『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 淡路 (Awaji/[日本国])

登録情報の数

有効な情報: 116件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 116件

全ての有効な情報 (116件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(24)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(24)
閲覧 閲覧 三重大学 …(1)
閲覧 (未定義) …(67)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 丸山 健一, 本仲 純子, 三島 有二, 中林 安雄 : オスミウム錯体の配位子変化に伴うDNAへの影響及びNADハイブリッドセンサへの応用, 第5回中国四国支部分析化学若手セミナー, 1999年8月..[都市] ...
閲覧 新野 鉄平, 本仲 純子, 三島 有二, 丸山 健一, 中林 安雄 : オスミウム錯体修飾電極の速度論的解析及びそのNADH測定への適用, 第5回中国四国支部分析化学若手セミナー, 1999年8月..[都市] ...
閲覧 久米 克典, 本仲 純子, 増田 精造, 南川 慶二 : α-アセトアミドアクリル酸のスチレンとの共重合及び電極への固定, 第5回中国四国支部分析化学若手セミナー, (巻), (号), (頁), 1999年8月..[都市] ...
閲覧 松崎 雄一郎, 本仲 純子, 三島 有二, 丸山 健一, 中林 安雄 : フェナントロリンオスミウム錯体類のメディエーター特性への配位子変化の影響, 第5回中国四国支部分析化学若手セミナー, 1999年8月..[都市] ...
閲覧 三島 有二, 本仲 純子, 越宗 昭年, 丸山 健一 : カーボンペースト電極上でのピピリジンオスミウム錯体の電子移動プロセスの評価と酵素電極への適用, 第5回中国四国支部分析化学若手セミナー, 1999年8月..[都市] ...
閲覧 芳田 美智子, 山本 浩範, 森田 恭子, 武田 英二 : スタニオカルシン2の特性および分泌制御機構, 日本ビタミン学会大会, Vol.53, 2001年5月..[都市] ...
閲覧 Toyokazu Miki, Seiji Yano, Takanori Kanematsu and Saburo Sone : Bone metastasis model with multi-organ dissemination of human small cell lung cancer(SBC-5)cells, 3rd International Conference on Cancer-Induced Bone Diseases, Awaji, Nov. 2001..[都市] ...
閲覧 Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Shusaku Yoshida, Hiromu Nishitani and Hisanori Uehara : Pseudomyxoma Peritonei;Usual and Unusual Imaging Findings, The JSMRM International Symposium Oncologic MR imaging, (巻), (号), (頁), Awaji, Jan. 2003..[都市] ...
閲覧 K. Akiyama, N. Tomita, T. Nishimura, Y. Nomura and Toshiro Isu : Accurate detection of amplitude and phase changes using polarized heterodyne pump-probe technique, CREST&QNN03 Joint International Workshop, No.MP-31, Awaji, July 2003..[都市] ...
閲覧 Masanobu Haraguchi, Tatsuya Yamaguchi, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : Numerical simulation of optical resonance properties related to the local surface plasmon on a silver nano-particle, Crest & QNN'03 Joint International Workshop, 123-124, Awaji, July 2003..[都市] ...
閲覧 Toshiro Isu, K. Akiyama, N. Tomita, T. Nishimura and Y. Nomura : Highly-efficient and ultrafast nonlinear optical response of excitons weakly confined in a semiconductor thin film, CREST&QNN03 Joint International Workshop, No.Tu3-2, Awaji, July 2003..[都市] ...
閲覧 Shun Adachi and Sota Hiraga : Novobiocin hypersensitivity of a mukB null mutant and subcellular localization of MukB-GFP, International Workshop for Escherichia coli Towards New Biology in the 21st Century Systematic Functional Analysis for Escherichia coli Genome -Resources, Systems Approach and Towards Modeling-, Awaji, Oct. 2003..[都市] ...
閲覧 Atsushi Mori, Kazuhiko Akasaka, Tomonori Ito, Shin-ichiro Yanagiya and Tetsuo Inoue : Alloy phase diagram of InGaN/GaN(0001) pseudomorphic thin film and strain-induced supperlattice structure: Monte Carlo simulation study, The 23rd International Conference on Defects in Semiconductors ICDS-23 PROGRAM and ABSTRACTS, (巻), (号), 360, Awaji, July 2005..[都市] ...
