『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻 (2006年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻])

登録情報の数

有効な情報: 58件 + 無効な情報: 3件 = 全ての情報: 61件

全ての有効な情報 (58件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(40)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 中川 大輔, 工村 達也, 八房 智顯, 木戸口 善行 : 内部急速混合型油水噴射ノズルによるバーナ燃焼特性に関する研究, 日本機械学会講演論文集, 2010年3月. ...
閲覧 中川 大輔, 工村 達也, 八房 智顯, 木戸口 善行 : 内部急速混合型油水噴射ノズルによるバーナ燃焼特性に関する研究, 日本機械学会講演論文集, 2010年3月. ...
閲覧 林 啓輔, 宮本 貴之, Amir Khalid, 八房 智顯, 木戸口 善行 : 雰囲気温度および酸素濃度がディーゼル噴霧の着火燃焼に及ぼす影響に関する研究, 日本機械学会講演論文集, (巻), (号), (頁), 2010年3月. ...
閲覧 長安 翔, 坪井 康哲, Abdullah Adam, 八房 智顯, 木戸口 善行 : 噴霧特性からみた菜種油のディーゼル機関への適用性に関する研究, 日本機械学会講演論文集, 2010年9月. ...
閲覧 坪井 康哲, Adam Abdullah, 長安 翔, Sapit Azwan, 八房 智顯, 木戸口 善行 : 多重偏光光学系による蒸発ディーゼル噴霧発達過程の解析, 第21回内燃機関シンポジウム講演論文集, 2010年11月. ...
閲覧 岡 祐介, Mas Fawzi Bin Mohd Ali, 木戸口 善行, 名田 譲 : 天然ガスの噴流火花点火燃焼における混合気分布と着火性の解析, 日本機械学会講演論文集, 2011年3月. ...
閲覧 川越 勇輝, 井伊 良輔, 木戸口 善行 : 直噴ディーゼル機関における二段噴射による層状過濃燃焼の排気改善, 日本機械学会講演論文集, 2011年3月. ...
閲覧 Yoshiyuki Kidoguchi, Tomoaki Yatsufusa and Daisuke Nakagawa : Improvement of Emissions and Birning Limits in Burner Combustion using an Injector on the Concept of Fuel-water Internally Rapid Mixing, Proceedings of 5th European Combustion Meeting, (都市), June 2011. ...
閲覧 Khalid Amir, Keisuke Hayasi, Yoshiyuki Kidoguchi and Tomoaki Yatsufusa : Effect of Air Entrainment and Oxygen Concentration on Endothermic and Heat Recovery Process of Diesel Ignition, SAE Technical Papers, No.2011-01-1834, 2011. ...
閲覧 Ali Fawzi Mohd Mas, Yusuke Oka, Yoshiyuki Kidoguchi, Tomoaki Yatsufusa and T Kaida : Improvement of Combustion of CNG Engine using CNG Direct Injection and Gas-jet Ignition Method, SAE Technical Papers, No.2011-01-1994, 2011. ...
閲覧 Eiji Nakata, Masato Koizumi, Yohei Yamashita, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : Boron tracedrug: design, synthesis, and pharmacological activity of phenolic BODIPY-containing antioxidants as traceable next-generation drug model, Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.737, 301-306, 2012. ...
閲覧 薮谷 智規, 木下 峻輔, 猪井 勇志, 岩野 あずさ, 横田 昌幸, Thuy Thi Xuan Le, 外輪 健一郎, 髙栁 俊夫 : 可搬型環境試料中重金属濃度分析計の高機能化―セレン(IV)のマイクロカラム着色に基づく目視蛍光定量法の開発―, 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部研究報告, 17-23, 2012年. ...
閲覧 宇都 義浩, 田中 涼, 大仲 健太, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤としたプレニルアシルフロログルシノール類の合成と抗酸化活性の評価, 第65回日本酸化ストレス学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2012年6月. ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Syota Yamamoto, Hirotaka Mukai, Noriko Ishiyama, Ryota Takeuchi, Yoshinori Nakagawa, Keiji Hirota, Hiroshi Terada, Shinya Onizuka and Hitoshi Hori : Beta-Galactosidase treatment is a common first-stage modification of the three major subtypes of Gc protein to GcMAF, Anticancer Research, Vol.32, No.6, 2359-2364, 2012. ...
