『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 岩﨑 英隆

登録情報の数

有効な情報: 82件 + 無効な情報: 12件 = 全ての情報: 94件

全ての有効な情報 (82件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(82)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 川田 仁美, 岩﨑 英隆, 大山 晴三, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭 : 当科における喉頭癌の治療成績, 第32回中国四国地方部会連合学会, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[著者] ...
閲覧 戸田 直紀, 東 貴弘, 岩﨑 英隆, 大山 晴三, 中村 克彦, 武田 憲昭 : ハント症候群における内耳道造影MRIの検討, 第17回日本耳科学会, (巻), (号), (頁), 2007年(0月)..[著者] ...
閲覧 中村 克彦, 大山 晴三, 岩﨑 英隆, 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : 完全脱神経をきたした顔面神経麻痺例に対するリハビリテーション, 第30回日本顔面神経研究会, (巻), (号), (頁), 2007年5月..[著者] ...
閲覧 大山 晴三, 中村 克彦, 岩﨑 英隆, 高橋 美香, 戸田 直紀, 武田 憲昭 : ボツリヌス治療とミラーバイオフィードバックの併用による病的共同運動の治療効果, 第30回日本顔面神経研究会, (巻), (号), (頁), 2007年5月..[著者] ...
閲覧 岩﨑 英隆, 中村 克彦, 大山 晴三, 戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : 完全脱神経の重症顔面神経麻痺に対する急性期の治療後のリハビリテーション, 第17回日本耳科学会, (巻), (号), (頁), 2007年10月..[著者] ...
閲覧 戸田 直紀, 東 貴弘, 岩﨑 英隆, 大山 晴三, 中村 克彦, 武田 憲昭 : ハント症候群における内耳道造影MRIの検討, 第17回日本耳科学会, (巻), (号), (頁), 2007年10月..[著者] ...
閲覧 高岡 司, 陣内 自治, 岩﨑 英隆, 由良 いづみ, 田村 公一, 武田 憲昭 : 化学放射線療法におけるPEG(経皮内視鏡的胃瘻造設術)の有用性につい, 第33回四国四県地方部会連合学会, (巻), (号), (頁), 2007年12月..[著者] ...
閲覧 大山 晴三, 中村 克彦, 戸田 直紀, 岩﨑 英隆, 東 貴弘, 高橋 美香, 武田 憲昭 : ボツリヌス治療とミラーバイオフィードバックの併用による病的共同運動の治療効果, Facial Nerve Research Japan, Vol.27, No.0, 189-191, 2008年..[著者] ...
閲覧 中村 克彦, 大山 晴三, 岩﨑 英隆, 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : 完全脱神経をきたした顔面神経麻痺例に対するリハビリテーション, Facial Nerve Research Japan, Vol.27, No.0, 186-188, 2008年..[著者] ...
閲覧 戸田 直紀, 東 貴弘, 高橋 美香, 岩﨑 英隆, 大山 晴三, 中村 克彦, 武田 憲昭 : ハント症候群における内耳道造影MRIの検討, 第109回日本耳鼻咽喉科学会, (巻), (号), (頁), 2008年5月..[著者] ...
閲覧 陣内 自治, 高岡 司, 岩﨑 英隆, 由良 いづみ, 田村 公一, 武田 憲昭 : 頭頸部癌に対する化学放射線療法におけるPEG(経皮内視鏡的胃瘻造設術)の有用性について, 第109回日本耳鼻咽喉科学会, (巻), (号), (頁), 2008年5月..[著者] ...
閲覧 戸田 直紀, 岩﨑 英隆, 東 貴弘, 大山 晴三, 高橋 美香, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 第8脳神経症状のみを呈した耳性帯状疱疹(HaymannIV型)の検討, 第31回日本顔面神経研究会, (巻), (号), (頁), 2008年5月..[著者] ...
閲覧 大山 晴三, 中村 克彦, 岩﨑 英隆, 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : 病的共同運動に対するボツリヌス治療とミラーバイオフィードバックの併用療法の治療効果, 第31回日本顔面神経研究会, (巻), (号), (頁), 2008年5月..[著者] ...