閲覧 Taro Muto, Keiko Miyoshi, Hiroshi Nakata, Seiichi Munesue, Minoru Okayama, Takashi Matsuo and Takafumi Noma : Comparative analysis of syndecan expression during mouse incisor development, Extracellular Glycomatrix in health and Disease symposium, (巻), (号), (頁), Awaji, June 2006..[都市] ...
閲覧 Naozumi Ishimaru and Yoshio Hayashi : In Vivo Role of NF-κB-inducing Kinase for T Cell Activation, Satellite Meeting of the 20th IUBMB International Congress and 11th FAOBMB Congress, (巻), (号), (頁), June 2006..[都市] ...
閲覧 Yoshio Hayashi, Naozumi Ishimaru and Nobuhiko Katunuma : Cathepsin L-inhibitor Prevents Proinsulin Peptide Processing and Autoimmune Diabetes in Nonobetic(NOD)Mice, Satellite Meeting of the 20th IUBMB International Congress and 11th FAOBMB Congress, (巻), (号), (頁), June 2006..[都市] ...
閲覧 佐藤 陽一, 新家 利一, 中堀 豊 : ヒト性分化機構に対するプロテオミクスからのアプローチ, 特定領域研究「性分化機構の解明」第3回領域会議, 2006年9月..[都市] ...
閲覧 Siho Minamiguchi, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kazuhito Satomura and Masaru Nagayama : A research on the rat subcutaneous tissue of hydroxyapatite-polyD, L-Iactic-co-glycolic acid (PLGA)composite scaffolds for allopatry bone generation., 第1回国際シンポジウム・FDワークショップ「21 世紀の口腔科学が目指すべき方向性」, (巻), (号), (頁), Awaji, (month)2007..[都市] ...
閲覧 Emi Fujiwara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Preparation of strontium-containing hydroxyapatite bone cements mixed with strontium, 1st International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", (巻), (号), (頁), Awaji, March 2007..[都市] ...
閲覧 Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka and Tetsuo Ichikawa : High formability of newly developing biomedical porous titanium, 1st International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", (巻), (号), (頁), Awaji, March 2007..[都市] ...
閲覧 Jun Ooshima, Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Keiji Moriyama : Immunoregulatory Effects of Dendritic Cells Stimulated with RANKL on the Development of Autoimmune Disease in Arthritis Model Mice, The 1st International Symposium and Workshop "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", (巻), (号), 55, Awaji, March 2007..[都市] ...
閲覧 Tomoko Kimura, Kazumi Ozaki, Keiji Murakami, Kikumi Fujisaka and Takashi Matsuo : The Analysis of role of Phosphoenolpyruvate-Dependent Sucrose Phosphotransferase System in pathogenicity of Streptococcus mutans., 第1回国際シンポジウム・FDワークショップ, (巻), (号), (頁), Awaji, March 2007..[都市] ...
閲覧 Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode, Makoto Fukui, Masami Yoshioka and Hiro-O Ito : Relationship between Campylobacter rectus and periodontal status during pregnancy, 「魅力ある大学院教育」イニシアティブ・第1回国際シンポジウム, (巻), (号), (頁), March 2007..[都市] ...
閲覧 Golam Md. Hossain, Takeo Iwata, Shozo Yamada, Noriko Mizusawa, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto : Mutation analysis of AIP in isolated familial somatotropinomas and sporadic growth hormone-secreting adenomas., The 1st International Symposium and Workshop The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century, (巻), (号), (頁), Awaji, March 2007..[都市] ...
閲覧 兼松 誠, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : アポトーシス阻害活性天然物Bongkrekic Acid の合成研究, 第24回有機合成化学セミナー, 2007年9月..[都市] ...
閲覧 吉田 昌裕, Mohammad Al-Amin, 宍戸 宏造 : Total Syntheses of (±)-Phomllenic acids B and C, 第24回有機合成化学セミナー, 2007年9月..[都市] ...
