲覧 Akira Shigenaga, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Keiji Ogura, Masaya Denda, Keiko Yamaguchi and Akira Otaka : Caged ceramide which releases parent ceramide after UV-induced amide bond cleavage followed by intramolecular O-N acyl transfer, Peptide Science 2011, 385-386, 2012..[組織] ...
閲覧 重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドペプチドの開発, FUSION MATERIALS NEWS, No.6, 2012年2月..[組織] ...
閲覧 山本 純, 田中 智博, 傳田 将也, 戎野 紘司, 野村 渉, 重永 章, 玉村 啓和, 大髙 章 : フッ化物イオン応答型アミノ酸の開発と標的タンパク質精製ツールへの応用, 日本薬学会第132回年会, 2012年3月..[組織] ...
閲覧 丁 昊, 佐藤 浩平, 森下 巧, 重永 章, 大髙 章 : 4-チオプロリンを用いたNative Chemical Ligation法の開発, 日本薬学会第132回年会, 2012年3月..[組織] ...
閲覧 傳田 将也, 小倉 圭司, 戎野 紘司, 重永 章, 大髙 章 : リン酸化タンパク質の機能解明に向けたケージド非水解性リン酸化アミノ酸含有ペプチドの合成研究, 日本薬学会第132回年会, 2012年3月..[組織] ...
閲覧 粟飯原 圭佑, 辻 耕平, 丁 昊, 傳田 将也, 種子島 幸祐, 重永 章, 原 孝彦, 大髙 章 : CXCL14・CXCL12デュアルアンタゴニストペプチドの創製, 日本薬学会第132回年会, 2012年3月..[組織] ...
閲覧 戎野 紘司, 山本 純, 重永 章, 大髙 章 : 新規チオール応答型アミノ酸の合成とDNA放出システムへの展開, 日本薬学会第132回年会, 2012年3月..[組織] ...
閲覧 坂本 健, 佐藤 浩平, 津田 修吾, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質化学合成を指向したN-アミノアシルN-置換アニリンリンカーの効率的合成法の開発, 日本薬学会第132回年会, 2012年3月..[組織] ...
閲覧 重永 章, 山本 純, 大髙 章 : 遺伝子医学MOOK 21号 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用, 刺激応答型アミノ酸の開発と生命科学分野への応用, メディカルドゥ, (都市), 2012年4月..[組織] ...
閲覧 Akira Shigenaga, Keiji Ogura, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka : Development of a reduction-responsive amino acid that induces peptide bond cleavage in hypoxic cells, ChemBioChem, Vol.13, 968-971, 2012..[組織] ...
閲覧 Keiji Ogura, Akira Shigenaga, Koji Ebisuno, Hiroko Hirakawa and Akira Otaka : Fmoc-based solid phase synthesis of adenylylated peptides using diester-type adenylylated amino acid derivatives, Tetrahedron Letters, Vol.53, No.27, 3429-3432, 2012..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : 情報発信型人工タンパク質創製に向けた有機・生物有機化学的挑戦, 第101回有機合成シンポジウム2012年【春】, (巻), (号), (頁), 2012年6月..[組織] ...
閲覧 山本 純, 傳田 将也, 戎野 紘司, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : フッ化物イオン応答型トレーサブルリンカーを利用したタンパク質精製法の開発, 日本ケミカルバイオロジー学会第7回年会, (巻), (号), (頁), 2012年6月..[組織] ...
閲覧 傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 吉村 好之, 山内 あい子, 大髙 章 : 新規タンパク質選択的ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究, 日本ケミカルバイオロジー学会第7回年会, (巻), (号), (頁), 2012年6月..[組織] ...
閲覧 重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドペプチドの創製, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第5回公開シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2012年6月..[組織] ...
閲覧 重永 章 : ''化学''でペプチド・タンパク質を操る, 薬学部だより, Vol.10, (号), 4, 2012年7月..[組織] ...
閲覧 佐藤 浩平, 北風 圭介, 坂本 健, 重永 章, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 大髙 章 : タンパク質完全化学合成∼ケミストによるタンパク質医薬品開発を目指して∼, 第44回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2012年8月..[組織] ...
閲覧 丁 昊, 佐藤 浩平, 森下 巧, 重永 章, 大髙 章 : 4-チオプロリンを用いたDual-kinetic NCL法の開発, 第44回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2012年8月..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : 情報発信型人工タンパク質創製に向けた有機・生物有機化学的挑戦, アステラス製薬シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2012年8月..[組織] ...
閲覧 Ken Sakamoto, Kohei Sato, Akira Shigenaga, Kohei Tsuji, Shugo Tsuda, Hajime Hibino, Yuji Nishiuchi and Akira Otaka : Synthetic procedure for N-Fmoc amino acyl-N-sulfanylethylaniline linker as crypto-peptide thioester precursor with application to native chemical ligation, The Journal of Organic Chemistry, Vol.77, No.16, 6948-6958, 2012..[組織] ...
閲覧 Akira Otaka, Kohei Sato, Hao Ding and Akira Shigenaga : One-pot/sequential native chemical ligation using N-sulfanylethylanilide peptide, Chemical Record, Vol.12, No.5, 479-490, Aug. 2012..[組織] ...
閲覧 重永 章 : 刺激応答型アミノ酸を基盤とした生命科学分野へのアプローチ, 生有研シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2012年8月..[組織] ...
閲覧 重永 章, 大髙 章 : ''化学''でペプチド・タンパク質をあやつる, 第28回若手化学者のための化学道場, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[組織] ...
閲覧 Kohei Tsuji, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Keisuke Aihara, Masaya Denda, Hao Ding, Takahiko Hara and Akira Otaka : Development of novel antagonistic peptide for CXCL14 receptor, The 6th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences, (巻), (号), (頁), Suita, Sep. 2012..[組織] ...
閲覧 Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : Chemical synthesis of human GM2 activator protein analog using SEAlide peptide-mediated one-pot multi-fragment condensation, The 6th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences, Suita, Sep. 2012..[組織] ...
閲覧 辻 大輔, 北風 圭介, 難波 建多朗, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 伊藤 孝司 : 新規人工蛍光基質を用いた活性染色によるリソソーム酵素の脳内補充効果のin vivoイメージング, 第31回日本糖質学会年会, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : 生体有機化学 第12章 生理活性ペプチドホルモン, 株式会社 東京化学同人, (都市), 2012年10月..[組織] ...
閲覧 重永 章, 山本 純, 前田 奈美, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質の精製およびラベル化を可能とするトレーサブルリンカーの開発, 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」第2回若手研究者ワークショップ, (巻), (号), (頁), 2012年10月..[組織] ...
閲覧 Masaya Denda, Jun Yamamoto, Kohei Sato, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka : Development of a novel chemical probe that enables selective labeling of proteins, The 1st International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity, (巻), (号), (頁), Kyoto, Oct. 2012..[組織] ...
閲覧 Akira Otaka : Development of "Tracable Linkerfor" Protein Idebtification Using Stimulus-responsive Amino Acid, The 1st International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity, (巻), (号), (頁), Kyoto, Oct. 2012..[組織] ...
閲覧 Kohei Tsuji, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Keisuke Aihara, Masaya Denda, Hao Ding, Takahiko Hara and Akira Otaka : Synthesis of antagonistic peptide for putative CXCL14 receptor proteins and their identification, 第49回ペプチド討論会, (巻), (号), (頁), Nov. 2012..[組織] ...
閲覧 Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : Convergent chemical synthesis of human GM2 activator protein analog using SEAlide chemistry, 第49回ペプチド討論会, (巻), (号), (頁), Nov. 2012..[組織] ...
閲覧 Ken Sakamoto, Kohei Sato, Akira Shigenaga, Kohei Tsuji, Shugo Tsuda, Hajime Hibino, Yuji Nishiuchi and Akira Otaka : Development of efficient synthetic protocol for Fmoc amino acid-incorporated N-sulfanylethyl-aniline linker as peptide thioester precursor, 第49回ペプチド討論会, (巻), (号), (頁), Nov. 2012..[組織] ...
閲覧 Akira Shigenaga, Keiji Ogura, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka : Design and synthesis of hypoxia-responsive amino acid which causes peptide bond cleavage in hypoxic cells, 第49回ペプチド討論会, (巻), (号), (頁), Nov. 2012..[組織] ...
閲覧 Akira Shigenaga : Development of stimulus-responsive amino acids and their application to peptide based chemical biology, 第49回ペプチド討論会, (巻), (号), (頁), Nov. 2012..[組織] ...
閲覧 北 未来, 山本 純, 戎野 紘司, 重永 章, 大髙 章 : 酸化ストレス応答型アミノ酸の開発研究, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2012年11月..[組織] ...
閲覧 傳田 将也, 山本 純, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : タンパク質選択的ラベル化法の開発研究, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2012年11月..[組織] ...
閲覧 粟飯原 圭佑, 重永 章, 辻 耕平, 佐藤 浩平, 大髙 章 : タンパク質化学合成を指向した多成分ペプチドフラグメント縮合法の開発, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第5回若手スクール, (巻), (号), (頁), 2012年11月..[組織] ...
閲覧 重永 章 : ''化学''による生命現象制御をめざして, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第5回若手スクール, (巻), (号), (頁), 2012年11月..[組織] ...
閲覧 戎野 紘司, 傳田 将也, 小倉 圭司, 寺脇 拓, 重永 章, 大髙 章 : ケージド非水解性リン酸化アミノ酸含有ペプチドの合成とタンパク質結合能の評価, 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2012年11月..[組織] ...
閲覧 佐藤 浩平, 北風 圭介, 坂本 健, 重永 章, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 大髙 章 : リソソーム病治療薬を指向したヒトGM2活性化タンパク質誘導体の化学合成と活性評価, 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2012年11月..[組織] ...
閲覧 辻 耕平, 種子島 幸祐, 重永 章, 粟飯原 圭佑, 丁 昊, 傳田 将也, 原 孝彦, 大髙 章 : CXCL14受容体の同定とそのアンタゴニストペプチドの合成, 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2012年11月..[組織] ...
閲覧 山本 純, 傳田 将也, 戎野 紘司, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : フッ化物イオン応答型トレーサブルリンカーを利用したタンパク質精製実験, 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2012年11月..[組織] ...
閲覧 北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : 酵素の分子構造改変に基づくTay-Sachs病治療薬の開発, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月..[組織] ...
閲覧 重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドペプチドの創製, 新学術領域研究 若手合同シンポジウム「配位プログラム」×「融合マテリアル」, (巻), (号), (頁), 2012年12月..[組織] ...
閲覧 重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドペプチドの創製, FUSION MATERIALS NEWS, Vol.14, (号), 3, 2013年(0月)..[組織] ...