閲覧 岩﨑 英隆, 戸田 直紀, 東 貴弘, 大山 晴三, 高橋 美香, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 病的共同運動に対するボツリヌス治療とミラーバイオフィードバック併用療法におけるQOLの評価, 第31回日本顔面神経研究会, (巻), (号), (頁), 2008年5月..[著者] ...
閲覧 中村 克彦, 大山 晴三, 岩﨑 英隆, 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : 神経障害の程度に応じたミラーバイオフィードバック, 第31回日本顔面神経研究会, (巻), (号), (頁), 2008年5月..[著者] ...
閲覧 岩﨑 英隆, 高岡 司, 佐藤 豪, 阿部 晃治, 武田 憲昭 : 小魚の脊椎異物による喉頭蓋腫瘍症例, 第34回中国四国地方部会連合学会, (巻), (号), (頁), 2008年5月..[著者] ...
閲覧 戸田 直紀, 岩﨑 英隆, 東 貴弘, 大山 晴三, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 症候群における耳性帯状疱疹・顔面神経麻痺・第8脳神経症状の組み合わせの検討, 第18回日本耳科学会, (巻), (号), (頁), 2008年10月..[著者] ...
閲覧 佐藤 孝宣, 岩﨑 英隆, 阿部 晃治, 戸田 直紀, 武田 憲昭 : 当院における重複癌の検討, 第34回四国四県地方部会連合学会, (巻), (号), (頁), 2008年12月..[著者] ...
閲覧 戸田 直紀, 岩﨑 英隆, 東 貴弘, 大山 晴三, 高橋 美香, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 第8脳神経症状のみを呈する耳性帯状疱疹(Haymann IV型)の検討, Facial Nerve Research Japan, Vol.28, (号), 166-169, 2009年..[著者] ...
閲覧 中村 克彦, 大山 晴三, 岩﨑 英隆, 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : 神経障害の程度に応じたミラーバイオフィードバック, Facial Nerve Research Japan, Vol.28, No.0, 129-131, 2009年..[著者] ...
閲覧 大山 晴三, 中村 克彦, 戸田 直紀, 岩﨑 英隆, 東 貴弘, 高橋 美香, 武田 憲昭 : 病的共同運動に対するボツリヌス治療とミラーバイオフィードバックの併用療法の治療効果, Facial Nerve Research Japan, Vol.28, No.0, 126-128, 2009年..[著者] ...
閲覧 岩﨑 英隆, 戸田 直紀, 東 貴弘, 大山 晴三, 高橋 美香, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 病的共同運動に対するボツリヌス治療とミラーバイオフィードバック併用療法におけるQOLの評価, Facial Nerve Research Japan, Vol.28, No.0, 132-134, 2009年..[著者] ...
閲覧 阿部 晃治, 高橋 美香, 岩﨑 英隆, 武田 直也, 幸田 純治, 武田 憲昭 : 機能性発声障害患者の喉頭筋電図所見について, 第66回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 岩﨑 英隆, 高橋 美香, 東 貴弘, 大山 晴三, 戸田 直紀, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 顔面神経麻痺患者に対する質問紙を用いたQOL評価の検討, 第32回日本顔面神経研究会, (巻), 2009年6月..[著者] ...
閲覧 岩﨑 英隆, 戸田 直紀, 東 貴弘, 高橋 美香, 中村 克彦, 久保 均, 原田 雅史, 大崎 康宏, 武田 憲昭 : 病的共同運動に対するボツリヌス・ミラーバイオフィードバック療法が大脳皮質運動野に与える影響:fMRIによる検討, 第33回日本顔面神経研究会, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 中村 克彦, 高橋 美香, 戸田 直紀, 大山 晴三, 岩﨑 英隆, 東 貴弘, 武田 憲昭 : 顔面神経の完全麻痺をきたしたハント症候群の症例に対するリハビリテーション, 第33回日本顔面神経研究会, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 戸田 直紀, 高橋 美香, 東 貴弘, 岩﨑 英隆, 中村 克彦, 武田 憲昭 : Hunt症候群における聴力障害の検討, 第33回日本顔面神経研究会, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 岩﨑 英隆, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 上前庭神経障害によるめまいと考えられてZoster Sine Herpete症例, 第33回日本顔面神経研究会, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 中野 誠一, 雫 治彦, 秋月 裕則, 岩﨑 英隆, 七條 光市, 生越 剛司, 渡邉 力, 中津 忠則, 武田 憲昭 : 扁摘が有効であった自己炎症疾患PFAPA症候群例, 第23回日本口腔・咽頭科学会, (巻), (号), (頁), 2010年9月..[著者] ...
