『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.ゲノム機能研究センター (〜2008年3月31日/->組織[徳島大学.疾患プロテオゲノム研究センター])

登録情報の数

有効な情報: 257件 + 無効な情報: 25件 = 全ての情報: 282件

全ての有効な情報 (257件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(6)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(6)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Yousuke Takahama, Elizabeth W Shores and Alfred Singer : Negative selection of precursor thymocytes before their differentiation into CD4+CD8+ cells., Science, Vol.258, No.5082, 653-656, 1992..[組織] ...
閲覧 Yousuke Takahama and Alfred Singer : Research Article: Post-transcriptional regulation of early T cell development by T cell receptor signals., Science, Vol.258, No.5087, 1456-1462, 1992..[組織] ...
閲覧 Kentaro Kogure, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Evolution of the type II hexokinase gene by duplication and fusion of the glucokinase gene with conservation of its organization, The Journal of Biological Chemistry, Vol.268, No.12, 8422-8424, 1993..[組織] ...
閲覧 Eiji Majima, Haruhiko Koike, Yeong-Man Hong, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Characterization of cysteine residues of mitochondrial ADP/ATP carrier with the SH-reagents eosin 5-maleimide, The Journal of Biological Chemistry, Vol.268, No.29, 22181-22187, 1993..[組織] ...
閲覧 Yousuke Takahama, J. J. Letterio, H. Suzuki, G. A. Farr and A. Singer : Early progression of thymocytes along the CD4/CD8 developmental pathway is regulated by a subset of thymic epithelial cells expressing transforming growth factor β., The Journal of Experimental Medicine, Vol.179, No.5, 1495-1506, 1994..[組織] ...
閲覧 Yasuo Shinohara, Kenji Yamamoto, Kentaro Kogure, Junji Ichihara and Hiroshi Terada : Steady state transcript levels of the type II hexokinase and type 1 glucose transporter in human tumor cell line, Cancer Letters, Vol.82, No.1, 27-32, 1994..[組織] ...
閲覧 Atsushi Shima, Yasuo Shinohara, Kyoko Doi and Hiroshi Terada : Normal differentiation of rat brown adipocytes in primary cultute judged by their expressions of uncoupling protein and the physiological isoform of glucose transporters, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Cell Research, Vol.1223, No.1, 1-8, 1994..[組織] ...
閲覧 Eiji Majima, Yasuo Shinohara, Nana Yamaguchi, Yeong-Man Hong and Hiroshi Terada : Importance of loops of mitochondrial ADP/ATP carrier for its transport activity deduced from reactivities of its cysteine residues with the sulfhydryl reagent eosin-5-maleimide, Biochemistry, Vol.33, No.32, 9530-9536, 1994..[組織] ...
閲覧 Yousuke Takahama, H. Suzuki, S. K. Katz, J. M. Grusby and A. Singer : Positive selection of CD4+ T cells by TCR ligation without aggregation even in the absence of MHC., Nature, Vol.371, No.6492, 67-70, 1994..[組織] ...
閲覧 Junji Ichihara, Yasuo Shinohara, Kentaro Kogure and Hiroshi Terada : Nucleotide sequence of the 5'-flanking region of the rat type II hexokinase gene, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.1260, No.3, 365-368, 1995..[組織] ...
閲覧 Yasuo Shinohara, Akira Unami, Midori Teshima, Hitomi Nishida and Karel Dam van : Inhibitory effect of Mg2+ on the protonophoric activity of palmitic acid, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1228, No.2-3, 229-234, 1995..[組織] ...
閲覧 Yousuke Takahama and Hiromitsu Nakauchi : Phorbol ester and calcium ionophore can replace TCR signals that induce positive selection of CD4 T cells., The Journal of Immunology, Vol.157, No.4, 1508-1513, 1996..[組織] ...
閲覧 S. Sagara, K. Sugaya, Y. Tokoro, S. Tanaka, H. Takano, H. Kodama, T. Nakauchi and Yousuke Takahama : B220 expression by T lymphoid progenitor cells in mouse fetal liver., The Journal of Immunology, Vol.158, No.2, 666-676, 1997..[組織] ...
閲覧 Yasuo Shinohara, Ikuko Sagawa, Junji Ichihara, Kenji Yamamoto, Kiyoshi Terao and Hiroshi Terada : Source of ATP for hexokinase-catalyzed glucose phosphorylation in tumor cells: dependence on the rate of oxidative phosphorylation relative to that of extramitochondrial ATP generation, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1319, No.2-3, 319-330, 1997..[組織] ...
閲覧 T. Sugawara, V. Bartolo Di, T. Miyazaki, H. Nakauchi, O. Acuto and Yousuke Takahama : An improved retroviral gene transfer technique demonstrates inhibition of CD4-CD8- thymocyte development by kinase-inactive ZAP-70., The Journal of Immunology, Vol.161, (号), 2888-2894, 1998..[組織] ...
閲覧 Y. Tokoro, T. Sugawara, H. Yaginuma, H. Nakauchi, C. Terhorst, B. Wang and Yousuke Takahama : A mouse carrying genetic defect in the choice between T and B lymphocytes., The Journal of Immunology, Vol.161, (号), 4591-4598, 1998..[組織] ...
閲覧 T. Sugawara, T. Moriguchi, E. Nishida and Yousuke Takahama : Differential roles of ERK and p38 MAP kinase pathways in positive and negative selection of T lymphocytes., Immunity, Vol.9, (号), 565-574, 1998..[組織] ...
閲覧 Yasuo Shinohara, Shizuko Bandou, Shinichi Kora, Seiichiro Kitamura, Shuuji Inazumi and Hiroshi Terada : Cationic uncouplers of oxidative phosphorylation are inducers of mitochondrial permeability transition, FEBS Letters, Vol.428, No.1-2, 89-92, 1998..[組織] ...
閲覧 Yasuo Shinohara : Synchronized elevation of transcript levels of type 1 glucose transporter and type II hexokinase in tumor cells, 25 th Silver jubilee FEBS meeting, (巻), (号), (頁), Copenhagen, July 1998..[組織] ...
閲覧 Takashi Yamaoka, Chiyoko Idehara, Makiko Yano, Takaya Matsushita, Taketo Yamada, Setsuko Ii, Maki Moritani, Jun-ichi Hata, Hiromu Sugino, Sumihare Noji and Mitsuo Itakura : Hypoplasia of pancreatic islets in transgenic mice expressing activin receptor mutants, The Journal of Clinical Investigation, Vol.102, No.2, 294-301, 1998..[組織] ...