閲覧 曽我部 啓介, 右手 浩一 : カルボキシル基を有するアクリル共重合体の誘導化とDOSYによる分析, 高分子論文集, Vol.69, No.7, 382-386, 2012年. ...
閲覧 猪井 勇志, 椋田 千景, 木下 峻輔, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫 : 2, 3–ジアミノナフタレンを用いるクロム(VI)の蛍光検出とその反応メカニズムの解析, 第18回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2012年8月. ...
閲覧 西前 真治, 岸田 千紘, 磯部 能史, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫, 平野 朋広, 右手 浩一 : 開始剤組み込みラジカル重合法を用いた末端イオン性高分岐ポリマーの合成とその特性評価, 第18回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2012年8月. ...
閲覧 椋田 千景, 谷 昂亮, THUY THI XUAN LE, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫 : 過酸化水素とオゾンによる金属水酸化物共沈担体からの金属イオン溶出, 日本分析化学会第61年会, 77, 2012年9月. ...
閲覧 山田 洋平, 外山 翔太, James METSON, David WILLIAMS, Geoff WATERHOUSE, 鈴木 良尚, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫 : タンパク質結晶を鋳型とした規則性多孔質材料の作製, 日本分析化学会第61年会, 165, 2012年9月. ...
閲覧 渡邊 敏夫, 山田 洋平, 薮谷 智規, 安澤 幹人, 髙栁 俊夫, 本仲 純子, 櫻庭 春彦 : 電解析出法による耐熱性酵素CotAの固定化とそれに及ぼすナノ材料の効果, 日本分析化学会第61年会, 280, 2012年9月. ...
閲覧 猪井 勇志, 椋田 千景, 木下 峻輔, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫 : 2,3-ジアミノナフタリンを用いたクロム1(VI)の蛍光検出―液体クロマトグラフ定量法の開発, 第2回CSJ化学フェスタ2012, 2012年10月. ...
閲覧 西前 真治, 岸田 千紘, 磯部 能史, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫, 平野 朋広, 右手 浩一 : 開始剤組み込みラジカル重合法を用いた末端官能性高分岐ポリマー電解質の合成とその化学的特性評価, 第2回CSJ化学フェスタ2012, 2012年10月. ...
閲覧 筒井 智美, 白井 昭博, 鬼塚 正義, 西沢 明敏, 間世田 英明, 本田 孝祐, 大竹 久夫, 大政 健史 : ATF-4高発現CHO細胞における遺伝子発現解析, 第64回日本生物工学会大会, 33, 2012年10月. ...
閲覧 高橋 舞, 木村 修一, Haghparast Seyed Mohammad Ali, 曹 溢華, 本田 孝祐, 大竹 久夫, 大政 健史 : Chinese hamster ovary 細胞株における染色体不安定性, 第64回日本生物工学会大会, 33, 2012年10月. ...
閲覧 龍澤 実季, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : トレハロースを用いたCHO細胞培養における抗体の凝集抑制, 第64回日本生物工学会大会, 33, 2012年10月. ...
閲覧 鬼塚 正義, 川口 央, 龍澤 実季, 本田 孝祐, 大竹 久夫, 大政 健史 : 糖鎖構造が細胞培養過程の抗体凝集形成に与える影響, 第64回日本生物工学会大会, 34, 2012年10月. ...
閲覧 Masayoshi Onitsuka, Akira Kawaguchi, Miki Tatsuzawa, Kohsuke Honda, Hisao Ohtake and Takeshi Omasa : Deglycosylation induces antibody aggregation in culture process of Chinese hamster ovary cell, The 18th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), 114, Tokushima, Oct. 2012. ...
閲覧 Miki Tatsuzawa, Masayoshi Onitsuka, Akihiro Shirai, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa : Aggregation-controlled Chinese hamster ovary cell cultivation in antibody production, The 18th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), 115, Tokushima, Oct. 2012. ...
閲覧 Tomomi Tsutsui, Akitoshi Nishizawa, Akihiro Shirai, Masayoshi Onitsuka, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa : Expression profiling in UPR-engineered Chinese hamster ovary cell line, The 18th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), 116, Tokushima, Oct. 2012. ...