閲覧 北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : CHO細胞による改変型リソソーム酵素の発現・精製と機能評価システムの開発, 平成24年度第5回先導技術交流会, 2013年1月..[組織] ...
閲覧 重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドペプチドの創製, 新学術領域研究「融合マテリアル」第6回公開シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2013年1月..[組織] ...
閲覧 重永 章 : 平成24年度日本ペプチド学会奨励賞を受賞して, Peptide Newsletter Japan, Vol.87, (号), 5-7, 2013年1月..[組織] ...
閲覧 Ken Sakamoto, Kohei Sato, Akira Shigenaga, Kohei Tsuji, Shugo Tsuda, Hajime Hibino, Yuji Nishiuchi and Akira Otaka : Development of efficient synthetic protocol for Fmoc amino acid-incorporated N-sulfanylethyl-aniline linker as peptide thioester precursor, Peptide Scinece 2012, Vol.2012, (号), 165-166, 2013..[組織] ...
閲覧 Kohei Tsuji, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Keisuke Aihara, Masaya Denda, Hao Ding, Takahiko Hara and Akira Otaka : Synthesis of antagonistic peptide for putative CXCL14 receptor protein and their identification, Peptide Science 2012, Vol.2012, (号), 31-32, 2013..[組織] ...
閲覧 Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : Convergent chemical synthesis of human GM2 activator protein analog using SEAlide chemistry, Peptide Science 2012, Vol.2012, (号), 13-14, 2013..[組織] ...
閲覧 Akira Shigenaga, Keiji Ogura, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka : Design and synthesis of hypoxia-responsive amino acid which causes peptide bond cleavage in hypoxic cells, Peptide Science 2012, (巻), (号), 135-136, 2013..[組織] ...
閲覧 北 未来, 山本 純, 戎野 紘司, 重永 章, 大髙 章 : 過酸化水素応答型アミノ酸の開発研究, 日本薬学会第133回年会, (巻), (号), (頁), 2013年3月..[組織] ...
閲覧 山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質の精製・選択的ラベル化ツール「トレーサブルリンカー」の開発, 日本薬学会第133回年会, (巻), (号), (頁), 2013年3月..[組織] ...
閲覧 北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : 酵素の分子構造改変に基づくTay-Sachs病治療薬の開発, 日本薬学会第133年会, 2013年3月..[組織] ...
閲覧 Akira Shigenaga : Development of stimulus-responsive amino acid and their application to peptide based chemical biology, Peptide Science 2012, (巻), (号), 1-2, 2013..[組織] ...
閲覧 Kouji Itou, Daisuke Tsuji, So-ichirou Nishioka, Syunsuke Ikedo, Tetuya Higashi, I Kobayashi, H Sezutsu, A Ishii, K. Harazono, M. Tada, Nana Kawasaki and Hiroaki Machii : Molecular properties of recombinant human lysosomal enzyme produced by transgenic silkworm and therapeutic potential for lysosomal storage disease., Gordon Research Conference 2013 Lysosomal Diseases, Italy,Lucca (Barga), April 2013..[組織] ...
閲覧 Kosuke Tanegashima, Kenji Suzuki, Yuki Nakayama, Kohei Tsuji, Akira Shigenaga, Akira Otaka and Takahiko Hara : CXCL14 is a natural inhibitor of the CXCL12-CXCR4 signaling axis, FEBS Letters, Vol.587, No.12, 1731-1735, 2013..[組織] ...
閲覧 重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドタンパク質の創製, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第7回公開シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2013年5月..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : 標的タンパク質同定に向けたトレーサブルリンカーの開発, 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー∼分子標的と活性制御∼」第4回公開シンポジウム, 2013年5月..[組織] ...
閲覧 北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : テイーサック病の新規治療薬開発を目指した機能改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの精製および評価, 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, 2013年5月..[組織] ...
閲覧 山口 沙恵香, 辻 大輔, 難波 健多郎, 今滝 泉, 伊藤 孝司 : Tay-Sachs病患者由来iPS細胞を用いた中枢神経モデルの構築, 第54回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2013年5月. ...
閲覧 Ken Sakamoto, Kohei Sato, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : N-Sulfanylethyl anilide linkers as peptide thioester equivalent, Peptides Across The Pacific, Proceedings of the Twenty-Third American and Sixth International Peptide Symposium, 242-243, 2013..[組織] ...
閲覧 傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 吉村 好之, 山内 あい子, 大髙 章 : 新規タンパク質選択的ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究, ケミカルバイオロジー, Vol.6, (号), 6-9, 2013年6月..[組織] ...
閲覧 戎野 紘司, 傳田 将也, 小倉 圭司, 重永 章, 大髙 章 : ケージド非水解性リン酸化アミノ酸含有ペプチドの合成と14-3-3βタンパク質への結合能評価, 日本ケミカルバイオロジー学会第8回年会, (巻), (号), (頁), 2013年6月..[組織] ...
閲覧 Ken Sakamoto, Kohei Sato, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : Development of efficient synthetic method for N-amino acyl N-sulfanylethyl anilide linkers as peptide thioester equivalent, 23rd American Peptide Symposium, Hawai'i, June 2013..[組織] ...
閲覧 Keisuke Aihara, Kohei Tsuji, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Ring-closing metathesis approach for the synthesis of Lys-Glu bridged cyclic peptides, 23rd American Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), Hawai'i, June 2013..[組織] ...
閲覧 Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka : Application of thiol-responsive amino acid to traceable linker for purification and selective labeling of target protein, 23rd American Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), Hawai'i, June 2013..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : ペプチド・タンパク質を基盤とする創薬展開への化学基盤の開拓, 創薬懇話会2013, 2013年7月..[組織] ...
閲覧 Kohei Sato, Akira Shigenaga, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : Chemical synthesis of biologically active monoglycosylated GM2-activator protein analog using N-sulfanylethylanilide peptide, Angewandte Chemie International Edition, Vol.52, No.30, 7855-7859, 2013..[組織] ...
閲覧 中村 太寛, 津田 雄介, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 大髙 章 : NCL法におけるプロリルチオエステルの有用性の検討, 第45回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2013年7月..[組織] ...
閲覧 北 未来, 山本 純, 戎野 紘司, 小宮 千明, 重永 章, 大髙 章 : 過酸化水素応答型ペプチド結合切断能を有するアミノ酸の開発, 第45回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2013年7月..[組織] ...
閲覧 坂本 健, 佐藤 浩平, 重永 章, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 大髙 章 : SEAlideユニットの効率的合成法の開発とその応用, 第45回若手ペプチド夏の勉強会, 2013年7月..[組織] ...
閲覧 粟飯原 圭佑, 重永 章, 大髙 章 : オレフィンメタセシスを用いたLys-Glu架橋ペプチド新規合成法の開発研究, 第45回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2013年7月..[組織] ...
閲覧 山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質を釣り上げろ!∼トレーサブルリンカーの開発∼, 第45回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2013年7月..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : 自然に学ぶペプチド化学, 第45回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2013年7月..[組織] ...
閲覧 北風 圭介, 河野 加菜子, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : テイーサック病の治療薬開発を目指した機能改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの精製及び評価, 第32回日本糖質学会大会, 2013年8月..[組織] ...
閲覧 北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : テイーサック病の新規治療薬開発を目指した機能改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの精製および評価, 第86回日本生化学会大会, 2013年9月..[組織] ...
閲覧 山口 沙恵香, 辻 大輔, 難波 健多郎, 今滝 泉, 伊藤 孝司 : Tay-Sachs病患者由来iPS細胞を用いた中枢神経モデルの構築, 第54回日本生化学会大会, 2013年9月. ...
閲覧 北風 圭介, 野 加菜子, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : テイーサック病の新規治療薬開発を目指した機能改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの精製および評価, 第12回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2013, 2013年9月..[組織] ...
閲覧 佐藤 浩平, 北風 圭介, 坂本 健, 重永 章, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 大髙 章 : リソソーム病治療を指向したGM2活性化タンパク質アナログの完全化学合成, 生命分子機能研究会2013学術集会, 2013年9月..[組織] ...
閲覧 山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質精製・選択的ラベル化ツール''Traceable Linker''の開発研究, 生命分子機能研究会2013学術集会, (巻), (号), (頁), 2013年9月..[組織] ...
閲覧 重永 章 : 刺激応答型アミノ酸の開発と生命科学分野への応用, 生命分子機能研究会2013学術集会, (巻), (号), (頁), 2013年9月..[組織] ...
閲覧 Akira Shigenaga : Development of stimulus-responsive amino acid and its application to chemical biology, International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan, (巻), (号), (頁), Sendai, Sep. 2013..[組織] ...
閲覧 清水 達彦, 宮島 凜, 坂本 健, 重永 章, 大髙 章 : SEAlide peptideを用いた簡便なペプチドチオカルボン酸合成法の開発, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2013年10月..[組織] ...
閲覧 小宮 千明, 山本 純, 重永 章, 大髙 章 : 刺激応答型アミノ酸の実用的合成法の開発検討, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2013年10月..[組織] ...
閲覧 戎野 紘司, 傳田 将也, 小倉 圭司, 重永 章, 大髙 章 : ケージド非水解性リン酸化アミノ酸含有ペプチドの合成法の確立と14-3-3βタンパク質への結合能の評価, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2013年10月..[組織] ...
閲覧 粟飯原 圭佑, 重永 章, 大髙 章 : オレフィンメタセシスを用いたGlu-Lys架橋ペプチド新規合成法の開発研究, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2013年10月..[組織] ...
閲覧 Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of traceable linker for target identification using N-sulfanylethylanilide unit, The 2nd International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity, (巻), (号), (頁), Oct. 2013..[組織] ...
閲覧 Kosuke Tanegashima, Kohei Tsuji, Kenji Suzuki, Akira Shigenaga, Akira Otaka and Takahiko Hara : Dimeric peptides of the C-terminal region of CXCL14 function as CXCL12 inhibitors, FEBS Letters, Vol.587, No.23, 3770-3775, 2013..[組織] ...
閲覧 Akira Shigenaga : SEAlide as thioester equivalent for chemical synthesis of proteins, 4th Modern Solid Phase Peptide Synthesis & Its Application Symposium, (巻), (号), (頁), Kobe, Nov. 2013..[組織] ...
閲覧 Ken Sakamoto, Kohei Sato, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of practical synthetic method for Fmoc amino acid-incorporated N-sulfanylethyl anilide linker as peptide thioester equivalent, 4th Modern Solid Phase Peptide Synthesis & Its Application Symposium, (巻), (号), (頁), Kobe, Nov. 2013..[組織] ...
閲覧 Keisuke Aihara, Daisuke Takahashi, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Olefin metathesis approach utilizing AJIPHASE(R) for the synthesis of lactam bridged peptides, 4th Modern Solid Phase Peptide Synthesis & Its Application Symposium, (巻), (号), (頁), Kobe, Nov. 2013..[組織] ...