閲覧 Toru Kikutsuji, Masamitsu Harada, Seiki Tashiro, Setsuko Ii, Maki Moritani, Takashi Yamaoka and Mitsuo Itakura : Expression of somatostatin receptor subtypes and growth inhibition in human exocrine pancreatic cancers., Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, Vol.7, No.5, 496-503, 2000..[組織] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 糖尿病の遺伝子治療, 内分泌・糖尿病科, Vol.10, No.3, 259-264, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 遺伝子診断, 「高尿酸血症状」検査値の見方, 106-111, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : SNPの応用, 分子心血管病, Vol.1, No.5, 33-39, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 痛風のゲノム解析, 痛風と核酸代謝, Vol.24, No.2, 157-164, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 片島 るみ, 板倉 光夫 : 特集 痛風・高尿酸血症の多面性,成因の多面性,産生過剰型痛風成因の多面性, 高尿酸血症と痛風, Vol.8, No.1, 33-38, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫, 森谷 眞紀 : ザ・プロトコールシリーズ,疾患SNPs解析, 実験医学 別冊, 150-159, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫, 森谷 眞紀 : ザ・プロトコールシリーズ,ヒトゲノム解析の現状と展望,機能ゲノム研究プロトコール, --- 遺伝子解析編 ---, 実験医学別冊, 128-129, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 山岡 孝, 近藤 麻木, 板倉 光夫 : プリンヌクレオチド生合成はATP産生とG1期からS期への移行を促進して増殖速度を上昇させる, 第33回日本・核酸代謝学会総会, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 鎌谷 直之, 西村 有子, 山中 寿, 竹内 不二夫, 細谷 龍男, 板倉 光夫 : 家族性若年性高尿酸血症性腎氏症の原因遺伝座位の確定, 第37回日本臨床分子医学会学術総会, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 伊井 節子, 板倉 光夫 : 糖尿病血管合併症の分子標的「アルドース還元酵素とソルビトール脱水素酵素遺伝子, 第15回日本糖尿病合併症学会, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 Mitsuo Itakura : Candidate Approach and Positional Candidate Approach to Polygenic Diseases, The 3rd International Workshop on Advanced Genomics, Yokohama, (month)2000..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : ゲノム多様性に基づく創薬と薬剤感受性解析, 第一化学薬品35周年記念講演, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 21世紀のゲノム創薬の推進, --- 産業科の視点から考える ---, 製薬協主催「政策セミナー」, (巻), (号), (頁), 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 薬理ゲノミクスの新しい展開, 第73回日本薬理学会年会, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 生体内における遺伝子機能ゲノム創薬研究へのアプローチ, 第18回川内カンファレンス 大塚製薬講演, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 疾患遺伝子とゲノム多様性に関する研究の展望, --- 新しい有用遺伝子はどうしたら検索できるか? ---, 第10回口腔粘膜学会, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : Polygenic diseases and 尿酸結石story, 泌尿器科疾患ゲノム研究会, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : ポスト・シークエンス時代のゲノム解析, --- 多遺伝子性疾患の疾患感受性遺伝子同定への道筋 ---, 第4回小児内分泌研究会, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 未来創薬に向けた遺伝子技術の活用, 同生会(在阪製薬企業の研究・開発部門幹部会), 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : ゲノム多様性を用いた多遺伝子性疾患の疾患感受性遺伝子同定へのアプローチ, ミレニアム研究セミナー, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 糖尿病の遺伝素因の解明に向けて, 第116回日本医学会 シンポジウムセッション, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : ヒトゲノム解析とその臨床応用, 第7回日光カンファレンス, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 多遺伝子性疾患の遺伝素因の解明, --- ゲノム情報とゲノム多様性を用いるポストゲノムの地平を考えよう ---, 第5回中国分子病態研究会, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 伊井 節子, 板倉 光夫 : アルドース還元酵素とソルビトール脱水素酵素遺伝子, 第15回糖尿病合併症学会, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : ありふれた病気の疾患感受性遺伝子の探索, --- 候補遺伝子アプローチと全ゲノムを対象とする連鎖解析アプローチ ---, 第52回日本泌尿器科学会西日本総会, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : ありふれた病気へのアプローチ, --- 新しい有用遺伝子はどうしたら探索出来るか? ---, 皮膚科学会西日本支部総会, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : ゲノム解析の現状からポストゲノムに向けて, 日本生物工学会ゲノム工学研究会・CBI学会共催講演会, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 多遺伝子性疾患の遺伝素因, --- 疾患感受性を決める遺伝的多型へのアプローチ ---, 第29回日本環境変異源学会, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 「ありふれた病気」の疾患関連遺伝子の同定とゲノム創薬, 東洋紡敦賀バイオ研究所講演会, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : ポストゲノム時代の医療, --- ゲノム情報とゲノム多様性に基づく診断と治療 ---, 第62回日本小児科学会愛媛地方会, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 Mirdori Kaneta, Masatake Osawa, Kazuhiro Sudo, Hiromitsu Nakauchi, Andrew G. Farr and Yousuke Takahama : A role for Pref-1 and HES-1 in thymocyte development., The Journal of Immunology, Vol.164, No.1, 256-264, 2000..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : SNPs, 臨床消化器内科, Vol.15, No.12, 1657-1659, 2000年2月..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 片島 るみ, YanHui Ying, 山岡 孝, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 鎌谷 直之 : 痛風のゲノム解析, 第33回日本・核酸代謝学会総会, (巻), (号), (頁), 2000年2月..[組織] ...
閲覧 阿部 琢巳, 吉本 勝彦, 谷山 松雄, 望月 由武人, 小林 信介, 花川 一郎, 泉山 仁, 板倉 光夫, 松本 清 : A germline mutation of the multiple endocrine neoplasia type 1 (MEN 1) gene in Japanese prolactinoma variant of MEN1., 第10 回日本間脳下垂体腫瘍学会(宮崎), (巻), (号), (頁), 2000年2月..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : 産生過剰型痛風の多面性, 高尿酸血症と痛風, Vol.8, No.1, 33-38, 2000年3月..[組織] ...
閲覧 Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Uncouplers of oxidative phosphorylation in mitochondria, Marcel Dekker.Inc, New York, April 2000..[組織] ...
閲覧 Naoyuki Kamatani, Maki Moritani, Hisashi Yamanaka, Fujio Takeuchi, Tatsuo Hosoya and Mitsuo Itakura : Localization of a gene for familial juvenile hyperuricemic nephropathy causing underexcretion-type gout to 16p12 by genome-wide linkage analysis of a large family., Arthritis and Rheumatism, Vol.43, No.4, 925-929, 2000..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫, 森谷 眞紀 : ''ゲノム科学''の時代の医療は, --- 多様性の理解が何をもたらすか ---, 科学, Vol.70, No.4, 312-317, 2000年4月..[組織] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 膵臓の発生と再生,発生・神経研究の最前線2000, --- 第3章6. 器官形成と再生 ---, 実験医学増刊, Vol.18, No.9, 179-184, 2000年5月..[組織] ...
閲覧 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : Reg-1トランスジェニックマウスに認められた糖尿病と腫瘍形成, 第43回日本糖尿病学会年次学術総会, (巻), (号), (頁), 2000年5月..[組織] ...
閲覧 長谷川 朋子, 吉本 勝彦, 大塚 理司, 伊井 節子, 森谷 眞紀, 山岡 孝, 板倉 光夫 : 膵ランゲルハンス島β細胞およびα細胞におけるHOX遺伝子発現の解析, 第43回日本糖尿病学会年次学術総会, (巻), (号), (頁), 2000年5月..[組織] ...
閲覧 伊井 節子, 山本 千恵美, 板倉 光夫, 張 春花, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ヒトアルド-ス還元酵素発現およびソルビト-ル脱水素酵素欠損マウスにおける糖尿病性蛋白尿の解析, 第43回日本糖尿病学会年次学術総会, (巻), (号), (頁), 2000年5月..[組織] ...
閲覧 水澤 典子, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 清水 新司, 久保田 美子, 平野 浩子, 板倉 光夫, 堀内 三郎 : ヒトCAD遺伝子上流調節領域の構造決定と解析, 第66回日本生化学会東北支部会例会, (巻), (号), (頁), 2000年6月..[組織] ...
閲覧 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : FGF-8による膵島細胞の肝細胞への分化誘導, 第73回日本内分泌学術総会, (巻), (号), (頁), 2000年6月..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : ゲノム医科学とこれからのゲノム医療, --- 関連(アソシエーション)による多遺伝子性疾患のの研究 ---, 実験医学, Vol.18, No.12, 113-118, 2000年7月..[組織] ...
閲覧 篠原 康雄 : がん細胞の糖代謝を特異的に担うヘキソキナーゼの同定とその機能解析, 薬学雑誌, Vol.120, No.8, 657-666, 2000年8月..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : ゲノム医学の新展開, --- ゲノム医学が医学と社会にもたらす影響 ---, BIO Clinica, Vol.15, No.9, 16-17, 2000年8月..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : SNPsと多遺伝子性疾患, 実験医学, Vol.18, No.14, 1907-1911, 2000年9月..[組織] ...
閲覧 Shigeomi Shimizu, Yasuo Shinohara and Yoshihide Tsujimoto : Bax and Bcl-xL independently regulate apoptotic changes of yeast mitochondria that require VDAC but not adenine nucleotide translocator, Oncogene, Vol.19, No.38, 4309-4318, 2000..[組織] ...
閲覧 Yasuo Shinohara, Ishida Taro and Hiroshi Terada : Why do mitochondria from tumor cells show higher capability for hexokinase binding than those from normal cells ?, 3rd Albany conference on frontiers of mitochondrial research, (巻), (号), (頁), Rensselaerville, NY, Sep. 2000..[組織] ...
閲覧 酒井 紀典, 井形 高明, 加藤 真介, 西良 浩一, 田中 知里, 片島 るみ, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : SNPsを用いたOPLL疾患感受性遺伝子に関する解析, 第15回日本整形外科学会基礎学術集会, (巻), (号), (頁), 2000年9月..[組織] ...
閲覧 笹原 賢司, 山岡 孝, 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 黒田 𣳾弘, 板倉 光夫 : 新規Regファミリ-遺伝子``INGAPrP''のクロ-ニングと組織特異的発現, 日本糖尿病学会 中国四国地方会38回総会, (巻), (号), (頁), 2000年10月..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : ゲノム科学のこれから, 日本老年医学会雑誌, Vol.37, No.11, 866-869, 2000年11月..[組織] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 高尿酸血症に関連した検査値, --- データー解析と対応 ---, 医療ジャーナル, Vol.36, No.12, 168-173, 2000年12月..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学,コンパクト版,第2版, --- 先天性(遺伝性)代謝疾患 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2001年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学,コンパクト版,第2版, --- 膵嚢胞性線維症 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2001年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学,コンパクト版,第2版, --- Marfan症候群 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2001年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学,コンパクト版,第2版, --- Ehlers-Danlos症 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2001年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 片島 るみ, YanHui Ying, 山岡 孝, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 鎌谷 直之 : 痛風のゲノム解析, 第34回日本痛風・核酸代謝学会総会, (巻), (号), (頁), 2001年(0月)..[組織] ...
