『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 生命情報工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日)

登録情報の数

有効な情報: 274件 + 無効な情報: 8件 = 全ての情報: 282件

全ての有効な情報 (274件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 中田 栄司, 浜地 格 : ナノマテリアルとしてのタンパク質, 工業材料, Vol.51, No.6, 61-64, 2003年1月..[組織] ...
閲覧 Tsuyoshi Nagase, Eiji Nakata, Seiji Shinkai and Itaru Hamachi : Construction of Artificial Signal Transducers on a Lectin Surface by Post-Photoaffinity Labeling Modification for Fluorescent Saccharide-Biosensors, Chemistry - A European Journal, Vol.9, No.15, 3660-3669, 2003..[組織] ...
閲覧 Eiji Nakata, Tsuyoshi Nagase, Seiji Shinkai and Itaru Hamachi : Equipment of Artificial Receptor with a Lectin by P-PALM for Construction of Fluorescent Oligosaccharide Biosensors, Biomolecular Chemistry Proc. ISBC 2003, Vol.1, 288-289, 2003..[組織] ...
閲覧 Eiji Nakata, Tsuyoshi Nagase, Seiji Shinkai and Itaru Hamachi : Equipment of Artificial Receptor with a Lectin by P-PALM for Construction of Fluorescent Oligosaccharide -Biosensors, First International Symposium on Biomolecular Chemistry 2003(ISBC 2003), Hyogo, Dec. 2003..[組織] ...
閲覧 Eiji Nakata, Tsuyoshi Nagase, Seiji Shinkai and Itaru Hamachi : Coupling a Natural Receptor Protein with an Artificial Receptor to Afford a Semisynthetic Fluorescent Biosensor, Journal of the American Chemical Society, Vol.126, No.2, 490-495, 2004..[組織] ...
閲覧 中田 栄司 : テーラーメイドな機能を有する半合成蛋白質の創成を目指して, --- - P-PALM による蛋白質エンジニアリング- ---, 生命化学研究レター, Vol.14, 11-13, 2004年2月..[組織] ...
閲覧 古志 洋一郎, 中田 栄司, 浜地 格 : 有機化学が拓く蛋白質の機能化―レクチンタンパク質から新規バイオセンサーを創る―, 現代化学, Vol.407, 55-60, 2005年1月..[組織] ...
閲覧 Yoichiro Koshi, Eiji Nakata and Itaru Hamachi : Luminescent Saccharide Biosensor Using Lanthanide-bound Lectin Labeled with Fluorescein, ChemBioChem, Vol.6, No.8, 1349-1352, 2005..[組織] ...
閲覧 Eiji Nakata, Yoichiro Koshi, Erina Koga, Yoshiki Katayama and Itaru Hamachi : Double-Modification of Lectin Using Two Distinct Chemistries for Fluorescent Ratiometric Sensing and Imaging Saccharides in Test Tube or in Cell, Journal of the American Chemical Society, Vol.127, No.38, 13253-13261, 2005..[組織] ...
閲覧 Yoichiro Koshi, Eiji Nakata, Hiroki Yamane, Shan-Lai Zhou and Itaru Hamachi : Construction of doubly modified lectin by two distinct methods toward saccharide imaging, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Osaka, Nov. 2005..[組織] ...
閲覧 Eiji Nakata, Yoichiro Koshi and Itaru Hamachi : Construction of doubly modified lectin by two distinct methods toward saccharide imaging, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Dec. 2005..[組織] ...
閲覧 Yousuke Takaoka, Hiroshi Tsutsumi, Noriyuki Kasagi, Eiji Nakata and Hamachi Itaru : One-pot and Sequential Organic Chemistry on an Enzyme Surface to Tether a Fluorescent Probe at the Proximity of the Active Site with Restoring Enzyme Activity, Journal of the American Chemical Society, Vol.128, No.10, 3273-3280, 2006..[組織] ...
閲覧 Eiji Nakata and Itaru Hamachi : Construction of doubly modified lectin by two distinct methods toward saccharide imaging, Second International Symposium on Biomolecular Chemistry 2006(ISBC 2006), Hyogo, Aug. 2006..[組織] ...
閲覧 Yoichiro Koshi, Eiji Nakata, Hiroki Yamane and Itaru Hamachi : A Fluorescent Lectin Array Using Supramolecular Hydrogel for Simple Detection and Pattern Profiling for Various Glycoconjugates, Journal of the American Chemical Society, Vol.128, No.32, 10413-10422, 2006..[組織] ...
閲覧 Kei Honda, Eiji Nakata, Akio Ojida and Itaru Hamachi : Ratiometric fluorescence detection of a tag fused protein using the dual-emission artificial molecular probe, Chemical Communications, Vol.14, No.38, 4024-4026, 2006..[組織] ...
閲覧 Atsushi Miyoshi, Yoshihiko Kitajima, Takao Ide, Kazuma Ohtaka, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori and Kohji Miyazaki : Hypoxia accelerates cancer invasion of hepatoma cells by upregulating MMP expression in an HIF-1alpha-independent manner, International Journal of Oncology, Vol.29, No.6, 1533-1539, 2006..[組織] ...
閲覧 Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Yuko Kinashi and Koji Ono : Dependency of the effect of a vascular disrupting agent on sensitivity to tirapazamine and gamma-ray irradiation upon the timing of its administration and tumor size, with reference to the effect on intratumor quiescent cells, Journal of Cancer Research and Clinical Oncology, Vol.133, No.1, 47-55, 2007..[組織] ...
閲覧 Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, G Kashino, Yuko Kinashi and Koji Ono : The usefulness of mild temperature hyperthermia combined with continuous tirapazamine administration under reduced dose-rate irradiation with gamma-rays, International Journal of Hyperthermia, Vol.23, No.1, 29-35, 2007..[組織] ...
閲覧 田中 智子, 宇都 義浩, 富永 正英, 中江 崇, 村上 綾, 永澤 秀子, 堀 均 : 低酸素腫瘍移行性糖ハイブリッド放射線増感剤の創製, 第9回 癌治療増感研究シンポジウム, 2007年2月..[組織] ...
閲覧 永澤 秀子, 田中 彩子, 稲田 俊行, 佐々木 有紀, 中嶌 瞳, 岩木 孝晴, 宇都 義浩, 堀 均 : 低酸素シグナルを標的とする癌治療薬のための低酸素転写活性化スクリーニングシステム, 第9回 癌治療増感研究シンポジウム, 2007年2月..[組織] ...
閲覧 Mok-Ryeon Ahn, Kazuhiro Kunimasa, Toshiro Ohta, Shigenori Kumazawa, Miya Kamihira, Kazuhiko Kaji, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Hideko Nagasawa and Tsutomu Nakayama : Suppression of tumor-induced angiogenesis by Brazilian propolis: Major component artepillin C inhibits in vitro tube formation and endothelial cell proliferation, Cancer Letters, Vol.252, No.2, 235-243, 2007..[組織] ...
閲覧 大津木 護, 宇都 義浩, 小山 大輔, 大友 直紀, 永澤 秀子, 堀 均 : アルテピリンCイソプレノミクスを基盤としたハイドロプレニルクマリン酸の分子設計とLDL抗酸化活性, 第127年会日本薬学会, 2007年3月..[組織] ...
閲覧 荒井 健, 宇都 義浩, 岡村 菜摘子, 滝口 公康, 村上 綾, 永澤 秀子, 堀 均 : Non-secosteroidal Vitamin D mimicを用いたGc-Proteinのアフィニティーカラムの作成, 第127年会日本薬学会, 2007年3月..[組織] ...
閲覧 佐々木 有紀, 宇都 義浩, 田中 彩子, 谷本 加奈子, 永澤 秀子, 藤多 哲朗, 堀 均 : 新規FTY720アナログのCAM法による血管新生阻害活性, 第127年会日本薬学会, 2007年3月..[組織] ...
閲覧 永澤 秀子, 田中 彩子, 稲田 俊行, 佐々木 有紀, 中嶌 瞳, 岩木 孝晴, 宇都 義浩, 堀 均 : 低酸素シグナルを標的とする癌治療薬の分子設計と低酸素転写活性化スクリーニング, 第127年会日本薬学会, 2007年3月..[組織] ...
閲覧 中西 郁夫, 宇都 義浩, 大久保 敬, 川島 知憲, マンダ スシュマ, 金澤 秀子, 永澤 秀子, 堀 均, 奥田 晴宏, 福原 潔, 小澤 俊彦, 福住 俊一, 伊古田 暢夫, 安西 和紀 : 抗酸化作用の増強を目的としたアルテピリンC誘導体の開発, 第127年会日本薬学会, 2007年3月..[組織] ...
