『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 工藤 英治

登録情報の数

有効な情報: 70件 + 無効な情報: 6件 = 全ての情報: 76件

全ての有効な情報 (70件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(15)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(15)
閲覧 (未定義) …(46)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 清水 一郎, 北川 直之, 伊東 進, 工藤 英治, 辻 泰弘, 梶本 浩子, 石原 昭彦, 春藤 譲治, 岩崎 明温, 岸 清一郎, 山川 卓, 佐尾山 信夫 : 十二指腸と空腸に多発した平滑筋腫の1例., Gastroenterol Endoscopy, Vol.30, No.7, 1556-1560, 1988年..[著者] ...
閲覧 水澤 典子, 岩花 弘之, 山岡 孝, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)のcDNAクローニング, 第64回日本生化学会大会(福岡), (巻), (号), (頁), 1992年10月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 水澤 典子, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)cDNAのPCRを用いた遺伝子クローニング, 第26回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(仙台), (巻), (号), (頁), 1993年2月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 山岡 孝, 水谷 正一, 水澤 典子, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)酵素蛋白のアミノ酸配列とmRNAの組織別発現, 第26回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(仙台), (巻), (号), (頁), 1993年2月..[著者] ...
閲覧 閔 洪中, 泉 啓介, 工藤 英治, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 : LECラットの自然発生およびニトロサミン誘発肝腫瘍におけるp53およびras遺伝子の解析, 第52回日本癌学会総会(仙台), (巻), (号), (頁), 1993年10月..[著者] ...
閲覧 Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, J. Miyazaki, F. Tashiro, Setsuko Ii, Eiji Kudo, Hiroyuki Iwahana, Yoshio Hayashi, Toshiaki Sano and Mitsuo Itakura : (Workshop) Local Production of IL-10 in Pancreatic Islet A-Cells in Transgenic NOD Mice Accelerates Autoimmune Insulitis and Diabetes., Combined Meeting of the 8th International Lymphokine Workshop and The 4th International Workshop on Cytokines, (巻), (号), (頁), Osaka, Oct. 1993..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 伊井 節子, 工藤 英治, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 : 膵ランゲルハンス島(膵ラ島)A細胞からIL-10を分泌するNODトランスジェニックマウス(Tg)における膵ラ島B細胞の自己免疫性破壊の促進, 第23回日本免疫学会総会・学術集会(仙台), (巻), (号), (頁), 1993年11月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 水澤 典子, 工藤 英治, 板倉 光夫 : 多種類の蛍光色素とコンピューター画像を用いたMF-PCR-SSCP解析, 第16回日本分子生物学会年会(千葉), (巻), (号), (頁), 1993年12月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 岡 純, 水澤 典子, 片島 るみ, 村上 大輔, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, Edward W. Holmes, 板倉 光夫 : ヒト・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)蛋白の精製とcDNAクローニング, 第27回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(名古屋), (巻), (号), (頁), 1994年2月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 伊井 節子, 工藤 英治, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭 : (ワークショップ)「トランスジェニック動物の糖尿病学への貢献」,IL-10を膵ラ氏島A細胞で発現するNODトランスジェニックマウス, 第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), (巻), (号), (頁), 1994年5月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 伊井 節子, 工藤 英治, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 : (膵ランゲルハンス島(膵ラ島)A細胞にIL-10を発現させたトランスジェニックマウス(Tg)における糖尿病発症の促進, 第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), (巻), (号), (頁), 1994年5月..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 森谷 眞紀, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 伊井 節子, 工藤 英治, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 : 膵ランゲルハンス島A細胞にIL-10を発現させたトランスジェニックNODマウスにおける糖尿病発症の促進, 第67回日本内分泌学会学術総会(長崎), (巻), (号), (頁), 1994年6月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 岡 純, 水澤 典子, 片島 るみ, 村上 大輔, 工藤 英治, 伊井 節子, 山岡 孝, 吉本 勝彦, Edward W. Holmes, 板倉 光夫 : ヒト・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)蛋白の精製とcDNAクローニング, 第67回日本生化学会大会(大阪), (巻), (号), (頁), 1994年9月..[著者] ...