閲覧 Takuya Sasaki, Noriyuki Nishimura and Ayuko Sakane : Functions of Rab family small G proteins in regulated exocytosis., International Symposium on Membrane Traffic, Awaji, Nov. 2007..[都市] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性と遺伝子発現について, Bacterial Adherence & Biofilm第22回学術集会, (巻), (号), (頁), 2008年7月..[都市] ...
閲覧 間世田 英明 : Quorum-sensing機構の制御と薬剤排出ポンプ, 第22回Bacterial Adherance & Biofilm学術集会, 2008年7月..[都市] ...
閲覧 Hiroyuki Ukida and Yamanaka Yasuyuki : Object Tracking System Using Pan-Tilt Cameras and Arm Robot, Proceedings of The 7th International Conference on Machine Automation (ICMA2008), 195-200, Awaji, Sep. 2008..[都市] ...
閲覧 Kazuki Yamaguchi and Hirotsugu Yamamoto : Control of Binocular Cameras for Large Stereoscopic LED Display, Technical Digest of Information Photonics 2008, 74-75, Awaji, Nov. 2008..[都市] ...
閲覧 Masaya Miyazaki, Hirotsugu Yamamoto and Yoshio Hayasaki : Flow Control of Microspheres in Fluid Based on Optical Repulsive Radiation Force, Technical Digest of Information Photonics 2008, 240-241, Awaji, Nov. 2008..[都市] ...
閲覧 Takanori Imagawa, Hirotsugu Yamamoto and Shiro Suyama : Construction of visual cryptography by use of polarization-modulation films, Technical Digest of Information Photonics 2008 Post-deadline papers, 8-9, Awaji, Nov. 2008..[都市] ...
閲覧 Hirotsugu Yamamoto : Multi-functional display by use of polarization processing, Technical Digest of Information Photonics 2008, 254-255, Awaji, Nov. 2008..[都市] ...
閲覧 Kiyoshi Fukui, Sanae Iwana, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Tomoya Kawazoe, Koji Ono, Seongpil Chung, Yuji Shishido, Kazuko YORITA and Takashi Sakai : Modulation of D-amino acid oxidase activity as a novel strategy for the treatment of schinophrenia, The 1st International Conference of D-amino Acid Research, Awaji, July 2009..[都市] ...
閲覧 川上 恵実, 木内 奈央, 田中 栄二, 野地 澄晴 : 慢性筋委縮疾患制圧を目指したRNA干渉法を利用した咀嚼筋量制御法の開発研究, 先端歯学スクール2009, (巻), (号), (頁), 2009年8月..[都市] ...
閲覧 Masahiro Katoh, Takanori Yoshida, Toshihide Horikawa and Tahei Tomida : Time Solved FTIR Study of Competitive Adsorption of Offensive Smell and Water on Several Water Adsorbents, 10th International Conference on Fundamentals of Adsorption, Book of Abstracts, 355, Awaji, May 2010..[都市] ...
閲覧 清家 卓也, 中西 秀樹 : シンポジウムⅣ 「口唇口蓋裂治療の最近の進歩」 唇裂口蓋裂治療における顎裂骨移植-術後早期の骨架橋評価-, 第50回日本先天異常学会学術集会, 2010年7月..[都市] ...
閲覧 太田 健一, 坂田 ひろみ, 福井 義浩 : Conditioned fear, unconditioned fear 発現への胎生期エタノール曝露の影響, 第50回日本先天異常学会学術集会, 2010年7月..[都市] ...
閲覧 福西 克弘, 澤田 和彦, 加島 政利, 齋藤 茂芳, 孫 学智, 坂田 ひろみ, 福井 義浩, 洲加本 孝幸, 青木 伊知男 : カニクイザル胎仔大脳における鳥距溝の形成と側脳室の形態的成熟の関係, 第50回日本先天異常学会学術集会, 2010年7月..[都市] ...
閲覧 澤田 和彦, 福西 克弘, 加島 政利, 齋藤 茂芳, 孫 学智, 坂田 ひろみ, 福井 義浩, 洲加本 孝幸 : カニクイザル胎仔大脳における脳溝形成の定性的・定量的解析, 第50回日本先天異常学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2010年7月..[都市] ...