閲覧 Takahiro Anai, Eiji Nakata, Yoichiro Koshi, Akio Ojida and Itaru Hamachi : Design of a Hybrid Biosensor for Enhanced Phosphopeptide Recognition Based on a Phosphoprotein Binding Domain Coupled with a Fluorescent Chemosensor, Journal of the American Chemical Society, Vol.129, No.19, 6232-6239, 2007..[組織] ...
閲覧 Eiji Nakata, Shinya Tsukiji and Itaru Hamachi : Development of New Methods to Introduce Unnatural Functional Molecules into Native Proteins for Protein Engineering, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.80, 1268-1279, May 2007..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 富永 正英, 中江 崇, 田中 智子, 村上 綾, 佐々木 有紀, 柴田 明奈, 中島 宏一郎, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : 低酸素がん選択的ハイブリッド型放射線増感剤の創製, 第13回癌治療増感研究会, 2007年5月..[組織] ...
閲覧 永澤 秀子, 須藤 智美, 岡部 泰之, 林 慧, 稲田 俊行, 上田 聡, 宇都 義浩, 堀 均 : 交差共役系マイケル受容体構造を有する新規血管新生阻害剤の分子設計, 第13回癌治療増感研究会, 2007年5月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 大津木 護, 大友 直紀, 白井 斉, 安部 千秋, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤とするハイドロプレニルp-クマリン酸誘導体の分子設計とLDL抗酸化活性, 第29回 日本フリーラジカル学会学術集会・日本過酸化脂質・フリーラジカル学会 第31回大会 合同学会, 2007年6月..[組織] ...
閲覧 中田 栄司 : スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)留学中体験記, 生命化学研究レター, Vol.24, 2007年6月..[組織] ...
閲覧 増永 慎一郎, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 堀 均, 永田 憲司, 鈴木 実, 菓子野 元郎, 木梨 友子, 小野 公二 : 低減線量率γ線照射において低温度温熱処置とTirapazamine連続的投与を併用する有用性についての検討, 第46回日本医学放射線学会生物部会学術大会, 2007年7月..[組織] ...
閲覧 Hitoshi Hori, Yoshihiro Uto, Daisuke Koyama, Mamoru Otsuki, Naoki Otomo, Tadashi Shirai, Chiaki Abe, Eiji Nakata and Hideko Nagasawa : A chemical biosynthesis design for antiatherosclerosis drug by acyclic tocopherol intermediate analogue based on ``isoprenomics'', ISOTT2007 (2007 International Society on Oxygen Transport to Tissue Conference), Uppsala, Sweden, Aug. 2007..[組織] ...
閲覧 堀 均, 宇都 義浩, 永澤 秀子 : 血管新生阻害活性をもつアセチレン型FTY720アナローグTX-2152の設計, 第66回 日本癌学会学術総会, 2007年10月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 堀 均, 永澤 秀子 : 解糖系基質と低酸素細胞放射線増感剤のハイブリッド分子設計, 第66回 日本癌学会学術総会, 2007年10月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : イソプレノミクスを基盤とした抗酸化剤の分子設計, 日本農芸化学会中部支部 第151回例会 若手シンポジウム, 2007年11月..[組織] ...
閲覧 Kazuto Ohkura, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Effect of molecular chirality and side chain bulkiness on angiogenesis of haloacetylcarbamoyl-2-nitroimidazole compounds, Anticancer Research, Vol.27, No.6A, 3693-3700, 2007..[組織] ...
閲覧 滝口 公康, 荒井 健, 辻 祐亮, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 中田 栄司, 鬼塚 伸也, 野中 孝一, 藤岡 ひかる, 堀 均 : マクロファージ活性化に関わるGc proteinの糖ペプチド構造解析, 第11回 バイオ治療法研究会学術集会, 2007年12月..[組織] ...
閲覧 三戸 太郎, 野地 澄晴 : 昆虫ミメティックス -昆虫の設計に学ぶ-(下澤楯夫,針山孝彦監修;分担執筆), エヌ・ティー・エス, 東京, 2008年(0月)..[組織] ...
閲覧 Yoichiro Koshi, Eiji Nakata, Masayoshi Miyagawa, Shinya Tsukiji, Tomohisa Ogawa and Itaru Hamachi : Target-Specific Chemical Acylation of Lectins by Ligand-Tethered DMAP Catalysts, Journal of the American Chemical Society, Vol.130, No.1, 245-251, 2008..[組織] ...
閲覧 Yoichiro Koshi, Eiji Nakata and Itaru Hamachi : Lectin Functionalization by Post-Photo Affinity Labeling Modification (P-PALM), Trends in Glycoscience and Glycotechnology, Vol.19, No.107, 121-131, Jan. 2008..[組織] ...
閲覧 Eiji Nakata, Hangxiang Wang and Itaru Hamachi : Ratiometric Fluorescent Biosensor for Real-Time and Label-Free Monitoring of Fine Saccharide Metabolic Pathways, ChemBioChem, Vol.9, No.1, 25-28, 2008..[組織] ...
閲覧 中田 栄司, Gautier Arnaud, 宇都 義浩, 堀 均, Johnsson Kai : 直交性を有する蛋白質標識システムによる蛋白質間相互作用の解析, 第10回生命化学研究会シンポジウム, 2008年1月..[組織] ...
閲覧 Takashi Nakae, Yoshihiro Uto, Motoko Tanaka, Haruna Shibata, Eiji Nakata, Masahide Tominaga, Hiroshi Maezawa, Toshihiro Hashimoto, Kenneth L. Kirk, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Design, synthesis, and radiosensitizing activities of sugar-hybrid hypoxic cell radiosensitizers, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.2, 675-682, 2008..[組織] ...
閲覧 堀 均 : ステッドマン医学大辞典 改訂第6版 [英和・和英] 総監修 高久 史麿 編集 ステッドマン医学大辞典編集委員会, 株式会社メジカルビュー社, 東京, 2008年2月..[組織] ...
閲覧 堀 均 : ステッドマン医学大辞典 改訂第6版 [英和・和英] [CD-ROM for Windows]総監修 高久 史麿 編集 ステッドマン医学大辞典編集委員会, 株式会社メジカルビュー社, 東京, 2008年2月..[組織] ...
閲覧 木村 禎亮, 河村 泰男, 上田 聡, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 堀 均, 増永 慎一郎 : インテグリンを標的とする新規ボロンキャリアの分子設計, 第10回癌治療増感研究シンポジウム, 2008年2月..[組織] ...
閲覧 皆巳 和賢, 宇都 義浩, 中江 崇, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均, 前澤 博 : ニトロイミダゾールアセトアミド誘導体による低酸素放射線増感効果, 第10回癌治療増感研究シンポジウム, 2008年2月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 中江 崇, 永澤 秀子, 中田 栄司, 堀 均 : 解糖系代謝のエネルギー源となる単糖に対するがん細胞特異性:糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤/制癌剤の分子設計-Pharmacokinetic drug designのすすめ-, 放射線生物研究, Vol.43, No.1, 68-79, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 柴田 明奈, 中江 崇, 滝口 公康, 宇都 義浩, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : マクロファージ活性化因子GcMAFの糖鎖構造部位をミミックしたGalNAc-Thrデンドリマーの分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 白井 斉, 宇都 義浩, 大津木 護, 大友 直紀, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤としたトコフェロール生合成前駆体フィチル化キノールのLDL抗酸化剤分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 中島 宏一郎, 中江 崇, 柴田 明奈, 田中 智子, 宇都 義浩, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : がんによるグルコースの高い取り込みを利用した糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 一久 和弘, 中嶌 瞳, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 中田 栄司, 杉本 弘, 城 宜嗣, 堀 均 : 低酸素腫瘍を標的としたTirapazamineハイブリッド型新規IDO阻害剤の分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 百瀬 郁理, 中山 真一, 佐々木 有紀, 宇都 義浩, 中田 栄司, 永澤 秀子, 谷本 加奈子, 藤多 哲朗, 堀 均 : 新規血管新生阻害剤の開発を目指したFTY720アセチレニックアナログの分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 安部 千秋, 佐々木 有紀, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : 鶏卵胚を用いた酸化的血管障害に対するin vivo抗酸化活性評価法の構築, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 岩木 孝晴, 稲田 俊行, 榎本 幸浩, 小林 拓, 須藤 智美, 上田 聡, 宇都 義浩, 堀 均, 永澤 秀子 : 血管新生阻害及び転移抑制作用をめざすhypoxic cytotoxinの分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 中田 栄司, Gautier Arnaud, 宇都 義浩, 堀 均, Johnsson Kai : 直交性を有する蛋白質標識システムを利用した細胞内蛋白質間相互作用の検出, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 辻 明彦, 雑賀 裕子, 菊池 弥生, 湯浅 恵造, 長浜 正巳 : 植物カテプシンB様システインプロテアーゼと動物カテプシンBの比較生化学, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 中江 崇, 佐々木 有紀, 安部 千秋, 中島 宏一郎, 新元 優也, 佐野 圭一郎, 遠藤 良夫, 皆巳 和賢, 前澤 博, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : 次世代動物実験系としての腫瘍移植鶏卵の構築と放射線照射による腫瘍成長阻害活性, 第14回癌治療増感研究会, 2008年6月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 大津木 護, 白井 斉, 山下 洋平, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤とするプレニル化3,4-ジヒドロキシケイ皮酸誘導体の分子設計とLDL抗酸化活性, 第61回 日本酸化ストレス学会学術集会, 2008年6月..[組織] ...