閲覧 中村 克彦, 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 岩﨑 英隆, 大山 晴三, 武田 憲昭 : 完全脱神経を来たしたHumt症候群に対するリハビリテーション, Facial Nerve Research Japan, Vol.30, 137-139, 2010年..[著者] ...
閲覧 戸田 直紀, 高橋 美香, 東 貴弘, 岩﨑 英隆, 中村 克彦, 武田 憲昭 : Hunt症候群における聴力障害の検討, Facial Nerve Research Japan, Vol.30, 75-77, 2010年..[著者] ...
閲覧 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 岩﨑 英隆, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 上前庭神経障害によるめまいと考えられた不完全Hunt症候群症例, Facial Nerve Research Japan, Vol.30, 179-180, 2010年..[著者] ...
閲覧 中野 誠一, 雫 治彦, 秋月 裕則, 岩﨑 英隆, 七條 光市, 生越 剛司, 渡邉 力, 中津 忠則, 武田 憲昭 : 扁桃が有効であった自己炎症疾患PFAPA症候群例, 第29回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2011年2月..[著者] ...
閲覧 平尾 章博, 宮井 優, 近藤 絵里, 金崎 淑子, 新谷 保実, 宮 恵子, 武市 充生, 岩﨑 英隆, 秋月 裕則, 木内 慎一郎, 上間 健造, 山下 理子, 藤井 義幸, 藤野 修 : 2型糖尿病発症から10年を経て発症したIgG4関連疾患の1例, 徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal, Vol.16, No.1, 82-87, 2011年..[著者] ...
閲覧 中野 誠一, 雫 治彦, 岩﨑 英隆, 秋月 裕則, 武田 憲昭 : 感染を繰り返したlaryngoceleの1例, 第23回日本喉頭科学会, 2011年4月..[著者] ...
閲覧 中野 誠一, 雫 治彦, 秋月 裕則, 岩﨑 英隆, 七條 光市, 生越 剛司, 渡邉 力, 中津 忠則, 武田 憲昭 : 扁摘が有効であった自己炎症疾患PFAPA症候群例, 耳鼻咽喉科臨床, Vol.104, No.5, 347-352, 2011年..[著者] ...
閲覧 東 貴弘, 高橋 美香, 岩﨑 英隆, 戸田 直紀, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 顔面神経外来での集団リハビリ指導について, 第112回日本耳鼻咽喉科学会, 2011年5月..[著者] ...
閲覧 高橋 美香, 東 貴弘, 岩﨑 英隆, 戸田 直紀, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 面神経麻痺患者に対する集団リハビリテーション, 第34回日本顔面神経研究会, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 中村 克彦, 東 貴弘, 高橋 美香, 武田 憲昭, 戸田 直紀, 岩﨑 英隆 : 面神経麻痺患者のリハビリテーションのための予後診断について, 第34回日本顔面神経研究会, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 東 貴弘, 高橋 美香, 中村 克彦, 武田 憲昭, 戸田 直紀, 岩﨑 英隆 : 発症した病的共同運動に対するボツリヌス毒素治療とバイオフィードバックの併用療法, 第34回日本顔面神経研究会, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 岩﨑 英隆, 武市 充生, 山下 理子, 藤井 義幸, 秋月 裕則 : 頸部リンパ節に発生した胚中心進展性異形成の2症例, 第73回耳鼻咽喉科臨床学会, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 高橋 美香, 東 貴弘, 中村 克彦, 岩﨑 英隆, 戸田 直紀, 武田 憲昭 : 顔面神経麻痺患者に対する集団リハビリテーション, Facial Nerve Research Japan, Vol.31, 148-150, 2011年..[著者] ...
閲覧 Takahiro Azuma, Katsuhiko Nakamura, 高橋 美香, Seizo Oyama, Naoki Toda, Hidetaka Iwasaki, Bukasa Kalubi and Noriaki Takeda : Mirror biofeedback rehabilitation after administration of single dose of botulinum toxin for treatment of facial synkinesis, 11th Japan-Taiwan Conference on Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Kobe, Dec. 2011..[著者] ...