閲覧 今井 統隆, 澤田 和彦, 坂田 ひろみ, 福西 克弘, 福井 義浩 : 生後発達に伴うカニクイザル大脳の主要脳溝長の変化, 第50回日本先天異常学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2010年7月..[都市] ...
閲覧 竹内 麻由美, 松崎 健司, 原田 雅史 : 3T-MRスペクトロスコピーによる卵巣腫瘍の検討, JSAWI (The Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging) 第11回シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2010年9月..[都市] ...
閲覧 Yukari Shono, Mami Adachi, Kumiko Sakamoto, Youichi Sato and Aiko Yamauchi : Prediction of drug-induced hepatotoxicity in human using machine learning, The Second Decennial Meeting Between SeoulNational University and The University of Tokushima, (巻), (号), (頁), Awaji, Dec. 2010..[都市] ...
閲覧 Yamamoto Atsushi, Takenori Yamamoto, Watanabe Masahiro, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Quantitative evaluation of the effects of cold exposure of rats on the expression levels of 10 FABP isoforms in brown adipose tissue, The Second Decennial Meeting between the University of Tokushima and Seoul National University on Pharmaceutical Sciences, Awaji, Dec. 2010..[都市] ...
閲覧 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : Synthesis of 2-Alkylvinyl-λ3-Bromanes and its Vinylic SN2 Reaction with Conjugate Bases of Superacids, 国立ソウル大学薬学大学校と徳島大学薬学部の学術交流協定締結20周年記念シンポジウム, 淡路, 2010年12月..[都市] ...
閲覧 山下 泰生, 宮本 和範, 落合 正仁 : Generation of ortho-(Trimethylsilyl)phenyl Cation, 国立ソウル大学薬学大学校と徳島大学薬学部の学術交流協定締結20周年記念シンポジウム, 淡路, 2010年12月..[都市] ...
閲覧 齊藤 基道, 宮本 和範, 落合 正仁 : Direct para-Selective Fluorination of Alkoxyalkylarenes with Activated Iodosybenzene Monomer, 国立ソウル大学薬学大学校と徳島大学薬学部の学術交流協定締結20周年記念シンポジウム, 淡路, 2010年12月..[都市] ...
閲覧 山根 真一, 鈴木 麻衣, 宮本 和範, 落合 正仁 : Metal-Free C-H Amination of Ethers with Imino-λ3-bromane, 国立ソウル大学薬学大学校と徳島大学薬学部の学術交流協定締結20周年記念シンポジウム, 淡路, 2010年12月..[都市] ...
閲覧 宮本 和範, 落合 正仁 : Generation of a Strained Cyclopent-1-enyl Cation by Thermal solvolysis, 国立ソウル大学薬学大学校と徳島大学薬学部の学術交流協定締結20周年記念シンポジウム, 淡路, 2010年12月..[都市] ...
閲覧 Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of stimulus-responsive amino acid with peptide bond-cleavage ability and its application for controlling peptidyl function, The Second Decennial Meeting Between The University of Tokushima and Seoul National University on Pharmaceutical Sciences, (巻), (号), (頁), Dec. 2010..[都市] ...
閲覧 Ko Morishita, Keiko Yamaguchi, Hao Ding, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of stimulus responsive thiol releasing device for controlling activity of cysteine protease, The Second Decennial Meeting Between The University of Tokushima and Seoul National University on Pharmaceutical Sciences, (巻), (号), (頁), Dec. 2010..[都市] ...
閲覧 Jun Yamamoto, Nami Maeda, Masaya Denda, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Design and synthesis of recapturable cleavable linker for efficient enrichment and specific labeling of target proteins, The Second Decennial Meeting Between The University of Tokushima and Seoul National University on Pharmaceutical Sciences, (巻), (号), (頁), Dec. 2010..[都市] ...
閲覧 Keiji Ogura, Hiroko Hirakawa, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Synthesis of nonhydrolyzable AMPylated amino acid mimetics for revealing physiological role of AMPylated protein, The Second Decennial Meeting Between The University of Tokushima and Seoul National University on Pharmaceutical Sciences, (巻), (号), (頁), Dec. 2010..[都市] ...
