『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 寺田 弘 ([東京理科大学])

登録情報の数

有効な情報: 253件 + 無効な情報: 16件 = 全ての情報: 269件

全ての有効な情報 (253件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(34)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(34)
閲覧 (未定義) …(144)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 寺田 弘, 長宗 秀明 : シアニン色素のミトコンドリアに対する作用 -微分スペクトル法の生体膜への応用-, 島津科学機械ニュース, Vol.22, No.5, 20-23, 1981年5月..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Terada, Hideaki Nagamune and Fujio Kametani : Effect of anions on the uncoupling of the cyanine dye, Platonin (NK-19), Medical Research of Photosensitizing Dyes, Vol.88, (号), 1-9, 1981..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Terada, Hideaki Nagamune, Yumi Osaki and Kenichi Yoshikawa : Specific requirement for inorganic phosphate for induction of bilayer membrane conductance by the cationic uncoupler carbocyanine dye, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.646, No.3, 488-490, 1981..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Terada and Hideaki Nagamune : A cyanine dye tri-S-C7(5) Phosphate-dependent cationic uncoupler of oxidative phosphorylation in mitochondria, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.723, No.1, 7-15, 1983..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Terada, Hideaki Nagamune, Norifumi Morikawa and Tetsuo Ichikawa : The cyanine dye triS-C4(5) as a cationic uncoupler of oxidative phosphorylation: Interaction with mitochondria detected by derivative spectrophotometry, Cell Structure and Function, Vol.8, No.2, 161-170, 1983..[著者] ...
閲覧 長宗 秀明, 寺田 弘, 亀谷 富士夫 : ミトコンドリア機能に対するシアニン色素triS-C4(5) (NK-24)の2元的効果, 感光色素, Vol.89, (号), 19-25, 1984年..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Terada, Hideaki Nagamune, Hidefumi Morikawa and Masumi Ikuno : Uncoupling of oxidative phosphorylation by divalent cationic cyanine dye. Participation of phosphate transporter, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.807, No.2, 168-176, 1985..[著者] ...
閲覧 Masaki Ito, Masamichi Nakamura, Hideaki Nagamune, Norifumi Morikawa and Hiroshi Terada : An Escherichia coli mutant exhibiting temperature-sensitive ATP synthesis, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.138, No.1, 72-77, 1986..[著者] ...
閲覧 Yasuo Shinohara, Hideaki Nagamune and Hiroshi Terada : The hydrophobic cationic cyanine dye inhibits oxidative phosphorylation by inhibiting ADP transport, not by electrophoretic transfer, into mitochondria, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.148, No.3, 1081-1086, 1987..[著者] ...
閲覧 H. Koike, Hitoshi Hori, Seiichi Inayama and Hiroshi Terada : Effect of Arylidene-cyclopentenedione Radiosensitizers on ATP Synthesis in Mitochondria:Action as Potent Inhibitors of phosphate Transport, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.155, No.2, 1066-1074, 1988..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 寺田 弘 : ヒト赤血球膜の動態プローブとしての抗Band 3モノクローナル抗体の作成, 第27回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 1988年10月..[著者] ...
閲覧 小池 晴彦, 篠原 康雄, 後藤 了, 寺田 弘, 平良 全栄 : Monte Carlo法を用いた薬物の動的構造の評価と構造活性相関, 第16回構造活性相関シンポジウム, (巻), (号), (頁), 1988年11月..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Terada, Satoru GOTO, Kazuko Yamamoto, Isao Takeuchi, Yoshiki Hamada and Keishiro Miyake : Structural requirements of salicylanilides for uncoupling activity in mitochondria: quantitative analysis of structure-uncoupling relationships, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.936, No.3, 504-512, 1988..[著者] ...
閲覧 市川 哲生, 太田 房雄, 長宗 秀明, 久保 兼信, 桜林 郁之介, 佐藤 真悟, 篠原 康雄, 高木 俊夫, 竹尾 和典, 田中 経彦, 辻 明彦, 寺田 弘, 中尾 真, 中村 和行, 藤田 清貴, 松田 佳子, 真鍋 敬 : 電気泳動法 –基礎と実験-, 株式会社 廣川書店, 東京, 1989年4月..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 寺田 弘 : ヒト赤血球Band 3モノクローナル抗体, 日本薬学会第109年会, (巻), (号), (頁), 1989年4月..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 小池 晴彦, 堀 均, 平良 全栄, 寺田 弘 : Leukotriene Antagonists分子の動的構造と活性との相関, 第17回構造活性相関シンポジウム, 1989年11月..[著者] ...
閲覧 阿久津 秀雄, 伊藤 明夫, 長宗 秀明, 久野 健夫, 小南 英紀, 田代 裕, 田中 啓二, 辻 明彦, 寺田 弘, 中野 明彦, 中安 博司, 能見 貴人, 日野 幸伸, 二井 将光, 前田 正知, 松田 佳子, 三原 勝芳, 山下 克子, 山本 章嗣 : 膜酵素I –基礎と実験-,膜酵素II –基礎と実験-, 株式会社 廣川書店, 東京, 1990年5月..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 堀 均, 平良 全栄, 寺田 弘 : 生理活性物質の動的構造と活性発現, 第18回構造活性相関シンポジウム, 1990年11月..[著者] ...
閲覧 嶋林 三郎, 寺田 弘, 岡林 博文 : 生体コロイド,基礎と実際, 第1巻, 株式会社 廣川書店, 東京, 1990年11月..[著者] ...
閲覧 嶋林 三郎, 寺田 弘, 岡林 博文 : 生体コロイド, 基礎と実際,第2巻, 株式会社 廣川書店, 東京, 1990年11月..[著者] ...
閲覧 長宗 秀明, 寺田 弘 : 単クローン抗体 調製とキャラクタリゼーション, 株式会社 廣川書店, 東京, 1990年12月..[著者] ...
閲覧 堀 均, 宮原 正信, 中條 信義, 寺田 弘 : 低酸素の分子生理学, シュプリンガー·フェアラーク東京, 東京, 1991年(0月)..[著者] ...
閲覧 Satoru GOTO, Hitoshi Hori, Zenei Taira and Hiroshi Terada : Leukotriene antagonists: Biological activities and their dynamic structures, The 2nd China/Japan Symposium on Drug Design and Development, Beijing, Jan. 1991..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 郭 宗儒, 堀 均, 平良 全栄, 寺田 弘 : Benzamide型Leukotriene Antagonistsの動的構造と定量的構造活性相関, 日本薬学会第111年会, 1991年3月..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 堀 均, 平良 全栄, 寺田 弘 : 薬物分子の動的構造を用いた構造活性相関, 第19回構造活性相関シンポジウム, (巻), (号), (頁), 1991年11月..[著者] ...
閲覧 寺田 弘, 金品 昌志 : 麻酔薬の作用と生体膜, 蛋白質 核酸 酵素, Vol.36, No.11, 1770-1778, 1991年11月..[著者] ...
閲覧 郭 宗儒, 後藤 了, 楊 光中, 寺田 弘 : 用定量構効関系分析■行酪■酸激■抑制剤的結構類型衍化, Yao Xue Xue Bao, Vol.27, No.2, 90-95, 1992年..[著者] ...
閲覧 紙田 真喜夫, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : ラットミトコンドリアADP/ATP透過担体をコードする遺伝子の転写調節機構の解析, 日本薬学会 第112年会, (巻), (号), (頁), 1992年3月..[著者] ...
閲覧 Satoru GOTO, Zong-Ru Guo, Yukako Futatsuishi, Hitoshi Hori, Zenei Taira and Hiroshi Terada : Quantitative structure-activity relationships of benzamide derivatives for anti-leukotriene activities, Journal of Medicinal Chemistry, Vol.35, No.13, 2440-2445, 1992..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 堀 均, 平良 全栄, 寺田 弘 : Peptido-leukotriene AntagonistsとAgonistsの構造活性相関と構造因子, 第20回構造活性相関シンポジウム, 1992年11月..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Yoshihiro Fukushima, Junji Takada, Kenji Yoshida, Akira Unami, Takashi Shimooka and Hiroshi Terada : The lipophilic weak base (Z)-5-methyl-2-[2-(1-naphthyl)ethenyl]-4-piperidinopyridine (AU-1421) is a potent protonophore type cationic uncoupler of oxidative phosphorylation in mitochondria, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1141, No.2-3, 231-237, 1993..[著者] ...