閲覧 山岡 孝, 片島 るみ, 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ過剰発現マウスに認められた高尿酸血症とTリンパ球増殖速度の上昇, 第34回日本痛風・核酸代謝学会総会, 2001年(0月)..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 鎌谷 直之, 西村 有子, 山中 寿, 竹内 不二夫, 細谷 龍男, 板倉 光夫 : 家族性若年性高尿酸血症腎症の原因遺伝子座の確定, 第37回日本臨床分子医学会学術総会, 2001年(0月)..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 戸川 克彦, 岡 佐貴世, 手塚 理, 国香 清, 山岡 孝, 鎌谷 直之, 板倉 光夫 : 病態モデルのQTL解析を用いる糖尿病の疾患感受性遺伝子の同定, 第44回日本糖尿病学会年次学術総会, 2001年(0月)..[組織] ...
閲覧 山口 高志, 山岡 孝, 板倉 光夫 : FGF-8は膵島細胞を肝細胞へtransdifferentiateする, 第44回日本糖尿病学会年次学術総会, 2001年(0月)..[組織] ...
閲覧 山岡 孝, 山口 高志, 板倉 光夫 : Pdx1プロモーターによって優性阻害型アクチビン受容体を発現するトランスジェニックマウスに認められた膵低形成と糖尿病, 第44回日本糖尿病学会年次学術総会, 2001年(0月)..[組織] ...
閲覧 Mitsuo Itakura : SNP-Based Genetic Epidemiological Strategy to Find Disease-Related Genes in Japan, The 2nd International Symposium on Host Genetic Epidemiology, Seoul, (month)2001..[組織] ...
閲覧 Hiroko Hagiwara, Kazumi Sawakami, Midori Yamamoto, Hideji Tajima, Shouji Iwasaki, Masato Kobori, Mitsuo Itakura, Yousuke Takahama and Masayuki Machida : Development of an automated system for the analysis of SNPs using the MagtrationR technology, 6. Genome Sequencing and Analysis Conference, (巻), (号), (頁), San Diego, (month)2001..[組織] ...
閲覧 Yasuo Shinohara, Mami Hino, Taro Ishida, Yasuhisa Yamanaka and Hiroshi Terada : Growth condition-dependent synchronized changes in transcript levels of type II hexokinase and type 1 glucose transporter in tumor cells, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Cell Research, Vol.1499, No.3, 242-248, 2001..[組織] ...
閲覧 Shigeomi Shimizu, Yosuke Matsuoka, Yasuo Shinohara, Yoshihiro Yoneda and Yoshihide Tsujimoto : Essential role of voltage-dependent anion channel in various forms of apoptosis in mammalian cells, The Journal of Cell Biology, Vol.152, No.2, 237-250, 2001..[組織] ...
閲覧 片島 るみ, 岩花 弘之, 山岡 孝, 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 小関 しおり, 多比良 和誠, 板倉 光夫 : ラットアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ (ATase) のmRNAを標的とするリボザイムを用いたラット線維芽細胞株の細胞増殖についての検討, 第34回日本痛風・核酸代謝学会総会, (巻), (号), (頁), 2001年2月..[組織] ...
閲覧 Naoko Ohtani, Z. Zebedee, T.J.G. Huot, J.A. Stinson, M. Sugimoto, Y. Ohashi, A.D. Sharrrocks, G. Peters and E. Hara : Opposing effects of Ets and Id proteins on p16INK4a expression during cellular senescence, Nature, Vol.409, No.6823, 1067-1070, 2001..[組織] ...
閲覧 Eiji Majima, Mayumi Ishida, Satomi Miki, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Specific labeling of the bovine heart mitochondrial phosphate carrier with fluorescein 5-isothiocyanate, --- Roles of Lys185 and putative adenine nucleotide recognition site in phosphate transport ---, The Journal of Biological Chemistry, Vol.276, No.13, 9792-9799, 2001..[組織] ...
閲覧 田中 知里, 原田 永勝, 大東 いずみ, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : グルカゴン遺伝子の転写調節に関わる新規蛋白の同定とその解析, 第44回日本糖尿病学会年次学術総会, 2001年4月..[組織] ...
閲覧 原田 永勝, 大東 いずみ, 田中 知里, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 膵β細胞における発現プロファイルの解析および新規遺伝子のクローニング, 第44回日本糖尿病学会年次学術総会, (巻), (号), (頁), 2001年4月..[組織] ...
閲覧 大東 いずみ, 長谷川 朋子, 原田 永勝, 田中 知里, 吉本 勝彦 : DNAマイクロアレイを用いた膵島α細胞およびβ細胞に特異的に発現する遺伝子の検索, 第44回日本糖尿病学会年次学術総会, (巻), (号), (頁), 2001年4月..[組織] ...
閲覧 石田 寿昌, 石野 良純, 長宗 秀明, 岡本 敬の介, 梶本 和昭, 加藤 郁之進, 金保 安則, 河野 通明, 小池 晴彦, 佐藤 真悟, 鮫島 勇次, 篠原 康雄, 辻 明彦, 寺田 弘, 富田 基郎, 友尾 幸司, 野沢 義則, 野元 裕, 濱崎 直孝, 日野 真美, 平松 宏一, 藤井 敏, 藤井 儀夫, 洪 英満, 松田 佳子, 森 秀治, 山崎 尚志, 山本 格, 若原 章男 : タンパク質と核酸の分離精製, 株式会社 廣川書店, 東京, 2001年6月..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学第8版(監修:高久史麿), --- 代謝・栄養疾患とは ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2001年6月..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学第8版(監修:高久史麿), --- 先天性代謝疾患 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2001年6月..[組織] ...
閲覧 高浜 洋介 : T細胞とB細胞への分化方向を決定する分子要因, 臨床免疫, Vol.36, (号), 71-75, 2001年7月..[組織] ...
閲覧 Shigetoshi Sano, Yousuke Takahama, Takehiko Sugawara, Hiroshi Kosaka, Satoshi Itami, Kunihiko Yoshikawa, Jun-ichi Miyazaki, Willen van Ewijk and Junji Takeda : Stat3 in thymic epithelial cells is essential for postnatal maintenance of thymic architecture and thymocyte survival., Immunity, Vol.15, No.2, 261-273, 2001..[組織] ...
閲覧 Takashi Hatanaka, Mitsuru Hashimoto, Eiji Majima, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Significant effect of the N-terminal region of the mitochondrial ADP/ATP carrier on its efficient expression in yeast mitochondria, The Journal of Biological Chemistry, Vol.276, No.31, 28881-28888, 2001..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 工藤 英治, 手塚 理, 鎌谷 直之, 板倉 光夫 : パラメトリック連鎖解析によるFJHN遺伝子領域の同定, ポストゲノム時代の遺伝統計学, 24-34, 2001年10月..[組織] ...
閲覧 水澤 典子, 友成 章, 田中 知里, 原田 永勝, 大東 いずみ, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : インスリン遺伝子のグルコース応答性転写調節に及ぼすCG配列の役割, 第24回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2001年12月..[組織] ...
閲覧 Hidemi Sasaki, Takashi Yamaoka, Hideyo Ohuchi, Akihiro Yasue, Tsutomu Nohno, Hirotaka Kawano, Shigeaki Kato, Mitsuo Itakura, Masaru Nagayama and Sumihare Noji : Identification of cis-elements regulating expression of Fgf10 during limb development., The International Journal of Developmental Biology, Vol.46, No.7, 963-967, 2002..[組織] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 新時代の糖尿病, --- 糖尿病遺伝子治療研究の歴史と現況 ---, 日本臨床増刊, Vol.60, No.9, 650-657, 2002年(0月)..[組織] ...
閲覧 日野 聡史, 山岡 孝, 板倉 光夫 : アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)による細胞増殖促進機構の解明, 第35回日本痛風・核酸代謝学会総会, 2002年(0月)..[組織] ...
閲覧 国香 清, 安曇 浩明, 渡辺 一郎, 冨田 愛子, 清水 美帆, 古賀 貞一郎, 篠原 秀一, 野村 恭子, 手塚 理, 森谷 眞紀, 山岡 孝, 板倉 光夫 : GFAT1遺伝子領域における2型糖尿病との相関解析, 第45回日本糖尿病学会年次学術集会, 2002年(0月)..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 戸川 克彦, 矢口 寛, 安藤 美紀, 手塚 理, 国香 清, 山岡 孝, 鎌谷 直之, 板倉 光夫 : 病態モデルマウスのQTL解析を用いる糖尿病の疾患感受性遺伝子の同定, 第45回日本糖尿病学会年次学術集会, 2002年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 個別化医療の新しい遺伝情報, 第18回日本DDS学会, 2002年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫, 加藤 仁, 国香 清, 工藤 英治, 野村 恭子, 篠原 秀一, 相川 文子, 津川 和江, 浜田 大輔, 宮本 龍郎, 片島 るみ, 森谷 眞紀, 山岡 孝 : 日本人のEven-Spacing Common SNPsを検出するプローブセットを用いた網羅的locus-wide関連解析, 第25回日本分子生物学会, (巻), (号), (頁), 2002年(0月)..[組織] ...