閲覧 武市 充生, 岩﨑 英隆, 秋月 裕則 : 急速に増大した舌下部神経鞘腫の一例, 第37回日本耳鼻咽喉科学会四国四県地方部会, 2011年12月..[著者] ...
閲覧 東 貴弘, 高橋 美香, 中村 克彦, 武田 憲昭, 戸田 直紀, 岩﨑 英隆 : 病的共同運動への対応, 第113回日本耳鼻咽喉科学会, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 中村 克彦, 岩﨑 英隆, 武田 憲昭 : ハント症候群における内耳道造影MRIについて, 第35回日本顔面神経研究会, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 中村 克彦, 東 貴弘, 高橋 美香, 武田 憲昭, 戸田 直紀, 岩﨑 英隆 : 顔面神経麻痺の集団リハビリテーションについて, 第35回日本顔面神経研究会, 2012年6月..[著者] ...
閲覧 東 貴弘, 高橋 美香, 岩﨑 英隆, 戸田 直紀, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 発症した病的共同運動に対するボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック併用療法の長期成績, 第35回日本顔面神経研究会, 2012年6月..[著者] ...
閲覧 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 中村 克彦, 岩﨑 英隆, 武田 憲昭 : めまいを伴うハント症候群における上前庭神経障害, 第30回耳鼻咽喉科ニューロサイエンス研究会, 2012年8月..[著者] ...
閲覧 東 貴弘, 高橋 美香, 中村 克彦, 武田 憲昭, 戸田 直紀, 岩﨑 英隆 : 発症した病的共同運動に対するボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック併用療法, 第22回日本耳科学会, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 岩﨑 英隆, 中村 克彦, 武田 憲昭 : Hunt症候群における内耳道造影MRIについて, Facial Nerve Research Japan, Vol.32, 113-115, 2012年..[著者] ...
閲覧 東 貴弘, 岩﨑 英隆, 戸田 直紀, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 発症した病的共同運動に対するボツリヌス毒素・ミラーフィードバック併用療法の長期成績, Facial Nerve Research Japan, Vol.32, 68-70, 2012年..[著者] ...
閲覧 中村 克彦, 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 岩﨑 英隆, 武田 憲昭 : 顔面神経麻痺の予後診断とリハビリテーションについて, Facial Nerve Research Japan, Vol.33, 160-162, 2013年..[著者] ...
閲覧 東 貴弘, 高橋 美香, 戸田 直紀, 岩﨑 英隆, 中村 克彦, 武田 憲昭 : ボツリヌス投与量を減らしたボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック併用療法, Facial Nerve Research Japan, Vol.33, 166-168, 2013年..[著者] ...
閲覧 武市 充生, 岩﨑 英隆, 秋月 裕則, 金村 亮, 武田 憲昭 : 嚥下困難を主訴とした破傷風3例, 耳鼻咽喉科臨床, Vol.106, No.3, 229-233, 2013年..[著者] ...
閲覧 Hidetaka Iwasaki, Naoki Toda, Mika Takahashi, Takahiro Azuma, Katsuhiko Nakamura, Shoichiro Takao, Masafumi Harada and Noriaki Takeda : Vestibular and cochlear neuritis in patients with Ramsay Hunt syndrome: a Gd-enhanced MRI study, Acta Oto-Laryngologica, Vol.133, No.4, 373-377, 2013..[著者] ...
閲覧 中野 誠一, 秋月 裕則, 岩﨑 英隆, 山下 理子, 藤井 義幸, 近藤 英司, 雫 治彦, 田村 公一, 武田 憲昭 : 感染を繰り返したlaryngocele例, 耳鼻咽喉科臨床, Vol.106, No.5, 439-445, 2013年..[著者] ...
閲覧 岩﨑 英隆, 戸田 直紀, 高橋 美香, 東 貴弘, 中村 克彦, 髙尾 正一郎, 原田 雅史, 武田 憲昭 : ラムゼン・ハント症候群における前庭神経炎と蝸牛神経炎Gd造影MRIによる検討, 第114回日本耳鼻咽喉科学会, 2013年5月..[著者] ...