閲覧 Yasuo Shinohara, Makio Kamida, Naoshi Yamazaki and Hiroshi Terada : Isolation and characterization of cDNA clones and a genomic clone encoding rat mitochondrial adenine nucleotide translocator., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1152, No.1, 192-196, 1993..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Hori, Hideko Nagasawa and Hiroshi Terada : Advances in Environmental Sciences and Technology: Oxidants in the Environment (Edited by J.O.Nriagu), --- Effects of Oxygen Radicals From Hypoxic Cell Radiosensitizers and related Anticancer Drugs on the Biological Environment ---, John Wiley & Sons, Inc., (都市), (month)1994..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織に特異的なタンパク質をコードする遺伝子の解析, 日本薬学会 114年会, (巻), (号), (頁), 1994年3月..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Hori, Hideko Nagasawa and Hiroshi Terada : Environmental Oxidants, John Wiley & Sons, Inc., (都市), Sep. 1994..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 堀 均, 寺田 弘 : 大環状化合物Brefeldin Aにおける分子の動的構造の解析, 第22回構造活性相関シンポジウム, 1994年11月..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Terada, Satoru GOTO, Hitoshi Hori and Zenei Taira : Structural requirements of leukotriene antagonists, Elsevier, Amsterdam, Jan. 1995..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Terada, Satoru GOTO, Hitoshi Hori and Zenei Taira : QSAR and Drug Design: New Developments and Applications, (Pharmacochemistry Library Vol. 23) (Edited by T. Fujita), --- Structural Requirements of Leukotriene Antagonists ---, Elsevier Science Publishers, Amsterdam, Jan. 1995..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 島 厚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織に特異的なタンパク質をコードするcDNAの単離と構造解析, 日本薬学会 第115年会, (巻), (号), (頁), 1995年3月..[著者] ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara, Atsushi Shima and Hiroshi Terada : High expression of a novel carnitine palmitoyltransferase I like protein in rat brown adipose tissue and heart: isolation and characterization of its cDNA clone., FEBS Letters, Vol.363, No.1-2, 41-45, 1995..[著者] ...
閲覧 Eiji Majima, Satoru GOTO, Hitoshi Hori, Yasuo Shinohara, Yeong-Man Hong and Hiroshi Terada : Stablilities of the fluorescent SH-reagent eosin-5-maleimide and its adducts with sulfhydryl compounds, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1243, No.3, 336-342, 1995..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 島 厚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織に特異的なタンパク質をコードするcDNAの単離と構造解析, 第68会日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 1995年9月..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : ミトコンドリア輸送タンパクスーパーファミリー, 生体の科学, Vol.46, No.5, 605-607, 1995年10月..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 山中 靖久, 篠原 康雄, 島 厚志, 寺田 弘 : ヒト筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードするcDNAの単離と構造解析, 日本薬学会 第116年会, (巻), (号), (頁), 1996年3月..[著者] ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara, Atsushi Shima, Yasuhisa Yamanaka and Hiroshi Terada : Isolation and characterization of cDNA and genomic clones encoding human muscle type carnitine palmitoyltransferase I., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.1307, No.2, 157-161, 1996..[著者] ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Isolation and characterization of cDNA and genomic clones encoding human muscle type carnitine palmitoyltransferase I, 12th International Symposium of Federation of Asian and Oceanian Biochemists and Molecular Biologist, (巻), (号), (頁), Tokushima, July 1996..[著者] ...
閲覧 大黒 多希子, 篠原 康雄, 島 厚志, 山﨑 尚志, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織と白色脂肪組織におけるエネルギー代謝機構の相違, 第69回日本生化学会・第19回日本分子生物学会年会合同年会, (巻), (号), (頁), 1996年8月..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 山中 靖久, 橋本 良子, 篠原 康雄, 島 厚志, 寺田 弘 : ヒト筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードする遺伝子の単離と構造解析, 第69回日本生化学会・第19回日本分子生物学会年会合同年会, (巻), (号), (頁), 1996年8月..[著者] ...
閲覧 山中 靖久, 橋本 良子, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : ヒトの筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードする遺伝子の単離と構造解析, 日本薬学会 第117年会, (巻), (号), (頁), 1997年3月..[著者] ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Yasuhisa Yamanaka, Yoshiko Hashimoto, Yasuo Shinohara, Atsushi Shima and Hiroshi Terada : Structural features of the gene encoding human muscle type carnitine palmitoyltransferase I., FEBS Letters, Vol.409, No.3, 401-406, 1997..[著者] ...
閲覧 Takiko Daikoku, Yasuo Shinohara, Atsushi Shima, Naoshi Yamazaki and Hiroshi Terada : Dramatic enhancement of the specific expression of the heart-type fatty acid binding protein in rat brown adipose tissue by cold exposure., FEBS Letters, Vol.410, No.2-3, 383-386, 1997..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 山中 靖久, 橋本 良子, 篠原 康雄, 島 厚志, 寺田 弘 : ヒトの筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードする遺伝子とその上流領域の構造解析, 第70回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 1997年9月..[著者] ...
閲覧 大黒 多希子, 篠原 康雄, 島 厚志, 山﨑 尚志, 寺田 弘 : 寒冷条件下で誘発される褐色脂肪細胞における筋型脂肪酸結合タンパク質の特異的転写レベルの亢進, 第70回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 1997年9月..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 小田 早苗, 寺田 弘, 堀 均 : 大環状化合物の動的な構造類似性解析と定量的構造活性相関への応用, 第25回構造活性相関シンポジウム, 1997年11月..[著者] ...
閲覧 橋本 良子, 山﨑 尚志, 寺田 弘 : 筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠ遺伝子の構造解析, 第36回日本薬学会・日本病院薬剤師会学術大会 中国四国支部大会, (巻), (号), (頁), 1997年11月..[著者] ...
閲覧 Satoru GOTO and Hiroshi Terada : Active conformation analyses for the bioactive macrocycles, The 3rd Australia/Japan Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Naruto, Jan. 1998..[著者] ...
閲覧 Yasuo Shinohara, Kenji Yamamoto, Katsuyuki Inoo, Naoshi Yamazaki and Hiroshi Terada : Quantitative determinations of the steady state transcript levels of hexokinase isozymes and glucose transporter isoforms in normal rat tissues and the malignant tumor cell line AH130., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1368, No.1, 129-136, 1998..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 平松 隆之, 篠原 康雄, 寺田 弘 : マウス筋型carnitine palmitoyltransferase IをコードするcDNAおよびゲノムDNAの単離と構造解析, 日本薬学会 第118年会, (巻), (号), (頁), 1998年3月..[著者] ...
閲覧 橋本 良子, 山﨑 尚志, 平松 隆之, 山中 靖久, 寺田 弘 : 筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードする遺伝子の上流領域の構造解析, 日本薬学会 第118年会, (巻), (号), (頁), 1998年3月..[著者] ...
閲覧 大黒 多希子, 佐野 友香, 山﨑 尚志, 島 厚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織においてUCPと協調的に発現するH-FABP, 日本薬学会 第118年会, (巻), (号), (頁), 1998年3月..[著者] ...
閲覧 Satoru GOTO, Kai-Xian Chen, Sanae Oda, Hitoshi Hori and Hiroshi Terada : Dynamic Structural Features of Macrocyclic Cytochalasin Analogues Responsible for Their Hexose Transport Inhibition, Journal of the American Chemical Society, Vol.120, No.10, 2457-2463, 1998..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 寺田 弘 : CytochalasinsのConformation解析を利用した活性配座の推定, 1998計算化学討論会, (巻), (号), (頁), 1998年5月..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 安部 一豊, 小暮 健太朗, 赤須 通範, 寺田 弘 : Cepharanthineおよびその誘導体のラジカル消去活性発現における動的構造の影響, 第24回アルカロイド討論会, (巻), (号), (頁), 1998年6月..[著者] ...
閲覧 大黒 多希子, 篠原 康雄, 山﨑 尚志, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織で営まれているエネルギー代謝系のキャラクタリゼーション, 第3回 アディポサイエンス研究会, (巻), (号), (頁), 1998年8月..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 平松 隆之, 中村 香織, 篠原 康雄, 寺田 弘 : ヒト,ラット,マウスの筋型carnitine palmitoyltransferase Iをコードする遺伝子の上流領域の構造的特徴, 第71回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 1998年10月..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 寺田 弘 : コンフォメーションの溶液平衡を考慮したKarplus式によるNMR結合定数の予測, 第21回情報化学討論会, (巻), (号), (頁), 1998年11月..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 小暮 健太朗, 安部 一豊, 赤須 通範, 寺田 弘 : 大環状Bis-benzylisoquinoline誘導体の動的構造の解析とラジカル消去活性, 第26回構造活性相関シンポジウム, (巻), (号), (頁), 1998年11月..[著者] ...