閲覧 Tomoo Ueno, Kyoko Hara, Melissa Swope Willis, Mark A. Malin, Uta E. Hoepken, Daniel H.D. Gray, Kouji Matsushima, Martin Lipp, Timothy A. Singer, Richard L. Boyd, Osamu Yoshie and Yousuke Takahama : Role for CCR7 ligands in the emigration of newly generated T lymphocytes from the neonatal thymus., Immunity, Vol.16, No.2, 205-218, 2002..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 痛風・核酸に関わる代謝調節の解析 分子生物学から固体レベルの解析に向けて遺伝子改変動物とゲノム多型解析, 第35回日本痛風・核酸代謝学会総会, 2002年2月..[組織] ...
閲覧 Eiji Majima, Masashi Takeda, Satomi Miki, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Close location of the first loop to the third loop of the mitochondrial ADP/ATP carrier deduced from cross-linking catalyzed by copper-o-phenanthroline of the solubilized carrier with Triton X-100, The Journal of Biochemistry, Vol.131, No.3, 461-468, 2002..[組織] ...
閲覧 Mami Hino, Yasuo Shinohara, Kazuaki Kajimoto, Hiroshi Terada and Yoshinobu Baba : Requirement of continuous transcription for the synthesis of sufficient amounts of protein by a cell-free rapid translation system, Protein Expression and Purification, Vol.24, No.2, 255-259, 2002..[組織] ...
閲覧 Mari Tabuchi, Mami Hino, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba : Cell-free protein synthesis on a microchip, Proteomics, Vol.2, No.4, 430-435, 2002..[組織] ...
閲覧 Masumi Nishi, Akihiro Yasue, Shinichirou Nishimatu, Tsutomu Nohno, Takashi Yamaoka, Mitsuo Itakura, Keiji Moriyama, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : A missense mutant myostatin causes hyperplasia without hypertrophy in the mouse muscle, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.293, No.1, 247-251, 2002..[組織] ...
閲覧 Takashi Yamaoka : Regeneration therapy of pancreatic beta cells:towards a cure for diabetes?, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.296, No.5, 1039-1043, 2002..[組織] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : ゲノム研究の最先端, ポストゲノム時代の内視鏡学, 13-20, 2002年10月..[組織] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : ヒトゲノム解析の現状と展望, ポストゲノム時代の内視鏡学, 35-43, 2002年10月..[組織] ...
閲覧 篠原 康雄, MR Almofti, 市川 智一, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘 : 銀イオンによって誘導されるミトコンドリアの透過性遷移とシトクロムCの放出, 第24回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2002年11月..[組織] ...
閲覧 Yasuo Shinohara, Radwan Mohamad Almofti, Takenori Yamamoto, Taro Ishida, Fumiyo Kita, Hideki Kanzaki, Masakatsu Ohnishi, Kikuji Yamashita, Shigeomi Shimizu and Hiroshi Terada : Permeability transition-independent release of mitochondrial cytochrome c induced by valinomycin, European Journal of Biochemistry, Vol.269, No.21, 5224-5230, 2002..[組織] ...
閲覧 Almofti MR., Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Novel Pore Transiently Opened in the Inner Mitochondrial Membrane by Silver Ions is Associated with Release of Appotogenic Cytochrome C, 42nd American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2002..[組織] ...
閲覧 Yasuo Shinohara, MR Almofti, Taro Ishida and Hiroshi Terada : Valinomycin Induces Permeability Transition Independent Release of Mitochondrial Cytochrome C, 42nd American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2002..[組織] ...
閲覧 山本 武範, 山下 菊治, 篠原 康雄, 寺田 弘 : DCCDによって誘導されるミトコンドリアの透過性遷移, 第25回 日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2002年12月..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : ヒトゲノム科学研究の最前線―日本人で検証された等間隔,高アレル頻度SNPsマーカーを用いる関連解析による疾患感受性遺伝子の探索―, 第37回日本小児内分泌学会, 2003年(0月)..[組織] ...
閲覧 Mitsuo Itakura : Efficient Discovery of Disease Susceptibility Genes with Newly Developed Gene-Centric Even-Spacing Common Shared SNPs Probes - Application to Diabetes, 7. The 5th International Workshop on Advanced Genomics, Yokohama, (month)2003..[組織] ...
閲覧 Mitsuo Itakura : Efficient Discovery of Disease Susceptibility Genes with Newly Developed Gene-Centric Even-Spacing Common Shared SNPs Markers, --- Toward the Genomic Drug Discovery for Diabetes ---, Fifth AFMC International Medicinal Chemistry Symposium, Kyoto, (month)2003..[組織] ...
閲覧 木平 孝高, 畑中 貴, 真島 英司, 篠原 康雄, 寺田 弘 : ADP/ATP透過担体二量体における各分子の異なる役割, 日本薬学会 第123年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学,コンパクト版,第3版, --- 先天性代謝疾患 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2003年3月..[組織] ...
閲覧 Kazuaki Kajimoto, Takiko Daikoku, Naoshi Yamazaki, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Expression profiles of three isoforms of inositol 1,4,5-trisphosphate receptor in brown adipose tissue of the rat., Biochemical Pharmacology, Vol.65, No.6, 995-998, 2003..[組織] ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Yasuhisa Yamanaka, Yoshiko Hashimoto, Takayuki Hiramatsu, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : The gene encoding muscle-type carnitine palmitoyltransferase I: comparison of the 5'-upstream region of human and rodent genes, The Journal of Biochemistry, Vol.133, No.4, 523-532, 2003..[組織] ...
閲覧 Radwan Mohamad Almofti, Tomokazu Ichikawa, Kikuji Yamashita, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Silver ion induces a cyclosporine a-insensitive permeability transition in rat liver mitochondria and release of apoptogenic cytochrome C, The Journal of Biochemistry, Vol.134, No.1, 43-49, 2003..[組織] ...
閲覧 高浜 洋介 : T細胞の分化と機能, 免疫学最新イラストレイテッド, (巻), (号), 77-94, 2003年8月..[組織] ...
閲覧 Kazuaki Kajimoto, Takiko Daikoku, Fumiyo Kita, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : PCR-select subtraction for characterization of messages differentially expressed in brown compared with white adipose tissue., Molecular Genetics and Metabolism, Vol.80, No.1-2, 255-261, 2003..[組織] ...
閲覧 Shuhei Tomita, Masaki Ueno, Masami Sakamoto, Yuki Kitahama, Masaaki Ueki, Nobuhiro Maekawa, Haruhiko Sakamoto, Max Gassmann, Ryoichiro Kageyama, Natsuo Ueda, Frank J. Gonzalez and Yousuke Takahama : Defective brain development in mice lacking the Hif-1α gene in neural cells., Molecular and Cellular Biology, Vol.23, No.19, 6739-6749, 2003..[組織] ...
閲覧 木平 孝高, 真島 英司, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Detection of conformational change of the cytosolic first loop of mitochondrial ADP/ATP carrier using SH reagent, 第76回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2003年10月..[組織] ...
閲覧 寺内 さつき, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 : DCCD induces mitochondrial permeability transition without causing cytochrome c release, 第76回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2003年10月..[組織] ...
閲覧 立川 愛子, 市川 智一, 中川 良典, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Multiple effects of cyanine dye on the structure and function of mitochondria, 第76回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2003年10月..[組織] ...
閲覧 木平 孝高, 真島 英司, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Detection of conformational change of the cytosolic first loop of mitochondrial ADP/ATP carrier using SH reagent, 第76回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2003年10月..[組織] ...
閲覧 Mariam Nasreen, Tomoo Ueno, Fumi Saito and Yousuke Takahama : In vivo treatment of class II MHC-deficient mice with anti-TCR antibody restores the generation of circulating CD4 T cells and optimal architecture of thymic medulla., The Journal of Immunology, Vol.171, No.7, 3394-3400, 2003..[組織] ...
閲覧 Shuhei Tomita, Hou-Bo Jiang, Tomoo Ueno, Satoshi Takagi, Keiko Tohi, Shin-ichi Maekawa, Akira Miyatake, Aizo Furukawa, Frank J. Gonzalez, Junji Takeda, Yoshiyuki Ichikawa and Yousuke Takahama : T Cell-Specific Disruption of Arylhydrocarbon Receptor Nuclear Translocator (Arnt) Gene Causes Resistance to 2,3,7,8-Tetrachlorodibenzo-p-dioxin-Induced Thymic Involution, The Journal of Immunology, Vol.171, No.8, 4113-4120, 2003..[組織] ...