閲覧 中田 栄司, 浜地 格 : 蛍光異方性測定, 生命化学研究レター, Vol.27, 24-29, 2008年6月..[組織] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Yoshio Endo, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Development of an in vivo evaluation system of antioxidants for their vascular protective activities using the chick embryo chorioallantoic membrane, ISOTT2008 (2008 International Society on Oxygen Transport to Tissue Conference), Sapporo, Aug. 2008..[組織] ...
閲覧 Hitomi Nakashima, Kazuhiro Ikkyu, Kouichiro Nakashima, Keiichiro Sano, Yoshihiro Uto, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa, Hiroshi Sugimoto, Yoshitsugu Shiro, Yoshinori Nakagawa and Hitoshi Hori : Design of novel hypoxia-targeting IDO hybrid inhibitors conjugated with an unsubstituted L-Trp as an IDO affinity moiety, ISOTT2008 (2008 International Society on Oxygen Transport to Tissue Conference), Sapporo, Aug. 2008..[組織] ...
閲覧 長浜 正巳, 大西 満智, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : 小胞体異常タンパク質分解におけるVCP/p97結合タンパク質UBXD1の役割, 第13回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, 2008年8月..[組織] ...
閲覧 湯浅 恵造, 泰地 裕美, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : 軟骨分化過程におけるサチライシン様プロプロテインコンベルターゼPACE4の機能解析, 第13回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, 2008年8月..[組織] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Shin Yamagami, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Trafficking of cGMP-dependent protein kinase II via interaction with Rab11, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.374, No.3, 522-526, 2008..[組織] ...
閲覧 Yoshio Takeuchi, Tomoya Fujiwara, Yoshihito Shimone, Hideki Miyataka, Toshio Satoh, Kenneth L. Kirk and Hitoshi Hori : Possible involvement of radical intermediates in the inhibition of cysteine proteases by allenyl esters and amides, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.18, No.23, 6202-6205, 2008..[組織] ...
閲覧 Yayoi Kikuchi, Hiroko Saika, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Isolation and Biochemical Characterization of Two Forms of RD21 from Cotyledons of Daikon Radish (Raphanus sativus)., The Journal of Biochemistry, Vol.144, No.6, 789-798, 2008..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 前澤 博, 永澤 秀子, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いたin vivo放射線増感活性評価モデルの開発, 第67回 日本癌学会学術総会, 2008年10月..[組織] ...
閲覧 堀 均, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 島村 真里子, 稲山 誠一, 上原 至雅 : 2-アミノメチレン-4-シクロペンテン-1,3-ジオン構造を有する抗血管新生低酸素細胞放射線増感剤の創製, 第67回 日本癌学会学術総会, 2008年10月..[組織] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Yayoi Kikuchi, Kentaro Ogawa, Hiroko Saika, Keizo Yuasa and Masami Nagahama : Purification and characterization of cathepsin B-like cysteine protease from cotyledons of daikon radish, Raphanus sativus, The FEBS Journal, Vol.275, No.21, 5429-5443, 2008..[組織] ...
閲覧 長目 健, 湯浅 恵造, 山上 真, 長浜 正巳, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼとRhoエフェクターRhotekinとの相互作用の解析, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月..[組織] ...
閲覧 湯浅 恵造, 山上 真, 長目 健, 長浜 正巳, 辻 明彦 : II型cGMP依存性プロテインキナーゼと小胞輸送制御因子Rab11bとの相互作用の解析, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月..[組織] ...
閲覧 菊池 弥生, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 植物システインプロテアーゼRD21の精製と生化学的性質の解析, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月..[組織] ...
閲覧 辻 明彦, 菊池 弥生, 雑賀 裕子, 湯浅 恵造, 長浜 正巳 : オクルーディングループ構造の違いによる植物カテプシンBの特性, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月..[組織] ...
閲覧 Taro Mito and Sumihare Noji : The two-spotted cricket Gryllus bimaculatus, Cold Spring Harbor Laboratory Press, New York, (month)2009..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 安部 千秋, 新元 優也, 中江 崇, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 遠藤 良夫, 皆巳 和賢, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いた in ovo 放射線増感活性評価系の確立, 第11回癌治療増感研究シンポジウム, 2009年2月..[組織] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Daisuke Koyama, Mamoru Otsuki, Naoki Otomo, Tadashi Shirai, Chiaki Abe, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : A chemical biosynthesis design for an antiatherosclerosis drug by acyclic tocopherol intermediate analogue based on "isoprenomics", Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.645, 109-114, 2009..[組織] ...
閲覧 堀 均 : ステッドマン ポケット医学略語辞典 ,高久史麿総監修,ステッドマン ポケット医学略語辞典編集委員会, 株式会社メジカルビュー社, 東京, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 Kazuto Ohkura, Yuki Kawguchi, Yasuo Watanabe, Yasuhiro Masubuchi, Yasuo Shinohara and Hitoshi Hori : Flexible Structure of Cytochrome P450: Promiscuity of Ligand Binding in the CYP3A4 Heme Pocket, Anticancer Research, Vol.29, No.3, 935-942, 2009..[組織] ...
閲覧 Takuya Yanagino, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional Regulation of Fibrillin-2 Gene by E2F Family Members in Chondrocyte Differentiation, Journal of Cellular Biochemistry, Vol.106, No.4, 580-588, 2009..[組織] ...
閲覧 Masami Nagahama, Machi Ohnishi, Yumiko Kawate, Takayuki Matsui, Hitomi Miyake, Keizo Yuasa, Katsuko Tani, Mitsuo Tagaya and Akihiko Tsuji : UBXD1 is a VCP-interacting protein that is involved in ER-associated degradation, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.382, No.2, 303-308, 2009..[組織] ...
閲覧 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptooccus intermediusのストレス誘導型シャペロンDnaKの機能解析, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 垣口 貴沙, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的な細胞溶解毒素インターメディリシン(ILY)の膜孔形成を誘導する構造変化領域の解析, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 中江 崇, 宇都 義浩, 安部 千秋, 新元 優也, 金園 剛行, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 富永 正英, 前澤 博, 増永 慎一郎, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤TX-2244の腫瘍移行性, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 金園 剛行, 宇都 義浩, 中江 崇, 柴田 明奈, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 堀 均 : メチル化グルコース・糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 山下 洋平, 宇都 義浩, 大津木 護, 白井 斉, 中田 栄司, 堀 均 : プレニル化3,4-ジヒドロキシケイ皮酸(カフェ酸)誘導体のLDL抗酸化活性, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 辻 祐亮, 宇都 義浩, 中田 栄司, 永澤 秀子, 河野 悠介, 藤田 秀司, 千葉 一裕, 堀 均 : マクロファージ活性化に関わるGalNAcの結合様式, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 安部 千秋, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : 鶏卵胚を用いた静脈投与による致死率を指標としたin vivo抗酸化活性評価法の構築, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 新元 優也, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 安部 千秋, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 佐々木 有紀, 皆巳 和賢, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いた in ovo 放射線増感活性評価系の確立, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 佐野 圭一郎, 宇都 義浩, 中島 宏一郎, 中田 栄司, 山本 五郎, 堀 均 : 温熱療法;Radio FrequencyとThermal Hyperthermia の抗がん効果, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 A. Matthias Brun, Kui-Thong Tan, Eiji Nakata, J. Marlon Hinner and Kai Johnsson : Semisynthetic fluorescent sensor proteins based on self-labeling protein tags, Journal of the American Chemical Society, Vol.131, No.16, 5873-5884, 2009..[組織] ...
閲覧 辻 明彦, 湯浅 恵造, 泰地 裕美, 長浜 正巳 : 内軟骨性骨分化におけるBMP6の活性化機構, 第50回日本生化学会中国・四国支部例会, 2009年5月..[組織] ...