閲覧 Kunio Ii, Eiji Kudo, K. Hizawa, Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto, Setsuko Ii and Mitsuo Itakura : Early Onset Familial Alzheimer's Disease (AD) in the Largest Family with AD in Japan. - Histopathological, Immunohistochemical and Amyloid Precursor Protein (APP) Gene Analysis Studies., The XIIth International Congress of Neuropathology, (巻), (号), (頁), Toronto, Sep. 1994..[著者] ...
閲覧 Hongzhong Min, Eiji Kudo, Akiko Hino, Katsuhiko Yoshimoto, Hiroshi Iwahana, Mitsuo Itakura and Keisuke Izumi : p53 Gene Mutation in N-(4-hydroxybutyl) nitrosamine-induced Urinary Bladder Tumors and N-methyl-N-nitrosourea-induced Colon Tumors of Rats., Cancer Letters, Vol.117, No.1, 81-86, 1997..[著者] ...
閲覧 Eiji Kudo, Hiroshi Shiota, Takeshi Naito, K Satake and Mitsuo Itakura : Polymorphisms of Thymidine Kinase Gene in Herpes Simplex Virus Type 1, --- Analysis of Clinical Isolates From Herpetic Keratitis Patients and Laboratory Strains ---, Journal of Medical Virology, Vol.56, No.2, 151-158, 1998..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 工藤 英治, 手塚 理, 鎌谷 直之, 板倉 光夫 : パラメトリック連鎖解析によるFJHN遺伝子領域の同定, ポストゲノム時代の遺伝統計学, 24-34, 2001年10月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 山岡 孝, 森谷 眞紀, 片島 るみ, 工藤 英治, 日野 聡史, 岩花 弘之, 吉本 勝彦 : 痛風·核酸に関わる代謝調節の解析 分子生物学から個体レベルの解析に向けて遺伝子改変動物とゲノム多型解析, Gout and Nucleic Acid Metabolism, Vol.26, No.2, 151-153, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 加藤 仁, 国香 清, 工藤 英治, 野村 恭子, 篠原 秀一, 相川 文子, 津川 和江, 浜田 大輔, 宮本 龍郎, 片島 るみ, 森谷 眞紀, 山岡 孝 : 日本人のEven-Spacing Common SNPsを検出するプローブセットを用いた網羅的locus-wide関連解析, 第25回日本分子生物学会, (巻), (号), (頁), 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 山岡 孝, 森谷 眞紀, 片島 るみ, 工藤 英治, 日野 聡史, 岩花 弘之, 吉本 勝彦 : 痛風・核酸に関する代謝調節の解析,分子生物学から個体レベルの解析に向けて-遺伝子改変動物とゲノム多型解析, 第35回日本痛風・核酸代謝学会総会, (巻), (号), (頁), 2002年2月..[著者] ...
閲覧 井上 禎子, 四宮 加容, 斬 雷, 塩田 洋, 工藤 英治 : 77 角膜真菌患者の角膜擦過物と涙液中からの真菌DNAの検出, 日本眼科学会雑誌, Vol.106, (号), 111, 2002年5月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 加藤 仁, 国香 清, 工藤 英治, 野村 恭子, 篠原 秀一, 相川 文子, 津川 和江, 浜田 大輔, 宮本 龍郎, 片島 るみ, 森谷 眞紀, 山岡 孝 : ポストゲノムの泌尿器科学に向けて-Even-Spacing Common SNPsを検出するプローブセットを用いる,相対危険率が比較的低い疾患感受性遺伝子の発見, 第91回日本泌尿器科学会, (巻), (号), (頁), 2003年(0月)..[著者] ...
閲覧 SATOSHI TSUTSUMI, NOBUYUKI KAMATA, YUTAKA MARUOKA, MIKI ANDO, OSAMU TEZUKA, SHOJI ENOMOTO, KEN OMURA, Masaru Nagayama, Eiji Kudo, MAKI MORITANI, TAKASHI YAMAOKA and Mitsuo Itakura : Autosomal Dominant Gnathodiaphyseal Dysplasia Maps to Chromosome 11p14.3-15.1, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.18, No.3, 413-418, 2003..[著者] ...