閲覧 Kentaro Kogure, Satoru GOTO, Kazutoyo Abe, Chie Ohiwa, Michinori Akasu and Hiroshi Terada : Potent anti-peroxidation activity of the bisbenzylisoquinoline alkaloid cepharanthine: The amine moiety is responsible for its pH-dependent radical scavenge activity, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1426, No.1, 133-142, 1999..[著者] ...
閲覧 Mitsuru Hashimoto, Yasuo Shinohara, Eiji Majima, Takashi Hatanaka, Naoshi Yamazaki and Hiroshi Terada : Expression of the bovine heart mitochondrial ADP/ATP carrier in yeast mitochondria: significantly enhanced expression by replacement of the N-terminal region of the bovine carrier by the corresponding regions of the yeast carriers., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1409, No.3, 113-124, 1999..[著者] ...
閲覧 Mitsuru Hashimoto, Eiji Majima, Satoru GOTO, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Fluctuation of the first loop facing the matrix of the mitochondrial ADP/ATP carrier deducing from intermolecular cross-linking of Cys56 residues by bi-functional dimaleimides, Biochemistry, Vol.38, No.3, 1050-1056, 1999..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 小暮 健太朗, 中馬 寛, 寺田 弘, 赤須 通範 : 大環状 tetrahydroisoquinoline誘導体の構造とラジカル消去活性の相関, 日本薬学会第119大会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[著者] ...
閲覧 西村 美紀, 小暮 健太朗, 後藤 了, 寺田 弘 : 辛味成分Capsaicinの抗酸化作用機構, 日本薬学会119年会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 中村 香織, 平松 隆之, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 上流に位置する遺伝子中にoverlapして存在するヒト筋型carnitine palmitoyltransferase I遺伝子エクソンの存在意義, 日本薬学会 第119年会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[著者] ...
閲覧 佐野 友香, 大黒 多希子, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 心筋型脂肪酸結合タンパク質の遺伝子構造と転写調節機構, 日本薬学会 第119年会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[著者] ...
閲覧 大黒 多希子, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織でのエネルギー代謝に関わるタンパク質の発現, 日本薬学会 第119年会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 中馬 寛, 真島 英司, 寺田 弘 : トランスポーターを介する物質輸送機構:ループの協調スウィングによるミトコンドリアATP/ADP輸送担体の機能発現, 第15回日本DDS学会, 1999年7月..[著者] ...
閲覧 西村 美紀, 小暮 健太朗, 後藤 了, 寺田 弘 : 辛味成分Capsaicinの膜系における抗酸化活性について, 第72回日本生化学会, (巻), (号), (頁), 1999年9月..[著者] ...
閲覧 西村 美紀, 小暮 健太朗, 後藤 了, 寺田 弘 : Capsaicinの特徴的な抗酸化作用への膜物性変化の関与, 第38回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 1999年10月..[著者] ...
閲覧 平松 隆之, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードする遺伝子の上流領域の構造解析, 第72回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 1999年10月..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 新藤 雅之, 梶本 和昭, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 上流に位置する遺伝子中にoverlapして存在するヒト筋型carnitine palmitoyltransferase I遺伝子, 第72回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 1999年10月..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 三浦 美由紀, 枡田 恭子, 中馬 寛, 寺田 弘 : 表面プラズモン共鳴センサーを用いた糖結合タンパク質の結合活性の解析, 第27回構造活性相関シンポジウム, 1999年11月..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 清 邦明, 吉田 千代美, 中馬 寛, 堀 均, 寺田 弘 : 赤血球グルコース透過担体阻害剤の構造活性相関, メディシナルケミストリシンポジウム, 1999年11月..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 寺田 弘 : 電気泳動法, 株式会社 廣川書店, 東京, 2000年1月..[著者] ...
閲覧 Satoru GOTO, Kyoko Masuda, Hiroshi Chuman and Hiroshi Terada : Experimental receptor mapping for the sugar binding site of concanavalin A with a surface plasmon resonance sensor, Pacifichem2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Society, Honolulu, Jan. 2000..[著者] ...
閲覧 Mitsuru Hashimoto, Eiji Majima, Takashi Hatanaka, Yasuo Shinohara, Masakatsu Onishi, Satoru GOTO and Hiroshi Terada : Irreversible extrusion of the first loop facing the matrix of he bovine mitochondrial ADP/ATP carrier by labeling the Cys56 residue with the SH-reagent methyl methanethiosulfonate, The Journal of Biochemistry, Vol.127, No.3, 443-449, 2000..[著者] ...
閲覧 Chieko Aoyama, Naoshi Yamazaki, Hiroshi Terada and Kozo Ishidate : Structure and characterization of the genes for murine choline/ethanolamine kinase isozymes alpha and beta., Journal of Lipid Research, Vol.41, No.3, 452-464, 2000..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 小暮 健太朗, 中馬 寛, 赤須 通範, 寺田 弘 : セファランチンノラジカル消去活性と化学構造のゆらぎ, 日本薬学会120年会, (巻), (号), (頁), 2000年3月..[著者] ...
閲覧 西村 美紀, 小暮 健太朗, 後藤 了, 寺田 弘 : Capsaicinの特徴的な抗酸化作用機構, 日本薬学会第120年会, (巻), (号), (頁), 2000年3月..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 新藤 雅之, 篠原 康雄, 寺田 弘 : ヒト筋型CPTIとCK/EKの2つの遺伝子領域を含んだmRNAのキャラクタリゼーション, 日本薬学会 第120年会, (巻), (号), (頁), 2000年3月..[著者] ...
閲覧 Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Uncouplers of oxidative phosphorylation in mitochondria, Marcel Dekker.Inc, New York, April 2000..[著者] ...
閲覧 Takiko Daikoku, Yasuo Shinohara, Atsushi Shima, Naoshi Yamazaki and Hiroshi Terada : Specific elevation of transcript levels of particular protein subtypes induced in brown adipose tissue by cold exposure., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1457, No.3, 263-272, 2000..[著者] ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Novel carnitine palmitoyltransferase I isoform in rat BAT, The Joint Symposium between Seoul National University and University of Tokushima on Pharmacy (10th Anniversary of Exchange Program), (巻), (号), (頁), Aug. 2000..[著者] ...
閲覧 Yasuo Shinohara, Ishida Taro and Hiroshi Terada : Why do mitochondria from tumor cells show higher capability for hexokinase binding than those from normal cells ?, 3rd Albany conference on frontiers of mitochondrial research, (巻), (号), (頁), Rensselaerville, NY, Sep. 2000..[著者] ...
閲覧 Yasuo Shinohara, Taro Ishida, Mami Hino, Naoshi Yamazaki, Yoshinobu Baba and Hiroshi Terada : Characterization of porin isoforms expressed in tumor cells., European Journal of Biochemistry, Vol.267, No.19, 6067-6073, 2000..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 増井 美由紀, 白水 真貴, 枡田 恭子, 中馬 寛, 寺田 弘 : 表面プラズモン共鳴センサーを用いたConacavalinAの単糖誘導体の分子認識の解析, 第28回構造活性相関シンポジウム, 2000年10月..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 枡田 恭子, 増井 美由紀, 白水 真貴, 中馬 寛, 寺田 弘 : 表面プラスモン共鳴センサーBiacoreによる生体高分子結合阻害剤スクリーニング法と活性開発手法の開発, 第39回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2000年10月..[著者] ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara, Kazuaki Kajimoto, Masayuki Shindou and Hiroshi Terada : Novel expression of equivocal messages containing both regions of choline/ethanolamine kinase and muscle type carnitine palmitoyltransferase I., The Journal of Biological Chemistry, Vol.275, No.41, 31739-31746, 2000..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 増井 美由紀, 白水 真貴, 枡田 恭子, 中馬 寛, 寺田 弘 : 表面プラスモン共鳴センサーを用いたConcanavalin Aの単糖誘導体分子認識の解析, 第28回構造活性相関シンポジウム, 2000年11月..[著者] ...