閲覧 安部 千秋, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 新元 優也, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 佐々木 有紀, 皆巳 和賢, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 次世代動物実験系としての腫瘍移植鶏卵の構築と放射線照射による腫瘍成長阻害活性, 放射線生物研究, Vol.44, No.2, 233-241, 2009年6月..[組織] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Tetsuya Masuda, Chihiro Yoshikawa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Subtilisin-like Proprotein Convertase PACE4 is Required for Skeletal Muscle Differentiation, The Journal of Biochemistry, Vol.146, No.3, 407-415, 2009..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 安部 千秋, 山下 洋平, 田中 涼, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤としたプレニル化フェニルプロパノイドの分子設計と発育鶏卵を用いたin ovo抗酸化活性の評価, 第62回日本酸化ストレス学会学術集会, 2009年6月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 中江 崇, 安部 千秋, 新元 優也, 佐野 圭一郎, 遠藤 良夫, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド放射線増感剤の薬物動態解析, 第15回国際癌治療増感研究会, 2009年6月..[組織] ...
閲覧 堀 均, 宇都 義浩, 中田 栄司 : メディシナル・ブリゴラージュ:ハイポキシアを標的とした制がん剤の分子設計, 第39 回放射線による制癌シンポジウム, 2009年7月..[組織] ...
閲覧 Tomoko Takahashi, Takanori Ida, Takahiro Sato, Yoshiki Nakashima, Yuki Nakamura, Akihiko Tsuji and Masayasu Kojima : Production of n-octanoyl-modified Ghrelin in Cultured Cells Requires Prohormone Proceeding Protease and Ghrelin O-acyltransferase, as well as n-octanoic Acid, The Journal of Biochemistry, Vol.146, No.5, 675-682, 2009..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : 若手研究の申請について∼主観的な意見として∼, 科学研究費補助金採択率上昇のための説明会, 2009年9月..[組織] ...
閲覧 Eiji Nakata, Yukimachi Yoshihiro, Kariyazono Hirokazu, Im Seongwang, Abe Chiaki, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa, Hashimoto Toshihiro, Okamoto Yasuko and Hitoshi Hori : Design of a bioreductively-activated fluorescent pH probe for tumor hypoxia imaging, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.17, No.19, 6952-6958, 2009..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 安部 千秋, 遠藤 良夫, 前澤 博, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いて薬物動態を考慮した糖ハイブリッド放射線増感剤のドラッグデザイン, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 辻 明彦, 湯浅 恵造, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 湯浅 剛, 長浜 正巳 : トリパノソーマオリゴペプチダーゼの基質結合部位の機能解析, 第82回日本生化学大会シンポジウム「S9 セリンプロテアーゼの構造,機能から応用へ」, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 室下 大樹, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : BMP6の活性化を介したサチライシン様プロプロテインコンベルターゼPACE4による軟骨分化誘導, 第82回日本生化学大会, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 Mohd Ismail Nor Ismaliza, 湯浅 剛, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : トリパノソーマオリゴペプチダーゼの熱安定性に重要なアミノ酸残基の同定, 第82回日本生化学大会, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 岩本 桂子, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : カイワレ大根の発芽初期過程で発現するプロテアーゼの解析, 第82回日本生化学大会, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 塚本 佳那, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : Germination specific cysteine protease 1 (GCP1)の酵素学的研究, 第82回日本生化学大会, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 羽田 浩一郎, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : α1-Antitrypsinを用いたFurin特異的阻害剤の開発, 第82回日本生化学大会, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 吉勝 雄希, 谷田 渚, 藤澤 大輔, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : 核小体シャペロンNVL2によるエキソソーム複合体のrRNAプロセシングにおける機能制御, 第82回日本生化学大会, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 湯浅 恵造, 長目 健, 山上 真, 長浜 正巳, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼとRhoエフェクターrhotekinとの相互作用の解析, 第82回日本生化学大会, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 松田 泰斗, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)の新規基質の同定およびその機能解析, 第82回日本生化学大会, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 Akihiko Tsuji : Characterization of proteases expressed in cotyledons of daikon radish during germination., 6th General Meeting of the International Proteolysis Society, Gold Coast, Oct. 2009..[組織] ...
閲覧 Kazuto Ohkura, Hitoshi Hori and Yasuo Shinohara : Role of C-terminal region of yeast ADP/ATP carrier 2 protein: dynamics of flexible C-terminal arm., Anticancer Research, Vol.29, No.11, 4897-4900, 2009..[組織] ...
閲覧 堀 均, 宇都 義浩, 中田 栄司 : インドールアミン2,3-ジオキシゲナーゼ(IDO)阻害剤のハイポキシアドラッグ・デザインブリゴラージュ, 第28回 メディシナルケミストリーシンポジウム, 2009年11月..[組織] ...
閲覧 竹内 亮太, 中川 美典, 宇都 義浩, 堀 均 : 水酸化カルシウムの後ろ向き研究による骨密度改善に関するAM値の有用性, 第13回バイオ治療法研究会・学術集会, 2009年12月..[組織] ...
閲覧 中江 崇, 宇都 義浩, 安部 千秋, 金園 剛行, 新元 優也, 佐野 圭一郎, 中田 栄司, 遠藤 良夫, 富永 正英, 前澤 博, 橋本 敏弘, 増永 慎一郎, 堀 均 : 鶏胚異種移植腫瘍モデルを基盤とした糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の創製, 創薬懇話会2009, 2009年12月..[組織] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Shotaro Uehara, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Transcriptional regulation of cGMP-dependent protein kinase II (cGK-II) in chondrocytes., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.74, No.1, 44-49, 2010..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 山下 洋平, 田中 涼, 中田 栄司, 堀 均 : システムバイオロジー構築のためのフィチルキノールの合成と抗酸化活性評価, 第21回ビタミンE研究会, 2010年1月..[組織] ...
閲覧 Ismail Ismaliza Mohd Nor, Tsuyoshi Yuasa, Keizo Yuasa, Yuko Nambu, Makoto Nishimoto, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki, Masahiro Inoue, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : A critical role for highly conserved Glu610 residue of oligopeptidase B Tryoanosoma brucei in thermal stability, The Journal of Biochemistry, Vol.147, No.2, 201-211, 2010..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : 有機化学におけるu-Learningを利用した学習効果について, 平成21 年度 全学FD 大学教育カンファレンス in 徳島, 2010年3月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : 抗酸化剤と酸化ストレスの新しい評価法, 第7回学際物質戦略イニシアチブ バイオGPワークショップ, 2010年3月..[組織] ...
閲覧 松田 泰斗, 湯浅 恵造, 北清水 百合花, 辻 明彦 : cGKIαによるTRPC7の調節機構, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010年3月..[組織] ...
閲覧 湯浅 恵造, 長目 健, 柳田 弥生, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 神経突起形成におけるcGMP依存性プロテインキナーゼの機能解析, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010年3月..[組織] ...
閲覧 堀 均 : コ・メディカル版 ステッドマン医学辞典(高久史麿 総監修), 株式会社メジカルビュー社, 東京, 2010年4月..[組織] ...
閲覧 辻 明彦, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 中井 健志, 湯浅 恵造, 井上 雅広 : モデリングより推定されたTrypanosoma bruceiオリゴペプチダーゼBのS1, S2サブサイトに位置するグルタミン酸残基の機能解析, 第51回日本生化学会中国・四国支部例会, 2010年5月..[組織] ...
閲覧 三戸 太郎 : 古生物学事典 第2版 (棚部一成,北里洋編,分担執筆), 朝倉書店, 東京, 2010年6月..[組織] ...
閲覧 Kazuto Ohkura, Katsumi Fukino, Yasuo Shinohara and Hitoshi Hori : N-Acetyl Transferase 2 Polymorphisms Associated with Isoniazid Pharmacodynamics: Molecular Features for Ligand Interaction, Anticancer Research, Vol.30, No.8, 3177-3180, 2010..[組織] ...
閲覧 辻 明彦, 羽田 浩一郎, 湯浅 恵造 : プロテインエンジニアリングによるFurin得意阻害タンパク質の作成, 第15回日本病態プロテアーゼ学会, 2010年8月..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 庄野 知明, 布本 泰子, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規チアゾール系抗菌剤の合成とその抗菌特性, 第37回日本防菌防黴学会年次大会, No.1PA-07, 58, 2010年9月..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 大津 勇貴, 高麗 寛紀 : ジェミニ型抗菌剤ハイジェニアとUVA-LED照射による殺菌相乗効果, 第37回日本防菌防黴学会年次大会, No.1PP-19, 110, 2010年9月..[組織] ...
閲覧 久保山 泰典, 白井 昭博, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 栄養体およびシストアメーバに対する抗アメーバ性試験法とその評価法の確立, 第37回日本防菌防黴学会年次大会, No.2PP-17, 215, 2010年9月..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 久保山 泰典, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ATP測定法を利用したアカントアメーバの栄養体およびシストの定量評価と抗アメーバ性試験法の確立, 防菌防黴誌, Vol.38, No.10, 651-660, 2010年..[組織] ...
閲覧 Akihiro Shirai, Yuki Ohtsu, Yasunori Kuboyama, Hideaki Maseda, Hiroki Kourai and Takeshi Omasa : Water disinfection system based on the combined use of gemini-quaternary ammonium salt and ultraviolet (A)-light emitting diode, The 16th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.F-17, 74, Taoyuan, Nov. 2010..[組織] ...