閲覧 Takahiro Nakamura, Akira Shigenaga, Kohei Sato, Yusuke Tsuda and Akira Otaka : Application of peptidyl prolyl thioesters to native chemical ligation, 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), Suita, Nov. 2013..[組織] ...
閲覧 Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Kohei Sato, Rin Miyajima and Akira Otaka : Development of Chemical Protocols for Producing Peptide Thioesters from Naturally Occurring Peptide Sequences, Part 2, 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), Suita, Nov. 2013..[組織] ...
閲覧 Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Kohei Sato, Takahiro Nakamura and Akira Otaka : Development of Chemical Protocols for Producing Peptide Thioesters from Naturally Occurring Peptide Sequences, Part 1, 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), Suita, Nov. 2013..[組織] ...
閲覧 Miku Kita, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Chiaki Komiya, Akira Shigenaga, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka : Development of hydrogen peroxide-responsive amide bond cleavage device, 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), Suita, Nov. 2013..[組織] ...
閲覧 Keisuke Aihara, Akira Shigenaga, Daisuke Takahashi and Akira Otaka : New approach for synthesis of lactam bridged peptides using olefin metathesis on AJIPHASE®, 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), Suita, Nov. 2013..[組織] ...
閲覧 Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka : Development of thiol-responsive traceable linker for efficient enrichment and selective labeling of target proteins, 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), Suita, Nov. 2013..[組織] ...
閲覧 佐藤 浩平, 傳田 将也, 山本 純, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : タンパク質機能解明を指向した新規ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究, 第31回メディシナルケミストリーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2013年11月..[組織] ...
閲覧 北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : テイーサック病の新規治療薬開発を目指した機能改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの精製および評価, 第55回日本先天代謝異常学会, 2013年11月..[組織] ...
閲覧 Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Kohei Sato, Takahiro Nakamura, Keisuke Kitakaze, Kouji Itou and Akira Otaka : Development of chemical protocol for preparation of peptide/protein thioesters applicable to naturally occurring sequences, 17th KPPS Annual Symposium, Seoul, Nov. 2013..[組織] ...
閲覧 Takahiro Nakamura, Akira Shigenaga, Kohei Sato, Yusuke Tsuda, Ken Sakamoto and Akira Otaka : Examination of native chemical ligation using peptidyl prolyl thioester, Chemical Communications, Vol.50, No.1, 58-60, 2014..[組織] ...
閲覧 Kouji Itou, Daisuke Tsuji, Mariko Ikuo, Keisuke Kitakaze, So-ichirou Nishioka, Izumi Imataki, Saeka Yamaguchi, Yasunori Chiba, Hitoshi Sakuraba, Isao Kobayashi, Hideki Sezutsu and Hiroaki Machii : Establishment of patient-derived iPS cells with neurodegenerative lysosomal storage diseases and application for evaluating lysosomal enzyme replacement effects on differentiated neural cells., The IUBMB 10th International Symposium on Cell Surface Macromolecules, India,Kolkata, Jan. 2014..[組織] ...
閲覧 重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドタンパク質の創製, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第8回公開シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2014年1月..[組織] ...
閲覧 古谷 昌大, 松浦 和則, 重永 章, 小宮 千明, 大髙 章 : 光切断によりナノファイバー成長誘起されるペプチド分子システムの創製, 日本化学会第94春季年会, (巻), (号), (頁), 2014年3月..[組織] ...
閲覧 北風 圭介, 幾尾 真理子, 杉山 栄二, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 瀬藤 光利, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : 新規蛍光プローブおよびイメージングマススペクトロメトリーによるリソソーム酵素補充効果のイメージング, 日本薬学会第134年会, 2014年3月..[組織] ...
閲覧 森崎 巧也, 山本 純, 重永 章, 佐藤 陽一, 猪熊 翼, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質の効率的濃縮および選択的ラベル化を可能とする新規リンカー分子の開発, 日本薬学会第134年会, (巻), (号), (頁), 2014年3月..[組織] ...
閲覧 宮島 凜, 津田 雄介, 佐藤 浩平, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 天然アミノ酸配列に適用可能な新規ペプチドチオエステル合成法の開発, 日本薬学会第134年会, (巻), (号), (頁), 2014年3月..[組織] ...
閲覧 小宮 千明, 山本 純, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 還元的N-N結合切断反応の改良を基盤とした刺激応答型アミノ酸の実用的合成法の検討, 日本薬学会第134年会, (巻), (号), (頁), 2014年3月..[組織] ...
閲覧 江藤 三弘, 傳田 将也, 佐藤 浩平, 坂本 健, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : N-Sulfanylethylcoumarinylamide (SECmide) を用いたペプチドチオエステル調製法の開発, 日本薬学会第134年会, (巻), (号), (頁), 2014年3月..[組織] ...
閲覧 津田 雄介, 重永 章, 佐藤 浩平, 中村 太寛, 北風 圭介, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 : 発現タンパク質に適用可能な新規タンパク質チオエステル合成法の開発, 日本薬学会第134年会, 2014年3月..[組織] ...
閲覧 傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : ラベル化試薬"SEAL-tag"の開発とCOX-1およびhCA1のラベル化, 日本薬学会第134年会, (巻), (号), (頁), 2014年3月..[組織] ...
閲覧 佐藤 浩平, 北風 圭介, 坂本 健, 重永 章, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 大髙 章 : GM2活性化タンパク質の収束的合成研究, 日本薬学会第134年会, 2014年3月..[組織] ...
閲覧 大髙 章, 重永 章 : インテインに学ぶ標的タンパク質研究手法の開発, 日本薬学会第134年会, (巻), (号), (頁), 2014年3月..[組織] ...
閲覧 辻 耕平, 佐藤 浩平, 坂本 健, 種子島 幸祐, 重永 章, 原 孝彦, 大髙 章 : SEAlideペプチドを用いたCXCL14のone-pot化学合成法の開発, 日本薬学会第134年会, (巻), (号), (頁), 2014年3月..[組織] ...
閲覧 Takahiro Nakamura, Akira Shigenaga, Kohei Sato, Yusuke Tsuda, Ken Sakamoto and Akira Otaka : Application of peptidyl prolyl thioesters to native chemical ligation, Peptide Science 2013, (巻), (号), 93-94, 2014..[組織] ...
閲覧 Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Kohei Sato, Takahiro Nakamura and Akira Otaka : Development of chemical protocols for producing peptide thioesters from naturally occurring peptide sequences, Peptide Science 2013, (巻), (号), 157-158, 2014..[組織] ...
閲覧 Miku Kita, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Chiaki Komiya, Akira Shigenaga, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka : Development of hydrogen peroxide-responsive amide bond cleavage device, Peptide Science 2013, (巻), (号), 203-204, 2014..[組織] ...
閲覧 Keisuke Aihara, Akira Shigenaga, Daisuke Takahashi and Akira Otaka : New approach for synthesis of lactam bridged peptides using olefin metathesis on AJIPHASE®, Peptide Science 2013, (巻), (号), 143-144, 2014..[組織] ...
閲覧 Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka : Development of thiol-responsive traceable linker for efficient enrichment and selective labeling of target proteins, Peptide Science 2013, (巻), (号), 205-206, 2014..[組織] ...
閲覧 Koji Ebisuno, Masaya Denda, Keiji Ogura, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of caged non-hydrolyzable phosphoamino acids and application to photo-control of binding affinity of phosphopeptide mimetic to phosphopeptide-recognizing protein, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.22, No.11, 2984-2991, 2014..[組織] ...
閲覧 重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドタンパク質の創製, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第9回公開シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2014年5月..[組織] ...
閲覧 小宮 千明, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質機能の時空間的制御を指向したペプチド結合切断能を有する刺激応答型アミノ酸の開発, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第10回 若手スクール, (巻), (号), (頁), 2014年5月..[組織] ...
閲覧 Jun Yamamoto, Masaya Denda, Nami Maeda, Miku Kita, Chiaki Komiya, Tomohiro Tanaka, Wataru Nomura, Hirokazu Tamamura, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of a traceable linker containing a thiol-responsive amino acid for the enrichment and selective labelling of target proteins, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.12, No.23, 3821-3826, 2014..[組織] ...
閲覧 森口 正登, 古谷 昌大, 重永 章, 小宮 千明, 大髙 章, 松浦 和則 : 光切断によりβ-シート繊維成長するアニオン性ペプチドの分子設計, 第63回高分子学会年次大会, (巻), (号), (頁), 2014年5月..[組織] ...
閲覧 北風 圭介, 田崎 智佳子, 水谷 安通, 神谷 真子, 浦野 泰照, 伊藤 孝司 : GM2蓄積症の新規治療薬開発を目指した機能改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの作製と評価, 第55回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2014年6月..[組織] ...
閲覧 北 未来, 山本 純, 戎野 紘司, 小宮 千明, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 重永 章, 大髙 章 : 過酸化水素応答型ペプチド結合切断デバイスの開発研究, 日本ケミカルバイオロジー学会第9回年会, (巻), (号), (頁), 2014年6月..[組織] ...
閲覧 津田 雄介, 重永 章, 佐藤 浩平, 中村 太寛, 北風 圭介, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 : 天然アミノ酸配列に適用可能な新規タンパク質チオエステル合成法の開発, 日本ケミカルバイオロジー学会第9回年会, 2014年6月..[組織] ...
閲覧 佐藤 浩平, 大髙 章 : ペプチド・タンパク質を基盤とする創薬展開への化学基盤の開拓, 化学工業, Vol.65, No.6, 411-417, 2014年6月..[組織] ...
閲覧 Jun Yamamoto, Nami Maeda, Chiaki Komiya, Tomohiro Tanaka, Masaya Denda, Koji Ebisuno, Wataru Nomura, Hirokazu Tamamura, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of a fluoride-responsive amide bond cleavage device that is potentially applicable to a traceable linker, Tetrahedron, Vol.70, No.34, 5122-5127, 2014..[組織] ...
閲覧 粟飯原 圭佑, 小宮 千明, 重永 章, 猪熊 翼, 高橋 大輔, 大髙 章 : オレフィンメタセシスを用いた架橋ペプチド効率的合成法の開発, 創薬懇話会2014, (巻), (号), (頁), 2014年7月..[組織] ...
閲覧 森崎 巧也, 山本 純, 重永 章, 猪熊 翼, 大髙 章 : SEAlideを基盤としたトレーサブルリンカーの開発研究, 第46回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2014年8月..[組織] ...
閲覧 宮島 凜, 津田 雄介, 佐藤 浩平, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 天然型アミノ酸配列からのチオエステル合成, 第46回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2014年8月..[組織] ...