閲覧 木平 孝高, 真島 英司, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Structural analysis of cytosoloc first loop of mitochondrial ADP/ATP carrier by using point mutations and chemical modification, 第25回 生体膜と薬物相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2003年11月..[組織] ...
閲覧 木平 孝高, 真島 英司, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Structural analysis of cytosoloc first loop of mitochondrial ADP/ATP carrier by using point mutations and chemical modification, 第25回 生体膜と薬物相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2003年11月..[組織] ...
閲覧 篠原 康雄, 山本 武範, 寺田 弘 : 脱共役剤研究の最近の進歩, , Vol.28, No.6, 271-277, 2003年11月..[組織] ...
閲覧 Takagi Satoshi, Tojo Hiromasa, Shuhei Tomita, Sano Shigetoshi, Itami Satoshi, Hara Mariko, Inoue Shintaro, Horie Kyoji, Gen Kondoh, Ko Hosokawa, Frank J. Gonzalez and Junji Takeda : Alteration of the 4-sphingenine scaffolds of ceramides in keratinocyte-specific Arnt deficient mice exhibits skin barrier function, The Journal of Clinical Investigation, Vol.112, No.9, 1372-1382, 2003..[組織] ...
閲覧 Kikuji Yamashita, Tomokazu Ichikawa, Takenori Yamamoto, Yoshinori Nakagawa, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Three-way effect of cyanine dye on the structure and function of mitochondria, Journal of Health Science, Vol.49, No.6, 448-453, 2003..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 戸川 克彦, 板倉 光夫 : 量的形質遺伝子座位(QTL)解析による糖尿病の疾患感受性遺伝子座位の同定, 実験医学別冊ゲノム研究実験ハンドブック, Vol.6, 307-312, 2004年(0月)..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : ゲノムと疾患, --- 第I部 第5章 多因子疾患の診断および研究法 ---, 株式会社 南山堂, 東京, 2004年(0月)..[組織] ...
閲覧 川上 修平, 井上 寛, 山下 裕紀子, 宮本 龍郎, 森谷 眞紀, 工藤 英治, 国香 清, 板倉 光夫 : 2型糖尿病と関連する新規orphan GPCR(Gタンパク質共役受容体)遺伝子の同定, 日本糖尿病学会中四国地方会第42回総会, 2004年(0月)..[組織] ...
閲覧 山下 裕紀子, 井上 寛, 宮本 龍郎, 津川 和江, 森谷 眞紀, 工藤 英治, 国香 清, 板倉 光夫, 中村 直登, 吉川 敏一, 一石 英一郎 : 日本人2型糖尿病発症リスクとKir6.2/E23K多型との関連, 日本糖尿病学会中四国地方会第42回総会, 2004年(0月)..[組織] ...
閲覧 澤上 一美, 阿部 初美, 瀬川 修, 高橋 正明, 田島 秀二, 近藤 勧, 中村 道大, 杉浦 水香, 萩原 央子, 森谷 眞紀, 国香 清, 高浜 洋介, 板倉 光夫, 町田 雅之 : 高精度・自動化SNPsタイピング技術の実用化研究開発, 第27回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2004年(0月)..[組織] ...
閲覧 加藤 仁, 野村 恭子, 篠原 秀一, 水守 理, 片島 るみ, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 国香 清, 森谷 眞紀, 浜田 大輔, 宮本 龍郎, 井上 寛, 佐々 茂, 板倉 光夫 : Even-Spacing Common SNPsを用いた領域ワイド関連解析と連鎖不平衡解析からの糖尿病疾患感受性遺伝子の特定, 第48回日本糖尿病学会, 2004年(0月)..[組織] ...
閲覧 Mitsuo Itakura : Search for the Disease Susceptibly Genes of Type 2 Diabetes and Rheumatoid Arthritis by Locus-wide Association Analysis in Japanese, 9. 5th HUGO Pacific Meeting & 6th Asia Pacific Conference on Human Genetics, Singapore, (month)2004..[組織] ...
閲覧 Mitsuo Itakura : Allele frequency database in asian SNPs and gene-centric even-spacing common SNPs probes available for high efficiency case-control associationstudy, International Symposium of Genome Variations and Disease Association, Seoul, (month)2004..[組織] ...
閲覧 Kazuaki Kajimoto, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Identification of possible protein machinery involved in the thermogenic function of brown adipose tissue., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.1-2, 20-28, Feb. 2004..[組織] ...
閲覧 Akira Unami, Yasuo Shinohara, Kazuaki Kajimoto and Yoshinobu Baba : Comparison of gene expression profiles between white and brown adipose tissues of rat by microarray analysis, Biochemical Pharmacology, Vol.67, No.3, 555-564, 2004..[組織] ...
閲覧 梶本 和昭, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 脂肪蓄積の制御におけるミトコンドリアからのクエン酸輸送の役割, 日本薬学会第124年会要旨集, (巻), (号), (頁), 2004年3月..[組織] ...
閲覧 喜多 史代, 梶本 和昭, 寺田 弘, 篠原 康雄 : UCP1の機能を制御するプリンヌクレオチドの定量的評価, 日本薬学会第124年会要旨集, (巻), (号), (頁), 2004年3月..[組織] ...
閲覧 Yasuo Shinohara : Identification of possible protein machinery involved in the thermogenic function of brown adipose tissue, The 10th Japan-Korea Joint symposium on drug design and development, (巻), (号), (頁), Tokushima, April 2004..[組織] ...
閲覧 Masatoshi Kataoka, Sonoko Inoue, Kazuaki Kajimoto, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba : Usefulness of microchip electrophoresis for reliable analyses of non-satndard DNA samples and subsequent on-chip enzymatic digestion, European Journal of Biochemistry, Vol.271, No.11, 2241-2247, 2004..[組織] ...
閲覧 Sonoko Inoue, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba : Usefulness of microchip electrophoresis for reliable analyses of non-standard DNA samples and subsequent on-chip enzymatic digestion, Pharmaceutical sciences world congress(PSWC2004), (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2004..[組織] ...
閲覧 Yoko Fukura, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba : Measurement of mitochondrial membrane potential on a microfabricated chip, Pharmaceutical sciences world congress(PSWC2004), (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2004..[組織] ...
閲覧 Kazuaki Kajimoto, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : The role of citrate transport from mitochondria in the regulation of fat accumulation, Pharmaceutical sciences world congress(PSWC2004), (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2004..[組織] ...
閲覧 Yoshitaka Kihira, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Twist of second transmembrane alpha-helix of mitochondrial ADP/ATP carrier, Pharmaceutical sciences world congress(PSWC2004), (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2004..[組織] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Satsuki Terauchi, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : DCCD induces mitochondrial permeability transition without causing cytochrome c release, Pharmaceutical sciences world congress(PSWC2004), (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2004..[組織] ...
閲覧 Yoshitaka Kihira, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Twist of second transmembrane alpha-helix of mitochondrial ADP/ATP carrier, Pharmaceutical sciences world congress(PSWC2004), (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2004..[組織] ...
閲覧 Norimasa Iwanami, Yousuke Takahama, Sanae Kunimatsu, Jie Li, Rie Takei, Yuko Ishikura, Hiroshi Suwa, Katsutoshi Niwa, Takao Sasado, Chikako Morinaga, Akihito Yasuoka, Tomonori Deguchi, Yukihiro Hirose, Hiroki Yoda, Thorsten Henrich, Osamu Ohara, Hisato Kondoh and Makoto Furutani-Seiki : Mutations affecting thymus organogenesis in medaka, Oryzias latipe., Mechanisms of Development, Vol.121, No.7-8, 779-789, 2004..[組織] ...
閲覧 Tomoo Ueno, Fumi Saito, Daniel H.D. Gray, Sachiyo Kuse, Kunio Hieshima, Hideki Nakano, Terutaka Kakiuchi, Martin Lipp, Richard L. Boyd and Yousuke Takahama : CCR7 signals are essential for cortex-to-medulla migration of developing thymocytes., The Journal of Experimental Medicine, Vol.200, No.4, 493-505, 2004..[組織] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Aiko Tachikawa, Satsuki Terauchi, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Multiple Effects of DiS-C3(5) on Mitochondrial Structure and Function, European Journal of Biochemistry, Vol.271, No.17, 3573-3579, 2004..[組織] ...
閲覧 井上 寛, 野村 恭子, 板倉 光夫 : 糖尿病ゲノミクス, 実験医学別冊ゲノム研究実験ハンドブック, Vol.6, 285-289, 2004年10月..[組織] ...
閲覧 岩橋 晶洋, 木平 孝高, 真島 英司, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Structural characterization of the cytosolic second loop of mitochondrial ADP/ATP carrier by site directed mutagenesis, 第77回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2004年10月..[組織] ...
閲覧 Yasuo Shinohara : Strategies used for functional characterization of membrane proteins, International Workshop on Surface-Biotronics, (巻), (号), 5-6, Tokyo, Oct. 2004..[組織] ...