閲覧 工藤 英治, 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : 家族性若年性高尿酸血症性腎症(FJHN)の遺伝子変異, 痛風と核酸代謝, Vol.28, No.2, 97-98, 2004年(0月)..[著者] ...
閲覧 川上 修平, 井上 寛, 山下 裕紀子, 宮本 龍郎, 森谷 眞紀, 工藤 英治, 国香 清, 板倉 光夫 : 2型糖尿病と関連する新規orphan GPCR(Gタンパク質共役受容体)遺伝子の同定, 日本糖尿病学会中四国地方会第42回総会, 2004年(0月)..[著者] ...
閲覧 山下 裕紀子, 井上 寛, 宮本 龍郎, 津川 和江, 森谷 眞紀, 工藤 英治, 国香 清, 板倉 光夫, 中村 直登, 吉川 敏一, 一石 英一郎 : 日本人2型糖尿病発症リスクとKir6.2/E23K多型との関連, 日本糖尿病学会中四国地方会第42回総会, 2004年(0月)..[著者] ...
閲覧 Eiji Kudo, Naoyuki Kamatani, Osamu Tezuka, Atsuo Taniguchi, Hisashi Yamanaka, Sachiko Yabe, Dai Osabe, Syuichi Shinohara, Kyoko Nomura, Masaya Segawa, Tatsuro Miyamoto, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika and Mitsuo Itakura : Familial juvenile hyperuricemic nephropathy: Detection of mutations in the uromodulin gene in five Japanese families, Kidney International, Vol.65, No.5, 1589-1597, 2004..[著者] ...
閲覧 塩田 洋, 工藤 英治 : 眼科検査ガイド, 文光堂, 東京, 2004年11月..[著者] ...
閲覧 銭 志栄, 中園 雅彦, 佐野 壽昭, 廣川 満良, 工藤 英治, 岩田 貴, 島田 光生 : 胃癌におけるphospho-signal transducer及び転写因子3(Tyr705)活性化物質の分析, 日本病理学会会誌, Vol.94, No.1, 259, (都市), 2005年3月..[著者] ...
閲覧 工藤 英治, 塩田 洋 : 糖尿病性細小血管症, --- 基礎·臨床のアップデート ---, 日本臨牀, Vol.63, No.6, 302-305, 2005年..[著者] ...
閲覧 Tatsuro Miyamoto, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Eiji Kudo, Takeshi Naito, Takako Mikawa, Yoichi Mikawa, Yasushi Isashiki, Dai Osabe, Shuichi Shinohara, Hiroshi Shiota and Mitsuo Itakura : Identification of a novel splice site mutation of the CSPG2 gene in a Japanese family with Wagner syndrome., Investigative Ophthalmology & Visual Science, Vol.46, No.8, 2726-2735, 2005..[著者] ...
閲覧 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 廣川 満良 : Promoter methylation and differential expression of pi-class glutathione S-transferase (GSTP1) in pituitary adenomas., 第9回日本内分泌病理学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 銭 志栄, アブドル カーデル オバリ, 工藤 英治, 佐野 壽昭 : 下垂体腺腫発生における癌抑制遺伝子プロモーターのメチル化異常の解析, 四国医学雑誌, Vol.61, No.5∼6, 212-213, 徳島, 2005年12月..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Kato, Kyoko Nomura, Dai Osabe, Shuichi Shinohara, Osamu Mizumori, Rumi Katashima, Shoji Iwasaki, Koichi Nishimura, Masayasu Yoshino, Masato Kobori, Eiichiro Ichiishi, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Toshihito Tanahashi, Parvaneh Keshavarz, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Eiji Kudo, Kazue Tsugawa, Yoichiro Takata, Daisuke Hamada, Natsuo Yasui, Tatsuro Miyamoto, Hiroshi Shiota, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Association of single nucleotide polymorphisms in the suppressor of cytokine signaling 2 (SOCS2) gene with type 2 diabetes in the Japanese., Genomics, Vol.87, No.4, 446-458, 2006..[著者] ...
閲覧 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 廣川 満良 : Promoter methylation and differential expression of estrogen receptor-beta in pituitary adenomas., 第16回 日本間脳下垂体腫瘍学会, (巻), (号), (頁), 2006年2月..[著者] ...