閲覧 小宮 千明, 粟飯原 圭佑, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : アスパラギン誘導体を用いたインテイン模倣型ペプチド結合切断システムの開発, 第46回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2014年8月..[組織] ...
閲覧 江藤 三弘, 傳田 将也, 佐藤 浩平, 坂本 健, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : N-Sulfanylethylcoumarinylamide (SECmide) を用いたペプチドチオエステル調製法の開発, 第46回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2014年8月..[組織] ...
閲覧 中村 太寛, 重永 章, 佐藤 浩平, 津田 雄介, 坂本 健, 猪熊 翼, 大髙 章 : 第二世代hGM2AP完全化学合成法の開発研究, 第46回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2014年8月..[組織] ...
閲覧 津田 雄介, 重永 章, 傳田 将也, 佐藤 浩平, 中村 太寛, 猪熊 翼, 大髙 章 : 新規タンパク質チオエステル調製法 ''SQAT system'' の開発, 第46回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2014年8月..[組織] ...
閲覧 辻 耕平, 重永 章, 猪熊 翼, 原 孝彦, 大髙 章 : 二量体化したCXCL14 C端側領域はCXCL12アンタゴニストとなる, 第46回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2014年8月..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : 薬学教育の現状と期待(創薬研究から), 日本学術会議日本薬学会共催シンポジウム「薬学教育への期待:4年制薬学教育のあり方と参照基準の作成に向けて」, (巻), (号), (頁), 2014年8月..[組織] ...
閲覧 北風 圭介, 田崎 智佳子, 水谷 安通, 杉山 栄二, 神谷 真子, 瀬藤 光利, 浦野 泰照, 伊藤 孝司 : GM2蓄積症モデルに対する改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの有効性と機能評価, 第33回日本糖質学会年会, 2014年8月..[組織] ...
閲覧 Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : Synthetic study of GM2 activator protein using N-sulfanylethylanilide peptide, The 33rd European Peptide Symposium, Sofia, Aug. 2014..[組織] ...
閲覧 Kohei Tsuji, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Takahiko Hara and Akira Otaka : Dimerized CXCL14 C-terminal regions inhibit CXCL12-CXCR4 signaling axis, The 33rd European Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), Sofia, Aug. 2014..[組織] ...
閲覧 重永 章, 山本 純, 大髙 章 : 実験医学増刊号 驚愕の代謝システム メタボロームの階層から解き明かす疾患研究の新たなステージ「生物活性小分子の結合パートナータンパク質を知りたい -リンカー分子を用いたタンパク質精製法-」, 株式会社 羊土社, (都市), 2014年9月..[組織] ...
閲覧 Akira Otaka, Yusuke Tsuda and Akira Shigenaga : Chemical thioester synthesis applicable to naturally occurring peptide sequence, 15th Akabori Conference Japanese-German Symposium on Peptide Science, (巻), (号), (頁), Boppard, Sep. 2014..[組織] ...
閲覧 北風 圭介, 田崎 智佳子, 水谷 安通, 杉山 栄二, 神谷 真子, 瀬藤 光利, 浦野 泰照, 伊藤 孝司 : 改変型ヒトβ-HexosaminidaseのGM2蓄積症モデルに対する有効性評価, 第13回若手ファーマ・バイオフォーラム2014, 2014年9月..[組織] ...
閲覧 松浦 和則, 古谷 昌大, 植村 明仁, 重永 章, 小宮 千明, 大髙 章 : 光切断により誘起されるペプチドナノファイバー成長システムの創製, 第63回高分子討論会, (巻), (号), (頁), 2014年9月..[組織] ...
閲覧 重永 章 : JSTさきがけ研究紹介「創薬標的の同定・解析を可能とする革新的ツールの創製」, HBS研究部だより, Vol.21, (号), 5, 2014年10月..[組織] ...
閲覧 北風 圭介, 田崎 智佳子, 水谷 安通, 杉山 栄二, 神谷 真子, 瀬藤 光利, 浦野 泰照, 伊藤 孝司 : GM2蓄積症モデルマウスに対する改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの有効性評価, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月..[組織] ...
閲覧 水谷 安通, 北風 圭介, 田崎 智佳子, 伊藤 孝司, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : 改変型ヒトβ-ヘキソサミニダーゼの分子特性解析とGM2蓄積症モデル細胞への補充効果, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月..[組織] ...
閲覧 Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Tsubasa Inokuma, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : Development of N-glycosylated asparagine ligation and its application to total chemical synthesis of GM2 activator protein, 51th The Japanese Peptide Society, Oct. 2014..[組織] ...
閲覧 Kohei Tsuji, Kohei Sato, Ken Sakamoto, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Tsubasa Inokuma, Takahiko Hara and Akira Otaka : One-pot chemical synthesis of CXCL14 using N-sulfanylethylanilide peptide, 第51回ペプチド討論会, (巻), (号), (頁), Oct. 2014..[組織] ...
閲覧 Mitsuhiro Eto, Masaya Denda, Kohei Sato, Ken Sakamoto, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Preparation of peptide thioesters using N-sulfanylethylcoumarinylamide peptide, 第51回ペプチド討論会, (巻), (号), (頁), Oct. 2014..[組織] ...
閲覧 Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Masaya Denda, Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Takahiro Nakamura, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka : Preparation of Peptide/protein Thioesters Using a Chemical Protocol Applicable to Expressed Proteins., 51th The Japanese Peptide Society, Oct. 2014..[組織] ...
閲覧 重永 章, 大髙 章 : 刺激応答型アミノ酸の開発と生命科学分野への展開, 化学工業(特集 ペプチド化学の新潮流(1)), Vol.65, No.11, 849-856, 2014年11月..[組織] ...
閲覧 中村 太寛, 佐藤 浩平, 大髙 章 : タンパク性医薬品開発に向けたペプチド化学, 化学工業(特集 ペプチド化学の新潮流(1)), Vol.65, No.11, 842-848, 2014年11月..[組織] ...
閲覧 北風 圭介, 田崎 智佳子, 水谷 安通, 杉山 栄二, 神谷 真子, 瀬藤 光利, 浦野 泰照, 伊藤 孝司 : 改変型ヒトβ- Hexosaminidase のGM2 蓄積症モデルに対する治療効果の評価, 第5回グライコバイオロジクス研究会, 2014年11月..[組織] ...
閲覧 Akira Shigenaga, Kohei Sato, Tsubasa Inokuma and Akira Otaka : Chemical protein synthesis utilizing SEAlide technology that is potentially applicable to incorporation of artificial amino acids into proteins for their functional control, The 2nd International Symposium on Fusion Materials Program, (巻), (号), (頁), Tokyo, Nov. 2014..[組織] ...
閲覧 江藤 三弘, 傳田 将也, 佐藤 浩平, 坂本 健, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : ペプチドチオエステル調製のためのクマリン型補助基の開発, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2014年11月..[組織] ...
閲覧 中村 太寛, 重永 章, 佐藤 浩平, 津田 雄介, 坂本 健, 猪熊 翼, 大髙 章 : GM2活性化タンパク質アナログの第二世代化学合成法の開発研究, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2014年11月..[組織] ...
閲覧 津田 雄介, 重永 章, 傳田 将也, 佐藤 浩平, 北風 圭介, 中村 太寛, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 : 新規タンパク質チオエステル調製法の開発, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月..[組織] ...
閲覧 重永 章 : 刺激応答型アミノ酸の開発と生命科学分野への展開, 2014年日本化学会中国四国支部大会(若手セッション「ペプチド・タンパク質科学における若手研究者の化学的アプローチと今後の展望」), (巻), (号), (頁), 2014年11月..[組織] ...
閲覧 小宮 千明, 粟飯原 圭佑, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質機能制御を指向したプロテインスプライシング模倣型アミド結合切断反応の開発, 第40回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2014年11月..[組織] ...
閲覧 粟飯原 圭佑, 小宮 千明, 重永 章, 猪熊 翼, 高橋 大輔, 大髙 章 : 固-液融合型ペプチド合成法を用いた架橋ペプチド効率的合成法の開発, 第40回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2014年11月..[組織] ...
閲覧 戎野 紘司, 傳田 将也, 小倉 圭司, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 細胞内シグナル伝達機構解明を指向したケージド非水解性リン酸化アミノ酸の合成とその機能評価, 第40回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2014年11月..[組織] ...
閲覧 重永 章 : Peptide/Protein-based Chemical Biologyのための基盤技術の開発, 第18回スクリプス・バイオメディカルフォーラム, (巻), (号), (頁), 2014年11月..[組織] ...
閲覧 山本 純, 森崎 巧也, 北 未来, 小宮 千明, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質の効率的濃縮および選択的ラベル化を可能とするチオール応答型トレーサブルリンカーの開発, 第32回メディシナルケミストリーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2014年11月..[組織] ...
閲覧 重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドタンパク質の創製, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第11回公開シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2015年1月..[組織] ...
閲覧 Keisuke Aihara, Chiaki Komiya, Akira Shigenaga, Tsubasa Inokuma, Daisuke Takahashi and Akira Otaka : Liquid-phase synthesis of bridged peptides using olefin metathesis of protected peptide with long aliphatic chain anchor, Organic Letters, Vol.17, No.3, 696-699, 2015..[組織] ...
閲覧 北風 圭介, 田崎 智佳子, 水谷 安通, 杉山 栄二, 神谷 真子, 瀬藤 光利, 浦野 泰照, 伊藤 孝司 : 改変型ヒトβ- Hexosaminidase のGM2 蓄積症モデルに対する治療効果の評価, 臨床遺伝子学公開シンポジウム2015, 2015年3月..[組織] ...
閲覧 Masahiro Furutani, Akihito Uemura, Akira Shigenaga, Chiaki Komiya, Akira Otaka and Kazunori Matsuura : A photoinduced growth system of peptide nanofibres addressed by DNA hybridization, Chemical Communications, Vol.51, No.38, 8020-8022, 2015..[組織] ...
閲覧 Masahiro Furutani, Akihito Uemura, Akira Shigenaga, Chiaki Komiya, Akira Otaka and Kazunori Matsuura : Inside Back Cover: A photoinduced growth system of peptide nanofibres addressed by DNA hybridization, Chemical Communications, Vol.51, No.38, 8197, 2015..[組織] ...
閲覧 北 未来, 佐藤 浩平, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : Protein trans-splicingの高速化を指向したN-intein合成法の開発研究, 日本薬学会第135年会, (巻), (号), (頁), 2015年3月..[組織] ...
閲覧 中村 太寛, 重永 章, 佐藤 浩平, 津田 雄介, 坂本 健, 猪熊 翼, 大髙 章 : GM2活性化タンパク質誘導体の第二世代化学合成法の開発研究, 日本薬学会第135年会, (巻), (号), (頁), 2015年3月..[組織] ...
