『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 社団法人 日本解剖学会

登録情報の数

有効な情報: 16件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 18件

全ての有効な情報 (16件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
閲覧 閲覧 社団法人 日本解剖学会 …(1)
閲覧 (未定義) …(6)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 森本 景之, 岡村 裕彦, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素と核内リン酸化蛋白質の細胞内局在変化, 第106回日本解剖学会総会ーミニシンホ シ ウム, 2001年4月..[発行所] ...
閲覧 岡村 裕彦, 森本 景之, 羽地 達次 : 薬剤耐性扁平上皮癌細胞におけるMDR-1の発現と転写因子NF-Y, 第108回日本解剖学会総会, 2003年4月..[発行所] ...
閲覧 佐々木 英子, 那須 史男, 岡本 好史, 岡村 裕彦, 羽地 達次 : ビオチン含有蛋白の簡易検出法とその細胞内分布, 第58回日本解剖学会中国,四国地方会, 2003年11月..[発行所] ...
閲覧 中江 良子, J Peter Stoward, tatsuo Kashiyama, 庄野 正行, Akiko Akagi, Tetsuya Matsuzaki : Early onset of lipofuscin accumulation in dystrophin-deficient skeletal muscles of mdx mice, 日本解剖学会, (巻), (号), (頁), 2003年(99月)..[発行所] ...
閲覧 尾崎 明子, 森本 景之, 田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 : オカダ酸処理細胞におけるNF-kBのリン酸化, 第59回日本解剖学会中国,四国地方会, 2004年11月..[発行所] ...
閲覧 西田 宗秀, Bruna Rabelo Amorim, 羽地 達次 : アビジン結合蛋白の簡易検出法と細胞内小器官における局在, 第110回日本解剖学会総会, 2005年3月..[発行所] ...
閲覧 桑村 紀子, 福井 義浩 : オーストラリア クイーンズランド大学における解剖学教育, 解剖学雑誌, Vol.80, No.3, 79-81, 2005年..[発行所] ...
閲覧 尾崎 明子, 森本 景之, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるIkBa/NF-kBのリン酸化, 第111回日本解剖学会総会, 2006年3月..[発行所] ...
閲覧 中江 良子, P.J. Stoward : Assessment of oxidative stress in dystrophin-deficient dystrophic Muscles of mice, 第111回日本解剖学会, (巻), (号), (頁), 2006年3月..[発行所] ...
閲覧 田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤カリクリンAによるアポトーシス誘導とNF-kBのリン酸化, 第112回日本解剖学会総会, 2007年3月..[発行所] ...
閲覧 小野 公嗣, 小林 杏奈, 石村 和敬 : ラット海馬におけるアロマターゼおよびエストロゲン受容体αの免疫組織学的解析, 第88回日本生理学会大会 第116回日本解剖学会総会・全国学術集会 合同大会, 2011年3月..[発行所] ...
閲覧 岡村 裕彦, 楊 諦, 羽地 達次, 寺町 順平 : プロテインホスファターゼPP2A C alphaは,脂肪細胞分化に関与する, 日本解剖学会 第69回中国・四国支部学術集会プログラム, 2014年10月..[発行所] ...
閲覧 寺町 順平, 篠原 宏貴, 稲垣 裕司, 楊 諦, 岡村 裕彦, 永田 俊彦, 羽地 達次 : PKRによる炎症性骨破壊制御, 日本解剖学会 第69回中国・四国支部学術集会プログラム, 2014年10月..[発行所] ...
閲覧 土生田 宗憲, 泰江 章博, 藤田 洋史, 板東 哲哉, 佐藤 恵太, 親泊 政一, 田中 栄二, 大内 淑代 : CRISPR-Cas9システムにより作製した形態形成遺伝子(Pax6およびFgf10)のモザイク変異マウスの解析, 第72回中国・四国支部学術集会, (巻), (号), (頁), 2017年10月..[発行所] ...
閲覧 木目 隆大, 内部 健太, 池亀 美華, 吉田 賀弥, 岡村 裕彦 : ヒストン脱メチル化酵素Jmjd3は転写調節因子Runx2とOsterixを介して骨芽細胞分化を制御する, 第123回日本解剖学会総会・全国学術集会, (巻), (号), (頁), 2018年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 土生田 宗憲, 泰江 章博, 藤田 洋史, 板東 哲哉, 佐藤 恵太, 親泊 政一, 田中 栄二, 大内 淑代 : ゲノム編集Fgf10モザイク変異体の組織学的解析, 第123回日本解剖学会総会・全国集会, (巻), (号), (頁), 2018年3月..[発行所] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 3, LA = 0.81, Max(EID) = 373309, Max(EOID) = 998785.