閲覧 寺内 さつき, 立川 愛子, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 透過性遷移に伴うミトコンドリア内膜における構造変化の免疫電子顕微鏡を用いた解析, ファーマバイオフォーラム2004, (巻), (号), (頁), 2004年11月..[組織] ...
閲覧 Yoshitaka Kihira, Akihiro Iwahashi, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Twisting of the second transmembrane a-helix of the mitochondrial ADP/ATP carrier during the transition between two carrier conformational states, Biochemistry, Vol.43, No.48, 15204-15209, 2004..[組織] ...
閲覧 岩橋 晶洋, 市橋 直子, 木平 孝高, 篠原 康雄 : 部位特異的変異法を用いた酵母2型AACの第5膜貫通領域の構造解析, 第27回 日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2004年12月..[組織] ...
閲覧 朝比奈 潤子, 吉田 麻美子, 銀屋 治巳, 浅野 勉, 池田 秀雄, 瀬川 修, 田島 秀二, 森谷 眞紀, 国香 清, 板倉 光夫 : バイオストランド技術を用いた簡易型DNAアレイシステムの開発, 第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月..[組織] ...
閲覧 岩橋 晶洋, 市橋 直子, 木平 孝高, 篠原 康雄 : 部位特異的変異法を用いた酵母2型AACの第5膜貫通領域の構造解析, 第27回 日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2004年12月..[組織] ...
閲覧 岩波 礼将, 高浜 洋介 : メダカを用いた胸腺器官発生機構の解析, 免疫 2005, (巻), (号), 57-64, 2004年12月..[組織] ...
閲覧 Cunlan Liu, Tomoo Ueno, Sachiyo Kuse, Fumi Saito, Takeshi Nitta, Luca Piali, Hideki Nakano, Terutaka Kakiuchi, Martin Lipp, Georg A. Hollander and Yousuke Takahama : The role of CCL21 in recruitment of T-precursor cells to fetal thymi, Blood, Vol.105, No.1, 31-39, 2005..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : 糖尿病の進展に伴うTh1/Th2バランス, Surgery Frontier, Vol.12, No.4, 59-63, 2005年(0月)..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 国香 清, 野村 恭子, 長部 大, 篠原 秀一, 津川 和江, 島 由香, 棚橋 俊仁, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 井上 寛, 板倉 光夫 : 3番染色体に候補領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の探索, 第48回日本糖尿病学会, 2005年(0月)..[組織] ...
閲覧 川上 修平, 井上 寛, 山下 裕紀子, 森谷 眞紀, 国香 清, 板倉 光夫 : 新規膵β細胞特異的オーファンGPCR(Gタンパク質共役受容体);GPR-ISL1の同定, 第48回日本糖尿病学会, 2005年(0月)..[組織] ...
閲覧 国香 清, 津川 和江, 野村 恭子, 長部 大, 篠原 秀一, 棚橋 俊仁, 森谷 眞紀, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 井上 寛, 板倉 光夫 : Gene-centric Even-Spacing Common Shared SNPs Probe法による2型糖尿病疾患感受性候補遺伝子の同定, 第48回日本糖尿病学会, 2005年(0月)..[組織] ...
閲覧 棚橋 俊仁, 長部 大, 野村 恭子, 篠原 秀一, 中村 直登, 吉川 敏一, 山口 裕加, 国香 清, 森谷 眞紀, 井上 寛, 板倉 光夫 : 20番染色体長腕領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の網羅的探索, 日本遺伝人類学会第50回大会, 2005年(0月)..[組織] ...
閲覧 篠原 慶子, 棚橋 俊仁, 宮本 龍郎, 川上 修平, Parvaneh Keshavarz, 山口 裕加, 森谷 眞紀, 国香 清, 中村 直登, 井上 寛, 板倉 光夫 : 日本人2型糖尿病に関連するKFL (Kruppel-like factor) II 遺伝子多型の意義, 日本糖尿病学会中国四国地方会, 2005年(0月)..[組織] ...
閲覧 Yoshitaka Kihira, Eiji Majima, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Cysteine labeling studies detect conformational changes in region 106-132 of the mitochondrial ADP/ATP carrier of Saccharomyces cerevisiae, Biochemistry, Vol.44, No.1, 184-192, 2005..[組織] ...
閲覧 Kazuaki Kajimoto, Hiroshi Terada, Yoshinobu Baba and Yasuo Shinohara : Essential role of citrate export from mitochondria at early differentiation stage of 3T3-L1 cells for their effective differentiation into fat cells, as revealed by studies using specific inhibitors of mitochondrial di- and tricarbodylate carriers, Molecular Genetics and Metabolism, Vol.85, No.1, 46-53, 2005..[組織] ...
閲覧 渡邊 政博, 山本 武範, 喜多 史代, 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 寺田 弘, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : 褐色脂肪組織の機能亢進に伴う遺伝子発現変動のマイクロアレイ解析, 第6回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[組織] ...
閲覧 立川 愛子, 山本 武範, 片岡 正俊, 山﨑 尚志, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : porin欠損酵母における遺伝子発現のマイクロアレイ解析, 第6回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[組織] ...
閲覧 今村 早喜, 佐藤 裕一, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 褐色脂肪組織から単離された新規タンパク質2-88の解析, 第6回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[組織] ...
閲覧 寺内 さつき, 立川 愛子, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 透過性遷移に伴うミトコンドリア内膜における構造変化の免疫電子顕微鏡を用いた解析, 第6回 長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[組織] ...
閲覧 Masatoshi Kataoka, Yoko Fukura, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba : Analysis of mitochondrial membrane potential in the cells by microchip flow cytometry, Electrophoresis, Vol.26, No.15, 3025-3031, 2005..[組織] ...
閲覧 山田 安希子, 山本 武範, 片岡 正俊, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Permeability transition induced in yeast mitochondria also causes release of cytochrome c from mitochondria, 第78回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[組織] ...
閲覧 山本 武範, 吉村 好之, 山内 卓, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Expression profiling of VDAC isoforms in rat liver mitochondria, 第78回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[組織] ...
閲覧 齋藤 都暁, 塩見 春彦, 板倉 光夫 : microRNA生合成経路, BIO Clinica, Vol.20, No.12261, 18-23, 2005年11月..[組織] ...
閲覧 Yoshiki Itoh, Nobuhisa Mizuki, Tsuyako Shimada, Fumihiro Azuma, Mitsuo Itakura, Koichi Kashiwase, Eri Kikkawa, Jerzy K. Kulski, Masahiro Satake and Hidetoshi Inoko : High-throughput DNA typing of HLA-A, -B, -C, and -DRB1 loci by a PCR-SSOP-Luminex method in the Japanese population., Immunogenetics, Vol.57, No.10, 717-729, 2005..[組織] ...
閲覧 Akihiro Iwahashi, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Structural Change of the Cytosolic Second Loop of Mitochondrial ADP/ATP Carrier Revealed by Cysteine-scanning Mutagenesis, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2005..[組織] ...
閲覧 Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Induction of Permeability Transition in Yeast Mitochondria Causes Release of Mitochondrial Cytochrome c, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2005..[組織] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Satsuki Terauchi, Aiko Tachikawa, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Two Critical Factors Affecting the Release of Mitochondrial Cytochrome c as Revealed by Studies Using N,N'-Dicyclohexylcarbodiimide as an Inducer of Permeability Transition, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2005..[組織] ...
閲覧 宮武 克年, 酒井 亮, 岩田 拓也, 中山 俊憲, 黒崎 直子, 高久 洋, 板倉 光夫, 橋本 香保子 : 関節リウマチにおける炎症性サイトカインの産生と分泌小胞移送分子発現の調整, 第35回日本免疫学会学術集会, 2005年12月..[組織] ...
閲覧 酒井 亮, 宮武 克年, 岩田 拓也, 中山 俊憲, 黒崎 直子, 板倉 光夫, 高久 洋, 橋本 香保子 : Th1細胞が示すサイトカインの産生と細胞内分泌小胞移送分子の発現, 第35回日本免疫学会学術集会, 2005年12月..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : 生活習慣病と高尿酸血症, --- 生活習慣病により高尿酸血症をきたす遺伝因子 ---, 高尿酸血症と痛風, Vol.14, No.1, 10-16, 2006年(0月)..[組織] ...
閲覧 宮脇 克行, 井上 寛, 板倉 光夫 : メタボリックシンドローム-病因解明と予防・治療の最新戦略-, --- VI.予防・治療・管理 治療法開発の今後の展望 「メタボリックシンドロームの遺伝子治療」 ---, 日本臨床 増刊号, Vol.64, (号), 702-706, 2006年(0月)..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 棚橋 俊仁, 野村 恭子, 長部 大, 篠原 秀一, 山口 裕加, 島 由香, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 国香 清, 井上 寛, 板倉 光夫 : 3番染色体短腕領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の網羅的探索, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年(0月)..[組織] ...