閲覧 中村 克彦, 東 貴弘, 高橋 美香, 武田 憲昭, 戸田 直紀, 岩﨑 英隆 : 顔面神経麻痺の予後診断とリハビリテーションについて, 第36回日本顔面神経研究会, 2013年5月..[著者] ...
閲覧 東 貴弘, 高橋 美香, 岩﨑 英隆, 戸田 直紀, 中村 克彦, 武田 憲昭 : ボツリヌス毒素投与量を減らしたボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック併用療法, 第36回日本顔面神経研究会, 2013年5月..[著者] ...
閲覧 Takahiro Azuma, Katsuhiko Nakamura, Mika Takahashi, Naoki Toda, Hidetaka Iwasaki and Noriaki Takeda : Mirror biofeedback rehabilitation after administration of single dose of botulinum toxin for treatment of facial synkinesis, 12th International Facial Nerve Symposium, Boston, June 2013..[著者] ...
閲覧 中野 誠一, 秋月 裕則, 岩﨑 英隆, 近藤 英司, 武田 憲昭 : PFAPA症候群に共通する血中サイトカインの変動:発熱時のIL-6,IFN-γの上昇とIL-4の不変, 第32回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2014年2月..[著者] ...
閲覧 中村 克彦, 高橋 美香, 東 貴弘, 戸田 直紀, 岩﨑 英隆, 武田 憲昭 : 顔面神経麻痺の神経障害の程度に応じたリハビリテーション, 第37回日本顔面神経学会, 2014年5月..[著者] ...
閲覧 中村 克彦, 東 貴弘, 戸田 直紀, 岩﨑 英隆, 武田 憲昭 : 小児集団リハビリテーションにおける病的共同運動治療の長期経過観察症例の検討, Facial Nerve Research Japan, Vol.34, 78-80, 2014年..[著者] ...
閲覧 東 貴弘, 高橋 美香, 岩﨑 英隆, 戸田 直紀, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 発症した病的共同運動に対するボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック併用療法の治療開始時期による効果の検討, Facial Nerve Research Japan, Vol.34, 81-83, 2014年..[著者] ...
閲覧 内藤 圭介, 岩﨑 英隆, 秋月 裕則, 中野 誠一, 庄野 仁志, 加島 健司 : 視力障害をきたした副鼻腔疾患症例の検討, 徳島赤十字病院医学雑誌, Vol.20, No.1, 35-39, 2015年..[著者] ...
閲覧 東 貴弘, 高橋 美香, 中村 克彦, 戸田 直紀, 岩﨑 英隆, 武田 憲昭 : ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック併用療法の治療開始時期による効果の検討, 第38回日本顔面神経学会, 2015年6月..[著者] ...
閲覧 髙橋 美香, 東 貴弘, 三好 仁美, 中村 克彦, 戸田 直紀, 岩﨑 英隆, 武田 憲昭 : 小児集団リハビリテーションにおける病的共同運動の長期治療効果, 第39回日本顔面神経学会, 2016年5月..[著者] ...
閲覧 秋月 裕則, 岩﨑 英隆, 武田 憲昭 : 界面活性剤の誤飲により亜急性に生じた咽喉頭粘膜腫脹例, 耳鼻咽喉科臨床, Vol.109, No.6, 405-409, 2016年..[著者] ...
閲覧 中野 誠一, 岩﨑 英隆, 近藤 英司, 武田 憲昭 : 難治性扁桃出血で発見されたvon Willebrand病の1例, 第11回日本小児耳鼻咽喉科学会, 2016年6月..[著者] ...
閲覧 Sei-ichi. Nakano, Hidetaka Iwasaki, Eiji Kondou, Katsushi Miyazaki, Haruhiko Shizuku, Sei-ichirou Kamimura, Junya Fukuda, Ryou Kanamura and Noriaki Takeda : Efficacy of proton pump inhibitor in combination with rikkunshito in patients complaining of globus pharyngeus, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.63, No.3,4, 227-229, 2016..[著者] ...
閲覧 髙橋 美香, 三好 仁美, 東 貴弘, 中村 克彦, 戸田 直紀, 岩﨑 英隆, 武田 憲昭 : 小児顔面神経麻痺後の病的共同運動患者に対する治療 ─ミラーバイオフィードバック療法と集団リハビリテーションの治療効果の検討─, 第40回日本顔面神経学会, 2017年5月..[著者] ...