閲覧 木平 孝高, 畑中 貴, 真島 英司, 篠原 康雄, 寺田 弘 : ミトコンドリアADP/ATP透過担体の部位特異的化学修飾による細胞質側領域の解析, 第74回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 小暮 健太朗, 中馬 寛, 赤須 通範, 寺田 弘 : 柔らかいCepharanthineと堅いTetrandrineのラジカル消去活性, 日本薬学会第121年会, (巻), (号), (頁), 2001年3月..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 梶本 和昭, 大黒 多希子, 濱田 祐二, 日野 真美, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織に優位に発現している新規cDNAクローンの解析, 日本薬学会 第121年会, (巻), (号), (頁), 2001年3月..[著者] ...
閲覧 梶本 和昭, 大黒 多希子, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : イソクエン酸脱水素酵素の褐色脂肪組織におけるドミナントな発現, 日本薬学会 第121年会, (巻), (号), (頁), 2001年3月..[著者] ...
閲覧 Yasuo Shinohara, Takiko Daikoku, Kazuaki Kajimoto, Atsushi Shima, Naoshi Yamazaki and Hiroshi Terada : Expression of NAD(+)-dependent isocitrate dehydrogenase in brown adipose tissue., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.281, No.3, 634-638, 2001..[著者] ...
閲覧 石田 寿昌, 石野 良純, 長宗 秀明, 岡本 敬の介, 梶本 和昭, 加藤 郁之進, 金保 安則, 河野 通明, 小池 晴彦, 佐藤 真悟, 鮫島 勇次, 篠原 康雄, 辻 明彦, 寺田 弘, 富田 基郎, 友尾 幸司, 野沢 義則, 野元 裕, 濱崎 直孝, 日野 真美, 平松 宏一, 藤井 敏, 藤井 儀夫, 洪 英満, 松田 佳子, 森 秀治, 山崎 尚志, 山本 格, 若原 章男 : タンパク質と核酸の分離精製, 株式会社 廣川書店, 東京, 2001年6月..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 寺田 弘 : タンパク質と核酸の分離精製(寺田弘 編集), --- 13.cDNAの特殊なクローニング法 ---, 株式会社 廣川書店, 東京, 2001年6月..[著者] ...
閲覧 Satoru GOTO, Kentaro Kogure, Kazutoyo Abe, Yukari Kimata, Katsuhiro Kitahama, Eiji Yamashita and Hiroshi Terada : Efficient radical trapping at the surface and inside the phospholipid membrane is responsible for highly potent antiperoxidative activity of the carotenoid astaxanthin, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1512, No.2, 251-258, 2001..[著者] ...
閲覧 Takashi Hatanaka, Yoshitaka Kihira, Yasuo Shinohara, Eiji Majima and Hiroshi Terada : Characterization of loops of the yeast mitochondrial ADP/ATP carrier facing the cytosol by site-directed mutagenesis, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.286, No.5, 936, 2001..[著者] ...
閲覧 谷田 佳代, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 哺乳類のミトコンドリアに発現したADP/ATP透過担体の構造特性, 第74回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2001年10月..[著者] ...
閲覧 梶本 和昭, 大黒 多希子, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織におけるイソクエン酸脱水素酵素の転写レベルの解析, 第74回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2001年10月..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 日野 真美, 山本 武範, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 上流に位置する遺伝子領域を介した筋型carnitine palmitoyltransferase I遺伝子の転写調節, 第74回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2001年10月..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 小暮 健太朗, 安部 一豊, 堀 均, 中馬 寛, 赤須 通範, 寺田 弘 : Cepharanthineの立体構造と非Phenol型Radical消去活性, 第29回構造活性相関シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2001年11月..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : ミトコンドリア学(内海耕造・井上正康 監修), --- 1.11 ミトコンドリア溶質輸送担体 ---, 共立出版株式会社, 東京, 2001年11月..[著者] ...
閲覧 篠原 康雄, 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 寺田 弘 : ミトコンドリア学(内海耕造・井上正康 監修), --- 3.14 褐色脂肪細胞のミトコンドリア ---, 共立出版株式会社, 東京, 2001年11月..[著者] ...
閲覧 梶本 和昭, 篠原 康雄, 大黒 多希子, 島 厚志, 山﨑 尚志, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織における心筋型脂肪酸結合タンパク質の発現とその転写調節機構, 第23回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2001年11月..[著者] ...
閲覧 山内 あい子, 石井 真吾, 木原 勝, 中馬 寛, 寺田 弘 : 成長型薬物催奇形性情報コミュニティの構築, 第24回情報化学討論会, (巻), (号), (頁), 2001年11月..[著者] ...
閲覧 石井 真吾, 山内 あい子, 木原 勝, 中馬 寛, 寺田 弘 : 薬物催奇形性試用データベースシステムの構築, 第24回情報化学討論会, (巻), (号), (頁), 2001年11月..[著者] ...
閲覧 Yasuo Shinohara, Kazuaki Kajimoto, Takiko Daikoku, Atsushi Shima, Naoshi Yamazaki and Hiroshi Terada : Bioenergetics in brown adipose tissue., Recent Res. Devel.Bioener., Vol.2, (号), 1-14, (month)2002..[著者] ...
閲覧 Satoru GOTO and Hiroshi Terada : Analysis of binding affinity of sugars to concanavalin A by surface plasmon resonance sensor Biacore, Spectroscopy: An International Journal, Vol.16, No.3,4, 285-288, 2002..[著者] ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara, Kayo Tanida and Hiroshi Terada : Structural properties of mammalian mitochondrial ADP/ATP carriers: identification of possible amino acids that determine functional differences in its isoforms., Mitochondrion, Vol.1, No.4, 371-379, 2002..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 山本 武範, 篠原 康雄, 寺田 弘 : ラット筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠ遺伝子の上流領域を含んだmRNAの解析, 日本薬学会 第122年会, (巻), (号), (頁), 2002年3月..[著者] ...
閲覧 木平 孝高, 橋本 満, 真島 英司, 篠原 康雄, 寺田 弘 : ミトコンドリアADP/ATP透過担体第一ループの立体構造変化に関与するアミノ酸残基, 日本薬学会第122年会, (巻), (号), (頁), 2002年3月..[著者] ...
閲覧 Satoru GOTO, Kyoko Masuda, Miyuki Miura, Keiko Kanazawa, Miki Sasaki, Miyuki Masui, Maki Shiramizu, Hiroshi Terada and Hiroshi Chuman : Quantitative estimation of interaction between carbohydrates and concanavalin A by surface plasmon resonance biosensor, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.50, No.4, 445-449, 2002..[著者] ...
閲覧 Satoru GOTO, Hiroshi Chuman, Eiji Majima and Hiroshi Terada : How does the mitochondrial ADP/ATP carrier distinguish transportable ATP and ADP from untransportable AMP and GTP? Dynamic modeling of the recognition/translocation process in the major substrate binding region, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Cell Research, Vol.1589, No.2, 203-218, 2002..[著者] ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : High Expression of a Novel Carnitine Palmitoyltransferase I in Brown Adipose Tissue and Muscle: Isolation and Characterization of its cDNA and Genomic Clones, The 9th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Seoul, May 2002..[著者] ...
閲覧 喜多 史代, 梶本 和昭, 篠原 康雄, 山﨑 尚志, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織におけるミトコンドリアタンパク質の発現量とミトコンドリア含量との相関性に関する解析, 第75回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2002年10月..[著者] ...
閲覧 久保井 覚, 鶴本 智大, 佐川 幾子, 真島 英司, 篠原 康雄, 寺田 弘 : がん細胞ミトコンドリアで発現増大するタンパク質群の解析, 第75回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2002年10月..[著者] ...
閲覧 梶本 和昭, 大黒 多希子, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織における2型イノシトール三リン酸受容体の発現, 第75回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2002年10月..[著者] ...
閲覧 三木 里美, 真島 英司, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 酸化的リン酸化能の新たなる調節部位:ヌクレオチドのリン酸キャリアーへの影響, 第75回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2002年10月..[著者] ...
閲覧 Kentaro Kogure, Satoru GOTO, Miki Nishimura, Mina Yasumoto, Kazutoyo Abe, Chie Ohiwa, Hironori Sassa, Takenori Kusumi and Hiroshi Terada : Mechanism of potent antiperoxidative effect of capsaicin, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1573, No.1, 84-92, 2002..[著者] ...
閲覧 梶本 和昭, 篠原 康雄, 大黒 多希子, 山﨑 尚志, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織に選択的に発現したメッセージの同定とそのキャラクタリゼーション, 第24回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2002年11月..[著者] ...