閲覧 Kohei Sato, Shugo Tsuda, Yoshitake Sumikawa, Nami Maeda, Masaya Denda, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Native chemical ligation utilizing N-peptidyl anilide auxiliary, The Second Decennial Meeting Between The University of Tokushima and Seoul National University on Pharmaceutical Sciences, (巻), (号), (頁), Dec. 2010..[都市] ...
閲覧 Kohei Tsuji, Yoshitake Sumikawa, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Diversity-oriented Synthesis of CXCL14 and Its Derivatives, The Second Decennial Meeting Between The University of Tokushima and Seoul National University on Pharmaceutical Sciences, (巻), (号), (頁), Dec. 2010..[都市] ...
閲覧 Takeshi Tsumura, Masashi Horibe, Michiyasu Nakao and Shigeki Sano : Catalytic Asymmetric Ring-Opening of -Symmetric Cyclic Carbonates with Chiral Brnsted Acid Catalysts, The Second Decennial Meeting between Seoul National University and the University of Tokushima, Awaji, Dec. 2010..[都市] ...
閲覧 Takashi Ichikawa, Michiyasu Nakao and Shigeki Sano : Microwave-Assisted Deconjugative Esterification of ,-Unsaturated Carboxylic Acids, The Second Decennial Meeting between Seoul National University and the University of Tokushima, (巻), (号), (頁), Awaji, Dec. 2010..[都市] ...
閲覧 Yohei Munei, Seiji Hitaoka, Kazunori Shimamoto, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : A Novel QSAR Procedure Using Full Ab Initio MO Calculations on Ligand-Protein Complexs: Carbonic Anhydrase with Substituted Benzenesulfonamides, The Second Decennial Meeting between Seoul National University and the University of Tokushima, Awaji, Dec. 2010..[都市] ...
閲覧 豊島 優裕, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : Protein kinase C alpha and betaⅠregulate morphology of microglia derived from Sandhoff disease model mice, ソウル国立大学校薬学大学-徳島大学薬学部学術交流協定締結20周年記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2010年12月..[都市] ...
閲覧 Mari Nakashima, Yuki Ohnishi, Yohei Yamada, Katsuhito Tanaka, Yuji Tani, Haruhiko Sakuraba, Junko Motonaka and Tomoki Yabutani : Development of a Flow Amperometric Sensor for Determination of Branched Amino Acids Using a NAD Dependent Thermostable L-leucine Dehydrogenase, Shikata Discussion 2011, Awaji, May 2011..[都市] ...
閲覧 藤本 憲市, 小林 美緒, 吉永 哲哉 : 動的画像領域分割のための可塑的結合を有する離散時間ニューロン結合系, 第24回 回路とシステムワークショップ論文集, 274-278, 2011年8月..[都市] ...
閲覧 竹内 麻由美 : 教育講演 産婦人科領域の機能画像診断, JSAWI (The Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging) 第12回シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2011年9月..[都市] ...
閲覧 吉田 守美子, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 近藤 絵里, 片岡 菜奈子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 : メタボリックシンドローム検診受診者における耐糖能異常の検討, 第32回日本肥満学会, 2011年9月..[都市] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 片岡 菜奈子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 慢性腎臓病と内臓脂肪蓄積病態の連関, 第32回日本肥満学会, 2011年9月..[都市] ...
閲覧 佐藤 寛美, 平田 陽一郎, 島袋 充生, 塩田 あすか, 田端 実, 黒部 裕嗣, 東田 真由子, 井崎 博文, 金山 博臣, 高梨 秀一郎, 中屋 豊, 北川 哲也, 佐田 政隆 : 心臓周囲脂肪におけるインフラマゾームの病態的意義, 第32回 日本肥満学会, 2011年9月..[都市] ...
閲覧 塩田 あすか, 福田 大受, 佐藤 寛美, 東田 真由子, 榎本 操一郎, 平田 陽一郎, 黒部 裕嗣, 佐田 政隆 : テルミサルタンは,beyond AT1R作用により動脈硬化抑制作用を示す, 第32回 日本肥満学会, 2011年9月..[都市] ...