閲覧 小宮 千明, 粟飯原 圭佑, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : プロテインスプライシング模倣型ペプチド結合切断デバイスの開発研究, 日本薬学会第135年会, (巻), (号), (頁), 2015年3月..[組織] ...
閲覧 小倉 圭司, 平川 寛子, 森崎 巧也, 山本 純, 戎野 紘司, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 重永 章, 大髙 章 : 低酸素環境応答型アミノ酸の開発研究, 日本薬学会第135年会, (巻), (号), (頁), 2015年3月..[組織] ...
閲覧 成瀬 公人, 佐藤 浩平, 坂本 健, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : M6P修飾型GM2APの合成検討, 日本薬学会第135年会, (巻), (号), (頁), 2015年3月..[組織] ...
閲覧 Kohei Tsuji, Kohei Sato, Mitsuhiro Eto, Yusuke Tsuda, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : N-Sulfanylethylanilide (SEAlide) peptide as a versatile intermediate for protein chemical synthesis using native chemical ligation, Peptide Science 2014, (巻), (号), 113-116, 2015..[組織] ...
閲覧 Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Masaya Denda, Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Takahiro Nakamura, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka : Development of chemical methodology for preparation of peptide thioesters applicable to naturally occurring peptides using a sequential quadruple acyl transfer system, ChemistryOpen, Vol.4, No.4, 448-452, 2015..[組織] ...
閲覧 Keisuke Aihara, Tsubasa Inokuma, Chiaki Komiya, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Synthesis of lactam-bridged cyclic peptides by using olefin metathesis and diimide reduction, Tetrahedron, Vol.71, No.24, 4183-4191, 2015..[組織] ...
閲覧 Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Takahiro Nakamura, Naoto Naruse, Keisuke Aihara, Akira Shigenaga, Tsubasa Inokuma, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : The total chemical synthesis of the monoglycosylated GM2 ganglioside activator using a novel cysteine surrogate, Chemical Communications, Vol.51, No.49, 9946-9948, 2015..[組織] ...
閲覧 Deokho Jung, Kohei Sato, Kyougmi Min, Akira Shigenaga, Juyeon Jung, Akira Otaka and Youngeun Kwon : Photo-triggered fluorescent labelling of recombinant proteins in live cells, Chemical Communications, Vol.51, No.47, 9670-9673, 2015..[組織] ...
閲覧 Akira Otaka, Kohei Sato and Akira Shigenaga : Chemical synthesis of proteins using N-sulfanylethylanilide peptides, based on N-S acyl transfer chemistry, Topics in Current Chemistry, Vol.363, (号), 33-56, May 2015..[組織] ...
閲覧 Miku Kita, Jun Yamamoto, Takuya Morisaki, Chiaki Komiya, Tsubasa Inokuma, Licht Miyamoto, Koichiro Tsuchiya, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Design and synthesis of a hydrogen peroxide-responsive amino acid that induces peptide bond cleavage after exposure to hydrogen peroxide, Tetrahedron Letters, Vol.56, No.28, 4228-4231, 2015..[組織] ...
閲覧 中村 太寛, 重永 章, 佐藤 浩平, 津田 雄介, 猪熊 翼, 大髙 章 : GM2活性化タンパク質誘導体の第二世代化学合成法の確立, 日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会, (巻), (号), (頁), 2015年6月..[組織] ...
閲覧 重永 章 : 活動内容,結果・成果,今後に向けて, さきがけ研究者向けScience For Society (SciFoS) 平成26年度活動報告書, (巻), (号), 12, (都市), 2015年6月..[組織] ...
閲覧 Masaya Denda, Takuya Morisaki, Jun Yamamoto, Kohei Sato, Tsubasa Inokuma, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka : In Cell Labeling of Target Proteins using ''SEAL-tag'', American Peptide Symposium 2015, (巻), (号), (頁), Florida, June 2015..[組織] ...
閲覧 Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Kohei Tsuji, Masaya Denda, Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Takahiro Nakamura, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka : Development of Chemistry-based Protocol for Sequence-dependent Thioesterification, American Peptide Symposium 2015, Florida, June 2015..[組織] ...
閲覧 Kohei Tsuji, Kosuke Tanegashima, Kohei Sato, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Tsubasa Inokuma, Takahiko Hara and Akira Otaka : Efficient one-pot synthesis of CXCL14 and its derivative using an N-sulfanylethylanilide peptide as a peptide thioester equivalent and their biological evaluation, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.23, No.17, 5909-5914, 2015..[組織] ...
閲覧 大髙 章, 佐藤 浩平, 重永 章 : 化学合成によるタンパク質製剤調製への挑戦, 第15回日本蛋白質科学会年会, (巻), (号), (頁), 2015年6月..[組織] ...
閲覧 津田 雄介, 重永 章, 辻 耕平, 傳田 将也, 佐藤 浩平, 北風 圭介, 中村 太寛, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 : タンパク質半化学合成を指向した配列特異的チオエステル化法の開発, 創薬懇話会2015 in 徳島, 2015年7月..[組織] ...
閲覧 傳田 将也, 森崎 巧也, 猪熊 翼, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 重永 章, 大髙 章 : N-Sアシル基転移反応を利用した新規ラベル化試薬の開発, 創薬懇話会2015 in 徳島, (巻), (号), (頁), 2015年7月..[組織] ...
閲覧 重永 章 : 「さきがけ」採択の体験談と申請に向けたアドバイス, 第2回研究推進セミナー-大型競争的資金の獲得にむけて-, (巻), (号), (頁), 2015年7月..[組織] ...
閲覧 山岡 浩輔, 粟飯原 圭佑, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 光応答性補助基を用いた4成分One-pot NCL法の開発, 第47回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2015年8月..[組織] ...
閲覧 森崎 巧也, 傳田 将也, 辻 大輔, 山本 純, 折原 賢裕, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 宍戸 宏造, 重永 章, 大髙 章 : 標的タンパク質の高効率同定を可能とするケミカルツールの開発研究, 第47回若手ペプチド夏の勉強会, 2015年8月..[組織] ...
閲覧 傳田 将也, 森崎 巧也, 猪熊 翼, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 重永 章, 大髙 章 : N-Sアシル基転移反応を基盤としたin cellタンパク質ラベル化法の開発, 第47回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2015年8月..[組織] ...
閲覧 岩本 和也, 猪熊 翼, 坂本 健, 佐藤 浩平, 重永 章, 大髙 章 : NCL法を利用したペプチド–タンパク質コンジュゲーション法の開発研究, 第6回夏の生物系勉強会, (巻), (号), (頁), 2015年8月..[組織] ...
閲覧 山岡 浩輔, 粟飯原 圭佑, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 光応答型チオエステル等価体を利用した多成分One-pot NCL法の開発, 第三十一回若手化学者のための化学道場, (巻), (号), (頁), 2015年8月..[組織] ...
閲覧 森崎 巧也, 傳田 将也, 辻 大輔, 山本 純, 折原 賢祐, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 宍戸 宏造, 重永 章, 大髙 章 : 標的タンパク質の効率的精製および選択的ラベル化を可能とするケミカルツールの開発研究, 第三十一回若手化学者のための化学道場, 2015年8月..[組織] ...
閲覧 小宮 千明, 粟飯原 圭佑, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質自己編集システムを範としたアミド結合切断反応の開発, 第三十一回若手化学者のための化学道場, (巻), (号), (頁), 2015年8月..[組織] ...
閲覧 寺中 孝久, 粟飯原 圭佑, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : チアゾール含有環状ペプチドTrichamideの合成研究, 第三十一回若手化学者のための化学道場, (巻), (号), (頁), 2015年8月..[組織] ...
閲覧 重永 章, 佐藤 浩平, 猪熊 翼, 大髙 章 : 非天然型アミノ酸を含むタンパク質の調製を志向したタンパク質完全化学合成法の開拓, 第64回高分子討論会(特定テーマ 融合マテリアルの精密構造制御と機能創製), (巻), (号), (頁), 2015年9月..[組織] ...
閲覧 重永 章 : ペプチド化学を基盤としたケミカルバイオロジー研究のための基盤技術の開拓, 名古屋大学大学院生命農学研究科 食品機能化学特別セミナー, (巻), (号), (頁), 2015年10月..[組織] ...
閲覧 Akira Otaka : N-Sulfanylethylanilide peptide as a crypto thioester for protein chemical synthesis, 5th Modern Solid Phase Peptide Synthesis & Its Application Symposium, Queensland (Australia), Oct. 2015..[組織] ...
閲覧 寺中 孝久, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : α-イミノカルボン酸誘導体の効率的合成法の開発と非天然α-アミノ酸合成への応用, 第41回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2015年10月..[組織] ...
閲覧 猪熊 翼, 岩本 和也, 坂本 健, 重永 章, 大髙 章 : N-Sulfanylethylanilide (SEAlide)を基盤としたタンパク質-ペプチドコンジュゲーション法の開発, 第41回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2015年10月..[組織] ...
閲覧 Rin Miyajima, Yusuke Tsuda, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga, Miki Imanishi, Shiro Futaki and Akira Otaka : Preparation of peptide thioesters from naturally occurring sequences using reaction sequence consisting of regioselective S-cyanylation and hydrazinolysis, Biopolymers, Vol.106, No.4, 531-546, 2015..[組織] ...
閲覧 山岡 浩輔, 粟飯原 圭佑, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 多成分縮合を可能とする光応答型チオエステル等価体の開発, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2015年10月..[組織] ...
閲覧 森崎 巧也, 傳田 将也, 辻 大輔, 山本 純, 折原 賢祐, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 宍戸 宏造, 重永 章, 大髙 章 : SEAlideを利用した標的タンパク質精製ツール ''トレーサブルリンカー''の開発研究, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月..[組織] ...
閲覧 宮島 凜, 津田 雄介, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : Preparation of peptide thioesters from naturally occuring sequences using a chemical protocol, 第52回ペプチド討論会, 2015年11月..[組織] ...
閲覧 小宮 千明, 粟飯原 圭佑, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : Development of intein-inspired peptide bond processing device, 第52回ペプチド討論会, 2015年11月..[組織] ...
閲覧 大髙 章 : 創薬人育成教育から見えてきた薬学教育の将来について-薬の顔相学-, 第25回医療薬学会年会「教育セミナー」, 2015年11月..[組織] ...
閲覧 辻 大輔, 水谷 安通, 伊藤 孝司 : リソソーム病におけるリソソーム制御因子TFEBの発現・局在解析, BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月..[組織] ...
閲覧 山口 沙恵香, 辻 大輔, 難波 健多郎, 伊藤 孝司 : Tay-Sachs病患者由来iPS細胞を用いた中枢神経モデルの構築及び病態解析, BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月. ...
閲覧 北風 圭介, 水谷 安通, 杉山 栄二, 真板 宣夫, 広川 貴次, 瀬藤 光利, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : 改変型ヒトβ- Hexosaminidase のGM2 蓄積症モデルに対する治療効果の評価, BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月..[組織] ...