閲覧 篠原 康雄, MR Almofti, 市川 智一, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘 : 銀イオンによって誘導されるミトコンドリアの透過性遷移とシトクロムCの放出, 第24回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2002年11月..[著者] ...
閲覧 Kazuaki Kajimoto, Takiko Daikoku, Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Dominant Expression of NAD+-dependent Isocitrate Dehydrogenase in Brown Adipose Tissue, 42nd American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2002..[著者] ...
閲覧 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 島 厚志, 寺田 弘, 篠原 康雄, 馬場 嘉信 : 褐色脂肪組織におけるエネルギー代謝系のキャラクタリゼーション, 平成14年度産業技術総合研究所四国センターシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2002年12月..[著者] ...
閲覧 Almofti MR., Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Novel Pore Transiently Opened in the Inner Mitochondrial Membrane by Silver Ions is Associated with Release of Appotogenic Cytochrome C, 42nd American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2002..[著者] ...
閲覧 Mami Hino, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Effect of Serum on Glucose transporter and Hexokinase in Fibroblast 3Y1, 42nd American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2002..[著者] ...
閲覧 Yasuo Shinohara, MR Almofti, Taro Ishida and Hiroshi Terada : Valinomycin Induces Permeability Transition Independent Release of Mitochondrial Cytochrome C, 42nd American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2002..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 山下 菊治, 篠原 康雄, 寺田 弘 : DCCDによって誘導されるミトコンドリアの透過性遷移, 第25回 日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2002年12月..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 宗像 達夫, 永澤 秀子, 堀 均, 寺田 弘 : Conformational Scatterplot (CSP) を利用した細胞毒性に重要となる Brefeldin A誘導体の立体構造解析, 日本薬学会第123年会, 2003年3月..[著者] ...
閲覧 木平 孝高, 畑中 貴, 真島 英司, 篠原 康雄, 寺田 弘 : ADP/ATP透過担体二量体における各分子の異なる役割, 日本薬学会 第123年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月..[著者] ...
閲覧 久保井 覚, 鶴本 智大, 佐川 幾子, 真島 英司, 篠原 康雄, 寺田 弘 : がん細胞ミトコンドリアにおけるADP/ATP透過担体複合体のアイソフォーム変動, 日本薬学会 第123年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月..[著者] ...
閲覧 Kazuaki Kajimoto, Takiko Daikoku, Naoshi Yamazaki, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Expression profiles of three isoforms of inositol 1,4,5-trisphosphate receptor in brown adipose tissue of the rat., Biochemical Pharmacology, Vol.65, No.6, 995-998, 2003..[著者] ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Yasuhisa Yamanaka, Yoshiko Hashimoto, Takayuki Hiramatsu, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : The gene encoding muscle-type carnitine palmitoyltransferase I: comparison of the 5'-upstream region of human and rodent genes, The Journal of Biochemistry, Vol.133, No.4, 523-532, 2003..[著者] ...
閲覧 Kazuaki Kajimoto, Takiko Daikoku, Fumiyo Kita, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : PCR-select subtraction for characterization of messages differentially expressed in brown compared with white adipose tissue., Molecular Genetics and Metabolism, Vol.80, No.1-2, 255-261, 2003..[著者] ...
閲覧 木平 孝高, 真島 英司, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Detection of conformational change of the cytosolic first loop of mitochondrial ADP/ATP carrier using SH reagent, 第76回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2003年10月..[著者] ...
閲覧 寺内 さつき, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 : DCCD induces mitochondrial permeability transition without causing cytochrome c release, 第76回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2003年10月..[著者] ...
閲覧 立川 愛子, 市川 智一, 中川 良典, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Multiple effects of cyanine dye on the structure and function of mitochondria, 第76回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2003年10月..[著者] ...
閲覧 木平 孝高, 真島 英司, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Detection of conformational change of the cytosolic first loop of mitochondrial ADP/ATP carrier using SH reagent, 第76回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2003年10月..[著者] ...
閲覧 木平 孝高, 真島 英司, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Structural analysis of cytosoloc first loop of mitochondrial ADP/ATP carrier by using point mutations and chemical modification, 第25回 生体膜と薬物相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2003年11月..[著者] ...
閲覧 木平 孝高, 真島 英司, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Structural analysis of cytosoloc first loop of mitochondrial ADP/ATP carrier by using point mutations and chemical modification, 第25回 生体膜と薬物相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2003年11月..[著者] ...
閲覧 Kazuaki Kajimoto, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Identification of possible protein machinery involved in the thermogenic function of brown adipose tissue., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.1-2, 20-28, Feb. 2004..[著者] ...
閲覧 嶋林 三郎, 井上 正敏, 寺田 弘 : 製剤物理化学(第8刷), 株式会社 廣川書店, 東京, 2004年2月..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 寺田 弘 : パーコレーションクラスターを応用した環構造化合物の動的構造の解析, 日本薬学会第124年会要旨集, (巻), (号), (頁), 2004年3月..[著者] ...
閲覧 梶本 和昭, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 脂肪蓄積の制御におけるミトコンドリアからのクエン酸輸送の役割, 日本薬学会第124年会要旨集, (巻), (号), (頁), 2004年3月..[著者] ...
閲覧 喜多 史代, 梶本 和昭, 寺田 弘, 篠原 康雄 : UCP1の機能を制御するプリンヌクレオチドの定量的評価, 日本薬学会第124年会要旨集, (巻), (号), (頁), 2004年3月..[著者] ...
閲覧 Kazuaki Kajimoto, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : The role of citrate transport from mitochondria in the regulation of fat accumulation, Pharmaceutical sciences world congress(PSWC2004), (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2004..[著者] ...
閲覧 Yoshitaka Kihira, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Twist of second transmembrane alpha-helix of mitochondrial ADP/ATP carrier, Pharmaceutical sciences world congress(PSWC2004), (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2004..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Satsuki Terauchi, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : DCCD induces mitochondrial permeability transition without causing cytochrome c release, Pharmaceutical sciences world congress(PSWC2004), (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2004..[著者] ...
閲覧 Yoshitaka Kihira, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Twist of second transmembrane alpha-helix of mitochondrial ADP/ATP carrier, Pharmaceutical sciences world congress(PSWC2004), (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2004..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 小松 和志, 宗像 達夫, 堀 均, 寺田 弘 : 分子の動きは超空間における「ヒモ」である: コンフォメーション空間多様体のパーコレーション解析, 分子構造総合討論会2004, 2004年9月..[著者] ...
閲覧 岩橋 晶洋, 木平 孝高, 真島 英司, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Structural characterization of the cytosolic second loop of mitochondrial ADP/ATP carrier by site directed mutagenesis, 第77回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2004年10月..[著者] ...
閲覧 寺内 さつき, 立川 愛子, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 透過性遷移に伴うミトコンドリア内膜における構造変化の免疫電子顕微鏡を用いた解析, ファーマバイオフォーラム2004, (巻), (号), (頁), 2004年11月..[著者] ...
閲覧 Yoshitaka Kihira, Akihiro Iwahashi, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Twisting of the second transmembrane a-helix of the mitochondrial ADP/ATP carrier during the transition between two carrier conformational states, Biochemistry, Vol.43, No.48, 15204-15209, 2004..[著者] ...
閲覧 Yoshitaka Kihira, Eiji Majima, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Cysteine labeling studies detect conformational changes in region 106-132 of the mitochondrial ADP/ATP carrier of Saccharomyces cerevisiae, Biochemistry, Vol.44, No.1, 184-192, 2005..[著者] ...
閲覧 後藤 了, 小松 和志, 永澤 秀子, 藤田 智也, 中山 真一, 堀 均, 寺田 弘 : パーコレーションクラスターを応用した環構造化合物の動的構造の解析, 日本薬学会第125年会, 2005年3月..[著者] ...
閲覧 Kazuaki Kajimoto, Hiroshi Terada, Yoshinobu Baba and Yasuo Shinohara : Essential role of citrate export from mitochondria at early differentiation stage of 3T3-L1 cells for their effective differentiation into fat cells, as revealed by studies using specific inhibitors of mitochondrial di- and tricarbodylate carriers, Molecular Genetics and Metabolism, Vol.85, No.1, 46-53, 2005..[著者] ...
閲覧 渡邊 政博, 山本 武範, 喜多 史代, 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 寺田 弘, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : 褐色脂肪組織の機能亢進に伴う遺伝子発現変動のマイクロアレイ解析, 第6回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 寺内 さつき, 立川 愛子, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 透過性遷移に伴うミトコンドリア内膜における構造変化の免疫電子顕微鏡を用いた解析, 第6回 長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 Satsuki Terauchi, Takenori Yamamoto, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Molecular basis of morphological changes in mitochondrial membrane accompanying induction of permeability transition, as revealed by immuno-electron microscopy., Mitochondrion, Vol.5, No.4, 248-254, 2005..[著者] ...