閲覧 工藤 英治, 佐野 壽昭, カーデル オバリ, 銭 志栄, 山田 正三 : fibrous bodyを呈するGH産生下垂体腺腫の臨床病理学的,免疫組織化学的特性, 日本内分泌学会雑誌, Vol.82, No.1, 152, (都市), 2006年4月..[著者] ...
閲覧 佐野 壽昭, 工藤 英治 : 【臨床に役立つ内分泌疾患診療マニュアル2006】 間脳下垂体疾患 下垂体の発生分化と腫瘍, ホルモンと臨床, Vol.54, 51-54, 2006年4月..[著者] ...
閲覧 佐野 壽昭, 工藤 英治, 米田 亜樹子, 銭 志栄, 山田 正三 : 非機能性から機能性下垂体腫瘍への移行 ACTH産生下垂体腺腫 非機能性から機能性腺腫, 日本内分泌学会雑誌, Vol.82, No.1, 82, (都市), 2006年4月..[著者] ...
閲覧 工藤 英治, 米田 亜樹子, 廣川 満良, 佐野 壽昭 : Ki-67標識率の観察者変動と標準化, 四国医学雑誌, Vol.62, No.1-2, 87, 徳島, 2006年4月..[著者] ...
閲覧 銭 志栄, 塩見 春彦, 塩見 美喜子, エサ シリビア, 山田 正三, 工藤 英治, 廣川 満良, 佐野 壽昭 : ヒト下垂体細胞及びHP75細胞からのmicroRNAの同定, 日本病理学会会誌, Vol.95, No.1, 204, (都市), 2006年4月..[著者] ...
閲覧 米田 亜樹子, 佐野 壽昭, 工藤 英治, 久元 恵美子, 山田 正三 : 極めて多数のFolliculostellate cell(FSC)を認めた下垂体腺腫, 日本病理学会会誌, Vol.95, No.1, 204, (都市), 2006年4月..[著者] ...
閲覧 銭 志栄, 佐野 壽昭, Asa L Sylvia, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 廣川 満良 : Tumor suppressor genes methylation analysis and DNA methyltransferase inhibitors treatment in HP75 cell., 第79回日本内分泌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2006年5月..[著者] ...
閲覧 佐野 壽昭, 工藤 英治 : 内分泌症候群(第2版) その他の内分泌疾患を含めて】 腫瘍とホルモン 多腺性腫瘍 von Recklinghausen病, 日本臨牀, No.3, 348-350, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 Kiyoshi Kunika, Toshihito Tanahashi, Eiji Kudo, Noriko Mizusawa, Eiichiro Ichiishi, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Takashi Yamaoka, Hiroaki Yasumo, Kazue Tsugaw, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Effect of +36T > C in intron 1 on the glutamine: fructose-6-phosphate amidotransferase 1 gene and its contribution to type 2 diabetes in different populations., Journal of Human Genetics, Vol.51, No.12, 1100-1109, 2006..[著者] ...
閲覧 Maki Moritani, Kyoko Nomura, Toshihito Tanahashi, Dai Osabe, Yuka Fujita, Shinohara Syuichi, Yuka Yamaguchi, Parvaneh Keshavarz, Eiji Kudo, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Eiichiro Ichiichi, Yoichiro Takata, Natsuo Yasui, Hiroshi Shiota, Kiyoshi Kunika, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Genetic association of single nucleotide polymorphisms in endonuclease G-like 1 gene with type 2 diabetes in a Japanese population., Diabetologia, Vol.50, No.6, 1218-1227, 2007..[著者] ...
閲覧 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 重清 友理, 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 井上 大輔, 工藤 英治, 福本 誠二, 松本 俊夫 : 低リン血症性骨軟化症を来した腫瘍合併の成人2症例, 第80回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.1, 156, 2007年6月..[著者] ...
閲覧 Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto, Asa L Sylvia, Shozo Yamada, Noriko Mizusawa and Eiji Kudo : Tumor-specific down-regulation and methylation of the CDH13 (H-cadherin) and CDH1 (E-cadherin) genes correlate with aggressiveness of human pituitary adenomas, Modern Pathology, Vol.20, No.12, 1269-1277, 2007..[著者] ...
