『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 工学研究科 (〜2014年3月31日)

登録情報の数

有効な情報: 29件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 31件

全ての有効な情報 (29件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 閲覧 北海道大学 …(1)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 村上 仁士 : 次の南海地震津波による人的被害軽減対策, 平成14年度中国·四国地区国立大学大学院工学研究科 共通講義テキスト, (巻), (号), 47-55, 2002年9月..[発行所] ...
閲覧 小東 伸行, 松浦 健二, 矢野 米雄, 柳田 益造 : 非同期遠隔環境における音声利用の協調学習支援に関する研究, 情報処理学会研究報告, Vol.2003-GN-49, (号), 1-6, 2003年10月..[組織] ...
閲覧 Raymond David, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Evaluation of network perturbation influence on videoconference-based lectures and solutions to those problems, IEICE Technical Report, Vol.HCS2003-23, (号), 19-24, Nov. 2003..[組織] ...
閲覧 松岡 秀朗, 金西 計英, 光原 弘幸, 松浦 健二, 矢野 米雄 : 演習問題作成システムのための領域知識作成方法について, 教育システム情報学会研究報告, Vol.18, No.4, 49-54, 2003年11月..[組織] ...
閲覧 中村 嘉宏, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Web上での学習活動を観察可能にするWBLシステム, 教育システム情報学会研究報告, Vol.18, No.4, 55-62, 2003年11月..[組織] ...
閲覧 大内 淑代 : 全遺伝子の発現を組織切片で観察するテクノロジー, バイオテクノロジージャーナル, Vol.5, (号), 488-492, 2005年(0月)..[組織] ...
閲覧 大内 淑代 : 光受容細胞の発生進化の謎にせまる, --- 光同調をつかさどるメラノプシン ---, 蛋白質核酸酵素, Vol.50, 440-441, 2005年(0月)..[組織] ...
閲覧 大内 淑代 : 器官形成とFGF10シグナル, 細胞工学, Vol.10, (号), 1037-1040, 2005年(0月)..[組織] ...
閲覧 大内 淑代 : 網膜発生分化の分子機構, 発生システムのダイナミクス,蛋白質核酸酵素増刊, Vol.50, 692-698, 2005年(0月)..[組織] ...
閲覧 袁 飛, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : 競合的情報共有アプローチによるWeb教材オーサリングシステム, 教育システム情報学会研究報告, Vol.19, No.4, 51-56, 2005年1月..[組織] ...
閲覧 大内 淑代 : 予防医学事典(分担), --- 156. 線維芽細胞増殖因子 ---, 朝倉書店, 東京, 2005年5月..[組織] ...
閲覧 H Tao, M Shimizu, R Kusumoto, K Ono and Sumihare Noji : Roles of FGF10 in mouse eyelid development., 15th International Society of Developmental Biologists Congress, (巻), (号), (頁), Sydney, Australia, Sep. 2005..[組織] ...
閲覧 大内 淑代 : 組織修復・再生作用, --- FGFs 薬理作用と生理作用 ---, 日本臨床,臨床分子内分泌学3—甲状腺副甲状腺骨内分泌代謝系, Vol.63, No.10, 503-508, 2005年10月..[組織] ...
閲覧 Hideyo Ohuchi : Dual role of FGF10 during mouse eyelid development, 2nd International Symposium on ''Dynamics of Developmental Systems'', (頁), Kazusa, Chiba, Nov. 2005..[組織] ...
閲覧 Shiro Ayumi, Nishida Masayuki and Jing Tian : Residual stress estimation of Ti castingalloy by X-rau single crystal measurement method, The 8th International Conference on Residual e on Residual stresses, Denver, USA, (month)2008..[組織] ...
閲覧 Junko Minato, Bracewell B. David, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Japanese Emotion Corpus Analysis and its Use for Automatic Emotion Word Identification, Engineering Letters, Vol.16, No.1, 172-177, 2008..[組織] ...
閲覧 Atsushi Mori, Takamasa Kaito and Hidemitsu Furukawa : Structural anisotropy of silica hydrogels prepared under magnetic field, Materials Letters, Vol.62, No.19, 3459-3461, 2008..[組織] ...
閲覧 川端 剛史, 桐山 聰, 英 崇夫 : 放送コンテンツ制作とを通したプロジェクトマネジメントの体験,学習, 平成20年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 4-5, 2008年8月..[組織] ...
閲覧 石崎 繁利, 尾崎 純一, 英 崇夫 : 強制的な設計図交換によるものづくり教育, 平成20年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 66-67, 2008年8月..[組織] ...
閲覧 續木 章三, 英 崇夫, 日下 一也 : 視覚的理解から操作・体得理解へ-4節リンク模型を用いた「機構学」での動機付け-, 平成20年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 38-39, 2008年8月..[組織] ...
閲覧 桐山 聰, 英 崇夫 : エンジニアリングデザインに必至な能力を育成するプログラム, 平成20年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 342-343, 2008年8月..[組織] ...
閲覧 Tatsuya Matsue, Takao Hanabusa and Sakata Osami : Relaxation of residual stresses in thin films investigated using synchrotron radiation, The 8th International Conference on Residual stresses, Denver, Aug. 2008..[組織] ...
閲覧 Shiro Ayumi, Takao Hanabusa, Nishida Masayuki and Jing Tian : Residual stress estimation of Ti casting alloy by X-ray single crystal measurement method, The 8th International Conferenceon Residual Stresses, Denver, Aug. 2008..[組織] ...
閲覧 Nishida Masayuki, Shiro Ayumi, Jing Tian, Muslih Refai M. and Takao Hanabusa : Residual stress measurement of coarse crystal grain in titanium casting alloy by neutron diffraction, The 8th International Conference on Residual Stresses, Denver, Aug. 2008..[組織] ...
閲覧 Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka and Nishida Masayuki : Diffraction stress measurement on coarse graind materials, The 8th International Conference on Residual Stresses, Denver, USA, Aug. 2008..[組織] ...
閲覧 Takao Hanabusa, Tadashige Daiki and Nishida Masayuki : X-ray stress measurement of coarse grained cast Aluminum, AMDP 2008 Program & Abstract Book, 48, Beijing, Oct. 2008..[組織] ...
閲覧 Isoda Hirokazu, Kazuya Kusaka and Takao Hanabusa : Evaluation of residual stresses induced by laser peening, AMDP 2008 Program & Abstract Book, 92, Beijing, China, Oct. 2008..[組織] ...
閲覧 Shinohara Mitsuhiko, Takao Hanabusa and Kazuya Kusaka : Residual stress development in Cu thin films with and without AlN passivation by cyclic plane bending, AMDP 2008 Program & Abstract Book, 93, Beijing, China, Oct. 2008..[組織] ...
閲覧 上野 勝利 : 建設工学科における研究室配属のプロセス, 工学教育シンポジウム2013, (巻), (号), 3, 2013年3月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.26, Max(EID) = 366294, Max(EOID) = 981059.