閲覧 辻 大輔, 本窪田 絢加, 北風 圭介, 山口 沙恵香, 田崎 智佳子, 伊藤 孝司 : リソソーム病におけるオートリソソームの形成異常, BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月..[組織] ...
閲覧 高橋 伶奈, 種子島 幸祐, 辻 耕平, 重永 章, 大髙 章, 原 孝彦 : ケモカインCXCL14は癌細胞のヘパラン硫酸に高親和性で結合する, 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会, (巻), (号), (頁), 2015年12月..[組織] ...
閲覧 水谷 安通, 辻 大輔, 山口 沙恵香, 伊藤 孝司 : リソソーム病モデルマウスにおけるオートファジーシグナル解析, BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月..[組織] ...
閲覧 Keisuke Aihara, Kosuke Yamaoka, Naoto Naruse, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : One-pot/sequential native chemical ligation using photo-caged crypto-thioester, Organic Letters, Vol.18, No.3, 596-599, 2016..[組織] ...
閲覧 Chiaki Komiya, Keisuke Aihara, Kou Morishita, Hao Ding, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of an intein-inspired amide cleavage chemical device, The Journal of Organic Chemistry, Vol.81, No.2, 699-707, 2016..[組織] ...
閲覧 Tatsuhiko Shimizu, Rin Miyajima, Kohei Sato, Ken Sakamoto, Naoto Naruse, Miku Kita, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Facile synthesis of C-terminal peptide thioacids under mild conditions from N-sulfanylethylanilide peptides, Tetrahedron, Vol.72, 992-998, 2016..[組織] ...
閲覧 Yukihiro Itoh, Keisuke Aihara, Paolo Mellini, Toshifumi Tojo, Yosuke Ota, Hiroki Tsumoto, Viswas Raja Solomon, Peng Zhan, Miki Suzuki, Daisuke Ogasawara, Akira Shigenaga, Tsubasa Inokuma, Hidehiko Nakagawa, Naoki Miyata, Tamio Mizukami, Akira Otaka and Takayoshi Suzuki : Identification of SNAIL1 Peptide-Based Irreversible Lysine Specific Demethylase 1-Selective Inactivators, Journal of Medicinal Chemistry, Vol.59, No.4, 1531-1544, 2016..[組織] ...
閲覧 Chiaki Komiya, Keisuke Aihara, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of intein-inspired peptide bond processing device, Peptide Science 2015, (巻), (号), 281-282, 2016..[組織] ...
閲覧 Rin Miyajima, Yusuke Tsuda, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Preparation of peptide thioesters from naturally occuring sequences using a chemical protocol, Peptide Science 2015, (巻), (号), 21-22, 2016..[組織] ...
閲覧 山岡 浩輔, 粟飯原 圭佑, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 光応答型チオエステル等価体を用いたOne-potタンパク質化学合成法の開発, 日本薬学会第136年会, (巻), (号), (頁), 2016年3月..[組織] ...
閲覧 成瀬 公人, 佐藤 浩平, 中村 太寛, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : マンノース六リン酸修飾型GM2活性化タンパク質の合成研究, 日本薬学会第136年会, (巻), (号), (頁), 2016年3月..[組織] ...
閲覧 森崎 巧也, 傳田 将也, 中村 太寛, 辻 大輔, 山本 純, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 重永 章, 大髙 章 : 標的タンパク質の高効率的同定を可能とする新規リンカー分子の開発研究, 日本薬学会第136年会, 2016年3月..[組織] ...
閲覧 江藤 三弘, 森本 恭平, 辻 耕平, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : チオエステル等価体としてのN-sulfanylethylcoumarinylamide (SECmide) の開発及びペプチド合成への応用, 日本薬学会第136年会, (巻), (号), (頁), 2016年3月..[組織] ...
閲覧 寺中 孝久, 粟飯原 圭佑, 江藤 三弘, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 環状ペプチドTrichamideの合成研究, 日本薬学会第136年会, (巻), (号), (頁), 2016年3月..[組織] ...
閲覧 重永 章, 大髙 章 : ペプチド化学を基盤としたケミカルバイオロジー研究のための基盤技術の開拓, 日本薬学会第136年会, (巻), (号), (頁), 2016年3月..[組織] ...
閲覧 辻 大輔, 山口 沙恵香, 本窪田 絢加, 水谷 安通, 伊藤 孝司 : GM2 ガングリオシドーシス病患者由来iPS 細胞を用いた神経系病態モデルの構築及び病態シグナル解析, 日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月..[組織] ...
閲覧 本窪田 絢加, 辻 大輔, 山口 沙恵香, 水谷 安通, 伊藤 孝司 : リソソーム病におけるオートリソソームの形成異常, 日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月..[組織] ...
閲覧 水谷 安通, 辻 大輔, 山口 沙恵香, 本窪田 絢加, SPAMPANATO Carmine, BALLABIO Andrea, 伊藤 孝司 : 神経症状を呈するリソソーム病モデルマウスにおけるオートファジーに関連した病態解析, 日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月..[組織] ...
閲覧 Tatsuhiko Shimizu, Rin Miyajima, Naoto Naruse, Kosuke Yamaoka, Keisuke Aihara, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Facile preparation of peptides with C-terminal N-alkylamide via radical-initiated dethiocarboxylation, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.4, 375-378, 2016..[組織] ...
閲覧 Takuya Morisaki, Masaya Denda, Jun Yamamoto, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : An N-Sulfanylethylanilide-based traceable linker for enrichment and selective labelling of target proteins, Chemical Communications, Vol.52, 6911-6913, 2016..[組織] ...
閲覧 Akira Otaka, Rin Miyajima, Yusuke Tsuda and Akira Shigenaga : Regioselective S-Cyanylation-mediated Preparation of Peptide Thioester, 16th Akabori Conference Japanese-German Symposium on Peptide Science, Kobe, May 2016..[組織] ...
閲覧 松浦 和則, 植村 明仁, 中原 正彦, 古谷 昌大, 重永 章, 小宮 千明, 大髙 章 : 光誘起ペプチドナノファイバー成長の時空間制御, 第65回高分子学会年次学会, (巻), (号), (頁), 2016年5月..[組織] ...
閲覧 Masaya Denda, Takuya Morisaki, Taiki Kohiki, Jun Yamamoto, Kohei Sato, Ikuko Sagawa, Tsubasa Inokuma, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Labelling of endogenous target protein via N-S acyl transfer-mediated activation of N-sulfanylethylanilide, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.14, 6244-6251, 2016..[組織] ...
閲覧 津田 雄介, 重永 章, 佐藤 浩平, 中村 太寛, 北風 圭介, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 : 天然アミノ酸配列に適用可能な新規タンパク質チオエステル合成法の開発, ケミカルバイオロジー, Vol.9, 7-10, 2016年6月..[組織] ...
閲覧 森崎 巧也, 傳田 将也, 辻 大輔, 山本 純, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 重永 章, 大髙 章 : 標的タンパク質精製ツール"SEAlide-based traceable linker"の開発, 日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会, 2016年6月..[組織] ...
閲覧 古曳 泰規, 傳田 将也, 森崎 巧也, 辻 大輔, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 重永 章, 大髙 章 : ''SEAL-tag''を基盤とした細胞内での標的タンパク質ラベル化法の開発, 日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会, 2016年6月..[組織] ...
閲覧 寺中 孝久, 粟飯原 圭佑, 重永 章, 猪熊 翼, 大髙 章 : 中分子創薬を指向した環状ペプチドTrichamideの合成研究, 創薬懇話会2016 in 蓼科, (巻), (号), (頁), 2016年6月..[組織] ...
閲覧 山岡 浩輔, 粟飯原 圭佑, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 光応答型チオエステル等価体を用いた多成分One-pot NCL法の開発研究, 創薬懇話会2016 in 蓼科, (巻), (号), (頁), 2016年6月..[組織] ...
閲覧 Takahiro Nakamura, Kohei Sato, Naoto Naruse, Keisuke Kitakaze, Tsubasa Inokuma, Takatsugu Hirokawa, Akira Shigenaga, Kouji Itou and Akira Otaka : Tailored synthesis of 162-residue S-monoglycosylated GM2-activator protein (GM2AP) analogues that allows access to protein library, ChemBioChem, Vol.17, No.20, 1986-1992, 2016..[組織] ...
閲覧 Takahiro Nakamura, Kohei Sato, Naoto Naruse, Keisuke Kitakaze, Tsubasa Inokuma, Takatsugu Hirokawa, Akira Shigenaga, Kouji Itou and Akira Otaka : Back Cover: Tailored synthesis of 162-residue S-monoglycosylated GM2-activator protein (GM2AP) analogues that allows access to protein library, ChemBioChem, Vol.17, No.20, 1994, 2016..[組織] ...
閲覧 松浦 和則, 植村 明仁, 稲葉 央, 古曳 泰規, 重永 章, 大髙 章 : 光誘起ペプチド繊維成長による走光性リポソームの創製, 第26回バイオ・高分子シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2016年7月..[組織] ...
閲覧 成瀬 公人, 佐藤 浩平, 中村 太寛, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : リソソーム移行型GM2活性化タンパク質の合成研究, 第48回若手ペプチド夏の勉強会, 2016年8月..[組織] ...
閲覧 寺中 孝久, 粟飯原 圭佑, 重永 章, 猪熊 翼, 大髙 章 : Cys-free ligationを用いた環状ペプチドTrichamideの合成研究, 第48回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2016年8月..[組織] ...
閲覧 Mitsuhiro Eto, Naoto Naruse, Kyohei Morimoto, Kosuke Yamaoka, Kohei Sato, Kohei Tsuji, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of an anilide-type scaffold for the thioester precursor N-sulfanylethylcoumarinyl amide, Organic Letters, Vol.18, No.17, 4416-4419, 2016..[組織] ...
閲覧 水口 智晴, 三河 志穂, 馬場 照彦, 島内 寿徳, 重永 章, 奥平 桂一郎, 大髙 章, 斎藤 博幸 : Iowa変異型アポA-Iによる脂質膜環境下でのアミロイド線維形成, 第4回日本アミロイド―シス研究会学術集会, 2016年8月..[組織] ...
閲覧 Keisuke Aihara, Kohsuke Yamaoka, Naoto Naruse, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : One-pot/sequential native chemical ligation using photo-responsive crypto-thioester, EPS Proceedings 2016, (巻), (号), 39, 2016..[組織] ...
閲覧 Takahiro Nakamura, Akira Shigenaga, Naoto Naruse, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka : Second-generation synthetic strategy of GM2-activator protein (GM2AP) analogues applicable to the preparation of a protein library, EPS Proceedings 2016, (巻), (号), 63, 2016..[組織] ...