閲覧 銭 志栄, 佐野 壽昭, 山田 正三, Yuan Feng Yun, 吉本 勝彦, 工藤 英治 : Reduced expression of the let-7 microRNAs in human pituitary adenomas in association with pituitary tumorigenesis through regulating HMGA2., 第11回日本内分泌病理学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2007年10月..[著者] ...
閲覧 Yuan Feng Yun, 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治 : The pi-class glutathione S-transferase (GSTP1) may be a novel tumor suppressor gene in pituitary tumorigenesis., 第11回日本内分泌病理学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2007年10月..[著者] ...
閲覧 工藤 英治, 板倉 光夫 : )高尿酸血症診療の最新動向 原発性高尿酸血症の病因・診断法研究の進歩, --- 家族性若年性高尿酸血症性腎症(FJHN) ---, 日本臨牀, Vol.66, No.4, 683-686, 2008年4月..[著者] ...
閲覧 YunFeng Yuan, Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, L Sylvia Asa, Shozo Yamada, Noriko Kagawa and Eiji Kudo : Reduction of GSTP1 expression by DNA methylation correlates with clinicopathological features in pituitary adenomas., Modern Pathology, Vol.21, No.7, 856-865, 2008..[著者] ...
閲覧 Feng Yun Yuan, 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治 : The pi-class glutathione S-transferase (GSTP1) may be a novel tumor suppressor gene in pituitary tumorigenesis., 第81回日本内分泌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2008年5月..[著者] ...
閲覧 Abdulkader Obari, Toshiaki Sano, Kenichi Ohyama, Eiji Kudo, Zhi-Rong Qian, Akiko Yoneda, Nasim Rayhan, Muhammad Rahman Mustafizur and Shozo Yamada : Clinicopathological features of growth hormone-producing pituitary adenomas: difference among various types defined by cytokeratin distribution pattern including a transitional form., Endocrine Pathology, Vol.19, No.2, 82-91, 2008..[著者] ...
閲覧 Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani, Eiji Kudo and Yoshimi Bando : Adenosarcoma of the uterus: magnetic resonance imaging characteristics., Clinical Imaging, Vol.33, No.3, 244-247, 2009..[著者] ...
閲覧 Zhi-Rong Qian, Sylvia L Asa, Haruhiko Siomi, Mikiko Siomi, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Elaine Lu Wang, Md Mustafizur Rahman, Hiroshi Inoue, Mitsuo Itakura, Eiji Kudo and Toshiaki Sano : Overexpression of HMGA2 relates to reduction of the let-7 and its relationship to clinicopathological features in pituitary adenomas., Modern Pathology, Vol.22, No.3, 431-441, 2009..[著者] ...
閲覧 M M Rahman, Zhi-Rong Qian, L E Wang, R Sultana, Eiji Kudo, M Nakasono, T Hayashi, Souji Kakiuchi and Toshiaki Sano : Frequent overexpression of HMGA1 and 2 in gastroenteropancreatic neuroendocrine tumours and its relationship to let-7 downregulation., British Journal of Cancer, Vol.100, No.3, 501-510, 2009..[著者] ...
閲覧 王 路, 銭 志栄, Mustafizur Md. Rahman, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 佐野 壽昭 : Increased expression of HMGA1 correlates with tumor invasiveness and proliferation in human pituitary adenomas., 第19回 日本間脳下垂体腫瘍学会, (巻), (号), (頁), 2009年2月..[著者] ...
閲覧 銭 志栄, 王 路, Mustafizur Md. Rahman, 吉本 勝彦, Radia Sultana, 山田 正三, 工藤 英治, 佐野 壽昭 : Tumor-specific down-regulation of ER-1 and ER- 2 in human pituitary adenomas., 第19回 日本間脳下垂体腫瘍学会, (巻), (号), (頁), 2009年2月..[著者] ...
閲覧 銭 志栄, 王 路, Mustafizur Md. Rahman, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 佐野 壽昭 : Tumor-specific down-regulation of ER-1 and ER-2 in Human Pituitary Adenomas, 第98回日本病理学会年総会, 2009年5月..[著者] ...