閲覧 Mami Hino, Mutsumi Oda, Aya Yoshida, Kazue Nakata, Chie Kochi, Takashi Nishizawa, Hiroyuki Inagawa, Hitoshi Hori, Kimiko Makino, Hiroshi Terada and Genichiro Soma : Establishment of an in vitro model using NR8383 cells and mycobacterium bovis calmette-guerin that mimics a chronic infection of mycobacterium tuberculosis., In Vivo, Vol.19, No.5, 821-830, 2005..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Satsuki Terauchi, Aiko Tachikawa, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Two critical factors affecting the release of mitochondrial cytochrome c as revealed by studies using N, N'-dicyclohexylcarbodiimide as an atypical inducer of permeability transition, Journal of Bioenergetics and Biomembranes, Vol.37, No.5, 299-306, 2005..[著者] ...
閲覧 山﨑 尚志, 今村 早喜, 佐藤 裕一, 山本 武範, 篠原 康雄, 寺田 弘 : Characterization of Novel cDNA from Rat Brown Adipose Tissue: It Codes a Protein Containing Dbl Homology, Bin/Amphiphysin/Rvs and Src Homology 3 Domains, 第78回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 渡邊 政博, 山本 武範, 喜多 史代, 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 寺田 弘, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : 褐色脂肪組織の機能亢進に伴う遺伝子発現変動のマイクロアレイ解析, 第26回日本肥満学会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 山田 安希子, 山本 武範, 片岡 正俊, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Permeability transition induced in yeast mitochondria also causes release of cytochrome c from mitochondria, 第78回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 吉村 好之, 山内 卓, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Expression profiling of VDAC isoforms in rat liver mitochondria, 第78回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 Mami Hino, Chie Kohchi, Takashi Nishizawa, Aya Yoshida, Kazue Nakata, Hiroyuki Inagawa, Hitoshi Hori, Kimiko Makino, Hiroshi Terada and Genichiro Soma : Innate-immune Therapy for Lung Carcinoma Based on Tissue-macrophage Activation with lipopolysaccharide, Anticancer Research, Vol.25, No.6A, 3747-3754, 2005..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 山田 安希子, 吉村 勇哉, 山下 菊治, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Caイオンによって誘導される酵母ミトコンドリアの透過性遷移とシトクロムc放出, 第27回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年11月..[著者] ...
閲覧 木平 孝高, 寺田 弘, 上野 雅晴 : Structural Features of the Cytosolic First Loop of the Mitochondrial ADP/ATP carrier, 第27回 生体膜と薬物相互作用シンポジウム, 2005年11月..[著者] ...
閲覧 Akihiro Iwahashi, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Structural Change of the Cytosolic Second Loop of Mitochondrial ADP/ATP Carrier Revealed by Cysteine-scanning Mutagenesis, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2005..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Induction of Permeability Transition in Yeast Mitochondria Causes Release of Mitochondrial Cytochrome c, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2005..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Satsuki Terauchi, Aiko Tachikawa, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Two Critical Factors Affecting the Release of Mitochondrial Cytochrome c as Revealed by Studies Using N,N'-Dicyclohexylcarbodiimide as an Inducer of Permeability Transition, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2005..[著者] ...
閲覧 Yoshitaka Kihira, Mitsuru Hashimoto, Yasuo Shinohara, Eiji Majima and Hiroshi Terada : Roles of adjoining Asp and Cys residues of first matrix-facing loop in transport activity of yeast and bovine mitochondrial ADP/ATP carriers, The Journal of Biochemistry, Vol.139, No.3, 575-582, 2006..[著者] ...
閲覧 木平 孝高, 山本 恭平, 寺田 弘, 上野 雅晴 : ウシ,酵母ミトコンドリアADP/ATP透過担体間の機能差に関わる領域, 日本薬学会 第126年会, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Two critical factors affecting the release of mitochondrial cytochrome c as revealed by studies using N,N'-dicyclohexylcarbodiimide as an inducer of permeability transition, The 11th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Cheju, May 2006..[著者] ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Saki Imamura, Hirokazu Sato, Arisa Hironaga, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : cDNA from Rat Brown Adipose Tissue Codes a Novel Protein Containing DH, BAR, and SH3 Domains, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2006..[著者] ...
閲覧 Akihiro Iwahashi, Yoshitaka Kihira, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Dynamic conformational change of fifth transmembrane segment of yeast type 2 ADP/ATP carrier is involved in its nucleotide exchange function, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2006..[著者] ...
閲覧 Akihiro Iwahashi, Yoshitaka Kihira, Eiji Majima, Hiroshi Terada, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka and Yasuo Shinohara : The structure of the second cytosolic loop of the yeast mitochondrial ADP/ATP carrier AAC2 is dependent on the conformational state, Mitochondrion, Vol.6, No.5, 245-251, 2006..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 山田 安希子, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 吉村 好之, 山内 卓, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Expression levels of voltage-dependent anion channel (VDAC) isoforms in mitochondrial outer membrane revealed by immunological and proteomics techniques, 第28回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年11月..[著者] ...
閲覧 山田 安希子, 山本 武範, 山﨑 尚志, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Differential protein release from mitochondria induced by Ca2+ and valinomycin as revealed by immunological and proteomics techniques, 第6回ミトコンドリア学会, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Akiko Yamada, Masahiro Watanabe, Yuya Yoshimura, Naoshi Yamazaki, Yoshiyuki Yoshimura, Takashi Yamauchi, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : VDAC1, having a shorter N-terminus than VDAC2 but showing the same migration in an SDS-polyacrylamide gel, is the predominant form expressed in mitochondria of various tissues., Journal of Proteome Research, Vol.5, No.12, 3336-3344, 2006..[著者] ...
閲覧 Akihiro Iwahasi, Naoshi Yamazaki, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Structural analysis of C-terminal region of mitochondrial ADP/ATP carrier by site-directed mutagenesis and chemical modifications, Pre-Satellite Meeting of the 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC 2007) for and by Ph.D. students and postdoctoral fellows, (巻), (号), (頁), Amsterdam, April 2007..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 山田 安希子, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : シトクロムcと伴にミトコンドリアから放出されるタンパク質のプロテオーム解析, 第29回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2007年11月..[著者] ...
閲覧 石井 葵, 山本 武範, 松尾 泰佑, 山﨑 尚志, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 寒冷暴露した褐色脂肪組織におけるHFABPの免疫学的解析, 第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, (巻), (号), (頁), 2007年12月..[著者] ...
閲覧 吉村 勇哉, 山本 武範, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 呼吸基質非存在下においてミトコンドリアに誘導される透過性遷移の解析, 第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, (巻), (号), (頁), 2007年12月..[著者] ...
閲覧 中谷 極, 山本 武範, 松尾 泰佑, 山﨑 尚志, 寺田 弘, 篠原 康雄 : プロテオミクス解析による新規ミトコンドリア溶質輸送担体の探索, 第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, (巻), (号), (頁), 2007年12月..[著者] ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Taisuke Matsuo, Miho Kurata, Makiko Suzuki, Takehisa Fujiwaki, Seiji Yamaguchi, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Substitutions of Three Amino Acids in Human Heart/Muscle Type Carnitine Palmitoyltransferase I Caused by Single Nucleotide Polymorphisms, Biochemical Genetics, Vol.46, No.1-2, 54-63, 2008..[著者] ...
閲覧 Akihiro Iwahashi, Aoi Ishii, Naoshi Yamazaki, Mutsuru Hashimoto, Kazuto Okura, Masatoshi Kataoka, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Functionally important conserved length of C-terminal regions of yeast and bovine ADP/ATP carriers, identified by deletion mutants studies, and water accessibility of the amino acids at the C-terminal region of the yeast carrier., Mitochondrion, Vol.8, No.2, 196-204, 2008..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 呼吸基質非存在下でミトコンドリアに誘起される透過性遷移の解析, 日本生物物理学会 第1回中国四国支部大会, (巻), (号), (頁), 2008年5月..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Differential permeabilization effects of Ca2+ and valinomycin on the inner and outer mitochondrial membranes as revealed by proteomics analysis of proteins released from mitochondria., Molecular & Cellular Proteomics, Vol.8, No.6, 1265-1277, 2009..[著者] ...