閲覧 Chiaki Komiya, Keisuke Aihara, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Intein-inspired amide bond processing device, EPS Proceedings 2016, (巻), (号), 60, 2016..[組織] ...
閲覧 Keisuke Aihara, Kosuke Yamaoka, Naoto Naruse, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : One-Pot/Sequential Native Chemical Ligation Using Photo-responsive Crypto-thioester, 34th European Peptide Symposium 2016 & 8th International Peptide Symposium, Leipzig, Germany, Sep. 2016..[組織] ...
閲覧 Chiaki Komiya, Keisuke Aihara, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Intein-inspired Amide Bond Processing Device, 34th European Peptide Symposium 2016 & 8th International Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), Leipzig, Germany, Sep. 2016..[組織] ...
閲覧 Takahiro Nakamura, Akira Shigenaga, Naoto Naruse, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka : Second-Generation Synthetic Strategy of GM2-Activator Protein (GM2AP) Analogues Applicable to the Preparation of a Protein Library, 34th European Peptide Symposium 2016 & 8th International Peptide Symposium, Leipzig, Germany, Sep. 2016..[組織] ...
閲覧 重永 章 : N-Sアシル基転移反応を基盤としたタンパク質完全化学合成法の開拓, 有機合成化学協会中国四国支部主催第74回パネル討論会『次世代を切り拓く全合成研究の若い力』, (巻), (号), (頁), 2016年10月..[組織] ...
閲覧 Shugo Tsuda, Masayoshi Mochizuki, Ken Sakamoto, Masaya Denda, Hideki Nishio, Akira Otaka and Taku Yoshiya : N-Sulfanylethylaminooxybutyramide (SEAoxy): A Crypto-Thioester Compatible with Fmoc Solid-Phase Peptide Synthesis, Organic Letters, Vol.18, No.22, 5940-5943, 2016..[組織] ...
閲覧 成瀬 公人, 江藤 三弘, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : N-Sulfanylethylcoumarinylamide (SECmide) を利用したN-Sアシル転移促進剤の探 索とペプチド合成への応用, 第42回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2016年11月..[組織] ...
閲覧 水口 智晴, 三河 志穂, 馬場 照彦, 島内 寿徳, 重永 章, 奥平 桂一郎, 大髙 章, 斎藤 博幸 : アミロイドーシス変異アポA-I Iowaの脂質膜結合状態の解析, 膜シンポジウム2016, 2016年12月..[組織] ...
閲覧 成瀬 公人, 種子島 幸祐, 辻 耕平, 猪熊 翼, 重永 章, 原 孝彦, 大髙 章 : N-Sulfanylethylanilideペプチドを利用したケモカイン誘導体の合成とToll-like receptor 9の活性化への影響について, 第34回メディシナルケミストリーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2016年12月..[組織] ...
閲覧 津田 雄介, 重永 章, 辻 耕平, 傳田 将也, 佐藤 浩平, 北風 圭介, 中村 太寛, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 : タンパク質位置選択的修飾を指向したチオエステル調製法の開発, 第34回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2016年12月..[組織] ...
閲覧 種子島 幸祐, 高橋 伶奈, 塗谷 秀子, 成瀬 公人, 辻 耕平, 重永 章, 大髙 章, 原 孝彦 : CXCケモカインCXCL14はCpG DNAに結合し,Toll-like receptor 9シグナルを活性化する, 第39回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2016年12月..[組織] ...
閲覧 Takahiko Hara, Kosuke Tanegashima, Rena Takahashi, Hideko Nuriya, Naoto Naruse, Kohei Tsuji, Akira Shigenaga and Akira Otaka : A Novel Function of a CXC-type Chemokine CXCL14 as a Specific Carrier of CpG DNA into Dendritic Cells for Activating Toll-like Receptor 9-mediated Adaptive Immunity, 58th ASH Annual Meeting & Exposition, (巻), (号), (頁), San Diego, Dec. 2016..[組織] ...
閲覧 Takahiro Nakamura, Akira Shigenaga, Naoto Naruse, Tsubasa Inokuma and Akira Otaka : Tailored Synthesis of 162-Residue S-Monoglycosylated GM2-Activator Protein (GM2AP) Analogues Applicable to the Preparation of a Protein Library, Peptide Science 2016, (巻), (号), 75-76, 2017..[組織] ...
閲覧 Takuya Morisaki, Masaya Denda, Jun Yamamoto, Daisuke Tsuji, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of N-sulfanyltehylanilide (SEAlide)-based traceable linker for enrichment and selective labeling of target proteins, Peptide Science 2016, (巻), (号), 179-181, 2017..[組織] ...
閲覧 Kohsuke Yamaoka, Keisuke Aihara, Naoto Naruse, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : One-pot sequential native chemical ligations using photocaged crypto-thioester, Peptide Science 2016, (巻), (号), 73-74, 2017..[組織] ...
閲覧 Yukihiro Itoh, Keisuke Aihara, Paolo Mellini, Toshifumi Tojo, Yosuke Ota, Hiroki Tsumoto, Viswas Raja Solomon, Peng Zhan, Miki Suzuki, Daisuke Ogasawara, Akira Shigenaga, Tsubasa Inokuma, Hidehiko Nakagawa, Naoki Miyata, Tamio Mizukami, Akira Otaka and Takayoshi Suzuki : Design, synthesis and biological evaluation of SNAIL1 peptide-based lysine specific demethylase 1 inhibitors, Peptide Science 2016, (巻), (号), 165-166, 2017..[組織] ...
閲覧 Shiho Mikawa, Chiharu Mizuguchi, Izumi Morita, Hiroyuki Oyama, Teruhiko Baba, Akira Shigenaga, Toshinori Shimanouchi, Norihiro Kobayashi, Akira Otaka, Kenichi Akaji and Hiroyuki Saito : Effect of heparin on amyloid fibril formation of apoA-I fragment peptides, Peptide Science 2016, (巻), (号), 149-151, 2017..[組織] ...
閲覧 Ryo Nadai, Yuki Haraya, Kazuchika Nishitsuji, Kenji Uchimura, Kumiko Sakai-Kato, Akira Shigenaga, Toru Kawakami, Akira Otaka, Hironobu Hojo, Naomi Sakashita and Hiroyuki Saito : Sulfated glycosaminoglycans promote cell membrane penetration of arginine peptides via enthalpy-driven interactions, Peptide Science 2016, (巻), (号), 141-142, 2017..[組織] ...
閲覧 Tsubasa Inokuma, Takahisa Jichu, Kodai Nishida, Akira Shigenaga and Akira Otaka : A convenient method for preparation of -imino carboxylic acid derivatives and application to the asymmetric synthesis of unnatural -amino acid derivative, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.65, No.6, 573-581, 2017..[組織] ...
閲覧 成瀬 公人, 津田 修吾, 大川内 健人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 効率的タンパク質合成のためのSEAlideペプチドを用いたon-resinチオエステル化法の開発, 日本薬学会第137年会, (巻), (号), (頁), 2017年3月..[組織] ...
閲覧 森本 恭平, 山次 建三, 粟飯原 圭佑, 猪熊 翼, 重永 章, 金井 求, 大髙 章 : DMAP誘導体を用いた環状ペプチド合成法の開発, 日本薬学会第137年会, (巻), (号), (頁), 2017年3月..[組織] ...
閲覧 古曳 泰規, 傳田 将也, 藤川 昴樹, 猪熊 翼, 重永 章, 小暮 健太朗, 大髙 章 : N-Sulfanylethylanilideを用いた細胞内標的タンパク質ラベル化法の開発, 日本薬学会第137年会, 2017年3月..[組織] ...
閲覧 河野 誉良, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : チオエステル等価体として機能するタンパク質の化学合成のための新規補助基の開発, 日本薬学会第137年会, (巻), (号), (頁), 2017年3月..[組織] ...
閲覧 西田 航大, 寺中 孝久, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : MnO2を用いたα-イミノカルボン酸誘導体の効率的合成法の開発, 日本薬学会第137年会, (巻), (号), (頁), 2017年3月..[組織] ...
閲覧 Taiki Kohiki, Yusuke Kato, Yusuke Nishikawa, Kazuko YORITA, Ikuko Sagawa, Masaya Denda, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga, Kiyoshi Fukui and Akira Otaka : Elucidation of inhibitor-binding pocket of D-amino acid oxidase using docking simulation and N-sulfanylethylanilide-based labeling technology, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.15, No.25, 5289-5297, 2017..[組織] ...
閲覧 Taiki Kohiki, Yusuke Kato, Yusuke Nishikawa, Kazuko YORITA, Ikuko Sagawa, Masaya Denda, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga, Kiyoshi Fukui and Akira Otaka : Inside Front Cover: Elucidation of inhibitor-binding pocket of D-amino acid oxidase using docking simulation and N-sulfanylethylanilide-based labeling technology, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.15, (号), 5240, 2017..[組織] ...
閲覧 Akira Otaka, Keisuke Aihara, Tetsuro Yoshimaru, Akira Shigenaga and Toyomasa Katagiri : Development of long-lasting stapled peptides targeting BIG3-PHB2 interaction in breast cancer cells, The 6th Pharmaceutical Sciences World Congress 2017, (巻), (号), (頁), Stockholm, May 2017..[組織] ...
閲覧 Keisuke Aihara, Tsubasa Inokuma, Takahisa Jichu, Zhenjian Lin, Feixue Fu, Kosuke Yamaoka, Akira Shigenaga, David A. Hutchins, Eric W. Schmidt and Akira Otaka : Cysteine-free intramolecular ligaiton of N-sulfanylethylanilide peptide using 4-mercaptobenzylphosphonic acid: Synthesis of cyclic peptide, trichamide, Synlett, Vol.28, No.15, 1944-1949, 2017..[組織] ...
閲覧 Takuya Morisaki, Masaya Denda, Jun Yamamoto, Daisuke Tsuji, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of N-Sulfanylethylanilide-based Traceable Linker for Purification and Selective Labeling of Target Proteins, American Peptide Symposium 2017, Whistler, BC, Canada, June 2017..[組織] ...
閲覧 河野 誉良, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質化学合成のための新規N-ペプチジルアニリド型補助基の開発, 創薬懇話会2017 in 加賀, (巻), (号), (頁), 2017年7月..[組織] ...
閲覧 西田 航大, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : ペプチド創薬を指向した非天然アミノ酸含有ペプチドの新規効率的合成法の開発, 創薬懇話会2017 in 加賀, (巻), (号), (頁), 2017年7月..[組織] ...
閲覧 河野 誉良, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : N-Sアシル基転移反応の速度差を利用したライゲーション反応のための新規補助基の開発, 第49回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2017年8月..[組織] ...