閲覧 王 路, 銭 志栄, Mustafizur Md. Rahman, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 佐野 壽昭 : Overexpression of HMGA1 correlates with tumor invasiveness and proliferation in pituitary adenomas, 第98回日本病理学会年総会, 2009年5月..[著者] ...
閲覧 Lu Elaine Wang, Zhi-Rong Qian, Masahiko Nakasono, Toshihito Tanahashi, Katsuhiko Yoshimoto, Yoshimi Bando, Eiji Kudo, Mitsuo Shimada and Toshiaki Sano : High expression of Toll-like receptor 4/myeloid differentiation factor 88 signals correlates with poor prognosis in colorectal cancer., British Journal of Cancer, Vol.102, No.5, 908-915, 2010..[著者] ...
閲覧 銭 志栄, 王 路, 中園 雅彦, 棚橋 俊仁, 吉本 勝彦, 坂東 良美, 工藤 英治, 島田 光生, 佐野 壽昭 : High Expression of TLR4/MyD88 Signals Correlates with Poor Prognosis in Colorectal Cancer., 第99回日本病理学会総会, 2010年4月..[著者] ...
閲覧 Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Takashi Iwase, Susumu Nishio, Noriko Tomita, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, Shoichiro Takao, Masafumi Harada, Noriko Kagawa, Eiji Kudo and Masataka Sata : Images in cardiovascular medicine. Cardiac magnetic resonance imaging and 2-dimensional speckle tracking echocardiography in secondary cardiac amyloidosis., Circulation Journal, Vol.74, No.7, 1494-1496, 2010..[著者] ...
閲覧 松崎 健司, 竹内 麻由美, 坂東 良美, 工藤 英治, 宇都宮 徹, 島田 光生 : 細胆管癌の2例:CTおよびMRI所見を中心に, 第24回腹部放射線研究会, (巻), (号), (頁), 2010年6月..[著者] ...
閲覧 香川 聖子, 工藤 英治, 伊東 秀文, 和泉 唯信 : optineurin遺伝子変異を見とけた家族性筋委縮性側索硬化症(ALS)の1剖検例, 日本病理学会誌, Vol.100, No.1, 395, 2011年4月..[著者] ...
閲覧 香川 聖子, 工藤 英治, 香川 典子, 伊藤 秀文, 和泉 唯信 : optineurin遺伝子変異を認めた家族性筋委縮性側索硬化症(ALS)の1剖検例, 日本病理学会会誌, Vol.100, No.1, 395, 2011年4月..[著者] ...
閲覧 Masatoshi Morimoto, Mitsuhiko Takahashi, Nori Sato, Toshihiko Nishisho, Seiko Kagawa, Eiji Kudo, Shoichiro Takao and Natsuo Yasui : Expansively Hemorrhagic Foreign Body Granuloma at the Pelvis Caused by Microscopic Materials., Open Journal of Orthopedics, Vol.2, No.1, 1-5, 2012..[著者] ...
閲覧 Masaki Kamada, Yuishin Izumi, T Ayaki, Masataka Nakamura, Seiko Kagawa, Eiji Kudo, Wataru Sako, Hirofumi Maruyama, Y Nishida, Hideshi Kawakami, Hidefumi Ito and Ryuji Kaji : Clinicopathologic features of autosomal recessive amyotrophic lateral sclerosis associated with optineurin mutation, Neuropathology, Vol.34, No.1, 64-70, 2014..[著者] ...
閲覧 松岡 百百世, 堀 洋二, 戸田 直紀, 阿部 晃治, 工藤 英治, 佐竹 宣法 : 神経原性腫瘍から分類不能な円形細胞肉腫が発生したと考えられる頸部腫瘍の1例, 徳島県立中央病院医学雑誌, Vol.38, No.1, 51-56, 2016年..[著者] ...
閲覧 檜本 朱成, 松本 穣, 工藤 英治, 常山 幸一, 尾矢 剛志 : NF1患者に発症した多発性消化管間質腫瘍の1例, 第110回日本病理学会総会, 2021年4月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.85, Max(EID) = 382172, Max(EOID) = 1020892.