閲覧 Mai Takahashi, Syuichi Kimura, Haphparast Mohammad Ali Seyed, Yihua Cao, Takayuki Itoi, Akihiro Shirai, Masayoshi Onitsuka and Takeshi Omasa : Clonal variability and chromosomal heterogeneity in Chinese hamster ovary cell lines during long-term cultivation, The 18th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), 117, Tokushima, Oct. 2012. ...
閲覧 Michiko Hoashi, Mai Takahashi, Masayoshi Onitsuka, Akihiro Shirai, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa : Construction of new mammalian expression vector on the basis of gene-amplified structure in CHO genome, The 18th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), 118, Tokushima, Oct. 2012. ...
閲覧 Kyongho Lee, Masayoshi Onitsuka, Kohsuke Honda, Hisao Ohtake and Takeshi Omasa : Construction of High-Producing CHO Cell Lines by Controlling Cell Cycle Checkpoint, The 18th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), 119, Tokushima, Oct. 2012. ...
閲覧 猪井 勇志, 椋田 千景, 木下 峻輔, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫 : 2,3-ジアミノナフタレンとの反応を用いたクロム(VI)のHPLC-蛍光定量法の開発, 2012年日本化学会日日本大会, 54, 2012年11月. ...
閲覧 渡邊 敏夫, 山田 洋平, 薮谷 智規, 安澤 幹人, 髙栁 俊夫, 本仲 純子, 櫻庭 春彦 : 酵素の電解析出に対するナノ粒子の効果およびそのバイオ電池作製への適用, 第58回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, 2012年11月. ...
閲覧 Masayoshi Onitsuka, Miki Tatsuzawa, Kazuo Okuyama, Ichiro Koguma, Akihiro Shirai and Takeshi Omasa : Purification and aggregation analysis of humanized IgG-like bispecific diabody-Fc with thermo responsive Protein A (TRPA) column, 25th Annual and international meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT 2012), 111, Nagoya, Nov. 2012. ...
閲覧 Miki Tatsuzawa, Masayoshi Onitsuka, Akihiro Shirai, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa : Trehalose suppress the antibody aggregation in CHO cell culture, 25th Annual and international meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT 2012), 106, Nagoya, Nov. 2012. ...
閲覧 Tomomi Tsutsui, Akitoshi Nishizawa, Akihiro Shirai, Masayoshi Onitsuka, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa : Expression profiling in UPR-regulated Chinese hamster ovary cell line, 25th Annual and international meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT 2012), 107, Nagoya, Nov. 2012. ...
閲覧 Mai Takahashi, Syuichi Kimura, Haghparast Mohammad Ali Seyed, Yihua Cao, Takayuki Itoi, Akihiro Shirai, Masayoshi Onitsuka and Takeshi Omasa : Relationship between chromosomal instability an cell characterization in Chinese hamster ovary cell line, 25th Annual and international meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT 2012), 108, Nagoya, Nov. 2012. ...
閲覧 河野 剛士, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : 内軟骨性骨化過程におけるPACE4によるproBMP6の活性化, 第85回日本生化学大会, 2012年12月. ...
閲覧 一色 衣香, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)によるDeath-associated protein kinase-2 (DAPK2)調節機構, 第85回日本生化学大会, 2012年12月. ...
閲覧 宇都 義浩, 田中 涼, 田中 大地, 野口 智帆, 堀 均 : FTY720をリードとした血管新生阻害性α-トコフェロール誘導体UTX-93の分子設計, 第24回ビタミンE研究会, (巻), (号), (頁), 2013年1月. ...
閲覧 宇都 義浩, 玉谷 大, 遠藤 良夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 堀 均 : 発育鶏卵を用いた5-ALAの超音波増感による抗腫瘍活性の評価, 第3回ポルフィリン‐ALA学会年会, (巻), (号), (頁), 2013年4月. ...
閲覧 Toshihiro Moriga, Satoshi Kataoka, Katsuya Shiozaki, Hironori Fujito, Kei-ichiro Murai, Waterhouse I. N. Geoffrey and Metson B. James : Anion Stoichiometry and Optical Properties of the Perovskite-type, La1-xBaxTaO1+xN2-x and LaTi1-xNbxO2-xN1+x Solid-Solutions, E-MRS 2013 Spring Meeting, Strasbourg, May 2013. ...