閲覧 山川 研, 比嘉 南夫, 旭 朝弘, 比嘉 盛丈, 大城 義人, 植田 真一郎, 益崎 裕章, 佐田 政隆, 島袋 充生 : エイコサペンタエン酸は高脂血症において脂肪酸構成を変化させ,血管内皮機能を改善する, 第32回 日本肥満学会, 2011年9月..[都市] ...
閲覧 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 小杉 知里, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 谷口 寿章, 松本 俊夫 : Wntシグナル抑制因子sFRP4の肥満・糖代謝との関連性についての検討, 第32回日本肥満学会, 2011年9月..[都市] ...
閲覧 渡部 真也 : 白血球mRNAを用いたうつ病の研究, 平成23年度脳科学クラスターリトリート, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[都市] ...
閲覧 Michiyasu Nakao and Shigeki Sano : Development of a Novel Method to Determine the Absolute Configuration of alpha-Amino Acids Based on 1H NMR Spectra of Diketopiperazines, The 8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS 11), (巻), (号), (頁), Awaji, Nov. 2011..[都市] ...
閲覧 木下 誠, 沼田 周助, 田嶋 敦, 井本 逸勢, 大森 哲郎 : 統合失調症の末梢血を用いた網羅的DNAメチル化修飾解析研究, 平成23年度ストレスと栄養クラスターリトリート, (巻), (号), (頁), 2012年1月..[都市] ...
閲覧 田中 義浩, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続法の離散化に基づく強度変調放射線治療計画法の収束性, 第25回 回路とシステムワークショップ論文集, 239-244, 2012年7月..[都市] ...
閲覧 竹内 麻由美, 松崎 健司, 原田 雅史, 古本 博孝, 苛原 稔 : 卵巣腺線維腫・嚢胞腺線維腫のMRI診断, JSAWI (The Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging) 第13回シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[都市] ...
閲覧 佐田 政隆 : EPAを用いた心血管イベント抑制-動脈硬化に関する新知見とn-3脂肪酸の多面的作用-, ECHO AWAJI 2013, 2013年3月..[都市] ...
閲覧 赤石 祥彰, 飯田 仁, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : ブロック連続時間CT画像再構成システムの電子回路実装, 第26回 回路とシステムワークショップ論文集, 293-298, 2013年7月..[都市] ...
閲覧 竹内 麻由美, 松崎 健司, 原田 雅史, 西村 正人, 苛原 稔 : 子宮膿瘍のMR Spectroscopy, JSAWI (The Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging) 第14回シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2013年9月..[都市] ...
閲覧 松崎 健司 : 婦人科医に知ってもらいたい放射線診断ガイドライン, JSAWI (The Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging) 第14回シンポジウム, 2013年9月..[都市] ...
閲覧 Risa Yahata, Koto Suganuma, Tetsuo Asakura, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute : Tacticity analysis of poly(lactic acid) by multivariate analysis of NMR spectra, IUPAC International Symposium on Ionic Polymerization 2013 (IP2013), Awaji, Sep. 2013..[都市] ...
閲覧 Tomohiro Hirano, Tadashi Segata, Miyuki Oshimura and Koichi Ute : Radical polymerization of N-alkylmethacrylamides in the presence of alkali metal salts: acceleration and stereocontrol, IUPAC International Symposium on Ionic Polymerization 2013 (IP2013), Awaji, Sep. 2013..[都市] ...
閲覧 Yu-Chin Hsu, Koji Funaoka, Manato Harada, Tomohiro Hirano and Koichi Ute : Multivariate analysis of C-13 NMR spectra of methacrylate copolymers prepared by copolymerization or polymer reactions, IUPAC International Symposium on Ionic Polymerization 2013 (IP2013), Awaji, Sep. 2013..[都市] ...
閲覧 Miyuki Oshimura, Ryo Okazaki, Yuji Tanaka, Tomohiro Hirano and Koichi Ute : Ring-Opening Polymerization of Cyclic Esters with Lithium tert-Butylzincate under Mild Conditions, IUPAC International Symposium on Ionic Polymerization 2013 (IP2013), Awaji, Sep. 2013..[都市] ...