閲覧 Toshiyuki Endoh, Kanae Sakaguchi, Hideaki Maseda, Hiroki Kourai, Akihiro Shirai and Takeshi Omasa : Development of new antimicrobial agents: synthesis and biological properties of hybrid-type quaternary ammonium salts as a safe antimicrobial agent, The 16th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.F-13, 72, Taoyuan, Nov. 2010..[組織] ...
閲覧 Kyoungho Lee, JoonYoung Park, Miyuki Yamatani, Hisao Ohtake and Takeshi Omasa : Gene-amplified structure affected Dhfr amplification in Chinese hamster ovary cell, The 16th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.D-18, 50, Taoyuan, Nov. 2010..[組織] ...
閲覧 藤澤 慶典, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : S9セリンプロテアーゼに属する新規メンバー,フェニルアラニルアミノペプチダーゼの同定, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月..[組織] ...
閲覧 本木 陽, 港 紗央里, 大西 満智, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : 小胞体関連分解にかかわるVCP/p97結合タンパク質UBXD1のドメイン機能解析, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月..[組織] ...
閲覧 港 紗央里, 本木 陽, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : VCP/p97結合タンパク質UBXD1 ( UBX domain-containing 1 ) の小胞体関連分解における機能解析, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月..[組織] ...
閲覧 松田 泰斗, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼによる非選択的カチオンチャネルTRPC7の活性制御機構の解析, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月..[組織] ...
閲覧 湯浅 恵造, 長目 健, 土肥 真, 柳田 弥生, 長浜 正巳, 辻 明彦 : cGMP-dependent protein kinase/rhotekinによる神経突起形成の制御, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月..[組織] ...
閲覧 Akihiro Shirai, Yasuko Fumoto, Hideaki Maseda and Hiroki Kourai : Synthesis and biological properties of novel anionic surfactant, potassium acetate salt of (5-alkyl-2-methyl-1,3-thiazole)s, The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), No.04-ORGN-1613, 139, Honolulu, Dec. 2010..[組織] ...
閲覧 田中 涼, 宇都 義浩, 山下 洋平, 大仲 健太, 中田 栄司, 堀 均 : システムバイオロジー構築のためのフィチルキノールの合成と抗酸化活性評価, ビタミンE研究の進歩XIV, Vol.14, 81-86, 2010年..[組織] ...
閲覧 西沢 明敏, Ahmad Haredy, 白井 昭博, 高見 貴之, 大屋 智資, 本田 孝祐, 大竹 久夫, 大政 健史 : 細胞内品質管理機構を用いた蛋白質生産向上法の開発, 化学工学会第76年会, No.A104, 4, 2011年3月..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 坂口 香苗, 間世田 英明, 高麗 寛紀, 大政 健史 : ハイブリッド型第四アンモニウム塩の抗菌特性と安全性, 日本化学会第91春季年会, No.1B5-56, 41, 2011年3月..[組織] ...
閲覧 湯浅 恵造, 松田 泰斗, 辻 明彦 : Functional regulation of transient receptor potential channel TRPC7 by cGMP-dependent protein kinase, 日本農芸化学会2011年度大会, 2011年3月..[組織] ...
閲覧 播田 元輝, 湯浅 恵造, 津嘉山 正夫, 辻 明彦 : Effect of the polymethoxyflavone in citrus sudachi on neuroprotection, 日本農芸化学会2011年度大会, 2011年3月..[組織] ...
閲覧 堀 均, 宇都 義浩, 中田 栄司 : 低酸素標的薬剤のメディシナル・ブリコラージュと次世代医薬品ボロントレースドラッグの創生, 四国医学雑誌, Vol.67, No.1,2, 7-14, 2011年4月..[組織] ...
閲覧 美野 健, 藤沢 慶典, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : カイワレダイコンフェニルアラニルアミノぺプチダーゼの酵素特性解析及びクローニング, 第52回日本生化学会中国・四国支部例会, 2011年5月..[組織] ...
閲覧 富永 景子, 池田 千佳, 近藤 あゆみ, 佐藤 しおり, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシのセルロース消化システムの解析, 第52回日本生化学会中国・四国支部例会, 2011年5月..[組織] ...
閲覧 土肥 真, 湯浅 恵造, 長目 健, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼとRhoエフェクターrhotekinの相互作用部位および細胞内局在の解析, 第52回日本生化学会中国・四国支部例会, 2011年5月..[組織] ...
閲覧 播田 元輝, 湯浅 恵造, 津嘉山 正夫, 辻 明彦 : スダチ由来ポリフェノールsudachitinによる神経保護作用, 日本農芸化学会中四国支部 第30回講演会, 2011年5月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 小泉 允人, 山下 洋平, 大仲 健太, 中田 栄司, 堀 均 : ボロントレースドラッグを指向したBODIPY含有フェノールの抗酸化剤分子設計, 第17回癌治療増感研究会, 2011年6月..[組織] ...
閲覧 福元 淳生, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : トリパノソーマ症の病原因子であるOligopeptidase Bのドメイン間相互作用の安定化機構, 第11回 日本蛋白質科学会年会, 2011年6月..[組織] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Syota Yamamoto, Ryota Takeuchi, Yoshinori Nakagawa, Keiji Hirota, Hiroshi Terada, Shinya Onizuka, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Effect of the Gc-derived Macrophage-activating Factor Precursor (preGcMAF) on Phagocytic Activation of Mouse Peritoneal Macrophages, Anticancer Research, Vol.31, No.7, 2489-2492, 2011..[組織] ...
閲覧 Eiji Nakata, Masato Koizumi, Yohei Yamashita, Kenta Onaka, Yoshinori Sakurai, Natsuko Kondo, Koji Ono, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : Design, Synthesis and Destructive Dynamic Effects of BODIPY-containing and Curcuminoid Boron Tracedrugs for Neutron Dynamic Therapy, Anticancer Research, Vol.31, No.7, 2477-2482, 2011..[組織] ...
閲覧 Kazuto Ohkura, Yasuo Shinohara and Hitoshi Hori : Efficiency of Antimicrobial Defense: Molecular Flexibility of Natural Defensin and Artificial Bis-quaternary Ammonium Compound, Anticancer Research, Vol.31, No.7, 2561-2564, 2011..[組織] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Taito Matsuda and Akihiko Tsuji : Functional regulation of transient receptor potential canonical 7 by cGMP-dependent protein kinase Iα., Cellular Signalling, Vol.23, No.7, 1179-1187, 2011..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 安部 千秋, 川崎 彩加, 吉冨 徹, 長崎 幸夫, 遠藤 良夫, 堀 均 : 酸化ストレス発育鶏卵モデルを用いたラジカル含有ナノ粒子TEMPO-RNPのin vivo抗酸化活性評価, 第64回日本酸化ストレス学会学術集会, 2011年7月..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 大政 健史 : 第10章「バイオ医薬品における生産性向上手法とその課題」, サイエンス&テクノロジー株式会社, 東京, 2011年8月..[組織] ...
閲覧 白井 昭博 : 微生物胞子の化学的殺菌を考える, 日本防菌防黴学会第38回年次大会要旨集, No.S2-5, 47, 2011年8月..[組織] ...
閲覧 遠藤 聡志, 白井 昭博, 久保山 泰典, 間世田 英明, 大政 健史 : チアゾールを主骨格とする新規抗アメーバ剤の合成とその生物学的特性, 日本防菌防黴学会第38回年次大会要旨集, No.P39-31P, 117, 2011年8月..[組織] ...
閲覧 辻 明彦, 石川 寛, 湯浅 恵造 : BMP活性化におけるPACE4とFurinの機能分担, 第16回日本病態プロテアーゼ学会, 2011年8月..[組織] ...
閲覧 安部 千秋, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 堀 均 : 発育鶏卵を利用した創薬研究と将来展望, 放射線生物研究, Vol.46, No.3, 221-233, 2011年9月..[組織] ...
閲覧 中田 栄司, 森井 孝, 宇都 義浩, 堀 均 : がんの特異的な検出を目指した蛍光イメージング法の最近の展開, 放射線生物研究, Vol.46, No.3, 234-246, 2011年9月..[組織] ...
閲覧 佐藤 しおり, 近藤 あゆみ, 富永 景子, 池田 千佳, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アミエビセルラーゼの酵素学的研究, 第84回日本生化学大会, 2011年9月..[組織] ...
閲覧 近藤 あゆみ, 佐藤 しおり, 富永 景子, 池田 千佳, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : サザエセルラーゼの酵素学的研究, 第84回日本生化学大会, 2011年9月..[組織] ...