閲覧 西田 航大, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : ペプチドへの直接的不斉反応を基盤とする非天然アミノ酸含有ペプチドの新規効率的合成法の開発, 第49回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2017年8月..[組織] ...
閲覧 津田 雄介, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質位置選択的修飾を目指したチオエステル調製法の開発, 第49回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2017年8月..[組織] ...
閲覧 Akira Shigenaga, Jun Yamamoto, Taiki Kohiki, Tsubasa Inokuma and Akira Otaka : Invention of stimulus-responsive peptide-bond-cleaving residue (Spr) and its application to chemical biology tools, Journal of Peptide Science, Vol.23, (号), 505-513, Aug. 2017..[組織] ...
閲覧 Taiki Kohiki, Yusuke Nishikawa, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Chemical synthetic platform for chlorpromazine oligomers that were reported as photo-degradation products of chlorpromazine, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.65, No.12, 1161-1166, 2017..[組織] ...
閲覧 Kosuke Tanegashima, Rena Takahashi, Hideko Nuriya, Naoto Naruse, Kohei Tsuji, Akira Shigenaga, Akira Otaka and Takahiko Hara : CXCL14 acts as a specific carrier of CpG into dendritic cells and activates Toll-like receptor 9-mediated adaptive immunity, EBioMedicine, Vol.24, 247-256, 2017..[組織] ...
閲覧 重永 章 : アミド結合切断反応を基盤とした生命科学指向型ツールの開発, 第43回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2017年11月..[組織] ...
閲覧 大髙 章, 重永 章 : 天然に学ぶタンパク質合成化学, 有機合成化学協会誌, Vol.76, No.1, 45-54, 2018年1月..[組織] ...
閲覧 Naoto Naruse, Kento Ohkawachi, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : N-S-acyl-transfer-mediated On-resin Formation of Thioester with Practical Application to Peptide Synthesis, Peptide Science 2017, (巻), (号), 32-33, 2018..[組織] ...
閲覧 Chiaki Komiya, Jun Tsukimoto, Takuya Morisaki, Yusuke Tsuda, Rin Miyajima and Tsubasa Inokuma : Development of methodology for producing thioesters from naturally occurring peptide sequence, Peptide Science 2017, (巻), (号), 86-87, 2018..[組織] ...
閲覧 Naoto Naruse, Kento Ohkawachi, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Resin-bound crypto-thioester for native chemical ligation, Organic Letters, Vol.20, No.8, 2449-2453, 2018..[組織] ...
閲覧 Tsubasa Inokuma, Kohdai Nishida, Akira Shigenaga, Ken-ichi Yamada and Akira Otaka : Direct enantioselective indolylation of peptidyl imine for the synthesis of indolyl glycine-containing peptides, Heterocycles, Vol.97, No.2, 1269-1287, 2018..[組織] ...
閲覧 Takahisa Jichu, Tsubasa Inokuma, Keisuke Aihara, Taiki Kohiki, Kohdai Nishida, Akira Shigenaga, Ken-ichi Yamada and Akira Otaka : A recyclable hydrophobic anchor-tagged asymmetric amino thiourea catalyst, ChemCatChem, Vol.10, No.16, 3402-3405, 2018..[組織] ...
閲覧 小宮 千明, 月本 準, 上田 将弘, 森崎 巧也, 猪熊 翼, 重永 章, 伊藤 孝司, 大髙 章 : 加水分解酵素を利用したC末端特異的チオエステル化反応の開発, 第50回若手ペプチド夏の勉強会, 2018年8月..[組織] ...
閲覧 成瀬 公人, 大川内 健人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : On-resinチオエス テル化法から得られた知見とその応用, 第50回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2018年8月..[組織] ...
閲覧 森崎 巧也, 中山 淳, 難波 康祐, 重永 章, 大髙 章 : トレーサブルリンカー を用いた共有結合性低分子の標的同定, 第50回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2018年8月..[組織] ...
閲覧 大川内 健人, 森本 恭平, 成瀬 公人, 重永 章, 金井 求, 大髙 章 : 新規チオ ール触媒を利用した分子内ライゲーション法の開発, 第50回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2018年8月..[組織] ...
閲覧 河野 誉良, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : N-Sアシル基転移速度 の向上を指向した新規補助基の開発, 第50回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2018年8月..[組織] ...
閲覧 安養寺 啓太央, 粟飯原 圭祐, 吉丸 哲郎, 重永 章, 片桐 豊雅, 大髙 章 : がん 抑制タンパク質PHB2からの創薬シード発掘, 第50回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2018年8月..[組織] ...
閲覧 上田 将弘, 小宮 千明, 重永 章, 大髙 章 : 酵素を利用したチオエステル調製 のためのC末ペプチド配列の最適化, 第50回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2018年8月..[組織] ...
閲覧 上田 将弘, 小宮 千明, 重永 章, 大髙 章 : 酵素を利用したチオエステル化反応の効率化を指向したペプチドC末配列の修飾, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2018年11月..[組織] ...
閲覧 森崎 巧也, 重永 章, 大髙 章 : SECmideを基盤としたターンオン型蛍光クリーバブルリンカーの開発, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2018年11月..[組織] ...
閲覧 岩瀬 璃奈, 成瀬 公人, 種子島 幸祐, 重永 章, 大髙 章, 原 孝彦 : CXCL14とCpG DNAの相互作用によるTLR9活性化の特異性と責任領域の解析, 第41回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2018年11月..[組織] ...
閲覧 三井 貴洋, 種子島 幸祐, 成瀬 公人, 重永 章, 大髙 章, 原 孝彦 : CpG DNA/CXCL14複合体に対する候補受容体の発現クローニング, 第41回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2018年11月..[組織] ...
閲覧 Akira Shigenaga, Takuya Morisaki, Taiki Kohiki, Masaya Denda, Tsubasa Inokuma and Akira Otaka : Development of acyl transfer-based chemical biology tools for purification/selective labeling of target proteins, 5th International Symposium for Medicinal Sciences, Chiba, March 2019..[組織] ...
閲覧 Naoto Naruse, Kiyoka Matsumoto, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of method for deprotection of N-terminal thiazolidine derivative using copper salt for chemical protein synthesis, Peptide Science 2018, (巻), (号), 80, 2019..[組織] ...
閲覧 Kento Ohkawachi, Kyohei Morimoto, Naoto Naruse, Kenzo Yamatsugu, Akira Shigenaga, Motomu Kanai and Akira Otaka : Development of methodology for cyclic peptide synthesis using a thiol-incorporated DMAP catalyst, Peptide Science 2018, (巻), (号), 81, 2019..[組織] ...
閲覧 Keitaroh Anyohji, Keisuke Aihara, Tetsuro Yoshimaru, Akira Shigenaga, Toyomasa Katagiri and Akira Otaka : Development of anti-cancer peptide based on prohibitin 2, Peptide Science 2018, (巻), (号), 46, 2019..[組織] ...
閲覧 Taiki Kohiki, Yusuke Kato, Masaya Denda, Yusuke Nishikawa, Kazuko YORITA, Ikuko Sagawa, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga, Kiyoshi Fukui and Akira Otaka : Development and application of novel protein labeling reagent "SEAL", Peptide Science 2018, (巻), (号), 104, 2019..[組織] ...
閲覧 Chiaki Komiya, Jun Tsukimoto, Masahiro Ueda, Takuya Morisaki, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga, Kouji Itou and Akira Otaka : Preparation of protein thioesters enabled by carboxypeptidase-mediated C-terminal specific hydrazinolysis, Peptide Science 2018, 8, 2019..[組織] ...
閲覧 Chiaki Komiya, Akira Shigenaga, Jun Tsukimoto, Masahiro Ueda, Takuya Morisaki, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka : Traceless synthesis of protein thioesters using enzyme-mediated hydrazinolysis and subsequent self-editing of cysteinyl prolyl sequence, Chemical Communications, Vol.55, 7029-7032, 2019..[組織] ...
閲覧 大川内 健人, 森本 恭平, 成瀬 公人, 山次 健三, 重永 章, 金井 求, 大髙 章 : チオール導入型DMAP触媒を利用した環状ペプチド合成法の開発, 第51回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2019年8月..[組織] ...
閲覧 中川 美帆, 種子島 幸祐, 三井 貴洋, 成瀬 公人, 重永 章, 大髙 章, 佐久間 啓, 原 孝彦 : ケモカイン CXCL14の脳内ミクログリアに対する働き, 第42回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2019年12月..[組織] ...
閲覧 種子島 幸祐, 三井 貴洋, 岩瀬 璃奈, 成瀬 公人, 重永 章, 大髙 章, 原 孝彦 : CpG DNAと CXCL14による自然免疫系の協調的な調節メカニズム, 第42回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2019年12月..[組織] ...
閲覧 Naoto Naruse, Daishiroh Kobayashi, Kento Ohkawachi, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Copper-mediated deprotection of thiazolidine and selenazolidine derivatives applied to native chemical ligation, The Journal of Organic Chemistry, Vol.85, No.3, 1425-1433, 2020..[組織] ...
閲覧 Kento Ohkawachi, Daishiroh Kobayashi, Kyohei Morimoto, Akira Shigenaga, Masaya Denda, Kenzo Yamatsugu, Motomu Kanai and Akira Otaka : Sulfanylmethyldimethylaminopyridine as a Useful Thiol Additive for Ligation Chemistry in Peptide/Protein Synthesis, Organic Letters, Vol.22, No.14, 5289-5293, 2020..[組織] ...
閲覧 Daishiroh Kobayashi, Naoto Naruse, Masaya Denda, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Deprotection of S-Acetamidomethyl Cysteine with Copper (II) and 1,2-Aminothiols under Aerobic Conditions, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.18, (号), 8638-8645, 2020..[組織] ...
閲覧 Rina Iwase, Naoto Naruse, Miho Nakagawa, Risa Saito, Akira Shigenaga, Akira Otaka, Takahiko Hara and Kosuke Tanegashima : Identification of Functional Domains of CXCL14 Involved in High-Affinity Binding and Intracellular Transport of CpG DNA, The Journal of Immunology, Vol.207, No.2, 459-469, 2021..[組織] ...
閲覧 Daishiroh Kobayashi, Yutaka Kohmura, Toshihiko Sugiki, Eisuke Kuraoka, Masaya Denda, Toshimichi Fujiwara and Akira Otaka : Peptide Cyclization Mediated by Metal-Free S-Arylation: S-Protected Cysteine Sulfoxide as an Umpolung of Cysteine Nucleophile, Chemistry - A European Journal, Vol.27, No.56, 14092-14099, 2021..[組織] ...
閲覧 Kakiuchi Naoya, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Integrated continuous flow method with dual feedback-based controls for online analysis and process control, Analytical Sciences, Vol.39, 2023..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.55, Max(EID) = 393148, Max(EOID) = 1063673.