閲覧 棚橋 俊仁, 長部 大, 野村 恭子, 篠原 秀一, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 山口 裕加, 国香 清, 森谷 眞紀, 井上 寛, 板倉 光夫 : 20番染色体長腕領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の網羅的探索, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年(0月)..[組織] ...
閲覧 山口 裕加, 長部 大, 棚橋 俊仁, 野村 恭子, 篠原 秀一, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 国香 清, 森谷 眞紀, 井上 寛, 板倉 光夫 : 15番染色体長腕候補領域における日本人2型糖尿病の疾患感受性遺伝子の探索, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年(0月)..[組織] ...
閲覧 Parvaneh Keshavarz, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, 国香 清, Maki Moritani, Toshihito Tanahashi, 中村 直登, Toshikazu Yoshikawa and Mitsuo Itakura : ENPP1 K121Q polymorphism is not associated with Type 2 diabetes and obesity in Japanese, 第27回日本肥満学会, (month)2006..[組織] ...
閲覧 佐藤 綾, 山下 裕紀子, 宮脇 克行, 井上 寛, 板倉 光夫 : 膵β細胞にCDK4を過剰発現させたdb/dbトランスジェニックマウスの解析, 日本糖尿病学会中国四国地方会第44回総会, (巻), (号), (頁), 2006年(0月)..[組織] ...
閲覧 棚橋 俊仁, 長部 大, 野村 恭子, 篠原 秀一, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, Parvaneh Keshavarz, 山口 裕加, 国香 清, 森谷 眞紀, 井上 寛, 板倉 光夫 : 20番染色体長腕領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の網羅的探索, 第18回分子糖尿病学シンポジウム, 2006年(0月)..[組織] ...
閲覧 国香 清, 棚橋 俊仁, 津川 和江, 森谷 眞紀, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 井上 寛, 板倉 光夫 : TCF7L2遺伝子多型と近傍10q25-26領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の網羅的関連解析, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年(0月)..[組織] ...
閲覧 Toshihito Tanahashi, Dai Osabe, Kyoko Nomura, Syuichi Shinohara, Hitoshi Kato, Tatsuro Miyamoto, Yoichiro Takata, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : A dense SNPs map of human chromosome 20q11.21-13.13: linkage disequilibrium pattern, haplotype analysis, and association with type 2 diabetes in a 19.3 Mb interval, Keystone Symposia, (都市), (month)2006..[組織] ...
閲覧 Parvaneh Keshavarz, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Genetic Variations in the TORC2 Gene Are Not Associated with Type 2 Diabetes in Japanese., The ASHG annual meeting in 2006, New Orleans, (month)2006..[組織] ...
閲覧 Hitoshi Kato, Kyoko Nomura, Dai Osabe, Shuichi Shinohara, Osamu Mizumori, Rumi Katashima, Shoji Iwasaki, Koichi Nishimura, Masayasu Yoshino, Masato Kobori, Eiichiro Ichiishi, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Toshihito Tanahashi, Parvaneh Keshavarz, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Eiji Kudo, Kazue Tsugawa, Yoichiro Takata, Daisuke Hamada, Natsuo Yasui, Tatsuro Miyamoto, Hiroshi Shiota, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Association of single nucleotide polymorphisms in the suppressor of cytokine signaling 2 (SOCS2) gene with type 2 diabetes in the Japanese., Genomics, Vol.87, No.4, 446-458, 2006..[組織] ...
閲覧 Hirotsugu Kurobe, Cunian Liu, Tomoo Ueno, Fumi Saito, Izumni Ohigashi, Natalle Seach, Rieko Arakaki, Yoshio Hayashi, Tetsuya Kitagawa, Martin Lipp, Richard L. Boyd and Yousuke Takahama : CCR7-Dependent Cortex-to-Medulla Migration of Positively Selected Thymocytes Is Essential for Establishing Central Tolerance, Immunity, Vol.24, No.2, 165-177, 2006..[組織] ...
閲覧 棚橋 俊仁, 板倉 光夫 : 特集:血管病の遺伝子診断に迫る「遺伝素因のSNPs解析を探る-多遺伝子性疾患の考え方-」, Vascular Medicine, Vol.2, No.2, 2-8, 2006年4月..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 片島 るみ, 板倉 光夫 : 代謝4高尿酸血症と・痛風, --- 高尿酸血症の病因と病態(生産過剰型を中心に) ---, 最新医学・別冊 新しい診断と治療のABC 37, 24-33, 2006年4月..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 医療・病院管理用語辞典 改訂第3班, --- テーラーメイド医療(個人化医療) ---, エルゼビア・ジャパン, 東京, 2006年4月..[組織] ...
閲覧 Akihiro Iwahashi, Yoshitaka Kihira, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Dynamic conformational change of fifth transmembrane segment of yeast type 2 ADP/ATP carrier is involved in its nucleotide exchange function, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2006..[組織] ...
閲覧 Maki Moritani, Katsuhiko Togawa, Hiroshi Yaguchi, Yuka Fujita, Yuka Yamaguchi, Hiroshi Inoue, Naoyuki Kamatani and Mitsuo Itakura : Identification of diabetes susceptibility loci in db mice by combined quantitative trait loci analysis and haplotype mapping., Genomics, Vol.88, No.6, 719-730, 2006..[組織] ...
閲覧 Sun Hee Yim, Yatrik Shah, Shuhei Tomita, H Douglas Morris, Oksana Gavrilova, Gilles Lambert, Jerrold M. Ward and Frank J. Gonzalez : Disruption of the Arnt gene in endothelial cells causes hepatic vascular defects and partial embryonic lethality, Hepatology, Vol.44, No.3, 550-560, 2006..[組織] ...
閲覧 梅本 佳弘, 前田 瑛起, 角幡 玲, 山本 武範, 渡邊 政博, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : マイクロチップ電気泳動による合成RNAの解析, 第7回 長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年9月..[組織] ...
閲覧 前田 瑛起, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : マイクロチップを用いた新規血糖値測定法の開発, 第7回 長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年9月..[組織] ...
閲覧 Toshihito Tanahashi, Dai Osabe, Kyoko Nomura, Syuichi Shinohara, Hitoshi Kato, Eiichiro Ichiishi, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Yoichiro Takata, Tatsuro Miyamoto, Hiroshi Shiota, Parvaneh Keshavarz, Yuka Yamaguchi, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Association study on chromosome 20q11.21-13.13 locus and its contribution to type 2 diabetes susceptibility in Japanese., Human Genetics, Vol.120, No.4, 527-542, 2006..[組織] ...
閲覧 Shigeru Takeshita, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Diabetic modifier QTLs identified in F2 intercrosses between Akita and A/J mice., Mammalian Genome, Vol.17, No.9, 927-940, 2006..[組織] ...
閲覧 角幡 玲, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : マイクロアレイのデータの規格化,標準化に向けた試み, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2006年10月..[組織] ...
閲覧 梅本 佳弘, 前田 瑛起, 角幡 玲, 山本 武範, 渡邊 政博, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : マイクロチップ電気泳動による合成RNAの解析, 第45回 日本薬学会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2006年10月..[組織] ...
閲覧 前田 瑛起, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : マイクロチップを用いた血中グルコース濃度測定法の開発, 第45回 日本薬学会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2006年10月..[組織] ...
閲覧 Akihiro Iwahashi, Yoshitaka Kihira, Eiji Majima, Hiroshi Terada, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka and Yasuo Shinohara : The structure of the second cytosolic loop of the yeast mitochondrial ADP/ATP carrier AAC2 is dependent on the conformational state, Mitochondrion, Vol.6, No.5, 245-251, 2006..[組織] ...
閲覧 Yukiko Yamashita, Hiroshi Inoue, Shuhei Kawakami, Katsuyuki Miyawaki, Tatsuro Miyamoto, Kuniko Mizuta and Mitsuo Itakura : Expression and distribution of Gpr119 in the pancreatic islets of mice and rats: Predominant localization in pancreatic polypeptide-secreting PP-cells., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.351, No.2, 474-480, 2006..[組織] ...
閲覧 Taisuke Matsuo, Naoshi Yamazaki, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : Mutant coat proteins of Pf3 bacteriophage as models of membrane proteins and their interactions with lipid bilayer membrane, International symposium on system cell engineering by multi-scale manipulation, (巻), (号), (頁), Nagoya, Nov. 2006..[組織] ...
閲覧 岩橋 晶洋, 山﨑 尚志, 篠原 康雄 : 部位特異的変異法を用いた酵母2型ADP/ATP透過担体のC末側領域の構造解析, 日本分子生物学会フォーラム, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[組織] ...