閲覧 土肥 真, 湯浅 恵造, 長目 健, 辻 明彦 : 神経細胞におけるcGMP依存性プロテインキナーゼとRhoエフェクターrhotekinの相互作用の解析, 第84回日本生化学大会, 2011年9月..[組織] ...
閲覧 吉勝 雄希, 石田 洋一, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : rRNAプロセシング複合体の分子間相互作用におけるMPP6の役割, 第84回日本生化学大会, 2011年9月..[組織] ...
閲覧 福元 淳生, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : トリパノソーマ症の病原因子であるoligopeptidase Bのドメイン間相互作用の安定化機構, 第84回日本生化学大会, 2011年9月..[組織] ...
閲覧 久保山 泰典, 白井 昭博, 鬼塚 正義, 勝 聡, 高見 貴之, 間世田 英明, 大政 健史 : hAT-III高生産CHO細胞株におけるCHOP発現の影響, 第63回日本生物工学会大会講演要旨集, No.1Gp12, 51, 2011年9月..[組織] ...
閲覧 帆足 理子, 鬼塚 正義, 木村 修一, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : 遺伝子増幅を応用した蛋白質医薬品の高生産株取法の構築, 第63回日本生物工学会大会講演要旨集, No.1Gp13, 51, 2011年9月..[組織] ...
閲覧 松本 知浩, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : CHO細胞を用いた抗体生産における糖鎖修飾変動解析, 第63回日本生物工学会大会講演要旨集, No.1Gp14, 51, 2011年9月..[組織] ...
閲覧 富永 景子, 池田 千佳, 近藤 あゆみ, 佐藤 しおり, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシのセルロース消化システム解析, 第63回日本生物工学会大会, 2011年9月..[組織] ...
閲覧 美野 健, 藤沢 慶典, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : セリンプロテアーゼS9ファミリーに属する新規アミノペプチターゼの同定, 第63回日本生物工学会大会, 2011年9月..[組織] ...
閲覧 Akihiro Shirai, kuboyama Yasunori, Masayoshi Onitsuka, Katsu Satoshi, Takami Takayuki, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa : The effects of CHOP over-expression/down-regulation on recombinant Antithrombin III production in Chinese Hamster Ovary Cells, The 17th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.F-8, 120, Incheon, Oct. 2011..[組織] ...
閲覧 Masayoshi Onitsuka, Tatsuzawa Miki, Akihiro Shirai, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa : Effects of trehalose on antibody production: Supression of protein aggregation and enhancement of productivity, The 17th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.F-9, 121, Incheon, Oct. 2011..[組織] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Yoshinori Fujisawa, Takeru Mino and Keizo Yuasa : Identification of a plant aminopeptidase with preference for aromatic amino acid residues as a novel member of the prolyl oligopeptidase family of serine proteases., The Journal of Biochemistry, Vol.150, No.5, 525-534, 2011..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 安部 千秋, Toru Yoshitomi, Yukio Nagasaki, Yoshio Endo, 堀 均 : In Vivo Antioxidative Activity of O-TEMPO-RNP using Our Developed Chicken Egg Assay, 第21回日本MRS学術シンポジウム, 2011年12月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : 発育鶏卵を用いた低酸素細胞放射線増感剤およびラジカル含有ナノ粒子のin vivo評価法の開発, バイオインダストリー協会 大学発・選り抜きセミナー 徳島大学研究者との集い・第3回東京編, 2011年12月..[組織] ...
閲覧 Yusuke Tsurumaru, Kanako Sasaki, Tatsuya Miyawaki, Yoshihiro Uto, Takayuki Momma, Naoyuki Umemoto, Masaki Momose and Kazufumi Yazaki : HlPT-1, a membrane-bound prenyltransferase responsible for the biosynthesis of bitter acids in hops, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.417, No.1, 393-398, 2012..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 田中 涼, 大仲 健太, 堀 均 : イソプレノミクスによる7位メチルトコフェロールの合成とLDL抗酸化活性, 第23回ビタミンE研究会, 2012年1月..[組織] ...
閲覧 Ryo Tanaka, Yoshihiro Uto, Kenta Ohnaka, Yuki Ohta, Kazufumi Yazaki, Naoyuki Umemoto, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Prenylated acylphloroglucinol derivatives: isoprenomics-based design, syntheses and antioxidative activities, Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.737, 251-256, 2012..[組織] ...
閲覧 Eiji Nakata, Masato Koizumi, Yohei Yamashita, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : Boron tracedrug: design, synthesis, and pharmacological activity of phenolic BODIPY-containing antioxidants as traceable next-generation drug model, Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.737, 301-306, 2012..[組織] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Kaori Tada, Genki Harita, Tomomi Fujimoto, Masao Tsukayama and Akihiko Tsuji : Sudachitin, a polymethoxyflavone from Citrus sudachi, suppresses lipopolysaccharide-induced inflammatory responses in mouse macrophage-like RAW264 cells., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.76, No.3, 598-600, 2012..[組織] ...
閲覧 一色 衣香, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)の新規基質同定, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012年3月..[組織] ...
閲覧 播田 元輝, 湯浅 恵造, 多田 かおり, 藤本 智美, 津嘉山 正夫, 辻 明彦 : スダチ果皮ポリメトキシフラボンの抗炎症作用に関する研究, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012年3月..[組織] ...
閲覧 須藤 遥, 吉勝 雄希, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 石田 洋一, 長浜 正巳 : 核小体シャペロンNVL2によるリボソーム生合成制御機構;rRNA プロセシング複合体の分子間相互作用解析, 日本薬学会 第132年会, 2012年3月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : 発育鶏卵を用いた放射線増感剤・血管新生阻害剤・抗酸化剤の創薬研究, NMR関連ミニシンポジウム∼最新研究動向∼, (巻), (号), (頁), 2012年4月..[組織] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Takeshi Nagame, Makoto Dohi, Yayoi Yanagita, Shin Yamagami, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : cGMP-dependent protein kinase I is involved in neurite outgrowth via a Rho effector, rhotekin, in Neuro2A neuroblastoma cells., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.421, No.2, 239-244, 2012..[組織] ...
閲覧 一色 衣香, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)の新規基質同定, 第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月..[組織] ...
閲覧 河野 剛士, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : 軟骨分化におけるPACE4の基質の同定, 第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月..[組織] ...
閲覧 西山 奈見, 造田 莉沙, 富永 景子, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ由来α-アミラーゼの精製と特性解析, 第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : 天然物志向創薬のGREENING:イソプレノミクス創薬と発育鶏卵を用いた抗酸化活性評価系の構築, グリーンサイエンス講演会, (巻), (号), (頁), 2012年5月..[組織] ...
閲覧 Kinuka Isshiki, Shinya Matsuda, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : cGMP-dependent protein kinase I promotes cell apoptosis through hyperactivation of death-associated protein kinase 2., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.422, No.2, 280-284, 2012..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : 血清Gc protein の糖鎖構造-マクロファージ活性相関解析と免疫賦活剤創生へのメディシナルケミストリー, 第3回グライコバイオロジクス研究会, (巻), (号), (頁), 2012年6月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 田中 涼, 大仲 健太, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤としたプレニルアシルフロログルシノール類の合成と抗酸化活性の評価, 第65回日本酸化ストレス学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2012年6月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 田中 大地, 野口 智帆, 原田 浩, 遠藤 良夫, 前澤 博, 増永 慎一郎, 堀 均 : HIF-1/GFP発現系を利用した腫瘍移植鶏卵における低酸素領域の解析と放射線による分布変化の観察, 第18回癌治療増感研究会, (巻), (号), (頁), 2012年6月..[組織] ...
閲覧 辻 明彦, 佐藤 しおり, 富永 景子, 湯浅 恵造, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : アミエビセルラーゼの基礎と応用研究, 日本生物工学会西日本支部第2回講演会, 2012年7月..[組織] ...
閲覧 辻 明彦, 福元 淳生, 湯浅 恵造 : オリゴペプチダーゼBにおけるベータープロペラドメインと触媒ドメインの相互作用解析-触媒ドメインの安定化に重要な塩橋の同定, 第17回日本病態プロテアーゼ学会, 2012年8月..[組織] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Toru Yoshitomi, Yukio Nagasaki, Yoshio Endo and Hitoshi Hori : Evaluation of in vivo antioxidative activity of O-TEMPO-RNP using our newly developed chicken egg assay, The 16th biennial meeting for the Society for Free Radical Research International (SFRRI), (巻), (号), (頁), London, Sep. 2012..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 遠藤 聡志, 間世田 英明, 大政 健史 : チアゾール系新規抗アメーバ剤の抗微生物活性および細胞毒性, 日本防菌防黴学会第39回年次大会要旨集, No.12Pa-01, 157, 2012年9月..[組織] ...