閲覧 井下 真利, 沼田 周助, 田嶋 敦, 木下 誠, 下寺 信次, 井本 逸勢, 大森 哲郎 : C-reactive protein と統合失調症との関連研究, 平成25年度脳クラスターミニリトリート, 2014年2月..[都市] ...
閲覧 木下 誠, 沼田 周助, 田嶋 敦, 西 晃, 村木 翔, 土屋 篤司, 井本 逸勢, 大森 哲郎 : MTHFR遺伝子の機能性多型と統合失調症の遺伝子関連研究, 平成25年度脳クラスターミニリトリート, 2014年2月..[都市] ...
閲覧 髙須 千絵, 居村 暁, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 島田 光生 : ソラフェニブ投与後長期生存例の検証, 第10回日本肝がん分子標的治療研究会, (巻), (号), (頁), 2014年6月..[都市] ...
閲覧 竹内 麻由美, 松崎 健司, 原田 雅史, 苛原 稔 : 女性骨盤部領域における磁化率強調像の有用性について, JSAWI (The Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging) 第15回シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2014年9月..[都市] ...
閲覧 松崎 健司, 竹内 麻由美 : ワークショップ「拡散強調像 up date」拡散強調像について知っておくべき事・困った症例, JSAWI (The Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging) 第15回シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2014年9月..[都市] ...
閲覧 Tatsuhiro Ishida : Anti-PEG immunity against PEGylated materials, 11th DDS Symposium France-Japan, Awaji, Oct. 2014..[都市] ...
閲覧 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 島田 光生 : 鼠径ヘルニアを合併した小児精索静脈瘤に対する腹腔鏡下手術, 第30回日本小児外科学会秋季シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2014年10月..[都市] ...
閲覧 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 島田 光生 : 巨大肛門ポリープを伴った女児低位鎖肛の1例, 第30回日本小児外科学会秋季シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2014年10月..[都市] ...
閲覧 山岡 浩輔, 粟飯原 圭佑, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 光応答型チオエステル等価体を利用した多成分One-pot NCL法の開発, 第三十一回若手化学者のための化学道場, (巻), (号), (頁), 2015年8月..[都市] ...
閲覧 森崎 巧也, 傳田 将也, 辻 大輔, 山本 純, 折原 賢祐, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 宍戸 宏造, 重永 章, 大髙 章 : 標的タンパク質の効率的精製および選択的ラベル化を可能とするケミカルツールの開発研究, 第三十一回若手化学者のための化学道場, 2015年8月..[都市] ...
閲覧 小宮 千明, 粟飯原 圭佑, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質自己編集システムを範としたアミド結合切断反応の開発, 第三十一回若手化学者のための化学道場, (巻), (号), (頁), 2015年8月..[都市] ...
閲覧 寺中 孝久, 粟飯原 圭佑, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : チアゾール含有環状ペプチドTrichamideの合成研究, 第三十一回若手化学者のための化学道場, (巻), (号), (頁), 2015年8月..[都市] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起α-オキシアミノ化反応, 第31回若手科学者のための化学道場, 2015年8月..[都市] ...
閲覧 Sakurako Kamano, Hirokazu Uemura, Miwa Yamaguchi, Sawachika Fusakazu, Tirani Bahari, Miki Keisuke, Kokichi Arisawa and J-MICC Study Group : An appetite-related gene, MC4R polymorphism is associated with serum triglyceride levels in the general Japanese population- the J-MICC Study, International Symposium on Dietary Antioxidants and Oxidative Stress in Health 2015, Awaji, Aug. 2015..[都市] ...
閲覧 二川 健 : 骨格筋萎縮に対抗する新たな栄養学的アプローチ:タンパク質分解から酸化ストレスへ Novel nutritional approarches against skeletal muscle atrophy: From proteolysis to oxdative stress, International Symposium on Dietary Antioxidants and Oxidative Stress in Health, 2015年8月..[都市] ...
閲覧 竹内 麻由美, 松崎 健司, 原田 雅史, 苛原 稔 : 婦人科領域におけるreduced FOV DWIの有用性について, JSAWI (The Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging) 第16回シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2015年9月..[都市] ...
閲覧 山田 博胤 : 拡張期学のヒストリー, エコー淡路2015, 2015年11月..[都市] ...