閲覧 棚橋 俊仁, 板倉 光夫 : ゲノム医療-SNPs解析による医科学研究の展望, 基本からゲノム医療までわかる 遺伝子工学集中マスター, 112-119, 2006年12月..[組織] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Akiko Yamada, Masahiro Watanabe, Yuya Yoshimura, Naoshi Yamazaki, Yoshiyuki Yoshimura, Takashi Yamauchi, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : VDAC1, having a shorter N-terminus than VDAC2 but showing the same migration in an SDS-polyacrylamide gel, is the predominant form expressed in mitochondria of various tissues., Journal of Proteome Research, Vol.5, No.12, 3336-3344, 2006..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 戸川 克彦, 藤田 由香, 山口 裕加, 国香 清, 井上 寛, 鎌谷 直之, 板倉 光夫 : 糖尿病モデルマウスのQTL解析とマウス系統間のハプロタイプ解析を用いた疾患感受性遺伝子の同定, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会, 2007年(0月)..[組織] ...
閲覧 国香 清, 棚橋 俊仁, 森谷 眞紀, 森崎 隆幸, 井上 寛, 板倉 光夫 : 日本人4,392名によるTCF7L2とKIAA1598遺伝子多型の関連解析, 日本人類遺伝学会第52回大会, 2007年(0月)..[組織] ...
閲覧 宮脇 克行, 佐藤 綾, 山下 裕紀子, 井上 寛, 板倉 光夫 : 常時活性型Cdk4を発現する2型糖尿病マウス(db/dbマウス)における膵β細胞増殖による高血糖改善効果とその限界, 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会, (巻), (号), (頁), 2007年(0月)..[組織] ...
閲覧 山口 裕加, 藤田 由香, 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : 日本人2型糖尿病疾患感受性候補遺伝子の網羅的関連解析およびENDOGL1遺伝子の機能解析, 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会, 2007年(0月)..[組織] ...
閲覧 Maki Moritani, Kyoko Nomura, Toshihito Tanahashi, Dai Osabe, Yuka Fujita, Shinohara Syuichi, Yuka Yamaguchi, Parvaneh Keshavarz, Eiji Kudo, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Eiichiro Ichiichi, Yoichiro Takata, Natsuo Yasui, Hiroshi Shiota, Kiyoshi Kunika, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Genetic association of single nucleotide polymorphisms in endonuclease G-like 1 gene with type 2 diabetes in a Japanese population., Diabetologia, Vol.50, No.6, 1218-1227, 2007..[組織] ...
閲覧 Yoichiro Takata, Daisuke Hamada, Katsutoshi Miyatake, Shunji Nakano, Fumio Shinomiya, Charles R. Scafe, Vincent M. Reeve, Dai Osabe, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Naoyuki Kamatani, Hiroshi Inoue, Natsuo Yasui and Mitsuo Itakura : Genetic association between the PRKCH gene encoding protein kinase Ceta isozyme and rheumatoid arthritis in the Japanese population., Arthritis and Rheumatism, Vol.56, No.1, 30-42, 2007..[組織] ...
閲覧 渡邊 政博, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : バイオマーカーの探索:褐色脂肪組織に関する研究事例, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.127, No.2, 198-203, 2007年2月..[組織] ...
閲覧 Kuniko Mizuta, Satoshi Tsutsumi, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Katsutoshi Miyatake, Katsuyuki Miyawaki, Sumihare Noji, Nobuyuki Kamata and Mitsuo Itakura : Molecular characterization of GDD1/TMEM16E, the gene product responsible for autosomal dominant gnathodiaphyseal dysplasia., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.357, No.1, 126-132, 2007..[組織] ...
閲覧 Atsushi Inouchi, Shuichi Shinohara, Hiroshi Inoue, Kenji Kita and Mitsuo Itakura : Identification of specific sequence motifs in the upstream region of 242 human miRNA genes., Computational Biology and Chemistry, Vol.31, No.3, 207-214, 2007..[組織] ...
閲覧 Rei Kakuhata, Takenori Yamamoto, Masahiro Watanabe, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba and Yasuo Shinohara : Possible utilization of synthetic mRNAs as standards for microarray analysis, Pre-Satellite Meeting of the 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC 2007) for and by Ph.D. students and postdoctoral fellows, (巻), (号), (頁), Amsterdam, April 2007..[組織] ...
閲覧 Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Rei Kakuhata, Kazuaki Kajimoto, Fumiyo Kita, Naoshi Yamazaki, Yoshinobu Baba and Yasuo Shinohara : Synchronized changes in the transcript levels of the genes towards activated thermogenesis in brown adipose tissue induced by cold exposure of experimental animals, Pre-Satellite Meeting of the 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC 2007) for and by Ph.D. students and postdoctoral fellows, (巻), (号), (頁), Amsterdam, April 2007..[組織] ...
閲覧 Akihiro Iwahasi, Naoshi Yamazaki, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Structural analysis of C-terminal region of mitochondrial ADP/ATP carrier by site-directed mutagenesis and chemical modifications, Pre-Satellite Meeting of the 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC 2007) for and by Ph.D. students and postdoctoral fellows, (巻), (号), (頁), Amsterdam, April 2007..[組織] ...
閲覧 Dai Osabe, Toshihito Tanahashi, Kyoko Nomura, Shuichi Shinohara, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Hiroshi Shiota, Parvaneh Keshavarz, Yuka Yamaguchi, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Evaluation of sample size effect on the identification of haplotype blocks., BMC Bioinformatics, Vol.8, 200, 2007..[組織] ...
閲覧 Katsutoshi Miyatake, Hiroshi Inoue, Kahoko Hashimoto, Hiroshi Takaku, Yoichiro Takata, Shunji Nakano, Natsuo Yasui and Mitsuo Itakura : PKC412 (CGP41251) modulates the proliferation and lipopolysaccharide-induced inflammatory responses of RAW 264.7 macrophages., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.360, No.1, 115-121, 2007..[組織] ...
閲覧 Yukiko Yamashita, Hiroshi Inoue, Keshavarz Parvaneh, Katsuyuki Miyawaki, Yuka Yamaguchi, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Natsuo Yasui, Hiroshi Shiota, Toshihito Tanahashi and Mitsuo Itakura : SNPs in the KCNJ11-ABCC8 gene locus are associated with type 2 diabetes and blood pressure levels in the Japanese population., Journal of Human Genetics, Vol.52, No.10, 781-793, 2007..[組織] ...
閲覧 Hiroko Hagiwara, Kazumi Sawakami-Kobayashi, Midori Yamamoto, Shoji Iwasaki, Mika Sugiura, Hatsumi Abe, Sumiko Kunihiro-Ohashi, Kumiko Takase, Noriko Yamane, Kaoru Kato, Renkon Son, Michihiro Nakamura, Osamu Segawa, Mamiko Yoshida, Masafumi Yohda, Hideji Tajima, Masato Kobori, Yousuke Takahama, Mitsuo Itakura and Masayuki Machida : Development of an automated SNP analysis method using a paramagnetic beads handling robot., Biotechnology and Bioengineering, Vol.98, No.2, 420-428, 2007..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : ゲノム研究の課題と展望, --- ゲノム創薬に向けて ---, medical forum CHUGAI, Vol.4, No.4, 20-23, 2008年(0月)..[組織] ...
閲覧 森谷 眞紀, 山口 裕加, 藤田 由香, 棚橋 俊仁, 国香 清, 宮脇 克行, 岩田 武男, 井上 寛, 板倉 光夫 : 3番染色体短腕の関連解析探索により見出した日本人2型糖尿病疾患感受性ENDOGL1遺伝子の機能解析, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会, (巻), (号), (頁), 2008年(0月)..[組織] ...
閲覧 Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Rei Kakuhata, Naoto Okada, Kazuaki Kajimoto, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba, Toshiaki Tamaki and Yasuo Shinohara : Synchronized changes in transcript levels of genes activating cold exposure-induced thermogenesis in brown adipose tissue of experimental animals., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1777, No.1, 104-112, 2008..[組織] ...
閲覧 Akihiro Iwahashi, Aoi Ishii, Naoshi Yamazaki, Mutsuru Hashimoto, Kazuto Okura, Masatoshi Kataoka, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Functionally important conserved length of C-terminal regions of yeast and bovine ADP/ATP carriers, identified by deletion mutants studies, and water accessibility of the amino acids at the C-terminal region of the yeast carrier., Mitochondrion, Vol.8, No.2, 196-204, 2008..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学 第9版(高久史麿・尾形悦郎・ほか/監修), --- 第5章 代謝・栄養疾患,先天性(遺伝性)代謝疾患 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2009年1月..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学 第9版(高久史麿・尾形悦郎・ほか/監修), --- 膵嚢胞性線維症 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2009年1月..[組織] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学 第9版(高久史麿・尾形悦郎・ほか/監修), --- Marfan(マルファン)症候群 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2009年1月..[組織] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 目で見るヌクレオチド代謝, 高尿酸血症と痛風, (巻), (号), 105-110, (年月日)..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.59, Max(EID) = 382179, Max(EOID) = 1020907.