閲覧 Kimihiko Mizutani, Sae Tsuchiya, Mayuko Toyoda, Yuko Nanbu, Keiko Tominaga, Keizo Yuasa, Nobuyuki Takahashi, Akihiko Tsuji and Bunzo Mikamia : Structure of β-1,4-mannanase from the common sea hare Aplysia kurodai at 1.05 Å resolution., Acta Crystallographica. Section F, Structural Biology and Crystallization Communications, Vol.68, No.10, 1164-1168, 2012..[組織] ...
閲覧 富永 景子, 西山 奈美, 湯浅 恵造, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利, 辻 明彦 : アメフラシのセルロース消化システムの解析, 第64回日本生物工学会大会, 2012年10月..[組織] ...
閲覧 植野 勇司, 西山 奈美, 富永 景子, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ由来β-グルコシダーゼの特性解析, 第64回日本生物工学会大会, 2012年10月..[組織] ...
閲覧 西山 奈美, 富永 景子, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ由来α-アミラーゼの精製と特性解析, 第64回日本生物工学会大会, 2012年10月..[組織] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Go Futamatsu, Tsuyoshi Kawano, Masaki Muroshita, Yoko Kageyama, Hiromi Taichi, Hiroshi Ishikawa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Subtilisin-like proprotein convertase paired basic amino acid-cleaving enzyme 4 is required for chondrogenic differentiation in ATDC5 cells, The FEBS Journal, Vol.279, No.21, 3997-4009, 2012..[組織] ...
閲覧 Akihiro Shirai, Ohtsu Yuki and Hiroki Kourai : Synergistic antimicrobial activity of a gemini-quaternary ammonium compound and ultraviolet A light generated by a light-emitting diode, II International Conference on Antimicrobial Research, (号), 98, Lisbon, Nov. 2012..[組織] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Shiori Sato, Ayumi Kondo, Keiko Tominaga and Keizo Yuasa : Purification and characterization of cellulase from North Pacific krill (Euphausia pacifica). Analysis of cleavage specificity of the enzyme., Comparative Biochemistry and Physiology. Part B, Biochemistry & Molecular Biology, Vol.163, No.3-4, 324-333, 2012..[組織] ...
閲覧 福元 淳生, NOR ISMALIZA BINTI MOHD ISMAIL, 井上 雅広, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : Oligopeptidase Bにおけるβ-プロペラドメインと触媒ドメインの相互作用に重要な塩橋の同定, 第85回日本生化学大会, 2012年12月..[組織] ...
閲覧 河野 剛士, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : 内軟骨性骨化過程におけるPACE4によるproBMP6の活性化, 第85回日本生化学大会, 2012年12月..[組織] ...
閲覧 一色 衣香, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)によるDeath-associated protein kinase-2 (DAPK2)調節機構, 第85回日本生化学大会, 2012年12月..[組織] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Kana Tsukamoto, Keiko Iwamoto, Yuka Ito and Keizo Yuasa : Enzymatic characterization of germination-specific cysteine protease-1 expressed transiently in cotyledons during the early phase of germination., The Journal of Biochemistry, Vol.153, No.1, 73-83, 2013..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 田中 涼, 田中 大地, 野口 智帆, 堀 均 : FTY720をリードとした血管新生阻害性α-トコフェロール誘導体UTX-93の分子設計, 第24回ビタミンE研究会, (巻), (号), (頁), 2013年1月..[組織] ...
閲覧 Koichiro Hada, Kinuka Isshiki, Shinya Matsuda, Keizo Yuasa and Akihiko Tsuji : Engineering of α1-antitrypsin variants with improved specificity for the proprotein convertase furin using site-directed random mutagenesis, Protein Engineering, Design & Selection, Vol.26, No.2, 123-131, 2013..[組織] ...
閲覧 松田 真弥, 篠倉 悠久, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : CDKファミリーPCTK3の活性化因子の同定, 日本農芸化学会2013年大会, 2013年3月..[組織] ...
閲覧 Masahiro Inoue, Kouichi Yasuda, Haruki Uemura, Natsumi Yasaka, Achim Schnaufer, Mihiro Yano, Hiroshi Kido, Daisuke Kohda, Hirofumi Doi, Toshihide Fukuma, Akihiko Tsuji and Nobuo Horikoshi : Trypanosoma brucei 14-3-3I and II proteins predominantly form a heterodimer structure that acts as a potent cell cycle regulator in vivo., The Journal of Biochemistry, Vol.153, No.5, 431-439, 2013..[組織] ...
閲覧 大島 美紀, 西山 奈見, 馬庭 沙織, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシのデンプン分解システム, 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, (巻), (号), (頁), 2013年5月..[組織] ...
閲覧 馬庭 沙織, 大島 美紀, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシβ-グルコシダーゼの応用研究, 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, (巻), (号), (頁), 2013年5月..[組織] ...
閲覧 太田 玲奈, 松田 真弥, 井上 雅広, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 14-3-3タンパク質によるDAPK2活性制御機構の解析, 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, (巻), (号), (頁), 2013年5月..[組織] ...
閲覧 小湊 恭平, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : CDKファミリーPCTK3の活性化機構の解明, 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, (巻), (号), (頁), 2013年5月..[組織] ...
閲覧 原 毅弘, 宇都 義浩, 中島 綾香, 福島 孝士朗, 野口 智帆, 遠藤 良夫, 前澤 博, 富永 正英, 福本 修一, 堀 均 : 発育鶏卵を用いたオオバギ葉抽出物の放射線防護活性の評価, 第19回癌治療増感研究会, 2013年6月..[組織] ...
閲覧 辻 明彦, 羽田 浩一郎, 一色 衣香, 松田 真弥, 湯浅 恵造 : プロセシングプロテアーゼ,Furinを特異的に阻害するalpha1-antitrypsin改変体の作成, 第13回日本蛋白質科学会年会, (巻), (号), (頁), 2013年6月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 堀 均 : 放射線療法と免疫反応/療法を組み合わせた統合的がん治療の基礎と臨床:マクロファージ活性化因子GcMAFの利用可能性, 放射線生物研究, Vol.48, No.2, 199-210, 2013年6月..[組織] ...
閲覧 松田 真弥, 小湊 恭平, 宮本 賢治, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : CDKファミリーPCTK3はcyclin AおよびPKAによって活性化する, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部および日本ビタミン学会近畿・中国四国・九州沖縄地区合同大会2013年度合同広島大会, 2013年9月..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : ジェミニ型抗菌剤ハイジェニアとUVA波長光を併用することによる相乗殺菌効果とその殺菌機構の解明, 日本防菌防黴学会第40回年次大会要旨集, No.10Pp-44, 81, 2013年9月..[組織] ...
閲覧 小湊 恭平, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : cyclin AおよびPKAによるCDKファミリーPCTK3の活性化機構, 第86回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2013年9月..[組織] ...
閲覧 太田 玲奈, 松田 真弥, 井上 雅広, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 14-3-3による細胞死関連プロテインキナーゼDAPK2の活性制御機構, 第86回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2013年9月..[組織] ...
閲覧 馬庭 沙織, 大島 美紀, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシのβ-グルコシダーゼの固定化と応用, 第65回日本生物工学会大会, (巻), (号), (頁), 2013年9月..[組織] ...
閲覧 大島 美紀, 西山 奈見, 馬庭 沙織, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシのα-グルカン分解機構, 第65回日本生物工学会大会, (巻), (号), (頁), 2013年9月..[組織] ...
閲覧 松田 真弥, 小湊 恭平, 小出(吉田) 静代, 宮本 賢治, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : サイクリン依存性キナーゼ18/PCTAIREキナーゼ3はサイクリンA2及びPKAによって活性化される, 第36回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2013年12月..[組織] ...
閲覧 伊藤 千尋, 小出(吉田) 静代, Reger Albert, 辻 明彦, Kim Choel, 湯浅 恵造 : cGMP-dependent protein kinase II と小胞輸送制御因子 Rab11B との相互作用の解析, 日本農芸化学会2014年度大会, 2014年3月..[組織] ...
閲覧 松田 真弥, 小湊 恭平, 小出(吉田) 静代, 宮本 賢治, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : PCTK3はcyclin A及びPKAによって活性調節を受け,アクチン動態を制御する, 日本農芸化学会2014年度大会, 2014年3月..[組織] ...
閲覧 桑村 修司, 白石 将孝, 大島 美紀, 馬庭 沙織, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシのラミナリン分解システム, 第55回日本生化学会中国・四国支部例会, 2014年6月..[組織] ...
閲覧 白石 将孝, 桑村 修司, 馬庭 沙織, 大島 美紀, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシβ-グルコシダーゼの構造解析, 第55回日本生化学会中国・四国支部例会, 2014年6月..[組織] ...
閲覧 桑村 修司, 白石 将孝, 大島 美紀, 馬庭 沙織, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ消化液由来β-グルコシダーゼのラミナランの完全分解, 第66回日本生物工学会大会, 2014年9月..[組織] ...