閲覧 篠原 康雄, 橋本 満, 木平 孝高, 大倉 一人, 真島 英司, 寺田 弘 : ミトコンドリア内膜のADP/ATP透過担体のC末端領域の構造特性と機能, 日本薬学会 第129年会, (巻), (号), (頁), 2009年3月..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Yuya Yoshimura, Shunichi Gouda, Satoshi Kawashima, Naoshi Yamazaki, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Ca2+-induced permeability transition can be observed even in yeast mitochondria under optimized experimental conditions., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1787, No.12, 1486-1491, 2009..[著者] ...
閲覧 勝田 千恵, 新山 加菜美, 尾華 絵里子, 山本 武範, 松尾 泰佑, 大倉 一人, 片岡 正俊, 寺田 弘 : Specific formation of trypsin resistant micelle structure on a hydrophobic peptide observed with Triton X-100 but not with ocytlglucoside, MHS 2009, (巻), (号), (頁), 2009年11月..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 吉村 勇哉, 山田 安希子, 合田 俊一, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 呼吸基質非存在下において透過性遷移を誘起したミトコンドリアに観察される特徴的なタンパク質の放出様式, 第31回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2009年12月..[著者] ...
閲覧 篠原 康雄, 橋本 満, 木平 孝高, 大倉 一人, 真島 英司, 寺田 弘 : ミトコンドリア内膜のADP/ATP透過担体のC末端領域の構造特性と機能, 薬学雑誌, Vol.130, No.2, 199-204, 2010年2月..[著者] ...
閲覧 川島 聡, 堀内 優加, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 : ミトコンドリアの透過性遷移に対するS-15176の阻害作用, 第130回 日本薬学会, (巻), (号), (頁), 2010年3月..[著者] ...
閲覧 Taisuke Matsuo, Atsushi Yamamoto, Takenori Yamamoto, Kaoru Otsuki, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Replacement of C305 in heart/muscle-type isozyme of human carnitine palmitoyltransferase I with aspartic acid and other amino acids., Biochemical Genetics, Vol.48, No.3-4, 193-201, 2010..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 山田 安希子, 吉村 勇哉, 合田 俊一, 川島 聡, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Ca2+によって酵母ミトコンドリアに誘起される透過性遷移の解析, 第2回 日本生物物理学会 中国四国支部大会, (巻), (号), (頁), 2010年5月..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Mizuki Ohashi, Sho Mizutani, Yuuya Yoshimura, Eriko Obana, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Use of Highly Purified and Mixed Antibodies for Simultaneous Detection of Multiple Protein Species Released from Mitochondria upon Induction of the Permeability Transition., Applied Biochemistry and Biotechnology, (巻), (号), (頁), 2010..[著者] ...
閲覧 Takeuchi Ryota, Yoshihiro Uto, Nakagawa Yoshinori, Hirota Keiji, Hiroshi Terada and Hitoshi Hori : A retrospective study of a calcium agent (E-Ca) using data on bone mineral density obtained by DXA method, Anticancer Research, Vol.30, No.8, 3199-3205, 2010..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Atsushi Yamamoto, Masahiro Watanabe, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Quantitative evaluation of the effects of cold exposure of rats on the expression levels of ten FABP isoforms in brown adipose tissue., Biotechnology Letters, Vol.33, No.2, 237-242, 2010..[著者] ...
閲覧 川島 聡, 山本 武範, 堀内 優加, 藤原 健悟, 山下 菊治, 寺田 弘, 兼松 誠, 宍戸 宏造, 篠原 康雄 : S-15176 およびその誘導体がミトコンドリアの膜構造と機能に及ぼす作用, 第38 回構造活性相関シンポジウム, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 山本 将太, 竹内 亮太, 中川 美典, 廣田 慶司, 寺田 弘, 鬼塚 伸也, 中田 栄司, 堀 均 : 癌免疫療法の確立を目指したマクロファージ活性化因子(GcMAF)前駆物質GcXの創製, 第14回バイオ治療法研究会学術集会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 Yamamoto Atsushi, Takenori Yamamoto, Watanabe Masahiro, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Quantitative evaluation of the effects of cold exposure of rats on the expression levels of 10 FABP isoforms in brown adipose tissue, The Second Decennial Meeting between the University of Tokushima and Seoul National University on Pharmaceutical Sciences, Awaji, Dec. 2010..[著者] ...
閲覧 山本 将太, 宇都 義浩, 竹内 亮太, 中川 美典, 廣田 慶司, 寺田 弘, 鬼塚 伸也, 堀 均 : 二糖鎖Gcタンパク質(GcX)の調製とマクロファージ活性化能評価, 日本薬学会第131年会, 2011年3月..[著者] ...
閲覧 Satoshi Kawashima, Takenori Yamamoto, Yuka Horiuchi, Kengo Fujiwara, Shunichi Gouda, Yuya Yoshimura, Atsushi Yamamoto, Yuki Inotani, Kikuji Yamashita, Seiichiro Kitamura, Hiroshi Terada, Makoto Kanematsu, Kozo Shishido and Yasuo Shinohara : S-15176 and its methylated derivative suppress the CsA-insensitive mitochondrial permeability transition and subsequent cytochrome c release induced by silver ion, and show weak protonophoric activity., Molecular and Cellular Biochemistry, Vol.358, No.1-2, 45-51, 2011..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Syota Yamamoto, Ryota Takeuchi, Yoshinori Nakagawa, Keiji Hirota, Hiroshi Terada, Shinya Onizuka, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Effect of the Gc-derived Macrophage-activating Factor Precursor (preGcMAF) on Phagocytic Activation of Mouse Peritoneal Macrophages, Anticancer Research, Vol.31, No.7, 2489-2492, 2011..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 山本 将太, 向井 大貴, 石山 統子, 竹内 亮太, 中川 美典, 廣田 慶司, 寺田 弘, 鬼塚 伸也, 堀 均 : β-ガラクトシダーゼによる糖鎖修飾を受けた1s1sおよび22型Gcグロブリンのマクロファージ活性化能の評価, 第15回バイオ治療法研究会学術集会, 2011年12月..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Akiko Yamada, Yuya Yoshimura, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : The mechanisms of the release of cytochrome C from mitochondria revealed by proteomics analysis., Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Vol.132, No.10, 1099-1104, (month)2012..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 山田 安希子, Yuya Yoshimura, 寺田 弘, 篠原 康雄 : プロテオミクスで解き明かすミトコンドリアからのシトクロムc放出機構, 日本薬学会第132年会, (巻), (号), (頁), 2012年3月..[著者] ...
閲覧 向井 大貴, 石山 統子, 宇都 義浩, 山本 将太, 竹内 亮太, 中川 美典, 廣田 慶司, 寺田 弘, 鬼塚 伸也, 堀 均 : 1s1sおよび22型Gc proteinの脱ガラクトース体におけるマクロファージ活性化能の評価, 日本薬学会第132年会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Syota Yamamoto, Hirotaka Mukai, Noriko Ishiyama, Ryota Takeuchi, Yoshinori Nakagawa, Keiji Hirota, Hiroshi Terada, Shinya Onizuka and Hitoshi Hori : Beta-Galactosidase treatment is a common first-stage modification of the three major subtypes of Gc protein to GcMAF, Anticancer Research, Vol.32, No.6, 2359-2364, 2012..[著者] ...
閲覧 山本 武範, Yusuke Ido, Yumiko Nakano, Mayu Kawano, 寺田 弘, Hideyoshi Harashima, 篠原 康雄 : 抗原抗体反応とプロテオミクスを用いたミトコンドリア外膜に存在するVDACアイソフォームの発現プロファイル解析, 日本DDS学会, (巻), (号), (頁), 2012年7月..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 吉村 勇哉, 山本 篤司, 懸山 啓太, 山田 安希子, 寺田 弘, 原島 秀吉, 篠原 康雄 : ミトコンドリアからのapoptosis-inducing factor (AIF)の漏出を促進する因子の同定と漏出したAIFの分子構造解析, 日本薬学会第133年会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 伊藤 美香, 山本 武範, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Mastoparanとその誘導体がミトコンドリアに及ぼす作用の解析, 日本薬学会第133年会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Haruna Tamaki, Chie Katsuda, Kiwami Nakatani, Satsuki Terauchi, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Molecular basis of interactions between mitochondrial proteins and hydroxyapatite in the presence of Triton X-100, as revealed by proteomic and recombinant techniques., Journal of Chromatography. A, Vol.1301, 169-178, 2013..[著者] ...