閲覧 髙橋 美香, 高岡 奨, 三好 仁美, 東 貴弘, 中村 克彦, 戸田 直紀, 岩﨑 英隆, 武田 憲昭 : 左顔面神経麻痺で発症した乳幼児筋線維腫(Infantile Myofibroma)の一例, 第40回日本顔面神経学会, 2017年5月..[著者] ...
閲覧 Mika Takahashi, Takahiro Azuma, Katsuhiko Nakamura, Miyoshi Hitomi, Naoki Toda, Hidetaka Iwasaki and Noriaki Takeda : Effects of mirror biofeedback rehabilitation on oral-ocular synkinesis with chronic facial palsy in children, 13th International facial nerve symposium, (都市), Aug. 2017..[著者] ...
閲覧 Takahiro Azuma, Katsuhiko Nakamura, Mika Takahashi, Miyoshi Hitomi, Naoki Toda, Hidetaka Iwasaki and Noriaki Takeda : Prevention and treatment of facial synkinesis after facial palsy using facial biofeedback rehabilitation with mirror, 13th International facial nerve symposium, (都市), Aug. 2017..[著者] ...
閲覧 中野 誠一, 秋月 裕則, 近藤 英司, 岩﨑 英隆, 阿部 晃治, 武田 憲昭 : PFAPA症候群と習慣性扁桃炎の血中サイトカインの違い, 第80回耳鼻咽喉科臨床学会, 2018年6月..[著者] ...
閲覧 Takahiro Azuma, Katsuhiko Nakamura, Mika Takahashi, Hitomi Miyoshi, Naoki Toda, Hidetaka Iwasaki and Noriaki Takeda : Electroneurography in the acute stage of facial palsy as a predictive factor for the development of facial synkinesis sequela., Auris, Nasus, Larynx, Vol.45, No.4, 728-731, 2018..[著者] ...
閲覧 Takahiro Azuma, Katsuhiko Nakamura, Mika Takahashi, Hitomi Miyoshi, Naoki Toda, Hidetaka Iwasaki, Teruhiko Fuchigami, Gou Satou, Yoshiaki Kitamura, Koji Abe and Noriaki Takeda : Electroneurography cannot predict when facial synkinesis develops in patients with facial palsy., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.67, No.1.2, 87-89, 2020..[著者] ...
閲覧 Seiichi Nakano, Eiji Kondou, Hidetaka Iwasaki, Hironori Akizuki, Kazunori Matsuda, Takahiro Azuma, Gou Satou, Yoshiaki Kitamura, Koji Abe and Noriaki Takeda : Differential cytokine profiles in pediatric patients with PFAPA syndrome and recurrent tonsillitis., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.68, No.1.2, 38-41, 2021..[著者] ...
閲覧 両角 遼太, 中野 誠一, 戸田 直紀, 近藤 英司, 岩﨑 英隆, 武田 憲昭 : 難治性扁桃出血を契機に診断された家族歴を有するvon Willebrand病例, 耳鼻咽喉科臨床, Vol.114, No.4, 291-296, 2021年..[著者] ...
閲覧 Mika Takahashi, Gou Satou, Naoki Toda, Takahiro Azuma, Katsuhiko Nakamura, Hidetaka Iwasaki, Hitomi Miyoshi, Kazunori Matsuda, Yoshiaki Kitamura, Koji Abe, Shoichiro Takao, Masafumi Harada and Noriaki Takeda : Vestibular and cochlear nerve enhancement on MRI and its correlation with vestibulocochlear functional deficits in patients with Ramsay Hunt syndrome., Auris, Nasus, Larynx, Vol.48, No.3, 347-352, 2021..[著者] ...
閲覧 東 貴弘, 髙橋 美香, 岩﨑 英隆, 戸田 直紀, 三好 仁美, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 顔面神経麻痺後遺症の新しい評価法とリハビリテーションの開発, 耳鼻咽喉科臨床 補冊, Vol.158, No.0, 82-90, 2022年(0月)..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 9, LA = 0.38, Max(EID) = 407534, Max(EOID) = 1104254.