閲覧 白石 将孝, 桑村 修司, 大島 美紀, 馬庭 沙織, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシβ-グルコシダーゼのクローニング, 第66回日本生物工学会大会, (巻), (号), (頁), 2014年9月..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 松村 恭平, 鬼塚 正義, 間世田 英明, 大政 健史 : 新規抗菌剤の分子設計におけるフォトクロミック特性の応用, 日本防菌防黴学会第41回年次大会要旨集, No.24Ap-12, 55, 2014年9月..[組織] ...
閲覧 松田 真弥, 宮本 賢治, 小松 弘明, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : PCTK3はアクチン動態を制御する, 日本農芸化学会2014年度中四国支部大会, (巻), (号), (頁), 2014年9月..[組織] ...
閲覧 Akihiro Shirai, Matsumura Kyohei, Masayoshi Onitsuka, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa : Application of photochromism to the molecular design of antimicrobial agents: synthesis of phenolic derivatives and their bactericidal activity based on a photo-reaction with ultraviolet-A light, III International Conference on Antimicrobial Research, No.T64, 289, Madrid, Oct. 2014..[組織] ...
閲覧 山下 純平, 小出(吉田) 静代, 田中 亮, 赤塚 浩之, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : S. marcescens type 1 secretion systemによるシグナルペプチド非依存的蛋白質分泌機構の解明, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月..[組織] ...
閲覧 木下 慶太, 河内 俊裕, 久保 政樹, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : Oligopeptidase Bのフォールディングと活性化機構の解明, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月..[組織] ...
閲覧 太田 玲奈, 松田 真弥, 井上 雅広, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 14-3-3は細胞死関連プロテインキナーゼDAPK2を負に制御する, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月..[組織] ...
閲覧 佐藤 仁昭, 河野 剛士, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : Subtilisin-like protein convertase(SPC)によるbone morphogenetic protein(BMP)のプロセシング, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月..[組織] ...
閲覧 一色 衣香, 平瀬 大志, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : Death-associated protein kinase-2 (DAPK2)と tubulinの相互作用解析及びアポトーシスへの関連性, 日本農芸化学会2015年度大会, 2015年3月..[組織] ...
閲覧 宮本 賢治, 清水 友紀, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : ナトリウム利尿ペプチド受容体Cの新規結合タンパク質同定, 日本農芸化学会2015年度大会, 2015年3月..[組織] ...
閲覧 松田 真弥, 湯浅 恵造 : CDK ファミリーメンバーPCTK3/CDK18 はcyclin A 及びPKA によって活性調節を受け,アクチン動態を制御する, 第15回日本蛋白質科学会年会, 2015年6月..[組織] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Reina Ota, Matsuda Shinya, Kinuka Isshiki, Masahiro Inoue and Akihiko Tsuji : Suppression of death-associated protein kinase 2 by interaction with 14-3-3 proteins, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.464, No.1, 70-75, 2015..[組織] ...
閲覧 Yuki Yoshikatsu, Yo-ichi Ishida, Haruka Sudo, Keizo Yuasa, Akihiko Tsuji and Masami Nagahama : NVL2, a nucleolar AAA-ATPase, is associated with the nuclear exosome and is involved in pre-rRNA processing, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.464, No.3, 780-786, 2015..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 大野 仁詩, 岸本 貴宗, 大政 健史, 延嶋 浩文 : アニオン種の異なるピリジニウム塩系抗菌剤の熱化学的特性と抗菌特性, 日本防菌防黴学会第42回年次大会要旨集, No.2Pp-49, 255, 2015年9月..[組織] ...
閲覧 白井 昭博 : 薬剤による殺菌・除菌技術の現状と新展開:界面活性剤, 日本防菌防黴学会第42回年次大会要旨集, No.1S2p-02, 107, 2015年9月..[組織] ...
閲覧 伊藤 千尋, 吉田 一郎, 辻 明彦, 矢中 規之, 湯浅 恵造 : メラニン産生抑制効果を有する新規生薬成分の同定及びその作用機序の解明, 日本農芸化学会2015年度中四国・西日本支部合同大会(中四国支部第43回・西日本支部第312回講演), 2015年9月..[組織] ...
閲覧 小松 弘明, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : タンパク質結晶構造解析に基づくPKGII の活性化機構の解明, 日本農芸化学会2015年度中四国・西日本支部合同大会(中四国支部第43回・西日本支部第312回講演), 2015年9月..[組織] ...
閲覧 桑村 修司, 白石 将孝, 佐藤 仁昭, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ消化液由来アラメ糖化促進タンパク質の特性解析, 第67回日本生物工学会, 2015年10月..[組織] ...
閲覧 Kinuka Isshiki, Taishi Hirase, Shinya Matsuda, Kenji Miyamoto, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : Death-associated protein kinase 2 mediates nocodazole-induced apoptosis through interaction with tubulin, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.468, No.1-2, 113-118, 2015..[組織] ...
閲覧 Takahito Watanabe, Sumihare Noji and Taro Mito : GeneKnockout by Targeted Mutagenesis in a Hemimetabolous Insect, the Two-Spotted Cricket Gryllus bimaculatus, using TALENs. In TALENs: Methods and Protocols (Ralf Kuhn et al. eds.), Springer, New York, (month)2016..[組織] ...
閲覧 川端 友里恵, 桑村 修司, 澤田 茉菜, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : 褐藻類に含まれる摂食阻害物質に対する巻貝の戦略, 日本農芸化学会中四国支部第44回講演会, 2016年1月..[組織] ...
閲覧 松田 真弥, 宮本 賢治, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : PCTK3/CDK18はFAK1を抑制して細胞形態を制御する, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016年3月..[組織] ...
閲覧 湯浅 恵造, 一色 衣香, 太田 玲奈, 松田 真弥, 井上 雅広, 辻 明彦 : 14-3-3から解離したDAPK2はチューブリンとの結合を介してアポトーシスを誘導する, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016年3月..[組織] ...
閲覧 小松 弘明, 亀村 典生, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : PKGIIはRaf1のSer43のリン酸化を介してMAPK経路を負に制御する, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016年3月..[組織] ...
閲覧 桑村 修司, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ消化液に含まれるフロロタンニン結合タンパク質の機能解析, 第57回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2016年5月..[組織] ...
閲覧 松田 真弥, 川本 晃平, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : サイクリン依存性キナーゼPCTK3/CDK18による細胞運動調節機構の解明, 日本農芸化学会中四国支部第45回講演会, 2016年6月..[組織] ...
閲覧 村上 彩良, 亀村 典生, 小松 弘明, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : PKGIIによるFGF/FGFR/ERK経路阻害機構の解明, 日本農芸化学会中四国支部第46回講演会, 2016年9月..[組織] ...
閲覧 山下 純平, 小出(吉田) 静代, 中西 智美, 市原 拓巳, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescens type 1 secretion systemによるHasA分泌機構の解明, 第68回日本生物工学会, 2016年9月..[組織] ...
閲覧 浜垣 秀平, 高木 大地, 市原 拓巳, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescens type 1 secretion systemを用いた大腸菌による1本鎖抗体分泌系の構築, 第68回日本生物工学会, 2016年9月..[組織] ...
閲覧 辻 明彦, 桑村 修司, 湯浅 恵造 : アメフラシ消化液より単離したフロロタンニン結合蛋白質,EHEPの特性解析, 第68回日本生物工学会, 2016年9月..[組織] ...
閲覧 松田 真弥, 川本 晃平, 澤本 真菜, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : PCTK3/CDK18による細胞形態・運動の制御, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月..[組織] ...
閲覧 山下 純平, 小出(吉田) 静代, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescens HasAの分泌に関わるHasD領域の同定, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月..[組織] ...
閲覧 浜垣 秀平, 高木 大地, 市原 拓巳, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : 大腸菌による1本鎖抗体分泌系の構築, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月..[組織] ...
閲覧 河内 俊裕, 奥田 匡洋, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : ダイコン由来システインプロテアーゼResponsive to Dehydration 19の同定, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月..[組織] ...
閲覧 村上 彩良, 大上 友菜, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : DNA傷害によるアポトーシス誘導におけるDRAK1の関連性, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月..[組織] ...
閲覧 吉田 一郎, 伊藤 千尋, 松田 真弥, 辻 明彦, 矢中 規之, 湯浅 恵造 : メラニン産生抑制効果を有する沢瀉成分Alisol Bの作用機序の解明, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月..[組織] ...
閲覧 大上 友菜, 村上 彩良, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 細胞死関連プロテインキナーゼDRAK1の細胞内局在化機構, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月..[組織] ...
閲覧 高木 大地, 浜垣 秀平, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : 大腸菌を用いた低分子抗体の分泌生産系の構築, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.14, Max(EID) = 361546, Max(EOID) = 967713.