『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 宇宙航空研究開発機構

登録情報の数

有効な情報: 17件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 18件

全ての有効な情報 (17件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 宇宙航空研究開発機構 …(6)
閲覧 閲覧 鹿児島大学 …(4)
閲覧 閲覧 札幌医科大学 …(4)
閲覧 閲覧 芝浦工業大学・工学部 …(2)
閲覧 閲覧 東京都臨床医学総合研究所 …(4)
閲覧 閲覧 東京都老人総合研究所 …(4)
閲覧 閲覧 鳥取大学 …(6)
閲覧 閲覧 広島大学 …(5)
閲覧 (未定義) …(11)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 古野 伸明, 田澤 一朗, 柏木 啓子, 川上 智美, 吉留 賢, 渡部 稔, 山下 雅道, 柏木 昭彦 : アフリカツメガエル卵成熟過程に対する過重力の影響, Space Utilization Research, Vol.22, (号), 228-230, 2006年..[組織] ...
閲覧 新海 正, 柏木 昭彦, 柏木 啓子, 古野 伸明, 浦野 四郎, 佐藤 嘉哉, 久保 英夫, 坂井 雅夫, 渡部 稔, 吉留 賢, 藤井 博匡, 山下 雅道 : 過重力環境がアフリカツメガエルの脳下垂体‐標的器官系におよぼす影響についての研究, Space Utilization Research, Vol.22, (号), 231-234, 2006年..[組織] ...
閲覧 Tadashi Shinkai, Akihiko Kashiwagi, Keiko Kashiwagi, Michihiko Matsuda, Shiro Urano, Hiroya Sato, Hideo Kubo, Nobuaki Furuno, Masao Sakai, Minoru Watanabe, Satoshi Yoshitome, Hirotada Fujii and Masamichi Yamashita : Effects of Hypergravity on Pituitary-Target Organs in the Frog, Xenopus laevis, Biological Sciences in Space, Vol.20, No.2, 40-43, 2006..[組織]+[組織] ...
閲覧 古野 伸明, 田澤 一朗, 柏木 啓子, 新海 正, 吉留 賢, 渡部 稔, 山下 雅道, 柏木 昭彦 : アフリカツメガエル卵成熟過程に対する過重力の影響II, Space Utilization Research, Vol.23, (号), 311-313, 2007年..[組織] ...
閲覧 新海 正, 柏木 昭彦, 柏木 啓子, 古野 伸明, 花田 秀樹, 吉留 賢, 渡部 稔, 藤井 博匡, 坂井 雅夫, 山下 雅道 : 過重力によるニシツメガエル脳下垂体‐甲状腺系の絹小低下に対する甲状腺ホルモン投与の効果, Space Utilization Research, Vol.24, (号), 242-245, 2008年..[組織] ...
閲覧 水科 晴樹, 金子 寛彦 : タスク遂行時のサッカードと心理状態の関係, 平成19年度JAXA宇宙環境利用科学委員会第3回「宇宙環境へ適応するための感覚—運動ゲインコントロール」についての研究班WG会合, 2008年3月..[発行所] ...
閲覧 渡部 稔, 柳澤 誠, 古野 伸明, 柏木 啓子, 花田 秀樹, 新海 正, 吉留 賢, 久保 英夫, 酒井 雅夫, 藤井 博匡, 山下 雅道, 柏木 昭彦 : 過重力下で見られるアフリカツメガエル頭部形成異常の解析, Space Utilization Research, Vol.25, (号), 155-158, 2009年..[組織] ...
閲覧 和田 佳郎, 小高 泰, 松田 圭司, 岩木 直, 三浦 健一郎, 久代 恵介, 鹿内 学, 柴田 智広, 金子 寛彦, 疋田 真一, 平田 豊, 田端 宏充, 長谷川 達央, 水科 晴樹, 五島 史行, 桒田 成雄 : roll傾斜および横方向の直線加速度刺激に対する回旋性眼球運動, Space Utilization Research, Vol.26, 136-137, 2010年1月..[発行所] ...
閲覧 水科 晴樹 : 実物体及び立体ディスプレイ観察時の調節・輻輳の同時測定, 平成21年度JAXA宇宙環境利用科学委員会第5回「宇宙環境へ適応するための感覚—運動ゲインコントロール」についての研究チーム会合, 2010年3月..[発行所] ...
閲覧 柳澤 誠, 古野 伸明, 渡部 稔, 柏木 啓子, 花田 秀樹, 新海 正, 吉留 賢, 久保 英夫, 坂井 雅夫, 藤井 博匡, 鈴木 賢一, 山下 雅道, 柏木 昭彦 : 過重力によって生じたアフリカツメガエル初期胚の頭部形成異常の解析 II, Space Utilization Research, Vol.27, (号), 198-200, 2011年..[発行所] ...
閲覧 和田 佳郎, 小高 泰, 松田 圭司, 岩木 直, 三浦 健一郎, 久代 恵介, 鹿内 学, 柴田 智広, 金子 寛彦, 疋田 真一, 平田 豊, 長谷川 達央, 水科 晴樹, 五島 史行 : ISS実験計画:長期宇宙滞在中の傾き感覚の形成に対する視覚と頸部深部感覚の関与, Space Utilization Research, Vol.27, 138-139, 2011年1月..[発行所] ...
閲覧 水科 晴樹 : 立体映像観視時の調節・輻輳応答の動特性の個人差, 平成22年度JAXA宇宙環境利用科学委員会第6回「宇宙環境へ適応するための感覚—運動ゲインコントロール」についての研究チーム会合, 2011年3月..[発行所] ...
閲覧 金子 寛彦, 和田 佳郎, 平田 豊, 柴田 智広, 久代 恵介, 疋田 真一, 小高 泰, 三浦 健一郎, 松田 圭司, 鹿内 学, 長谷川 達央, 岩木 直, 水科 晴樹, 五島 史行, 野村 泰之, 村井 紀彦, 松延 毅, 栗田 昭宏, 原田 竜彦, 伊藤 泰明 : ISS実験計画:放物線飛行による微小重力および過重力下での傾き知覚に対する視覚と頸部深部感覚の関与, Space Utilization Research, Vol.28, 193-194, 2012年1月..[発行所] ...
閲覧 水科 晴樹 : 電子ホログラムによる立体表示が視機能に与える影響, 平成23年度JAXA宇宙環境利用科学委員会第7回「宇宙環境へ適応するための感覚—運動ゲインコントロール」についての研究チーム会合, 2012年3月..[発行所] ...
閲覧 水科 晴樹, 阪本 清美, 金子 寛彦 : 聴覚課題遂行時の心理状態を反映する瞳孔変動の最適な周波数帯域の検討, 平成24年度JAXA宇宙環境利用科学委員会第8回「宇宙環境へ適応するための感覚—運動ゲインコントロール」についてのWG会合, 2013年3月..[発行所] ...
閲覧 Junji Terao : Dietary flavonoids for disuse muscle atrophy, 10th Japan-Korea Joint Seminar on Space Environment Utilization Research, Sep. 2013..[発行所] ...
閲覧 水科 晴樹, 安藤 広志 : 立体像に対する快適性と視機能の個人差との関係, 平成25年度JAXA宇宙環境利用科学委員会第9回「宇宙環境へ適応するための感覚—運動ゲインコントロール」についてのWG会合, 2014年3月..[発行所] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.32, Max(EID) = 360295, Max(EOID) = 965066.