閲覧 原 毅弘, 宇都 義浩, 中島 綾香, 福島 孝士朗, 野口 智帆, 遠藤 良夫, 前澤 博, 富永 正英, 福本 修一, 堀 均 : 発育鶏卵を用いたオオバギ葉抽出物の放射線防護活性の評価, 第19回癌治療増感研究会, 2013年6月. ...
閲覧 Noda Masahiro, Tatsuzawa Miki, Masayoshi Onitsuka, Akihiro Shirai and Takeshi Omasa : Chemical shaperon suppresses the antibody aggregation in CHO cell culture, ESACT Meeting 2013 in Lille, No.A121, 97, Lille,France, June 2013. ...
閲覧 Daisuke Kuchiike, Yoshihiro Uto, Hirotaka Mukai, Noriko Ishiyama, Chiaki Abe, Daichi Tanaka, Tomohito Kawai, Kentaro Kubo, Martin Mette, Toshio Inui, Yoshio Endo and Hitoshi Hori : Degalactosylated/Desialylated Human Serum Containing GcMAF Induces Macrophage Phagocytic Activity and In Vivo Antitumor Activity, Anticancer Research, Vol.33, No.7, 2881-2885, 2013. ...
閲覧 Toshio Inui, Daisuke Kuchiike, Kentaro Kubo, Martin Mette, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori and Norihiro Sakamoto : Clinical Experience of Integrative Cancer Immunotherapy with GcMAF, Anticancer Research, Vol.33, No.7, 2917-2920, 2013. ...
閲覧 小西 雅志, 隅 英彦, 明槻 伸介, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫 : Recovery of V, Mo and W on iminodiacetate chelating resin by hydrogen peroxide as eluant, 第19回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2013年9月. ...
閲覧 筒井 智美, Kyoung Ho Lee, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : 細胞周期制御による抗体医薬品高生産CHO細胞株構築系の確率, 第65回日本生物工学大会, 73, 2013年9月. ...
閲覧 高橋 舞, 森下 明彦, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : Chinese hamster ovary 細胞株における染色体不安定性解析と抗体生産への応用, 第65回日本生物工学大会, 73, 2013年9月. ...
閲覧 森下 明彦, 高橋 舞, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : 異数性を有するChinese hamster ovary細胞における染色体不安定性解析, 第65回日本生物工学大会, 245, 2013年9月. ...
閲覧 野田 真広, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 : 二重特異性抗体のドメイン配置が凝集性に及ぼす影響, 第65回日本生物工学会大会, 245, 2013年9月. ...
閲覧 曽我部 啓介, 右手 浩一 : 誘導体化ポリ乳酸の末端基及び鎖延長したポリ乳酸の接合部位のDOSYによる分析, 分析化学, Vol.63, No.2, 93-99, 2014年. ...
閲覧 Shoko Ueta, Kazuo Hida, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Regioisomeric Allene Dimer Formation by the Reaction of Tetraarylbutatrienes with Tetracyanoethene, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.12, No.17, 2784-2791, 2014. ...
閲覧 Chiaki Abe, Yoshihiro Uto, Ayaka Kawasaki, Chiho Noguchi, Ryo Tanaka, Toru Yoshitomi, Yukio Nagasaki, Yoshio Endo and Hitoshi Hori : Evaluation of the in vivo antioxidative activity of redox nanoparticles by using a developing chicken egg as an alternative animal model, Journal of Controlled Release, Vol.182, 67-72, 2014. ...
閲覧 Keizo Nakagawa, Takuya Ohshima, Megumi Katayama, Yoshiki Tezuka, Masahiro Katoh and Shigeru Sugiyama : Morphological effects of CeO2 nanostructures for catalytic soot combustion of CeO2 and CuO/CeO2, The 11th International Symposium on the "Scientific Bases for the Preparation of Heterogeneous Catalysts", Louvain-la-Neuve, July 2014. ...
閲覧 伊東 宏平, 外輪 健一郎, 堀河 俊英, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル : 圧力駆動型蒸留システムを用いたバイオエタノールの蒸留における省エネルギー性の評価, 第8回 中四国若手CE合宿, 2014年8月. ...
閲覧 徳永 謙介, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル, 外輪 健一郎, 堀河 俊英 : プロセスシミュレーションを用いた蒸気再圧縮蒸留システムの最適化, 第8回 中四国若手CE合宿, 2014年8月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.84, Max(EID) = 382138, Max(EOID) = 1020790.