閲覧 山田 博胤 : 心不全の診断, エコー淡路2015, 2015年11月..[都市] ...
閲覧 竹内 麻由美 : 粘液性癌 (原発性卵巣と転移性卵巣癌), JSAWI (The Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging) 第17回シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2016年9月..[都市] ...
閲覧 竹内 麻由美, 松崎 健司, 西村 正人, 原田 雅史, 苛原 稔 : 付属器腫瘤の鑑別における''preserved follicle sign''の臨床的有用性について, JSAWI (The Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging) 第15回シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2017年9月..[都市] ...
閲覧 齊藤 達哉 : オルガネラ損傷により誘導される自然免疫応答の理解と制御, 第15回がんとハイポキシア研究会, 2017年11月..[都市] ...
閲覧 Eisaku Oohashi, Kohei Takeuchi, Atsushi Nakayama, Keiji Tanino and Kosuke Namba : Studies on the Second Generation Synthesis of Palauamine, The 11th International Symposium on Integrated Synthesis, (巻), (号), (頁), Awaji, Nov. 2017..[都市] ...
閲覧 Sangita Karanjit, Masaya Kashihara, Atsushi Nakayama and Kosuke Namba : Pd0-Hydrotalcite: A Versatile Heterogeneous Catalyst for Bond Transformation under Mild Condition, The 11th International Symposium on Integrated Synthesis, (巻), (号), (頁), Awaji, Nov. 2017..[都市] ...
閲覧 Kazuma Shimoda, Yousuke Yamaoka, Hiroshi Takikawa, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu : Total Synthesis of Echinocidin D by Using Lewis Acid Catalyzed [2+2] Cycloaddition, The 11th International Symposium on Integrated Synthesis(ISONIS-11), Awaji, Nov. 2017..[都市] ...
閲覧 苛原 稔 : 教育講演: 遺伝診療に必要な研究倫理, 第3回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2017年12月..[都市] ...
閲覧 桑原 章 : 特別講演:産婦人科における認定制度をどう考えるか-生殖医療における遺伝の知識, 第3回日本産科婦人科遺伝診療学会, (巻), (号), (頁), 2017年12月..[都市] ...
閲覧 石田 竜弘 : リポソームによるDDS開発, 「中分子創薬シード展開クラスター」第1回勉強会, 2018年6月..[都市] ...
閲覧 竹内 麻由美 : 【イブニングセミナー】女性骨盤の良性病変における悪性転化の画像スペクトラム, JSAWI (The Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging) 第19回シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2018年8月..[都市] ...
閲覧 (種別) : 鈴木 善貴, 加藤 隆史, 大倉 一夫, 安陪 晋, Lavigne Gilles : 律動性咀嚼筋活動発現前後の酸素および二酸化炭素の変動, 第10回日本臨床睡眠医学会学術集会プログラム・抄録集, (巻), (号), (頁), (発行所), 淡路, 2018年10月..[都市] ...
閲覧 清水 太郎 : 脾臓辺縁帯B細胞への抗原送達を利用したがんワクチン研究, 第2回徳島大学統合的がん創薬研究クラスター合同ミーティング, 2019年2月..[都市] ...
閲覧 安藤 英紀 : 尿アルカリ化を指標とした腫瘍内環境の改善, 第2回徳島大学統合的がん創薬研究クラスター合同ミーティング, 2019年2月..[都市] ...
閲覧 異島 優 : DDS担体としての血清アルブミンの有用性とがん治療への応用, 第2回徳島大学統合的がん創薬研究クラスター合同ミーティング, 2019年2月..[都市] ...
閲覧 Momoko Hara, Aya Ogawa, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Designing Chiral Guanidine Catalysts through Noncovalent Modification, International Joint Symposium on Synthetic Organic Chemistry, Awaji, Nov. 2019..[都市] ...
閲覧 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Efficient Use of Photons in Photoredox/Enamine Dual Catalysis with a Flavin-Amine Hybrid, International Joint Symposium on Synthetic Organic Chemistry, Awaji, Nov. 2019..[都市] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.71, Max(EID) = 362806, Max(EOID) = 970684.