閲覧 Keiji Hirota, Yoshinori Nakagawa, Ryota Takeuchi, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Shinya Onizuka and Hiroshi Terada : Antitumor Effect of Degalactosylated Gc-Globulin on Orthotopic Grafted Lung Cancer in Mice, Anticancer Research, Vol.33, No.7, 2911-2915, 2013..[著者] ...
閲覧 原田 一樹, 猪谷 祐貴, 菅原 亮平, 塩月 孝博, 三芳 秀人, 橋本 満, 寺田 弘, 山本 武範, 篠原 康雄 : 酵母ミトコンドリアにおける昆虫のADP/ATP carrierの機能的発現, 第86回生化学会大会, 2P-158, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 玉置 春菜, 山本 武範, 勝田 千恵, 寺田 弘, 篠原 康雄 : ミトコンドリアタンパク質とハイドロキシアパタイトの相互作用の分子論, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 24, 2013年10月..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, ryota Takeuchi, Yoshinori Nakagawa, Keiji Hirota, Hiroshi Terada, Shinya Onizuka, Kentaro Kubo, Daisuke Kuchiike, Mette Martin, Toshio Inui, Yoshio Endo and Hitoshi Hori : Development of Immunomodulatory Cancer Therapy Based on Gc protein-derived Macrophage Activating Factor (GcMAF), 7th International Symposium on Nanomedicine, (巻), (号), (頁), Nov. 2013..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 吉村 勇哉, 山本 篤司, 山田 安希子, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 透過性遷移を誘起したミトコンドリアからのApoptosis-inducing factor(AIF)の漏出機構, 第35回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 60, 2013年11月..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Mika Ito, Keita Kageyama, Kana Kuwahara, Kikuji Yamashita, Yoshiharu Takiguchi, Seiichiro Kitamura, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Mastoparan peptide causes mitochondrial permeability transition not by interacting with specific membrane proteins but by interacting with the phospholipid phase., The FEBS Journal, Vol.281, No.17, 3933-3944, 2014..[著者] ...
閲覧 伊藤 美香, 山本 武範, 懸山 啓太, 桑原 かな, 山下 菊治, 滝口 祥令, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Mastoparanはミトコンドリアのリン脂質膜に作用して透過性遷移を誘導する, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Ito Mika, Kageyama Keita, Kuwahara Kana, Kikuji Yamashita, Yoshiharu Takiguchi, Seiichiro Kitamura, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Mastoparan causes mitochondrial permeability transition not by interacting with specific proteins, but by interacting with the phospholipid phase, The American Society for Cell Biology 2014, Philadelphia, Dec. 2014..[著者] ...
閲覧 島 佐和子, 山本 武範, 榎本 麻里子, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄, 滝口 祥令 : デカリニウムはミトコンドリアに透過性遷移を誘起する, 日本薬学会年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 原田 一樹, 猪谷 祐貴, 菅原 亮平, 塩月 孝博, 三芳 秀人, 橋本 満, 真島 英司, 寺田 弘, 山本 武範, 篠原 康雄 : 昆虫ミトコンドリアのADP/ATP carrier の酵母における機能的発現, 日本薬学会年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 玉置 春菜, 勝田 千恵, 中谷 極, 寺内 さつき, 寺田 弘, 篠原 康雄 : ヒドロキシアパタイトによるミトコンドリアタンパク質分離の分子論, 第28回バイオメディカル分析科学シンポジウム, 2015年8月..[著者] ...
閲覧 山本 篤司, 奥田 勝博, 安部 真人, 松本 健司, Takenori Yamamoto, Kazuto Ohkura, Hiroshi Terada, Mitsuru Shindo and Yasuo Shinohara : Inhibitory effects of the bongkrekic acid analogues on the mitochondrial ADP/ATP carrier, 第43回構造活性相関シンポジウム, Sep. 2015..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 山越 亮平, 原田 一樹, 河野 麻由, 桑原 かな, 南 尚希, 山田 安希子, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 酵母を使ったミトコンドリアのカルシウム取込みにおけるEMRE の機能解析, 第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 山越 亮平, 山本 武範, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 哺乳類ミトコンドリアのリン酸輸送担体の酵母での機能的発現, 第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Ryohei Yamagoshi, Kazuki Harada, Mayu Kawano, Naoki Minami, Yusuke Ido, Kana Kuwahara, Atsushi Fujita, Mizune Ozono, Akira Watanabe, Akiko Yamada, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Analysis of the structure and function of EMRE in a yeast expression system., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1857, No.6, 831-839, 2016..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 山越 亮平, 原田 一樹, 河野 麻由, 桑原 かな, 南 尚希, 山田 安希子, 寺田 弘, 篠原 康雄 : ミトコンドリアのカルシウムイオンチャネル複合体におけるEMREの機能解析, 日本薬学会年会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 角田 萌, 山本 武範, 小武 和正, 伊藤 美香, 寺田 弘, 篠原 康雄 : ポリエチレンイミンによるミトコンドリアからのシトクロム c 漏出機構に関する研究, 日本薬学会第136年会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 角田 萌, 山本 武範, 小武 和正, 伊藤 美香, 寺田 弘, 篠原 康雄 : ポリエチレンイミンはミトコンドリア膜の酸性リン脂質に作用して シトクロムc漏出を誘起する, 第8回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2016年5月..[著者] ...
閲覧 安井 春香, 山本 武範, 山越 亮平, 寺田 弘, 篠原 康雄 : ミトコンドリアカルシウムチャネルの ルテニウムレッド感受性に関与するアミノ酸残基の同定, 第8回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2016年5月..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Yamagoshi Ryohei, Harada Kazuki, Kawano Mayu, Minami Naoki, Ido Yusuke, Ozono Mizune, Watanabe Akira, Akiko Yamada, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Analysis of the Structure and Function of EMRE in Mitochondrial Calcium Channel using a Yeast Expression System, European Bioenergetics Conference 2016, Riva del Garda, July 2016..[著者] ...
閲覧 大園 瑞音, 山本 武範, 山越 亮平, 山田 安希子, 廣島 佑香, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 酵母再構成系を用いたミトコンドリアカルシウムユニポーター(MCU)の構造機能解析, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 大和 永奈, 山越 亮平, 山本 武範, 廣島 佑香, 三芳 秀人, 新藤 充, 寺田 弘, 篠原 康雄 : ミトコンドリアのADP/ATP輸送体はボンクレキン酸とどのように相互作用しているのか, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 Ryohei Yamagoshi, Takenori Yamamoto, Mitsuru Hashimoto, Ryohei Sugahara, Takahiro Shiotsuki, Hideto Miyoshi, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Identification of amino acid residues of mammalian mitochondrial phosphate carrier important for its functional expression in yeast cells, as achieved by PCR-mediated random mutation and gap-repair cloning., Mitochondrion, Vol.32, 1-9, 2016..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 大園 瑞音, 山越 亮平, 山田 安希子, 廣島 佑香, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 酵母再構成系を用いたミトコンドリアカルシウムユニポーターの 構造機能解析, 第38回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 Yamagoshi Ryohei, Takenori Yamamoto, Mitsuru Hashimoto, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Functional expression of mammalian mitochondrial phosphate carrier in yeast cells, The American Society for Cell Biology 2016, 62, San Francisco, Dec. 2016..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 大園 瑞音, 山越 亮平, 山田 安希子, 廣島 佑香, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 酵母発現系によるミトコンドリアカルシウムユニポーター(MCU)の構造機能解析, 日本薬学会年会, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 大園 瑞音, 山本 武範, 渡辺 朗, 山田 安希子, 廣島 佑香, 寺田 弘, 篠原 康雄 : ミトコンドリアカルシウムユニポーター(MCU)の構造と機能の相関解析, 第9回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2017年5月..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Moe Tsunoda, Mizune Ozono, Akira Watanabe, Kazumasa Kotake, Yuka Hiroshima, Akiko Yamada, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Polyethyleneimine renders mitochondrial membranes permeable by interacting with negatively charged phospholipids in them, Archives of Biochemistry and Biophysics, 2018..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Mizune Ozono, Akira Watanabe, Kosuke Maeda, Atsushi Nara, Mei Hashida, Yusuke Ido, Yuka Hiroshima, Akiko Yamada, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Functional analysis of coiled-coil domains of MCU in mitochondrial calcium uptake, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, 148061, 2019..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.27, Max(EID) = 377826, Max(EOID) = 1011031.